斎藤美奈子『紅一点論』の杜撰さ

しばらく前、教科書(正確には副読本)に採用されたことで話題になった本です。 しかし読んでみるとあまりにも粗雑な書であり、ぼくはかなりしつこく、この本を批判してきました。 ツイッター中にも書いていますが、ぼくはまず、大のフェミニズム嫌いです。 しかし以下に見るように、本書はフェミニズムの主張するイデオロギーの是非をひとまず不問にしても、あまりにも多くの問題を持っていると判断せざるを得ない本なのです。 続きを読む
12
ヤバコ @yavac0

今息抜きに斎藤美奈子の評論『紅一点論』を読んでいる。内容自体はフェミ的にそこまで目新しさはないんだけど語り口が皮肉っぽくって心地よい。ただ恐らくミソジニーを内面化した人が読んだら少々ヒステリーっぽい書き方に感じるかも。でも私はそれくらいが丁度いい。

2012-09-13 20:41:41
ヤバコ @yavac0

斎藤美奈子『紅一点論』ヴィレッジセンター98年を読み終えた。アニメと伝記の相違点を比較し、世の中に流布している女性のイメージを三パターンに分けて分析していく。皮肉っぽいが小気味いい展開で面白い。宮崎アニメやエヴァ、セーラームーンも扱われてる。

2012-09-14 21:31:51
ヤバコ @yavac0

『紅一点論』ではアニメと伝記っていうどう見ても接点のなさそうなメディアから女性像を分析してる。特に子供向けの伝記とアニメの親和性の下りは「はーなるほどね」となった。両者はともに子どもが接するメディアで物語の形式をとる。物語の中にあるイメージの相違に注目するってこと。

2012-09-14 21:35:35
ヤバコ @yavac0

『紅一点論』のアプローチが面白いのは子供向けの伝記をあえてテキストとして構造をみていく点。武田美保子の『〈新しい女〉の系譜』で紹介されたフロイトの研究を文学テキストとして読むのと似てる。読み方にも色々あるんだなーと本編もだけど、この本の取り組み方にも感心した。

2012-09-14 21:38:44
ヤバコ @yavac0

『紅一点論』ではアニメで登場する女性を三パターンに分ける。悪女と娘と聖女。時として母が加わる。アニメ史を大雑把に追いかけながら男子向けアニメと女性向けアニメとでどうキャラの立ち位置が変わってきたかを分析してるのが面白い。

2012-09-14 21:42:40
ヤバコ @yavac0

『紅一点論』は女性キャラを分析するために男子向けアニメの分析もする。男子は異形排除の超組織社会。女子は恋愛至上主義で家族が発展してると仮定してる。どちらを分析するときも一見すると迎合した様に見えて相当な皮肉になってて笑える。まるまる引用したいくらい。

2012-09-14 21:45:44
加野瀬未友 @kanose

アニメでジェンダー論というと『紅一点論』というアレげなものが出てくるという偏見がある…。斉藤美奈子氏の手にかかれば、ヤマトもガンダムも男性しか支持してないアニメに

2012-09-15 14:26:46
加野瀬未友 @kanose

あ、この前 @amamako さんがいっていたような心配は考えてみたら『紅一点論』で既に起きていたか。大学の授業で使われたりするみたいだしなあ http://t.co/Acl7yAOF

2012-09-15 14:35:42
あままこ(天原誠) @amamako

『紅一点論』を大学の授業で紹介するというのは、まさしく「異議申し立て」を狙ったものなんだよね。今までサブカルチャー作品とは価値中立的なものだと信じ切っているような学生さんに、そうではないということを示すための。

2012-09-15 15:44:06
あままこ(天原誠) @amamako

だから、質の良い授業なら、『紅一点論』の議論を紹介したあとは、必ずこう付け加えると思う。「この論者の議論についてどう思うか、自分で考えてみよう」と。というか実際僕が受けた文学部の授業はそんな感じで進んだわけで。僕が問題視していることとはちょっと違う。

2012-09-15 15:46:28
あままこ(天原誠) @amamako

あと、それとは別に、オタクの批評アレルギーっていうものもあることはやはり指摘しておかなきゃならなくて。この批評アレルギーもまた「絶賛しか許さない」みたいな悪影響を与えてしまっているというか。http://t.co/5QHLTBZg

2012-09-15 15:55:21
ヤバコ @yavac0

斎藤美奈子の『紅一点論』で、子供向けの伝記が以下にアニメのヒロインみたいにファンタジー化されてるかを大人向けの伝記と比較する章が面白い。ナイチンゲール、マリー・キューリー、ヘレン・ケラーの実態が実はさほどアニメのヒロインが目指す母でも娘でもなくて悪女に近いってのが笑える。

2012-09-15 20:18:56
ヤバコ @yavac0

『紅一点論』で面白かったのは宮崎アニメのヒロイン像。一見するとナウシカやもののけ姫みたいな映画を見ると女性が組織のトップにいて対決するからフェミ的に良さ気なんだけど、実際は男性ヒーローに無理がきたから女性の見た目に置き換えただけじゃないかって指摘。納得。

2012-09-15 20:29:13
兵頭新児@『女災』10th year! @hyodoshinji

@amamako 失礼します。リツイートだけしてちょっと毒でも吐いておこうかと思ったのですが、やはりどうしても看過できません。件の本は極めて粗雑な、はっきり言えばウソ八百の書き並べられたものです。ぼくはフェミニズム嫌いですが、しかしそれを置くにしても件の本を授業に用いることは

2012-09-15 20:53:12
兵頭新児@『女災』10th year! @hyodoshinji

@amamako フェミニズムへの学生の嫌悪感を募らせるだけではないかと思います。今時オタクは多いですし「オタク文化という一般人が知らないものを肴に、自説を語る」という類の本(これは件の本に限らず一時期、大量に出ていた)はそのウソを看破されてしまいますし、感情的な反発も受けます。

2012-09-15 20:55:18
あままこ(天原誠) @amamako

返答はちょっと保留。今紅一点論を手元に取り寄せているので。

2012-09-15 21:28:22
兵頭新児@『女災』10th year! @hyodoshinji

@amamako なるほど、まだ先の話だったわけですか。ちょっと参考に。「http://t.co/XFMsie3C」ここで批判がされています。この人は思想的な偏向、少なくともフェミに対する先入観はないと思います。本と共にご覧になっていただければ幸いです。

2012-09-15 21:36:04
あままこ(天原誠) @amamako

@hyodoshinji 思想的な偏向はともかくとして(フェミニズムというもの則れば、一見中立に見える社会が、いかに男性中心であるかを告発するものである以上、「偏向がない」ということはありえない)、そのサイトの批判は、僕から見るとあまり説得力はありませんでした。

2012-09-15 21:59:46
あままこ(天原誠) @amamako

@hyodoshinji 例えばミノフスキー粒子の指摘ですが、しかしガンダムにおいては別にミノフスキー粒子という設定を遵守しなければいけなかったわけでなく、むしろ先に物語があり、それを説明する設定としてミノフスキー粒子があるわけで、それに則って物語解釈を否定するというのはおかしい

2012-09-15 22:03:11
あままこ(天原誠) @amamako

@hyodoshinji 他にも、そのサイトでされている紅一点論への批判は、大体がただオタクの批評アレルギーを表明しているものにしか読めませんでした。『紅一点論』に批判すべき点はあるでしょうが、少なくともこのサイトが指摘している点はどうでもいい問題にしか思えません。

2012-09-15 22:08:12
あままこ(天原誠) @amamako

ぶっちゃけて言うと「こんな程度の低い批判しかできないから、サブカルチャー批評は馬鹿でもできると思われるんじゃねーの?」という感じ。

2012-09-15 22:12:00
兵頭新児@『女災』10th year! @hyodoshinji

@amamako ちょっとショックです。確かに一般人VSオタクの対決において、オタクがある種些末な部分にこだわり〔ここが間違ってる、あそこが間違ってる」と言い立て、一般人の側に呆れられる……といったことは時折、戯画化して描かれもします。

2012-09-15 22:31:19
兵頭新児@『女災』10th year! @hyodoshinji

@amamako しかし斉藤氏のデタラメぶりは「オタが些末なミスをつついている」というレベルではない。それをそのような言い方でオタクに責を押しつけるやり方は、はっきり言うと斉藤氏がこの本を出した前世紀、既に通用しないものになっていたのです。オタ系文化人ってのが出てきた頃ですし。

2012-09-15 22:32:45
兵頭新児@『女災』10th year! @hyodoshinji

@amamako 例えば、「男児向けヒーローは親方日の丸が多い」「女児向けヒロインはプリンセスが多い」。これらは全て斉藤氏が主張し、件のブログに明快に否定されています。これを「本質的でない指摘」だと強弁するのであれば、それは即ち斉藤氏の仮定自体をも否定せざるを得ない。

2012-09-15 22:34:29
兵頭新児@『女災』10th year! @hyodoshinji

@amamako しかも、読めばわかる通り、斉藤氏はちゃんと資料に辺りながら、その資料と相反することを度々主張している。斉藤氏のデタラメさ、不誠実極まる態度は明らかです。それを「本質でない」とおっしゃるなら、「本質」はただただイデオロギーだけを押し通し、それに相反する事実は

2012-09-15 22:35:48
残りを読む(24)

コメント

兵頭新児@『女災』10th year! @hyodoshinji 2012年9月18日
後半を大量に削除。 すみません、要するにぼくが挙げたサイトの文章の一部をピックアップしていた(正確な呼び方は知らん)方が大勢いて、ぼくがそれを賛同のツイートであると勘違いしていました。 と言っても、あの優れた分析のなされたサイトを多くの方にご覧いただけたことは、嬉しいのですが。
0
兵頭新児@『女災』10th year! @hyodoshinji 2012年9月18日
ただ、ぼくもブログで斎藤師匠のミスについてドヤ顔で指摘しましたが、『サリー』ちゃんを70年代作品としたり(実際は60年代)、初期の女戦士で言えば当然外せない「アンドロ仮面」について失念していたり、結構ポカが多い。そのうち直します。
0
誤ロン @dara2goron 2012年9月18日
「冠婚葬祭のひみつ」も、前半の世間が伝統だと思っている冠婚葬祭のアレコレが、実は大した歴史も無い作られた儀式が多いと暴く辺りは面白いんだけど。フェミニズムの話がメインとなる後半は微妙に。著者的にはこっちが主題なのかも?
0
kimllaっきー @kimlla 2012年9月18日
オタクは「批評が嫌い」なのではなくて、「作品を作品論ではない文脈で引き合いに出されること」に拒否感を示すのだと思う。少なくとも時分はそうです。
3
堀越韓玄 @friday1942 2012年9月18日
おもしろそうだなー。でもコレ、フェミ論だけじゃくえないからオタ要素いれただけなんじゃないですかね?
1
兵頭新児@『女災』10th year! @hyodoshinji 2012年9月18日
@kimllaむろん批評家にしてみれば「(オタには怒られる覚悟で)敢えて作品をダシに自説を語る」というやり方もあっていいと思います。しかし「お前らオタは意識が低い、こっちはもっと高尚なことをやっとるんじゃゴルァ!!」って奢りが見えるのはいただけません。お前ら、普段からホモとかも「政治利用」してるけどあいつらには子羊のようにしているだろ、と。そういうところからも、斎藤師匠の不誠実さが見えてしまうんですね。
0
兵頭新児@『女災』10th year! @hyodoshinji 2012年9月18日
@friday出版が1998年です。まさにオタク本ラッシュだった頃。しかし見ていると「萌え」という言葉一つ出て来ません(下手すると知らなかったんじゃないかなあ……)。安易な便乗本と言われても仕方ないでしょう。
0
Kalle Svensson @Kalle_Svensson 2012年9月18日
ある点で揚げ足とりするようなイメージがしてなんだかなーとしか言えんな。教育に適したとか適さないというレベルで言うなら世の中すべてが適さないけど、じゃあここまでは可だとか言っても個人がダメだと言ってダメにするのは大日本帝国のときと変わらない。建設的なものもないし、まあ適当に騒いでくれと言ったところかな。
0
aaaa @aaaa94485440 2012年9月18日
『紅一点論』を好意的に評価する人々が面白いのは、彼らが「サバサバした」「皮肉な語り口」などの情緒的な部分に食いつく一方、評論で一番大切なはずの「主張の根拠となる事実は正しいか」「元のテキストを正確に読んでいるか」という点を等閑視しているところ。言うまでもなく斎藤のババアは元のアニメ・特撮について嘘をつき、自分に都合のいい妄想でかくあるものと決めつけている。文学評論としても学問としてもゴミ以下。こんな程度の低い駄本になぜ熱狂する者がいるのだろう。
3
aaaa @aaaa94485440 2012年9月18日
結局のところ、「事実がどうか」はどうでもよく、「私がこう思った」、「私のイデオロギーではこうなってる」がフェミやその支持者には大切なんだろう。だから嘘八百の卑劣な言説でも自分の偏見やイデオロギーに迎合した心地よい内容なら猿のように飛びつく。こういう身勝手で学問的良心のない連中には大学からとっとと出て行ってほしいものだ。一大学生として、貴重な学費が学問を踏み躙る愚かなバカフェミの餌代に浪費されるのは我慢がならない。
3
中敏悟 @shiwazanin 2012年9月18日
てかなんで皮肉入れるの? 「フィクションの女性像は現実のジェンダーの投影かも」と普通に書けば済むものを。オタクは作品批評が嫌いなんじゃなく「〇〇好きな奴はクズ」みたいに煽られるのが不快なんでしょ。作品のファンをも煽り、ヘイトと共に注目を集める炎上商法は物書きの常套手段なんだろうけど、それもハラスメントの一種。反セクハラの正義を掲げるフェミ論者がオタクへのハラスメントには無頓着って、それギャグなの?
4
妖怪腐れ外道 @kusare_gedou 2012年9月18日
我田引水が過ぎると誉めようが貶そうが俺はいやだなあ。東浩紀氏の動物化するポストモダンでうる星やつらを例に出して、「その属性が全て日本の妖怪等に属する物だ」故に「萌えとは日本的な物である。」とか言ったりしてるわけだけどそういうのはまあ腹立つわけだ。
1
兵頭新児@『女災』10th year! @hyodoshinji 2012年9月18日
@aaaa94485440「情緒的な部分に食いつく」というのは本当ですね。「男どもをバッタバッタと切り捨てる女流文化人」という二十年前に終わったイメージが、彼女やその支持者の間でだけは生きている、という感じです。『モテキ』もそういう取り残されちゃった人々に支持されてるんだろうなあ、とも。
2
妖怪腐れ外道 @kusare_gedou 2012年9月18日
一方コミケやらを例に出して消費者と作り手の垣根が低くなっているとか言ってたりするんだけど、これは確かに当時ネットが普及し始めて実際アマからプロにデビューする人(エロゲのシナリオライターとかね)はそこそこ居たわけである程度事実に即してる部分があるので全く気にならん。ただそれだけの話だと思うんだよな。
1
兵頭新児@『女災』10th year! @hyodoshinji 2012年9月18日
@shiwazaninアニメをにとごとく否定的な評価を与えておいて、「オタに批評アレルギーがあるのだ」なんて言われても困りますよね。しかもどう見ても冷静にミスを指摘しているのはオタの方、情緒的な評価に終始しているのは斎藤師匠のファンの方なのですから。
1
妖怪腐れ外道 @kusare_gedou 2012年9月18日
まあ、この紅一点論の人はdis芸の人といわれたことがあってdis芸ならdis芸で良いんだけど。逆にそれを真に受けてる人がそこそこいるっぽいのがぐんにょり来てしまうのよな
1
兵頭新児@『女災』10th year! @hyodoshinji 2012年9月18日
@kusare_gedouそんな記述がありましたっけ……?『うる星』はそもそも和風の世界観が強いですが、まず「萌え」作品なのかどうかが微妙。
0
妖怪腐れ外道 @kusare_gedou 2012年9月18日
hyodoshinji 念のためにいっておきますけど紅一点論の話ではなく動物化するポストモダン内での記述の話です。細部の記憶は正直怪しいですが「日本的な物である」と言ってたのは覚えてます。まあ、少なくとも当時の彼はオタと言うよりうる星やつらのファンと言うべき人だったそうで。まあ感覚的に参照できる資料がそれしかなかったのかなあとも思わないでもないですが
0
兵頭新児@『女災』10th year! @hyodoshinji 2012年9月18日
@kusare_gedouあ、わかってます。しかしあの人、keyのゲームには詳しいし、『AIR』とかを和風だとか言えばいいのに……。
0
兵頭新児@『女災』10th year! @hyodoshinji 2012年9月22日
ちょっと、気がついたことがあるので少し。 ぼくはamamako氏との対話で他人様のブログに書かれた『紅一点論 』批判を根拠に挙げた。 それはこのブロガーさんが「フェミ嫌い」ではないと想像できる から、まずそうしたイデオロギー色を置いて話をするにはよいと 考えたからでもあるが、実のところぼくがそれほどアニメに詳し くなかったからでもある。
0
兵頭新児@『女災』10th year! @hyodoshinji 2012年9月22日
見ていただければわかるとおり、このブロガーさんのアニメに対 する造詣は、非常に深い。むろん、時折「オタク批判」的文脈で 言われるように、こうした造詣の深さは一歩間違えれば文脈を読 まない重箱のスミつつきにもなり得る。amamako氏が持ち出してき た「ミノフスキー粒子云々」はどちらかと言えば全体の論旨にか かわらない、そうした重箱のスミつつきに分類されよう。
0
兵頭新児@『女災』10th year! @hyodoshinji 2012年9月22日
が、見ていけばわかるとおり、批判ブログはかなりの分量で、「 ミノフスキー粒子云々」はそのかなり後半部分の一節。つまり amamako氏はこのブログをかなり先まで読み込んだ上で、その後半 部分にようやく「重箱のスミつつき」を発見することができた、 というのが実は、実態に近い。
1
兵頭新児@『女災』10th year! @hyodoshinji 2012年9月22日
前半で語られるのは斉藤美奈子師匠の「正義のヒーローは親方日 の丸」という主張に対し、「そうではない」と反論するなど、『 紅一点論』の根幹部分にかかわるもの。 見れば斉藤師匠はマニア向けのロボットアニメのムックをちゃん と資料として用意し、作品タイトルを20、(何故か任意で)選び 出し、著書に挙げている。
2
兵頭新児@『女災』10th year! @hyodoshinji 2012年9月22日
ところが大変残念なことにその20タイトルの中で「親方日の丸」なのは3作品くらいではないか、というのがブロガーの主張だ。おわかりだろうか。任意に、自説に適うアニメだけを選び出したのならば話はわかる。しかし彼女は任意に選び出した作品タイトルを挙げておいて、それが自説に適っていない。ここまででたらめ極まる著書が評価されるというのは、一体どういうことなのだろうか。
2
兵頭新児@『女災』10th year! @hyodoshinji 2012年9月22日
さて、実は今までのは前振り。その20タイトルを見ていて思った。あれ、『ダイモス』って防衛軍が母体だろ? 三輪長官とかいるじゃん。しかし調べてみると三輪は軍からロボを接収しにきている人物で、ダイモス自体は私的な研究所の所属らしい。あれ、メカンダーロボは? 見てみるとこれも私的な研究所所属のようだ(ウィキを見たけどよくわからん)。
2
兵頭新児@『女災』10th year! @hyodoshinji 2012年9月22日
考えると、マジンガーが何故か私的な研究所に所属していたがため、軍隊が明確に描かれる『ガンダム』を待つまで、「親方日の丸」なロボというのは大変に少なかったのだ。そのせいで斉藤は恥をかいたのだからお気の毒、ではあるが、しかしこれは同時期の『ライダー』が左寄りのヒーローだったように、時代の機運が敢えて軍属という設定を忌避させた、という面も少しはあった気がする。
1
兵頭新児@『女災』10th year! @hyodoshinji 2012年9月22日
となると「親方日の丸」がお約束なのはむしろ『ウルトラ』シリーズくらいのものか。しかしこれすらも(円谷の体質だろうが)NGOめいた防衛隊が幾度か登場している。いずれにせよ、斉藤師匠の発想はヒーロー→戦争→国家権力という70年代の短絡から、一歩も抜け出せてはいないということだ。
1
妖怪腐れ外道 @kusare_gedou 2012年9月22日
つか件のブログの方は見てないんだけど、この本に対しての異論は全然重箱の隅つつきとは思わんのですよね。大前提の部分に対しての異議なので、むしろ屋台骨どころか基礎の部分ををつついてるわけで。
1
兵頭新児@『女災』10th year! @hyodoshinji 2012年9月22日
いや、「ミノフスキー粒子云々」は本当にあくまで全体の文脈にかかわらない余談みたいなものなので。斎藤師匠はむしろ「ロボット同士でチャンバラをやるのは消耗の激しい近代戦への反省で、昔の戦い方に戻っている」とむしろ誉めて()るんですね。むろんその誉め方がメチャクチャでツッコミを入れずにはおかないのはムリもないのですが、斎藤師匠の主張にはかかわってこない部分です。
0
妖怪腐れ外道 @kusare_gedou 2012年9月23日
いや、そのブログではなくつい最近話題になったときの異論の全体的な傾向の話ですね。理論の基礎の部分からしてえり好みしすぎ、我田引水しすぎと言ってるのにこれが重箱の隅というなら隅じゃないところはどこなんですかねとしか。しかし、ミノフスキー粒子というかガンダムの部分を見たけど…
0
妖怪腐れ外道 @kusare_gedou 2012年9月23日
俺はガンダムは詳しくないけど確か従来はスーパーロボット系でタイマン張ってたロボット作品に「軍」としての戦いを取り入れて物量戦の要素を取り入れたり、先週もザク、今週もザク、来週もザクと量産品と戦ったりするところが革命的な作品だったんじゃなかったか、ガンダムって・・・(実際ジオンの本拠地に攻めるときの連邦は完璧物量戦の描写されてたし)
0
いちご1155 @wangshot155 2012年9月23日
@amamakoってあの「軍備反対!軍備捨てて憲法9上守れば世界平和!」って喚いてたあのキチガイか。
0
兵頭新児@『女災』10th year! @hyodoshinji 2012年9月23日
「軍隊を作ったらその武力が国民に向く」ともおっしゃってましたね。そんなリクツをひねり出すくらいなら現実的かどうかはともかくとして「戦争はよくないから」の方がいいと思うんだけどなあ……。
0
兵頭新児@『女災』10th year! @hyodoshinji 2012年9月23日
@kusare_gedou すみません、レスをしていませんでした。なるほど、まあぼくが書いたように「長文の中から必死になって何とか重箱のスミつつきと言える箇所をやっとのことで見つけてきた」という時点で彼の発言は申し訳ないけど論外です。ガンダムについても斎藤師匠自身、「今までのロボット物から比べ、それこそミノフスキー粒子云々などリアルな世界観を設定した」とかいった流れは下より、そもそもマジンガーZとかを知らずにロボット物の元祖くらいに思っていらっしゃる程度かと。
0
がちお代表@ヮ<)ノ☆ @yumemigatio 2012年10月7日
要するにフェミニストは黙ってレイプされて死ねっておもったぜ、ファッカー
1