0
UT-CAS(安保法制廃止を求める東京大学人アピール実行委員会) @todaijin_shukai
【本日です!】佐藤学講演会「安倍政権と教育改革」6月28日(火)19:00~ 東大経済学部赤門総合研究棟A200教室 皆様のご来場を心よりお待ちしております! pic.twitter.com/I0yEu0WNYa
 拡大
UT-CAS(安保法制廃止を求める東京大学人アピール実行委員会) @todaijin_shukai
会場準備完了!19時開演です。赤門総合研究棟二階A200教室でお待ちしています! pic.twitter.com/UKEtbBSgVD
 拡大
UT-CAS(安保法制廃止を求める東京大学人アピール実行委員会) @todaijin_shukai
予定の19時になりました。あと数分で学習会「安倍政権と教育改革」を開始します。 #UTCAS
UT-CAS(安保法制廃止を求める東京大学人アピール実行委員会) @todaijin_shukai
「安倍政権と教育改革」学習会開始です。まずは司会から、佐藤学先生の経歴のご紹介です。 #UTCAS
UT-CAS(安保法制廃止を求める東京大学人アピール実行委員会) @todaijin_shukai
安保法制反対の運動を振り返るところからはじまりました。特定秘密保護法反対の運動は、始まる時期が遅かったが、安保法制に対しては、学者の会に1万4千人が賛同、東大人集会がいち早く行動したが、大学有志の会は全国170大学に広がった #UTCAS
UT-CAS(安保法制廃止を求める東京大学人アピール実行委員会) @todaijin_shukai
運動のなかで野党の共闘を求め、絶望的な状況を打開した。この局面を変えたのは、憲法審査会の参考人質疑と、2月19日の5野党会談。2月19日まで各政党の中で安保法制反対で一致できてなかった。さらに6月17日、市民連合として政策提言をし、4野党で確認された。 #UTCAS
UT-CAS(安保法制廃止を求める東京大学人アピール実行委員会) @todaijin_shukai
一人区での野党共闘など新しい形の選挙ができるというところまできたが改憲を阻止して、さらに野党の政策を実現するためには、2013年に野党は28議席しかとってないので、改選53よりいっそうの上積みが必要 #UTCAS
UT-CAS(安保法制廃止を求める東京大学人アピール実行委員会) @todaijin_shukai
今日のテーマ「安倍政権の教育改革」へ。この構造は、(1)第一次安倍政権で行われた教育基本法の改正(教育が国づくり中心のものへ作り変えられた)(2)第二次安倍政権準備段階で設置の教育再生実行本部の2つからなる。 #UTCAS
UT-CAS(安保法制廃止を求める東京大学人アピール実行委員会) @todaijin_shukai
教育再生実行本部は、10項目の改革ビジョンを発表。1つ目に教育委員会を事実上廃止して諮問機関化する。それは日教組が教育委員会も校長も固めて人事を支配してきたからという理由に基づく。まったくの虚妄。 #UTCAS
UT-CAS(安保法制廃止を求める東京大学人アピール実行委員会) @todaijin_shukai
(2)義務教育国庫負担を100%に。小泉などの時代の新自由主義的改革では逆に国庫負担ゼロが目標だったが、逆に国家統制のもとに置こうとした。学習指導要領も、自民党がこれまで廃止を目指していたのを、文科相が単独で決定することを構想。大きな逆転換をした。 #UTCAS
UT-CAS(安保法制廃止を求める東京大学人アピール実行委員会) @todaijin_shukai
現段階では、教育委員会の改編のみが2014年の法改正で実施されている。その他、道徳の教科化などは実質化しているが、法改正はできていない。その理由は、安保法成立のための他法案の先送り、「教育のグローバル戦略」などの新しい課題への対応のため #UTCAS
UT-CAS(安保法制廃止を求める東京大学人アピール実行委員会) @todaijin_shukai
グローバル人材育成に対する考え方が教育再生実行本部の提言のなかで変化している。当初の方向性から、文部官僚が大きな影響を及ぼしたことにより、具体的な改革に結びつきやすいものになっている #UTCAS
UT-CAS(安保法制廃止を求める東京大学人アピール実行委員会) @todaijin_shukai
いじめ問題の統計は84年から始まった。これは当時の中曽根内閣が、少年犯罪が増えている印象を出したかったが、少年犯罪自体は1950年代がピークなので、いじめの件数を発表してかえることにした。いじめは解決されなければならないが、政治的に利用されている部分がある #UTCAS
UT-CAS(安保法制廃止を求める東京大学人アピール実行委員会) @todaijin_shukai
教育現場では「もの言わぬ子どもたち」と「もの言えぬ教師たち」の問題が深刻に。たとえば社会運動の現場に教師が見当たらない、一緒に生徒とやらないのも日本特有の現象 #UTCAS
UT-CAS(安保法制廃止を求める東京大学人アピール実行委員会) @todaijin_shukai
教育への公財政支出が大幅に減少している。戦後すぐの時期には学齢児童が8割近くの世帯にいたが、いまは17,8%。国民の関心が向かない、選挙の争点にならないことは結果として問題をつくりだした #UTCAS
UT-CAS(安保法制廃止を求める東京大学人アピール実行委員会) @todaijin_shukai
子どもの貧困が増大。日本では徴税・社会保障の前後で貧富の格差が拡大する異常な状態。非正規雇用も40%に達している。これは教育の崩壊を創りだしたほかに、教育改革の失敗の結果。階級構成の変動、高学歴指向とそれを前提とした求人市場に教育改革が追いつかなかった #UTCAS
UT-CAS(安保法制廃止を求める東京大学人アピール実行委員会) @todaijin_shukai
アカウンタビリティ、投入した税金に対する効果を追求する政策が教師を奴隷化してきたことも重大。数字による評価をするようになると、いい教育がなされている部分を破壊してしまう #UTCAS
UT-CAS(安保法制廃止を求める東京大学人アピール実行委員会) @todaijin_shukai
大学は資金獲得できる業績の追求などで、今や単なる知的産業になってしまっている。オーサーシップからオーナーシップへ。 #UTCAS
UT-CAS(安保法制廃止を求める東京大学人アピール実行委員会) @todaijin_shukai
教育の競争力をめざす一方で、教師の養成は改善されていない。かつて4年制大学による教師の養成は、世界のなかでも高レベルの教師養成だったが、そこから改善がなされず、その間に世界では大学院教育を重視し、修士号取得が当たり前に #UTCAS
UT-CAS(安保法制廃止を求める東京大学人アピール実行委員会) @todaijin_shukai
授業の崩壊が、学習時間の統計からわかる。25年前から10年前にかけて学力中位層の学習時間が減ったが、上位層もここ10年間で減っている。そのように意欲がなくなっている。受験競争が激しい地域ほど授業崩壊が激しく、アジアで共通の傾向 #UTCAS
UT-CAS(安保法制廃止を求める東京大学人アピール実行委員会) @todaijin_shukai
大学への公財政支出・生涯学習でいつでも大学で学べる社会こそ、1億総活躍に必要! #UTCAS
UT-CAS(安保法制廃止を求める東京大学人アピール実行委員会) @todaijin_shukai
立憲主義の崩壊のもとで、人間の尊厳が危機にさらされている。危険な状況にあるスーダンに、自民が選挙で信任されれば自衛隊を送ることになるだろう。しかし、その秩序に関してはまったく認識が甘く、無責任政治の象徴である #UTCAS
UT-CAS(安保法制廃止を求める東京大学人アピール実行委員会) @todaijin_shukai
いまや労働組合や政党の「動員」する力が弱まったもとで、安保法制に反対するたたかいは、市民が主権者として自発的に参加し、連帯した #UTCAS
UT-CAS(安保法制廃止を求める東京大学人アピール実行委員会) @todaijin_shukai
与党が3分の2をねらう状況であるのは事実だが、その支持基盤も、自民党員数が5分の1近く減るなど、崩壊している。選挙に行ってない人がいくだけでも、大きく政治は変わる #UTCAS
残りを読む(10)

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする