2016年1月5日

「落ちこぼれ」も「浮きこぼれ」もともに能力を高める策

低学力の子に合わせて授業をすると、高学力の子が退屈する。高学力の子に合わせた授業だと、低学力の子が落ちこぼれる。この問題をクリアするには、学力の異なる子供たちでグループ化し、グループ同士で競わせてはどうか。
5
shinshinohara @ShinShinohara

「浮きこぼれ」という言葉があるそうだ。授業が低学力の子どもに合わせて進められてしまい、高学力の子どもたちが退屈でたまらないのに放置される、という現象を示すらしい。

2016-01-05 21:28:16
shinshinohara @ShinShinohara

さりとて、高学力の子どもに合わせて授業を進めたら、togetter.com/li/921918で指摘したように、授業についていけない「落ちこぼれ」が出る。低学力の子どもに合わせて授業を進めたら、塾でとっくに先に進んでいる子供たちは授業で退屈で苦痛。この矛盾をどうしたらよいか?

2016-01-05 21:29:45
shinshinohara @ShinShinohara

「高学力の子が低学力の子を教える」ことを検討してみてはどうか。学力の違う子供数人をグループにし、グループ同士で成績を競わせるのだ。こうすると、高学歴の子が一人で頑張ってもグループの成績は上がらない。90点の子が92点になっても2点しか上がらないからだ。

2016-01-05 21:31:00
shinshinohara @ShinShinohara

しかし10点の子が40点に上がったら30点プラス。低学力の子が成績を上げたほうが、グループ全体の成績が上がりやすい。このため、グループの成績を上げたければ、高学力の子は低学力の子を教えようとするだろう。

2016-01-05 21:32:15
shinshinohara @ShinShinohara

いざ教えようとすると、自分が理解する以上に教えることが難しいことに気づくだろう。なぜこれが理解できないんだろう?あの手この手で説明し、理解させようとすることで、説明力、プレゼン力を上げることができる。高学力の子は、人間力を向上させることができる。

2016-01-05 21:33:53
shinshinohara @ShinShinohara

こうなると、授業が低学力の生徒に合わせて進行しても、高学力の子も退屈しなくなるだろう。「あいつにこの内容を理解させるには、どうしたらいいだろう?」と考えながら授業を聞くようになるからだ。教える側の視点で授業を聞くようになる。「先生、こう説明したほうが分かりやすいのに。」

2016-01-05 21:36:08

競争原理は、一人一人の競争になると、とびぬけた成績を誇る一部の子どもを除き、モチベーションを下げる方向に働く。しかしグループで競うと、不思議なことに「高め合う」方向に働く。力の弱い人間を助けたほうがグループ全体の力が向上しやすくなるからだ。

shinshinohara @ShinShinohara

また、人に説明しようとすると、理解できていたつもりの内容も、実は表面的な理解であったことに気づいたり、別の理解の仕方に気づいたりするようになる。理解が深まるのだ。それは高学力の子の能力をさらに高めることにつながるだろう。

2016-01-05 21:37:21
shinshinohara @ShinShinohara

低学力の子も、高学力の子も、それぞれの能力を高め合うには、「グループで競わせる」という、人間心理をうまくついた指導方法も検討したほうがよい。まだまだやれることはいっぱいあるだろう。

2016-01-05 21:38:27

コメント

Chai Leaf @Chai_Leaf 2016年1月5日
良い案だと思うけど、全学年に一度に適用するとOLの後輩指導の愚痴のような会話が通学路に溢れそう 1年生の2学期からはじめる、とかならまだ馴染みがよいのでは
3
PYU @PYU224 2016年1月6日
これは良い方法だけど、時間の余裕が無いと難しそうです。
0
瑞樹 @mizuki_windlow 2016年1月6日
見える、見えるぞ、出来ない奴が周りから責められて、追い詰められて、ビルから飛び降りる様が見える……
2
斉御司 @saionji1942 2016年1月7日
塾通いの子供ができの悪い子供に教えることは、常人とは違った理解を行なう、天才的な才能をつぶしかねないのでは。昔を思い出してみると、全国で一桁を争うくらいの人間というのは普通の人ももちろんいるが、友達と全く話さないというような一癖二癖あるような人間も多かった。そうした他人に教える才能は無いが優秀な人材のことも考慮しなくてはなるないだろう。
1
evacuated_man @evacuated_man 2016年1月7日
しかし、できることはあると思う。
0
なす @NushHtc 2016年1月7日
浮きこぼれてる子に重りをつけることにしかならないと思うから、個人的には反対だなあ
0
じーさん @GAS474 2016年1月8日
塾に行かず、図書室で自習していたけれど、参考資料を探しにくかった。 教科書の出典や参考資料を引きやすくしてほしい。 教科書よりも発展した内容を自習しようにも、巻末に一覧で並べられてもその単元に対応した参考資料がどれなのか分かりにくい。 各ページ末、各単元末により深い勉強するための資料を紹介してほしい。
0
じーさん @GAS474 2016年1月15日
「浮きこぼれ」にしろ「落ちこぼれ」にしろ、経済的、時間的、性格的に自宅学習するしかない人もいる。 基本的な試験問題は教科書の内容から出題されるし、図書室に図書購入希望も出せる。 大変だったのは、教科書から発展した分野、教科書では足りない内容を自学しようとしたときに、何を読んだら良いかわからない所だった。 教科書で足らない人が自学できるように、教科書の中に(書籍に限らない)参考資料への索引や導入をつけて欲しい。
0
一知半解 @hyperhatty 2016年1月16日
良い案ですが、皆が東大を目指そうとなった時にゼロサムゲームとなってしまい、無意識的に上手く教えられない(教えたくない)という事態が発生してしまう気がします。 ただ大学には入らないといけない、高学歴を目指すというのも崩れつつあり、少子化も進行してるので大丈夫な気もします。
0