15
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
1)今から4年前(二〇一四年)に、アニメスタジオでの過労死が報じられたことがあります。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
2)もっとも亡くなられたのはさらに4年前(二〇一〇年)のことだったのですが。。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
3)A1ピクチャーズの社員でした。A1は人気アニメをいっぱい手がけているところなので、深夜アニメ好きなら代表作がいくつも思い浮かぶと思います。アニメ好きなら、ですが。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
4)これですね。「赤旗」から。ネット上に当時いろいろ出ていたので目にしたことがある方も少なくないはずです。検索で今でも出てくるし。 pic.twitter.com/AdHFwo5ad6
拡大
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
5)こんな経歴が浮かび上がってきました 2005年『あかほり外道アワーらぶげ』に参加 2006年 A1に入社(正社員雇用) 2007年『おおきく振りかぶって』に参加 2008年『鉄腕バーディー DECODE』『かんなぎ』に参加    やがてうつ病を発症 2009年12月 退社 2010年10月 アパートで自殺。 当時28歳
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
6)作品制作参加はいずれも制作進行さんとしてです。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
7)二〇〇五年の『あかほり外道~』なる番組は、ラディクスエースというスタジオの制作でした。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
8)ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82… >2005年7月4日から9月26日まで『アニメ魂』枠で放送されたアニメ作品群である。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
9)制作元であるラディックスは、翌2006年10月1日付で解散、活動停止。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
10)ラディックスの往年の様子については、こんなインタビューがあります。style.fm/log/02_topics/… 2003年。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
11)志は高かったのだけれど、2005年にある企業の100%子会社になって(この頃に『あかほり外道~』が作られた)、翌2006年に解散。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
12)一方、この番組が作られていた2005年、アニプレックスのほうで大きな動きがありました。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
13)アニプレックスというと、有名アニメやソシャゲーの版権をいっぱい押さえている大企業ですが、もともとはソニー・ミュージック所属のミュージシャン用PVの制作と販売を狙いとして設立された会社です。アニメは傍流でした。会社名も「ビジュアルワークス」でしたしね。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
14)2003年、親会社ソニー・ミュージックエンタテインメントが非音楽分野を別グループとして本社からくくりだし、ビジュアルワークス社もアニプレックスに社名変更。アニメに特化した会社に舵を切ったわけです。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
15)しかしアニメ分野は不慣れだったため採算悪化。そこでサンライズのPだった人物を引き抜いた。彼は2000年にサンライズを離れてフリーの立場で『犬夜叉』等を手掛け、2003年末、社名変更してまもなかったアニプレックスに移籍。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
16)「アニプレックス統括チーフ・プロデューサー」という肩書でした。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
17)2005年、アニプレックスはアニメ制作も自社グループで行うことを決断。100%子会社の制作スタジオ「A1ピクチャーズ」を設立。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
18)翌2006年に元請としてNHK教育のテレビアニメ『ぜんまいざむらい』を(共同で)制作開始。ちなみにこの番組のⒸは小学館・アニプレックスほか複数の企業ですね。A1ピクチャーズの名前がないからまさに元請仕事でした。www9.nhk.or.jp/anime/zenmai/
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
19)実際の制作現場は、当初はノーサイド社だったようです。なぜなら同年10月に阿佐ヶ谷に本社・制作スタジオが設立されたと沿革にはあるから。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
20)ここで先の人物の略歴を振り返ってみましょう。 2005年『あかほり外道アワーらぶげ』に参加 2006年 A1に入社(正社員雇用) 2007年『おおきく振りかぶって』に参加
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
21)2006年にA1入社、それも正社員雇用でした。A1がアニメ制作を稼働させ、人手がいるなか、制作進行経験のある人間は優遇されたものと思われます。制作進行さんなのに正社員雇用ですからね。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
22)この2006年当時のA1について、後に社長となる方(先に触れたサンライズの元P)はこんな風に振り返っています。akiba-souken.com/article/27882/…
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
23) >実質的にA-1がスタートしたのは、2006年でした。僕がアニプッレクスに入ったころから「制作会社もつくろうと思うんです」と、社長から聞いてはいたんです。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
24) >「いいことじゃないですか。でも、僕はやりませんよ」と答えました。だって、せっかくメーカーに入ったのに、どうして、また現場に戻らなきゃいけないんですか(笑)。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi
25) >だけど、A-1 Picturesをつくること自体は、業界に本気度を示すことにもなるし、いいことだと思ったのは確かです。
残りを読む(61)

コメント

降間 夏落選 @purimusu_ji 2018年3月16日
倭製アニメ業界の腐った点がまた(くみ先生にはこの問題を追及してほしい
KUMI_Kaoru @KaoruKumi 2018年3月16日
purimusu_ji とある大学のアニメ研との共同研究です。理論物理学者になりたかった(そして潰していただいた)私のささやかなトラウマとルサンチマンを昇華させたいと思っています。
yaya @yakumokumaneko 2018年3月16日
かんなぎに参加となると、ねぇ……
デュアルハート @haniwaras 2018年3月16日
元ゴンゾの人が多いらしいと聞いたことがある
臼沢沙英 @Sae_anime 2018年3月17日
言いたいであろうことはなんとなくわかるんですが、細切れでとにかく読みにくいんで、Twitterでやるのではなくブログかなにかで書いたほうがいいのではないでしょうか。推敲もできて一石二鳥だと思います
KUMI_Kaoru @KaoruKumi 2018年3月17日
haniwaras 正解。2000年代にアニメバブルがあって、その勢いで株価総額が東映アニメすらいっときは超えてみせたGONZOが、バブル崩壊(リーマンショックってありましたよね。あれでアニメ制作委員会への参加企業が激減した)でがたがたになってしまって、人材のかなりがA1に移ったのですよ。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi 2018年3月17日
Sae_anime これ実は後日書き下ろす予定になってるレポートの下書きなんですよ。映画のモーツァルトは脳内にもうオペラも交響曲もまるごと完成していて後は楽譜に書き下ろしていくやり方でしたが(史実はそうではない)、私はというと数小節ごとにメロディとコードが同時に閃いていくほうなので、ツイッターで思いつくまま書き下ろしていくほうが性にあっています。構成は後からいくらでもできるし。
まちゃるんと @UnfoundNimo 2018年3月17日
読んでみて、「これ、ブラックなのは組織ではなく取引先が原因という結論になる話だよね」という感想。傭兵と言うけど、ホワイト企業はもっと中途軍団だし、育てようとするからブラックになる。新卒採るとこなんて幹部候補以外は大手中小問わず特攻要員として採ってるもんな。あまり客観的ではない論に見える。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi 2018年3月17日
UnfoundNimo はずれ。A1でいう傭兵は「雇用」されていないのです。喩えるならば戦闘で負傷しても衛生兵が助けに来てくれないの。ホワイト企業でいう中途採用組は「雇用」だから負傷すれば救助してもらえる。ここが大きな違いなのです。
さどはらめぐる @M__Sadohara 2018年3月17日
業務委託は会社に働き方も拘束時間も指定されないことにメリットがあるわけで、担当タイトルごとに関係者がごっそり変わるアニメの制作進行では、下手に正社員じゃないほうがいいと思うんですが。制作進行には納期はあっても定時はありませんし。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi 2018年3月17日
M__Sadohara そのかわり労災保険とかで守ってもらえない。いっさいが自己責任。実際には上からの命令で動いているのに「お前ら社員じゃないし、うちが迷惑被ったんだから損害賠償せよ」とされる…こんな詭弁と欺瞞がまかり通っているのが日本のアニメ。
KUMI_Kaoru @KaoruKumi 2018年3月17日
KaoruKumi M__Sadohara それにねー20代の若いうちなら体力を資本にそういう無茶もできるけれど所帯を持ちたくなったらもうこんな労働形態ではやっていけないわけです。スタジオ側もそんなことは百も承知で「あそ。アニメ辞めるわけね寂しいなー」とことばをかけて終わり。若くて元気のいい兵隊をまた調達すれば済む話だし…なんて時代も黄昏を迎えています日本のアニメ界。
さどはらめぐる @M__Sadohara 2018年3月17日
うつ病で自殺未遂したり、職場でぶっ倒れたところで、正社員か契約社員で呼ばれる救急車が違うんならともかく、雇用形態で現実的な格差なんかないでしょ。自分の健康と命は保険なんぞじゃ買えないんですから。まあ、赤旗をソースにするような人は正社員にあらずんば人にあらず、ぐらいに思ってるのかもしれないけど、アニメに限らず芸能関係は力がある人ほどフリーになって、人脈築いて新会社興すのが常ですから
亜山 雪 @ayamasets 2018年3月17日
制作進行は一番、自動化機械化電子化できない仕事ね、アニメ業界。アニメ業界に特化したグループウェア(スマホにも対応)とかあったら需要ある?
限界集落ぐるぐる温泉 @otozuke 2018年3月22日
○○○○の時に会ったスタッフさんが○○○○の収録の時に居たから あれA-1に転職したんですか?と聞いたら いや応援部隊というか増援というか みたいな濁らせ方をしていたのを思い出した