【新機能】作り忘れたまとめはありませんか?31日前まで期間指定してまとめが作れる高度な検索ができました。有料APIだからツイートの漏れはありません!

西洋剣術の刃部分を掴んで使うハーフソード(術)と同種の日本剣術における技法について

創作分野で西洋剣術におけるハーフソードという使い方が知られはじめているようですが、日本の剣術にも刃部分を手で取る中取・蜻蜓・刀棒・鳥居構えなどと言われる技法群が存在する事はあまり知られていないようなので、その紹介を。
西洋剣術 古武道 日本刀 剣術 武術
12194view 23コメント
112
ログインして広告を非表示にする
綾 C94日 東U-25b @ayyh15 2017-08-20 16:15:03
TKGWくん!やっとまともな帯剣JKvs帯刀JKができたぞ! ハーフソード流行らせコラ! pic.twitter.com/wIJmIYVKhB
 拡大
みんみんぜみ @inuchochin 2017-08-29 21:02:29
突然ですが、日本刀におけるハーフソード技法(日本では中取り、蜻蜓(蜻蛉)、刀捧などと呼ばれる)についてツイートしてみる。西洋剣術がWeb上や漫画で技法が知られはじめたのに、日本の剣術の技法が剣道や殺陣に片寄ってるのは残念。
みんみんぜみ @inuchochin 2017-08-29 21:05:00
先日たくさんRTされた漫画先日の漫画(さっきRTしたこれtwitter.com/ayyh15/status/…)で刀側がやられてる同種の技としては有名な香取神道流のこれが近い?(投げないけど) pic.twitter.com/omKBRz1BPe
 拡大
みんみんぜみ @inuchochin 2017-08-29 21:13:44
刀は完全に握る事は基本的に難しいから、人指し指と親指の間に挟む形になる例が多いと思う。ただ受けた敵太刀を太刀と手で挟み固定する技は新陰流や神道流に見られる。こちらの21秒あたりから、左側の人が中取りして受け止めた太刀を掴む場面があるyoutu.be/kqTwVRrOTrs
 拡大
新陰流広島稽古会@剣術道楽 @kenjyutudouraku 2017-08-29 21:46:11
解説。(^-^) 刀棒で受けている側が打太刀。使太刀は刀棒で刀の峰に指をかけられた時、間髪を入れず身を寄せて低く入り身して刃を返し、打太刀の指を引き切る。 入り身が遅れると打太刀が使太刀の刀の峰に指をかけてそのまま推し落とし、切っ先で使太刀の腹を立て突く。 twitter.com/inuchochin/sta…
みんみんぜみ @inuchochin 2015-05-19 19:38:37
RT、刀の中程に手をかける構えは「中取り」とか「蜻蜓」「刀捧」と言って日本の剣術ではありふれた構えなんだけど、現代剣道や日本剣道形に無いからか、もしかしてあまり知られて無い? pic.twitter.com/0q6TizcGKB
 拡大
 拡大
みんみんぜみ @inuchochin 2017-08-29 21:25:33
それから、加賀藩相心流居合に甲冑組太刀の絵がいくつかあります。どれも受けるか流すかして甲冑の隙間に切っ先を突き込む技のようです。これなど西洋のハーフソードに近い考えなのでは? pic.twitter.com/zM0dx788NI
 拡大
 拡大
みんみんぜみ @inuchochin 2017-08-29 21:40:49
さらにハーフソードに似たものに明治期の兜割で有名な榊原鍵吉の流派として有名な直心影流の一派に甲冑組討がありました。この構えで敵(甲冑武者)に突進、受け止めてから面や脇を突き組み付き投げ倒す、もしくはさっと膝を突き股間あたりを突いてこかしたようです。『引用:武道伝書聚英10巻』 pic.twitter.com/WtKqHUjKI3
 拡大
みんみんぜみ @inuchochin 2017-08-29 21:53:30
実際に現在も残っている使い方としては、先ほど紹介した香取神道流や柳生新陰流以外に、鹿島新當流に多数の中取して使う技があります。1:20あたりからの演技で何度も出てきます。 youtu.be/vnhEmpRe1LI pic.twitter.com/txBzjXFkEi
 拡大
 拡大
みんみんぜみ @inuchochin 2017-09-01 19:13:50
日本の剣術におけるハーフソード技法の話題の続きを。最初にツイートした香取神道流の、中取りの動画をいくつか。 抜き付けからはじまり、中取りしたままの攻防が続く「三津の太刀」を、外国の方が技法の説明をしている動画。 youtu.be/17DuTOYXZYg
 拡大
みんみんぜみ @inuchochin 2017-09-01 19:30:15
こちらは先ほどの三津ノ太刀が含まれる五行ノ太刀という形のグループの演武。最初の三つに中取がいくつも出てきます。 youtu.be/Yk-1fRr8Vwg
 拡大
みんみんぜみ @inuchochin 2017-09-06 20:47:23
佐渡島の『戸地の白刃』 神道流の剣術らしく、鹿島新當流にも似てる、昔ながらの技です。途中に中取りしての技も。 youtu.be/QZvEicsLgQ8
 拡大
みんみんぜみ @inuchochin 2014-06-03 01:42:09
@Baketuheaad で、今の直心影流に出てくる中取りの構えです。流派の一本目の形に出てくる体当たりの部分です。(左が仕太刀で肩から体当たりしているらしいです) pic.twitter.com/KOm4ytIgY1
 拡大
みんみんぜみ @inuchochin 2014-06-03 01:43:32
@Baketuheaad 体当たりに行ったところ、打ち太刀も中取りして水平に防御しつつ押し込んでくるので仕太刀は縦に構えて受け止めるらしいです。 pic.twitter.com/eSlBUunuxS
 拡大
みんみんぜみ @inuchochin 2017-09-19 12:26:25
柔術の源流と言われてる、戦国時代成立の竹内流の剣法(斎手というらしい)にも中取りした技が。相手の腕を封じていて体術的な感じです。 pic.twitter.com/wNPtqiXKkl
 拡大
 拡大
 拡大
みんみんぜみ @inuchochin 2017-08-29 22:06:53
中取(蜻蜓)は左手、もしくは右手で太刀の半ばを取るわけですから、そのままでは当然近くを切る、押さえる、のに向いています。なので接近した技を使う居合に中取の技は多くみられます。全日本剣道連盟居合にも『添え手突き』という形があるようです。youtu.be/19yLlZdUzWI pic.twitter.com/ePbjOSGlUO
 拡大
 拡大
みんみんぜみ @inuchochin 2017-08-29 22:16:55
では、江戸時代の居合ではどうか、というと比較的稽古してる人がいる肥後藩の伯耆流居合にも色々出てきます。理由はいろいろあると思いますが、この例では剣道や剣術より想定する距離が短いからでしょうか。youtu.be/LvcW6uVvBZ8 pic.twitter.com/5aHzppHFMQ
 拡大
 拡大
 拡大
みんみんぜみ @inuchochin 2017-08-29 22:32:11
またこれも肥後藩の流派ですが、関口流抜刀術(いあい)に多くの中取り技法が出てきます。先ほどの動画も、これも、見ても「何をしてるかよくわからん」という人の方が多いのでは。youtu.be/yEP5iIEKRVY pic.twitter.com/Mx8fqed40A
 拡大
 拡大
みんみんぜみ @inuchochin 2017-08-29 22:39:24
現代では居合は一人で演じるのが普通ですが、江戸時代では居合台などと呼ばれる打込み用具に打ち込んだり、剣術のように相手をつけるのもよくありました。関口流でもこのような居合絵図が残っています。(この絵は近代の模写です) pic.twitter.com/3IQzusDoNb
 拡大
 拡大
みんみんぜみ @inuchochin 2017-08-29 23:16:30
こちらは相手をつけて稽古する林崎新夢想流居合。1:58あたりの寄身から先の技はほとんど中取しての技です。youtu.be/B2vU_TWCMqo pic.twitter.com/3l4z4M8Dzk
 拡大
 拡大
 拡大

田宮流居合の中取の技について

Toyosaka Laboratory @ToyosakaLabo 2017-08-29 23:34:04
紀州系田宮流ですと、左身の三本目の鞭結が中取の技です。またどうやら奥の技では少し意外な形で応用されていたみたい。
Toyosaka Laboratory @ToyosakaLabo 2017-08-29 23:41:25
柄と脇差を使う稽古でも、この鞭結の応用が出てきます。
みんみんぜみ @inuchochin 2017-08-30 08:52:31
こちらの動画の26:30あたりから田宮流居合(窪田派)の中取りする技について、@toyosakalaboさんによる伝書の記載とそれを元にした復元。窪田派では"鞭結"ではなく"脇の手詰"という名称になっています。youtu.be/eisS_cOwzpI
 拡大
Toyosaka Laboratory @ToyosakaLabo 2017-08-30 09:34:14
南紀徳川史第十七冊より引用「鞭結 打太刀前に同し。前後左右つまりたるに、突を直に立て抜、刀を中取してとめ、開てつく」※句読点は私
残りを読む(13)
コンテンツや記事の反応をまとめよう。 話題をさらに加速させるパワーがあります。

ブックマークしたタグ

あなたの好きなタグをブックマークしておこう!話題のまとめを見逃さなくなります。

コメント

フクロウの憂鬱(16世紀≠中世教/教徒) @komakikiti 2017-09-19 02:22:03
全体を見て思ったのは西洋剣術は体術と棒術寄りだが、日本剣術は刀による攻撃、防御を行うために存在するということ
ワス @wsplus 2017-09-19 05:35:29
示現流と戦うとどうなるか見てみたい
nekosencho @Neko_Sencho 2017-09-19 05:43:36
幕末とかで、斬りあった後によく指が落ちていたという話が伝わっているが、案外こんな感じで自分で刀つかんで斬り落としちゃった系なのかもしれないね
アプロ @rUyaCVtIiRxgC9M 2017-09-19 07:20:38
最近だと、武装少女マキャヴェリズムで刀の峰に手を添えて戦う娘がいたかな。確か、警視庁の剣術のベースになった複数の流派の使い手と解説してあった。
UZIRO @UZIRO 2017-09-19 07:21:48
つか日本の場合合戦では弓最強だし槍基本だし、多分西洋の合戦とは技術体系の生まれる下地からして違うんじゃないの?よく知らんけど。
我乱堂 @SagamiNoriaki 2017-09-19 09:37:52
UZIRO 日本でも近世までは戦闘といえば野戦と、拠点防御とその攻略だったわけで、最終的には近接戦闘になっていたと思いますよ。弓最強、槍基本…そして、刀ではそんなに殺せてない、というのは殺傷数からいえばそうかもしれないけど、それ多分、使用数を正しく反映していないんじゃないかなあ。刀剣で完全武装相手には殺すのは難しいのは事実であるのなら、確率的に殺傷数の何倍もの使用者がいたはず…。
散散満/阿部市英夫 @til_til_mitil 2017-09-19 09:39:06
飛天御剣流龍翔閃のせいで刀身に手を添えるのは架空の剣術と思われているかもしれない。
セバスチャン小林(裏) @Dongpo_Jushi_x 2017-09-19 11:25:19
その手の技術は杖術の方に吸収されちゃった、という可能性は?杖は反対側で打つとか、相手の武器を絡め取る、とかは当たり前だし。
段ボールが本体 @Himade4tama 2017-09-19 11:58:59
rUyaCVtIiRxgC9M まさか書かれてるとは思わなかった。
我乱堂 @SagamiNoriaki 2017-09-19 13:02:27
Dongpo_Jushi_x 吸収されたというか、試合ではあんま使えない技だから、型にだけ残っている…というところではないかと。
回れるように急ぐ @EBISU_DOU 2017-09-19 13:43:24
ノックしたらハイハーイ!って眠ってたネタ出てくる感じ良い
サディア・ラボン @taddy_frog 2017-09-19 16:19:10
包丁で固い物を切る時、 柄を持って、もう片方の手で、 刃の、切れない方を押さえますけど、 真面目な剣術にも、そんな技があったとは 意外です。
Mous, Anon Y. @mousanon 2017-09-19 17:08:27
添えるんじゃなくギュっとしっかり握ってスライドさせなければ刃を握っても切れない。西洋の方はそうやって鎧の隙間を狙う技術だね
Amts @amts1 2017-09-19 17:55:07
まあそりゃ似たような得物使ってるんだから技術だって収斂していきますわな
UZIRO @UZIRO 2017-09-19 19:31:50
SagamiNoriaki というか甲冑を着た状態で重要なのはすっ転ばすことと介者剣術になるわけだから、銃撃→弓→集団で槍で使用→刺すまでが基本で、槍の射程より近づいてしまったら初めて転んだやつを刀で刺す刺すって流れになるわけだが、その場合乱戦で組討術を冷静にできる奴がどんだけいて、どんだけ体系化されてたかは中々疑問。 そもそもツヴァイヘンダー(ツーハンデッドソード)と大太刀を比べるならまだしも、太刀の技術と比べても仕方がない気がするんだよなぁ。浪漫だけど。
みんみんぜみ @inuchochin 2017-09-19 19:43:58
UZIRO ドイツの方はわかりませんが、今回例にあげたものは武芸です。師について学ぶ芸事、技術ですから、現代の軍隊の訓練とは違い、個人が個人から学ぶものです。ですから戦場に出てる武士がみんな使えるか、と言えば使えないでしょうね。戦場での組打ちはもっとシンプルな相撲の応用みたいなものでしょう。とは言え中取りの技なんて簡単なものですから、使う人はいくらでもいたと思いますが。古い時代には中巻野太刀とかもあるわけですから。
我乱堂 @SagamiNoriaki 2017-09-19 20:14:08
UZIRO その流れにはかなり疑問があるんだけど、そもそも日本の合戦組討を「その場合乱戦で組討術を冷静にできる奴がどんだけいて、どんだけ体系化されてたかは中々疑問」としといて、ドイツの両手剣をそちらはまるで戦場に使えたかのようにいうのはおかしくないですかね。日本人が冷静に使えないのにドイツ人は冷静に使えるかのようだ。
我乱堂 @SagamiNoriaki 2017-09-19 20:18:47
UZIRO 多分、刀を使う間合いでは槍はあんまり使わないと思いますよ。なんというか、戦場での刀の使用率ははっきりしませんが、乱戦状態では自然と刀を振るったんじゃないですかね。槍に対してわざわざ刀を使うのは不利ですから、刀を使用する場合は刀が有効な状態で、そういう時は槍は不利だったと思います。
JINMIN_party_Japan @Net_Uyoku_JpJ 2017-09-19 20:20:01
個人的な推測ですがむしろ日本の場合はもっと刀が長かったり、柄が短く片手持ちしかできないばあい、この種の使用法が用いられていたのではないかと思われるが、時代が進んで刀の形が決まってからはその必要が薄れた、とかかもしれない。
UZIRO @UZIRO 2017-09-19 20:49:10
inuchochin 武芸の育った時代背景が多分違うんですよねんこれ。西洋で最も白兵戦の技術が進化したのがプレートアーマー全盛期で、火器の登場と共に衰退するけど技術は個人個人で伝承されとったんでしょう。多分転ばす技術の重要性はプレートアーマー由来のものな気がしますん。 日本の場合は大規模合戦の終焉により刀剣技術の発展に向かう感じですが、ぶっちゃけていえば戦国時代の現場の武者は扱わなきゃならんの多すぎて刀剣に集中してもいらんないイメージ。農民兵は集団槍専門みたいなもんだろうし。
みんみんぜみ @inuchochin 2017-09-19 20:53:58
UZIRO 一応ですね、戦国時代以前、室町時代(14世紀)頃成立の中条流やその1世紀あとの新當流や陰流でも中取の技法は多様されています。戦国時代や江戸時代の流派はそれら中条流や新當流等の影響下にありますから、あまり戦国時代の大規模合戦終焉は関係ないと思います。そもそも刀剣類は喧嘩や治安維持でも使われますし。
みんみんぜみ @inuchochin 2017-09-19 20:56:47
Net_Uyoku_JpJ まとめにもありますが、中取りの技法は小太刀の技でもよくつかわれますし、江戸時代の流派でもよくつかわれる技法です。現代剣道で使われないのは防具の問題と互いにセイガンに構えて打ち合う戦い方や、投げ技などが認められてない事からだと思います。ボクシングで投げ技が使われないのと一緒では。
我乱堂 @SagamiNoriaki 2017-09-19 22:48:44
UZIRO ドイツ流剣術は甲冑武術の他に平服の武術としても発展してましたし、個人ではなく伝承されてましたよ。次第にスポーツ的にもなっていたといいますし、日本剣術とそんなに大差があるとは思えません。衰退したのは火器とは関係なく、イタリア流が流行ったからだそうです。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする