いわゆる『兵農分離』その伝説と実像~平井上総氏の新研究書、間もなく発売!

兵農分離はあったのか (中世から近世へ) 単行本(ソフトカバー) – 2017/9/27 平井 上総 ============= 日本近世社会の根本概念を疑う。 中世から近世への社会転換を示す重要要素とされる「兵農分離」。 いま、この概念の存在自体が揺らいでいる。時代の変化はどのように訪れるのか。 最新の研究成果から実態に迫る。 =========== と、いう本が間もなく出ます。続きを読む兵農分離はあったのか (中世から近世へ) 単行本(ソフトカバー) – 2017/9/27 平井 上総 ============= 日本近世社会の根本概念を疑う。 中世から近世への社会転換を示す重要要素とされる「兵農分離」。 いま、この概念の存在自体が揺らいでいる。時代の変化はどのように訪れるのか。 最新の研究成果から実態に迫る。 =========== と、いう本が間もなく出ます。以前から、知る人ぞ知る論点でしたが、これを機に、あらためて。 ツイートを使わせていただいたアカウントはこちら(※追加は除く) @gryphonjapan @quiriu_pino @nekonoizumi @nanaosally_770 @takanozomi2222 @koueorihotaru @k__hirai @rekinavi @1059kanri @hagakur92879560 @15e6vYNs @ut_ken @aorin203 @naruseyanoken1 @HIRAYAMAYUUKAIN @saemonhiguchi @skytree222 @Olt_Calius @bzliker10316 @rekisi_usio @jijitu1 @syun552226_2
軍事 豊臣秀吉 平山優 戦国時代 兵農分離 近世史 平井上総 織田信長 井沢元彦 司馬遼太郎
gryphonjapan 3977view 8コメント
20
ログインして広告を非表示にする

コメント

  • 言葉使い @tennteke 25日前
    とりあえず、「名字帯刀の禁止」の〝帯刀〟とは〝刀を腰に帯びる〟ことで、刀の単純所持は禁止されてなかった説を聞いたときは驚きました。農民の方も一揆で刀を使うと、単純所持も禁止にされるだろうから自粛して使わなかったと。
  • KAIJIN28GOO @babel3sei 25日前
    アブドラ・ザ・ブッチャーが兵農分離を語るかね・笑。梶原一騎の「プロレスラー列伝」(多分)で、スーダン出身、呪術師といううわさを否定したくだりだ。ザ・シークの子分格/兵農分離に関していえば、これは教科書用語。秀吉はそういわなかった。刀狩はあった。農工商人層の武装解除。一番怖いのは朝鮮遠征で、これははっきりいって大名減らしだった。つまり、強制的な大名取り潰し(個人的見解)。
  • ろんどん @lawtomol 25日前
    「ちと今月は本を買い過ぎたから自重しよう…」と思ってた矢先にこれか…gryphonさんやまとめ管理人さんのお蔭で本に出したお金がどれだけっ…本当に有難うございます。
  • chipstar @chipsta17555718 25日前
    知りたいのが、史実的「兵農分離」と言われる定義、つまり戦国後期に士とそれ以外を厳密に分けた身分政策の学術定義と違う意味で使っているのはどういう意図なのかということ。まとめ内では「農兵を徴用しないで傭兵を雇う」意味で使っているが、最先端の議論では変わっているのだろうか?
  • chipstar @chipsta17555718 25日前
    まとめ内で引用されている「戦国の軍隊」では兵農分離を「農兵を徴用しないで傭兵を雇う」という意味で使用し、かつ「農兵はもともと徴用していなかった」という方向で疑問視している。伊勢宗瑞から武田、上杉、後北条、みな農繁期にも合戦を行っていたと。
  • さどはらめぐる @M__Sadohara 24日前
    兵農分離って検地の可否の問題ではなくて、延期できない農作業の合間で移動含め戦闘が終わらないほどの領土の拡大と戦争の長期化の問題でしょう。
  • 茜射す紫野行き @smichie1221 24日前
    薩摩では明治の四民平等まで士分が畑やってたと聞いたが、そういう話ではなく?

カテゴリーからまとめを探す

「雑談」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする