サステナブルセミナー第2回「ファンドレイジング」

2012年2月13日19時より、福岡市の福岡市NPO・ボランティア交流センター「あすみん」で行われたJoy-Box主催サステナブルセミナー第2回「ファンドレイジング」のTwitter中継まとめです。日本ファンドレイジング協会の鵜尾氏とグリーンバードの岩永氏を招いて、NPO組織が持続的に活動を続けるために必須であるファンドレイジングに関してお話を伺いました。ハッシュタグは #サステナブルセミナー
セミナー サステナブルセミナー ファンドレイジング NPO
2
Takumi @taakumi
19時からあすみんのセミナールームでサステナブルセミナー第二回「ファンドレイジング」が始まります。ゲストの日本ファンドレイジング協会の鵜尾さんもいらっしゃり、打ち合わせ・準備中です。セミナーの様子はこちらのハッシュタグで呟きます。 #サステナブルセミナー
Takumi @taakumi
今からサステナブルセミナー第2回「ファンドレイジング」の様子をこのアカウントで伝えます。 || 2月13日 #サステナブルセミナー 2「ファンドレイジング」/鵜尾雅隆氏 http://t.co/xltK3SVx
Takumi @taakumi
サステナブルセミナー第2回「ファンドレイジング」始まりました。主催Joy-Box代表の永田氏よりセミナー趣旨説明。 #サステナブルセミナー
Takumi @taakumi
今回のセミナーは共催:福岡市NPO・ボランティア交流センター「あすみん」、協力:NPO法人 グリーンバード福岡 後援:福岡市、NGO福岡ネットワーク・FUNN。また、この活動は平成23年度「エコ発する事業補助金」による助成を受けています。 #サステナブルセミナー
Takumi @taakumi
司会より今回のゲストである鵜尾氏の紹介がありました。鵜尾氏の講演が始まりました。 #サステナブルセミナー
Takumi @taakumi
鵜尾氏「まず、『私(たち)の夢は、◯◯です』という文章を1分間で考えて欲しい。そして、1分間で隣の方に話してみてください。」 #サステナブルセミナー
Takumi @taakumi
参加者「あまり考えることがなかったので良い機会だった」、「1分間でぴったり話せた」、「聞いた人の夢を応援しようと思った」 #サステナブルセミナー
Takumi @taakumi
鵜尾氏「夢語る自己紹介では、能動的に聞く人、つまりアクティブリスナーが増える。そして楽しそうに話す人が増える」 #サステナブルセミナー
Takumi @taakumi
鵜尾氏「NPOを運営するにあたって、『夢』は最大の経営資源になりうる。」 #サステナブルセミナー
Takumi @taakumi
鵜尾氏「Big Concept, Big People, Big Moneyの3つは必要である。一番初めのBig Conceptはさきほどの『夢』であり、人を巻き込む力を発揮する」 #サステナブルセミナー
Takumi @taakumi
鵜尾氏「例えば、フェンシング協会。ミッションではなく、『コミットメントメッセージ』を伝えることで共感を生み、Big Peopleを巻き込み、そしてBig Moneyをもたらす」 #サステナブルセミナー
Takumi @taakumi
鵜尾氏「東日本大震災が日本社会に与えた変化のひとつには、(東日本大震災の復興へ)寄付したことのある人が80%近くまでに増えたこと。また、企業の働き方も変わり、7割の人が『社会のためにもっと役立つ仕事がしたい』と答えた」 #サステナブルセミナー
Takumi @taakumi
鵜尾氏「これまに40カ国で国際協力の仕事をしてきたが、日本ほど行政に社会問題の解決を任せている国はないのではないか。」 #サステナブルセミナー
Takumi @taakumi
鵜尾氏「タイガーマスク運動のとき、記者が『行政に任せるのではなく、自分たち自身が動かなくては社会はよくならないのではないか』と言った。いまではより多くの人がこれを主張している」 #サステナブルセミナー
Takumi @taakumi
鵜尾氏「ファンドレイジングとはなにか。カリスマファンドレイザー『お金を要求したことはない。問題を提示し共感を生み、そしてその問題解決のためにあなたがどう関わることが出来るかを繰り返し尋ねる。例え、お金が集まらなくても社会を変えることに繋がっている』。」 #サステナブルセミナー
Takumi @taakumi
鵜尾氏「効果的にファンドレイジングを行うためには、まずBig Conceptに共感してもらう。そして、必要なのは財源戦略をもつ、ダイレクトマーケティング力を強化する、得意型をつくる。」 #サステナブルセミナー
Takumi @taakumi
鵜尾氏「民間非営利組織はおもに、会費・寄付、事業収入、助成・委託によって運営されているが、それぞれの財源には相乗効果がある。それを最大限に利用するのが『共感力』である。」 #サステナブルセミナー
Takumi @taakumi
鵜尾氏「例えば、長期的な戦略を立て助成金を事業に投資する。NPOにおいて助成金は会社にとっての『資本金』であり、助成金で事業をまわすのではなく投資するという事業戦略を持つことが重要である」 #サステナブルセミナー
Takumi @taakumi
鵜尾氏「次にマスマーケティングではなく、1対1のダイレクトマーケティングを強化すること。代わりに手間がかかるが、そのためにドナーデータベースを持つことが最も必要な要素である。これが海外との最大の違いである」 #サステナブルセミナー
Takumi @taakumi
鵜尾氏「例えば、Salesforce(https://t.co/PEVseKiC )ではNPOは無料でドナーデータベースを利用することが出来る。ただ、重要なのは情報を管理することではなく、こういった情報の事業に反映することである」 #サステナブルセミナー
Takumi @taakumi
鵜尾氏「最後に得意型をつくること。まずここで3分間、参加者が良いと思うNPOの活動を隣同士で話して欲しい」 #サステナブルセミナー
Takumi @taakumi
参加者「手紙などで支援される側が見える形」、鵜尾氏「人は組織ではなく、人に寄付する。応援するためには『人が見える』ことは必須である。これは組織のウェブサイトでも、団体メンバーの顔が見れることはファンドレイジングするのに効果的である」 #サステナブルセミナー
Takumi @taakumi
参加者「宝くじの売上の一部が寄付になる」、鵜尾氏「物の売上の一部が寄付される事例はミネラルウォーターやビールなどでも見られる。このような活動(コーズマーケティング)を通して、商品の売上が上がる事例は複数ある。」 #サステナブルセミナー
Takumi @taakumi
参加者「プロボノを支援する団体がデザイン性が優れたウェブサイトなど持つこと」、鵜尾氏「クリエイターにとって、社会にムーブメントを起こすことは脳裏に尽きる。また、優れたデザインがよりBig Peopleを巻き込むことにも繋がる」 #サステナブルセミナー
Takumi @taakumi
鵜尾氏「一口オーナーになることやJust Givingを利用することでファンを増やしたり、価値がつながるコーズ・リレーティッド・マーケティング、書き損じハガキなどのもったいない系など、得意型ををつくることが重要である」 #サステナブルセミナー
残りを読む(21)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする