宇田川元一『他者と働く』の読者が熱すぎる!

対話を通じて組織を変えていく考え方について、具体的な例を交えながら語る。宇田川元一@MotokazuUdagawa 『他者と働く──「わかりあえなさ」から始める組織論 』(NewsPicksパブリッシング)の読者が熱すぎるので感想をまとめはじめました。読者同士で話したらなにかが生まれそうな熱量!
7
みやもとかずのり @Kazoo_Miyamoto

「他者と働く」を読んだ。 多種多様な他者のナラティブ(解釈の枠組み)に顔を突き合わせて日々向き合い続ける人事職にとって、ヒントが詰まっている。 既存の方法で解決できない適応課題を解消するための「対話」とは、相手の立場に憑依しながら、win-winの道を模索する前向きな行動だと感じた。 pic.twitter.com/n5Zkbuuvod

2019-10-26 11:26:40
拡大
よこち(yokochi) @akira6592

社会構成主義の話がでてきました。 / 他者と働く──「わかりあえなさ」から始める組織論 (NewsPicksパブリッシング) 宇田川 元一 amazon.co.jp/dp/4910063013/… @amazonJPさんから

2019-10-26 09:42:32
cakes(ケイクス) @cakes_PR

🍰新着🍰 宇田川元一さんの著書『他者と働く──「わかりあえなさ」から始める組織論』。 書籍の序文で引用したのは平田オリザさんの『わかりあえないことから』の一節でした。 ビジネスと演劇、双方の観点から、現代社会が抱えるやっかいな問題について語り合います。 cakes.mu/posts/27623

2019-10-25 12:00:20
宇田川元一 @MotokazuUdagawa

明日ですが、拙著『他者と働くーー「わかりあえなさ」から始める組織論』の読書会に(リモートですが)顔を出します。 本を読まれて色々と感じたこと、質問やご意見、お悩み相談など、ぜひともお聴かせいただければ嬉しいです。 お待ちしております。 facebook.com/motokazu.udaga…

2019-10-25 08:52:20
人事のなべはるさん @nabeharuj

【他者と働く──「わかりあえなさ」から始める組織論 (NewsPicksパブリッシング)/宇田川 元一】血の通った、あたたかみのある一冊。ジャンルが不明だけど、現場で働く1人1人のビジネスパーソ… → bookmeter.com/reviews/847556… #bookmeter

2019-10-23 13:54:57
シブサワアヤ @aya_sbsw

この間読んだ「他者と働く」っていう本を思い出す。ナラティブ。 なぜあなたのその企画は「通らない」のか?|カトウキョウスケ @kyo_spr|note(ノート) note.mu/kyo/n/ne7f68b9…

2019-10-23 13:24:41
くままん @antonioyodobasi

宇田川元一さん@MotokazuUdagawa の『他者と働く』読了。自分の仕事人生を考える上でバイブルになるような本だった。何回も読もう。とある組織で、ちょうど2つのナラティヴに挟まれてどう仲介するかという溝にいるときに、この本に出逢えたのはラッキーでした。ありがとうございます。

2019-10-23 11:42:43
kbys_y(小林) @kbysy3

著者、どんだけ苦労した人生の大先輩かと思ったらほとんど同世代で最後にビビった。 おすすめの本の紹介:『他者と働く──「わかりあえなさ」から始める組織論』(宇田川元一 著) pic.twitter.com/9Axbasva4a

2019-10-22 22:55:17
拡大
就労支援員ALLYさん @LhFzWJFds7ycFlg

しかし、今のモヤモヤの状況的には 先にこちらを読むべきだったのだ… "他者と働く──「わかりあえなさ」から始める組織論"(宇田川元一 著)a.co/15FdNK7 pic.twitter.com/6wVDqa5v7I

2019-10-22 21:43:52
拡大
kbys_y(小林) @kbysy3

チマチマと「他者と働く」を読んでるけどついに 組織の中で 「誇り高く生きること 」 なんて出てきた。 なかなかこれはすごい本だぞ。

2019-10-22 16:33:52
kanekane @Surfmanjp5K

@MotokazuUdagawa 感想#他者と働く 正しい知識が実施できないのは、技術的問題では無く適応課題であるため。①準備:溝に気付く、②観察:溝の向こうを眺める、③解釈:溝を渡り橋を設計、④介入:橋を架ける。相手のナラティブ(物語、常識)を知り、対話による解決が必要であることが分かりました pic.twitter.com/hKIKz5pvMQ

2019-10-22 13:16:54
拡大
ぐっちゃンダホ@凡才HR @yoichekinif

届いた〜!って、言いたかった! 「他者と働く」 これからの時代に向けて、 読みますね😄✨ #他者と働く pic.twitter.com/lLsP8PAxer

2019-10-22 11:41:32
拡大
おさえ @0609_178

他者と働く、まだ半分弱だけれども今のわたしの悩みとその解決の糸口が詰まっている…

2019-10-21 22:18:09
公式『さらば雑司ヶ谷』 @byezoushigaya

NewsPicksの中島さんから『他者と働く 「わかりあえなさ」から始める組織論』(宇田川元一著)を恵存御礼。勉強させて頂きます。 pic.twitter.com/Gvd5VVsMs0

2019-10-21 21:38:50
拡大
unodai @unodaitter

これからも対岸に橋を架け続けて行こう。 誇り高く生きるために!『他者と働く──「わかりあえなさ」から始める組...』宇田川 元一 ☆4 booklog.jp/users/unodai/a…

2019-10-21 19:35:01
Hide Suzuki/無職なHR×時差ありリモート×越境人生@🇳🇱で移民生活 @HidetadaS

『他者と働く』でもありましたが、対話の質を上げる観点でも顧客のコンテクストを理解してビジネスに反映させていく点でも、わかりやすい事例で言語化されていましたね。 あとはどのように気づけるような仕組みにする... #NewsPicks npx.me/BaUe/AJI0?from…

2019-10-21 15:57:38
宮崎慎也 / Shinya Miyazaki @shinyam221

宇田川元一先生の『他者と働く』(NewsPicksパブリッシング)を読み始めた。「仕事が戦争のメタファーで語られる」というのに共感。戦略、武器、敵対など。そうではない対話や社会構成主義的アプローチで、「言葉」や「常識」を変えていくことが他者と働く上では重要。

2019-10-21 15:43:12
たじまゆうさく @tajitajimatsu

@MotokazuUdagawa 私の場合はメーカーの生産管理部門へ配属が決まっていて、上司が他部署との対立を仄めかしているのを聞いて適応課題を強く意識しました。 政治経済など大きな課題を語る本ももちろん大切ですが、足元の身近な課題を解決するための『他者と働く』のような本を社会人になっても大切にしていきたいです。

2019-10-21 15:05:18
たじまゆうさく @tajitajimatsu

最近「他者と働く」って本読んでて印象的だったのが、対話とは相手のナラティブに立ってもの考えること、っていう部分。 相手の行動は相手なりに筋が通ってるんだからその立場を考えて行動することで組織の問題解決が行える。 でもそうは言いつつ、腹は立つよね笑 #他者と働く twitter.com/chikk181231/st…

2019-10-21 10:43:35
@hagisoccer

「他者と働く」、読了。 適応課題を解決させるために対話、ナラティブ・アプローチを通じて新しい関係性を構築すること。 他者や関係者のナラティブを理解しようとする「他者への想像力」の重要性を再認識させられた。 勉強になりました! pic.twitter.com/vG3sKd65EL

2019-10-20 23:44:49
拡大
Taro Miura @ta_arrowm

タイトルが気になって手に取りました。実はビジネスにおけるナラティヴアプローチの本でした。 自らのナラテ...『他者と働く──「わかりあえなさ」から始める組...』宇田川 元一 ☆5 booklog.jp/users/tarom102… #booklog

2019-10-20 16:19:01
広瀬義浩(組織開発コンサルタント) @y_hirose

「他者と働く」は、文字数はすくないけど、深いので引っかかる。(笑)やっと終わり辺りきたら、対話の問題点が出てきた。 ①気づくと迎合になっている ②相手への押しつけになっている ③相手と馴れ合いになる ④他の集団から孤立する 🤔 facebook.com/10000083964076…

2019-10-20 09:09:46
たっしー® @tashi_hikineet

『他者と働く──「わかりあえなさ」から始める組織論』(宇田川元一 著) を読み終えたところです 対話の重要性をまとめた本で、ビジネスマンだけではなく、人間関係絡む組織、(サークルなど)運営する人は読んだ方がいいと思いました。 pic.twitter.com/PlKskm3WdJ

2019-10-20 03:42:09
拡大
宇田川元一 @MotokazuUdagawa

ガーゲンの著作はこちら。アカデミックな本で少し難しいですが、本当に素晴らしい本です。 この本に出会わなければ、『他者と働く』を書くことはきっとなかったと思うのです。 『あなたへの社会構成主義』amazon.co.jp/dp/4888489157/…

2019-10-19 23:32:39
しまじろう @yasuhis31360724

他者と働くを読了し、現在最難関のリーダーシップを読んでます。 そして、職場で適応課題に挑み、対話をしてますが、いかに自分が「対話もどき」の対話をしていたのを痛感😭 本当の対話は痛みが伴いますね。職場で私に対する陰口も聞こえてきており日々辛いです。 #他者と働く#最難関のリーダーシップ

2019-10-19 21:42:53
残りを読む(245)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?