【新機能】作り忘れたまとめはありませんか?31日前まで期間指定してまとめが作れる高度な検索ができました。有料APIだからツイートの漏れはありません!

横浜のストロンチウム検出騒動を巡る議論・解説

「同位体研究所はどういう会社か」から「今回の結果からSrをどう考えるべきか」まで。 「横浜と東京のストロンチウム検出は天然核種のβ線が原因かもしれないらしい」http://togetter.com/li/218516の続き。 長くなったので新しくまとめました。
原発 震災
19484view 42コメント
111
ログインして広告を非表示にする

できればこちらを先にお読みください

ツイートまとめ 11312 view 312 4 users 8 横浜と東京のストロンチウム検出は天然核種のβ線が原因かもしれないらしい 文部科学省のプレスリリースが出たのでとりあえずまとめ。 11/25追記 議論や解説は別まとめにしました http://togetter.com/li/218832
11月24日の文部科学省のプレスリリースより抜粋
  • 福島第一原子力発電所の事故の影響を判断するために必要なストロンチウム89(半減期、50.53 日)が検出されなかったことから、放射性ストロンチウムについては、福島第一原子力発電所の事故に伴い、新たに沈着したとは言えない。なお、今回検出されたストロンチウム90の測定値は、いずれも、事故発生前(平成11 年度~21 年度)に全国で観測されたストロンチウム90 の測定値(検出下限値~30Bq/kg)の範囲内に入るレベルであった。
  • 横浜市が採取した堆積物について、 横浜市の依頼を受けて(株)同位体研究所が核種分析を実施した結果、ストロンチウム89 とストロンチウム90 の合計値は最大で129(Bq/kg)検出されていたが、文部科学省が同試料について、文部科学省放射能測定法シリーズ「放射性ストロンチウム分析法」に則り、核種分析を実施した結果、ストロンチウム89 は不検出であり、ストロンチウム90 についても不検出もしくは、微量しか検出されなかった。
  • 同研究所が堆積物に含まれるストロンチウムの定量にあたって使用した核種分析の手法は、同社のHP によれば、固相抽出法と想定されるが、これまでの(財)日本分析センターの実績や海外の文献によると、この手法ではラジウム、鉛などベータ線を放出する天然核種、あるいはベータ線を放出する子孫核種が抽出されることが示されている。
  • このため、堆積物に含まれるストロンチウムの定量にあたって、同研究所が固相抽出法を使用しているようであれば、ストロンチウム89 及び90 のほか、ベータ線を放出する天然核種を含めて測定している可能性がある
今回の報道を聞いて勘違いしている人が多い重要な点
ジョエーウ @joejoeu 2011-11-25 09:55:47
横浜ストロンチウム、マンションマンションと騒いでる人がいてるが、1,屋上の試料は追試してない。市が測った「地上の」堆積物 2,追試で元の測定方法自体がSrを誤検知してると指摘がある 3,核実験の残滓って事故前も毎月降ってるもの の三つが完全に抜け落ちてる。三つもだよ。
ryugo hayano @hayano 2011-11-25 09:28:59
(横浜のストロンチウム)TLに横浜のストロンチウムは屋上云々というのが時々見えるんだけど… 横浜市のリリース→ http://t.co/bfKBoEmF 及び昨日のMEXTのリリース→ http://t.co/4eP450vj どこにも屋上なんて書いてないです
分析を行った「株式会社同位体研究所」とは
みほちゃん::今年はリハビリで筋をのばす @Mihoko_Nojiri 2011-11-25 06:48:36
同位体研究所っていうのは安定同位体比分析から食品の生産地とか決めてる会社で、放射性物質の定量は3月以降なんだね。抽出とか微量元素分析とかは得意そうだから、Sr 抽出とかいうと気合いが入るのだろう。http://t.co/yH3BMADw
みほちゃん::今年はリハビリで筋をのばす @Mihoko_Nojiri 2011-11-25 06:51:20
で、同位体分析というのは、産地ごとのデータベースが大事なので、無料検査しますというのもそんなに抵抗ないということだろう。http://t.co/yH3BMADw http://t.co/wgXuUvem
ジョエーウ @joejoeu 2011-11-25 00:44:04
@chiba_donguri セシウムの値については分析センターと同じなんで、マシス級ってことにはさすがにならんとは思いたいですが…。それにこの方法、ラドン系が多い土ではダメでも、食べ物なら行けるって可能性もまだある.. http://t.co/lSWwPxio

株式会社同位体研究所会社概要より抜粋
 株式会社同位体研究所は、国内最大規模の産地判別検査事業を基盤に、受託安定同位体比分析、産地証明事業、非破壊光学測定による農畜産物の品質評価事業を運営しています。 
(中略)
 また2011年3月の東日本大震災による福島原子力発電所事故に起因した大規模な放射性物質拡散は、農業生産、輸出を始め、人々の暮らしに大きな不安を与えました。 未だかつて無い大規模な放射能拡散に直面し、同位体研究所は、従来の安定同位体比分析による産地判別に加えて、農業・産業復興の為にも放射性同位体分析による各種放射能検査の提供を開始しました。 安定同位体比分析によって培った産地データ集積ノウハウを生かして、農地の放射能汚染からの復興に向けての農業支援、消費者の安全性と風評防止への的確な放射能検査の提供と、多岐にわたる検査の提供を行っています。 同位体研究所は、今後とも食品産業、農業そして人々の暮らしに貢献できる分析検査技術の提供に努めます。

同位体研究所の反論
gapyo @gapyo1024 2011-11-25 12:53:39
今日の朝日新聞社会面。横浜のストロンチウムについて文科省は原発由来とは言えないと発表。同位体研究所代表は「米エネルギー省でも迅速測定でやっている方法。他の核種が出ても20〜30%くらい高めに出る程度とみていた」と反論。
あっぷる @usakawai 2011-11-25 13:50:49
ストロンチウムが原発由来でないという件について。同位体研究所さんに電話で聞きましたが詳しい事は今日WEB上に発表するそうです。
nao @parasite2006 2011-11-26 11:51:42
同位体研究所が11/25付けで固相抽出法による放射性ストロンチウムの分析に関する発表http://t.co/UV6cjb8T イオン半径がSrと近いカルシウム、鉛などは捕捉される可能性があることを認めています。吸着後のフィルターディスクをγ線測定して(続く)
nao @parasite2006 2011-11-26 12:02:23
(続き)γ線放出核種が検出されないことを確認後、ディスクに吸着された物質を抽出してICP-MS(質量分析法の一つ、「緊急時における食品の放射能測定マニュアル」でウラン・プルトニウムの迅速分析法として紹介)で分析し、Srに加えて鉛とバリウムを検出。(続く)
nao @parasite2006 2011-11-26 12:12:06
(続き)このあとさらに妨害物質除去処理後Srの測定(方法は?)を行いSr90の存在を確認しています。
nao @parasite2006 2011-11-26 12:15:18
固相抽出法の適用範囲について「(前略)固相抽出法による放射性ストロンチウムの回収におけるイオン半径の近い、鉛などの環境放射能の影響などは十分な検討が必要であると理解しています
nao @parasite2006 2011-11-26 12:17:34
固相抽出法の適用範囲について(その2)「水、食品、木材、農産物、畜産物などの試料については、試料中に鉛の存在はほとんどない為、固相抽出法においても測定値に影響はなく、固相抽出法の測定妨害要因とはならないと考えます」(要は鉛の共存が多い土壌試料に適用したのが問題だった可能性大
nao @parasite2006 2011-11-26 12:25:18
