Dürer & 測距儀 仕上02 量子を天動説レベルで解釈する物理業界

Dürer & 測距儀 仕上01 2重スリット実験の相対性 準備 https://togetter.com/li/1400031
ゲーム zionad2018 物理 字音仕上 renzoku2019
0
timekagura @timekagura
二重スリット実験 bit.ly/dobleslit_wiki… 実験説明図は こんな感じ。 pic.twitter.com/uwclS6YQPd
拡大
timekagura @timekagura
斜め俯瞰の説明 絵図。 2重スリット実験を 特殊相対性理論仮説の 列車と線路の関係に 重ねてみよう。 電子射出機 ⇒ 博多駅と命名 2重スリット ⇒ 京都駅と命名 スクリーン  ⇒ 東京駅と命名 博多駅と京都駅に注目。 pic.twitter.com/Fg1ZaYQJqQ
拡大

ブログの方で、大きな絵図で

睨めっこ
してください。

http://bit.ly/doubleslittrain



timekagura @timekagura
一定間隔で 発射された 等間隔の電子3つを 列車の左端 列車の中央 列車の右端 進行方向は、絵図で左から右  「→」 電子は 右に進む設定。 星々の輝点を結んで星座にするように 3つの電子で 客車 1車両の イメージを描く。 pic.twitter.com/RMb55PbKwG
拡大
拡大
拡大
拡大
timekagura @timekagura
貴殿は 恋人や娘を 原子の集合体とか 細胞の集合体としては 見ないでしょう。 日常生活では。 でも病気になったり 自動車正面衝突でも 軽症で済む為の車 選ぶとき 肉眼では見たこともない 原子とか DNA遺伝子とか アミノ酸 電子顕微鏡とかの装置が描く  不思議なイメージを信じ込む。
timekagura @timekagura
原子とか 原子の集合体のアミノ酸とか DNA遺伝子とか 細胞の存在を信じ込んだ 自然科学者の成果に頼る。 ただし、ノーマルな自然科学者の方々の ほとんどは 存在とイメージの区分が できていない。
timekagura @timekagura
電子顕微鏡が描く Au 金の原子とかのイメージは 魔法の水晶玉の中に見えたイメージと 同等のもので 形イメージの 写真画像を見て それが原子の存在だと思い込んでる。 そこで時刻分析と詳細分析を導入する。 仮想的に すべての原子に 時計を埋め込む。
timekagura @timekagura
電子顕微鏡と原子も 相対速度0として扱い、 見えた原子それぞれと 電子顕微鏡の撮像素子群。。。 この撮像素子群も 2次元平面的 有限な広がりあるけど 仮想的に点扱いして プレパレートの上に並べた原子複数それぞれからの 「点扱い撮像素子群位置」までの距離を 厳密に意識する。
timekagura @timekagura
電子顕微鏡が描いた 原子イメージは 原子が放った光線な光子と 撮像素子位置での 距離0での相互作用。 ぶつかり。 電子顕微鏡が受光(受信)した 原子の粒々に埋め込まれた 「時計時刻映像イメージ」が違う。 仮想的に点扱いした 撮像素子位置までの 距離が違うから。
timekagura @timekagura
だけど自然科学者は映像内時刻を  すべて一緒と見做し いままで存在として扱ってた 電子顕微鏡等の装置が描いた写真映像の これが 詳細分析していない  イメージ解釈の実情。
timekagura @timekagura
存在する原子 存在すると思われる原子と 電子顕微鏡が描いた原子イメージは 別物。 古典力学と違って 量子論は、そういう世界を扱ってる。 扱ってるらしい。
timekagura @timekagura
ほとんどの物理学者さん達自身は 存在とイメージの区分が できてなかった 電磁現象世界の相対性を論じるに必要な 根本的な前提理解なしで 装置が描いた客車の 左端 中央 右端 の別位置を 同時刻存在として 数学の座標空間に描いて計算していた 客車存在の各部位を別々の存在として意識しよう。
timekagura @timekagura
前線司令部付きの情報将校の元に 各地の戦場からの報告が来る。 文書や写真に 時刻が描いてある。 報告をまとめた時刻。 列車の中の前線へ向かう兵士からの報告もある。 動きながらだと 慣性系毎に 時間の流れが違うと いまは アインシュタイン氏の時間を 信じてるののが主流物理業界だから
timekagura @timekagura
列車で移動中の兵士さんにも 報告書に使う時刻は 腕時計じゃなく、 走る列車 真下の ゼロ距離で見える 線路枕木に埋め込まれた時計とする。 実験系の時間を1つに統一して 実験解釈を始める。 pic.twitter.com/R1aOCHntnm
拡大
timekagura @timekagura
物理的知識で ヒトは タンパク質 アミノ酸 DNAの原子複数。 医者なら  細胞を扱う お薬や 遺伝子治療 患者の生活態度や 患者の家庭環境 家庭環境を包む社会環境までが 治療の対象になるかもしれません。
timekagura @timekagura
原子論 アトム。点々を扱うレベル。 点々を結んで 星座になる感じのイメージの世界。 美女の画像も、ドットの輝点集合。 そして 相対性とか扱う システムとかの世界。 なんとなく、3つのレベルがあると しておきます。
timekagura @timekagura
さて、もう一度 2重スリット実験説明 絵図を 見てください。 実験テーブルの上に 実験装置を複数 配置する 実験物理学者。 頭の中で 2重スリット実験絵図を 思い浮かべる 理論物理学者。 pic.twitter.com/HHzGVY4vY7
拡大
timekagura @timekagura
並みの頭の 実験物理学者と 理論物理学者は 思考視野狭窄していて 電子発射装置と 2重スリットと スクリーンを 動かないものと 思い込んでいます。 古代の天動説。 天蓋があって、 天蓋のとこを動く 月や太陽。 と、同じに 電子を診(み)て います。 pic.twitter.com/7ZDwbqygMx
拡大
timekagura @timekagura
電子だけが 動き 実験装置が複数 載(の)ってる 実験テーブル系が 動いてる可能性を 考慮していません。 円盤UFOの宇宙人から見たら 地球は 動いて見えるぐらいの 粗雑な相対性で、思考をやめ 言語レベルの知識で 考えることを やめています。
timekagura @timekagura
そこで 今度は 電子発射装置     2重スリット   スクリーン この3つで 客車イメージを作る。 実験テーブルが  この絵図では 左に動いてる。 pic.twitter.com/0TKsvQgG60
拡大
timekagura @timekagura
いままで、 2者の相対性しか検討していないので 今度は 電子複数が 線路慣性系になった気分で    思考をやめてしまいます。ノーマルな物理学者さんは。 pic.twitter.com/isPG7hKWoh
拡大
timekagura @timekagura
これはパイプではない と、言いながら 画家は 「パイプの絵」だと認識してもらう為に パイプの側面図を描いています。 【作品解説】ルネ・マグリット「イメージの裏切り」 artpedia.jp/magritte-the-t… pic.twitter.com/Que0X0nJvr
拡大
timekagura @timekagura
だんだん apple pencil の 「見かけ」長さが  短くなってくる。 pic.twitter.com/95zQsKiJQQ
拡大
拡大
拡大
拡大
timekagura @timekagura
電子は量子力学の不確定性原理とかで 位置不明ですが いまは電磁現象世界の相対性を 古典力学レベルの相対論から ガリレオ先輩の相対論から 考察するので 電子を点位置と見做します。 点の大きさのボール。 ほとんど大きさのない 球体としての点ボール。
timekagura @timekagura
20世紀生まれの物理学者達は 2重スリット実験を 特殊相対性理論仮説の観点から 解釈したことあるのでしょうか ??? 相対論的量子力学とか あるらしいのですが relativistic quantum mechanics 物理業界のオツム達が 見逃したことを指摘し 地図化すれば 21世紀の物理学が  始まる
残りを読む(4)

コメント

田中 @suckminesuck 2019年9月7日
らしいらしいで誤魔化してないで論文なり自分でたてた式なり貼れよ
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする