海法紀光氏による、小説と漫画・アニメにおける感情表現の違い+小説における描写と説明のバランス

まとめました。
136
海法 紀光 @nk12

小説だと「彼女はショックを受けた」と書けちゃうのだけど、漫画やアニメだとこれではダメで「うつむいた彼女の拳が震えている」とか「リサリサ先生煙草が逆だぜ」とかの演技に落とし込む必要がある。小説畑だった自分が漫画原作やアニメ脚本を始めて習ったことです。

2017-02-12 14:40:56
海法 紀光 @nk12

@nk12 基本のキみたいな話ですが、最初に言われた時は「なるほど!」と思ったのでメモっておきます。さらに言うと「それくらいわかってるつもり」で書いて「ここがそうなってない。やり直し」と何度も言われつつ、身につくものだと思います。

2017-02-12 14:42:25
お茶菓子魁!!@壱岐津 礼 @ochagashidouzo

小説でも「彼女はショックを受けた」は練れてない拙い表現ですね。 twitter.com/nk12/status/83…

2017-02-12 14:50:14
海法 紀光 @nk12

@ochagashidouzo そうですね。ただ小説の場合、念の入った描写ばかりだと重くなるので、適度に、さらりとした説明を混ぜて緩急をつけるのもアリかなと。

2017-02-12 14:53:57
メー @haruhiz

@nk12 おしんの脚本には”おしんは思わず立ち上がった”と書いてある。”思わず”の部分はいかがなものかと思ったものだ。

2017-02-12 14:57:47
海法 紀光 @nk12

@haruhiz 一方で、役者さんに、「こういうキャラでこういう気持ちなんだよ」と理解してもらうという点においては、心情の説明もあって損がなかったりするんですよね。

2017-02-12 14:59:12
お茶菓子魁!!@壱岐津 礼 @ochagashidouzo

@nk12 うーん……。問題の要点は少し違うと思います。漫画・アニメは「内面の表現」を挿む余地が非常に少ない媒体ですので、「外見の変化で該当人物の心理の変化」まで表現することが要求されるのです。小説は心理描写が大いに可能なのですが、それはそれなりの工夫を要求されますね。

2017-02-12 15:00:41
海法 紀光 @nk12

@ochagashidouzo 小説の心理描写としても「彼女はショックを受けた」は、まぁ書き飛ばしレベルの拙い表現と自分も思うのですが、ただ自分は「彼女はショックを受けた」と書いてても評価が高い(売れている)小説も結構目にするので、単純に技術が低いとも言いづらい感じです。

2017-02-12 15:03:21
海法 紀光 @nk12

@ochagashidouzo ほら、端的に言うなら「メロスは激怒した」は名作なわけで(もちろん激怒したに繋がる文章があってのことですが)

2017-02-12 15:06:53
お茶菓子魁!!@壱岐津 礼 @ochagashidouzo

@nk12 メロスは……禁じ手だと思います(;^ω^)ピシャリとキマる、それしかない一手で、だからこそ濫発はしてはいけない表現ですね。

2017-02-12 15:12:42
山北篤 @Gheser

@nk12 いやいや。確かに、小説ではそう書くこともできます。でも、それはあまり上手い方法とは言えず、可能な範囲で描写で表すことになってますよ。逆に、台本とからなら「ショックを受けた」としておいて、役者さんの演技を要求することも可能ですけど。

2017-02-12 15:15:06
海法 紀光 @nk12

@ochagashidouzo このへんは小説についての美学の問題で、自分個人も禁じ手と感じるほうですが、違う美学による小説もあるし、一概に否定はできないという立場です。(めんどくさくてすいません。プロなので、他人の小説の批判に繋がることについては慎重なのです)

2017-02-12 15:16:36
海法 紀光 @nk12

@Gheser ええ、なので「書けちゃう」と書きました(必ずしも望ましくはない)。ただ、一方で「メロスは激怒した」は名作なわけで、常に、描写が説明に優先するとは限らないと思います。

2017-02-12 15:18:10
山北篤 @Gheser

@nk12 確かに。端的に書くことが必要なシチュエーションもありますね。ただ、それは少数で、通常は描写すべきです。プロ小説家の海法氏が「書けちゃう」と書くと、誤解する人もいると思うので。

2017-02-12 15:20:34
闇のアイカツおじさん♂鷺ノ宮えんじぇる @Angel_zazamin

ん?「ショックを受けた」なんて書いてる小説は駄作も駄作だぞ?ライトノベルでも叩かれるレベルだぞ? ショックを受けたことを「ショック」という言葉を使わずに書くのが小説。

2017-02-12 15:24:18
海法 紀光 @nk12

@Gheser 過去、ラノベとか、なろうとかが「描写がなく説明ばっか」と批判されつつ読者受けはよく新ジャンルを切り拓いてきたわけで、ジャンルや読者層、流行とかで適正なバランスが決まるという理解です(自分の好みはまた別)。なので「通常は描写すべき」と書くかどうかも迷っています。

2017-02-12 15:26:50
海法 紀光 @nk12

「「彼女はショックを受けた」みたいな単純な説明は、小説としても、もうちょっと考えたほうがいい」という御意見をいただきつつ。もちろんそうなのですが、作品次第でもありますね。例えば「メロスは激怒した」は名文なので。描写と説明のバランスや使い分けについて踏み込むと話が終わらなくなるので

2017-02-12 15:30:36
山北篤 @Gheser

@nk12 言いたいことは分かります。あちらはあちらで楽しんでいます。昔ながらの小説スタイルが、まったりしすぎていて現代の感覚では遅いと感じられるのもその通りです。でも、端的に書くことがメインになって良いのでしょうか。

2017-02-12 15:31:00
海法 紀光 @nk12

@Gheser あちらはあちらで面白いわけで、色々あるのがいいですよね。元々のツイートでも別に描写の意義を強く否定してるわけではないのですが、ご指摘いただいた誤解も確かにあるかもしれません。少し追記しました。

2017-02-12 15:35:20
山北篤 @Gheser

@nk12 ご配慮、ありがとうございます。要は、小説では、描写するのも、わざと描写しないのにも、意義はあると思います。ただ、描写しないということにも自覚的であって欲しいと思うだけなのです。

2017-02-12 15:39:42
海法 紀光 @nk12

@Gheser 個人としては心から同意するのですが、なろうとか、従来の小説作法に自覚的であったら、そもそもジャンルとしてうまれなかっただろうな、とも思うので、一般向けに語る時は、何が正しいのかはここ最近の悩みです。

2017-02-12 15:45:42
アーサー @d117e

@nk12 小説を書くなら「何人称何視点」よりも「ディエゲる」「ミメる」でライバルに差をつけろ! - Togetterまとめ togetter.com/li/1073095 @togetter_jpから 関連して最近こういう話題もありました

2017-02-12 15:46:59
山北篤 @Gheser

@nk12 うーむ、確かにそれも言えますねえ。なろうの作家の多くは自覚無しに書いているような気もします。でも、トップクラスは、天才か、さもなければ自覚的なんじゃないかなとも思っているのですが。

2017-02-12 15:54:10
残りを読む(16)

コメント

内田 @pulp_literature 2017年2月12日
へー、Togetterってまとめ主のAmazonアフィリエイトを仕込めるのか
18
よく見かけるがどこにでもいそうでいない人 @namaehaaru 2017年2月12日
小説ならばナレーション(または神の視点)があらすじや設定などを説明文として語ることができる。漫画でも四角の枠を使って代替できるが、アニメだと人物の心の声にするなど表現の仕方をかなり変える必要がある。
0
よく見かけるがどこにでもいそうでいない人 @namaehaaru 2017年2月12日
逆に漫画やアニメ等でのよく見ないとわからない描写(がっこうぐらし!における割れた窓など)を小説として文章にする場合、はっきりわかるように書いてしまうと単なるネタばれで興ざめするし。
7
ehoba @htGOIW 2017年2月12日
少女漫画はこういう議論では存在しないことになってんのかな
3
海法 紀光 @nk12 2017年2月12日
htGOIW 基本のキみたいな話なので、応用、例外がある点はご容赦ください。少女漫画の一部のようにモノローグや解説多めの漫画でも、文字があれば絵はいらないということもなく、絵、キャラをどうするかを考えることは必要かと思います。
6
佐藤葵 @srpglove 2017年2月12日
まとめを更新しました。
0
汀こるもの@探偵は御簾の中 @korumono 2017年2月12日
ドラマCDの脚本書いたとき「あの、ト書きでいろいろ書かれても表現できないので具体的な効果音の種類と説明台詞で何が起きてるか伝えてください」と言われたのを思い出したりなど
5
フローライト @FluoRiteTW 2017年2月12日
miruna みんなで読もうシュピーゲル!!まさか本当に3章が発売されるとは!シュトゥルム!ウント!ドラング!! ……ただしクランチ文体は大いに読み手を試すぞ
0
通りすがりのだいこん @KansaiF 2017年2月12日
説明だらけの美学が許される世の中だから、描写だらけの美学があったっていいと思うんだけども。クドイほど描写だらけにして本来の目的をカムフラージュした推理物を書いた身としては、「文学」みたいに言われるとなぁ・・・自覚なしにやるならどれもダメ、でいいんではないだろうか。
0
通りすがりのだいこん @KansaiF 2017年2月12日
描写が肝要ということにもなるから、そりゃ気を遣って何度も推敲を繰り返して書いたんだよね。引きずり込む文章というのが必須になったけど、そこまでは行かなかったかも知れないんで、意味ないじゃんと言われりゃその通りだけども。
0
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2017年2月12日
自分の禁じ手は「りと」描写ですかね。「ゆっくりと」「ぼんやりと」「ぐにゃりと」その他。
0
想 詩拓@文芸サークル『文机』 @sou_sitaku 2017年2月12日
結果的に、読者が疑似体験できる描写だったらどんな書き方でも構わないと思っています。なんなら顔文字を使ってもいいんじゃないでしょうか。
2
通りすがりのだいこん @KansaiF 2017年2月12日
縛りで色々と試すのは好きです。顔文字でも違和感ない作品にするとか、逆に心情描写含めて内面描写を完全に廃する作品にチャレンジとか。なんでもありになってきたんで、逆になんでも縛れて愉しいというか。
0
想 詩拓@文芸サークル『文机』 @sou_sitaku 2017年2月12日
namaehaaru その表現を小説をする場合、「窓は閉じられている」と「風が吹き込んでくる」という2つの描写を離れた場所でする感じにします。
2
想 詩拓@文芸サークル『文机』 @sou_sitaku 2017年2月12日
[c3472018] 誰視点なのかにもよりますよね。「Aは雷に打たれたように体を震わせた」(ショックを受けたAを見る第三者視点)「Aは衝撃を受けた/声を失った」(ショックを受けたA本人視点) 拙いといわれる作品で一人称の作品が多いのもこういった感情の動きが直喩で済ませられるということもあるのかもしれません。
0
通りすがりのだいこん @KansaiF 2017年2月12日
Aは震えていた。雷に打たれたようだった。/Aはあまりの事に声も出せなかった。/ 直喩、隠喩を使ってても、こんな風なありきたりの定型文をそのまま使うと怒られるイメージ。一人称は特に、視点主のパーソナリティとか個性は、これがありきたりでない事で現れるはずだと思うし。
0
水霧💦 @AswatGost 2017年2月13日
「彼女はショックを受けた」については文字数制限を避けて短く描かれた例に見えるし、書けても普通は使わないものとしてサラッと流して良さそうに思うのだが、メロスの話に持ってかれたのは面白かった
0
川田清貴 音響効果 @kksoundeffect 2017年2月13日
ちょっと話は外れるがCDドラマで何でもかんでもきっかけを効果音に丸投げするのはお辞め頂きたい。「物音」とか、距離とかちゃんと想像して書いていただきたい。
4
moheji @mohejinosuke 2017年2月13日
海法さんの文章はなろう的なものとはかなり遠いところにあると思うけど、海法さんに限らずずっと前線で戦ってるエンタメ小説家の人ってweb小説でもケータイ小説でも研究を怠らない感じですねえ。 むしろ読者側にうるさ型というか、べき論に固着する声の大きい人が目立つ感じがする。
13
catspeeder @catspeeder 2017年2月13日
流れににあってればザックリ表現でもいいのよ。「この報告は孔明にとってはショックだった」とかもしっくりくるからなあ(小説じゃねえけど)
0
a𥹫n𥹫q𥹫✩ @anqmb 2017年2月13日
描写は細かければいいってものでもない。文字主体の媒体ならばキャラクター自身の主観として故意に受け取る情報を粗くする(ほか、早とちりする、決め付ける、等々のフィルターをかける)こともあるだろう。そもそも筆者が表現したいことについて重点的に紙幅は費やすべきだ。さらに脚本なら演者や他の制作スタッフにゆだねていい部分もあるのでは、という気が素人としてはしてる。
0
海法 紀光 @nk12 2017年2月13日
anqmb 最終的には絵に落とし込む必要があるのですが、脚本でどこまで指定するか、演出や演者に任せるかはおっしゃる通り時と場合によります。ただ絵にする意識がないと絵にできない脚本を平気で書いちゃうので意識は必要かなと。
5
moheji @mohejinosuke 2017年2月13日
場合によりけりというか、文体、場面によるとかそういう話はさておいて「彼女はショックを受けた」で済む描写を名文を求めて技巧に走るのが悪文の始まりっぽい気はしますね。 自分が書くとそうなりそうな気はする。 きっと。
1
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2017年2月13日
ああー、困っちゃうな。今、〈SFマガジン〉に連載中の小説で、普通に「私は軽い衝撃を覚えた」って書いちゃってるわ(笑)。
0
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2017年2月13日
無論、ものすごい衝撃を受けた場合はもっと凝った表現をするんだけど、軽い衝撃の場合は「軽い衝撃を覚えた」と書いちゃっていいと思うんだよね。ここぞという時に凝った表現を使う。普段から凝った文章ばっかり書いてたら、いざという時に目立たなくなるという難点がある。
7
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2017年2月13日
ちなみに同じ回(今月25日発売予定)の中では「突然、私は強烈な嫌悪が食道にこみ上げてくるのを覚えた」という表現も使ってる。感情を肉体的反応に置き換えるというのは、僕のよく使う手法。「心臓を詰めたい手でわしづかみにされたような」恐怖とか「足に見えないものがまとわりついているかのような」不安とか。
0
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2017年2月13日
逆に、主人公が感じたショックをストレートに描かずに、「…………」で済ますという手法もよく使う。主人公がショックを受けていることが読者に明白な場合には、わざわざ言葉にする必要がない。逆に口を閉ざすことで、衝撃の大きさを表現することもある。
0
山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2017年2月13日
まあ結局、どんな表現をするかは状況によりけりでね。それまでの話の流れから切り離して、ある表現が正しいかどうかを論じても、あまり意味はないと思う
7
ドラゴンチキン @dragonchicken19 2017年2月13日
イニシャルDがアニメ化で苦労してたな。妙義の高橋弟VSなかざとたけし(前橋市会議員ではない)のバトルとか。雨が降り出してワイパーを動かす中里と水滴も気にしない高橋の心理の差。ナレーション無しだと伝わらない。
1
fukken @fukken 2017年2月13日
「アニメや漫画にするなら内面描写だけではダメで、外部から観測可能な振る舞いに落とし込まないといけない」というだけの話なのに、表現がこなれてないだの神の視点だのを持ち出すクソどもは日本語能力が低いのかな?
9
ドラゴンチキン @dragonchicken19 2017年2月13日
つめたいゆび(ヤクザが下手うった時の心象描写)
0
メー @haruhiz 2017年2月13日
発端は職掌の責任範囲の話だったのになぜこんなことに。
1
ドラゴンチキン @dragonchicken19 2017年2月13日
初めて「もしドラ」を読んだ時には「ひどい悪文もあったもんだ。(走れ)メロスのように」と思ったものだが、改めて「走れメロス」読むと格の違いを思い知る。
2
ゴイスー @goisup 2017年2月13日
描写が続くと五月蝿くなるのはあるかもね。シンプルな説明文が描写よりも心情を表現する状況は大いにあり得る。いろいろ条件はあると思うが。
0
鐘の音@C98落選 @kanenooto7248 2017年2月13日
まあ、小説とマンガだと、マンガだったら一コマで終わる説明を延々と小説ではかかる場合もあるし。
2
kow @kow1127 2017年2月13日
描きたい一瞬を際立たせるために、他をどう積み重ねるかの繰り返しが表現なわけで、一瞬の描写だけ切り取って云々してもしょうがない。いろんなケースがあるとしか。
1
双馬 凜 @rin_souma 2017年2月13日
「ショックを受けたことを「ショック」という言葉を使わずに書くのが小説」 なにをどうこじらせたらこういう思想に行き着くのか 表現手法って千差万別やん?固定観念に囚われたら負けだよね
7
SIMIN @simin43320 2017年2月13日
時代背景の描写が小説は数行で終わることも。ただ漫画だと一コマで印象強く描写できたり(信長の自画像模写で時代がすぐわかる) どっちもどっち
0
ニヤ @mikeniya 2017年2月13日
表現に禁じ手などない(ないとはいってない)
0
こざくらちひろ @C_Kozakura 2017年2月13日
小説はそれ自体が商品なので、「メロスは激怒した」を読者がどう解釈して、どんな芝居を想像しても問題ない。が、脚本はそれ自体が映像製作の基本設計図なので、100人が読めば100人が同じ解釈ができることが重要になる。『脚本家に文才はいらない。ただし、脚本家になりたいなら本を読むだけではダメ、映画を見るぐらいではまだ足りない。とにかく街へ出て、たくさんの人を見ろ。』と、私は教わった。
4
こざくらちひろ @C_Kozakura 2017年2月13日
とにかく、脚本は映像や音声に乗らないもの、書き手の主観に頼ったものは書けない。「きれいな花だね」という台詞は書けるが、『美しい花が咲いている』というト書きは書けない。
3
よく見かけるがどこにでもいそうでいない人 @namaehaaru 2017年2月13日
叙述を使うやり方もありだな。凝った文章の最後をシンプルに締めるとか。空白の行の末の「レムは庭園で死んでいた」は衝撃だったな。
1
nekosencho @Neko_Sencho 2017年2月13日
誤変換なのはわかるのだけど、「心臓を詰めたい手」で、何かおいしそうな料理を作ってるような情景が頭に浮かんだw
0
arm147GO@⋈舞鎮 @arm1475 2017年2月14日
趣旨は良く判るけど、一方でその文章独りよがりになっていないか?って問題もあったりする。「読み手にソレちゃんと伝わってますか?」文章は相手を選んじゃいけないんだけど、小説は時としてソレ忘れちゃう書き手がいるんで怖いのよね。読み手に余計な情報を与えすぎると肝心の事が伝わらないから、むやみに凝った表現は使わない方が無難なんだけどね
2
marumushi @marumushi2 2017年2月14日
もう「ガーン!となった」でいいんじゃね?
0
通りすがりのだいこん @KansaiF 2017年2月14日
説明調と描写の割合って、書き手も好みがあるし、読者にも好みがあるよね。説明多めの方が好きな読者からしたら描写多めの文章はクドイという事になるし、逆の読者にしたら説明多めのはこんなの小説じゃないになる。自分の感覚はどっち寄りなのかは解かっても、どこが多数派なのかは解からないからねぇ。
0
通りすがりのだいこん @KansaiF 2017年2月14日
読解力の差というのも侮れず。人によって読み解ける文章のレベルは違う。おまけにコミニティが閉鎖的になりやすいもんだから、身の回りのごく狭い範囲を世間全般の平均値と勘違いしたりも起きやすいよね。情報社会と言いつつ、周囲は暗がり。
0
鐘の音@C98落選 @kanenooto7248 2017年2月14日
覚えた技術は使いたくなるものですよ。シンプルな方がいいと言うのは、まあそうなんですけれど。お絵描きでも、色々技術を覚えて効果を加えるよりも、その前のほうが良かったりするし。
0
こざくらちひろ @C_Kozakura 2017年2月15日
最近は原作者がアニメ脚本を担当することが増えてきましたが、具体名はあげないまでもコンテンツの息の根を止めかねないレベルで爆死する事例もちらほら出てきておりますので、そのリスクを下げるべくいくつかのTipをご紹介。まず1つは、台詞を過信しすぎしないこと。小説畑の人は原作同様に台詞の熱いやり取りをアニメでも再現したがりますが、活字を追うような集中力を30分保ってアニメを見る人など実際にはいません。
2
こざくらちひろ @C_Kozakura 2017年2月15日
何より、台詞が本心を表しているのなら、なおさら映像に動きをつける意味がなくてつまらないのです。脚本畑の人は「台詞は嘘つきの道具」とさえ言い切る人もいます。台詞でウソをつかせて、動作で本心を語らせるのは映像の基本テクです。
3
こざくらちひろ @C_Kozakura 2017年2月15日
次に描写はほどほどに。小説では描写で枚数を稼げますが、脚本では描写で秒数は稼げません。ぺら1枚にびっしり情景描写をしても、映像にすると5秒にも満たないなんてことはザラです。何より描写が過剰になると、視聴者は何を意識してみればよいのか迷ってしまいます。
2
こざくらちひろ @C_Kozakura 2017年2月15日
3つ目に視聴者はわすれっぽいということ。大事なことは最低3回は台詞でも動作でも繰り返す。そこまでの尺がなければ小道具を使う。小道具はできるだけ本来の使い方ではないほうが効果的。パスタの湯切りにラケットを使った洋画なんかもありましたね。終盤の引っ越しのシーンでラケットに目が留まると、主人公と同じように視聴者もしんみりとしてしまう。
3
こざくらちひろ @C_Kozakura 2017年2月15日
小道具には動詞で意味付けする。リボンを相手の手首に【結ぶ】ことで、「誰にも渡さない」という意思表示をしたり、「どうしてリボンを結んでいるの?」とリボンを【解こうとする】行為で嫉妬を表し、リボンを結ばれた経緯を相手に言えずに【抵抗する】ことで「必死によろめきに堪えている」気持ちを示し、最後は抵抗するあまり落ちたプールでりぼんが【解ける】ことで「よろめいた」ことを示唆する。これは『ストパニ』を例にしたものですが、『自分の感情を説明する台詞』を回避することに成功していますね。
2
こざくらちひろ @C_Kozakura 2017年2月15日
『君の名は。』でも組みひもを結んだり解いたりしながら瀧と三葉の感情を表現し、自分の感情を説明台詞にしない工夫がされている。『話の本筋は理解できなかったが、面白かった』という感想が多かったのは、登場人物の感情の流れはどうにか理解してもらえたと解釈していいでしょう。
3
23時の人 @23jinohito 2017年2月15日
メロスは、最初の一文が説明ですぱっと断言しているからこそ、後に続くメロスの行動原理や話の展開に説得力があるんだと思う。もしあの一文が描写だった場合、「なんでメロスってこんな行動しているの?」って戸惑う読者が出てくる。  だって、描写って【読者が文章を読んで『自分なりに解釈して』はじめて成立するもの】であるから、解釈次第では作者が伝えたい事とはてんで違うのが出てくる事もある。
1
23時の人 @23jinohito 2017年2月15日
描写=ある程度の指向性はもたせるけど、基本どういう風に解釈してもらっても自由。 説明=「お願い、こう解釈して、納得して。次の文章や展開の前提条件になってくるから」と作者が読者にお願いする。 てなイメージがある。
0
メー @haruhiz 2017年2月16日
”おしんは思わず立ち上がった”シーンで、おしんは小舟に座っている。つまり立ってはいけない状況だった。だから視聴者は、おしんが立つのを見ただけで”思わず”と理解する。また、おしんの体を支える人がいて、立ってはいけない状況だということを分からせてくれる。親切です。
2
るいせ @ruise2 2017年4月25日
「ショックを受けた」を「ペットボトルが、ポトリと手からこぼれ落ちた」だの「一瞬、時が止まったように感じた。しかしそれは錯覚で、エスパーに覚醒してはいなかった。現実がそこにあった」だの表現できないことない。だが、全ての表現を、そのように表現してたらクソみたいに読みづらい小説が出来上がるだけ。端的にいうとゴミが出来上がるので、「ショックを受けた」であっさり終わらせる事を意識するのはとても大事
0