今後の対応として「土壌分析における放射性鉛(Pb-210,212,214)の影響の評価:ラドディスクに吸着される鉛の影響及び放射性ストロンチウムの測定における留意点について、ラドディスクに回収された元素の解析及び濃度測定に取り組みます」(当然考えられる、そしてやるべき対応)
同位体研究所の手法の向き・不向き
nao @parasite2006 2011-11-26 16:32:02
@miraiclel お返事遅くなってすみません。事態の推移を見極めるまでに時間がかかりました。私の考えを結論から申しますと、横浜の同位体研究所がとった土壌のストロンチウムの測定値は、試料の前処理法にかなり大きな問題があり、議論に使えるものではありません。
nao @parasite2006 2011-11-26 16:36:41
@miraiclel あの前処理方法はストロンチウム以外にもいろいろな物質を一緒に拾っており、その中の一つが鉛です。製造元の説明書にある前処理手順は鉛の少ない水、食品、木材のような試料には問題なく使えても(続く)
nao @parasite2006 2011-11-26 16:40:19
@miraiclel (続き)放射性鉛、特にストロンチウムと同じくβ線を出す鉛210が結構多量に存在する土壌に使うのは適当ではなかったと言えます。現在同位体研究所も問題の存在を認識し、検証と解決策探しに動き始めています(おそらく測定までに妨害物質を除く段階をさらに追加することに)
残りを読む(50)

コメント

ジョエーウ @joejoeu 2011-11-25 13:00:49
横浜ストロンチウム。岩上氏系の反論だと「同位体研究所『3Mディスクで抽出した試料にはγ線は出ていなかった』」との話があるので、そうなるとγ線を出す鉛やビスマスの誤検知で説明がつくかどうかは部分的に要再考かも。
あひるっくす第4形態(ただいま進化準備中) @yotayotaahiru 2011-11-25 17:42:40
この滑り台イメージ画好きRT @Mihoko_Nojiri: 再掲 ウラン崩壊系列の旅 青い○がついてるのがβ崩壊 -> http://t.co/UYRsqfV9
田島なおき(被ばく受忍返上) @ni0615 2011-11-26 19:53:21
疑問1.で、横浜のストロンチウムを福島原発由来でないと論理誘導なさった早野教授は、福島県内で検出されたストロンチウムも福島原発由来でないと仰ってるのでしょうか?
田島なおき(被ばく受忍返上) @ni0615 2011-11-26 19:56:45
疑問2、早野教授が示したグラフは土壌残留中のSr90濃度だと思いますが、そのグラフのサンプルは何処から採取したものでしょうか? 横浜市が除染(採取)した側溝残留の泥と、資料価値は同じなのでしょうか?
田島なおき(被ばく受忍返上) @ni0615 2011-11-26 19:59:42
疑問3、側溝残留の泥は、セシウムに関しては雨水から吸着し濃縮することが考えられたわけですが、ストロンチウムに関してはどうなのですか?むしろ、雨水による洗浄効果という逆作用はないのでしょうか?
田島なおき(被ばく受忍返上) @ni0615 2011-11-26 20:03:55
疑問4、いずれにしても文科省のプレスリリースを読んで、サンプリングについての考察が何も書かれてないのには、驚くべき不備として、吃驚しています。このような報告書から「福島原発由来ではない」との論理誘導をする学者の皆さんの言動には、とてもついていけませぬ。
田島なおき(被ばく受忍返上) @ni0615 2011-11-26 20:11:25
疑問5、同位体研究所が行った米国でも既に実績のある迅速法と文科省のやった方法とで2桁もの違いを生じたことは、その原因をきちんと実証的に吟味しなくてはなりません。それもせずに、同位体研究所をやりこめてしまうのは、非常に疑問です。言いがかりにも聞こえます。こうした成り行きの末に、放射能測定権を市民から「刀狩」のように取り上げることを、野尻教授は是とするのでしょうか?
ジョエーウ @joejoeu 2011-11-26 20:18:57
@ni0615 A1,福島は6-7月に100箇所でストロンチウム検査が行われており、そのうち45箇所が89検出で「原発事故由来」、しかし残りの55箇所はSr90のみ、あるいは両方不検出なので「影響があるとは言えない」。横浜も後者というだけ。
ジョエーウ @joejoeu 2011-11-26 20:21:19
@ni0615 A2,今回追試したのは4試料、横浜市が採取した堆積物引き継ぎと直近の「土壌(5cm掘)」。すべてから不検出、あるいは事故前以下の数値。資料価値が無いのは、採取に前例が無い屋上や噴水などの排水系の堆積物の方。
田島なおき(被ばく受忍返上) @ni0615 2011-11-26 20:21:51
疑問6、結局、文科省の発表データをそのまま鵜呑みにしても、Sr89/Sr90の比は、4検体でそれぞれ、「3.0以下/0.8以下」、「3.0以下/0.82」「3.0以下/1.1」、「3.0以下/0.8以下」、であることしか分からなかったのです。それで、このような「福島原発由来でない」という結論が下せる、というのはとても尋常な科学的精神の持ち主とは思われません。なぜ、もっと頑張って理性的なサンプリングにもとづく多くの検体を調べなかったのでしょうか?
ジョエーウ @joejoeu 2011-11-26 20:27:10
@ni0615 A6,費用対効果。すでに100箇所を超えるストロンチウム調査の結果、Cs137比で10%を超えるような率でのサンプルは現状見つかっていない。安全域にあるのだから近くから丹念に探れば足る。追加調査は北関東などで行われる。
ジョエーウ @joejoeu 2011-11-26 20:28:15
外部被曝のリスクが小さいβ核種でホットスポット探して測れ測れって、いい加減にすべき。同位体研究所もなぜ「○cm深さ迄の土」じゃなくて「堆積泥」を測るのか。学術検査で採取に関して前例を踏襲しない事に、一切の説明が無くて良いのか?
田島なおき(被ばく受忍返上) @ni0615 2011-11-26 20:28:52
疑問7、これは細かいことかもしれませんが、早野教授がお示しになったグラフには、「0.1Bq/kg」ぐらいのデータもプロットされています。そのぐらいの分析が気象庁?なら可能だということでしょうか。同位体研究所を貶すほどのオーソリティ、文科省原子学術局モニタリング部であるにもかかわらず、精度が出せないという人間能力の限界があったということでしょうか?
田島なおき(被ばく受忍返上) @ni0615 2011-11-26 20:35:41
joejoeさんA1 せっかくの御答えですが、率直に申せば質問からはズレております。文科省は、「関係があるとは言えない」と発表したのではなく「関係がないと結論」と発表したのです。だから私は疑問を呈したのです。
ジョエーウ @joejoeu 2011-11-26 20:39:10
http://radioactivity.mext.go.jp/ja/5650/2011/5650_1124.pdf「福島第一原子力発電所の事故に伴い、新たに沈着したとは言えない。」
ジョエーウ @joejoeu 2011-11-26 20:40:35
「関係がないと結論」という表現は新聞の見出しであり、若干ではありますが誇張ということだと思われます。
田島なおき(被ばく受忍返上) @ni0615 2011-11-26 20:41:26
joejoeさんA2 せっかくの御答えですが、これも質問からはズレております。私が「早野教授が示したグラフ」ともうしたのはhttp://twitpic.com/7ityd6 これです。つまり今回のサンプルとこのグラフをつくったサンプルは比較可能なものかどうかをお尋ねしたのです。
ジョエーウ @joejoeu 2011-11-26 20:47:05
@ni0615 「資料価値が無いのは、堆積物の方」の意味がおわかりにならないのでしょうか?土も一緒に測っているんですよ?それなのに比較不可能な、前例がない採取方法を勝手に採って、そっちを重視して「そんな過去グラフを出す意味があるのか」とはどういう了見でしょう?
田島なおき(被ばく受忍返上) @ni0615 2011-11-26 20:49:20
@joejoeuさんは、今回追試したのは4試料、横浜市が採取した堆積物引き継ぎと直近の「土壌(5cm掘)」。これって何のこっちゃと思われないのですか? 堆積物と書いてあるのは土壌でなく側溝の水回りの泥という意味ですよね。それは、過去グラフにある「土壌」とは全く質の異なる資料ですよね。また、その付近の土壌、というのはどういう意味があるのでしょうか? 除染後の泥ですか? それとも? 何故、何を選んだのか、説明が無いことも含めて、サンプリングの怪です。
田島なおき(被ばく受忍返上) @ni0615 2011-11-26 20:55:37
@joejoeuさんのA6】 費用対効果で測定作業に限界があるから、あいまいも粉測定結果からでも断定すべきだ、というご意見? どうも、御答えのご意図が理解できませぬ。
田島なおき(被ばく受忍返上) @ni0615 2011-11-26 21:00:52
@joejoeuさん・・外部被曝のリスクが】内部被曝は無視するという主義をお持ちなら、話は平行線かもしれませんね。ストロンチウムはその内部被ばくの故に、一般庶民は神経をとがらせているのです。当然のことながら。
田島なおき(被ばく受忍返上) @ni0615 2011-11-26 21:04:05
@joejoeuさん・・・「関係がないと結論」という表現は新聞の見出しであり、若干ではありますが誇張ということだと思われます。】あなたは。文科省学術局の方ですか? 
田島なおき(被ばく受忍返上) @ni0615 2011-11-26 21:04:15
@joejoeuさん・・・「関係がないと結論」という表現は新聞の見出しであり、若干ではありますが誇張ということだと思われます。】あなたは。文科省学術局の方ですか? 
田島なおき(被ばく受忍返上) @ni0615 2011-11-26 21:07:41
@joejoeuさん・・・「福島第一原子力発電所の事故に伴い、新たに沈着したとは言えない。」】文科省が「結論付けた」は、誇張でも何でもないではありませんか。
田島なおき(被ばく受忍返上) @ni0615 2011-11-26 21:14:20
@joejoeuさん・・・前例がない採取方法を勝手に採って、そっちを重視して「そんな過去グラフを出す意味があるのか」とはどういう了見でしょう?】、貴方様(学者なのか官僚なのか分からないのでこう呼ばせて頂きます)は、文科省が提示した試料(1)と試料(3)は無意味で、試料(2)と試料(4)だけが意味がある、といってるのですか? 私はグラフはグラフで結構です。ならば、グラフに匹敵するサンプリングと統計化可能なデータを採って下さいというしかありません。
ジョエーウ @joejoeu 2011-11-26 21:18:20
@ni0615 2と4は土でグラフに対応するサンプリングです。1と3は類型がありません。「降下」を考えるには面積の観念が必要で、土は比重が分かっているのでそれで例えば5cm掘り、と全て決めて採り、面積換算も可能なのです。
田島なおき(被ばく受忍返上) @ni0615 2011-11-26 21:18:49
@joejoeuさん、ですから今回の文科省の測定は、取りあえず「違う測定法を用いたら低いデータが出た」ということに過ぎないでしょう。 げんに、それしかやってないのですから。それを大教授二人を動員して、普遍的な結論が下せたようなカンパニアを、ツイッターで展開するなんて、プロモーションとしてもどうかしてますよ。
ジョエーウ @joejoeu 2011-11-26 21:20:33
@ni0615 「土の採取」は深さ以外にも条件があり、「撹乱がない」事も挙げられます。これは水はけが異常に良かったりするのがNGという事になります。そうじゃない場所を探し、0-5cmまで掘って採り(複数箇所)という作業が今回もあったはずです。一方堆積物はそうじゃない。どれくらいの舗装面積から水が運んできたかは分からない。
ジョエーウ @joejoeu 2011-11-26 21:22:12
@ni0615 取り敢えずでもなんでもありません。2と4が正しい放射能降下物の採取方法です。採取方法が間違っている1と3も測ったのは、検出方法の間違いも検証するためでしょう。
田島なおき(被ばく受忍返上) @ni0615 2011-11-26 21:27:31
@joejoeuさん 2と4は土でグラフに対応するサンプリングです。】あなたは実施した現場をご承知の関係者として御答えになっているのですね、では要望しておきましょう。(2)と(4)の試料の採取ポイントを地図で示し、採取場所の植生、地形の特徴を示してください。それを基に、それがグラフと対応するのか、グラフ作成機関に確認を取らしていただきましょう。
ジョエーウ @joejoeu 2011-11-26 21:30:13
@ni0615 それもPDF http://radioactivity.mext.go.jp/ja/5650/2011/5650_1124.pdf に書いてありますよ。→当該堆積物が採取された箇所の周辺の表層5cm の土壌(2 試料:本年10 月26 日に文部科学省が採取
田島なおき(被ばく受忍返上) @ni0615 2011-11-26 21:37:34
@joejoeuさん・・・あなたがホットスポットや内部被ばくを軽視なさっていることに異論がありますが、この際それは措いて、まずは具体的な(2)と(4)の試料採取の現実を教えていただきたく存じます。大倉山といっても立派な市街地ですから、自然草地を見つけるのも難しいでしょうし、文科省の腕章をつけていても個人所有の空き地に勝手に入ることもできないでしょう、どうか教えてください。
田島なおき(被ばく受忍返上) @ni0615 2011-11-26 21:42:11
@joejoeuさん・・・横浜市が9月17日に採取したのはアスファルト坂道の道路淵や側溝ですよ。ですから、「当該堆積物が採取された箇所の周辺の表層5cm の土壌」の意味を問うているのです。「箇所の周辺」の具体を。
田島なおき(被ばく受忍返上) @ni0615 2011-11-26 21:47:05
私は早野先生や野尻先生に御答えを頂戴したかったのですが、やっぱり無理なんでしょうかね。
田島なおき(被ばく受忍返上) @ni0615 2011-11-26 23:15:12
疑問8 文科省が示した分析法PDFを見ました。そこでのヘソは、物理的な測定ではなく前段の化学的な抽出にあるようです。固相法との違いは、強酸で溶かした液体からストロンチウムを分離することで、操作ステップは複雑です。これか適確にできる人物が日本にはほとんどいない、だからストロンチウムの分析は遅々として進まないと聞いています。他の核種の混在を防ぎはしても、技術が不足していると、ストロンチウムを失う恐れも大きいようです。固相法に過大評価の恐れがあるとすれば、液相法には過少評価の怖れが有るようです。こうした点を、こ
田島なおき(被ばく受忍返上) @ni0615 2011-11-26 23:18:48
固相法に過大評価の恐れがあるとすれば、液相法には過少評価の怖れが有るようです。こうした点を、ここに参集した物理の先生方は、一顧だにしないようです。計算(ドグマ)に合わない現実は御嫌いなのだから、仕方ないかもしれませんが。
ペプる(闇のおやつタイム) @2011peple 2011-11-27 00:15:46
同位体研究所の声明の解説、同位体研究所の分析方法の向き・不向きについて追加
ジョエーウ @joejoeu 2011-11-27 00:17:20
@ni0615 事故前の神奈川県の土壌Sr90の表ですhttp://goo.gl/QzYQ3 1.7-2.3Bq/kgの範囲です。たとえ液相法が過小評価傾向があったとしても、「同じ方法で過去水準から変化していない」という事実を見れば、事故影響を計るに足ります。繰り返しますが土で測る事が今回は重要です。
ペプる(闇のおやつタイム) @2011peple 2011-11-27 00:33:30
@ni0615 (2)(4)の試料採取の具体的な場所ならば、文科省pdf記載の場所をgoogle検索+航空地図である程度分かります。(2)大倉山http://bit.ly/uHj8sn (4)横浜市交通局新羽車両 基地http://bit.ly/umT3JB 
ペプる(闇のおやつタイム) @2011peple 2011-11-27 00:35:44
@ni0615それと、連コメして「このまとめに質問を書いたので見て下さい」http://bit.ly/uyzZQzとツイートするなら、自分でまとめを作ってはいかがでしょう?その方が色んな方に質問に答えてもらえる可能性が高いです。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする