下鴨車窓『渇いた蜃気楼』感想まとめ

【劇の結末などが書かれていることがあります】京都を拠点に活動する劇作家・演出家の田辺剛が主宰する演劇ユニット「下鴨車窓」が『渇いた蜃気楼』をツアー公演しています。2014年には『わたしの焦げた眼球/遠視』というタイトルで、5月に名古屋・京都・津、7月に広島と松山をまわりました。2015年からは『渇いた蜃気楼』に改題(内容はそのまま)して再演を続けています。ここではご観劇いただいた方の感想ツイートを続きを読む【劇の結末などが書かれていることがあります】京都を拠点に活動する劇作家・演出家の田辺剛が主宰する演劇ユニット「下鴨車窓」が『渇いた蜃気楼』をツアー公演しています。2014年には『わたしの焦げた眼球/遠視』というタイトルで、5月に名古屋・京都・津、7月に広島と松山をまわりました。2015年からは『渇いた蜃気楼』に改題(内容はそのまま)して再演を続けています。ここではご観劇いただいた方の感想ツイートを中心にまとめました。 2015年の公演情報↓ http://tana2yo.under.jp
津あけぼの座 シアターねこ アトリエ劇研 七ツ寺共同スタジオ 高杉征司 演劇 藤原大介 大沢めぐみ 田辺剛 アステールプラザ
shimogamoshasow 6481view 0コメント
このまとめをお気に入りにして応援しよう!
0
ログインして広告を非表示にする
  • ここからは2016年春(福岡、北九州、東京)ツアーのツイートまとめです
  • 演劇感想文リンク @kansolink 2016-05-25 03:40:02
    今週更新された劇団 16 下鴨車窓 engeki.kansolink.com/review/shimoga… 最新作「渇いた蜃気楼」他4作品の劇評をお読みいただけます #演劇 #舞台 #劇評 engeki.kansolink.com
  • Maisel's Weisse @maisels 2016-05-18 23:39:46
    下鴨車窓「渇いた蜃気楼」も観ていた。ミニマルで行間の余韻で観せる劇だった。
  • н0Яi○ @h0rio 2016-05-18 00:10:56
    下鴨車窓はちゃんとしてる芝居だとは思った。いらっとする人物がちゃんと滲み出てたし立ち上がってた。でもよくわからなかった。舞台に紙ゴミが散乱しまくってたのとか意味がわからなかった。それを残して掃除機かけてたのも。おかしな人々を描きたかったとしても。そして、やり口が古臭い印象だった。
  • 田辺剛 @tana2yo 2016-05-17 23:46:41
    先日終わった『渇いた蜃気楼』のツアー公演にさまざまな感想をいただいた。励みになるものはいくつもあるけれど(ありがとうございます)、もはや感想ではなく批評と呼ぶべきものの一つをご紹介したい。ブレヒトの「異化効果」の視点から。 uoh.seesaa.net/article/437952…
  • 観てきた! @mitekita_ 2016-05-16 12:52:33
    【観てきた!】 渇いた蜃気楼: 酷暑が凄く伝わってきました。 空調は心地良かったはずなのに、見てると暑くなってきました。 そして、高杉さんが登場してからの緊迫感が半端なかったです。 ドキドキしちゃいました。 dlvr.it/LKFC0y (←全文)
  • 植竹 明彦 @auetaque 2016-05-16 01:51:22
    下鴨車窓『渇いた蜃気楼』舞台が地方の町で、情報はどこも変わりない現代だが、汲んだ水を運ぶのに足がないと苦労してしまうとか、暮らしの利便性に慣れきった者にはあれ?なんか懐かしい景色が見えるような気がする。前作に続き表面上は静かな演劇。そして内に激しさが渦巻いてて好みの芝居だった。
  • papamomo老年団サポートセンター @papamomo2008 2016-05-16 00:29:27
    「漂着」を観て、観たかったけど今回はタイミングが合わず観れないと思っていた下鴨車窓「渇いた蜃気楼」、予定がキャンセルになって観れた。 なるほどなぁ、と話しが進んでゆくうちに、映像が重なって行く。渇いていた過去の記憶が蜃気楼の様に、今浮かんでくる。 余韻が残る作品だった。
  • 小泉うめ @co_ism1_U_Me 2016-05-15 23:00:41
    下鴨車窓「渇いた蜃気楼」はFUKAIPRODUCE羽衣「サロメVSヨカナーン」のバラードver.みたいな芝居でもあった。
  • 小泉うめ @co_ism1_U_Me 2016-05-15 22:55:59
    下鴨車窓「渇いた蜃気楼」 #拝見 。断水中で砂漠のようなアパートにも皮肉のようにamazonは届けられる。直接的に物語ることではなく、物語ることによりこの舞台上の空気を醸し出すことを目的としており、それが戯曲の中で何気なく何でもない日々を過ごしている2人の記憶を捻じ曲げて見せる。
  • 升本 @masumoto_ 2016-05-15 16:40:55
    こまばアゴラ劇場にて下鴨車窓『渇いた蜃気楼』。アラフォーの3人が、エアコンのない室内でうだるような夏の暑さにやられ処理速度が落ちた脳に去来する20年前の記憶と日常。倦怠感が伝染しそうなダルさの描写に時折「死」が絡む話題が出てハッとする。たまに台詞が文語体になるのが気になった。
  • chicoshop @chicoshop 2016-05-15 16:23:47
    あの手この手を使って受信料を契約させようとするN○Kの、壮大な工作……と見るのは一番ヒドイ解釈だろうな……
  • chicoshop @chicoshop 2016-05-15 16:21:08
    見えないところを想像させる。回想でしか語られない若いのこととか。その時に見ていた、川・山・寂れた田舎とかは、現在と違うように見えていたんだろうな、とか。 退屈な暑さは、若いときの情熱の余熱なんじゃないか…とか思ってみたり。 あのDVDのチョイスも若い頃を想像させる要因だね
  • 片山 幹生 @camin 2016-05-15 16:19:56
    下鴨車窓『渇いた蜃気楼』文学的で作品の雰囲気は嫌いではないのだけれど、強烈な導眠力のある芝居で、気がつくと夢の世界に引きずられ気を失っている。アゴラーの面々も落ちていた。隣の席に女優さんが座ったアゴラーだけは緊張で落ちなかった。
  • chicoshop @chicoshop 2016-05-15 16:12:45
    ずっと答えの出ない問いを投げかけられてる感じがした。 自転車を盗む人の心理ってどういうことなの?とか、太ってないのになんで痩せたいのか?とか。なんでこんなに夏は暑いの?もあるかな。 女性が運動してたらダイエットしてるのかと思う心理?もなんでだろう
  • 生 成 @yestarina 2016-05-15 16:12:40
    昨日は駒場で下鴨車窓『渇いた蜃気楼』観劇。思い出として「地元の公園がある駅に乗換待ちで停車している時、憎んでもいない母を殺したくなった」というのが有った。白線で囲まれた舞台上でも、色々な事が起こり続けているわけだけど、その取り出し方に共感を覚えて安心した。夜の駒場住宅もよかった。
  • chicoshop @chicoshop 2016-05-15 16:09:01
    ちょっと季節先どり?かな。暑さと退屈さはどうして似合うのかな。劇中で見ているエクササイズDVDも、リズムの繰り返しで、退屈な感じを増長させているよう。HOTなダンス?のはずなのに。 エクササイズの音楽と、あいだの会話が噛み合っていないようでもあるのに、妙にしっくりしてたりして
  • 福田温子 @stageholic 2016-05-15 16:05:44
    下鴨車窓『渇いた蜃気楼』観劇。昨夜、存在論とか記憶とか脳の嘘とか誤作動、書き換えみたいな話をしたところだったので、勝手に色々疑いながら観られて楽しかった。田辺さんの作品はどこか哲学的で、いくらでも見方がある気がします。約1年ぶりに田辺さん、藤原さん、高杉さんにお会いできて嬉し。
  • chicoshop @chicoshop 2016-05-15 16:03:30
    下鴨車窓『渇いた蜃気楼』みてきたっ。 ゆったりした静かな舞台だった。 ムダがないセリフで対話をかさてねていく感じは好きだな。じっと見入っちゃう。 舞台はきっかり六畳間だったのかな。そこに見えない空間と時間も見させられたような気がする pic.twitter.com/97dAlzVKfV
     拡大
  • 観てきた! @mitekita_ 2016-05-15 12:11:38
    【観てきた!】 渇いた蜃気楼: 最初は少しだるい感じでしたが、男が現れからのサスペンス風な展開は素敵でした。 dlvr.it/LJt7vM (←全文)
  • 観てきた! @mitekita_ 2016-05-15 04:09:05
    【観てきた!】 渇いた蜃気楼: タイトルが振りで、劇中符合する効果。冒頭の場面が最後に出てくるパターンとか、振り(謎かけ)の回収(謎解き)が戯曲である、とシェイクスピアなどを読むと思うが、この作品とは別の話。… dlvr.it/LJmlpy (←全文)
  • 観てきた! @mitekita_ 2016-05-15 01:07:04
    【観てきた!】 渇いた蜃気楼: 僻地のアパートに二人で暮らす人生崖っぷち(?)の晩婚夫婦の話。… dlvr.it/LJkLBt (←全文)
  • やん @steamboat1004 2016-05-14 20:52:22
    下鴨車窓の『乾いた蜃気楼』見終わりました。京都で見た作品の東京公演です。もう、"暑い"芝居でした。干ばつで水道が止まってる真夏の扇風機しかない部屋が舞台です。暑さが伝わりますよね?大沢めぐみさんのセクシーダンスを堪能しました(笑)
  • 湯瀬美紀 @mikiyuse 2016-05-14 18:49:58
    (つつき)京都弁は出なかったものの、現代劇ながらの、すこしパラレルワールトのような要素もあって、暑い暑い演劇をたのしめた、95分でした。
  • 湯瀬美紀 @mikiyuse 2016-05-14 18:48:08
    (つつき)ちゃぷ台に、扇風機、テレビに、周りはゴミ屋敷みたいな舞台装置ながらも、風鈴や、セミの鳴き声をBGMに、水不足に悩む男女3人のそれぞれの視点から、どう猛暑を乗り切るのか表現さを作者なりの解釈がよかったですね。

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「動物」に関連するカテゴリー