10周年のSPコンテンツ!
122
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat
「放射線白内障の発症リスク」(2011年ウクライナ政府報告書 http://t.co/JqLBb8Ok )0.1Gy(実効線量で100mSv)でも1000人あたり2.3人の発症リスクがある、としている。 http://t.co/a4PvWrfD
拡大
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat
http://t.co/a4PvWrfD - 一見するとこのグラフは、放射線白内障についてLNT仮説が成り立っているように錯覚するが、良く見ると、X軸の目盛りが恣意的であることがわかる。(ETVの番組では、このグラフをそのまま紹介している。)
拡大
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat
X軸を均等に書き直したグラフがこちら。低線領域でも、放射線の影響が見られるが、高線量域にくらべると小さくなっている。 http://t.co/2RPwXvaJ
拡大
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat
NHK出版の本では、さらに95%信頼区間を省略して、このようなグラフを掲載しており、さらに誤解を与えるものとなっている。 http://t.co/YrZkM8iW
拡大
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat
ところで、NHKの番組や本では、2006年WHO報告書で、放射線白内障のしきい値が実効線量で250mSv(0.25Gy)であることを挙げて、低線量の放射線白内障に、科学者の理解がないとしている。(WHO2006抄訳→ http://t.co/40s60mf8
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat
しかし、ちょっとググってみれば分かることだが、最新の知見では、放射線白内障には「しきい値がない」という流れになっていることがわかる。たとえば、放影研→ http://t.co/ANwEz9tz 、保健医療科学院→ http://t.co/aHeyiIZm など。
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat
NHKの番組を見て、いちばんモヤモヤする部分は、いまだにウクライナの市民が、野生のキノコやベリーを食べているとしたら、それはどのくらいの内部被曝と評価されているのか? という点だろう。しかし、番組でも本でも、この点はまったく明らかにされていない。
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat
この本によると「ウクライナで取材をした結果について、わかったことはわかったこと、わからないことはわからないこととして、そのまま伝えようと強く思っている。」(P.117)とのことだが、単なる取材不足の言い訳ではないだろうか? http://t.co/9LL71ZQC
拡大
追記: 報告書の邦訳が、DL可になっています。
Hideyuki Hirakawa @hirakawah
そういえば全訳が出ていた。 ウクライナ緊急事態省『チェルノブイリから25年:将来へ向けた安全性ー2011年ウクライナ国家報告(PDF)』(監修:今中 哲二、監訳:進藤 眞人) rri.kyoto-u.ac.jp/PUB/report/04_…
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat
前RT: ウクライナ報告書で思い出すのは、このグラフだな。 togetter.com/li/383124 翻訳では191P(pdfの203P)に出てくる。

コメント

Hira@ビール好きの怪しいオヤヂ/トレーナーバトル絶賛受付中! @hhhira 2012年10月2日
野尻先生がコメントされてますたが、対数でもなくリニアでも無い横軸設定が謎すぐる。
hiroharu.minami @hiroharu_minami 2012年10月2日
X軸の目盛りが無茶苦茶だな。一瞬対数かと思ったけど…… 全然違うし。 恣意的の恣は「ほしいまま」の恣だってのが良くわかるわ。
Naruhito Ootaki @_Nekojarashi_ 2012年10月2日
軸の目盛をいじるだけで印象を変えられる見本。嘘がないだけ質が悪い。
Naruhito Ootaki @_Nekojarashi_ 2012年10月2日
あ、本当に数字自体に嘘がないかは未検証w
nao @parasite2006 2012年10月2日
政府報告書がこのレベルとは・・・目を疑います。同じNHKでも科学文化部の人が見たならば、到底そのまま通すはずはないグラフ。他の図まで心配になってきた。
津田和俊@てっぽう撃つでぇ @kaztsuda 2012年10月2日
2011年ウクライナ政府報告書 http://t.co/JqLBb8Ok 言われてみると話題の3D円グラフも多用されている(いや、これは日本のお役所文書もそうか。。。)
海彌@純米派 @a_hibernant 2012年10月2日
これは酷いグラフ…、基本的にグラフの書き方と読み方と言う小学校の算数レベルのことが出来ていない。理系文系以前の話
たろー @hanpa64 2012年10月2日
政府の報告なのに、なぜグラフをいじらねばならなかったのか疑問なんですが。とういう理由なんでしょうか。
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat 2012年10月2日
ついでに: Uklaina 2006 Report Annex (核種ごとの汚染マップ) http://goo.gl/s3Whm ZIPで13MBあるので要注意。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年10月2日
【訂正】ウクライナの地域ごとの外部被曝と内部被曝の推定値(86-2005年)は、2006年報告書P39-43に載っていますのでご参照ください。http://chernobyl.undp.org/english/docs/ukr_report_2006.pdf
考えるパパ Tak @Tak_KP 2012年10月2日
うーん、マーケティングの世界では自社製品やサービスの「利点を強調」したり「欠点を隠す」ために似たような(ある意味でクリエイティブな)グラフを作ったりしますが。。。
酋長仮免厨 @kazooooya 2012年10月2日
.iPatrioticmom 幼児甲状腺の被ばくってやはり桁が違う。分布が不明だけど平均でも1559mGyの地域とか、max7269mGyとか。 で、白内障発症リスクは見方がよく分からない(・_・?)
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年10月2日
@kazooooya 甲状腺被曝高いのはジトーミル州とキエフ州の一部で、ほかはベラルーシよりは低いですよね。白内障はICRPも認めてるくらいだから、上のグラフは問題としても、どちらかといえば論点はほかの健康被害のほうじゃない? 上の報告書P79によれば、問題になってる汚染地域の子供の慢性病は、呼吸器系、神経、消化器系、皮膚病。。。
iPatrioticmom @iPatrioticmom 2012年10月2日
核種別汚染マップでは、川沿いのストロンチウムやプルトニウム汚染がひどいですね。
酋長仮免厨 @kazooooya 2012年10月2日
あッ、汚染分布ではなくて、甲状腺被ばく量の分布(標準偏差)が不明という意味…言葉足らずを失礼。幼児の被ばく量が多いのは平均値からも伺える。白内障発症リスクとは関係無かったw
バイクくん@進撃の超お嬢様執事 @Micheletto_D 2012年10月2日
色んな捏造を見たけど、直線になるように軸を加工するのって見た事ないや。
山下238 特撮はいいぞ @Yamashita238 2012年10月2日
対数方眼紙の向きを間違えて生物学実験のレポートを出したことがあったなあ…
みゃ @MiyaBirding 2012年10月2日
なにこのウケ狙いみたいな横軸は
neologcutter @neologcuter 2012年10月2日
こういうグラフの描き方は小学校の時点でダメって教わったんだけどね~。
じにお @ginioh 2012年10月2日
なんていう、素晴らしいグラフ。このパターンは初めて見たかも。提灯グラフに新たな形態が加わった。
愛・蔵太(素人) @kuratan 2012年10月2日
タグ「おそらくこんな感じだろう」追加しました。「ウクライナ政府報告書による放射線白内障のグラフ」
じげん (目には目を埴輪には埴輪を) @jigen_the3 2012年10月2日
コメ欄に書きたい事が全部書かれていた
開米瑞浩 @kmic67 2012年10月3日
なんじゃこりゃ・・・・ 「どうしてこんなことをするのか、わけがわからないよ」
頭文字爺 @initial_g3 2012年10月3日
横軸だけでなく、他にも意図的に数字を大きく見せてる疑いのある部分はありますね。例えば「5年間」という区切りや、縦軸の単位とか。(縦軸はパーセンテージにすると0.0%~0.7%と小さく見える)まぁ真っ当な資料でもこーいう描き方をしてる事はあるので、意図的にやってるとは断言できませんが。
ひもたろう @himotarou 2012年10月3日
ウクライナで「取材」をした結果…そう、この人達は予断を持たずに調査したのではなく、ある仮説なり前提を持った上で取材をしているんだよね。
ひもたろう @himotarou 2012年10月3日
核災害を調査する科学者・報道は、現地住民との信頼を保ち、災害のために強い不安を抱いている人々に正しい情報を提供することが大切です。 つまり分析は冷静に、交流は情熱的にあるべきです。NHK出版のこの書籍は冷静さもウクライナ住民に対する情熱も感じられませんね。極左の暗い情熱はヒシヒシと伝わってきますけど…
Logan🎭 @wolverinetw 2012年10月3日
こんな本を有名な名前で出版し、世間に与える影響が懸念される。
Sひろし @1970er 2012年10月3日
このグラフは、表計算ソフトの単純操作ミスじゃないかな?表からグラフを作るときに、横軸のデータを「数値」でなく「文字列(ラベル)」として扱うと、表上のデータを横軸方向に等間隔に置くだろうから、こういうグラフができると思う。(それに気付かず出版する著者と編集者の能力は疑うべきだが)
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat 2012年10月4日
1970er 同様な指摘(Excelで「折れ線グラフ」を指定するとこうなる)はほかの方からも頂いているのですが、NHKの本だけではなく、元のウクライナ政府報告書のグラフがこうなっているのです。科学者であればこのミスはありえないかなと。
スカルライド @skull_ride 2012年10月20日
基本的な事を聞いていいですか?書き直したグラフはいわゆる上に凸の曲線なので、低線量領域の方が高線量領域より影響が大きく出るという事だと思うのですが・・
スカルライド @skull_ride 2012年10月22日
@Kontan_Bigcat ↑このまとめの根幹に関わる質問なんですが、スルーでいいんでしょうか?
Kontan_Bigcat @Kontan_Bigcat 2012年10月22日
skull_ride この調査が正しいとすれば、低線量領域の方が高線量領域より影響の『増加率が大きい』ことになりますね(それはそれで謎。)。但し『低線量領域のほうが影響が大きい』ことにはなりません。
スカルライド @skull_ride 2012年10月22日
@Kontan_Bigcat 確かにウクライナのデータ自体が間違っている可能性もありますね。放影研のグラフでは縦軸がオッズ比になっていますが、そちらでは下に凸の曲線ですし。リプありがとうございました。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする