「役に立たない学問」へあえて投資する重要性-純粋数学の立場から

自分用にまとめました。 あとで補足するかもしれません。
9
math_jin @math_jin

純粋数学は、応用を見据えた"邪念"が入ると、本来持つ"知の力"は発揮されない。もはやそれは"純粋"ではない。

2016-06-17 13:25:03
math_jin @math_jin

誰が「ピタゴラスの定理」から「相対性理論」に行き着くことを予想しただろうか? 誰が「方程式の解法」から「量子力学」に発展することを。 誰が「賭けの数理」から「金融工学」、 誰が「素数の発見」が「暗号理論」の構築に必須のピースとなることを、純粋で無垢な時期に想像できたであろうか?

2016-06-17 13:27:50
math_jin @math_jin

「何のために?」と必要性から入り口を論じるのではなく、「わくわくする発見」を新たに見つける作業は、ただただ見守るほかない。壮大な"無駄な投資"は将来の革新的な"何か"を生み出す。基礎科学はその"邪念"を取り払ってこそその威力を発揮する。

2016-06-17 13:29:00
math_jin @math_jin

だからこそ為政者の直感の判断は重要だ。出口の設定に拘る短視眼な決断はいつか国を、人間を滅ぼす。勇気をもってそれを取り払い、未来への投資を直感で行う。10ある無駄と思われる投資があって、財政的に制限があるのであれば、為政者に求められるのはその投資先を3つ4つ選ぶ「直感力」だ。

2016-06-17 13:30:04

コメント

ha-hen @hackerhakka 2016年6月17日
未来への「投資」という発想もちょっと邪念がはいってていけません。ピタゴラスに定理をみつける時間を与えた当時のギリシアの人口の3割を占める奴隷への感謝も必要ですよ(笑)
0
Ukat.U @t_UJ 2016年6月18日
「純粋数学」が知の喜びによるものならば為政者が判断しなければならないような政策的な投資は必要でしょうか。(そもそも、そういった純粋数学の研究にはポストが確保されていることが重要であって、あまり経費を必要としないのでは?)
0
亜山 雪 @ayamasets 2016年6月18日
とりあえず米英にメートル法を義務づけるべき。
0
Plate @Plate13579 2016年6月18日
ピタゴラスの定理は建築、方程式や賭けの定理はそれこそまさにギャンブル必勝法関連で、研究している時点か、あるいはそのすぐ後に「現世利益」が見えていたはずなので、ここで挙げる例としては不適当なんじゃないかと。
0
シュガー市民@黄泉の国のマルキスト @SugarCivil 2016年6月18日
先進国アメリカ様に全部研究し、発明してもらって、我々日本人は先駆者が有用と判断したものだけを選んで投資する。そんな実に効率的な方針もあるんですよねえ。
0
四季(雀)@焼き鳥の秋 @saico1001 2016年6月18日
無駄な投資って,何もできなかった時の言い訳かな。
0
山吹色のかすてーら @sir_manmos 2016年6月24日
フェルマーの大定理は楕円曲線に応用され、アマゾンでのショッピングに役立つと誰が考えた!
0