NHK追跡!真相ファイル: “低線量被ばく 揺らぐ国際基準” 反響

「番組内容」→「反響」、と続きます ( 反響部分は、ところどころ内容や議論の続きなどの固まりで時系列に優先している部分も )
コラム ICRP 低線量被曝 低線量被ばく トンデル 原発 低線量
79
番組内容

NHK 追跡!真相ファイル: 低線量被ばく 揺れる国際基準
(12月28日 22:55~23:23)
以下、告知引用 http://www.nhk.or.jp/tsuiseki/shinsou_top/20111228.html

“生涯100ミリシーベルトとされる被ばくの基準で、本当に健康への影響はないのか?”
 福島をはじめ、全国の人々が現実に直面している放射能の脅威。
国は「直ちに体への影響はない」と繰り返すばかりだ。その拠り所としているのが、ICRP(=国際放射線防護委員会)の勧告。広島・長崎の被爆者の調査データをベースに作られ、事実上の国際的な安全基準となっている。
 しかし関係者に取材を進めると、1980年代後半、ICRPが「政治的な判断」で、被ばくでガンになるリスクを実際の半分に減らしていた事実が浮かびあがってきた。当時ICRPには、原子力産業やそれを監督する各国の政府機関から、強い反発が寄せられていたのだ。
 そしていま、世界各地で低線量被ばくの脅威を物語る、新たな報告や研究が相次いでいる。
 アメリカでは原発から流れ出た微量の放射性トリチウムが地下水を汚染し、周辺地域でガンが急増。
 25年前のチェルノブイリ原発事故で、大量の放射性セシウムが降り注いだスウェーデンでは、ICRP基準を大きく上回るガンのリスクが報告されている。
 いま、誰もが不安に感じている「低線量被ばく」による健康被害。国際基準をつくるICRPの知られざる実態を追跡する。

書き起こし
当日実況
CAVU @cavu311
#NHK 追跡!真相ファイル。内部被曝とICRP。始まりました!室井さんが柏を訪問する様子から。
ほんのこ @shbttsy74
#NHK 追跡!真相ファイル「低線量被ばく 揺らぐ国際基準」千葉県柏市。原発から約200km。いまも一部の場所で放射性物質を検出。室井佑月氏、母親たちからの以来で、各地で線量を測る活動。民間施設で食品の線量を調べる。「今の国の基準を信じてる人はほとんどいない」
ほんのこ @shbttsy74
#NHK ICRP基準。100mSv以下はほとんど影響はないとする。スウェーデン取材。ICRPの当事者にも取材。低線量のリスクはどう決められたのか。「リスクはどうせわからないのだから、半分に減らしたところで問題はない」「科学的な根拠はなかった。我々の判断で決めたのだ」
kaolinite @kaolinite
低線量のリスクはどうせわからないのだから半分に減らしたところで問題はない(ICRPのひと)NHKより
CAVU @cavu311
#NHK ICRP名誉会員「低線量のリスクはどうせわからないのだから」これは相当興味深い放送になりそう、な気がする。集中して見よう。
ほんのこ @shbttsy74
#NHK スウェーデン、ベステルボッテン県。「いま周辺でガンが増えています。放射能が原因ではないかと疑っています」1986年チェルノブイリ原発事故。死の灰は1500km離れたサーメの村にも降り注いだ。年間0.2mSv。しかしいま、ガンになる住民が1年あたり34%増。

: サールグレーンスカ大学病院 マーティン・トンデル博士 (ヨーテボリ大学 労働環境医学)

ほんのこ @shbttsy74
#NHK トナカイ肉基準値、1kg300ベクレル。食べる肉の量も減らし、体への影響を抑えようとしてきた住民。なぜガンが増えたのか?マーティン・トンデル博士、汚染地域の住民110万人のデータを解析。発症者はいずれも内部被曝10mSv以下。「リスクは内部被曝に左右される」
kaolinite @kaolinite
スゥエーデン北部サーメ年間0.2mSVでがんになる住民が増えている。チェルノ前より34%増加。トナカイ肉(基準値300Bq・kg)を取り込んだのが原因ではないか(NHK・追跡!なんとかって番組)
CAVU @cavu311
#NHK スウェーデン、チェルノ汚染があったサーメ人。チェルノから1500km。事故前より34%ガンが増えたという推定。食べる肉を減らし、内部被曝を減らすよう努力してきたが…。トンデル博士登場。「明らかにICRPよりリスクが高かった」

: 「イリノイ州シカゴ郊外、周辺に3つの原発が集中、原発から排出される汚水には放射性トリチウムが含まれるが、米原子力規制委員会は“基準以下なので影響はない”としてきた」

ほんのこ @shbttsy74
#NHK アメリカ、子供たちに深刻な問題が。イリノイ州シカゴ郊外。周囲に3つの原発が集中。汚水、基準値以下なので影響ないとする。しかし、子供たちがガンなどの難病で亡くなっている。住民を代表して被害を訴えるソウヤーさん親子。娘セーラさん18歳、いまも身長140cm。
ほんのこ @shbttsy74
#NHK セーラさんが脳腫瘍になったのは、この街に引っ越して4年目。井戸の水をまいて遊び、食事をしていた。病気になってからはシカゴから水を取り寄せる。州政府からデータを取り寄せる。過去20年間、住民1200万人がどんな病気にかかったかのデータ。小児科医の夫が分析。
CAVU @cavu311
#NHK 米国イリノイ州、シカゴ郊外、原発立地周辺の子供への影響について。井戸水を利用していた女の子が脳腫瘍に。州政府から1200万住民の健康データを入手。原発周辺だけが脳腫瘍・白血病が3割、小児ガンは2倍に増えていたと分析(いわゆる原子力施設周辺での健康被害データですね)。

: 「全住民の健康調査を求めたが、国は井戸水による被曝量は“1μSv/年”と微量で健康を脅かすことはないと回答」
(以下、“1mSv以下”は誤り)

ほんのこ @shbttsy74
#NHK 原発周辺では、脳腫瘍・白血病などが30%以上増加。小児がんは約2倍に。国は、井戸水による被曝は1mSv以下、健康を脅かすことはないとしてきた。「低線量被曝が何をもたらすか知ってほしい」
ほんのこ @shbttsy74
#NHK 室井佑月「リスクは少ないという言い方は、リスクを背負う人達がいる。確実にいるということ」セーラさんがどれだけの被曝をしたかはわからない。測っていない。「子供が病気になったとしたら、損害を求めたいわけじゃなく、健康な状態に戻してほしいと思う」
kaolinite @kaolinite
リスクが少ないということは、リスクを背負う人がいるということ(NHK・追跡!真相ファイル「低線量被曝 世界で何が」)
ほんのこ @shbttsy74
#NHK 100mSvで0.5%増加。100万人で5000人死亡する。幼児・子供はもっとリスクが上がるのでは?低線量であっても影響が高いのでは、という意見もあるが、細胞が放射線に抵抗力をもつ、という意見もある。ICRP自身、この基準を見直すべきか議論を進めている。
CAVU @cavu311
#NHK たとえば被曝で0.5%のガン死リスク上昇とは、1000人で5人、100万人で5000人が「被曝のために」死ぬということ。
残りを読む(443)

コメント

御用聞き @GoyoGakusha 2011年12月29日
ICRPの年間予算61.7万ドル?研究費は自分の大学の予算でまかなってるのかな。
s_matashiro @glasscatfish 2011年12月29日
ICRP90 ではいろいろな基準値が厳しくなったので、このNHKの番組の作り方には疑問が多い。職業被曝限度引き下げ(50mSv/年から100mSv/5年)、公衆被曝年限度引き下げ(5mSv/年から1mSv/年)、妊娠従事者に対する腹部等価線量限度引き下げ(10mSvから2mSv)
🌸🍀眞葛原雪🍀🌸 @pririn_ 2011年12月29日
ICRPは90変更時日米研究によってより厳しい結果か出た事は明確にしないものの許容基準は下げているけど問題は原発作業員の許容量なんでしょうね。医学的な見地からはもっと厳しくするべきだった
🌸🍀眞葛原雪🍀🌸 @pririn_ 2011年12月29日
500mSv積算で5%相対リスクが上昇するなら、生涯で自然な状態からプラス50mSvで0.5%上昇。今20mSv浴びている地域は来年40mSv近くあびます。これ「緊急時」をいつまでにするかで大きな争点です
🌸🍀眞葛原雪🍀🌸 @pririn_ 2011年12月29日
今まで、生涯積算100mSv以下なら相対リスクが0.5%未満だから目安にしていた。相対リスクを軸に考えると、それが生涯積算50mSvで達する、になったわけですから
Tatsuro @tatsuro2009 2011年12月29日
どうもよく分かりませんが、世田谷のおばあさんは年間30mSVの放射線を浴びていたのではないのか?50年で1.5SV。この事実より、生涯100mSVはナンセンス。
ala @ala_la 2011年12月29日
更新: 冒頭、番組内容の@jaikomanさんによる書き起こしを追加 しました、jaikomanさん、ありがとうございます!
終了アカウント @touketu2013 2011年12月30日
RT @shbttsy74: #NHK 原発周辺では、脳腫瘍・白血病などが30%以上増加。小児がんは約2倍に。国は、井戸水による被曝は1mSv以下、健康を脅かすことはないとしてきた。「低線量被曝が何をもたらすか知ってほしい」
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする