10周年のSPコンテンツ!

SFにおける「未来描写」の限界と時代性~ゆうきまさみ氏らのツイートを中心に

未来を描いたSFは、しばしばその中での描写が現実を的確に予想し、人々を驚かせます…その一方で、実際に劇中の年代が来た時既に廃れたり変わったりしている「描かれた時代の風俗や常識」が未来にのこっています(笑)。 それもまた未来SFの魅力だと思いますが、実際に1980年代末に、90年代末の近未来東京を想像で描く「機動警察パトレイバー」を執筆したゆうきまさみ氏が、その話題について経験なども交えて語り、他のクリエイターも含めてさまざまな反響がありました。そのまとめです
マンガ 創作論 パトレイバー SF ゆうきまさみ アニメ 映画 特撮
466

~プロローグとしての「創作として描く描写と、自分が本当にそう思っているかは違う」という話

ゆうき まさみ @masyuuki
邪馬台国の地方司令官だったイツセノミコトが、一念発起して東征を始めるという漫画を描いたら「邪馬台国東遷説」の支持者だと思われるかもしれないけど、描いた方の意識としては「その方が面白そうだから」なんだよね。ナガスネヒコ主役で大和説が面白そうだったらそっちにするし(^_^)
ゆうき まさみ @masyuuki

まんが家です。twitterでは自分で想像してた以上につぶやいてます。よろしくお願いします。

http://t.co/lo3CNWRz6v
殿下 @Euphemia_Br
@masyuuki 創作なので、学説とかどうでもいいのに、執拗に絡んでくる人いますよねぇ(^_^;) 自分も、面白ければなんでもいいです! 物理学徒ですが、アニメや漫画で物理理論が変な使われ方していても、噴飯しつつ楽しんでますよ!
ゆうき まさみ @masyuuki
漫画っていうか「フィクション」ってそういうものだと思うのよ(^_^) もちろん、面白そうでも自分の中で「描いちゃいけない、描くわけにいかない」と戒めるものもあるんだけど。
おりた @toronei
@masyuuki 主人公がセクシャルマイノリティに理解のない人という設定の漫画を一つ書いただけで、作者がマイノリティ差別者とか叩かれてるのとか、ホントわけわかんないんだよなあ。他の作品見たら、作者がそんな人でないのわかるだけにという人だっただけに。
あでのい@17歳女子高生 @adenoi_today
このツイート読んでつくづく思うのは、安彦センセの古代史漫画はどこまでが漫画作品としての要請で、どこまでが自分の史観なのか相当ギリギリなラインつきすぎててよく分かんねえって事w twitter.com/masyuuki/statu…
おりた @toronei
@adenoi_today @masyuuki 僕は安彦先生のあの辺の漫画は、「風雲児たち古代編」「風雲児たち近代編」と呼んでるw
ゆうき まさみ @masyuuki
あとまああれだ「そうか、作者はこういうことを面白がる人間なんだ」と思われちゃうのは仕方がないんだけど(^_^;)

==========================

ここから
本題です

ゆうき まさみ @masyuuki
『鉄腕アトム』には、国内で「いまだ電気の来ていない村」が出てきたよ、たしか。
ゆうき まさみ @masyuuki
『テラフォーマーズ』を観ていたら、26世紀の地球の生活様式が現在と全く変わらなくてビックリしたんだけど、「田舎に帰る」という1エピソードを描く場合、あれがいちばんリアリティを感じるって部分もあるしなあ、とも思うし。
殷狼 @5451Sm070277
@masyuuki UFOの中にあった設計図で作られたロボット、ブロンXが出てくる回ですね。 最後電気の来てない村に電灯のかわりで光っているブロンXの首を置いていくという 未来の世界の話なのにw
ゆうき まさみ @masyuuki
そうですそうです。「白熱人間の巻」でしたっけ。 RT @5451Sm070277: @masyuuki UFOの中にあった設計図で作られたロボット、ブロンXが出てくる回ですね。最後電気の来てない村に電灯のかわりで光っているブロンXの首を置いていくという 未来の世界の話なのにw
ゆうき まさみ @masyuuki
『パトレイバー』に携帯電話が出てこないことは言うに及ばず、たとえば劇場版『マクロス』の自動販売機から出てくる飲料は、プルタブをちぎって捨てるタイプだった。以上は「未来予測が外れたと言って笑っている」わけではなく、現状のリアリティからはなかなか離れられないってこと。
どみにをん525 @Dominion525
@masyuuki セブンの「狙われた街」における煙草の描写なんかも隔世の感がすごいですね。
ゆうき まさみ @masyuuki
ですよね(^_^;) RT @Dominion525: @masyuuki セブンの「狙われた街」における煙草の描写なんかも隔世の感がすごいですね。
foca @foca_snark
@masyuuki 手塚先生もアトムの解説で未来都市と当時の下町風俗が混じってて奇妙だけど仕方がないんだって言ってらっしゃいましたよね。
武書道 @bushodo
@masyuuki 後藤さんのマイルドセブンのパッケージだって、あの名デザインがあんな風に変わって商品名まで変わるとは当時は予想すらしませんでしたもんね
b-n- @ba_nasi_
@masyuuki アニメ「宇宙の戦士」の缶もなぜかそうでしたね。
kamisho(神昇) @kamishohekinan
@masyuuki 1903年にライト兄弟が初の飛行を成功させてから、たった111年で今の旅客機やロケットの発展ぶりの早さとは裏腹に、 ドラえもんを描いた時のドラえもん誕生の未来予測が足りなかった事実も感じてしまいますけどね…
七月鏡一 @JULY_MIRROR
@masyuuki サンコミックス版のアトムで手塚先生自身が「未来の話だからといって現代のものを完全になくしてしまうと読者が入ってゆきにくいんだ」とかそういう主旨の事を書いていたのを思い出します。
七月鏡一 @JULY_MIRROR

Kyoichi Nanatsuki。漫画原作家。「週刊少年サンデー」にて『探偵ゼノと7つの殺人密室』、「ヤングガンガン」にて『牙の旅商人 The Arms Peddler』、「クラブサンデー」にて『幻魔大戦 REBIRTH』連載中。

ゆうき まさみ @masyuuki
@JULY_MIRROR 特に生活文化の部分をいじりすぎると辛くなりますよね。ハイファンタジーもそこのさじ加減が難しいと思います。
残りを読む(85)

コメント

gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2014年12月21日
ゆうきまさみ先生@masyuukiのツイートまとめなら、かじはるこ(@kazi_hac)さんにお任せすればよかったかな? まあ、たまにはで。先生は19日がお誕生日だったとか。遅ればせながらおめでとうございます 先生を青、ほか複数の人に色をつけました
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2014年12月21日
ふと思い立って、今回の話題前のツイートで「携帯 パトレイバー」で検索したらこれが面白い。「おまけ」として追加収録しました。
児斗玉文章(ことだまふみあき @kotodamaxxx1 2014年12月21日
ガラッと変えちゃうと違和感が出てくるしね。オネアミスの棒状の硬貨とか、あんな使いにくくて落としたら転がっていきそうなもの、使われるわけないしw
mnianzinno @mnianzinno 2014年12月21日
まあ過疎化とか人口減少とか考えると逆に未来の日本にも電気の来てない村はありそうではある。
mnianzinno @mnianzinno 2014年12月21日
もしもし青砥ですの背面テンキーは当時すでにあった(多分)自動車電話から来てるだけのような。
nekosencho @Neko_Sencho 2014年12月21日
松本零士の未来予測で神がかっているのはスーパーコンピュータ。ハーロックだったと思うけど大変な分析だからと大電力を投入して計算させる描写を見てパソコン好きなおいらは「電力つぎ込んでも速くなんねえよw」と笑っていたが、今じゃスーパーコンピュータも電力勝負だ
あーる・ヤマモト @aaru_yamamoto 2014年12月21日
未来の描写という意味では、石渡治「パスポート・ブルー」がボーカロイド技術の発展と、それに伴う世間の認知をある程度的確に予測してたなあ。あっちは「失った声を再現する」ことが主眼ではあったけど。
あーる・ヤマモト @aaru_yamamoto 2014年12月21日
一方で、リアルの行政改革のあおりを受けて、組織名が現在進行形で変化していったのは別の意味で未来予測は難しいなあと思ったものである。
ねぼ @nebonebo7 2014年12月21日
テクノロジーや世相もだけど、後藤隊長がいつの間にか年下にw
JBOYSOFT JunjiSuzuki @jboysoft 2014年12月21日
小説やマンガも、変数で書かれるのが普通になる日がくるかもしれませんね。
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2014年12月21日
2015年のセガサターンわろたwww うちもデッドストックだけど、まだあるわwww
山極『Je suis kyouani』由磨 @YuumaYamagiwa 2014年12月21日
『何が誕生するか?』では無く『何が残るか?』を考えたほうが、未来予測は当たるような気がする。実際、電波時計全盛で、腕時計すらしない人が居るのに、みんなパテック・フィリップだヴァシュロンだオーデマ・ピゲだとありがたがってる。おそらく、木星への定期船のクルーはだれか一人くらいオメガをはめてるはずだ。
LWハンター(リョウキ) @ShiNKuRuCOLO 2014年12月21日
基本的にSFは現在の時間軸(今)とは違う時間軸(平行世界)の話にしてしまえるから「実際の世界と比べるのはナンセンスなんだよなぁ」と常々思ってます。ある技術が無ければとある技術は発展しない、とか、こっちが発達したからこっちが廃れた、とか…なのでね。
たろー @hanpa64 2014年12月21日
コンピュータの記録メディアがオープンリールなのはよくある描写だったし、「AKIRA」に出てくるテレビもブラウン管だったりしますね。
cinefuk 🌀 @cinefuk 2014年12月21日
未来世界や異世界の考証を頑張るほど、注釈が本編より大きくなっちゃうからなあ。AppleSeedに始まる注釈多すぎる漫画は好みですけど、エヴァ・謎本ブーム以降「本編で描かれない部分が多いほど偉い」という風潮は好きになれない。
Naoki_O @nananao2236 2014年12月21日
「楽園追放」冒頭の、主人公が電脳世界の海水浴場で日光浴してるとチャラ男にナンパされる、ってのもこの類いの話やなぁと。イーガンの「ディアスポラ」みたいに人間の姿さえしていない電脳人格が物理法則を無視したオブジェの前で会話しているとかだと、観客の9割くらいは置き去りにされてしまう
きゃっつ(Kats)⊿11/17乃木坂大阪個別 @grayengineer 2014年12月21日
プログラマやってるけど、全面赤文字で画面一杯にDANGER!!とか表示されてビープ音鳴らすコンピュータ画面とか、ネットワークへの侵入が成功したらSUCCESS!!とデカデカ表示されるコンピュータ画面とか、自律動作するロボットの視覚描写に文字情報が表示されているのとか、「そのほうが作品の都合上便利だからだよね」と理解して見てますね、笑いながらもw
秋ゑびす●10/17-20 靖国神社 秋季例大祭、10/20-26 即位礼正殿の儀に伴う交通規制留意 @yamashita99 2014年12月21日
リアルタイムに連載で呼んでた現代物でポケベルを初めて見たのは、『めぞん一刻』だったなぁ。
VRAM01K @VRAM01K 2014年12月21日
あまりに今と異なる技術はリアリティを感じない以前にそもそも何をやっているのか分からなくなる気がします
tstyu @delusuzarla 2014年12月21日
未来を描いた漫画が実際その時代になって色んなものを外していたとしてもまったく気にならないのだが。 申し訳ないが突っ込んでる人達が不思議にしか見えない。
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2014年12月21日
『山本弘だったかがSFでやってはいけない例……A「来週自動車で、100km離れた○×湖にドライブに行きましょう。」B「自動車とはモーターやエンジンの力で自力で動ける車輪のついた乗り物の事だ、現在では時速100kmぐらいまで速度を出せるものもあるので、高速道路と呼ばれる自動車専用の道を使えば、加速減速の時間を含んでも100km先の目的地まで数時間でつくことができる」A「本当に便利な時代になりましたね。」』
我乱堂 @SagamiNoriaki 2014年12月21日
テロネットワークの概念は80年代にはすでにあったんじゃないかな。パイナップルアーミーでもすでにそのネタ使われてたし。
shoot_c_na@寧々さん萌え @shoot_c_na 2014年12月21日
マクロスだと、リン・ミンメイが新譜の告知でアナログレコード持ってましたっけ・・・
上野初乃 @Xaneri 2014年12月21日
パトレイバーで言えば、98年時で長嶋一茂が現役選手としてヤクルト在籍していたり、ブロッケンが西ドイツ製だったり 一々ツッコんでるとキリ無いよ。漫画は漫画として楽しまなきゃ。
@sbayasi 2014年12月21日
ゲームのフロントミッションだったかなぁ、2100年頃の設定で既に内燃機関を動力に持つ車の走行は道交法違反になってて、当時はいやーさすがに早くないかって思ってたけど、現実は下手するともっと早いかもしれん。
後藤寿庵 @juangotoh 2014年12月21日
現代の感覚でSF描いたら追い越されたというのと、未来だからこうだろうと描いたら追いついてないという両方の問題がありまして。いまだアトムやHAL9000は実現してないのですよね。
T @FUNDOSHIMASK 2014年12月21日
手塚先生が漫画の中の未来の日本に高層ビルや高速列車を出したら、そんなデタラメ描くなと批判されたんだっけか。
ざの人 @zairo21 2014年12月21日
スタートレックなんか未来SFなんだけど、舞台や最先端道具で溢れても、なんとか星人で思想や価値観が違っても、描く姿はやはり、それらを使う「人間ドラマ」だということですね。どの話にも共通する部分だというのが解ります。設定なんてエッセンスでしか無いのですよね。
不破雷蔵@ガベージニュース @Fuwarin 2014年12月21日
佐藤大輔先生「征途」の描写「味噌汁飲んで納豆喰っている俺たちが、箸と茶碗をもったまま太陽系宇宙を支配する、そういっていたんだよ。ただ月へいきたい、なんてのより余程とんでもない夢だ、これは。軌道基地のなかで米を炊いている自分を想像してみろ。不気味なほど哲学的な情景ですらある。、まったく、とんでもない。」が想起されます。
ざの人 @zairo21 2014年12月21日
SFにケチ付ける人は「ドラえもん」を楽しめない人だというのは判ります(皮肉です。
へぼやま @heboya 2014年12月21日
ちょっと別な話なんだけど、『フォールアウト』というゲームがあって、あれは「5-60年代頃に考えられていた未来世界設定の、核戦争後の地球」を舞台にしている。いわば意図的に作ったレトロフューチャー世界なんだけど、ある意味では現代の基準から設定された未来よりSFっぽかったりするのが面白い。
ワス @wsplus 2014年12月21日
SFマンガにケチ付ける者は2025年予測を今やってみてフォロワーに袋叩きにされなさいというお話
あっきぃ。@いろいろつぶやくやつ @akkiy_ya 2014年12月21日
世に名を遺す創作物というのは、それを目にした大勢に対して一様に影響を与え、最先端を走る人々の指針となり、結果として未来の構築に繋がるという側面をもつ。一方、発表された時点で多くの人々が作品を理解するには、彼らが理解可能な舞台や小物が必要となる。だから一部は作品の通りに技術が進歩し、別の部分では時代遅れどころか描かれた時期の生活が垣間見えたりする。
neologcutter @neologcuter 2014年12月21日
昔のSF映画(漫画)では「未来の科学者」が穴あき紙テープ使ってたりするもんね。今じゃ誰も見たことないよね。
ヘボピー @hebop_ 2014年12月21日
"ドク"スミスのレンズマンもあれだけ文明が進歩してて、数値計算は計算尺で手計算とかだし、ルパンの魔毛狂介も昭和に行くはずが江戸時代に出て「計算違い」で済ませてるところを見ると、きっと手計算。
ヘボピー @hebop_ 2014年12月21日
エヴァンゲリオンやBTTF2ばかり、極稀にジェッターマルスが話題になる来年2015年ですが、キャプテン・フューチャーも来年であることを時々でいいから思い出してあげてください。
オオバンゾクコウ @banzokuuuu 2014年12月21日
銀河英雄伝説の懐古趣味で逆に古そうな生活ってのは巧いと思った。あくまで懐古趣味なので昔の生活習慣と違うところがあっても問題ないし
ヘボピー @hebop_ 2014年12月21日
寺沢武一「ゴクウ」は今年2014年が舞台なんだけれども、「あらゆるものがコンピュータで制御されている」っていうところは、作品内描写とは違うけれどもあながち間違ってもいない気がする。
awa @awa_h 2014年12月21日
タイムトラベラーが仮にいて200年後の未来世界に忠実なSFを現代で書いてもそれは「現代人が全く理解できない何か」でしかないと思う。別に200年後の人が見て答え合わせするためにSFはあるわけじゃないし
siriカエル:脱原発に一票 @cibo17 2014年12月21日
もうタイレル社が出来ててレプリカントそろそろ売り出してもよさそうな時期。
脳内がエロで埋まっている白痴のネトウヨ @dokuman3 2014年12月21日
もしも20年前の作品に2015年、山本昌が現役とか書かれてたら・・・
CD @cleardice 2014年12月21日
阪神優勝がSFだった時代もあった
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2014年12月21日
小松左京に「カマガサキ2013年」という話があって、「右や左の旦那さま~」と物乞いをするロボット乞食が出てきて、その声があまりにもステキなのでみんな金を出すんだけど、これってボカロだよね? 書かれたのは50年前。
嘆きの唐変木 @gravekichen 2014年12月21日
70年代にスペース1999でコムロックと言う携帯電話が登場してた、逆にスタトレではバッチサイズになっても音声のみ、逆シャアのアームレイカーは消え元のレバー操作に、作品において科学技術の発展とは無関係に使えるアイディアとそうでなもがあるだけ。
うえぽん @kaorurmpom 2014年12月22日
生活に身近なものであればあるほど未来予測は難しいということで。
冷たい熱湯 @Tuny1028 2014年12月22日
そう言えば堺屋太一の予想した「平成三十年」まであと3年と数日か。もうそろそろパソエンが流行り出さないと、そのメーカーの社長さんが総理大臣に上り詰めるのが間に合わんと思うが
橇山宗太郎(嘘つきクレタ人) @Ifniyat 2014年12月22日
ウルトラ警備隊の基地には黒電話があったけど、隊員は野外では腕時計みたいなテレビ電話使ってたような…うろ覚えだけど。
zetumu @zetumu 2014年12月22日
弓月光の漫画『甘い生活』では現代が舞台で20年以上に渡り連載されているのに、数年しか作中時間が進んでいないので2nd seasonでストーリーは完全継続しながら、時代背景リセットが行われている。
zetumu @zetumu 2014年12月22日
2nd season冒頭、1st冒頭の裏側EPをSPハッカー設定のメインキャラの1人に現在の時代背景に置き換えてやらせている。サザエさんタイプで時代描写が変わる事はよくあるが、時間が流れるタイプで完全リセットというのは珍しい。
websidemonsoon @websidemonsoon 2014年12月22日
デロリアンは空を飛ばなかった。 こういうことを書くと、必ず未来予測できてない、などという罵倒が飛んだものだ。 事実僕が書いたSF小説の中でLinuxの存在をほのめかすと、X年後にLinux、それもデスクトップ版なんて存在してるんですかねぇ? と嫌味たっぷりにレヴューしてきた者もいた。 こういう人はSFを書く際に進化論なんかも加味して、人間の脳が進化したので頭の体積と頭蓋骨の大きさが変化して、リトルグレイのような風貌へと変化した。等という叙情性のない造形を記せば良い。
websidemonsoon @websidemonsoon 2014年12月22日
片方がローテクで片方がハイテク、という話でも全然構わない。例えば原子力発電は結局熱量でタービンを回しているまさに原始的な動力源で、そこにデジタル的な要素はあまりない。むしろそのローテク感が面白い。 ただし、ローテクとハイテクの融合であるスチーム・パンクが流行らない理由はよく分からない。
きゃっつ(Kats)⊿11/17乃木坂大阪個別 @grayengineer 2014年12月22日
そういえば創竜伝も20世紀末が舞台だったけどあまりに執筆が遅いので途中から急に21世紀になったんだっけ
u1ρ ☁ @u1p 2014年12月22日
若い奴らと初代マクロスを見てた時のこと。携帯電話がなく自走式公衆電話だったのは「通信管制なんだよ!」と言い訳できたが、デジカメを主人公(輝)が「なんですそれ?」と質問してたのは弁護の余地が無かった…。
ぽとむ@プりンせスチゅチュふァきあひ週Fakiru week9/24-30! @p0tt0m 2014年12月22日
堺屋太一『平成三十年』 http://tinyurl.com/mfows3a 平成9年の未来予測小説、当時は物笑いの種でしかなかったのに、 http://www.remus.dti.ne.jp/~bazil/h30is.html ふとした拍子に、「あ、これ『平成三十年』に出てきたやつや……」と衝撃を受けたりする。 wiiとかもろ(一番馬鹿にしていた)「パソエン」だしねえ。
trycatch777 @trycatch777 2014年12月22日
1980年代に、「宇宙規模のインターネット上で、子供がブログで革命を起こし素顔を明かさずに世界を操る」といった話を書いたオーソン・スコット・カードは凄かったなぁ。
山田道夫 @yamsan 2014年12月22日
パトレイバーも頃ってすでにコンピュータウィルスとか大問題になっていたけれどね。パソコン通信とかの普及で。OSも割りと普通の概念になっていた。まあ、OSだと遅いんじゃないかと危惧する人の方が多かった気はするけれど。
Nicholai MARO @MAROCKs 2014年12月22日
リイシューの可能性。(^_-)
ささきん @sasakichieda 2014年12月22日
カウボーイビバップは「時代は未来、舞台は火星や土星、だけど人の営みは変わらない」というのが面白い作品でした。SFの中でも異色だけれど説得力はあったなあと
ささきん @sasakichieda 2014年12月22日
時代が変われば道徳観も変わるとは思いますからその点はリアルじゃないですけどね
猫町 縞 @Katzenauge2 2014年12月22日
ふと。パトレイバーは東京地震があった前提。都心はその復興中だったはず。バビロンプロジェクトが最優先で、それに付随する技術が進歩したと考えれば。携帯電話の技術躍進に割かれるはずだった人材やプロジェクトがバビロンとレイバー開発にすり替わっているのだとしたら。
猫町 縞 @Katzenauge2 2014年12月22日
パトレイバーの世界では、これから携帯用インフラが整備されて爆発的に普及していくのだと想像するのもまた面白い。今現在の日本にない要素がある平行世界の未来とは、そうやっても愉しめる。
goya4 @goya4 2014年12月22日
テレビ欄にGコードなんて謎数字が掲載されていたなんて、今の若者は信じないだろうな。 そもそも予約録画ボタンを押す機会すら無くなってしまって…
goya4 @goya4 2014年12月22日
「豪雪により電気が止まり(地域にほぼ全域導入した)IP電話が完全ストップする」実例をみると、陸の孤島化は現代でも簡単に起こりうる災害の一種。
天たくる @ten_tacle 2014年12月22日
原田 実 @gishigaku 氏が言っている一回きりのインターネット検索って、グリフォンの名前が特車2課に知らされた時に野明が「グリフォン」「鵺」とかぐぐって税金の無駄遣いすんなって太田に怒られたシーンかな? 初めて読んだ時は電子辞書でも使ってるのかと思って何でそんなのに料金気にするのとって思ったけど、ぐぐるシーンをさりげなく入れてくるのは時代考えると確かにすごい(太田が料金気にしたのはまだ常時接続ではなかったってことだろう)。
Haruka McMahon @regicat 2014年12月22日
作品世界の中では野明たちが昔のアニメや映画見ながら「昔の人たちはレイバーみたいな巨大ロボが日常に普及する未来なんて予測できなかったんだろうねえ」とか言ってるかも。
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2014年12月22日
gryphonjapan 正しくは「人造人間というとワーク・ロボのことか。人間がやりたくない仕事をやらせるためにつくったワーク・ロボと人間の闘いか……」←ほんとにこんな台詞の出てくる小説がある。
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2014年12月22日
 SF作家のガードナー・ドゾアは、これを「エネルギー・パックにともなう問題」と呼んでいる。「フランク、君も知っている通り、僕らはみなアンドロイドだ。だから、エネルギー函に四時間ごとに充電しないと死んでしまう」←こういうのが、初心者がやりがちな間違い。そんな設定は地の文で書けばいいのに、登場人物に喋らせてしまう。
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2014年12月22日
 そう言えば僕も、『妖魔夜行』「影の国の鈴音」で、話の都合上、ソフトハウスの社員が誰も携帯を持っていないという設定にしたなあ。当時はぎりぎりありえたかもしれないけど、あっという間にありえない話になっちゃった(笑)。
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2014年12月22日
 ちなみに1995年、オウム事件と同じ年の作品。
永瀬唯 @kakansaku 2014年12月22日
一回きりのお高い「インターネット」検索なら、すでに隆盛となっていたパソ通経由での新聞記事や辞書、事典、会社録などのデータサービスではないかな。まず見出しから絞り込み、さらにリード文を経て初めて本文とか安く上げるテクがあって専門家はサーチャーと呼ばれてた。
永瀬唯 @kakansaku 2014年12月22日
プッシュ缶についてはお笑いがあって、アルミタグを回収して、世界の子どもたちを救おうとかいうのだが、まるごと缶と一緒に集めるのが効率的かつ正しいはずなのに流行ったカルト的「市民運動」。 で、なんとこれが、……
永瀬唯 @kakansaku 2014年12月22日
なんとこれが、本体から無理矢理ちぎりとらないとタグ単体にできない現在もなお、インターネットを「活用」して着実にはびこっちゃってるですね。 最近、知って唖然としました。
永瀬唯 @kakansaku 2014年12月22日
携帯電話に関してみなさん忘れておいでだと思うのは、80年代頭から社長さんやヤクザの人の代名詞になっていた自動車電話です。 なお、日本で携帯電話が最初に使われたのは1970年大阪万博です。
米爺 @oldriceman 2014年12月22日
『STAND BY ME ドラえもん』で描かれた15年後の未来は、15年でこうはならないだろうというほど様変わりした未来だったけれど、それでもあのようなものと描くのが「ドラえもん作品に登場する“未来”」としてのリアリティだったのかなと、ふと。
Yuuichi Hosono @yHOS 2014年12月22日
近未来を描くのは、実際にその時代が来てしまうと比較されるというリスクもある。ただ、20年以上前の作品がまだ語られているというのは、リアルタイムで読んでいた読者にしてみればとても幸せ。忘れられては比較も出来ない。
憑かれた大学隠棲:再稼働リプレイスに一俵 @lm700j 2014年12月22日
堺屋太一の平成三十年なんか出た当初はバカにされてたけど、パソエンとか完全にARですやんとかのあたりは近未来予測小説としてはレベル高いし、自動運転とか金余り中国ファンドとか維持できない公共インフラかなりリアルな近未来
憑かれた大学隠棲:再稼働リプレイスに一俵 @lm700j 2014年12月22日
でよく考えたら堺屋太一って大阪万博の時に小松左京とかと好き勝手やってたわけで、社会や経済の描写を書き込む系SF作家の系列でもあるんだよね。「油断」もそう
憑かれた大学隠棲:再稼働リプレイスに一俵 @lm700j 2014年12月22日
だから、出たときに平成三十年を笑ってた向きってのは、三十世紀になってもちゃぶ台で味噌汁を啜る朝食でなければ違和感を感じる向きと同じだったのかも知れない
ごま。 @GOMAthecat1 2014年12月22日
『スタートレックTNG』で、20世紀から冷凍睡眠でよみがえった人の持ち物のジッポライターをピカード艦長が弄りながら、何をする・何のための道具かさっぱりわからない(未来では喫煙習慣が根絶されてる)という1シーンで視聴者のいる20世紀と劇中世界の24世紀との時間的隔絶を逆説的に説明していて。すごく印象的だった覚えが。
ごま。 @GOMAthecat1 2014年12月22日
山本昌はファティマかアーヴじゃないかって疑念が 頭を離れなくなってきた。
バケツヘッド@27日模擬甲冑戦闘練習会 @Baketu_head 2014年12月22日
SFじゃないけど、話題にもなったガラスの仮面に携帯が出て来た時は時空の歪みのような物を感じてしまった
ごま。 @GOMAthecat1 2014年12月22日
これはもう10何年か前くらいの話だけど、航空警戒レーダーの領空侵犯対応訓練に使うデーターの媒体が巨大なフロッピーやリールに巻かれた磁気テープで、指揮所で状況を表示するのがプロッターボードの裏から表示員がグリースペンシルで手書きだったの。21世紀にもなって何やってんのって思ったね。もうその基地は機材更新になったからそんなことしてないだろうけどね。
鑑真ファイヤー @oho2564 2014年12月22日
1992年~1999年に連載された漫画ブレイクエイジは2007年が舞台で作中で使われていた技術は実際の2007年より数年ほど進んだ技術だったがネット回線はまだ電話回線による従量課金制だったな。主人公が海外にデータ送ったらその月の電話代がえらいことになって親に怒られるエピソードがあった。
大石陽@聖マルク @stmark_309 2014年12月22日
SFは「今のこの世界がいつかはそうなる未来」の予想をしているわけではなく、「ありうる未来の可能性」「存在したかもしれない別世界」を舞台にしたものだ。だから例えば現代より過去、あるいは、違う過去を経た現在を舞台にした異歴史ものだってSFになる。
カスガ @kasuga391 2014年12月22日
SFの醍醐味は「こういう技術が未来には実現するだろう」じゃなくて、「こういう技術によって世界はどう変わっていくか」の方だから。
カスガ @kasuga391 2014年12月22日
以前の似たようなまとめで題名が上がっていたマレー・ラインスターの「ジョーという名のロジック」が優れているのは、単にインターネットを予言しただけではなく、こういうシステムが一般化すれば、非合法の情報に一般市民が手軽にアクセスできたり、個人のプライバシーが容易に侵害されてしまうだろうという点も予測しているから。
あさぎ @asagi8 2014年12月22日
作中で1年半くらいの間に据え置きゲーム機が4世代入れ替わったラノベとかありましたなぁ
じぇみに @jeminilog 2014年12月22日
なーに携帯電話なんていざとなれば基地局と基幹回線潰せばアウトやし( ̄▽ ̄)b スタンドアローンで通信完結してるトランシーバーと違うから脆い脆い>作劇との絡み
ささきん @sasakichieda 2014年12月22日
このコメント欄の「誰かと会話したり議論するでなくとにかく自分の知識と見解をそれぞれ好き勝手に書きまくる」感じが最高にSF好きの人達っぽい感じがして嫌いではない。
黒川 @kurokawa92 2014年12月22日
海野十三の描いたウン十年後の世界って奴も、すぎさった時代から見れば色々と思わせてくれる。
taka @Vietnum 2014年12月22日
カチャカチャカチャと、ITに精通してる人ほどキーボードを素早く叩きまくるという設定はいつになったらなくなるん(´・ω・`)? 
taka @Vietnum 2014年12月22日
@kasuga391の意見【SFの醍醐味は「こういう技術が未来には実現するだろう」じゃなくて、「こういう技術によって世界はどう変わっていくか」】と、@zairo21の【描く姿はやはり、それらを使う「人間ドラマ」だということ】という意見はほんとそのとおり。だから人間くささのない未来の異星人のもの凄い進化した世界ってのは、たとえその舞台が絵で精緻に描かれててもすぐに飽きが来ちゃいそうな気がする。
デュアルハート @haniwaras 2014年12月22日
現実の方が後出しなんだからしょうがないよなぁ・・・ ? スチームパンクは外れてるけど受け入れられてのが不思議
大石陽@聖マルク @stmark_309 2014年12月22日
haniwaras 外れるもなにも、スチームパンクの源流ともいえる『ディファレンス・エンジン』からして、最初から発表時点より過去の話だし。
平尾 由矢(パブリックエネミー) @astray000 2014年12月23日
NAVERかなんかで、「SFで外れた予想」みたいのがあったな。コンピューターの容量とか突っ込んでたりとか。
平尾 由矢(パブリックエネミー) @astray000 2014年12月23日
スチームパンクは、石油式内燃機関が発達せず、蒸気機関を使い続けざるを得ず、蒸気機関が今以上に発達した別の世界、つまりは平行世界の話、と思うほうが正確なのかもね。
にれ ななき @nire7th 2014年12月23日
技術がどんなに進んでも、人はそうそう変らないよなと
デュアルハート @haniwaras 2014年12月23日
知ってる SF=今よりも未来 スチームパンク=パラレルワールド 個人的にワクワクするのはSFのほう でも一般的にはスチームパンクもSFと考えられてるのが不思議 一般的?スチームパンク知ってる人の方が限定的だろうけど
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2014年12月23日
hirorin0015 ああ、本当はそうだったのですか。私が「駄目なSF的自動車の説明」を読んだ元サイトは消滅し、偶然面白いので自分のブログに保存してたのですがhttp://d.hatena.ne.jp/gryphon/20120831/p5、書いた人も山本先生の原文というよりエッセンスを覚えてて、自分なりに消化した喩えだったのでしょうね(センスあるなあ)。
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2014年12月23日
なんかコメント欄の名前見ると、紛争の匂いをかいで有名な賞金稼ぎが各国から集まってる状態…
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2014年12月23日
【メモ】上のコメント欄にもご登場いただいたSF作家の山本弘氏( @hirorin0015 )が、今年11月末からtwitterを開始されていたようです(この俺がアカウント知らなかったとは不覚、と思ったがまだ開始1カ月足らずだったのね)
Maulwurf @a7m167509498 2014年12月23日
昔の人が考えた自動車はロボットのような機械化された馬と馬車だった。 今よく見かけるSFイメージも現在の技術の延長でしか無いようなものばかりだ
Maulwurf @a7m167509498 2014年12月23日
STAP細胞はまさに中世の錬金術みたい ホムンクルスをフラスコで作る感じ
五円玉(餡は脳に優しいスイーツ) @Goendama 2014年12月23日
「サンダーバード」の世界では据え付けのテレビ電話は有っても携帯電話は無いんだよな。人間の想像力の限界というか。原子力旅客機ファイヤーフラッシュ、お前だけは駄目だ(w
VRAM01K @VRAM01K 2014年12月23日
この話を少し思い出したんですよね http://togetter.com/li/748339
大石陽@聖マルク @stmark_309 2014年12月23日
haniwaras 「SF=今よりも未来」という定義がまず間違ってる。SFはサイエンス・フィクションなんだから、科学的な考察や設定が、作品の重要な部分を占めていればそれはSFだろう。だから、例えば「中世風ファンタジー世界、かつSF」は成立するし、「遠い未来の話、かつSFではない」も成立する。例えばスターウォーズだって「遠い昔、遥か彼方の銀河系」の話であり、つまり未来の話ではない。
りゅとさん⋈しばらく浮上しません @lute_the_fool 2014年12月23日
スチームパンクってなんだよと思ったらなぁんだ、サクラ大戦か。エンドオブエタニティやワイルドアームズあたりがSFファンタジーかな?という理解。
結城あすか @pixytale 2014年12月23日
えっ? コンピューターって、紙テープを吐き出すでっかい箱じゃないの?
はいん・まいやー @reisacker 2014年12月23日
携帯電話って、本当に想像できなかったんだよなぁ。腕時計型映像無線機(ウルトラセブンとかに出てくるようなやつね)のイメージに引きずられすぎたのかなぁ
うにら @riafeed 2014年12月23日
相変わらずサスペンスドラマのコンピューターは画面に文字や図形が表示されるたびに謎のビープ音やノイズ音が出るのは一体…
Kazuo Takahashi @cyo_oresama 2014年12月23日
10年位前に攻殻機動隊SACで、証拠物品をSPRING-8に持ち込むってやってたけど、現実世界じゃ次世代のSACLAが稼働始めてるんだもんなぁ。
NewまさのさまPlus+ @masanosama 2014年12月24日
山本弘氏の「アイの物語」に出て来た「ミラーガール」を、方向性を変えて実現化したのが「ラブプラス」なんじゃないかなぁ… とは思ったことあった。 文庫で読んだので時期的にはほぼ同時期だけど、初出はその10年前だって知って驚いた。
にっころ @niccoro 2014年12月24日
ふと、ドラえもんの「宇宙完全大百科」を思い出す。事典じゃなくて「超巨大CD-ROMにアクセスして検索する端末」という代物だったのだけど、あの当時のF先生がCD-ROMという単語を使ったという感慨と、今となってはCDじゃ足りないよな、というのと相まってなんか、こう、面白い(文字通りの小並感
ドンドコ @n0yujin 2014年12月24日
いや待て。セガが2015年にクラシックなゲーム機を発売する可能性が
ドンドコ @n0yujin 2014年12月24日
コンビニで飯食ってるとこっち方面は今後も変化しそうな気がするな。貼るだけで食欲を満たしてくれるシートとか売れそう。
こざくらちひろ @C_Kozakura 2014年12月24日
「道具が変わっても登場人物が何をやっているのかが視聴者にわかる」レベルにとどめるのが、作り手の腕ですから。そういう意味で、現代人たるのび太の欲望をきっかけに未来の道具を提示するドラえもんは秀逸なSF表現だと思う。
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2014年12月24日
コメント欄で話題にした、山本弘氏が「SF設定の説明」を論じた文章は洋泉社「トンデモ本?違う、SFだ!RETURNS」だと同書を読んで分かりました(笑)やはり自動車の例は、書いた人がエッセンスを自分流に消化したものだったようです。オリジナル文書を、画像で一部紹介 pic.twitter.com/IQaBDctHvn
人形使い@紅楼夢お疲れさまでした! @doll_player 2014年12月25日
どっかでSF作品がウケにくい理由として、「現代社会の技術発達がSF世界に追いついてしまったから」という意見があってなるほどなあと思ったな。スマホなんて完全に一昔前のSFアイテムだしな。
芦辺 拓 @ashibetaku 2014年12月25日
かつて、パソコンないしそれらしきマシンを起動させてすぐメッセージを読む描写があったりすると、うれしそうに「メールサーバにアクセスしろよ」と嘲笑を浴びせる人がいたものだが、そんなの常時接続であっさり実現してしまった。無知な人の率直な願望の方が的中したという例。
芦辺 拓 @ashibetaku 2014年12月25日
携帯電話というのはよほど琴線にふれるアイテムらしく、古いドラマとかででっかい端末が出てくると「うわー、かっこ悪ぅ」とか大騒ぎする人がうるさくってしょうがない。
卵焼き @tmgyk01 2014年12月25日
谷甲州の”パンドラ”終盤がすごかった。具体的描写を一切せずに小説が書けるのかと驚愕した覚えがある。
ヨド @takuya_maiyuki 2014年12月25日
どの分野でもだけど技術的なブレイクスルーでも起こらない限り未来はそうそう変わらないと予想
ごま。 @GOMAthecat1 2014年12月25日
とりあえず、まだSFの世界にとどまってるアイテムは「個人単位で自由に空が飛べる装備」「物体を電送で遠隔地に送れる機器」「生体腦をネットに直結できる技術」「高エネルギー線を発射する個人用火器」とかかな。ワープとかは置いておいて
shsh @shsh_ 2014年12月25日
cleardice ダイエー優勝がガンバスター帰還よりも未来の出来事だと思われていた時代もあった。
TANABE Toshiharu @itinoe 2014年12月26日
パトレイバーの設定(1998年)は連載開始の1988年の10年後なので当初から「現実感のある未来」を舞台としていたはず。というわけで当時の生活そのままに先端技術(レイバー技術とその社会問題化)を突っ込むことだったのかと。唯一の失敗はレイバーショウの会場が晴海だったことですかね
有村悠%1/22砲雷撃戦・に-10 @y_arim 2014年12月26日
何を描いても最初から懐かしさの漂う鶴田謙二のSF漫画はある意味最強かもしれないと思った。
甘党猫が通りますよ @Future_Men 2014年12月26日
技術の進歩が可能性を広げ、SF作品を産み、そのSF作品が新たな技術の先駆けとなり…という追いかけっこを見ることができる時代に生まれたことを感謝。
張三李四 @tyousanrisi 2014年12月26日
こういう技術発展形の話で少し悲しいのは、メガテンのハンドヘルドコンピュータやGUMPだよなあ。当時はあれがすごく未来的だったが(いまでもかっこいいとは思う)、スマホがあっさりとアレを越してしまった。
2wwsssxxxx @2wwsssxxxx 2014年12月26日
青砥さんの電話は受話器を伏せたままプッシュする車載電話なだけな気がする
SSSS.からあげ @rzl5 2014年12月26日
auから初のAndroid端末、IS01が発売されたのが 2010年6月30日。まだ5年経ってないのに、すっかりガラケーは古びてしまった。未来予測って難しいよね…。
SSSS.からあげ @rzl5 2014年12月26日
星新一先生はショートショートだしあんまり細かい描写をしていないのが勝利の秘訣かも。
ビールクズ猫 @WAKUWAKUTAKKU 2014年12月27日
これについては、マーク・トウェインの『まず事実をつかめ、それから思うままに曲解せよ。』が一番適切かと。 ・そもそも知らないから適当ぶっこいてるだけ ってのと ・事実は××じゃないことは知ってるが、創作上面白いからあえてそこを歪める は天と地の差があるから。ワナビとプロの小説家を分ける(分けてしまう)ラインの一つであるとも思うけど。
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2014年12月27日
WAKUWAKUTAKKU マーク・トウェインといえば歴史改変SF、未来知識チートものの元祖「アーサー王宮廷のヤンキー」の作者さんか… 「AとBが偶然そっくりなので大騒動!」ものでも元祖に近いか?(こじき王子)
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2014年12月27日
rzl5 星新一氏は単行本の収録や改版のときに、どんどん描写を変えてったんだそうです。それも描写を「新しくする」のじゃなく「抽象的にする」方向で。そして寓話になっていく…葉月氏の伝記にそういう記述があったような
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2014年12月27日
10万Viewに、まとめ者として感謝。 本編のツイートも地味に関連ツイートを加えて拡張しています。「誰でも編集可能」設定なので、加えたいものがある人は自由にどうぞ
すど @nocurrynolife 2014年12月27日
逆の視点から、例えばアトムがあったから日本では二足歩行人型自立式ロボットに注力してたり、というフィクションが「未来」に影響を与えるパラドックス風な要因もあったり。ただiWatchはセブン発祥の日本初ではなかったなぁ。
ビールクズ猫 @WAKUWAKUTAKKU 2014年12月27日
gryphonjapan どっちかと言えばトム・ソーヤーの冒険とかの方がメジャーですがね。
ヒート<ざ・おにぎり>マシン @heat_machine 2014年12月27日
背面テンキーは車載電話や肩掛け式のころのデザインですね、そういえば新宿鮫でも肩掛け式携帯電話がかなり重要な役割を…
anamochi @anamochi_twit 2014年12月27日
本当に未来的な世界を描くなら人間なんか出さないのが一番ということに。「かつて人間は生存に必要なあらゆる栄養と快楽を直接接種する技術を開発した。社会も肉体も不要となるのに数世代と掛からなかった。抵抗はなかった。付随する権利も思想信条もすべて必要なくなったのだから」
カメラ売りつけマン @YBNable 2014年12月28日
ロシアで作られたコマンドーリメイクでは、小銭を出せ!のシーンが携帯電話のせいで不可能になったので、携帯電話を持ち込めないプールで襲われる事になりました
ぉざせぃ @hijirhy 2014年12月28日
バック・トゥ・ザ・フューチャーpart2は、車は空飛ぶしカフェの店員はAIだし広告は立体映像(ホログラム?)で、大画面でテレビ電話してるんだけどネットも携帯電話も出て来ず解雇通知はFAXなんだよなぁ。まぁ映像的に面白い表現を選択した結果だとは思うけど。
ぉざせぃ @hijirhy 2014年12月28日
まぁ逆に30年前の自分に、30年後携帯電話はあってテレビ電話も出来るけど全く使わずそれどころか音声通話すらほとんどせず文字を読んだり書いたりばっかしてるなんて話しても、絶対信じないだろうと思うけどな。ちっこい画面でチマチマ文字を書く未来ってかなり嘘くさい。
ぉざせぃ @hijirhy 2014年12月29日
話の本筋と関係ないけどプルタブに関して一応書いておくと、当時プルタブのポイ捨てが横行して(実際子供の頃はそこら中に落ちてた)、鳥が飲み込んじゃうとか環境問題化していて、その短期的対策として行われていたのがプルタブ集めキャンペーンで、長期的対策として作られたのがステイオンタブ。なので当時としては無駄でもなければ都市伝説でもなかった。(現在でもステイオンタブを引きちぎって集めてるバカが実在するのかどうかは知らない)
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2014年12月29日
nocurrynolife 岡田斗司夫がとあるテレビ番組で「技術者たちがブレードランナーのアレを作りたい」と熱く語っていた…という話をしていました。/技術者はSFを基に研究開発の方針を決める?  http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20081109/p6
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2014年12月29日
nocurrynolife 岡田斗司夫 「コンピューター一杯入れた画像処理の会社見学にいったんですけど、みんな「ブレードランナー」その当時は見てたんですよね。で、ブレードランナーの中で写真を自由自在に拡大縮小できるエスパーの機械(?よく聞き取れず)出てくるんです。 それを見てみんな「これを俺たちがやりたいんだ」と一生懸命いってたんです。その前は「2001年宇宙の旅」・・・だからSFというのは子供の夢であると同時に、世界の工学者や科学者に現実可能な目標を与えてくれるんです。」
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2014年12月29日
岡田斗司夫氏の発言は、「電脳コイル」という作品について語るNHKのBSでやった番組でのひとことでした。
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2014年12月29日
■研究者 「ご存知のように工学系の研究というのはアニメやSFの世界に影響を受けていることが多々ありまして、私がはじめに研究室に所属した時も、一番初めに渡されたのが「攻殻機動隊」で(スタジオでみな驚く)、「まずこれをちゃんと読んでから議論に参加するように」と言われまして。実際その後、研究で攻殻機動隊役立っているんですよ…この「電脳コイル」も非常に今後の研究の流れ自体を変えていくのかと思いました。」
すど @nocurrynolife 2014年12月29日
@gryphonjapan 結局は人の作るものなので、ましてや「今、ないもの(概念)」ですから、影響されるのは当然なわけですが、やはり実際の現場の人の物言いは重みが違いますよね。電脳コイルは見ていませんが、wikiであらすじを斜め読みしましたが、絵で受ける印象とは違う作品のようですね。
cinefuk 🌀 @cinefuk 2014年12月29日
gryphonjapan 「現実空間にARのレイヤーを被せて、対応デバイスを持たないと認識できない」電脳コイルの基本設定は、セカイカメラやIngressが出た時に「これだ!」と思いましたよ。後はGoogle Glassの普及がどうなるかな。
如月 宗一郎 @S_kisaragi 2014年12月30日
この手の話で思い出すのが、飛火野耀の『もうひとつの夏へ』にあった、崩壊した未来の東京で人々はオンラインゲームにハマり、ゲーム内の権利のために数少ない現実世界の物資を融通しあうという、今でいうRMTや課金の概念を既に盛り込んでいたところ。1990年の段階でこれは早い。(そして本人はそれを実際に体験してきたのも含めて)
トザン @miyakozan 2015年6月17日
パトレイバー(マンガ版)の中では榊整備班長の愛車に車載電話がついているという記述があったかと。内海一味の襲撃で壊されてしまいましたがw
言葉使い @tennteke 2015年6月17日
日本国内で電気が通じてないといえば、一般人が無人島に住もうと手続きを始めたら役人から「電線ひくの、莫大な費用がかかりますよ!」と言われて断念したけど、さだまさしが無人島買って住もうとしたら、あっという間、しかもさだまさし負担分はゼロで電線を通してくれたって話しを三十年くらい前に聞いた覚えがある。
まーと@住所不定内調 @maato_maato 2015年7月29日
その点、2001年で描かれたHALのメモリリセット、あれは凄いと言うことだな
ええな@豚バラ🐽ばらまくニャ @WATERMAN1996 2016年10月15日
缶飲料のプルタブと言えば、FSSの映画でボード・ビュラードがビールのプルタブを豪快にちぎって捨ててるんだよ。まあ、あれは他銀河のお話を地球人に理解できるように翻案していると解釈できるが。
名無し岩手県民(鯨美味い) @iwatekenmin01 2016年10月15日
バック・トゥ・ザ・フューチャーpart2はジョーズ20が出ているあたりで超大当たりだったと思いますw
すまいそん @migitenitokei 2016年10月15日
iwatch登場でウルトラセブンのビデオシーバーが現実になったと思ったなあ。正直軍隊とかだとあと20年は機械式クロノグラフが標準装備とかおかしくはないとおもうの
いやーぼんぬ @firstmimic 2016年10月16日
内田 美奈子の「BOOM TOWN」という漫画、1992年にVRやアバターを描いていて良かった。ようやく時代が追いついてきた。
× ((( ⊂⌒~⊃。Д。)⊃ あちぃ @cv45ValleyForge 2016年10月16日
過去作品の未来描写を「間違ってる!」と「面白がる」のは良いけど「馬鹿にする」のは間違ってる。 老人が「最近の子供は鉛筆も削れない」と見下すのと同様に無様だ。
× ((( ⊂⌒~⊃。Д。)⊃ あちぃ @cv45ValleyForge 2016年10月16日
最近アニメ化されたサイボーグ009のPVを見て、最強だった004が現代装備の一般兵と大差なかったり、最弱だった003がハッキング能力で最強化したのワロタ
上野 良樹@C96お疲れ様でした! 日曜日西し-23a @letssaga3 2016年10月19日
niccoro 単行本では「ディスク」となってますが、初出時はCD-ROMとあったのでしょうか。小惑星一個分ほどのディスクを宇宙に浮かべてあるという説明でしたが、サーバにハードディスクや半導体素子メモリを使う発想はまだ無かったのかも知れませんね。
にっころ @niccoro 2016年10月19日
letssaga3 あれ、「ディスク」でしたか。自分も単行本で見ているはずなので、でしたら重版時の差し替えとかでない限りこちらの記憶違いだと思います……かなり昔のことなので。いずれにせよ、当時の記憶メディアと言えば……という話になるのでしょうかね。
上野 良樹@C96お疲れ様でした! 日曜日西し-23a @letssaga3 2016年10月19日
niccoro 「とにかくたいへんな情報量だからね。ディスクにギッチリつめこんでも星一こほどの大きさになって宇宙空間にうかべてある」(てんとう虫コミックス42巻p186)。当時はCD-ROM/RWの大容量は特筆すべきものでしたが、今となってはDVDやBDのRAMよりも、HDやSSDの方がずっと効率いい訳ですね…。
bluemonkshood @bluemonkshood 2017年6月18日
地球へ...を見ていると、千里眼とか、テレパシーで会話とか、そんなの、携帯電話が出現した時点で、特別な技能じゃなくなっちゃうんだな、、と思った。
縞工作 @joqufutyqec 2019年2月14日
何十年も前に「未来の食事についての会談」で、戦争の飢餓の記憶生々しい時代だったため皆こぞって「一粒で必要な栄養がすべて採れる完全食」を語っていた中 一人だけ「将来的には味が良くてローカロリー食の需要が高まる」と主張して全然理解してもらえなかった星新一氏の逸話
わっつ @wats4936 2019年5月14日
n0yujin 2019年にメガドラミニが発売されるのとサクラ大戦が新作出るとはここのコメ欄記載当時は予想してないだろうw
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする