10周年のSPコンテンツ!

赤松健さん「出版社への著作隣接権の付与」だけはマジやばい。著作隣接権についてまとめ

漫画家、赤松健さん「出版社への著作隣接権の付与」だけはマジやばい。TPPの知財関連よりヤバい。騒いでる漫画家が殆どいないのもマズい。orz という発言に対しての関連ツイートまとめ (必ずしも正しいことではなく、twitterでの議論なので、有益な情報を編集で追加していただけると漫画家さんが大変助かると思います。よろしくお願い致します。)
書籍 文学 出版 著作権 総記 赤松健
303
赤松 健 @KenAkamatsu
文化庁の検討会議報告書から:出版社への著作隣接権付与は継続審議へ - 電子書籍情報が満載! eBook USER http://t.co/rZQpMutJ「出版社への著作隣接権の付与」だけはマジやばい。TPPの知財関連よりヤバい。騒いでる漫画家が殆どいないのもマズい。orz
赤松 健 @KenAkamatsu
出版社に著作隣接権が与えられると、例えば出版契約が切れた後でも、出版社が作品の権利の一部を持つことになる。だから作者が他の出版社で再刊行したいと思っても、「ダメ」って禁止することができる。2次創作も同様。漫画家が今より蔑(ないがし)ろにされること請け合い。
甲賀志 @hiroujin
作品を自由に発表する権利が作者から出版社に取り上げられてしまう! RT @KenAkamatsu 『文化庁の検討会議報告書から:出版社への著作隣接権付与は継続審議へ』 http://t.co/Z6LcrdMT 「出版社への著作隣接権の付与」だけはマジやばい。
野上武志 takeshi NOGAMI @takeshi_nogami
@KenAkamatsu 現状で作家側に武器が無い(政治的働きかけする組織も財力もない)というのもさらにやばいですね・・・
不破雷蔵@ガベージニュース @Fuwarin
@takeshi_nogami @KenAkamatsu …「現時点では大半の諸外国で出版社に対して著作隣接権など独自の権利は付与されておらず」これと合わせると、仮に付与が確定したら、「それじゃ国内法が適用されないところから出すよん」的に、海外籍の日本支社を持つ出版社以下略:P
マカロニandチーズ @macaronicheese0
@KenAkamatsu 「あの出版社でうちが出してたマンガが再刊行されるのはプライドが許さない」「あの作家キライだから再刊行させない」とか感情的にやられたらタマらんですね
足立たかふみ_T.Adachi_あーたか @takafumi_adachi
@KenAkamatsu 仮に著作隣接権付与が通ってしまった場合に、「著作隣接権を放棄する」出版社が登場したり、作家がこぞって新しい出版形態に移行していく展開があれば面白いですけどねー。ないかー。
けだもの屋 @kedamono_ya
@KenAkamatsu アメコミのように、例えば力石が死んだり生き返ったりスクラル人だったりする事になってしまうんですかヘタすれば
赤松 健 @KenAkamatsu
@kedamono_ya それは作者でも結構やる。(笑)
ヤスリン(堀部安いべ~) @yasrinjr
@KenAkamatsu これは僕も以前から危惧していました。問題なのは、未だに若い作家が著作権について詳しく勉強していないことだと思います。原稿を出版社に渡したらそのまま著作権もそちらに行くと思っている人がなんと多いことか。譲渡と貸与は根本的に違うんですけどね。
赤松 健 @KenAkamatsu
@yasrinjr 「出版社に著作権が行く」と考えている作家は確かに多いですね。(^^;)
ヤスリン(堀部安いべ~) @yasrinjr
@KenAkamatsu これは出版社の新人賞募集の注意事項に問題があるのですよ。たいていの場合「応募した作品の著作権は出版社に帰属します」と書かれているので、プロになった後もみんなそうだと勘違いしちゃう。あれはそろそろ止めた方が良いと思ってます。
タナベキヨミ @annzuame55
@KenAkamatsu お疲れ様です。『出版社への著作隣接権付与』件、まだ熟読はしていないのですが、私めの作品がいつのまにかWEB公開されていたあの感じが、ウヤムヤのうちに…ではなく、堂々となされてしまうことにもなるのでしょうか…。いつの間に、こんな審議が…。(青ざめ)
赤松 健 @KenAkamatsu
@annzuame55 最近じゃなくて、ずっと前から審議してますよ。(^^;)
松田未来 夜光雲のサリッサ コミックリュウWEBで連載中! @macchiMC72
@KenAkamatsu れって過去の作品にさかのぼって適用されるとか無いですよね?念のため。
赤松 健 @KenAkamatsu
そこまでは無さそうな感じです。 https://t.co/PsIAiVvZ RT @macchiMC72 これって過去の作品にさかのぼって適用されるとか無いですよね?念のため。
小倉秀夫 @Hideo_Ogura
そのあたりの経過措置をどうするかは、仮に出版者隣接権を新設するとなれば、附則で定めることとなると思いますが、実務的には無理があると思います。RT @KenAkamatsu: 著作隣接権は、過去の掲載マンガまで全て自動付与になりますか?
松田未来 夜光雲のサリッサ コミックリュウWEBで連載中! @macchiMC72
著作権は作者に帰属するという原則は作家の最後の拠り所だからなあ…その最後の一線を超えたら、ますます出版社離れが進むんじゃないんだろうか。
松田未来 夜光雲のサリッサ コミックリュウWEBで連載中! @macchiMC72
表現規制の時と違って、著作権の話は漫画だけの問題じゃないと思うんだけど文章書きの方々はどう動くのだろうか。
松田未来 夜光雲のサリッサ コミックリュウWEBで連載中! @macchiMC72
れ(契約書)に判を押してくれないと本が出せません。と言われたことはある。会社が用意した契約書に異を唱えるなんて漫画家にはありえないことになっている今の力関係で、「隣接著作権を認めてくれないと本が出せないんですよ」と言われて逆らえるだけの作家がどれだけいるんだろう。
松田未来 夜光雲のサリッサ コミックリュウWEBで連載中! @macchiMC72
あ、間違えた。「隣接著作権」→「著作隣接権」です。
松田未来 夜光雲のサリッサ コミックリュウWEBで連載中! @macchiMC72
『漫画の絶版について』http://t.co/4ra6sioJ 昔「絶版」についてつぶやいた時のまとめです。ここで言っている「原稿を引き上げる」権利がいわゆる著作権として作者が持っている一例。出版社は個々の作品そのものについて「著作権」を持っているわけではありません。
松田未来 夜光雲のサリッサ コミックリュウWEBで連載中! @macchiMC72
著作隣接権」とは、ざっくり言うと「作家にのみ帰属する“著作権”を、契約その他で出版社側も(一部)持てるようにする」ことです。これが契約の時に提示されて、認めてしまうとその作品は「ひも付き」になります。
松田未来 夜光雲のサリッサ コミックリュウWEBで連載中! @macchiMC72
ヨソの出版社に持って行ったり、自費出版したり、Jコミで公開、みたいなことが作家の意思だけで出来なくなるわけですね。
竹熊健太郎《地球人》 @kentaro666
著作隣接権問題を考えているが、本当にややこしくて面倒。でも大きく引いて見たら、要は出版社業界はなんとかJASRAC的な著作権管理団体を作ろうとしていて、作家は自作が自分で管理できなくなるのは困ると言っている。そういう事だよね?
残りを読む(32)

コメント

草薙蒼一郎 @kusanagiblade 2012年1月13日
最後のnatukusaさんのは論旨がずれてるから外した方が良いと思う
藤堂考山 @ko_zan 2012年1月13日
ちょっと思うのは、確かに作家は作品を作ってるかもしれないが、「編集者」って本を作るには欠かせない存在だったりするじゃない?仕事の出来不出来はあるにせよね。だから、著作隣接権の一部を主張する意味も解るんだけど、契約とかの問題であって国が出てくる問題かどうかは微妙かも。
ちくわ@だいぶヱロい @tikuwa_ore 2012年1月13日
同人誌の存在を鑑みれば、必要ではあるけど必須ではない。漫画編集者の本来の主業務は「作家(とその作品)の管理」なので。 RT 「編集者」って本を作るには欠かせない存在だったりするじゃない?
ナースエンジェルHANA子SOS @hanaco01 2012年1月13日
確かに編集者(出版社)の存在もマンガの制作に必要ものといえばそうなんだけど、だから出版社にも著作権の一部は認められても仕方ない……かなぁ? 納得し難いものがあります。
Piichan @piichan 2012年1月13日
テレビアニメや テレビドラマは 数年もすれば テレビ局の 権利が なくなる パターンが おおいけど、著作権を ずっと もちたい 気もちは テレビ局より 出版社が つよいのかもしれない。
ミィム@糖質制限中 @happylab 2012年1月13日
著作者人格権を持つには、「著作者である」ことが要件になってくる。 「編集と共同で制作した」といわれたとき、どれだけの作家が異議を唱えられるか。 「出版権を半独占するための代償行為」から「共同著作作業」になってしまう。
戸松茜 @4tog 2012年1月13日
マンガや小説じゃなくて、技術書とか画集、写真集なんかだとまだ納得がいく気がしますが…それについても「十分に権利主張にたる勤めをした編集者」のみにですよねぇ、感情的には。現状だと、出版社を離れた作家が自費で電子書籍を発行することを許さないためだけに、著作隣接権の話をしている感じしかしません…
TANABE Toshiharu @itinoe 2012年1月13日
出版社は右から左へ原稿まわすだけではなく写植・装丁・権利侵害者への対応・作品改善への協力(これは編集者の業務?)様々な業務があるのですから、この際もう少し細かく明記する方向へ行けばいいと思います。
Azuk(アズキ)/あだちP @zaku_h 2012年1月13日
出版社が「色々やってやってるんだからこっちにもお前の作品の権利を寄越せ」っていうのは理屈が通らなくないか?
hiroharu.minami @hiroharu_minami 2012年1月13日
東城和実さんの 『売る気もないのによそから出させないって言われてる』 と言うのが出版社が作家から信用されない最大原因じゃないのかなと。 元請け下請けの関係は崩し様がないけど、下請けから恨まれているからこんな議論になるんだと思う。
bn2 @bn2islander 2012年1月13日
漫画に関しては、作者と編集者の関係は「二人三脚」だと言われているので、貢献に見合った権利を出版社が求めるのはごく自然ではないかしら
bn2 @bn2islander 2012年1月13日
まあ、海賊版への対応を漫画家自身が単独で行うというのであれば、著作隣接権は不要かもね。出版社が行うのであれば、海賊版を差し止める権利を出版社が保有する必要があると思うけど
kuroshu @krshu 2012年1月13日
著作隣接権の保護対象に「当該出版物の制作のために生成されたデータ」があるのがマジやばい気がするね。 恐らく漫画家か出版社しか持ち得ないデータを何から保護するのやら。
kuroshu @krshu 2012年1月13日
逆に出版物及びその派生物は何となく著作隣接権があってもいい気がするが(50年は長いと思うが) そこは現行の出版権で良い気もする。 どうなんだろうか?
ハルトミゆう @dododori 2012年1月13日
作品を作るにあたって編集者が大きな役割を果たした作品はたしかにある。ただしその場合でも、著作隣接権を主張できるのは編集者個人だろうと思う。出版社という会社ではなく。
  @high_zelkova 2012年1月13日
編集者が本当に仕事しているのかなんて、映像等で記録していない限り当事者以外分かるわけがない。極端な話、一言程度のアドバイスをもらった程度でも「一緒になって作っただろ、隣接権をよこせ」ってなりえる。揉める元になりえるし、裁判沙汰になったら解釈のレパートリーが増えるだけ。アドバイスなり手ほどきを頂いたとしても、作品を完成させるのは作者本人。隣接権は不要。
和泉 @IZUMI162i6 2012年1月13日
え?言うほど海賊版への対応出版社が代わりにやってくれてるの?
bn2 @bn2islander 2012年1月13日
海賊版への対応を作家個人が行うのであればそれはそれで良いかと思いますよ
bn2 @bn2islander 2012年1月13日
でまあ、作家個人で本が完成できるのであればそれに越したことはないですね
きゃっつ(Kats)⊿11/17乃木坂大阪個別 @grayengineer 2012年1月13日
実は作者個人の権利が最大に認められている業界のほうが例外的だったりするけどね。コピーライターとかデザイナーとかプログラマーとか、企業の一員として業務として製作する場合には個人にほとんど何の権利も認められないのが普通だったりする。音楽業界や文学文芸業界、漫画業界といったところはそのへんがちょっと違うみたいだけど、それでも買取制契約してるケースもゼロではなかったり
きゃっつ(Kats)⊿11/17乃木坂大阪個別 @grayengineer 2012年1月13日
個人的にはたとえば音楽出版社が持つ「原盤権」とか、わけわかんねーよ、と思うところもないわけじゃないし、自分の持ち歌を歌うのにJASRACに使用料払うとかいうのもなんだかなーと思わないでもない。そういう、著作権の本来の「文化的創作者の権利保護」から少しずれた周囲の金銭的利益の権利の話はわかりにくいし釈然としない部分が多いとは思う
@worris 2012年1月14日
著作隣接権について誤った理解をしているツイートばかりなので追加。
甲賀志 @hiroujin 2012年1月14日
原稿から新たに出版する場合は関係ないといわれても、その原稿すら出版社が管理している例が殆どな訳で。しかも出版社によって紛失されたり、横流しされたりする事が少なくない。元請け・下請けの上下関係や法務がまるで機能していない様な杜撰な契約形態、そして当の作家への説明責任を果たさない姿勢など、出版社のこういう無責任な体質が改善されないまま、新たな権利を付与するのはやはりマズイと思う。
ざの人 @zairo21 2012年1月14日
俺はこう思う、作家が自炊業者を相手にやめさせる訴訟の流れは、実は本チャンは「その作家を出版業が囲い込み、利権を出版社にするため」であり、それに反対させないように、如何にも著作者を守る運動に参加させ、この本ちゃんの流れを阻止できなくする用意周到な罠だったのだと、さーて今回の流れを自炊業者訴訟の集団所掌に参加した作家連中に是非どう思うかを聞くべき所ではないのか?
ざの人 @zairo21 2012年1月14日
ぜひ皆に気がついて欲しい思いがあるので、投稿しました。
hiroharu.minami @hiroharu_minami 2012年1月14日
「出版社が権利の濫用をして作家の裁量権侵害をするに違いない」と言う作家側の不信を何とかしないと、揉めるばかりだろうと思うけどな。 あ、でも赤松さんは『揉めずにすんなり決まってしまいそう』だから危惧してるのか。w
hiroharu.minami @hiroharu_minami 2012年1月14日
特に『売れ行き不振で絶版した本なのに、他出版社(あるいはJコミ等)からの再出版を妨害される』という作家側の訴えは考慮されるべきではないか。
gentle_cat009 @gentle_cat009 2012年1月14日
前々から気になっていたこと。やっぱり出版社は作家から搾取してるんだな。
ざの人 @zairo21 2012年1月14日
情報ソースをよく読んでみると「文化庁の検討会議報告書から:出版社への著作隣接権付与は継続審議へ」 とある つまり阻止されたということなんだけど、この点記述しているのに ここを強調しないのはおかしいので 青文字でデコレーションし、 今後も継続し阻止という論調に持って行くべきかと。
ざの人 @zairo21 2012年1月14日
正確に伝わっているか疑わしい部分 のソース 継続審議との部分を強調しました。 つまり「法案は通らなかった。」ということです。 これは今後も関心を持って国民が法案審査に通らないように関心を持ち続けましょう。 という流れであれば問題はありません。
ざの人 @zairo21 2012年1月14日
著作隣接権付与 については 皆「強制的に通ろうとしている!」という流れで解釈していないかな?(大汗) 正直私がそうだったし、コメント部分も法案通過反対 という流れでコメントされているから(大汗) 情報ソースはよぅ確認しなきゃと改めて思った次第。
ざの人 @zairo21 2012年1月14日
情報ソースのeBook USERは「法案が通らなくて残念」と最後にコメントしているが、よっぽど想像力がない電子ブック会社なのだな、例えば絶版した書籍を電子ブック化しようと言うビジネスプランも、この法案があれば出来ないことにもなりうるというのに。
ざの人 @zairo21 2012年1月14日
なんかこのケース デジャブ?とおもいきや、思いだしたのが「人権擁護法案」ですね、こちらも理由つけて国が言論統制するという恐ろしい法案。 これもあわせて発信者の権利が奪われるもっと怖い法案。これと一緒に感心を持って行きましょう。
甲賀志 @hiroujin 2012年1月14日
『著作隣接権問題:コミックス奥付の(C)表記に著者名と出版社名が併記されてて不気味』 http://togetter.com/li/241379 をまとめました。
sokkan @sokkan 2012年1月14日
著作権と著作隣接権は別物です。著作権者と似たように振舞える部分があるといっても著作権の一部譲渡とは違うからね。著作権法89条から104条までが現行の著作隣接権の規定。著作権との関係や準用できる範囲も書いてある。ちょっとしか無いから条文読むといいよ。
terry @telsaku 2012年1月16日
著作権って、よりよりクリエイターのためにある法律であるべきだなあという気がします
smw @Shi_MeiWo 2012年1月17日
編集者も著作の内容に関わってるとなると、どこまでがまんが家の意匠なのか、ってのは決めがたいなぁ。つーか、編集者は触らないほうがいいんじゃないの? 医療だって、医薬分業なんだし。
hiroharu.minami @hiroharu_minami 2012年1月17日
著作権法89条から104条まで http://bit.ly/wkhdUS 読んだが、基本的に音楽業界向けで、これをどう出版業界向けに読み替えるべきかがわからんなぁ。出版業界の要求はこれなんだけどさ。http://amba.to/x2a53a
hiroharu.minami @hiroharu_minami 2012年1月17日
90条の「この章の規定は、著作者の権利に影響を及ぼすものと解釈してはならない」も、著作者の意見は常に著作隣接権者の意見をオーバーライド可能な様にも見えるけど、実際そういう運用なのかどうか? とか。
hiroharu.minami @hiroharu_minami 2012年1月17日
現状でさえ、出版社側に対して立場が弱い創作者側なのに、これ以上出版社に権利付与して立場を強化して、一体俺達これからどうなるの? という創作者側の不安を解消するようなアクションを、出版社側はどう手当てする気なのだろう?
hiroharu.minami @hiroharu_minami 2012年1月17日
「手当なんかする気がないから、ロビー活動してるんだよ、ヴァーカwww」 という事じゃなきゃいいんだけどねぇ。
ペドロ @QP_Pedro 2012年1月19日
漫画家は舐められてるんだよ。何だかんだ言っても俺達(出版社)から原稿料貰わないと生活出来ないんだし権利関係の知識も社会的な常識も政治的行動力も無いちょろい連中だって思われてるんだよ。漫画家自身が漫画家という職業の立場や待遇を向上させる為に動かない限り何時までも出版社のいいように扱われ続けるだろうよ。
「SPEEDI」メーター @SPEEDI9 2012年1月19日
http://otakurevolution.blog17.fc2.com/blog-entry-1953.html TPP、著作権問題続報。アメリカから非親告罪化、画像やテキストの全著作物の私的ダウンロードを罰則化の要求出る! 定期的に更新したりするのでできればブックマーク(お気に入りに入れる)してくれると助かります
「SPEEDI」メーター @SPEEDI9 2012年1月19日
反対方法は議員や勢力によって使い分けるのがベストです 規制に慎重、反対派には非親告罪化の件で強く訴え 自民などのいわゆるネット規制賛成派には非親告罪化の件には触れないようにして他の項目の反対を武器に迫る
valu@C97 28日(土)西う08a 杉北ロケハン部 @valu_lu 2012年1月21日
同人誌について、作者→おk 出版社→NG、となった時に出版社が頒布禁止を訴えることができるかどうかが気になるけど、まだそこまで話されてないのかな。違法UPは、現行法でも出版社を代理人にするとかで作者の手を煩わせずに訴えれるような気がするけど法務部がそう言うなら違うのか…?
Wisia @teabreakt 2012年7月5日
「赤松健さんや里中満智子さんに納得されては困ります!-原版権は漫画家の皆さんにも甚大は影響があります。」http://blogs.yahoo.co.jp/teabreakt/66868521.html との記事を書きました。原版権の問題を連載しています。本当にまずいと思います。
Wisia @teabreakt 2012年7月5日
「赤松健さんや里中満智子さんに納得されては困ります!-原版権は漫画家の皆さんにも甚大は影響があります。」http://blogs.yahoo.co.jp/teabreakt/66868521.html との記事を書きました。原版権の問題を連載しています。本当にまずいと思います。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする