【新機能】作り忘れたまとめはありませんか?31日前まで期間指定してまとめが作れる高度な検索ができました。有料APIだからツイートの漏れはありません!

古流武術(古武道)問題

古武道を中心として武術関係のトンデモ、似非科学、オカルトに騙されないための知識を説明しています・・・のはずでしたが、最近は武術全般の話を書いています。 ここに書いてある事は又四郎個人の意見であり、又四郎が所属する流派、道場の公式見解ではありません。
武道 古流武術 武術 武芸 格闘技 古武道
26888view 75コメント
64
ログインして広告を非表示にする
又四郎 @matamatamatayan
古流柔術の名人や中国武術の名人が人間を吹っ飛ばすような人間離れした力を発揮する事について、未だに似非科学的な説明をする人が多いのでその事について。 実はちょっとした物理学の知識があれば説明できます。それには運動量(kgm/s)の知識が必要です。(つづく)
又四郎 @matamatamatayan
(つづき) 運動量とは力を表す単位の一種です。相撲取りが土俵上で行う体当たりが約200~300kgm/sです。体重65kgの一般人が垂直跳びで50cm飛んだら204kgm/sです。秒速3.1m(時速11km)で走れば204kgm/sです。 (つづく)
又四郎 @matamatamatayan
つまり一般人の体は相撲取り並みの力があるという事です。その力を使えないのは運動量を攻撃力に変換する筋力と感覚がないからです。何とか術理、何とか身体運用とかいう似非科学で説明する必要はありません。
又四郎 @matamatamatayan
(つづき) 中国武術家、松田隆智の衝撃力測定実験では力積(kgw・s)という単位になっていますが、kgw・sに9.8を掛けると運動量(kgm/s)に変換できます。つまり松田さんの力積がキックボクシングチャンピオンより大きかったというのも同じ事です。 (つづく)
又四郎 @matamatamatayan
(つづき) 松田さんの実験は30年近く前ですがまともな評価がまったく聞こえてきません。という事は武術家は科学の勉強をまったくしていないという事です。勉強したとしても文系の勉強ばかりです。だから似非科学で武術を説明する人が多いし、マスコミもそれに乗っかる (つづく)
又四郎 @matamatamatayan
(つづき) 古流柔術、中国武術の力は物理で説明可能 正体は運動量(kgm/s) 相撲の体当たりと一般人の垂直跳びは運動量がほぼ等しい 一般人は運動量を攻撃力に変換する為の筋力と感覚がない (つづく)
又四郎 @matamatamatayan
(つづき) 力積と運動量は本質的に同じ 力積(kgw・s)は9.8を掛けると(kgm/s)になる この程度は武術武道の専門家は知っておくべきですが、マスコミは似非科学武術家、オカルト武術家ばかり紹介するのが現実です。 (つづく)
又四郎 @matamatamatayan
江戸しぐさという捏造がタイムラインに流れているのでちょっと書いてみます。
又四郎 @matamatamatayan
実は史実が重視されるようになったのは近代からであり、昔は仮託(かたく)というものがありました。仮託とは史実ではない伝説ですね。藤原鎌足が開祖の武術とか、伝教大師最澄が作った武術とかです。
又四郎 @matamatamatayan
近代になると史実優先になるのですが、いきなり全てが変わったのではなく、少しずつ変化しましたから、戦後になっても時々仮託が生まれています。例えば少林寺拳法です。創始者は中国武術を習って作ったという仮託を主張していたのですが、中国武術の情報が入ってくるようになると、仮託がバレました。
又四郎 @matamatamatayan
今の少林寺拳法は、中国少林寺の武術とは別物である事を認めています。創始者の仮託、きつい言い方をすると嘘を、娘である二代目が認めるのは大変な事だと思いますが、別物と断言したのは立派なことです。二代目がテレビ番組に出演した時に、別物と断言してみせたのは、ちょっと感動しましたね。
又四郎 @matamatamatayan
21世紀の現在に出てきた仮託が、江戸しぐさという事なんでしょうね。少林寺拳法のように仮託を仮託と認めるようになるのか、似非科学の道を進み続けるのか、興味深い問題です。
又四郎 @matamatamatayan
体が持つ運動量(力)は相撲取りの体当たりと同じくらいと言う話しを書きましたので、そのつづきです。 (つづく)
又四郎 @matamatamatayan
(つづき) それだけの運動量があるなら運動量を攻撃力に変換する身体運用とその為の僅かな筋力があればよいのでは?という勘違いをする人がいるかもしれませんが、これは無理があります。例えば腕から運動量を発揮するとしましょう。 (つづく)
又四郎 @matamatamatayan
(つづき) この場合、腕や肩が弱ければそこから力が抜けます。腹や腰から発する場合でも腹、腰が弱ければそこから漏れます。つまり運動量を攻撃力に変換する身体運用と最小限の筋力があっても武術の技として使えない、絵に描いた餅です。 (つづく)
又四郎 @matamatamatayan
(つづき) 金槌で釘を打てるのは柄が丈夫だから釘に力が伝わるからです。柄がグニャグニャだったら釘は打てませんよね?人体も原則的には同じです。
又四郎 @matamatamatayan
弱い部分から力が漏れるから筋力が必要という話しをしましたが、中にはこんな疑問を持つ人がいるかもしれません。『伸縮性の高い軟らかい服を通して技をかけた名人がいるのだから筋力弱くてもいいのでは?』という疑問です。そこでこの疑問について説明します。 (つづく)
又四郎 @matamatamatayan
(つづき) この問題を理解する為には力が抜ける、漏れるという現象を物理的に知る必要があります。ここでは0.1秒に10kgm/sの力(運動量)を伝える事で成立する技があるとします。この力を軟らかい服を通して伝えると時間が10倍の1秒になるとしましょう。 (つづく)
又四郎 @matamatamatayan
(つづき) 実際には力の伝わり方は複雑ですが、ここでは常に同じ大きさで力が伝わるとします。そうすると服を通して伝わる力は0.1秒間に1kgm/sになります。10kgm/sで成立する技ですからこれでは技がかかりません。 (つづく)
又四郎 @matamatamatayan
(つづき) つまり 力が抜ける、漏れる=力(運動量)の伝わる時間が長くなる です。 では次に最初の運動量を10倍の100kgm/sにします。すると服を通して伝わる力は0.1秒に10kgm/sになります。これなら技がかかります。 (つづく)
又四郎 @matamatamatayan
(つづき) 名人が伸縮性の高い軟らかい服を通して技をかけたというのはこれで説明できます。こうなると『運動量を大きくすれば筋力が弱くてもいいのか?』と思うかもしれませんがそれは違います。運動量を増幅するにはその為の筋力が必要になるからです。 (つづく)
又四郎 @matamatamatayan
(つづき) ですから筋力不要論、筋力軽視論は似非科学、オカルトだという事です。誤解しないで欲しいのですが、筋力不要論、軽視論を主張する人が弱いと言っているのではありません。技量の高さと理論の正しさはまったく別問題だというだけです。
又四郎 @matamatamatayan
一部のトップ大学の他は職業訓練校にしろという話しが出ていますが、これって階級社会になるという事ですよね。知識をトップ大学出身者が独占しその子供もトップ大学に入学するのですから貴族の復活です。勝ち組はそんなに平安貴族や大名になりたいんでしょうかねえ。
又四郎 @matamatamatayan
勝ち組の貴族化が成功した場合、古武道(古流武術)も昔に戻るかもしれません。つまり貴族階級に取り入る事で活性化するという文化にありがちなパターンです。でもこういう活性化は健全じゃない気がするのであまり嬉しくない・・・。
又四郎 @matamatamatayan
運動量の話しについて誤解している人がいるので説明しておきます。 (つづく)
残りを読む(321)

コメント

又四郎 @matamatamatayan 2014-10-22 11:25:15
まとめを更新しました。
又四郎 @matamatamatayan 2014-10-23 09:46:29
まとめを更新しました。
佐山史織 @doranekocompany 2014-10-23 12:31:55
これは逆に疑似科学というか、説明し切れない部分を広げる説明だと思います。人間が吹っ飛ぶのは力積によってではありません。
佐山史織 @doranekocompany 2014-10-23 12:34:13
人間が飛ぶのは、1 足が二本しかないので三脚のようなバランスが保てないから 2 底面積がせまいから 3 重心が高いから が一番大きな理由でしょう。
佐山史織 @doranekocompany 2014-10-23 12:36:37
なので、相手の重心を浮かして地面との摩擦係数をゼロに近づけ踏ん張れない角度に押せば、力の大小に関係なく吹っ飛ばすことは出来るし、そのこつを指して術理と呼んでいるので、術理は虚妄という指摘は無意味です。
佐山史織 @doranekocompany 2014-10-23 12:38:13
自動車にはねられたとしても、体の正面で受けるか、半身になっているかで、まったく跳ね飛ばされないこともあるように、問題になるのは威力ではなく当たり方、当て方でしかありません。
佐山史織 @doranekocompany 2014-10-23 12:43:29
また、ビリヤードの玉を離れたところから当てると自球は静止して相手の玉が弾かれるけれど、隣接した状態で打つと自他共に押し出されるように、突き飛ばすのと、触れた状態から押すのでは力の伝わり方が全く違います。吹っ飛ばすのであれば後者の押し方をするほうが簡単です。松田隆智氏の実験も後者に近い打ち方だし、瞬間的な当身に、触れてから押すときのような性質を持たせるのもコツなので、これも術理です。
佐山史織 @doranekocompany 2014-10-23 12:46:56
さらに言うと、古武術、合気系で吹っ飛ばす演武などで使われている理は、相手が押されることに身構えて反射的に押し返そうとしてくる反作用を跳ね返しているだけです。幽霊の正体はプラズマ!というようになんでも一個の結論に帰結させるのはむしろ啓蒙の反対の結果になり、本質を隠すことになると思いますよ。
佐山史織 @doranekocompany 2014-10-23 14:07:19
この問題の問いの立て方は、プロ野球選手に、ホームランを打つにはどのくらいの力積が必要ですか、というのに似ています。誰に聞いても、「う~ん、そういう数値的なものより、芯を捉えることとタイミングが大事だからねえ・・・」としか返事は返ってこないんじゃないでしょうか。「現代の武術家は物理学も知らないから遅れている」という風に考えたいのでしょうが、武術家が求めているものは論理的なことであって、科学的なことではありません。これは似て非なるものです。
nomad(のまd) @nomaddaemon 2014-10-25 22:43:40
あー、なんか反論がいいこと書いてるなーと思ったらドラ猫商会の佐山先生じゃないですか!ごぶさたしてます!
又四郎 @matamatamatayan 2014-10-26 10:57:55
まとめを更新しました。
smw @Shi_MeiWo 2014-10-27 17:40:50
自動車事故で、例えば助手席側にのみ負荷がかかるような衝突をオフセット(偏差)衝突というが、同じスピードの事故でもオフセット衝突のほうが被害が甚大になる。武術における身法やら発勁やらの「人を打つコツ」もかくの如き「威力を攻撃力に変換する技」なのではないかと思ったり。
又四郎 @matamatamatayan 2014-10-28 12:28:48
まとめを更新しました。
又四郎 @matamatamatayan 2014-10-30 15:56:29
まとめを更新しました。
又四郎 @matamatamatayan 2014-10-30 18:09:03
まとめを更新しました。
又四郎 @matamatamatayan 2014-10-30 19:27:51
まとめを更新しました。
又四郎 @matamatamatayan 2014-11-01 14:37:37
まとめを更新しました。
佐山史織 @doranekocompany 2014-11-02 01:18:25
まあ「名人が伸縮性の高い服をひっぱってうんぬん」ということを言い出した時点で、ああ、佐川幸義さんの話だな、と分かるので、明確に大東流を批判していると捉えさせて頂きますが、それだったらなおさら力や力積は関係ありません。
佐山史織 @doranekocompany 2014-11-02 01:21:10
なぜなら、速度や力の問題だったらセーターが伸びるかやぶけるか、という現象があるはずだからです。あなたのいっているやり方で服をひぱあっても人は倒れないでしょう。
佐山史織 @doranekocompany 2014-11-02 01:24:04
服がたるんでいる。さらに背骨や膝、足首などの関節構造がサスペンションとして機能している状態であるならば、あなたが仮定した力の十倍の力積にして十倍の速度にしても倒れることはありません。
佐山史織 @doranekocompany 2014-11-02 01:25:52
そんなことが合気の正体であるなら、力が強くて速く服をひっぱれる人なら誰でも投げられるということになり、それが本当なら柔道という競技は競技として成立しないでしょう。
佐山史織 @doranekocompany 2014-11-02 01:31:17
この論が詭弁なのは、最初、合気、発ケイの類は「人間離れした力を発揮している」という前提で話をしだしたこと自体、武術を貶めるミスリードをしていることです。
佐山史織 @doranekocompany 2014-11-02 01:33:58
私が最初に指摘したとおり、足の裏の底面積で二足歩行している時点で、人間はほかの動物から見れば曲芸のようなことをしているのであって、それが吹っ飛ばされるのは「人間離れした力によって」ではなく、ふっとばされるほうの構造が不完全だからに過ぎません。
佐山史織 @doranekocompany 2014-11-02 01:46:35
武術というのは腕相撲を挑んできた相手に指相撲で勝つ、というようなとんち、相手と違う領域の階層で物事を処理する思想です。あなたは武術家が物理を理解していないと思っているけど、私にはやはりあなたが武術を理解していないように思えます。
佐山史織 @doranekocompany 2014-11-02 01:48:39
力士を動かすのに最低限必要な力は10kg、という考え方がもう武術的でないからです。答えは0kgです。口でちょっとどいてください、とか、足元に蛇がいますよ、といえばどくだろうし、指を二本立てて目に近づけていけば嫌がってのけぞるでしょう。
佐山史織 @doranekocompany 2014-11-02 01:52:00
そんなのはとんちだ、武術じゃない、と思うか、ああ、言語やハンドサインを使わずに、「ちょっとどいてください」といわれたような感触や、蛇に這われるような拒否感をあたえるタッチの感触を作って触たり、目に指が入るような圧迫感を与えればそれで崩せるんだな、と考えるか。
佐山史織 @doranekocompany 2014-11-02 01:55:27
言い換えるなら、武術を生理学や人間関係、社会学として捉えるか、単なる重さの塊としか考えていないのか。その部分が、合気や太極拳の理の核心です。それは力や速度は関係ありません。
佐山史織 @doranekocompany 2014-11-02 01:58:21
もっと言えば、文化人類学的な制約もあります。日本人はスープレックスのような、頭や顔を地面につける形を禁忌としているから、かならずそれをかばう。だから、本来、それをかばわなければ倒れない技を受けても、反射的に顔をかばおうとする自分の動きで崩れて倒れる。
佐山史織 @doranekocompany 2014-11-02 02:02:29
また、中国では、ふっとばされて尻餅をつくことが、日本で言う顔や髷に泥がつくのと同じような恥辱として感じる文化がある。つまり技は、「人間離れした力の出し方」を示したものではなく、「命を奪わずに相手の未熟を知らしめて決着する」、という意図もある訳です。
佐山史織 @doranekocompany 2014-11-02 02:05:41
これがなぜ決着になるかというと、中国武術の根本が立ち方にある、立ち方のレベルが武術のレベルに直結しているからで、押されて吹っ飛ぶというのは未熟であるということです。もし、「押すほうに人間離れした力」があったなら、それに負けても恥ではないから負けを認める人はいないでしょう。それは技量において負けたのではないからです。
佐山史織 @doranekocompany 2014-11-02 02:12:27
それが、吹っ飛ばれることは力や体格ではなく技量の差において負けたのだ、と納得されるのは、受けた側の問題、立ち方に不備があったからにすぎません。「人間離れした力」なんてものはどこにもないのです。
佐山史織 @doranekocompany 2014-11-02 02:21:55
また、最終的にはわずか10kgでも力を使うんだから筋力が合気や発ケイの本質です、というのは、なんら意味のない話で、ラーメンは麺を使っているから麺です、と言っているのと同じです。そんなものは小学生でも見れば分かるし数式なんかいらないでしょう。
佐山史織 @doranekocompany 2014-11-02 02:22:42
そうじゃなくて、ラーメンとスパゲティはどこがちがうのか、なぜほかの格闘技では力も早さも十分でも吹き飛ばないのか、という差異の説明がなければ、「ね? ほら、ラーメンとかいっても結局は麺なんですよ、麺をラーメンって言ってるんですよ? どうですか、みなさん」というような、何が言いたいのか分からない話にしかなりません。
佐山史織 @doranekocompany 2014-11-02 03:00:24
そして後半の段の、武術の本質をつきつめるとうつ病になるとか、もっとほかの事をやるべきだったとか、哲学は現実逃避とか、うちの先生も結局力だった、とかはもう、それはあなたがやってきたものがそうだっただけで武術全体に敷衍することじゃないでしょう。それは武術の抱える問題ではなくて、武術を受け取った人の内面の問題です。
佐山史織 @doranekocompany 2014-11-02 13:46:38
一晩たって一連のツイートを見返しましたが、あなたは多分、うつ病以前に発達障害やアスペルがー症候群的な傾向があるのだと思います。
佐山史織 @doranekocompany 2014-11-02 13:51:11
相手が物のように重さの塊で、感情や意思や反応がなく、そこの駆け引きという概念もなく、ただ何キロの重さを動かすには何キロの力と速度が必要なはずだ、と考えてしまう。それは他者という概念や他者にも人格があるということへのリアリティが希薄なのではないですか?
佐山史織 @doranekocompany 2014-11-02 13:53:21
また、現代格闘技っと手合わせした際、自分のやり方が出来たときは100%勝ち、そうできなかったときは100%負けた、という記述にもそうした傾向を感じます。普通は駆け引きがあり意識のやり取りがあり、将棋のような読み合いがある。しかしあなたは多分、相手がいるのに詰将棋のようなハメ手だけをやろうとしている。
佐山史織 @doranekocompany 2014-11-02 13:56:15
そして、最終的に手で押す形で相手がふっとぶ技があるとして、同じ形でもっと強い力や速度で押してもふっとばないのなら、押す前段階で何かやっているのだろうし、その部分が技術なり術理なり崩しや作りなのに、そこでなく、最後に押す力の必要量を求めて、それが回答だと思ってしまう。
佐山史織 @doranekocompany 2014-11-02 13:57:51
これは、「醤油ある?」「あるよ」「とって」「何を?」というようなやりとりと同じで、最後の一部分しか理解できないので全体の繋がりが分からない人の思考です。
佐山史織 @doranekocompany 2014-11-02 13:59:58
全てに数学や物理のような明確なイデア的回答があると考えてしまったり、そうでない実際のカオスの世界とのギャップでうつ病になったりするのも、武術のせいではなく、あなたのそうした傾向によるものでしょう。
佐山史織 @doranekocompany 2014-11-02 14:02:45
武術は武術としてただそこにあるだけで何の属性もありません。テクノロジーです。こうすると人をうまく殺傷でますよ、というだけのものです。それを使って人生を豊かにするとか幸せになるとかは、習った人が工夫することで、道場で教わることじゃないでしょう。
又四郎 @matamatamatayan 2014-11-03 09:01:58
まとめを更新しました。
又四郎 @matamatamatayan 2014-11-03 09:11:19
まとめを更新しました。
又四郎 @matamatamatayan 2014-11-04 07:19:43
まとめを更新しました。
又四郎 @matamatamatayan 2014-11-06 07:10:04
まとめを更新しました。
又四郎 @matamatamatayan 2014-11-08 07:43:06
まとめを更新しました。
又四郎 @matamatamatayan 2014-11-10 07:49:39
まとめを更新しました。
又四郎 @matamatamatayan 2014-11-11 06:58:57
まとめを更新しました。
又四郎 @matamatamatayan 2014-11-13 07:17:36
まとめを更新しました。
又四郎 @matamatamatayan 2014-11-15 13:56:31
まとめを更新しました。
又四郎 @matamatamatayan 2014-11-15 15:03:55
まとめを更新しました。
又四郎 @matamatamatayan 2014-11-17 17:42:34
まとめを更新しました。
又四郎 @matamatamatayan 2014-11-20 15:05:57
まとめを更新しました。
又四郎 @matamatamatayan 2014-11-23 13:55:23
まとめを更新しました。
又四郎 @matamatamatayan 2014-11-24 16:57:07
まとめを更新しました。
又四郎 @matamatamatayan 2014-11-26 17:30:14
まとめを更新しました。
又四郎 @matamatamatayan 2014-11-27 18:07:07
まとめを更新しました。
又四郎 @matamatamatayan 2014-11-29 07:24:32
まとめを更新しました。
又四郎 @matamatamatayan 2014-12-08 12:56:37
まとめを更新しました。
又四郎 @matamatamatayan 2014-12-11 06:15:55
まとめを更新しました。
又四郎 @matamatamatayan 2014-12-14 10:28:12
まとめを更新しました。
又四郎 @matamatamatayan 2014-12-20 16:54:19
まとめを更新しました。
又四郎 @matamatamatayan 2015-01-01 19:41:20
まとめを更新しました。
又四郎 @matamatamatayan 2015-01-06 06:49:29
まとめを更新しました。
又四郎 @matamatamatayan 2015-01-07 00:42:42
まとめを更新しました。
又四郎 @matamatamatayan 2015-01-11 07:01:47
まとめを更新しました。
又四郎 @matamatamatayan 2015-01-12 09:39:52
まとめを更新しました。
又四郎 @matamatamatayan 2015-01-21 18:04:22
まとめを更新しました。
又四郎 @matamatamatayan 2015-01-29 05:20:27
まとめを更新しました。
又四郎 @matamatamatayan 2015-02-24 13:40:27
まとめを更新しました。
又四郎 @matamatamatayan 2015-03-27 19:39:43
まとめを更新しました。
又四郎 @matamatamatayan 2015-04-15 19:38:17
まとめを更新しました。
又四郎 @matamatamatayan 2015-05-09 21:23:36
まとめを更新しました。
又四郎 @matamatamatayan 2015-05-20 11:00:19
まとめを更新しました。
Eiji Ishida @elainage 2016-05-04 09:43:18
この切り口の説明は初めて。実に分かりやすいし腑に落ちましたよ。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする