編集可能

「売国」「売国奴」という言葉の由来は?

「売国」「売国奴」という言葉があります。いろいろと剣呑な表現ですが、政治的な問題は別にして、これはいつごろ、どのように造語されたのでしょうか。 「共産党が内部用語として使うようになり、人口に膾炙した」という指摘があったので、歴史的に興味深く感じ、メモ代わりにまとめてみました。 もう少し、詳しく調べる方法もいろいろあるかもしれません。
歴史 言葉 歴史用語 民俗学 売国 共産党 売国奴
10
かどはら武志(日本共産党東郷町議) @kadohara
いよいよ自民党の売国政党ぶりが分かりやすくなってきた。外国語を公用語化するとは。南ベトナムの傀儡政権でもこんなことはしなかったのでは?…「英語特区」創設を提言 クールジャパン有識者会議 - MSN産経ニュース sankei.jp.msn.com/economy/news/1…
かどはら武志(日本共産党東郷町議) @kadohara
@kadohara 日本共産党中央委員会ホームページで「売国」を検索した結果。かなり自然に使ってきた用語。 suzuran.aik.co.jp/jcp/?szquery=%…
菅野完 @noiehoie
いやいやいやいや。違うでしょ。寧ろ、「売国奴」は代々木が昔から大好きな言葉。というか、「売国奴」という日本語が人口に膾炙されるようになったのは、「天皇制」という言葉と同じく、共産党の内部用語がスタート。むしろ、「売国」という言葉を使う共産党議員は、本卦帰り
菅野完 @noiehoie
文革の評価をめぐり代々木から独立した日本共産党左派のスローガンは、「反米帝 反売国」です。「相手を売国奴呼ばわりする」のは、あの業界の古式ゆかしい伝統芸能ですよ。 / “日本共産党(左派) - Wikipedia” htn.to/YAEh7XR
菅野完 @noiehoie
しかも、この共産党の議員さんは、「南ベトナム傀儡政権」とか言ってるわけでしょ。「末端から劣化」してんじゃないよ。この議員さんは、お行儀よく、四十年前の共産党のままでいらっしゃるわけ。
TAMO2@共産趣味者/キンピーブログ協力者 @tamo2_1965
@noiehoie 「民族の敵 国を売る 狗どもよ」と歌う革命歌もありますね。
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan
togetter用資料 / “初音ミクの「民族独立行動隊の歌」映像の世紀風 ‐ ニコニコ動画(原宿)” htn.to/CRgNsR
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan
togetter資料“血潮には 正義の血潮もて叩きだせ 民族の敵 国を売るいぬどもを 進め 進め 団結かたく 民族独立行動隊 前へ前へ進め” / “民族独立行動隊の歌” htn.to/zuysfy
菅野完 @noiehoie
「売国奴」という言葉が左翼オリジンだってことをみな忘れ過ぎです。 RT @tamo2_1965: @noiehoie 「民族の敵 国を売る 狗どもよ」と歌う革命歌もありますね。
菅野完 @noiehoie
左翼とナショナリズムは無縁だとかは、思い込みに過ぎない。
菅野完 @noiehoie
「売国奴という言葉は、天皇制という言葉と同じく、共産党の内部用語がオリジン」という書き込みが、共産党の議員さんからRTされてるんだけど、ええんですかいの、コミンテルン指示を是認してしもうて。
菅野完 @noiehoie
まああまり大勢に影響ないし古過ぎる話だからかもしれませんが、野坂参三を口汚く罵る代々木の人は見たことあるけど、田中清玄を口汚く罵る代々木の人を見たことない。あれなんでだろうね。
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan
この話は、いかにもありそう。というのはこの言葉にはかなりモダンさを感じる部分があるからね。それに「国を売る」は以前「高飛びする、故郷を捨てて逃げる」の意味だからちょっとずれる。 twitter.com/noiehoie/statu… @noiehoie
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan
資料 ここの2分ごろ。 「なんで大政 国を売る」(※大政が売国奴という意味ではない) youtube.com/watch?v=PN21jg…
リンク YouTube 旅姿三人男 旅姿三人男 作詞:宮本旅人 作曲:鈴木哲夫 "もっと見る"をクリックすると歌詞がコピー可能です。 旅姿三人男 作詞:宮本旅人 作曲:鈴木哲夫 清水港の 名物は お茶の香りと 男伊達 見たか聞いたか あの啖呵(たんか) 粋な小政の 粋な小政の 旅姿 富士の高嶺(たかね)の 白雪が 溶けて流れる 真清水で 男磨いた ...
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan
「国賊」は幕末の尊皇攘夷時代から既に使われていたことは確実。「売国」「売国奴」はどうなんだろうな。 辞典によっては、ことばの初出を収録しているはずだから、それで調べられるのかもしれないけど oshiete.goo.ne.jp/qa/771391.html 『日本国語大辞典』か。 @noiehoie
リンク 教えて!goo <初出>が載っている辞典 以前何かの辞典で、それぞれの言葉の初出(←時期?文章?)も載っているものを見たような気がするのですが、そういう辞典はあるでしょうか。用例で文章が挙げられている場合も、初出というわけではないですよね。...
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan
愛国、売国そのたナショナリスティックな用語を左派陣営も多用していたという一昔前の感覚はこの本「<民主>と<愛国>」のテーマの一つでもありましたな shin-yo-sha.co.jp/mokuroku/books…  @noiehoie
リンク www.shin-yo-sha.co.jp 〈民主〉と〈愛国〉
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan
お、発見したので追加  nikitoki.blog.so-net.ne.jp/2009-02-20-1 『さらに「新漢語林」によれば、この売国奴は、「史記 蘇秦伝」が出典のよう。 《蘇秦(そしん)》 100.yahoo.co.jp/detail/%E8%98%… 合従連衡の合従策をなしとげた戦国時代の政治家ですね。
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan
test.sanseido.net/Main/Words/Tod… [出典] 〈史記・蘇秦伝〉 [原文] 「人、蘇秦を毀る者有りて曰く、左右に国を売る反覆の臣なり、将に乱を作さんとす〔蘇秦の悪口を言う人がいて、あちらこちらに国を売り、心に裏表のある信用のできない臣である。やがて乱を起こすであろう…〕」
リンク test.sanseido.net 三省堂 Web Dictionary
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan
「売国『奴』」のほうは、やはりよく分からないな。
残りを読む(23)

コメント

gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2014年9月4日
この言葉の語源や初出、一般への浸透などの経緯があくまでも興味の中心なので「歴史」カテゴリにしています。
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2014年9月4日
「史記 蘇秦伝」の情報を追加
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2014年9月4日
そもそもでいえば、「愛国」という言葉の語源もどうなんだ、と今気になったがhttp://d.hatena.ne.jp/nathume/20080812/1218544203で、日本書紀が初出だ、という論考が紹介されている。  「愛国」という言葉の由来は「日本書記」に出てくる持統天皇の言葉…(略)帰国後、持統天皇が博麻の功を顕彰した。 『朕、その朝を尊び国を愛(おも)ひて、己を売りて忠を顕すことを嘉ぶ』
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2014年10月3日
メモ 2014年10月3日 東京新聞「こちら特報部」は『朝日バッシング 飛び交う「売国」「反日」』という記事を掲載し、少し語源に近い話も触れていました。『もともと「売国」「国賊」は戦前戦中の軍国主義に反対する者に投げつけられた言葉』との記述。ただし例は1930年代。共産党成立の前なら確実なのだが。
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2014年11月21日
11月の関連つぶやきを追加収録しました。
トーレ@狼がドアの前で待ってる @torewolf 2014年11月30日
>「そもそも「売国奴」という言葉は、日本共産党の内部用語がオリジンだった可能性がある。」 …「国賊逆徒、売国奴、殺せ、撲なぐれと、衆口一斉熱罵ねつば恫喝どうかつを極めたる…」泉鏡花「海城発電」 初出:「太陽」第二巻第一号 1896(明治29)年1月http://www.aozora.gr.jp/cards/000050/files/4557_12112.html
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2015年2月9日
2015年3月号「SAPIO」掲載の小林よしのり「ゴーマニズム宣言大東亜論」によると、明治十年(1877年)、西郷隆盛の決起に呼応して挙兵した「福岡党」の檄文に「天理に逆らい人道にもとる 実に売国の賊と言わずして何ぞや」とあったとのこと。明治初期にはすでに確立?
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする