Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
編集可能 編集部イチオシ

「最近の歴史漫画は、けっこう最近の歴史研究の成果を取り入れている」という話

漫画家さんたち、勉強してますなー。 読者も追いついてかないと。 カテゴリはマンガじゃなくて「歴史」のほうに。 ツイートを使わせていただいたアカウントはこちら(※追加は除く) 続きを読む
200
K・HIRAYAMA @HIRAYAMAYUUKAIN

山梨県の歴史家です。著作には、『戦国大名領国の基礎構造』(校倉書房)、『武田信玄』(吉川弘文館)、『天正壬午の乱』(戎光祥出版)、『真田三代』(PHP新書)『武田氏滅亡』(角川選書)などがあります。

K・HIRAYAMA @HIRAYAMAYUUKAIN

最近、漫画は読まなくなったのですが、何気なく梶川卓郎さんの『信長のシェフ』を読んでみた。長篠合戦の部分を読んでびっくり!従来の長篠合戦像ではなく、拙著『長篠合戦と武田勝頼』『検証長篠合戦』に近い描写がされており、長篠合戦は信長の新戦術でも勝頼の鉄砲への無理解でもない、

2017-03-03 09:32:25
K・HIRAYAMA @HIRAYAMAYUUKAIN

@HIRAYAMAYUUKAIN 「両者に横たわる越えがたい地域格差であった」と明記している。合戦の経過も、なかなか興味深い。思わず既刊17冊を喫茶店ですべて読破してしまった。よく近年の研究動向を咀嚼していると思った(比叡山焼き討ちなどもそう)。梶川さん、おそるべし。

2017-03-03 09:35:34
K・HIRAYAMA @HIRAYAMAYUUKAIN

@HIRAYAMAYUUKAIN 巻末の参考文献一覧をみると(老眼なので字が細かすぎて厳しいけど)、ちゃんと情報を集めていることが確認できます。面白い。

2017-03-03 09:37:25
週刊漫画TIMES 公式 @shukanmanga

【芳文社コミックス好評発売中!】 「信長のシェフ」(梶川卓郎)第16巻は好評発売中!織田家の当主を辞めると断言した信長。信長の料理人であるケンの行く末は…!? お試し読みはこちら→ ow.ly/eMGs303csax pic.twitter.com/Y3LJd72Af1

2016-08-17 09:01:22
拡大
リンク shukanmanga.jp 一週間をユカイに生きる!・週刊漫画TIMES 週刊漫画TIMES(しゅうかんまんがタイムス)は芳文社が発行する青年向け漫画雑誌。毎週金曜日に発売。 3 users 318
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan

togetter.com/li/1087307 への便乗というか、重要な補足。2014年のまとめじゃ。これ読むと話の流れもわかりやすいはす 「鉄砲伝説否定論」の再否定論も登場!? 長篠合戦研究の今 - Togetterまとめ togetter.com/li/644250

2017-03-05 09:10:10
まとめ 「鉄砲伝説否定論」の再否定論も登場!? 長篠合戦研究の今 「長篠の戦い?ああ、鉄砲を三段撃ちして武田騎馬隊を破ったんだよね」 「ふふふ、それは伝説だよ」(ドヤッ) ……なんて話をここ10年ぐらい?聞かされて、今は言われる側から言う側に回って溜飲を下げている歴史ファンも結構いると思います(サンプル:俺)。 しかし、最近「その鉄砲伝説否定論を、再度検証、批判する」研究本が発売され、話題になっていました。2014年3月16日の毎日新聞に載った大型書評(磯田道史)を読んでそれに驚いたまとめ者が、著者名や書名の検索をもとにまとめました(そのせいで微妙に流れがランダムですが) 37254 pv 187 54 users 14
神谷真尋 @mahiro_kamiya

『信長のシェフ』の長篠合戦、馬場や山県らの散りっぷりが実に良いんですよねー。もう少し後の秋山の最期も良い。

2017-03-03 22:47:53
アマミヤ@更地 @13i25a

そう言えばこのイケお茶目爺久秀が登場する『信長のシェフ』最新巻がちょうど長篠の戦いだったなー pic.twitter.com/7b3fgU2YTU

2016-06-02 02:01:42
拡大
拡大
拡大
Masa @Japhistory_Life

平山センセが信長のシェフの長篠編を褒めてたので、久しぶりに読みたくなってkindleで衝動買いした 勝頼の描き方が秀逸

2017-03-03 16:20:10
アマミヤ@更地 @13i25a

『信長のシェフ』はタイムスリップ料理マンガなのに戦もちゃんと描いてくれるから、例えば、あくまで例えばだけど来週までに急遽長篠の戦についてざっくり知りたい人とかにもオススメ出来る代物

2016-06-02 02:16:59
アマミヤ@更地 @13i25a

『信長のシェフ』の長篠の戦は15巻目と先が長いとお嘆きのあなた!こんなデンジャラスドレッド爺久秀が登場する『信長の忍び』作者の真田家四コママンガ『真田魂』なら1巻に長篠も収録!濃いキャラと丁寧な歴史解説が分かりやすい! pic.twitter.com/VbrwdQxOFH

2016-06-02 02:35:43
拡大
拡大
拡大
よしあきは麒麟を待っていた! @heaven3739xxx

信長のシェフはワシも読んでいるけど、巻末に掲載されている参考資料一覧がいつもガチだし、なんならその中に平山先生の「検証長篠合戦」も入っているので、先生の研究は確実に影響を与えているのだよ…!!

2017-03-03 20:11:22
-0-0- @megane_1010

長篠の布石のために高天神を買うとした信長のシェフはかなり素敵な解釈だったと思う

2017-02-28 22:44:50
はらぺこ(CV:沢城みゆき) @harapeko11

bsでやってた古地図で謎解きの長篠合戦解説、なにゆえ武田があの戦でやられたかの考察が信長のシェフとほぼ同じだったのでほーっってなってた

2017-01-04 20:56:34
ut_ken @ut_ken

twitter.com/tooto2two/stat… それ一時言われたものの結局、西国と東国の違いを考慮してないなどの早とちりで、東国では騎馬兵は割といたし、兵科別運用も進んでいたというのに落ち着いてます。このへんは『長篠合戦と武田勝頼(平山優)』で述べられている。

2016-11-15 17:25:05
ut_ken @ut_ken

twitter.com/tooto2two/stat… あと馬の「骨格が小柄」と「筋肉がない」とを混同したなどの勘違いとか。他にも刀は首取りだけなどと言った極端な説は、だいたい鈴木真哉氏が元らしい。騎馬突撃の事例史料なども『長篠合戦と武田勝頼(平山優)』で述べられている。

2016-11-15 17:40:34
にしかわ @tetsu3594

平山優「検証長篠合戦」死ぬほど面白い。信長公記、三河物語等の史料の信憑性の考察に始まり、長篠古戦場から出土した鉄砲玉の素材を科学分析して原産地を特定し(このくだりで絶頂大興奮した)、大陸由来の鉄砲と、南蛮渡来の鉄砲(学校で習うのはこっち)を比較しつつ…。ものすごい興奮している。

2016-08-25 23:03:10
まとめ管理人 @1059kanri

戦国ちょっといい話・悪い話まとめ というブログの管理人でございます。 iiwarui.blog90.fc2.com 主にブログ更新のお知らせとか戦国時代のこととかそれ以外のこととかつぶやきます。

iiwarui.blog90.fc2.com

まとめ管理人 @1059kanri

歴史小説よりも歴史漫画のほうが、わりと早く新説を取り入れる傾向があると思う。これは読者層が小説に比べて若い、というのもあるのでしょうね。

2017-03-03 21:51:09
天河真嗣@人呼んでカクヨム界のコンデ・コマ @tenkawa_shinji

@1059kanri あー、かもですね。新聞連載なんかの、まさにリアルタイムで書かれている小説を読んでいると「何年前の説なの……あ、いや! 通説的なほうが読者(※特に高齢の)に分かりやすいよねー」と思うことがしばしば(笑)。

2017-03-03 21:52:54
まとめ管理人 @1059kanri

@tenkawa_shinji そうなんですよね。小説は本当に、「定説」の上書きを嫌がる向きが強く

2017-03-03 21:54:12
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan

マンガに反映された最近の歴史研究(あるいは昔からあったけどどうしてもマイナーだった描写)といえば「今川義元は無能でも傲慢でもなく、蓋世の英雄の一人だった。桶狭間は、まあ不運だったというほかない」と。 「信長の忍び」「センゴク桶狭間記」、あと名前忘れたが江川達也もかいてたな。 pic.twitter.com/eTI4NTSrP0

2017-03-05 08:23:55
拡大
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan

togetter.com/li/1087307 に、西洋史漫画家の勉強ぶりの資料として加えておこうか喃。 『乙女戦争』大西巷一×『ホークウッド』トミイ大塚 夢の対談:気分はもう中世暗黒時代 中世どっきり残酷対談だヒャッハー - ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles…

2017-03-05 09:26:19
残りを読む(46)

コメント

すんすけ @tyuusyo 2017年3月5日
ありがとうございます。蘇峰の『近世日本国民史』は国立国会図書館デジタルコレクションで読めますね。
0
Mill=O=Wisp @millowisp 2017年3月5日
漫画の場合、歴史モチーフで従来の通説と違う(最新の研究に基づく)描写をしても、最新研究を知らない読者から見ても「その漫画特有のフィクション」に吸収されて許容される幅が広い感がある。逆に、創作と史実を混同しがちな(そして違うと文句を言う)層は、小説読者の方に多く見受けられるような印象がある(司馬史観などが好例か)
39
言葉使い @tennteke 2017年3月5日
「信長のシェフ」出すんだったら、果心居士が信長に仕官を断られるシーンで、安易なタイムスリップ物批判とか「予言者はそのうち嘘を含ませるかもしれない」視点は見識だと思う。
9
旭町旭 @dondondondon2 2017年3月5日
最新研究を反映した歴史小説も、誤った通説に縛られた漫画もあるだろうに。
1
水雲風騎@月曜日 東オ-39b @minagumofoo 2017年3月5日
今は最新の研究が読者に受ける下地があるのが大きい。新たな研究や新たな解釈を読者は喜んでくれるし、また描き手もそれをシナリオや表現に上手く落としこんでいる。歴史創作はいま本当に熱いジャンルだと思う。
6
石井 顕勇 @IshiiAkio 2017年3月5日
漫画の場合、純粋にエンタメとして読む人が大半でしょうが、歴史小説だと処世訓を作品に求めてしまう層が今でも多いので、新説よりも旧来の人物像などに基づいた内容の方が受け入れられるのでしょう。ただし、「アドルフに告ぐ」の愛読者の中には(以下自粛)なので、世代的な差はあるでしょう。
21
nekosencho @Neko_Sencho 2017年3月5日
そのうち「歴史」の歴史を面白く読ませる漫画や小説が出てくるかもなあ。
4
言葉使い @tennteke 2017年3月5日
逆に島田荘司「大根奇聞」を今読むと、生麦事件は薩摩側が悪く、薩英戦争で薩摩藩が滅亡の一歩手前までいっていたなんて内容で、悲しくなってくる。
0
ぼさん @bo__san 2017年3月5日
そりゃ漫画は責任問題にならないからな
3
Hornet @one_hornet 2017年3月5日
長編漫画は絵とストーリーでキャラにより魅力を持たせないといけないですからね。アホが一方的にやられちゃ、それまで積み立ててきたキャラの魅力が台無しになるし、逆にそれまでのキャラ設定と矛盾が出てきてしまう。
0
ぶる〜の @shin10276707 2017年3月5日
信長の忍び、本編は長篠直前。 黒田官兵衛伝はいよいよ清洲会議 真田魂は本能寺起こったとこ! そういや沖方丁原作近藤るるる絵の「ガーゴイル」では『さんなん』って呼んでたっけ
0
sorakarajyosi @sorakarajyosi 2017年3月5日
長期の連載で無闇に新説を反映させると話がひっくり返る可能性もあって…… 短めにぱっと終わらせるか、学説がどうだろうとこの設定でやると開き直るか、どちらかでしょうね。
3
sorakarajyosi @sorakarajyosi 2017年3月5日
全く最近ではない大先生ですが、里中満智子の「天上の虹」 真面目に史実に添おうとする人で、目立った新説が出るたびに刊行ペースが落ち、永遠に終わらないかと思いました。 全23巻なのに完結までに30年ほどかかっています。
2
アルビレオ@炙りカルビ @albireo_B 2017年3月5日
Neko_Sencho あさりよしとおが「ティラノサウルスの姿勢(の学説)はわずか数十年で大きく変化した。こんな急激な変化では絶滅するのもしかたない」とかやってましたw
23
にゃるらっとほってふ @nyalrathottep 2017年3月5日
millowisp 個人的には、漫画やアニメは「嘘を嘘として楽しむ」層が多いからではないかと感じている。それでも「歴史警察」はいるだろうがな
2
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2017年3月5日
こつこつとツイートを足したり、読みやすくなるよう順番を工夫しています。ここにまとめた北条早雲の話、知らなかったな。
1
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2017年3月5日
sorakarajyosi 長期連載で新説?の扱いに苦労するといえば、最初は空手やプロレスがその技術も含めて活躍していた夢枕獏「餓狼伝」が、その後リアルな総合格闘技で「まずタックルと寝技」になってからの苦労が(笑)。まぁ、それがないころからそんな格闘小説を書いていた獏氏のえらさも浮き彫りになりますが。
4
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2017年3月5日
sorakarajyosi 里中美智子先生は、「古事記」を古典漫画化する、おとなしい企画系の漫画でも「古代の剣は、なぜか柄の長さが刃の長さと同じぐらいある!」ことが気になる方ですからね(笑)http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20131030/p4  http://f.hatena.ne.jp/gryphon/20131030083009
3
取鳥族ジャーヘッド/約二年寝過ごした76レジデント @torijar 2017年3月5日
あんまり実証されてなかったりそもそも眉唾っぽい仮説とかをガンガン取り入れられるのがフィクションの利点なのでいいぞもっとやれ。ヤンジャンの『群青戦記』も所々史実や新説引っ張ってて面白いよね
1
聖夜 @say_ya 2017年3月5日
通説を否定する歴史小説を書く小説家には海音寺潮五郎や豊田有恒等の大家もいますし、山岡荘八の徳川家康だって真田丸以前はかなり否定的評価が多かったです
1
聖夜 @say_ya 2017年3月5日
長篠と桶狭間は実は砦の救援が主目的という意味で全く同質の戦いで、信長視点で攻守が逆転しただけとも言えます。だから長篠で(少なくとも地元では)有名なのは鳥居強右衛門なのです
3
二条肝兼 @IamNotUs 2017年3月5日
この手の話だとそのうち司馬遼が引き合いにされるんだろうけど、ありゃもう50年前の作品だからな。批判もまた当時の文脈を引きずってることも多い。
1
ボンバーメン @booooooooomber 2017年3月5日
新しい解釈を取り入れてはや40年…風雲児たちはちゃんと完結するのだろうか(不安)
1
義明_雑談用 @yoshiaki_idol 2017年3月5日
「信長のシェフ」は確かに史料や最近の学説も採り入れてて読み応えあるけど、最初の頃に比べると料理のウエイトが減ったのがちょっと残念かも。「大使閣下の料理人」の原作でもあった西村ミツル氏が抜けたからでもあるけど。
7
深紫🌵 @purple_d_101 2017年3月5日
16巻の表紙のツイートをしているアカウントは言葉の羅列や他の呟きの傾向から言ってスパムのように見えますが残しておいていいのでしょうか?サムネイル用に使っている事は分かるのですが
3
遊佐飛鳥@漢晋春秋 @asukayusa3594 2017年3月5日
最新の歴史研究を取り入れているっていうか、新しく出た書籍ほど入手は容易なわけで、参考資料として取り入れやすいというのはあるかも。まあでも、漫画にしろ小説にしろ創作物は正直ピンキリですよ。近年出た漫画でも書名は敢えて挙げませんが、ジョバンニ・ロルテス(山科勝成)を「実在の人物」と言い切って主人公に据えた漫画がありましてね。歴史認識から時代考証まで全部間違ってる酷い作品でしたよ(-。-)yー~~
1
taka @Vietnum 2017年3月5日
手垢がついた過去の史料じゃみんなと同じ事をかくだけになるからこそ、新説を材料として採り入れてるんじゃない?
1
ナツノ@_(:3 」∠ )_ @natsuno_012 2017年3月5日
封神演義で、殷の歴史について単行本時代に載せていた説が否定されたから、新装版で現代で支持されている説に改変したってのがあったな
3
Hoehoe @baisetusai 2017年3月5日
センゴクって漫画は最初は鈴木説ばらまいてたけど途中で否定し始めたよね
0
ut_ken @ut_ken 2017年3月5日
INPN_Office 他のまとめも幾つかあるはずですが、教科書も順当に内容更新され続けています。士農工商という「制度」はなかったとか、慶安の御触書は実際には慶安でも幕府の方でもなかった可能性が高いとか
1
ut_ken @ut_ken 2017年3月5日
dondondondon2 『黄門さま』という近年の漫画なんて、意図的な荒唐無稽分を考慮に入れても、50年前のカムイ伝あたりのイメージで凝り固まって、調べてないのがまるわかりでしたしねえ。いまどき「生類憐みの令は狂った動物愛護法」「農民はただ武士に虐待搾取されてただけ」とメインでやられても…
2
釣本直紀 @turimotonaoki 2017年3月5日
Fateシリーズを筆頭に偉人を題材にしたゲームはここ10年位かなりの人気を誇っているけど、ゲームの歴史観はちゃんと調べられたものなのだろうか。
0
こそ泥 @lv3_Thief 2017年3月5日
余談だが、信長のシェフの長篠戦は相当脚色されてるから、新説取り入れてても全体としては参考にならんと思ったほうがいいかも。当方、平山説を読んでないので、なんともいえないところがあるが。
0
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2017年3月5日
purple_d_101 ご指摘契機に、出版社の公式に近いツイート(試し読みにも飛べる)に差し替えられました。ありがとうございます
2
nekosencho @Neko_Sencho 2017年3月5日
というか、この中で歴史を語るのがメインのマンガ自体が少なく、歴史を語るマンガも歴史ギャグと名乗ってるくらいなので、「興味を持つきっかけ」くらいにはいいけど、そのまま信じるのではちょっと純情すぎるかな、と。
1
nekosencho @Neko_Sencho 2017年3月5日
あと、古い資料古い歴史観だとしても、娯楽マンガなので面白く楽しめればべつにいいんですよ。それどころか間違った話ウソの歴史でもいい。 戦国時代に長島巨人軍が行ってもいいんだ面白ければ。教科書でも学術論文でもないんだから。
2
ut_ken @ut_ken 2017年3月6日
turimotonaoki たとえば、「カエサルは肉付きはよかったのでは」という説を超拡大解釈して、カエサルを肥満体にしたらしい程度には
2
小川靖浩 @olfey0506 2017年3月7日
ut_ken 何、世の中には石像が似ているからと言ってカエサルのキャラを江頭風にカスタマイズした漫画もありますし
1
Hornet @one_hornet 2017年3月10日
「将軍壁死」という四文字から、そこで殺すために「壁」というキャラクターを作って、丁寧に丁寧に将軍まで出世させた結果、人気が出すぎたので解釈を変えて「将軍」が「壁死」したということにしたマンガだってある。
1
犬連結マン @nekokoala1 2017年12月8日
宇宙人が普通に出てくる世界観なのに何某は土佐藩の出身ではないとか試験で人名を誤答したと申し立ててくる読者がいると聞いた
1
上野 良樹@C98 5/4月曜日南地区 "ハ "40b @letssaga3 2018年4月10日
小説といえば、真田家臣の樋口角兵衛が池波正太郎作品以外ではほとんど言及されない、池波の創作人物だろうというのがWeb検索のほとんどでした(「樋口四角兵衛」がモデルという記述は5chまとめにあった)。去年活字本が出た河原綱徳『本藩名士小伝』に収録されていて、「四角兵衛」は別名の一つであった事も知りました。
1
上野 良樹@C98 5/4月曜日南地区 "ハ "40b @letssaga3 2018年4月10日
letssaga3 紛れもない実在の人物なのに、拠った史料がマイナー過ぎて創作扱いされてしまう例、結構ありそうですね……。なお『本藩名士小伝』の樋口角兵衛の記述はやたら長いのですが、小説的というか、無茶苦茶なエピソードだらけで、どこまで実像なのかは判りません。
1
op chin @opopchin 2018年6月18日
「信長の忍び」の金ヶ崎の退き口で秀吉がシンガリする所、何気に秀吉の直訴じゃなくて信長に指名される形で描かれてるのよね。
1