編集可能
2014年5月6日

主人公の描き方(ラノベ読者と「最強主人公」)

ラノベ読者の傾向への対策として「主人公は最初から最強でなければならない」というものがあるといいます。 ただ、単純に「俺は最強だ」という快感だけがラノベにおいては最大化されているというわけではないようにも思えます。 周辺の話題も併せてまとめました。
79

前提:「ラノベ読者は努力を嫌う」という送り手側の認識

まとめ プロの作家たちが感じている最近のラノベ読者の特徴 四季童子先生、榊一郎先生、五代ゆう先生、神野オキナ先生、たのあきら先生、海法紀光先生による近頃のライトノベルの読者層に関するお話。ライトノベルの新人賞などに応募される方には参考になる部分も多いのではないかと思ってまとめてみました。 389299 pv 4608 419 users 210

発端:「努力を嫌う」→「異世界で最強」という要請さえある

小林 雄次 @kobayuji

ラノベ編集者から聞いた話。「最近の傾向として、主人公は初めから最強であることが挙げられます。負けたり、悩んだり、葛藤したりしてはいけないんです。だから特訓なんて以ての外です」。うーん、難儀な時代になってきたなぁ(・_・;

2014-05-05 00:23:08
小林 雄次 @kobayuji

先日Tweetした「負けたり、悩んだり、葛藤したりしないラノベの主人公」の話。正確には、「現実世界では平凡な人間なんだけど、異世界へ行くと(力を手にれると)初めから最強で、負けたり、悩んだり、葛藤したりしない」のが主流とのこと。「しかも異世界には冒頭できるだけ早く行く必要がある

2014-05-06 11:36:29

→ただし「最強主人公」は最近の風潮「ではない」

小林 雄次 @kobayuji

実は「負けない、悩まない、葛藤しない主人公」の物語は昔からある。この場合のポイントは、真の主人公(語り手)は別にいて、最強の主人公を見つめながら展開すること。例えば、シャーロック・ホームズの主人公は、ホームズではなくワトソン。厳密には、ホームズも負けるし悩むし葛藤するんだけど。

2014-05-05 00:46:28
骨と椿 @elorap

冨樫がハンタの話してる時に「問題が出た時に他キャラは頭使っていろんな回答を出し続けるけどゴンは主人公だから一足飛びにその上を行く回答を出す」みたいなこと言ってて、最強主人公はその辺にも根があるのかな

2014-05-06 13:53:58
骨と椿 @elorap

最初から最強主人公は一足飛びの回答までの道筋がブラックボックスで読者に提供されない だから同じ場所にシャーロックホームズにおけるワトソンのような驚くまたは解説するキャラが必要

2014-05-06 13:55:54
骨と椿 @elorap

うじうじ系主人公はそのへん割と自分で埋めてくれる。もちろんうじうじ悩んでる途中どこかで一足飛びの飛躍はしてるはずなんだけど読者にある程度提示されてるからブラックボックスには見えない

2014-05-06 13:59:16

たとえば、『ジョジョ』第3部の承太郎は「最強主人公」かも

おむ♌ @PlatyCiony

・高校生 ・イケメン ・モテるのに女に興味ない ・特に努力したわけでもないのに超強い ・頭も良い ・他の人にはない特殊能力を持っている ・親が大金持ち ・母親が若くて美人 どこのラノベ主人公かと思われるかもしれませんがこれ承太郎。

2014-04-28 12:26:53
このツイートは権利者によって削除されています。
こばいも @ko_baimo

@koji1986d 人によって解釈は違うでしょうが、承太郎は最強主人公の系譜だと思います(旅を通じて成長していく一面はあるにせよ、メンタルおよび戦闘力両面での初期値が著しく高かった)。修業で強くなったジョナサン、ジョセフとは明らかに違いますよね

2014-05-06 13:32:11
このツイートは権利者によって削除されています。
こばいも @ko_baimo

最強主人公っていうと承太郎よりもさらに前のコブラシティハンターが出てくるけども。前にもツイートしたっけ。

2014-05-06 13:44:20
骨と椿 @elorap

ナインバースは割りと悩まず最強に近かった気もする オーフェンはうじうじしてた

2014-05-06 13:41:30
このツイートは権利者によって削除されています。
tatsu2 @tatsu2

自分で記事を書くとすれば、『H2』『スプリガン』『マスターキートン』『戦う司書』などを挙げて考えたい話題。どんな作品名を挙げるのか、そこに興味があります。

2014-05-06 13:59:50

主人公の「強さ」の描き方の多様性

こばいも @ko_baimo

『弱虫ペダル』も『ベイビーステップ』も主人公がまったくの初心者(しかもスポーツに縁がないタイプ)で、ゼロからコツコツと積み上げていくストーリーゆえに親しみやすいのがよい。周囲のスパルタもほとんど強調されないけど、競技の特性がそれを補ってる。

2014-05-06 13:02:36
ヒグチ @yokoline

修行とか努力とか、同じことを何も考えずにひたすら続けると強くなって成功するというロールモデルが古くなったという可能性もある。

2014-05-06 13:49:49
tatsu2 @tatsu2

最強主人公の話題が活発だけど、個人的には「さじ加減」「ライバルの存在」が大事なんだなあと思う次第。

2014-05-06 13:51:07
『モーレツ宇宙海賊』について

"最強主人公ではないんだけど、その時々で置かれている状況下で常にベストな選択をしていくことと、徐々にその世界を広げていくことで主人公の成長が巧みに描かれていて、後半には最強主人公の風格が漂うようになっていた。"

『ノーゲーム・ノーライフ』について

"主人公が最強であるとして最強であることの正当性・理由を描くことに重点を置いているように思える。"

残りを読む(4)

コメント

アメーボイド @n4llfSrKkNx4 2014年5月6日
読者本人が努力嫌いだから読み物の努力描写も嫌いって論は一見それらしく見えるけど全然関係ないんじゃないなうか。読んでる本人が苦労するわけじゃないし、「努力描写がウケない」って事実に後付で理由だけ考えたような論に見える
23
小川淳次郎 @sazanka_mimiga 2014年5月6日
「努力描写がウケない」じゃなく「つまんない努力描写がウケない」。肝に銘じようと思います。 実際ンの所、結構特訓やってるような気もしますけど。それが梶原一騎テイストのものじゃないだけで。挫折や葛藤ってわりとある
19
取鳥族ジャーヘッド/76レジデント兼セントラルのアークス @torijar 2014年5月6日
蒼天航路も曹操は完璧超人だけど「蒼天航路は曹操無双の作品」て見られ方はまずされないよなー
1
聖夜 @say_ya 2014年5月6日
結局キャラクターというのは他者との相関関係によってのみ表現されるものなので、例えば劉備のいない三国志で曹操が魅力的に見えるかという話なんじゃないかと。
0
聖夜 @say_ya 2014年5月6日
ただこの手の「最近の傾向」とやらは得てして特別に売れた例外的な1作品の二匹目のドジョウを狙おうという意味の婉曲表現であることが多いので、眉に唾して聞いたほうがいいと思います
1
seidou_system @seidou_system 2014年5月6日
主人公が最強なのはいい。敵が面白ければ、話は面白くなる。
7
arabiannightbreed @a_nightbreed 2014年5月6日
『西遊記』っていう主人公無敵小説がございましてな。面白く無いかといえば間違いなく面白い。
3
neologcutter @neologcuter 2014年5月6日
努力の描写にもインパクトがいるんじゃないですかね。
4
fukaten @fukasetsuten 2014年5月6日
主人公が本当に落ちこぼれor中堅クラスだと成長しても物語が続くにつれ逆転劇の連発で強さランクがややこしくなっていくから、「最強」の方がシンプルに展開しやすいのかも
0
catspeeder @catspeeder 2014年5月6日
【前提:「ラノベ読者は努力を嫌う」という送り手側の認識】←はっきり言ってしまうと、こういう主張をしてる人たちは「主人公が最強なラノベ」を叩きたいのではない。実際には「今流行ってるラノベ」を叩きたいだけなのである。
12
catspeeder @catspeeder 2014年5月6日
そのため実際には存在している修行・苦戦・敗北・挫折などを含んでいる近年のラノベであっても無視されたり、そういった要素がなかったかのように扱われたり、あるいはなぜか「ちょっと違う」などと認められなかったりする。
9
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2014年5月6日
「ラノベ編集者から聞いた話」で、事実の確認が不十分だから十分な意見交換にはならないですね。雁屋哲氏が福島県民から聞いた話レベル。
8
りょーいち @barkindog2099 2014年5月6日
中華ラノベだと思ってる金庸の武侠小説だと「侠客行」あたりが本人意識しないうちにいつのまにか最強キャラになってる作品なのかなぁと思ってみる
0
取鳥族ジャーヘッド/76レジデント兼セントラルのアークス @torijar 2014年5月6日
ontheroadx 作者からすれば作品にGOサイン出す編集が何を売れ線と考えてるかは作品を読者に届ける上で避けて通れない重要事なので、雁屋の放射能とは別次元のような
0
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2014年5月6日
torijar でも「俺は担当編集者からそんな話は聞いていない」という人が出てきたら、それは業界全体に当てはまることなのか、一部の編集者の意見なのか検証しないと何かは語れないはずですよね。
1
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2014年5月6日
とりあえず、ぼくの知っている編集者でそんなことを言っている人間はいません。
1
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2014年5月6日
客観的データとして「最近の傾向として、主人公は初めから最強であることが挙げられます」が正しいか否かは、刊行されているラノベを検証すればいいですよね。
0
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2014年5月6日
http://togetter.com/li/427129 こっちのまとめも「そうです」が多くてあまり参考にならないなぁ。
0
figaro @figaro136 2014年5月6日
個人的な感想だけど、批判されることの多い「最強主人公」は性格・人格が能力とミスマッチな事が多いと思う。例えばキラ・ヤマトなんて性格的には成長型主人公のそれなのに能力的にやたら突出してるから、視聴者が期待する展開と実際の展開にズレが生じる。
7
figaro @figaro136 2014年5月6日
最強、もしくはそれに近い主人公っていうのは別に珍しくもないんだけど、そういうキャラは冷静沈着で優れた判断力を持ってたり、経験豊富な成熟した人物だったり、あるいは自信満々の俺様キャラだったりで人格が能力と釣り合ってる事が多い。そうじゃないと能力に説得力を感じなかったり、期待した展開と違うと多くの人が感じて批判対象になりやすい。って思ったけど、どうかしら。
6
あさぎ @asagi8 2014年5月6日
どっちかいうと俺TUEEE系というカテゴリーが認識され出したのが大きいのではないかなと思う今日この頃。戦闘ものじゃない学園物だと主人公は葛藤しまくるしそれなり人気あるし
0
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2014年5月6日
「最近の傾向として、主人公は初めから最強であることが挙げられます」を検証するためには、鼻血と同じく「過去と比較してみる」「他ジャンル(時代小説とかミステリーとか)と比較してみる」「観察範囲の異なる(読んでる趣味が違う)複数の証言を比較してみる」などがあります。
1
ソレステン @solesten 2014年5月7日
ちょうど例として挙がってる承太郎なんかもそうだと思うんだが、最強というのがただひたすら俺TUEEEで勝っていける保証ではなく、ある程度の強さの代わりに伸び代を犠牲にしたものという認識が広まってきてて、如何にその能力だけで乗り切っていけるかという一種の縛りとして、成長型とは対極の形で挑戦する主人公というのが目立ってきてるのではとか思ったり。まぁその承太郎=スタプラも成長性-Aということで最終的にすごいとこまでいってるけど。
3
狐謡 @Towa_towa_to 2014年5月7日
最後の、ラノベのフォーマットの話が全てだと思う。成長の快感を先送りに出来ないから、複数巻で主人公を成長させていったり、主人公の成長物語を書いた後の続きで、同じ面白さを提供することが難しいんだろう。結果、最強主人公の方が安定してるし、売り方としては好まれると。続きありきの漫画では重要な引き伸ばし要素なので、何だかんだ言っても成長型の主人公多い。
7
dhk3o @dhk3o 2014年5月7日
努力嫌いって単に昔流行ったような努力の仕方が受けなくなっただけなんじゃないの?現実を見て、明らかな成長フラグとしてわざわざ描かれる特別な努力ってのにリアリティ感じられなくなってたり、努力だけで急に成長出来ること自体にも違和感を感じてたりするのかもな、負けたら終わりじゃんって考え方とかも含めてさ。
0
扶桑委員会 @fussoo_moe 2014年5月7日
弱虫ペダル、初心者がコツコツって言ってるけど奴かなりチートやで。ケイデンスは最初からめちゃくちゃだしクロモリでインターハイ戦うし、
3
扶桑委員会 @fussoo_moe 2014年5月7日
しかし、こういう話を見聞きするたびに思うのは、彼らの言うところの努力型主人公の話って具体的なタイトルは何なんだろうと。なかなかないよ完全平凡主人公の努力物語って。なんらかの能力の尖りがないとドラマ作りにくいから
14
catspeeder @catspeeder 2014年5月7日
fussoo_moe 同意せざるを得ない。ぶっちゃけ御堂筋君なんかよりも遥かに妖怪だと思っている。
1
Bauer @WorldLeaf 2014年5月7日
ヒロインの女の子(実はさして性別は重要じゃない?)を助けていくスタイルだと、主人公が弱い余地ないな、尺的にも ヒロインと一緒に成長するのも楽しいけど、辛いか(尺的に)
0
三毛招き @mikemaneki 2014年5月7日
知り合いのラノベ編集者からの伝聞情報って時点で信憑性はマックの女子高生レベル
3
三毛招き @mikemaneki 2014年5月7日
努力描写がないって言ってる人の「努力」ってたいてい修行シーンのことだしな。
6
三毛招き @mikemaneki 2014年5月7日
そういう大いなる誤解をさせた大元って多分ドラゴンボールだと思うんだけど、アレだて修行シーンはウケが悪かったって話もあるし、だいたいラノベで言えば一巻相当の序盤、ピラフ一味あたりまでにおいては初めから最強で負けたり悩んだり葛藤したりなんて全然してない。
1
三毛招き @mikemaneki 2014年5月7日
ラノベにおいてもスレイヤーズっていう例があるわけで、全然「最近の傾向として」じゃない。
4
ehoba @htGOIW 2014年5月7日
どちらかというと、努力描写を魅せるというのが、カンフー映画ブームから少年漫画に輸入された、サブカル史的にも割りと後になってからの現象なんじゃないの 貸本漫画主人公で修行描写ってそんなにあるかな?
1
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2014年5月7日
とりあえず、「もしラノベ編集者の話が本当なら」って仮定の話で何か語るのやめない? それ、「福島県で鼻血を出している人間が増えているとするなら」と同じぐらいの「なら」だよ?
3
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2014年5月7日
ミステリーでも最初から名探偵は最強だし、スペオペ・ファンタジーのヒーローは最強だし(英雄コナンとか)、チャンバラ小説の主役や最強じゃなくない?
2
誤用@OQは平成の終わりに全人類が見るべき映画 @goyougoyou 2014年5月7日
一巻打切りが普通にある上に、好評だったら話しを続けなきゃいけない中で時間のかかる成長物語は掛けないよね
0
たさか(隣人部員) @ktasaka 2014年5月7日
よく考えてみると千秋真一だって努力描写はないんだった(けど死ぬほど努力した本人談あり)…のだめに至っては瞬発的にしか努力してなかった…。
0
Rick=TKN @RickTKN 2014年5月8日
近年の作品で主人公が地道に修行してたと思うのは「灼眼のシャナ」の坂井悠二かなぁ。2巻あたりから修行(日々の特訓)を始めて、それが十全に発揮されたのは14巻という。ちなみにシャナは「勇者」なのでパワーアップは「死と再生」イベントで行われました。
0
喜那狐坊 @go2_kota 2014年5月8日
努力描写やコツコツするのが受けないんじゃなくて、0な状態から最強状態に持っていくまでの過程を考えて、強くなることをエンタメに出来ないだけじゃない?ハンタの修行とか過程が明確で面白いじゃん。
1
礼門Z leimonz @leimonZ 2014年5月9日
最近のラノベ主人公って、経絡秘孔を突いただけで敵を爆死させられる北斗神拳伝承者より強いの?
2
超ぐったり@人間になろう @phakutaku1 2014年5月9日
最強主人公=最後まで努力しない ってワケじゃない。最初無敵でも敵の強さがインフレしていって、努力やイベントクリアで強くなるってのは少年マンガの王道。例:ダイの大冒険
0
久保田弥代/plummet @plummet 2014年5月9日
エンタメ小説系の最強主人公の元祖は誰だろうと考えて、トレジャーハンター八頭大とか魔界医師とか思いついちゃった俺はもうオッサン_(´ㅅ`_)⌒)_ 
0
創作文芸サークル時の輪@通販受付中 @Kamimura_Maki 2014年5月9日
幾つか論点があると思うんだけれども、上でも指摘されてる通り、主人公最強系の話は前からあって、例えばジャンプでも「るろうに剣心」とか「バスタード!」とかはかなり典型的な主人公最強の話だったと思う。ただ、この二つはそれぞれ最強である理由がはっきりしていて、その上で物語の展開を期待するタイプだったから面白かった。
0
三毛招き @mikemaneki 2014年5月9日
結局「最近の傾向」って俗流若者論の亜種だよね。
1
創作文芸サークル時の輪@通販受付中 @Kamimura_Maki 2014年5月9日
主人公最強系の話の亜種としては、登場時のスキルとしては凡人に近い「もう一人の主人公」を設定して、最強の方の主人公でストーリーを展開させつつ、もう一人の主人公の方で成長を描くというパターンもある。一番分かりやすい例がダイの大冒険におけるダイとポップだと思う。途中から両者共に成長というのもあり。
0
創作文芸サークル時の輪@通販受付中 @Kamimura_Maki 2014年5月9日
実際の修行描写に関しては「オーベルシュタインの犬」でいいと思うんだなあ。つまり数行かワンシーン程度でいいと思う。後は読者が脳内で補完してくれると思うから。しっかり書くなら、ストーリーの本筋と絡めた方がいいというか面白いんでは?
0
キカイザー @kikaiser 2015年8月18日
群像劇について軽く調べてから考えたんだが いっそ特定の主人公を設定しないラノベというのはどうだろう
0