Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2020年8月30日

井原裕クロニクル2010~2020

ツイッターを拾うことで著名人の10年間の仕事をだいたい見渡せることに気付いて面白くなったのでまとめてみました。拾うツイートの取捨選択については、もう少し洗練できるはず。今回は初めての試みで、走りながら考えたので方針がブレブレ。 井原裕先生については、日本評論社を主戦場に、斎藤環先生や松本俊彦先生と日本の精神医療を変えようとしている人だと理解した。
1
ロテ職人 @rotemeister

井原裕著『激励禁忌神話の終焉』: 最近、こんな本が出ました。 激励禁忌神話の終焉日本評論社 2009-09売り上げランキング : 30434Amazonで詳しく見る by G-Tools 獨協医科大学越谷病院こころの診療科.. http://bit.ly/gTp7U

2009-09-16 12:26:54
寺町歩 @terraum

『井原裕,2009,激励禁忌神話の終焉,日本評論社』京都府立図書館所蔵、初見終了。よく耳にする激励禁忌ってのは、「いまのあんたはダメだ」って“センセイ"化して“御指導”“御高説”を宣ったらアカンよ、っていうことだと思っとった。良著だと思うねやけど、違和感が・・・う〜ん

2010-02-27 13:40:22
寺町歩 @terraum

『井原裕,2010,精神鑑定の乱用,金剛出版』京都府立図書館所蔵、初見終了。カルテ開示に反対した理由は、詳細なカルテを作成する時間がない? 本書いてる時間は? エビデンスに基づくコンプライアンス遵守のインフォームドコンセントで、身体侵襲拘束する医療の倫理を主張? とっても良著

2010-03-18 20:05:20
afcp @afcp_01

すでにお読みかもしれませんが、最近の自分の考えは井原裕先生に近いです。『精神鑑定の乱用』http://bit.ly/cdYmw4 RT @ffnanohana: @afcp_01 精神鑑定の信頼性とはそれほど低いのでしょうか。

2010-04-06 17:55:38
sawa3 @sawa3

@3keys_takae FYR RT @michioariga: 「激励禁忌神話の終焉」井原裕先生著 を再読中。組織マネージメント論を「うつ」という視点から斬る名著(と思う)。児童虐待-ストックホルム症候群についても言及され、そこからディスチミア親和型うつに論点がスムースに

2010-04-12 01:10:19
おおつき絶好調ガール-社会福祉士 Band-Maid世界征服の支援者 @robsan3517

『激励禁忌神話の終焉』(井原裕•日本評論社)は、名著。医師国家試験でも誤答になる『うつ病患者を励ましてはいけない』という、うつ病にグラデーションがあることを無視した対応に、根拠を持って説明してくれている。(続く)

2010-05-21 20:00:41
ポカホンタス @pocapocapsy

ありがとうございます。もうすぐ出る(もう出ているのかも)『精神医療』にも、「激励禁忌神話の終焉」(井原裕)の書評を書いています。RT@masaya178 つい最近?の「精神医療」の先生の文章もとっても良かったです。ライブに行った時の話。

2010-07-13 22:38:10
ジョハリ4/4 @johari_quarters

臨床:「激励禁忌神話の終焉(井原裕)」の2周目を読了。研究本としては“だまされた!”だったが臨床本として実に読ませる一冊。

2010-09-07 16:06:47
(ここごりオンパレード! @SNikogori

NHK-FM『きたやまおさむのレクチャー&ミュージック』聴いとります。ゲストは精神科医の井原裕さん http://tinyurl.com/2dka6qs #nhkfm

2010-10-11 23:26:59
愛・蔵太(素人) @kuratan

読みたい本:『激励禁忌神話の終焉』(井原裕/日本評論社/2415円)うつ病に励ましはタブーなのか?精神科の治療に薬は必須なのか?精神科臨床の常識をくつがえす。→http://amzn.to/bGZruF

2010-11-08 22:01:39
愛・蔵太(素人) @kuratan

とりあえず『激励禁忌神話の終焉』(井原裕/日本評論社/2415円)読んでみます。RT @Lily_victoria @kuratan よし!貴方を励ましましょう(笑)

2010-11-08 22:14:23
ちくわ @tykwa0425

井原裕『激励禁忌神話の終焉』思っていた内容とは少し違ったけど、面白かった。精神科臨床についてのエッセイ的なものです。世間で一般的に語られている鬱の人への接し方の誤解や、医療の顧客満足の話など。私と同年代の人です。

2010-11-21 11:46:14
ちくわ @tykwa0425

『激励禁忌~』は、著者の井原裕が北山修のラジオにゲストで出てて知りました。話の内容とか話しぶりで興味を持ちました。精神鑑定もやっているようで、それについての本も読んでみようと思います。

2010-11-26 14:09:04
かぼす @cabos99

井原裕先生の講演を聴きました!超刺激的! : きょうクリいんちょうブログ blog.livedoor.jp/kyoclinic/arch…

2017-11-17 21:36:45
ほつま @hotsuma

@yk_childpsy 精神経誌の最新号で井原裕先生が恋愛は最広義のこころの病であると喝破しておられましたね

2010-12-23 17:24:03
ほつま @hotsuma

井原裕先生の講演 うつ病診療におけるbogus contractについて / [第106回日本精神神経学会]うつ病診療混乱の原因は医師と患者の相互欺瞞:医師のための専門情報サイト[MT Pro] http://htn.to/J2uVQK

2010-12-24 07:54:00
ムラカミカオル @beerKAORU

井原裕医師の今月の文章を読みたい、とセンセイに言ってみたら、「ぼくは研究者じゃないのでそういうのは読んでない」と言われたが、メモは「一応もらっとこう」と受け取られた。悲しいやら期待するやら…。@hotsuma:精神神経学雑誌( http://bit.ly/fFkTBf )

2010-12-25 21:47:20
ちくわ @tykwa0425

井原裕『精神鑑定の乱用』専門的な部分はよく分からなかったけど、興味深く読みました。この人の文章好きですね。

2011-01-11 15:35:59
ムラカミカオル @beerKAORU

やっと井原裕氏の論文が読めた。……なんというか、治療者にとっても患者にとってもしんどい話ではあるが、認めねばならぬシビアな現実なのだろう、と感じた。「私ども(治療者)にとって、皆さま(患者)のご期待はまことに重荷です」。

2011-01-21 18:45:22
ムラカミカオル @beerKAORU

〈( Smithは…患者・医師双方が、苛酷な現実をみとめるべきだという。それは「死・病・痛は人生の一部である」「医学には限界があり、社会的問題を解決することはできないし、危険ですらある」〉( 井原裕「うつ病臨床における『えせ契約』」より)

2011-01-24 08:40:23
ムラカミカオル @beerKAORU

『激励禁忌神話の終焉』(井原裕)読書なう。とても読みやすいし面白い。タイトルをもう一工夫すれば、もっと読まれる本になるんじゃないかなあ。…にしても入院先の主任看護師なんか激励しまくっていたけどなあ。

2011-01-27 06:51:00
ムラカミカオル @beerKAORU

100頁まで薬出てこないし、出てきたらマイナス言及という「うつ本」は初めて。〈宮本は…精神科医が薬物療法に「下手に手出し」しすぎて、結果としてうつ病を「治りにくく」してしまう時代が来ると述べている。…その慧眼には驚かされる〉『激励禁忌神話の終焉』(井原裕)

2011-01-29 09:40:13
ムラカミカオル @beerKAORU

『激励禁忌神話の終焉』(井原裕)読了。後半以降はなんだかあまり馴染めなかった。読後感は…曖昧。「反精神医学」とは…。引き続き『精神鑑定の乱用』も読んでみようと思う。

2011-01-29 14:01:51
ムラカミカオル @beerKAORU

受診のときに、「精神経誌」の井原裕氏の論文「うつ病臨床における『えせ契約』について」のコピーをセンセイに渡した。患者側からすると、ちょっと突き放されるようで辛い話なんで、渡すかどうか迷ったんだが、センセイもちらっと読んで「僕はやりすぎているなあ。出来ないって言いたいよ」と。

2011-02-01 08:43:53
ムラカミカオル @beerKAORU

精神科では、患者の自分の人生は自分でやっていけってのが、少々始まってるみたい。医者自身のためにも患者のためにも。井原裕論文「えせ契約」。RT @wsary: 障害、患者の自己決定権は「医師」が握ったままです。これが根本的問題です。自己決定権はく奪されちゃうんで。

2011-02-03 21:30:38
残りを読む(287)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?