J.バトラーのパフォーマティビティ概念をめぐって(tummygrrlまとめ版)

eguchi2012さんのdisに端を発したやりとりです。 既にまとめがありますが、こちらは、まとめ作成者の個人的な趣味で、クィア/フェミ理論とポリティクスにかかわるので重要だ、と作成者が考えた部分を中心に作成しました。 パフォーマティブ/パフォーマティビティの英語としての理解、というあたりのお話は既存のまとめにお任せしております。 既存のまとめはこちら 「ジュディス・バトラーの「続きを読むeguchi2012さんのdisに端を発したやりとりです。 既にまとめがありますが、こちらは、まとめ作成者の個人的な趣味で、クィア/フェミ理論とポリティクスにかかわるので重要だ、と作成者が考えた部分を中心に作成しました。 パフォーマティブ/パフォーマティビティの英語としての理解、というあたりのお話は既存のまとめにお任せしております。 既存のまとめはこちら 「ジュディス・バトラーの「パフォーマティビティ」とはいかなる概念か」 http://togetter.com/li/320015 二日にわたるやりとりを通じて、eguchi2012さんはパフォーマティビティの言い換えを二つ採集なさったそうなのですが、そろそろeguchi2012さんはどの部分をどのような理由でどう言い直すべきだ(あるいはどの部分がどう言い直しではきかないくらい駄目だ)とお考えなのかを拝読できればと、まとめ作成者は期待しております。
クィア 人文 フェミニズム
tummygrrl 9420view 3コメント
23

限定公開の新機能が大好評!

プライベートなツイートまとめの共有がもっと簡単になりました。フォロワーだけに特別なまとめを公開しませんか?メンバー限定はメニューから設定可能です。詳細はこちら

ログインして広告を非表示にする
  • 発端(たぶん)------------------------

  • 江口某(焦土) @eguchi2012 2012-06-12 23:13:38
    バトラーの「パフォーマティビティー」のまともな論文は国内に1本もないのです。
  • 江口某(焦土) @eguchi2012 2012-06-12 23:13:50
    定義している論文さえないのです。
  • frrootsさんの応答を中心に----------

  • KOMIYA Tomone @frroots 2012-06-13 07:21:04
    江口さんのバトラー批判に半分くらい僕は賛成なんだけど、でもそういう批判ってそれだけだとなんか「ためにする」議論に見えるのよね。
  • KOMIYA Tomone @frroots 2012-06-13 07:26:11
    「セックスもジェンダーだ」とか「ジェンダーはパフォーマティヴだ」みたいな主張はよく意味がわからないところが確かにあるんだけど、よく意味がわからないまま人口に膾炙してしまうのにもやっぱりそれなりに理由があると思う。
  • KOMIYA Tomone @frroots 2012-06-13 07:31:41
    現在でも、「生物学的に女(あるいは男)なんだから」という論法によって差別が正当化されたり、抑圧が生じていたりしていて、さまざまな場面・水準で生物学的知識の規範性みたいなものに向きあい・抵抗するための言葉が、多くの人に必要とされてるってことなんじゃないんだろうか。
  • KOMIYA Tomone @frroots 2012-06-13 07:34:48
    もしそうなら、言葉の「意味がわからない」のが確かだとしても、意味がわからない言葉が必要とされているような現実の状況に対してどういう態度をとって何を言うのかみたいな議論を抜きに「わからない」とだけ言うのは、「その言葉」の考察として非生産的な感じがしてしまうのよね。
  • KOMIYA Tomone @frroots 2012-06-13 07:36:07
    まあ別に政治的にフェミに対して敵対的なのでdisりますというのでも当然いいのだけれど、だったら直接そうしてもらったほうがいいんじゃないかと思うし…
  • KOMIYA Tomone @frroots 2012-06-13 07:36:58
    @contractio そうかもしれませんが、単に研究のための言葉ではないということまで含めて考察しないといけない言葉だと思うんですよね。
  • KOMIYA Tomone @frroots 2012-06-13 07:43:51
    そう言うならそれはもう「研究の原則」ではなく政治的態度の表明ですね。 RT @contractio つ「それが不毛」 RT frroots: いやそうじゃなくて、「バトラーの言葉」自体がひとつの「現状」なんだと思うんですよ。
  • KOMIYA Tomone @frroots 2012-06-13 07:51:44
    @contractio 「その言葉が向き合ってる現実」にどう向き合うかを抜きにした議論は非生産的だ、というのは別に自家中毒ではないでしょう。
  • KOMIYA Tomone @frroots 2012-06-13 07:52:49
    @contractio ありますよ。だってそれは「その言葉が必要とされている状況に対して自分は何も言わないが、その言葉に対してだけは文句を言う」という態度なんですから。
  • Sakino Takahashi @sakinotk 2012-06-13 08:09:09
    その理由自体をアカデミズムは反省すべきでは?RT @frroots: 「セックスもジェンダーだ」とか「ジェンダーはパフォーマティヴだ」みたいな主張はよく意味がわからないところが確かにあるんだけど、よく意味がわからないまま人口に膾炙してしまうのにもやっぱりそれなりに理由があると思う
  • Sakino Takahashi @sakinotk 2012-06-13 08:11:12
    人口に膾炙させている側の方々は、まじで、ジェンダー概念自体の出自をお勉強なさるべき。RT @frroots: 「セックスもジェンダーだ」とか「ジェンダーはパフォーマティヴだ」みたいな主張はよく意味がわからないところが確かにあるんだけど……。
  • KOMIYA Tomone @frroots 2012-06-13 08:13:09
    @sakinotk 「よく意味がわからない」という批判が内容的に間違ってるとは思ってないですよ。私もバトラー批判してますし。
  • Sakino Takahashi @sakinotk 2012-06-13 08:14:46
    「生物学的知識の規範性」を仮にそのまま認めたとして、バトラー的ジェンダー解釈が、対抗するための「言葉」になるとは思えません。そういう解釈こそ桎梏だと思います。RT @frroots: …さまざまな場面・水準で生物学的知識の規範性みたいなものに向きあい・抵抗するための言葉……
  • KOMIYA Tomone @frroots 2012-06-13 08:19:28
    @sakinotk そうかもしれませんが、でも「抵抗の言葉探し」という文脈を離れて言葉だけを批判してもあまり生産的ではないですよね。批判したうえで、その文脈でできることを考えていくのでなければ。
  • itiweysさんとeguchi2012さんを中心に----------

  • @itiweys 2012-06-13 07:32:36
    @eguchi2012 わたし、江口さんの論文は参考にされていただいてるし、とくにバトラーの「ポルノと検閲」の章を取り上げるときは、ポルノ規制の主張が登場してきた歴史的・文化的背景→マッキノン→ダガン→それに対するマッキノンからの批判を →
  • @itiweys 2012-06-13 07:32:59
    @eguchi2012 → 踏まえた上で「バトラーのマツダ&マッキノン解釈には問題もある思うよ」と留保をつけつつ、バトラーが何を警戒してこういった主張を展開しているのか(わたしの解釈も含めつつ)を授業のなかで取り上げているだけなんだけどなー。
  • @itiweys 2012-06-13 07:33:29
    @eguchi2012 なので、勝手に「バトラー信奉者」みたいに思われるのは「隠れリベラリスト」(もはや「公然の秘密」になりつつあるけど)ちょっと残念。バトラーをめぐってはいろんな意見があって、わたしにはわたしなりの暫定的な意見があるということだけの話しなので別に構いませんが。
  • 江口某(焦土) @eguchi2012 2012-06-13 11:09:32
    @itiweys ありがとうございます。いや別にitiweysさんをバトラー様信奉者だと思っているわけではないです。
  • 江口某(焦土) @eguchi2012 2012-06-13 11:10:49
    でも「パフォーマティヴィティー」という言葉を使ってらっしゃるようなので、ついでなのでその意味を教えてもらえるとたすかります。定義なり別の説明的な表現にするとどうなるでしょうか?とりあえず訳は「行為遂行性」でいいですか? @itiweys

コメント

  • 少年ブレンダ @hibari_to_sora 2012-06-16 15:44:31
    frrootsさんの「意味の判らなくても、その判らない言葉がなぜ必要とされるか」には同意出来る一方で、そうした問題意識なしにはとても読めない、ひたすら不毛な議論だと思う。
  • 少年ブレンダ @hibari_to_sora 2012-06-16 15:51:24
    .@tummygrrl 特に自分たちの不正、反省はつまびらかにしないクィア学会の人が論じる「バトラー」や「パフォーマティビティ」はまさに「茶番」、それこそある意味「パフォーマティブ」と言うに相応しいと思った。
  • ミラクルひっぴぃ♪(節操なし、即廃炉) @hibinomakoto 2012-06-18 00:05:52
    清水晶子さんは、自身が幹事を務めるクィア学会で、自身で「日本語要件」を設け、しかも幹事会の独断でそれを行うという間違いを犯しました。そのことは、ネットでもクィア学会総会でも、日本人中心主義・越権行為として明示的に批判をされましたが、本人からの謝罪や反省の弁は聞いたことがありません。そのような清水晶子さんが、バトラーやパフォーマティビティーを云々しているとしたら、本当に笑止千万。清水晶子さんは、まず自身の言動について責任を負うこと、まずそのことから学習されるべきだと思います。

カテゴリーからまとめを探す

「人文」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする