10周年のSPコンテンツ!

「ブラ博物月報」 横濱歴史博物館「大おにぎり」編

日本各地の博物館、水族館、植物園、建築物、名所旧跡などのガイドとルポを中心にして掲載している「博物月報」(http://www.hakubutu.jp/)というサイトがあります。その主宰者博物月報さん(@hakubutu)のツイートのまとめ。 さながら、「ブラタモリ」を見ているような雰囲気であり、「ブラ博物月報」と言ってもいいのかと。 今回は、横濱歴史博物館「大おにぎり」編。 こういった角度から、「おにぎり」を語ることができるのかと感心。
人文 おにぎり 博物月報 食文化史
41
横浜市歴史博物館 @yokorekihaku
大おにぎり展、オープンいたしました! pic.twitter.com/3WAgN2Ux2e
拡大
博物月報 @hakubutu
横浜歴史博物館の「大おにぎり展」に推参!チラシをおにぎり型に折ると入館が割引になる。ルポは後ほど。 pic.twitter.com/hPTUHPBVuE
拡大
博物月報 @hakubutu
さて、横浜市歴史博物館で本日からスタートした「大おにぎり展」、先ほどもツイートしたようにチラシをおにぎり型に折ると割引になる。 pic.twitter.com/4fc0COcVw8
拡大
博物月報 @hakubutu
チラシなのにおにぎり、わはははは。
博物月報 @hakubutu
おにぎり型に折ったチラシは係員に見せればいいので、そのあと皆おにぎりチラシを手に館内をうろうろしているほほえましい光景が。チラシはその場で折ってもOK。 pic.twitter.com/5DaaBp6S8N
拡大
博物月報 @hakubutu
入ってすぐに巨大なおにぎりが目に入ったので、吸い込まれるようにそのコーナーへ。明治18年の駅弁第1号の再現模型だというが、それにしても手前のおにぎり定食と比べて大きすぎないか?縮尺が違うのかと勘ぐってしまった、一体何合炊いたんだろう? pic.twitter.com/WS3LAoOd5V
拡大
博物月報 @hakubutu
しばらく見ていて気がついたのだが、巨大おにぎりに気をとられて順路を逆走していた。博物月報さんはむかしからこうふんすると順路を無視して走り出すくせがあります(よく、小学校を卒業できたものよ…)。 pic.twitter.com/KskPbEm2Ni
拡大
博物月報 @hakubutu
なお、すでにお気づきのように、企画展示室内はフラッシュをたかなければ写真を撮ってOKという。企画展は撮影禁止のケースが多いので、これはうれしい。 pic.twitter.com/H4W7Lh2GNm
拡大
博物月報 @hakubutu
さて、おにぎりに入る前に、植物質遺物の発掘について。植物質遺物は1970年代後半から急増したが、これはこの時代に低湿地の大規模開発が行われたことにちなむ。水に浸かっていたために酸素が遮断され、有機物でも腐らずに発掘されたという。 pic.twitter.com/hfeQgpJXoc
拡大
博物月報 @hakubutu
台地にある遺跡では、植物は炭化でもしていないと発掘されない(分解されてしまうから)。1970年代以降の低湿地の大規模開発がこういう形で発掘物にまで影響を与えているとは…。写真はオニグルミの殻。 pic.twitter.com/hLJ8rcb3Jv
拡大
博物月報 @hakubutu
コメが登場する以前は、クルミやトチ、クリなどがメイン。そしてそれらを加工したクッキー状炭化物。いわゆる「縄文クッキー」が出土。 pic.twitter.com/u0rpx09PXA
拡大
博物月報 @hakubutu
縄文時代のクッキー状炭化物は約30遺跡から出土している。ほとんどがドングリなどだが、なかにはクルミをつかったものや、エゴマを固めたものもあるそうだ。 pic.twitter.com/pLVJfatY66
拡大
博物月報 @hakubutu
コクゾウムシは貯めてあるコメを食べるので、縄文遺跡からみつかった場合、稲作の証拠とされてきたが、コメ以外のものも食べることがわかって、最近では稲作の証拠にならなくなったそうだ。写真は土器に残ったコクゾウムシの圧痕の拡大模型。 pic.twitter.com/6yLCJf7oVM
拡大
博物月報 @hakubutu
稲作がさかんになると炭化したコメの出土も増える。しかし、一見コメの塊でも、おにぎりかどうか見極める必要がある。写真のコメの塊はコメの粒の方向がそろっていることから、稲穂の状態で炭化したとわかる。 pic.twitter.com/0FwZouRkHn
拡大
博物月報 @hakubutu
しかし、横浜市の古墳時代の遺跡から出土したコレは、極めておにぎり度が高いとみられている。 pic.twitter.com/9xfPMljron
拡大
博物月報 @hakubutu
隣に再現模型があった(古墳時代のおにぎり)。おにぎり大4つ相当。2食分だろうか? pic.twitter.com/irlH05YvuB
拡大
博物月報 @hakubutu
第2コーナーを回ると、これでもかというぐらい炭化米が出てくる。ただのコメの塊なのか、おにぎりなのかを見抜く目が必要…。 pic.twitter.com/tNVIQdA0w0
拡大
博物月報 @hakubutu
具が入っているなど、意図して握ったことがわかるものは明らかにおにぎりといえるだろう。これは中に銭が入ったもの。村を追い出される恋人のために、路銀を入れたおにぎりをわたして…なんてシーン、時代小説にあったような。 pic.twitter.com/C8U4wrXVSo
拡大
博物月報 @hakubutu
一方で、針入り(!)のおにぎりも。一転してこれは事件の予感…。中世の家庭(?)の闇を見るような。。。 pic.twitter.com/QquKhW7bl1
拡大
博物月報 @hakubutu
さらに、布でつつまれていたと思われるおにぎりも。 pic.twitter.com/WJAP4c0vml
拡大
博物月報 @hakubutu
木器に入れられた状態のものも。おにぎり状にして軽く焼いたりして保存しておいて、お湯でもかけて食べたのかな? と。 pic.twitter.com/Oifailo5w7
拡大
博物月報 @hakubutu
さらに歴史の現場にいたおにぎりたちも登場。天文元年の一向一揆の山科本願寺の戦いのおにぎり。 pic.twitter.com/cVLKuhiT67
拡大
博物月報 @hakubutu
御館の乱(上杉景勝VS景虎)の現場にいたおにぎり。 pic.twitter.com/eliz6RbQbQ
拡大
博物月報 @hakubutu
関ヶ原の戦いの前哨戦である「伏見城の戦い」に参戦していたおにぎり。「そのときおにぎりが動いた」 or 「おにぎりは見た!」というタイトルでドキュメンタリーが撮れそう。 pic.twitter.com/NkKDo24oiS
拡大
残りを読む(13)

コメント

きなこもち@トンベリ鯖 @mochiko_FF14 2014年10月13日
おにぎりのCT画像なんて生まれて初めて見た・・・ お腹すいてきたのでご飯炊いてくる(*´¬`)ジュル
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする