神話伝承を描く際の参考文献表記の話、からの、原典の邦訳が存在するということの意味

神話伝承を描く際に、参考文献を明記する必要があるか否かについて、ゆきまさん(@Ch_yukima)の、文献そのものにフォーカスしての興味深いお話をまとめさせていただきました。 「外国の神話原典とかになると、そこの古語や英語の書籍を日本語に訳して日本で(需要は恐ろしく少ないのに)出版しようという人の意欲に支えられて一般人神話クラスタはいきていられるんやで」
12
ゆきま@創作本通販中 @Ch_yukima

「必要」があるというよりむしろ、「絵を見て興味持ったら良ければこれ読んでくれ」「あわよくば買ってくれ」「さもなくば(絶版的な意味で)死ぬ」というのがすごくあるので、最近は読んだ本の名前は出してる。 推していかないと良い本どんどん死んでいくんだもんなー。それで困るのは自分なんだもの

2016-03-05 01:28:21
ゆきま@創作本通販中 @Ch_yukima

本が売れないと研究者も育ちにくいしね。特に文芸扱いの古典とかだとなぁ

2016-03-05 01:29:25
ゆきま@創作本通販中 @Ch_yukima

絵を説明するためにソース紹介があるのではなくて、ソースを広めるために絵を使うの

2016-03-05 01:30:17
ゆきま@創作本通販中 @Ch_yukima

推し本の話をしてると、意外と読んでみましたよー、って方もいて、あてどなくツイッタで壁打ちで喋ることも市場活性のために無駄ではないのだなと思ったりとか

2016-03-05 01:32:38
ゆきま@創作本通販中 @Ch_yukima

私も他所の解釈は何を参考にしたのか知りたいから、野暮だと思わずにもっとソース晒して良いと思うんだよな…クラスタのレビューのがあまぞんよりよほど参考になるし。 ただでさえ神話関係の本で良書って探しづらいから、とても良い情報源なのに

2016-03-05 01:37:39
ゆきま@創作本通販中 @Ch_yukima

こういうの「あとがきで話を説明するのは野暮」と似たような思考が働くんだろうなとか。 しかし、自分が情報を得て解釈して書くまでの間に、訳者や研究者の努力がなければ成立しないものが多々あり、年々それを強く感じて、何かそこの苦労に対して少し役に立ちたいなと思ったりしている

2016-03-05 01:41:39
ゆきま@創作本通販中 @Ch_yukima

日本神話だとそこまで意識しないけど(でも古典の古事記を直読みできる人は少ないと思う)外国の神話原典とかになると、そこの古語や英語の書籍を日本語に訳して日本で(需要は恐ろしく少ないのに)出版しようという人の意欲に支えられて一般人神話クラスタはいきていられるんやで…

2016-03-05 01:44:05
ゆきま@創作本通販中 @Ch_yukima

我々英語の専門書が読めないクラスタはーー!!は頭いい方々が訳してくださる本を与えられる餌を待つだけの!!存在!!

2016-03-05 01:45:47
ゆきま@創作本通販中 @Ch_yukima

そういう…意欲のある研究者や翻訳者に…ウッ…すこしでもお金をおとしたい…この世の中を変えたい…本を買おう…買って…的なな…

2016-03-05 01:47:45
ゆきま@創作本通販中 @Ch_yukima

翻訳者や研究者の実態をふんわりだけど知っていると、ほんと一般人も入手できるように商業出版として書籍化してはいるけど、全然メリットある商売じゃなくてただただ研究者の善意や意欲に支えられてできているなと思うのです。

2016-03-05 02:06:04
ゆきま@創作本通販中 @Ch_yukima

それは美談じゃなくて、本来ならちゃんとそれで飯が食えるようにしないといけないんだけどな…

2016-03-05 02:06:56
ゆきま@創作本通販中 @Ch_yukima

教授職で生徒に教えることで食い扶持を稼ぎながら、まだマハーバーラタの完訳本が日本にはないから!個人的に少しずつ訳していってるよいつか完訳本を出すんだ、と70代の教授が自分のプライベート時間と自費を使って何年も長い古典を訳し続けているのをみて、泣きながらありがてえと言いたい気持ちに

2016-03-05 02:10:42
ゆきま@創作本通販中 @Ch_yukima

とても商業出版したからといって、少ない需要から返ってくる見返りに見合う労力ではないのよな…もう完全なるボランティアかよみたいな…研究者の意欲だけに支えられてるって現状のシステム、それもどうなんだとも思うけどな

2016-03-05 02:12:41
ゆきま@創作本通販中 @Ch_yukima

70代でそういうこと言えるのって凄いなぁと思ったなあ。よりにもよってマハーバーラタ。インドが誇る世界一長い叙事詩である… 20代から取り掛かったって完訳なんて一生仕事じゃないだろうか。 けど無理って言わないところが夢があっていいなぁ。後を継ぐ意欲ある弟子がいてくれるといいのだけど

2016-03-05 02:17:45
ゆきま@創作本通販中 @Ch_yukima

講義で教授が訳してコピーして製本したよ!みたいな手作り感溢れる教科書を使用してて、今もそれは実家の押入れに大事にとってある(*´ω`*)まだ一部の訳で場面飛び飛びの状態ではあるけど、やっぱマハーバーラタ面白かったです

2016-03-05 02:24:24
ゆきま@創作本通販中 @Ch_yukima

ヘイムスクリングラが1500円ぐらいの文庫本で最初出版された時も、谷口さんにありがてえと泣きながらとりあえず北東の方に向かって土下座感謝したよね… やはり増刷はその価格では維持できなかったのか、その後版元が変わって価格も2千円ちょっとになりましたが。 それでも労力に比べれば破格…

2016-03-05 02:40:16
ゆきま@創作本通販中 @Ch_yukima

与えられる餌でいきている…_(┐「ε:)_だからせめても、餌が絶えぬ方向にちょっとでも矛先を向けて創作していきたいなと思いつつ

2016-03-05 02:42:02

コメント

Pseudoscholar @pseudoscholar1 2016年3月5日
まとめの趣旨(需要が少ないが故に翻訳系の神話本・原典翻訳本は希少になってしまう)とは少しズレるけど、「神話・伝承を紹介する際には出来れば参考文献(出典)を挙げてほしい」ってのは常々思ってるな……。「聞いたこと無い(面白い)話だが、実際は無根拠な与太かもしれないしちゃんとした出典を見て確かめたい」という警戒心からだけど……。
0
司城肥後介誠治 @opinel432 2016年3月8日
英語が読めないと頭のいい人が訳してくれるのを待つしかない、というのはすごくよくわかる。
0