10周年のSPコンテンツ!

日本のアニメ・漫画・ゲームのキャラクターはなぜ「決めポーズ」を取るのか? -『サクラ大戦』と歌舞伎の意外な関係-

山田利博氏の『アニメに息づく日本古典 -古典は生きている-』の内容から。日本のアニメ・漫画・ゲームにはあちこちに「決めポーズ」が登場します。しかし、アニメや漫画・ゲームのキャラクターたちはいったい何のために「決めポーズ」を取るのでしょうか?
コラム ドラゴンボール サクラ大戦 ゲーム 決めポーズ セーラームーン 歌舞伎 マンガ 古典 アニメ 見得
177
『アニメに息づく日本古典』について
GEO ジオ@中国・台湾・香港・三国志迷 @japanchinaGEO

中国/台湾/香港/ゲーム/STG/三国志/アニメ/漫画/洛天依/言和/夏語遙/心華/欧派/微博https://t.co/5or5MovsWG togetter https://t.co/8JiaUpN59V 質問箱https://t.co/LWFQmzefO9

GEO ジオ@中国・台湾・香港・三国志迷 @japanchinaGEO
届いてたからとりあえず『サクラ大戦』に関する章だけ読んだ。面白い。 他にも『プリキュア』『ナデシコ』『セーラームーン』ががが 山田 利博 の アニメに息づく日本古典―古典は生きている― amzn.to/1lehYxQ pic.twitter.com/jCVdQIQB7H
拡大

 『源氏物語』をはじめとした古典文学を専門に研究する著者による本。現代日本のアニメ作品には、現代日本文学作品以上に古典の影響が見られるという。

 本書の目次は次の通り。

はじめに
I 現代によみがえる竹取物語─「美少女戦士セーラームーン」
II 現代における「異界」─「千と千尋の神隠し」
III 「引用」の技法─「機動戦艦ナデシコ」
IV 決めポーズと歌舞伎との関係─「サクラ大戦」
V 受け継がれていく古典─「プリキュア」シリーズ
おわりに

 

リンク 美少女戦士セーラームーン 25周年プロジェクト公式サイト 32 users 40372 美少女戦士セーラームーン 25周年プロジェクト公式サイト 『美少女戦士セーラームーン』25周年プロジェクトの公式サイトです。
リンク Wikipedia 美少女戦士セーラームーン 『美少女戦士セーラームーン』(びしょうじょせんしセーラームーン)は、武内直子による日本の漫画および、それを原作としたメディアミックス作品。講談社の少女漫画雑誌『なかよし』で1992年2月号から1997年3月号まで連載された。旧版単行本は全18巻、新装版は全12巻、完全版は全10巻。(メディアミックス展開については、下記の#メディアミックス展開を参照) 強大なエネルギーを持つ..
千と千尋の神隠し [Blu-ray]

ウォルト ディズニー スタジオ ホームエンターテイメント

リンク Wikipedia 千と千尋の神隠し 『千と千尋の神隠し』(せんとちひろのかみかくし)は、スタジオジブリ制作の長編アニメーション映画。監督は宮崎駿。日本歴代興行収入第1位。 千尋という名の10歳の少女が、引っ越し先へ向かう途中に立ち入ったトンネルから、神々の世界へ迷い込んでしまう物語。千尋の両親は掟を破ったことで魔女の湯婆婆によって豚に変えられてしまう。千尋は、湯婆婆の経営する銭湯で働きながら、両..
リンク www.starchild.co.jp StarChild:機動戦艦ナデシコ
リンク Wikipedia 機動戦艦ナデシコ 『機動戦艦ナデシコ』(きどうせんかんナデシコ)はSF・ラブコメロボットアニメ。1996年(平成8年)10月1日から1997年(平成9年)3月25日までテレビ東京系で全26話が放送された。略称は「ナデシコ」。 1998年8月1日・8月8日には続編に当たる劇場用アニメ『機動戦艦ナデシコ -The prince of darkness-』が公開された。また劇場版の公開に合わせ、1998年7月31日から8月2日の3夜に亘りテ..
リンク sakura-taisen.com サクラ大戦ドットコム
リンク Wikipedia サクラ大戦 『サクラ大戦』(サクラたいせん)は、1996年9月27日にセガ(後のセガゲームス)よりセガサターン用ソフトとして発売されたドラマチックアドベンチャーゲーム。後にゲームのみならずアニメや舞台などのメディアミックス作品として発展することとなった『サクラ大戦シリーズ』の第1作である。サクラ大戦1とも。 CESA大賞’96 年間作品部門 大賞受賞。 Windows用とドリームキャスト用と..
リンク Wikipedia サクラ大戦シリーズ サクラ大戦シリーズ(サクラたいせんシリーズ、英字表記:Sakura Wars または Sakura Taisen)は、日本のゲームメーカーセガゲームス(2015年3月まではセガ)より1996年頃から開発、販売されているアドベンチャーゲーム、およびそれを原作としたアニメ、ドラマCD、舞台ショウなど派生作品のシリーズである。シリーズ累計450万本を売り上げた。 現実世界の大正時代の風俗を感じさせるス..
リンク asahi.co.jp 朝日放送|ABCプリキュアBOX! ABC朝日放送の「プリキュア」関連情報まとめページ「ABCプリキュアBOX!」です。最新作の「Go!プリンセスプリキュア」をはじめ歴代のプリキュアや劇場版、イベント、グッズなど情報が盛りだくさん!
リンク Wikipedia プリキュアシリーズ プリキュアシリーズは、朝日放送→朝日放送テレビ(ABCテレビ)、ABCアニメーション、ADKエモーションズ、東映アニメーションの制作により、テレビ朝日系列で2004年(平成16年)から放送されている日本の女児向けアニメシリーズである。 プリキュアシリーズは朝日放送→朝日放送テレビ制作日曜朝8時30分枠のアニメとして制作され、テレビ朝日系列で『明日のナージャ』の後続作品として20..

 ここでは『アニメに息づく日本古典-古典は生きている-』の目次にある『Ⅳ決めポーズと歌舞伎との関係─「サクラ大戦」』の内容をちょっと書いてみたいと思います。

 なお、この『Ⅳ決めポーズと歌舞伎との関係─「サクラ大戦」』の内容は著者である山田利博氏自身の学術論文『テレビゲーム「サクラ大戦の文学性」』をわかりやすくまとめたものなので、興味がある方はそちらの方も読んでみることをおススメします。

 解釈などが間違っていたらすいません。

リンク opac.lib.miyazaki-u.ac.jp 資料検索 - 宮崎大学附属図書館 宮崎大学附属図書館のホームページです。お知らせや利用案内を見ることができます。また蔵書検索、オンライン各種サービスの入り口になっています。
リンク 中国とアニメとSTG 山田利博 『テレビゲーム「サクラ大戦」の文学性』(宮崎大学教育文化学部紀要 人文科学6 2002年)って学術論文を読んでみました。 今日は、表題の通り、『サクラ大戦』について、書かれた学術論文を読んでみました。 肝心の論文は、こちらでダウンロードすることができます。 サクラ大戦というゲームの説明について、上の論文のほか、以下のページを読めば、なんとなくわかるかもしれません。 サクラ大戦シリーズ Wikipedia サクラ大戦 Wikipedia サクラ大戦2 〜君、死にたもうことなかれ〜 Wikipedia サクラ大戦3 〜..
とその前に……そもそも『サクラ大戦』って何?

サクラ大戦 -wikipedia-

『サクラ大戦』(サクラたいせん)は、1996年9月27日にセガ(後のセガゲームス)よりセガサターン用ソフトとして発売されたドラマチックアドベンチャーゲーム。後にゲームのみならずアニメや舞台などのメディアミックス作品として発展することとなった『サクラ大戦シリーズ』の第1作である。

 メインとなるゲームの他に、テレビアニメやOVA、漫画にライトノベル、劇場版など幅広いメディアミックスが展開され、近年では『サクラ大戦 奏組』という女性向け作品が『花とゆめ』で連載されていた。

サクラ大戦奏組 1 (花とゆめCOMICS)

島田 ちえ,チームかなで

残りを読む(31)

コメント

亜印屋 @ajirusiya 2015年11月12日
サクラ大戦は演劇もモチーフだから尚更分かりやすいですな。そして確かにバットマンとかにはなかったなあ。面白い本、読みたいです
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2015年11月12日
絵に艶がある。絵が見栄を切る。MANGAの画法の改革に挑戦する作品がこれだ。
まえもと @maemoto_moriya 2015年11月12日
ジュウレンジャーがpower rangersになったときも、決めポーズを歌舞伎の見得と似たものと説明して受け入れられた、と聞いたことがある。
しめすへん@ネ人造人間 @shimesuhen 2015年11月12日
ゴレンジャーの原点が白波五人男というのは割と有名
K3@FGO残4.3 @K3flick 2015年11月13日
アメコミだとアイアンマンが珍しく決めポーズらしい決めポーズがあるけど、あれがいつからやってるのかは気になるところやな
キャンプ中毒のドライさん(Drydog(乾)) @drydog_jp 2015年11月13日
これアーティストのライブとかではどうなんだろう? 日本ではステージでダンス取り込んでパフォーマンスするグループは見得を切るポーズ取り入れてないことはまずないけど、海外ではそのあたり差があるのかなと
kaburazaka @kaburazaka1 2015年11月13日
ゴレンジャーで白波五人男から名乗りポーズを取り入れた高橋一俊氏は、仮面ライダーの変身ポーズも歌舞伎の見得から採っている。
いとけい @itokei_ 2015年11月13日
トランスフォーマーの流れを止めない変形は逆に新鮮だった。と書きながら、そういやモスピーダもそうだったかな
nekosencho @Neko_Sencho 2015年11月13日
たとえば仮面ライダー(初代)が、変身ポーズをとるようになってから人気爆発とか、リングにかけろ(星矢の人の描いたボクシング漫画)で、まじめにボクシングしてたのが必殺パンチ(決めポーズみたいなの)が出てから人気爆発とか、やっぱり日本人の好みにあってるんでしょうね。外国人から見てどうかは知らないけど
ろぼ 水戸 @ROBOmito 2015年11月13日
これは3、40前の第一世代オタクが生まれた頃から指摘されていた事だけどなあ。
ろぼ 水戸 @ROBOmito 2015年11月13日
個人的な印象としてはそれこそ「車輪の再発見」の様に思えるのだけれど、若い人達にはあまり意識されていなかったのかねえ。
富田3S @isihikawa56 2015年11月13日
アメコミには決めポーズがない、というくだりからまず信用できない
はるを待ちかねた人でなし @hallow_haruwo 2015年11月13日
a7m167509498 「けれん」からして歌舞伎での仕掛けを使った派手な演出指す用法から広まった語ですものね。語源はもっと遡ってこれとも違う意味で使われてたみたいですが。
kimuraお兄さん@小豆島 @nobuo_kimura 2015年11月13日
( ×H×)y-~~というか特撮殺陣の世界では、あれ、大昔から「見得」って言うらしいし、普通に歌舞伎→新劇→活動写真→ヤクザ映画その他→特撮→戦隊・ヒーローもの→アニメ・マンガ(順番は適当)って流れでしょ。
ITDOREIKUN @ItDoreikun 2015年11月13日
あにめ水戸黄門は?
irui( ᷇࿀ ᷆ ) @irui51 2015年11月13日
アメリカンプロレスのパフォーマンスとか見ても 決めポーズが好きなのは決して日本人だけじゃないだろうけど、面白い視点だなとは思った
ろぼ 水戸 @ROBOmito 2015年11月13日
決めポーズというより「名乗り」や「変身ポーズ」などアニメでバンクシーンとして使われる様なビシュアルと言った方が正解に近いと思うけどね。
氷雨(鴎) @kamome54 2015年11月13日
決め技はプロレスのロジックだと思っていましたが…
夏越丸@ねんくり引き取り先募集 @nagoshimaru 2015年11月13日
そもそも普通に戦争するのに「やあやあ遠からん者は音に聞け、近くば寄って目にも見よ。我こそはナンタラカンタ…」ってやってから戦ってた民族だからな…それ終わるまでお互い待つのがルールだったらしいからな…
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2015年11月13日
プロレスで、かなり古いところで思い出せるのは、馬場が憧れた50年代最大のアメリカンプロレスの人気者(悪役人気)であるバディ・ロジャース。会場を彼が一番沸かせたのは、技や勝利の場面じゃなく、独特の相手を挑発する歩き方「ロジャース・ウォーク」の披露だったそうです。これも「見得」に近い気が。
Localio Projects @LocalioProjects 2015年11月13日
決めポーズというのは英語だと「Signature Move」だろうけど劇作品や映像作品では昔からありますし、「海外の作品に見られない」というのは違うかも。フェンシング系の作品(ゾロ等)だとカッコ付けは定番です。
Yazack @ares1984c 2015年11月13日
日本人は別れの挨拶「それでは」に代表されるように、物事を明確に一旦止め、そこから次のステップに進む「区切り」「仕切り直し」を好むという話を聞いたことがあります。歌舞伎の見得やそこに源流のある決めポーズ(さあ、ここからはヒーロー側の反撃の時間だ!みたいな)とも何か関係があるのかも知れませんね
catspeeder @catspeeder 2015年11月13日
シャフ度もある種のキメポーズなのかもしれない。ぼくはキメ顔でそう(ry
碧 ~光風霽月~ @Turkis_Mond 2015年11月13日
アニメヒーローに古典芸能の見得切りを積極導入したのは「ガッチャマン」を初めとするタツノコプロ作品群。それ以前も月光仮面、黄金バット等々あった。紙芝居という娯楽文化からの引き継ぎである。東映は元々時代劇映画を延々作ってて、見栄切りは一種当たり前の文化で、ガッチャマンの見得や決まりポーズをサンライズ・東映アニメが模倣導入したあたりで特撮ヒーローに導入した
西船橋ちぇる @chel_nishifuna 2015年11月13日
アニメ以前に特撮見てるとわかりやすい。「これって完全に歌舞伎の見得きりだよなあ」って見ててわかる。
碧 ~光風霽月~ @Turkis_Mond 2015年11月13日
月光仮面や黄金バットは見得切りというより語り口上か…
碧 ~光風霽月~ @Turkis_Mond 2015年11月13日
サクラ大戦は時代設定が大正期だから、レトロ芸能要素を敢えて詰め込んで、かえって自然となる。 過去文化の踏襲好きという意味では日本ほど勧善懲悪ヒーローを創作量産し続けてる国もまたないだろう。
碧 ~光風霽月~ @Turkis_Mond 2015年11月13日
そういや、初代ライダー本郷剛の「へ・ん・し・ん! トォー」は既に見得切りと言ってもいいのかも知れん。口上はないが。
ゼパルそねみ @sonemi_George 2015年11月13日
コメントにもあるけど、ある年齢以上のオタクにはこの手の話は当然理解されている話だと思う。定期的にこういう話題が上がって次の世代に伝わるのはとても良いことですよね。
らいかけん @laicaken 2015年11月13日
わざわざ「勝利のポーズ!」と台詞で叫んでポーズするのは『ヤッターマン』が元ネタでしょ
深井龍一郎 @rfukai 2015年11月13日
ヤッターマンは、そういう文化があることを踏まえてそれをわざわざ口に出してやるというギャグなんじゃ?
bun🍃 @bun3559 2015年11月13日
みなさま大事なことを忘れているようですけど、日本のマンガ・アニメの決めポーズといったら「シェー!」に決まってるザンス!いまどきの若い世代だと「ちんぴょろすぽーん!」ザンスね。
あわじまさき @hijmsawaji 2015年11月13日
歌舞伎はワイヤーアクションで空飛んだりウォータースプラッシュしたりと日本における「魅せ方」の第一人者ですからね
毒眼鏡@バニ上喚べました @poison_crawler 2015年11月13日
???<「あった方がカッコいいじゃん」
碧 ~光風霽月~ @Turkis_Mond 2015年11月13日
当たり前だけどなんとなく念のため書いとくと、サクラ大戦の「帝国華撃団」の元ネタは現実の「宝塚歌劇団」ね。
フクロウ爺さん @TaciturnOwl 2015年11月13日
源氏物語の由来を考えるならともかく、現代アニメの○○を考察するって「製作者に聞いてみた」で終わりじゃないの。古典文学研究しすぎて方法論を間違えてる気がする。
PON[鯉]℃℃℃2018 @pon1225 2015年11月13日
そもそも「広井王子のルーツは歌舞伎にあった!」と言われてもヒーローものの「見栄」が昔からあるものだから、何言ってんだ、という感じ。個人的には、サクラ大戦の演出も↑のヤッターマン的な「お約束踏襲サービス」だと思う。
PON[鯉]℃℃℃2018 @pon1225 2015年11月13日
Turkis_Mond 当たり前すぎるとはいえここまで触れられてないのがむず痒いですね(笑)
ワス @wsplus 2015年11月13日
さらに大元は合戦の「名乗り」じゃないんかね
乗っ取られたザッシュ2号 @zassyu2 2015年11月13日
シェイクスピアにも決め台詞あるじゃん  「tobe not to be」って
乗っ取られたザッシュ2号 @zassyu2 2015年11月13日
インド映画のラジニカーントも決めポーズ取りまくるんだけど インドに歌舞伎があったのか
乗っ取られたザッシュ2号 @zassyu2 2015年11月13日
一言で言うと 権威が全然ないアニメを  文化として認められてる歌舞伎にくっつけることによって アニメは文化!と言いたいんだろう
碧 ~光風霽月~ @Turkis_Mond 2015年11月13日
劇中一回しか使われない名台詞と、常套句としての決め台詞が別物というのが分かってない様子で微笑ましい
乗っ取られたザッシュ2号 @zassyu2 2015年11月13日
ようするに気分よくなりたいんだよ アニメは低俗なものじゃなくて 歌舞伎から受け継がれた高尚な文化だ って ほーら気分が良い そうまでしないと自分の好きなモノを信じれないならやめちまぇ
モヤシ @roireps 2015年11月13日
poison_crawler おっ今度のACは決めポーズまで設定可能になるんですか鍋P
碧 ~光風霽月~ @Turkis_Mond 2015年11月13日
他人の(無根の)僻み根性を勝手に推測妄想する奴って、そいつ自身がその僻みに囚われて世間を見てんだろうなあとしか思えんなあ。それ位すっとんきょう。
ゲッター・ショーン @GetterShown 2015年11月13日
セリフを伴わない決めポーズってZZガンダムからかな
Chief Buster @chief_buster 2015年11月13日
その昔、これらのお約束自体をネタにしたダイターン3と言う作品があってだな... あのトミノ御大の作品じゃ。
絶望党員 @zetuboutouin 2015年11月13日
歌舞伎 → ゴレンジャー → その他アニメや特撮ゲーム等 という経路ではなかろうか?
赤木智弘@真実の赤(白) @T_akagi 2015年11月13日
よくわかりませんが、ハルクホーガン体操第一置いておきますね: ハルク・ホーガン体操第一 mp4 - YouTube https://www.youtube.com/watch?v=iUttrdrjc2o
文里 @wenly_m 2015年11月13日
ワンピースは今歌舞伎になってるしな
三色 @sansyoku_TGC 2015年11月13日
喜久子お姉さんも歌舞伎を嗜んでいたのか……
中敏悟 @shiwazanin 2015年11月13日
「歌舞伎の見得の名残」までなら説得力あるんだから、わざわざ「海外にはあまりない」とまで風呂敷広げて胡散臭くしなきゃいいのに
玉藻さん@地球 @Roseate_Rosy 2015年11月13日
国内国外問わず、「かっこいいポーズ」を観衆が喜ぶのは当たり前なのです。だからこそ古来より権力者や英雄の彫像とか絵画もそういう「一瞬のかっこいいポーズ」を固定化しているのです。そして、英雄などを描く「劇」で見せ場を作りたいと思ったらそういう「かっこいいポーズ」を観客にアピールするのはテクニックとしても当然のものなのです
好古真之 @yoshiful_saney 2015年11月13日
京劇は?>これらはどうやら日本の作品に特有のものらしく、バットマンやスーパーマンなど、海外の作品にはあまり見られない現象のようです。
kei @K_B_C_N 2015年11月13日
「勝利のポーズ、決めっ!!」 懐かしすぎて泣きそう…
好古真之 @yoshiful_saney 2015年11月13日
zassyu2決め台詞の例としては、アメコミの例を出した方が分かりやすいかも知れませんね。http://nav.cx/fcc3IJC
ぱいろ🔲@寒露 @Pyro_VR 2015年11月13日
ていうか、今まさに我々が見ているアニメや特撮ヒーローがすなわち、メディアを変え細分化した歌舞伎そのものだということではあるまいか。 活歴物やら新歌舞伎やら→活動写真の時代劇諸々→鞍馬天狗→月光仮面→ウルトラマンあたりは、由来があるどころかダイレクトに繋がっているように思える。
七億ちゃん @nanaoku_h 2015年11月13日
ワンピースが歌舞伎化したこととその相性の良さは必然なんだよね。あの「どんっ!」は完全に見栄切りの文化
腐ってもエビ @kusattemoevill 2015年11月13日
zassyu2 that is the questionをお忘れなきよう。そしてそれはいくらでも多様に解釈ができるから有名になっただけで、さらにいうと葛藤のセリフで、あとに長々自問自答が続くわけでして、“決め”セリフじゃないですね
三月レイ@内調39課ニコ技室 @mitsukirei 2015年11月13日
ナデシコでロボット兵器のワザ名発声は音声入力じゃないの?って聞いた
三月レイ@内調39課ニコ技室 @mitsukirei 2015年11月13日
あと勝利のポーズってヤッターマンは?
しめすへん@ネ人造人間 @shimesuhen 2015年11月13日
日本人にとって大切なのは空気で、気づかないうちにいつの間にか空気が変わっていたという状態は極めて困る。ゆえに空気が変わった事を明示することを求めるってことかな
@pantheon_shu 2015年11月13日
あ~これすごいわかる。初めて歌舞伎見に行ったとき、「ああ、これが日本のお笑いや大衆芸能のルーツなんだな」ってすごく納得した途端、敷居がなくなったのを感じた。 見得を切る、名乗りを上げる、戦闘シーンのお約束な身のこなし、“やられた”ポーズ、吉本とかアニメとかでよく見たものがあるんだよね。
silly (蓮實 智久) @sillism 2015年11月13日
外国作品のアクションについては詳しく知らないので何とも言えませんが、プロレスで行われるポージングは日本の見得を切る動作と親和性は感じますね。そういう事もあってプロレスは日本人に受け入やすかったのかも。 上記のコメントで指摘があるように古参のオタクには常識的な話ではあるけれども若いオタクの方々も知っておいていたほうがいいよね。受け継ぐためにも定期的に話題に上がるといいなあ。 蛇足ですがグループアイドルが一人づつ自己紹介を入れるのも「名乗り」の一種だろうから古典芸能の影響を受けているんだろうな
signal9.jp @Signal9J 2015年11月13日
そういや歌舞伎も風紀紊乱奢侈淫佚 つーことで弾圧されてたが上手く立ち回っていつしかゲージツに。 アニメとかもゲージツになった方がいいのかねぇ?
bluemonkshood @bluemonkshood 2015年11月13日
歌舞伎の見得を切るうんぬんは、ロボットアニメで、1つの金字塔をうちたてた長浜忠夫監督のインタビューの中で出て来たようが気がする。35年くらい昔に、2時間くらいお話をお聞きした時、、、のこと。高校生に熱心に語ってくださった@ルノアール。ボルテスとかの頃。
Verdun_843 モンティセロの丘で @Verdun_nkysjan 2015年11月13日
ポケモンのロケット団なんか正しくその系譜の踏襲者だろう。 しらざあ言って聞かせやしょう、答えてあげるが世の情け。
はるを待ちかねた人でなし @hallow_haruwo 2015年11月13日
バンクシステムとの親和性って面もあったんだろうな
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2015年11月13日
アニメの場合はバンクの都合です。
はるを待ちかねた人でなし @hallow_haruwo 2015年11月13日
制作上都合がいいだけで視聴者から総スカンだったら定着しなかったでしょうし、逆に受けが良くても、技術的あるいは予算的に使いづらかったら限られた作品で使われるだけで定番演出にはならなかったでしょう。両輪がうまくハマってこそ成立した「お約束」なんでしょうね。
QuarrelBlue @QuarrelBlue 2015年11月14日
そういえば、「待て、ショッカー!」の源流は歌舞伎の「暫」にあると聞いたような。
メー @haruhiz 2015年11月14日
スパイダーマンの壁に両手両足を付けるポーズは東映版が初出。アメリカのコミックはそれを導入した。
じゃりねこ@10/20五号す44a @jyaricat 2015年11月14日
ていうか歌舞伎だってもともとはわり庶民の娯楽(エロあってなんぼ、だったし)だったわけなので、歌舞伎と関連があるから文化的! 高尚! というわけではないし、そうやって持ち上げてる人もいないような。
taka @Vietnum 2015年11月14日
敵を倒したのに飽き足らず、わざわざ勝利のポーズ取るヒーローって、考えたら性格悪そうだわ・・・。
フローライト @FluoRiteTW 2015年11月14日
この流れで話を進めて、なぜ大張カットインに辿り着けないのかが理解できない。アニメアイコンのワリに、例として持ってきているものが微妙というか薄っぺらいというか。DBZからセラムンプリキュアは同じ東映動画で一直線上にある。受け継がれるというより「同じ人たちが作っている」方が近い。それはさておきサクラ大戦OP集は非常に徳の高いよいものでした。 http://nico.ms/sm13990631
ポーキー大澤 @pokey0sawa 2015年11月14日
先日オダギリジョーがラジオ番組で珍しく仮面ライダークウガについてたっぷり喋っていたけど、2話の最初の変身シーンで「へん~しん!」みたいに言うのに抵抗があって短く「変身!」と叫ぶようにしたら、その後の平成ライダーもその短い叫びを踏襲するようになった、という話をしていた。昔ながらの見得切りを継承するヒーロー番組の伝統の中でも、そうやって時代とともにちょっとずつ変遷しているのが面白い。
碧 ~光風霽月~ @Turkis_Mond 2015年11月14日
classic音楽ですら年々テンポは早くなるし、指揮者の解釈で変わることを連想した。あの「溜め」は藤岡さんのキャラや、当時の演出テンポには合ってたが、CGで華やか効果を作れる今は合わないのだなぁ…
ジョらえもん(JORA) @JORA_JORAEMON 2015年11月14日
FluoRiteTW 大張さんの一連のカットインのルーツは金田伊功氏、それに大張さん自身がプロレス大好きな方でしたね。ただ、大張さんが見得きり・前口上・決めポーズなどの系譜の最終進化系というよりは、多くの派生に枝分かれした系譜のうちの一つでしかないという認識です。単純に話題に上げることもないかと。
高嶋ぽんず@くノ一の魔女1巻、DLsiteにて発売中。 @ponzz 2015年11月14日
これさー、言い出したら白黒の鉄人28号とか、下手をすると鉄腕アトムまでさかのぼるのだけど。そして、いまさらそんなことを本までだしてドヤ顔されてもあー、と言うしか。
こざくらちひろ @C_Kozakura 2015年11月14日
続きものの場合、バンクシーンは話の尺を考える上で楽なのでよく使うだけのような。ただ、決め台詞がクライマックスの直前に来るものは和物、結びのシーンに来るものは洋物だと感じます。
ジョらえもん(JORA) @JORA_JORAEMON 2015年11月14日
あからさまな必殺技バンク・変形完了による決めポーズのなかった初代ガンダムでも、ビームライフル射撃カットなどで何度も何度も使いまわししてる箇所がごまんとありますね。ただ、決めポーズの類とバンク流用という都合に相性がいいのは確かかと。
jpnemp @jpnemp 2015年11月14日
何でいまさらそんなことを……と思ったらまとめ主は中国人(台湾人?)か。 歌舞伎の隈取などの元になった京劇には見得切りに相当するものはないんだろうか?
めがねねこP @FakeFalcon 2015年11月14日
なかなか面白そうな本だな
あくたわ @hrrdn4824 2015年11月14日
欧米のカートゥーン映画には見られなくても伝統絵画には決めポーズが十分ありますわな。象徴的な構図主義といいデッサンの写実主義といい今の日本製アニメは相当にバロック美術的。獣人にコメディをやらせるのが基本のカートゥーンの方が舞台的。
Haruka McMahon @regicat 2015年11月14日
長浜監督の名前で思い出したけど、コンVやボルテスみたいに主題歌流しながら1分近くかけて合体するのって、口上みたいなもんか。
Haruka McMahon @regicat 2015年11月14日
jpnemp 京劇には見得切りありますね。ただ、京劇の成立は1700年代の清国なので、1600年代に既に始まっていた歌舞伎より後なんですね。(私も調べてみるまで京劇→歌舞伎だと思ってました)
Haruka McMahon @regicat 2015年11月14日
海外の例として上がってるのがインドと中国なので、アジア伝播とかの仮説は立てられるのかもしれないなとちょっと思った。面白いなあこれ、誰か見得切りの源流とか調べないかしら。
へぼやま @heboya 2015年11月14日
アメコミにもスパイディ、アイアンマンなんかには(映画観ていれば多分みんな知ってる)決めポーズはあるし、「アベンジャーアッセンブル!」「コンバットタイム!」等のキャラ独自の決めゼリフもあるけど、それらは皆、「話の中でごく自然に」用いられるのよね。日本のアニメ独特なのは、「決めポーズ、決めゼリフを使い回しの場枠フィルムで毎回使い、そこで一度ストーリーの流れを止める」ということだと思う。
へぼやま @heboya 2015年11月14日
歌舞伎、京劇あたりはたしかにそれに近いけど、ただそれを、「伝統芸能の息遣いが~」という観点から語るか、「予算と労力の都合で、決めポーズや変身シーンをバンクフィルムで使い回すことを始めたのが、歌舞伎的な見栄にも通じているから許容され、堂々たる手抜きとして様式美化した」と見るか、ですわね。 『ディスクウォーズアベンジャーズ』とかね。
muramasa @muramasa931 2015年11月15日
NARUTOの写輪眼の「睨んで問答無用で敵の集団を壊滅させる」っていうのも。直接のパクリ元は山風の「甲賀忍法帖」なんだけど。その更に大元は歌舞伎の「睨み」なんでないかい?
沢渡 曜@本のいぬ @nora_inu99 2015年11月15日
映像メディアでの初出は時代劇なのでは? 「遠山の金さん」とか「旗本退屈男」とか。
hiroshi fukami @hirofukami 2015年11月18日
そらあアンタ、ロック様が肘のサポーター投げ捨てて眉毛ひねりあげてロープに走ったりとかジョン・シナが"You Can't See Me!"って手のひらヒラヒラすんのとかさ、まああるわけですよね。
い・かえる @ita_kaeru 2015年11月18日
歌舞伎の見栄もあるんだけど、戦後ヒーロー直接の元ネタは東映の「多羅尾伴内」シリーズじゃないかなあ。片岡千恵蔵さんの「あるときは片目の運転手、あるときは中国の大富豪、etc・・・しかしてその実態は、正義と真実の使徒、藤村大造!」でばっと変装を解いて名探偵が登場! 当時からそうとうパロられてました。ヒーローのみならずキューティーハニーやひみつのアッコちゃんもこれが元ネタw http://www.youtube.com/watch?v=hRlpyI_zRRc
い・かえる @ita_kaeru 2015年11月18日
ちなみに、多羅尾伴内シリーズ誕生のきっかけは、戦後GHQによる時代劇禁止の通達により、時代劇のキャスト、スタッフが時代劇のフォーマットで無理やり現代劇を作らざるをえなかった、という事情によるものだそうです。
梅村直仙水 @777ume777 2015年11月19日
実に楽しくも興味深いまとめ。ありがたい♪
こざくらちひろ @C_Kozakura 2015年12月1日
江戸時代の大衆演劇は1本全部やると朝から晩までかかるという代物だったため、客は自分が見たいところだけ見てさっさと帰ることが多かった。当時の台本を見ると、決め台詞を「文字通り」3度繰り返すなど盛り上がるシーンの強調っプリがハンパない。そういう時間無制限の演劇の手法が、時間制限のあるシナリオに転用されて今でも使えるのは面白い。
3STT:3P(三豚@海蠍特戦隊) @KUZ_3STT3P 2016年5月20日
C_Kozakura ザッピング可能で一日中放送されているテレビに転用されていると考えれば何ら不思議はないのでは? ドラマでも決めポーズのある主人公ってそこそこいますし、クイズ番組などのバラエティでも意味不明な決めポーズが多数。
ぱんどら @kopandacco 2017年6月30日
決めポーズは、源流を辿ると威圧の雄たけびが順当進化したものとも考えられる。なら鉄人28号の「ガオー」も同類だし、それが認められるのならターザンの雄たけびも同類だし、ならゴリラのドラミングも同類だよね。つまり特に日本にしかない訳じゃない。まあ様式美化は日本の方が進んでるのかもしれないけど。
トリニガス @torini311 2017年6月30日
そも「決めポーズ」なんてあらゆる文化圏やコンテンツで存在するだろうに。逆に〝それ〟を言うために恣意的な限局に限局をかさねたら、そりゃ「ここにしかない」「ここから始まった」なんていくらでも言い得るよ。そんなものは発見でもなけりゃ分析でもなんでもない
しゅら @syurash 2018年2月4日
ゴレンジャーの元ネタは白浪五人男からは有名でそのルートでパワーレンジャー→西洋で決めポーズ と流れになってるんです、アメコミのヒーローがポーズ取り始めたのはパワーレンジャー以降なのが明確
しゅら @syurash 2018年2月4日
典型的なのがトドメ刺した後で主人公が振り返ってポーズ取るってパターン、 コレってどう考えても舞台での決めポーズをどうするかで歌舞伎が導き出したパターンですけど 主人公がトドメさしても背中ムキっぱなしだとカッコ付かないだから振り返ってポーズするですけど 今や仮面ライダースーパー戦隊でお約束でアメリカでも徐々に普及
しゅら @syurash 2018年2月4日
でね、ハルク・ホーガンと言われたら、そもそもハルク・ホーガンは観客の盛り上げ方とかを 新日本プロレス時代に猪木から学んでアメリカに持ち込んだってのが真相 ホーガンの影響を受けたレスラーは軒並み同じパターンと
しゅら @syurash 2018年2月4日
アメリカンプロレスの昔のビデオを見ると意外とクソ真面目におらが町のヒーローとNWFチャンピオンが地味にやってる試合とか多くて、やっぱりホーガン前と後の違いは大きいと感じたり
呉紋@おっさん @gomonz 2018年3月28日
アメリカ版戦隊のパワーレンジャーも、当初は見得を切る間にヤレれちゃうからリアルじゃないって理由でカットされていたけれど、やはり必要という日本側の要望を取り入れた結果、早いテンポで入れるという妥協点が示されて以後定着してるって話がある。
tsuachiya @tsuachiya1 2018年7月5日
戦隊ヒーローの名乗りと決めポーズは北米に輸出した時に、なにこれ?とオミットされそうになったのを、敵が攻撃しないのは武士道がどーのと適当な事を言ってゆるされたとかなんとか。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする