相関などを使いリフレ批判された方のブーメラン⁈

藤井聡内閣官房参与の話題のリフレ批判記事 http://shuchi.php.co.jp/sp/article/1877 に書かれた図2の期間を、藤井聡氏がリフレ批判されたのと同様に期間を伸ばしてみた(2010年迄) "「1990年代」における、名目GDPと政府系の建設投資額の推移だ。ご覧のように、政府系投資額が右肩上がりで伸びているうちは名目GDPが伸び、その減少局面では名目GDPも減少していく" というご主張は、2010年迄のデータを使う続きを読む藤井聡内閣官房参与の話題のリフレ批判記事 http://shuchi.php.co.jp/sp/article/1877 に書かれた図2の期間を、藤井聡氏がリフレ批判されたのと同様に期間を伸ばしてみた(2010年迄) "「1990年代」における、名目GDPと政府系の建設投資額の推移だ。ご覧のように、政府系投資額が右肩上がりで伸びているうちは名目GDPが伸び、その減少局面では名目GDPも減少していく" というご主張は、2010年迄のデータを使うと相関が殆ど見られない結果に… 何処かの出版社の編集が「虚偽」というタイトルの記事を書かせるのだろうか…
公共事業 リフレ 国土強靭 藤井聡
shinchanchi 23937view 101コメント
25
ログインして広告を非表示にする
  • 上念 司 @smith796000 2014-04-20 17:52:09
    米中一体化とか、TPP亡国論とか煽っていた人の反論や総括が聞きたい。まだそれらが正しいといえる事実があるならそれを開示すべき。そもそも、質問に一切答えない(られない)というのはその主張が脆弱な証拠。悪口、陰口でしか反論できない輩、それに同調するビリーバー、、、最悪だw
  • 上念 司 @smith796000 2014-04-20 17:55:25
    稚拙な陰謀論、原因と結果を逆さまにするトンデモ論、現実(供給制約とか、金融緩和の効果とかetc)見てない空理空論。それを見抜くのがリテラシーだと思う。戦前、国体明徴運動が単なる皇室褒め殺し&解体運動である見抜けなかった反省を今こそ生かすべき。保守がバカだと国が亡ぶ。
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-04-20 18:04:21
    @smith796000 擬似相関については、こちらも分かり易いかと ➡️統計的消去で擬似相関を見抜こう! - ほくそ笑む (id:hoxo_m) http://t.co/0EtYsRIUXG
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-04-21 06:07:41
    【メモ】日銀の量的緩和政策の推移など 「日銀法からみる『日銀の役割』と『金融緩和の行方』 平成24年12月21日」 http://t.co/tbeNpq0rhE
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-04-21 06:34:38
    【メモ】「デフレーション下での公共事業の事業効果についての実証分析」(藤井聡氏) http://t.co/1r39rGu9Y7
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-04-21 06:36:15
    【メモ】[安倍景気の行方] ついに暴かれたエコノミストの「虚偽」〔1〕 http://t.co/8l3zySFEj2 (藤井聡)
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-04-21 06:46:08
    【メモ】名目GDP、政府系建設投資(91~2010年)の相関係数は0.038? 次のURLの図2を真似して期間を延ばした(つもり) http://t.co/8l3zySFEj2 ※元データ http://t.co/1r39rGu9Y7 http://t.co/eWXRtrkM08
     拡大
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-04-21 07:29:59
    @smith796000 藤井聡内閣官房参与のリフレ批判記事(Voice)にあった図2を、田中さんのアドバイスにそって期間を伸ばしてみたら… 添付のExcel画像通りなら名目GDPと政府系建設投資の相関は0.038 https://t.co/QDQW70u3Zi
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-04-21 08:24:20
    三橋さんもある意味、リフレ政策への理解を深めるために重要な役割を果たしたことが… ➡️「GPIF改革"で"デフレ脱却!」とか「TPPでデフレが加速する」と思った方は、こちらの動画(1分頃から)をご覧ください http://t.co/VXMJvOhWaD

  • 【関連情報1】

    藤井聡×本田悦朗「アベノミクスを語る(前編:概論)」(築土構木の思想 第33回)
    ←藤井聡内閣官房参与がリフレ派の本田内閣官房参与とは仲良く会話できるんですね。(本田さんは元大蔵官僚ではありますが…) http://t.co/cVm4Qsr4Tt


  • 【関連情報2】

    藤井聡×本田悦朗「アベノミクスを語る 中編:増税ショックを乗り越える」(築土構木の思想 第34回)
    ←9:45頃、公共事業において「供給制約」は発生していない、というご主旨のご発言をされていた藤井聡内閣官房参与が「供給力不足は確かに存在している」(主意)とご発言 http://t.co/GEj6BCwJ9D


  • 【関連情報3】

    クルーグマンの 「通貨政策の経済学―マサチューセッツ・アベニュー・モデル」
    http://t.co/D5k6siXMCp
    ←田中さんが言ってた「MFの修正版」って、これのことかな?


  • 【関連情報4】

    「金利の変化そのものが問題ではない」というご意見も。いかがお考えでしょうか?

    →『マンデル=フレミングを丸暗記し理解したつもりになっているだけの恥ずかしい人々』 http://t.co/4cUQEQEtRf

    →98年や08年頃は円高に… http://t.co/iMzUOU9AoT


  • 【関連情報5】

    「『不況時には財政政策しか効かない』というのは固定相場制の時代には正しくても、変動相場制では当てはまりません」
    という浜田宏一内閣官房参与の著書からの引用を、藤井聡内閣官房参与が次のように解釈…

    藤井聡内閣官房参与
    “つまり浜田氏は、「最新の理論に基づけば、財出の効果はあまり信用してはならない」と主張しているのだが、残念ながらこの主張は今日の日本には「当てはまらない」疑義が濃厚だ。”


    私には、”変動相場制では『不況時には財政政策しか効かない』”
    からは
    “財政政策以外にも効果があるものがある”
    というご主張では?

    金融政策を伴った財政政策に効果があることを否定する論述ではないと思料。
    それを、藤井聡内閣官房参与が独自な解釈を加えて「主張」とし、藤井聡内閣官房参与ご自身でご批判される理由が分かりません。


    【関連情報6】

    乗数効果はなぜ小さいのか(原田泰)
    http://www.tkfd.or.jp/research/project/sub1.php?id=322
    "賢い公共投資をして、公共投資をするときは金融も緩和すれば良いだけだ。"


  • 深田栄治 @tips0324 2014-04-21 12:44:10
    @shinchanchi @smith796000 藤井教授の論文、図2の注記書きをよく読んでください。
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-04-21 14:33:26
    @tips0324 はじめまして。既に図2の注記は拝読しております。具体的に何を仰りたいのか簡潔に140文字以内でご教示下さると幸いです。まとめを更新する有益な情報を頂けますと有難く存じます。 @smith796000
  • 深田栄治 @tips0324 2014-04-21 20:35:37
    @shinchanchi @smith796000 図2は原田氏の「1990年以降、『政府支出の増大』で景気刺激策を行ってきたときには、MFモデルの影響で、公共事業による効果はほとんどなかった」の反証であります。
  • 深田栄治 @tips0324 2014-04-21 20:41:10
    @shinchanchi @smith796000 注記書きに書いてある通り総輸出額の変動による影響を除去した分析に基づけば1990年から2000年代に正相関であるということです。
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-04-21 21:58:14
    @tips0324 総輸出額の影響を除いた分析内容は、図2から読み取り不可。また、原田泰氏は「1990年代以降」と言及 http://t.co/4msSLkj0p9 にも関わらず藤井氏は「1990年代」限定の図2を作成。反証として如何ですか? @smith796000
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-04-21 22:02:53
    @tips0324 また藤井氏の"「2009~2012年」の限定的な期間のものである。筆者はこのグラフを目にしたとき、「さらに長い期間を取ると、両者の関係はどうなのか?」" http://t.co/jGUEP5YJnj というお言葉から私も図2を延長 @smith796000
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-04-21 22:10:56
    @tips0324 また藤井氏"「図4の右半分のデータだけを使って図3をつくり、それをMB→予想インフレ率の因果関係の証拠として論ずる」という岩田氏のアプローチの適正さ、公正さについての理性的合理的説明を、ぜひともお伺いしたい"と。同じ事を問うた迄です @smith796000
  • 深田栄治 @tips0324 2014-04-21 22:17:01
    @shinchanchi @smith796000 なるほど。あなたが藤井教授と原田氏の論文をよく読んでないのが分かりました。1998年代以降、政府支出を増大してますか?されてないと思いますが。
  • 深田栄治 @tips0324 2014-04-21 22:20:08
    @shinchanchi @smith796000 くどいですが、原田氏は1990年以降、「政府支出の増大で景気刺激策を行ってきたとき」には、MFモデルの影響で、公共事業による効果はほとんどなかったと言っています。藤井教授はそれに反論してるだけでは?
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-04-21 23:13:44
    @tips0324 藤井氏の記事をどのように読まれたら、そのような解釈になるのか、私では理解致しかねます。 藤井氏は"政府系投資額が右肩上がりで伸びているうちは名目GDPが伸び、その減少局面では名目GDPも減少していく。"と述べられた後に(続 @smith796000
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-04-21 23:15:44
    @tips0324 続)"つまり、「財政政策の効果は小さい」という原田氏の「断定的言説」は「誤り」であり、かつ、その誤りは原田氏本人の論理で説明可能である、という可能性があるように筆者には思えるのである"と述べられておられます。(続 @smith796000

コメント

  • 質問者2 @shinchanchi 2014-04-21 08:46:28
    まとめを更新しました。 本田・藤井両内閣官房参与の対談動画などを追加
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-04-21 08:51:22
    まとめを更新しました。 藤井聡内閣官房参与が浜田宏一内閣官房参与の著書からの引用を独自解釈されてご批判なさっている、疑義がある点を追記
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-04-21 22:22:36
    まとめを更新しました。 図2の注を良く読むようにとのお言葉を頂きました。
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-04-21 23:36:39
    まとめを更新しました。 話がかみあってない、とのお言葉を頂きました。
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-04-22 08:57:03
    まとめを更新しました。 まとめ作成のキッカケを追記しました。
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-04-22 12:19:12
    まとめを更新しました。 関連情報、まとめ作成のキッカケなど書式を整形しました。 →
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-04-23 08:27:23
    まとめを更新しました。 関連情報6(乗数効果はなぜ小さいのか:原田泰氏)を追記 →
  • 深田栄治 @tips0324 2014-04-24 19:43:39
    返信がないのでこちらにコメントします。
  • 深田栄治 @tips0324 2014-04-24 19:53:03
    藤井教授の書かれた『ついに暴かれたエコノミストの「虚偽」』の批判についてです。 なぜ藤井教授がなぜ90年代を焦点にしたかの理由は以下。 原田氏は1990年以降、「政府支出の増大で景気刺激策を行ってきたとき」には、公共事業による効果はほとんどなかったと言っています。 原田氏の言う「政府支出の増大で景気刺激策を行ってきたとき」は1990年代ですので藤井教授はそれに反論したまでです。
  • 深田栄治 @tips0324 2014-04-24 19:54:20
    次に名目GDP、政府系建設投資額の相関が1990年から2010年まで伸ばすと低いということですがそれは2000年代の純輸出増大が影響していると考えられます。 統計を見ますと2000年代、純輸出額が最大34.9兆円増えているのに対し、同じ時期の政府系建設投資額は11.2兆円減少しています。 1990年代は、純輸出額最大11.5兆円増加、同じ時期・政府系建設投資額4.2兆円減少。 統計上、2000年代に輸出が大幅に伸びているのです。
  • 深田栄治 @tips0324 2014-04-24 19:56:16
    GDPの定義上(GDP=消費+投資+政府支出+純輸出)、政府支出が減少しても純輸出が増大すればGDPが大きくなりGDPと政府系建設投資額の相関が低くなります。 そういった理由でGDPから総輸出額の変動による影響を除去することは妥当であると考えられます。 総輸出額の変動による影響を除去することとは、すなわち「名目GDPから総輸出額を引いた値」を算出することです。 そして1990年-2000年代の「名目GDPから総輸出額を引いた値」と政府系建設投資額の相関をとると+0.82でした。
  • 深田栄治 @tips0324 2014-04-24 20:00:01
    次に「総輸出額の変動による影響を図2では除去せず、1990年-2000年代の分析では除去する理由は何なのか」とのことですが、 まず名目GDPと「名目GDPから総輸出額を引いた値」の相関係数を算出しました。 1990年代は相関係数+0.96と高い相関でしたが、2000年代は+0.49と相関が低くなってしまいます。
  • 深田栄治 @tips0324 2014-04-24 20:00:50
    これはつまり1990年代は政府建設投資額の比較として「名目GDPから総輸出額を引いた値」の代わりに名目GDPを使える(図2で使える)が、 2000年代は「名目GDPから総輸出額を引いた値」の代わりに名目GDPを用いるのは相応しくないということです。 言い換えると1990年代は名目GDPと「名目GDPから総輸出額を引いた値」のどちらでも図2の政府建設投資額との比較に使えるが、 2000年代は「名目GDPから総輸出額を引いた値」を使わないと不適切だということです。
  • 深田栄治 @tips0324 2014-04-24 20:01:18
    以上から、かの論文で名目GDP、政府系建設投資額の比較を1990年から2010年までのばすと相関が低くなるという批判は意味がなくなったと言えます。
  • せんや @senya63 2014-04-25 04:32:22
    「財政政策の効果は小さい」という原田氏の断定的言説についてですが、この方は反対の論陣を張っておられますね。 上念司氏(公明党推薦)「公共事業の役割は非常に大きい」 防災・減災推進を評価 | ニュース | 公明党 https://www.komei.or.jp/news/detail/20130503_11065
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-04-25 08:28:34
    1990年代に限定されているのは藤井聡氏ですね。原田泰氏は"1990年代以降、政府支出の増大で景気刺激策を行ってきたときには、金融緩和をしていなかったので、政府支出の効果はほとんどなかった" http://t.co/4msSLkj0p9 と御主張。 また、「乗数効果はなぜ小さいのか(原田泰)」 http://www.tkfd.or.jp/research/project/sub1.php?id=322 においても2010年迄のグラフを示しておられます。
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-04-25 08:41:00
    藤井氏が1990年代に限定された図2を示し"「1990年代」における、名目GDPと政府系の建設投資額の推移だ。ご覧のように、政府系投資額が右肩上がりで伸びているうちは名目GDPが伸び、その減少局面では名目GDPも減少" と御主張。 しかし、図2の注の記載にある通り、2000年代までグラフを伸ばしても名目GDP(から総輸出額を引いた値)との相関係数は0.8程度ある。他人のグラフに「さらに長い期間を取ると、両者の関係はどうなのか?」と感じられる藤井氏がより長い期間のグラフを提示しない理由とは…
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-04-25 08:48:13
    以下のように2010年迄のグラフを示し、次の通りご主張できたのに、しなかった理由が何かあるはず。 "90年〜2010における、名目GDPから総輸出額を引いた値と政府系の建設投資額の推移だ。ご覧のように、政府系投資額が右肩上がりで伸びているうちは伸び、その減少局面では減少" http://twitter.com/shinchanchi/status/459455716718153729/photo/1 これが原田氏の主張への反証として成り立つのかは別として。
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-04-25 08:53:27
    ここで思い出したのは #考える技術としての統計学 「まずい回帰分析…定義式を回帰分析しているケースです。たとえば、GDPを消費・投資・公的需要・海外需要で回帰しているもの。…この式にはなんの意味もありません」 深掘りしても有益な情報は得られそうにない…
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-04-25 08:57:03
    当事者からの反論も近々あるでしょうから、楽しみに待ちましょう。
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-04-25 09:02:44
    上念さんは、大胆な金融緩和を前提にされたうえで、公共事業の役割について述べられておられますね。 原田氏も「乗数効果はなぜ小さいのか」 http://www.tkfd.or.jp/research/project/sub1.php?id=322 "賢い公共投資をして、公共投資をするときは金融も緩和すれば良いだけだ。" 反対の論陣にはとても見えません…
  • 深田栄治 @tips0324 2014-04-26 22:35:29
    2000年代は1990年代と違って純輸出の影響が大きいので、名目GDPと政府系の建設投資額を単純に伸ばしたら相関が低くなるという批判は意味がないこと数値で示しました。同じことを繰り返すのではなくそれに反論されてはいかがですか。
  • 深田栄治 @tips0324 2014-04-26 22:37:48
    あと”考える技術としての統計学”の話を持ち出されましたが、あなたが一体何を仰りたいのかよくわかりません。自分の言葉で言ってもらえますか?
  • せんや @senya63 2014-04-28 03:10:27
    私は“「財政政策の効果は小さい」という原田氏の断定的言説について”と申し上げたように、原田氏のWEADGEへの寄稿での主張について述べています。それと別の時の(しかも当寄稿より少々古い)原田氏の発言を持ってこられても、それはただの「論点のすり替え」です。
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-04-29 22:51:04
    このまとめの意義は「藤井聡内閣官房参与の議論の仕方、ロジック、データを利用して、藤井氏の主張が成り立たない」ことを示すこと。 藤井氏の主張は"1990年代以降、政府支出の増大で景気刺激策を行ってきたときには、金融緩和をしていなかったので、政府支出の効果はほとんどなかった"という原田氏の主張が誤りである、ということ。
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-04-29 22:55:56
    しかし、その根拠"「1990年代」における、名目GDPと政府系の建設投資額の推移だ…政府系投資額が右肩上がりで伸びているうちは名目GDPが伸び、その減少局面では名目GDPも減少していく。"は、原田氏の主張である1990年代以降では成り立っていない。 藤井氏は、図2の注に記載された"[総輸出額]の変動による影響を除去した分析"の結果で原田氏の主張を否定している訳ではない。注はあくまでも、注。
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-04-29 22:59:06
    tips0324 藤井氏の論述の本文には"「1990年代」における、名目GDPと政府系の建設投資額の推移"と書かれており、"総輸出額の変動による影響を除去した"という記述は見当たらない。 藤井氏のご主張をしっかりと読まれましたか? http://shuchi.php.co.jp/article/1877
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-04-29 23:04:19
    藤井氏は"総輸出額の変動による影響を除去した"分析ではなく、"名目GDPと政府系の建設投資額の推移"(何故か1990年代限定)で、原田氏の主張を否定しようと試みた訳です。これは事実だと思われますが、それをご理解いただけないようなので、繰り返し述べているのです。しかも藤井氏は"「さらに長い期間を取ると、両者の関係はどうなのか?」と感じ"られるお方です。 そのお方が、1990年代以降ではなく、1990年代に限定している。においます。
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-04-29 23:08:17
    そして、深田さんが分析して下さったように、2000年代は名目GDPと政府系の建設投資額の相関は低くなっています。都合の悪い値を除けば、名目GDPの構成要素に含まれる値と、名目GDPの一部の相関をとっているのだから、見せたいように調整することは可能ですね。 名目GDPから政府系の建設投資額以外の変動による影響を除去した分析をすれば、相関係数は1.0になるでしょう。意味があるのかどうかは別として。。。
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-04-29 23:13:56
    名目GDP(または、名目GDPから総輸出額の変動による影響を除去した値)と政府系の建設投資額の相関を見ること自体が、どれほどの意味があるか分からなくなってきた、というのが私の考えです。 見せたいものを見せるために、恣意的に説明変数を選べば、それっぽい相関を見せることは、テクニックがあれば可能でしょう。
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-04-29 23:20:54
    #考える技術としての統計学 は、藤井聡氏と議論されていた飯田泰之氏の著書です。藤井氏の図2の注に書かれた分析は主観の成せる技かと。「すべての要因を含む回帰ができない以上、因果関係に注目した回帰分析では何を説明変数として選ぶかを主観的に決めざるを得ません。それに比べると、VARの機械的な手法は主観が入る余地が少なく、問題発見の手法として優れているといわれます」
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-04-29 23:29:19
    92年の名目GDPから総輸出額を引いた数値は437.8兆円。政府系の建設投資額は32.3兆円です。2005年の値は、それぞれ436兆円、19兆円です。総輸出額を除いた額で見ても、政府系の建設投資額が13兆円ほど減っても、GDPは約1.8兆円程しか減っていない、とも見て取れます。 https://twitter.com/shinchanchi/status/459455716718153729/photo/1
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-04-29 23:36:22
    Sanzennenmondaiさんが"「財政政策の効果は小さい」という原田氏の断定的言説についてですが、この方は反対の論陣を張っておられますね。 上念司氏(公明党推薦)「公共事業の役割は非常に大きい」"と受け止められたのと同様に、貴殿以外の方も同じようにお感じになられるかもしれませんね。ただ、「反対の論陣を張っている」とは言えない、というのが私の見解です。また、"別の時の(しかも当寄稿より少々古い)原田氏の発言を持ってこられても、それはただの「論点のすり替え」"というのも同意できません。
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-04-29 23:59:00
    Sanzennenmondaiさんが「財政政策の効果は小さい」と「公共事業の役割は非常に大きい」という文面から反対のことを言っている、とお考えになったのでしょう。私は原田氏はGDPが11.6兆円増えたうち、政府支出が4.5兆円あるのに、小さいと仰っていることから、「(金融政策に比べて)財政政策の効果は小さい」と仰っていると拝察致しております。上念さんも金融政策の効果は認めつつも「公共事業の"役割"は大きい」と仰っているものと認識しております。
  • 深田栄治 @tips0324 2014-04-30 06:08:36
    [総輸出額]の変動による影響を除去した分析"の結果で原田氏の主張を否定している訳ではない。注はあくまでも、注。 ←どう見ても原田氏の主張を否定してるのですが。あと注記を軽視するのはどうかと思います。 そして、深田さんが分析して下さったように、~見せたいように調整することは可能ですね。 ←逆に聞きますがグラフを2000年代まで伸ばしてあなたは何を主張されたいのですか?
  • 深田栄治 @tips0324 2014-04-30 06:09:51
    名目GDP(または、~どれほどの意味があるか分からなくなってきた、というのが私の考えです。 ←どうわからないのかおっしゃていただければ説明しますよ。
  • 深田栄治 @tips0324 2014-04-30 06:10:02
    #考える技術としての統計学~VARの機械的な手法は主観が入る余地が少なく、問題発見の手法として優れているといわれます」 ←”VARの機械的な手法”とやらが今回の件でどのように採用されるのか教えてください。
  • 深田栄治 @tips0324 2014-04-30 06:10:34
    ”2000年代”は純輸出の影響で名目GDPと政府建設投資額の相関が乖離するのは統計上明らかです。政府支出の効果を見る上で純輸出の影響を考えない合理的な説明をお願いします。 ※1990年代は名目GDPと”名目GDPから総輸出額の変動による影響を除去した値”は置換できるということは説明しました。
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-04-30 08:58:35
    主張したいことは、まとめ冒頭に記載済みです。このまとめの意義は「藤井聡内閣官房参与の議論の仕方、ロジック、データを利用して、藤井氏の主張が成り立たない」ことを示すこと。藤井氏が主張されてもいないロジックを述べられましても、どう返して良いのやら。藤井氏は原田氏の主張を独自解釈して反論されている、という独自解釈の部分を真似られておられるのかもしれませんね。
  • 深田栄治 @tips0324 2014-05-01 12:13:51
    グラフを伸ばしたところで藤井教授の何が反証されるのでしょう?独自解釈してるのはあなたでしょう。ここを見ている人は納得していないと思いますよ。 あとVARという用語を調べてみましたが、ここの話題と全然関係ないじゃないですかw
  • すいだ @suidajapan 2014-05-01 18:33:42
    shinchanchi 1998年以降に政府系建設投資が減り続けながらもGDPが横ばいなのは輸出が牽引した結果なのは明らかでしょ。つまり外需頼みでGDPを維持させていた訳で、藤井教授の主張を覆す材料にはなりませんよ。→http://mohariza12.exblog.jp/19084429/
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-05-02 08:13:01
    藤井聡内閣官房参与が、原田氏の主張への反論とされたご主張、分析期間の適正さに関するご主張を正しくご理解頂くことは難しいようですね。
  • すいだ @suidajapan 2014-05-02 12:42:27
    shinchanchi 何をどのように正しく理解すればよいのか分かりませんよ。藤井教授の指摘に対してリフレ派の理論が正しいならば、その正しさの根拠を提示すればよい話です。簡単な話でしょう。
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-05-02 19:53:29
    まとめを更新しました。 上念さん( @smith796000 )からの耳寄り情報を追加しました →
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-05-02 19:56:51
    折角、内閣官房参与の藤井聡氏が貴重なご主張をされておられるのに、まだお分かりになられない方もいらっしゃるのかもしれませんね。私の拙いまとめですが、まとめの説明など何箇所かで言及しておりますが…
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-05-02 20:07:51
    "リフレ派の理論が正しいならば、その正しさの根拠を提示すればよい話です。簡単な話" 凄いですね。簡単なのは話だけ? 根拠は簡単に提示できるのでしょうか?(書籍もある位ですよ?大学教授ですら理解できない(認めないだけの方もおられるかも)のに?) それとも、私の能力が凄いと買い被り? 仮に、藤井聡内閣官房参与のご主張を正しく理解することが出来ない方へ根拠を提示しても…徒労に終わる可能性も…
  • すいだ @suidajapan 2014-05-02 20:09:06
    shinchanchi 貴殿がグラフで時系列を伸ばした分は輸出が牽引した事実がある以上、このまとめの内容は理解できないんです。なぜ政府建設投資が減りながらGDPは横ばいだったんでしょう。私の頭が悪いせいかもしれないので申し訳ないんですが。
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-05-02 23:25:03
    藤井聡内閣官房参与が何故かグラフで図示せず、原田氏が「1990年代以降」と仰っているにも関わらず、1990年代に限定して議論なさっておられましたね。これをまずはご認識頂きたく。そのうえで、2000年代において(のことをお話しされていると理解)輸出が牽引(?)した事実が、原田氏のご主張を否定するのでしょうか?あるいは金融政策より財政政策の効果が大きいことを示しているのでしょうか?
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-05-02 23:27:00
    2000年代のグラフを作図対象から「わざわざ」除外し、言及も避けたのは、そうすることで逆に注目させるという深謀遠慮?だった可能性もゼロではない、と思うに至りました。プロレス好きな方は魅せるのも上手くなられるのかもしれません
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-05-03 07:24:17
    実質GDP成長率と、その寄与度のグラフ http://t.co/Mzp8Rmg9nB 原田泰氏の「乗数効果はなぜ小さいのか」 http://t.co/B4mASKoUpR #リフレが日本経済を復活させる にとあるモデル等の推計で、公共投資乗数が1.33(91年)、1.2(95-98年)、1.00(08年)、1.07(11年)と。 公共事業の1ポイントの増加は、民間土木建築事業を0.49ポイント低下させているとの推計も。 GDPの構成要素増やしたら名目GDPは増えますが
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-05-03 07:28:55
    なお、上念さんからお知らせが「公共事業万能論およびそこまで強い万能論ではなくても金融緩和無効論を主張する人に対する反論動画撮影しました。結論的に言うと、データ処理、前提となる現実の捉え方の段階でかなり問題ありでしたね。田中先生の明快な解説も見ものです。チャンネルくららでたぶん5月中旬以降配信予定」。また、批判された当事者からの反論もあるでしょう。楽しみですね。
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-05-05 09:50:55
    田中秀臣氏が、"藤井論文の主張を5点にまとめ、それぞれについて批判的に検討するための「ヒント」を列挙" ➡️解答編はチャンネルくららで五月中旬以降に配信予定! / “藤井聡「ついに暴かれたエコノミストの「虚偽」」in『Voice』五月号を読む。” http://t.co/3xiUOsLoMZ
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-05-07 06:55:37
    このリフレ批判は、消費増税の負のショックに対応する経済政策の違い、①金融政策と事実上の減税対策で対応する人たちと、②公共事業を中心にする人たちの②の人たちが①の人を批判している、ともとれる。 ◆REAL-JAPAN » 国民の重税を喜ぶ人たちの経済学ー消費税増税8%時代の開幕ー http://ow.ly/3jMeYy
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-05-07 06:58:43
    ①の人たちの主張は、"所得税の減税措置や低所得者層への給付金の支給が重要だ。…食費相当分ではなく、所得が低い世帯から順にこれらの負担額を給付金で行うことが重要だ。また金融政策については、日本銀行と政府が現状よりもさらに大胆な金融政策に踏み込むことを提案したい。具体的には、日銀法を改正して日銀の政策目標に「雇用安定」を新たに追加する。…期限を決めて「名目成長率4%、実質成長率2%」を掲げることである。そして具体的には、長期国債や各種のリスク資産の日銀の購入を通じて追加緩和政策を実行"
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-05-07 07:01:35
    ①の人たちは、"公共事業を全否定しているのではない。防災やあるいは社会に役立つ価値のある公共事業は行うべきだろう。…人命を楯にするのではなく、最低限の経済性をみたす必要がある。たとえば、その公共事業によって生み出される社会資本設備(道路、港湾、堤防などなど)の便益と費用を比較…それを実際に「やらなければならない」と社会に強制するものではないことに注意しておきたい。逆に便益を費用が大幅に上回ればその事業を行う意義が乏しい。先ほどの「ゾンビ事業」のほぼすべては社会的な価値に乏しいものばかり"、とも
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-05-07 07:08:09
    経済の落ち込みを防ぐ効果が公共事業において低下している、との指摘も。その理由の1つとして「公共事業の人的制約説」を挙げている。 "現在の土木や建築関係の現場では、作業員が著しく不足…その大きな理由は、作業員の多くが高度な専門技術を有しているため、それに適応できる人材が容易に調達できないためだ。そのため公共事業費が増えても、公共事業の執行がなされない。そのため公共事業費が増えても、公共事業の執行がなされない。"
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-05-08 12:42:57
    そろそろ、月刊誌 Voice の6月号が発売になる頃(毎月10日頃)ですね。 http://www.php.co.jp/magazine/voice/
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-05-08 18:25:57
    原田泰氏の「ついに暴かれた公共事業の効果」が月刊誌『Voice 』の2014年6月号に。藤井聡氏への反論 http://ow.ly/3kcaQA
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-05-08 23:58:29
    日本国の内閣官房参与であらせられる藤井聡氏が、何かお書きになられた模様。 https://m.facebook.com/Prof.Satoshi.FUJII/posts/509261189174829 盛り上げ上手ですね。
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-05-09 18:17:09
    Voice | 雑誌 | PHP研究所 2014年6月号 http://ow.ly/3kehO3 @PHPInstitute_PRさんから ついに暴かれた公共事業の効果(原田泰氏)158頁 60頁にも、どこかで見たお名前がw
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-05-10 17:17:37
    ネットでも公開されましたね。原田泰氏➡️[アベノミクス第二の矢]ついに暴かれた公共事業の効果〔1〕 | PHPビジネスオンライン 衆知 http://ow.ly/3kgjJP
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-05-10 23:53:48
    ここからネタを持っていって、ブログなどで使う人も居るようで。
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-05-12 12:51:28
    日本の財政政策に関するクルーグマン(山形さん訳)の情報などを追加しました。 →
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-05-19 07:35:37
    藤井氏と原田氏では「公共事業の効果」の評価に違いがあるように見える。 原田泰氏「公共事業の額の何倍GDPが増えるかという数字を乗数というが、これは乗数が1ということである。乗数というほどの効果はないこと…時系列モデルでも、最近の分析では、金融政策の効果はあるが、財政政策の効果はない、または小さいという結果」(根拠となる論文などの参照先は本文参照)。藤井氏は名目GDPが増えることで効果あると判断?
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-05-21 00:01:58
    飯田さん、原田さんに続いて、田中さんも!(こんなに構ってもらえるなら、土建事案に…) →検証 公共事業万能論 第1回 田中秀臣 上念司 桜林美佐【チャンネルくらら】 http://ow.ly/3kEQ4L ←為替を全スルーの土建事案も陥落してしまうかも。
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-05-21 12:58:02
    検証 公共事業万能論 第1回 田中秀臣 上念司 桜林美佐【チャンネルくらら】 http://ow.ly/3kEQ4L
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-05-23 12:23:41
    検証 公共事業万能論 第2回 田中秀臣 上念司 桜林美佐【チャンネルくらら】 http://youtu.be/mivG9WC12ek 実質金利を理解するには良い動画です
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-05-23 12:25:11
    検証 公共事業万能論 第3回 田中秀臣 上念司 桜林美佐【チャンネルくらら】 http://youtu.be/ybgkE_JfUZg ←2000年代の分析から「輸出の影響を除け!」という方は、「偽装転向ふじんてるん」(味方のフリして藤井さんを批判)の疑義ががが〜
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-05-24 22:05:57
    検証 公共事業万能論 第4回 田中秀臣 上念司 桜林美佐【チャンネルくらら】 http://ow.ly/3kQy0E ←コミットメントの重要性が分かります。同じ相関分析でも、コミットメントを考慮し、仮説検証している上念さんのスタンスに好感を持てす。あのお方もご覧になってる?
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-05-25 14:19:47
    福井日銀総裁〜白川日銀総裁のマネタリーベース変化率とBEI変化率相関 ➡️REAL-JAPANの上念さん記事 http://t.co/2reswZRY9x
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-05-25 20:11:24
    検証 公共事業万能論 第5回 田中秀臣 上念司 桜林美佐 http://ow.ly/3kT2On ←実質GDPとデフレータについての解説がありますね。どこまで藤井聡氏に優しいんだ 原田泰氏の論説はこちら http://ow.ly/3kT3aq
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-05-28 12:55:02
    "首相官邸で安倍首相と会った清滝教授は、従来型の公共投資は効率が悪いため、インフラの更新投資の方が望ましいと指摘。 教育・熟練技術など無形資産への投資が重要とも強調し、若い人々が正規社員として安心して生活できる雇用環境の大切さなどを説いた。" http://newspicks.com/w/news/456173?skip=true
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-05-28 12:56:52
    検証 公共事業万能論 第6回 田中秀臣 上念司 桜林美佐【チャンネルくらら】 http://ow.ly/xk3gd →上念さんが、3:00ごろから「日本型新自由主義」について。新自由主義批判をしている自称保守の人が、日本型新自由主義の擁護者であるという皮肉…
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-09-17 08:27:11
    原田泰氏 質問者2@shinchanchi アベノミクス「第一の矢」でデフレ不況を打ち抜け | PHPビジネスオンライン 衆知 http://shuchi.php.co.jp/article/2047 #NoMoreデフレ
  • ソクラテス太郎 @nomorepropagand 2014-11-28 15:48:01
    まとめ主さんの批判は的外れなと思います。原田氏の”1990年以降政府支出の効果はほとんどなかった”との主張に藤井氏が、”1990年代は効果があった”と主張しても問題ありません。2000年代は政府支出を減らして輸出拡大した時機ですから、政府支出との関係で論ずるには使えなかっただけでしょう。 例えて言うなら、”広島カープは1990年以降ずっとBクラスだった”と原田氏が主張したところ、”1991年に優勝してるよ”と藤井氏が反論したようなものです。
  • ソクラテス太郎 @nomorepropagand 2014-11-28 15:56:30
    岩田氏が転載を断った「MBと予想インフレ率との関係図」は「都合の良いところだけ」切り取っており、科学的妥当性が疑われると藤井氏が批判しているのですが、それと、”1990年代以降効果が無い”と断じた原田氏を”1990年代は効果が見られる”と批判したこととは別問題です。
  • ソクラテス太郎 @nomorepropagand 2014-11-28 17:01:08
    shinchanchi ケインズ主義者をマルクス主義者よばわりして論争で勝ったつもりになる上念と田中って、人としてどうなんでしょうかねぇ。
  • ソクラテス太郎 @nomorepropagand 2014-11-28 18:15:51
    shinchanchi 2000年以降は公共事業費が減少しましたが、アメリカのバブルで輸出が増えたからGDPが減らなかったのです。
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-11-28 19:44:30
    藤井聡内閣官房参与 http://ow.ly/3uYtxN のようなコメントを久しぶりに見た気がします。
  • すまん寝@財政再建脱却 @sumannne 2014-11-28 19:51:33
    残念ながら公共投資にそのような「マクロ的」効果はございませんでした。
  • ソクラテス太郎 @nomorepropagand 2014-11-28 20:10:27
    sumannne あなたの脳内ではそうなっているんでしょうね。
  • ソクラテス太郎 @nomorepropagand 2014-11-28 20:11:19
    shinchanchi NO反論でフィニッシュ、って感じですね。
  • すまん寝@財政再建脱却 @sumannne 2014-11-28 20:11:36
    nomorepropagand あなたの脳内ではマクロな効果がないと公共投資をする理由にならないんですね。とんだ反国土強靭化思想だと思います。
  • ソクラテス太郎 @nomorepropagand 2014-11-28 20:13:35
    sumannne 例えて言うなら、”広島カープは1990年以降ずっとBクラスだった”と原田氏が主張したところ、”1991年に優勝してるよ”と藤井氏が反論したようなものです。原田氏の主張は間違っていることを認めればいいだけです。
  • すまん寝@財政再建脱却 @sumannne 2014-11-28 20:15:37
    botと化す支持者たち。国土強靭化の本来の意味を自分で考えることすらできなくなっておるようです。嘆かわしい。
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-11-28 20:16:59
    原田泰さん、田中秀臣さんが反論済みのものを、私に求められても…時間泥棒かな?
  • ソクラテス太郎 @nomorepropagand 2014-11-28 20:18:23
    sumannne 念のため言っておきますが、国土強靱化をすべき理由はマクロ経済の視点からだけではありません。藤井氏の著書を読んでから言いましょう。
  • ソクラテス太郎 @nomorepropagand 2014-11-28 20:26:12
    shinchanchi 2000年以降は公共事業が減ったけどアメリカのバブルで輸出が増えたおかげで結局GDPは横ばいでした。だから藤井氏は2000年以降を検証しなかったのです。原田氏の”広島カープは1990年以降ずっとBクラスだった”という主張に対する”1991年に優勝してるよ”という藤井氏の反論が間違っていることを証明してくれませんか?
  • ソクラテス太郎 @nomorepropagand 2014-11-28 20:32:09
    shinchanchi ちなみに田中氏は「日本が財政支出を減らしたからMF理論でアメリカがバブルになった」と言っているように聞こえますが、気のせいでしょうか?だとしたらアメリカのサブプライムバブルで日本に対する批判が矢のように飛んできても良さそうなものですが? http://youtu.be/ybgkE_JfUZg?t=4m30s
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-11-28 21:37:27
    曲解は良くないと思うの.
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-11-28 21:40:50
    基礎が出来ていない場合は、マンキューの入門経済学とか、オススメ本がありますよ http://ow.ly/3uYAgB
  • ソクラテス太郎 @nomorepropagand 2014-11-28 21:41:50
    shinchanchi #田中秀臣 さんは、日本が公共事業を減らしたからMF効果でアメリカがバブルになった、と言っているように聞こえますが、まさか違いますよね? http://youtu.be/ybgkE_JfUZg?t=4m
  • 質問者2 @shinchanchi 2014-11-28 21:45:37
    藤井聡さんは「FBで議論をするのを避けているのは、見てる人々のレベルがかなり低いからです。」と言えるお方。読者のレベルに合わせて、見せたいものへ目を向けさせるテクニックはお持ちかと
  • ソクラテス太郎 @nomorepropagand 2014-11-28 22:00:30
    shinchanchi つまり #田中秀臣 は、おまえらバカだから日本が公共事業減らしたからMF効果でアメリカがバブルになったとでも理解しておけ、とおっしゃってるって事ですね? 見上げたハゲですね、ヤツはwww
  • ソクラテス太郎 @nomorepropagand 2014-11-28 22:11:55
    shinchanchi NO反論でフィニッシュ、ですね。ありがとうございました。
  • ソクラテス太郎 @nomorepropagand 2014-11-28 22:36:10
    shinchanchi 追い込まれたら論敵をバカ扱いして逃げるなんてとっても男らしい素敵なお方ですね。さては偽装転向コミンテルンだったとか?上念もビックリwww
  • ソクラテス太郎 @nomorepropagand 2014-11-28 22:52:30
    shinchanchi 実際、教科書バカが世界を滅ぼしているんだよね。教科書を捨てて現実世界に目を向けた方が良いよ。君たちの住んでる世界は、人間はみんな合理的に行動するとか、仮想世界にすぎないのであって、机上の空論です。理論物理学では原子炉が作れないように、理論経済学では現実世界をマネジメントできないのです。
  • ソクラテス太郎 @nomorepropagand 2014-11-29 21:41:38
    田中秀臣さんは「日本が財政支出を減らしたからMF理論でアメリカがバブルになった」と言っているように聞こえますが、僕の気のせいでしょうか? http://togetter.com/li/751051
  • ソクラテス太郎 @nomorepropagand 2014-11-30 13:10:46
    ポール・クルーグマン 「危機開始から四年経った今、財政政策に関する優れた研究がますます増えつつある--そうした研究は概ね、財政刺激は有効だと裏付けるもので、暗黙にもっと大規模な財政刺激をすべきだと示唆している。」(「さっさと不況を終わらせろ」(2012)より)

カテゴリーからまとめを探す

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする