Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2012年11月8日

「どうして障害児を生むことをそんなに恐れるんだろう」から始まったやり取り

標記の問題について、幸福感や楽天性、将来の可能性や子ども中心の育て方、などの視点と、障害者への支援が不足していること、障害者への差別や被る不利益の問題など、社会のあり方への視点と、の間のやり取り。 ●追加しました。更に5回追加しました。 ■本まとめに関連するまとめ: ★「がんばりすぎる障害児の母たち:家族を介護するケアラーをどう支援するか」http://togetter.com/li/410117 ★「続)がんばりすぎる障害児の母たち:家族を介護するケアラーをどう支援するか」http://togetter.com/li/410124 続きを読む
12
neroli @neroli_peko

どうしてみんな、障害児を生むことをそんなに恐れるんだろうね?たいして変わりゃしないのに。

2012-11-07 12:36:24
ひじじきき @hijijikiki

経済的負担や差別が大きな要因では。健常者が受けている支援が受けられないhttp://t.co/05DkEjreなど、不利益や不平等により強くさらされるからだと。RT @neroli_peko どうしてみんな、障害児を生むことをそんなに恐れるんだろうね?たいして変わりゃしないのに。

2012-11-07 13:33:51
neroli @neroli_peko

@hijijikiki 健常者も障害者も、どんな環境を選んで生きるかによって大きく違うと思います。ひとくくりにはできないのではないかと思うんですよ。社会的に見ると不平等かもしれませんが、幸福感に障害はないと思います。そういう意味で、たいした差はないと書きました。

2012-11-07 20:39:27
ひじじきき @hijijikiki

返信多謝です。確かに幸福感が健常者か障害者かで決まるわけではなく、その人や状況によるでしょう。しかし障害者が生きにくい今の社会では、(続く RT ”@neroli_peko どんな環境を選んで生きるかによって大きく違う‥社会的に見ると不平等かもしれませんが、幸福感に障害はない‥

2012-11-07 22:10:13
ひじじきき @hijijikiki

@hijijikiki @neroli_peko 続1)自分や子どもが生きづらくなることを避けたいから「障害児を生みたくない」と思ってしまうことがあるのでは?そう考えることは生もうとする人のせいではなく、そういう社会を作ってきた人々(我々も含む)のせいだ、と思います。

2012-11-07 22:11:04
ひじじきき @hijijikiki

@hijijikiki @neroli_peko続2)障害があっても支援が十分受けられ、障害者が差別や不利益を被らない社会を作ることhttp://t.co/W9IJlGbxで、障害があっても「たいして変わりゃしない」から「障害児を生むことを恐れる」ことがなくなってくると思います。

2012-11-07 22:12:34
neroli @neroli_peko

@hijijikiki なるほど、、確かに悲観的になるのは分かります。しかし人生は約80年ありますから、障害が治る可能性も、障害者が生きやすい世の中に変わっていく可能性もあると思うんですよ。子供にもたくさんの可能性が詰まって生まれてくるわけです。(続

2012-11-07 22:20:29
neroli @neroli_peko

@hijijikiki 社会中心ではなく、子供中心で育てていけば何の心配もないと私は思いますし、今現在の状況だけを見て判断するのはあまりにも浅はかだと私は思うんです。それと、生きづらいかどうかを決めるのは親ではなく、子供自身。親は子供と一緒に楽しく生きればいいだけだと思います。

2012-11-07 22:24:02
ひじじきき @hijijikiki

.@neroli_peko 悲観的なわけではありません。社会を、障害があっても支援が十分受けられ、障害者が差別や不利益を被らないように変える必要がある、と思うだけです。楽天的に考えることはよいと思いますが、それだけで今ある問題が無くなるわけではありません。(続く

2012-11-08 00:56:02
ひじじきき @hijijikiki

@hijijikiki @neroli_peko 続1)あなたの問いかけ「どうして障害児を生むことを恐れるのか」について私の考えを述べています。この恐れが幸福感や楽天性のなさや気持ちの問題だけから生じるのではなく、現実に存在している障害者への支援の無さや差別の結果を見れば、

2012-11-08 00:57:02
ひじじきき @hijijikiki

@hijijikiki @neroli_peko 続2)恐れを抱くのも無理はないと思います。誤解して欲しくないのは、こう述べたからといって、将来の可能性や楽天的に生きることを否定しているのではなく、全ての人が支援され、差別されない社会を作ることが重要だと言いたいのです。

2012-11-08 00:58:08
neroli @neroli_peko

@hijijikiki これは私の主観ですが、娘は今のところ十分な支援を受けていると思っています。ひじじききさんが具体的にどのような状況を指して支援が十分ではないと仰るのかは私にはよく分かりません。障害名は同じでも個々で症状は違いますし感じ方も違うでしょう。支援のありかたも。

2012-11-08 12:31:04
ひじじきき @hijijikiki

.@neroli_peko 「具体的にどのような状況を指して支援が十分ではないと仰るのか」>現状の支援・配慮の不十分なことは、障害者団体などが繰り返し言い続け、やっと障害差別禁止法が検討中です。具体的には、点字ブロックの不備や、盲導犬の入店拒否などが、(続く

2012-11-08 20:30:29
ひじじきき @hijijikiki

@hijijikiki @neroli_peko 続1)まとめhttp://t.co/W9IJlGbx末尾引用の@kurizunb氏のブログ記事にあります。同末尾の@yumepas氏の障害差別禁止法記事もご参照下さい。他の例として、

2012-11-08 20:31:26
ひじじきき @hijijikiki

@hijijikiki @neroli_peko 続2)重度心身障害児の母のspitzibara氏のブログ記事http://t.co/DmYmKuyAや同ブログのその他の記事、「「おかあさんは一人の人間」じゃダメなの‥」http://t.co/zcJJYjYMで述べられている発言

2012-11-08 20:38:17
ひじじきき @hijijikiki

@hijijikiki @neroli_peko 続3)spitzibara氏「我が子を家で介護し続けている親は「健康で文化的な生活」を送る権利を奪われている、というシンプルな事実は、どうして語られることがないのだろう」http://t.co/zcJJYjYMなどご参照下さい。

2012-11-08 20:39:33
neroli @neroli_peko

@hijijikiki 全ての人が支援され、差別されない社会というのは不可能ですし、そのような社会に魅力を感じません。理由はいろいろありますが私にとっては夢物語ですね。そんなことを考えるよりも自分が誰かを支援し、差別をしないという生き方をするほうが大切です。

2012-11-08 12:36:43
neroli @neroli_peko

@hijijikiki 社会にべったり依存しなくてもいいと思うんですよ。自分の足で立って、自分で選んで生きていける術を身に付けること、病気持ちが病気と仲良く付き合うように障害と仲良く付き合えばいいと思うんです。人生には誰にでも負荷が生じます。それは障害じゃなくても同じことです。

2012-11-08 12:41:01
ひじじきき @hijijikiki

.@neroli_peko「全ての人が支援され、差別されない社会」は理想で、完全実施は不可能でしょうが、それに近づけてゆこうとすることは大いに意味があると思います。この理想を目標にすることと「自分が誰かを支援し、差別をしないという生き方」とは両立不可能ではないと思います。(続く

2012-11-08 20:42:39
ひじじきき @hijijikiki

@hijijikiki @neroli_peko 続1)それらを両立させようとしている人も少なくなく、余裕がある人は、そうできればいいな、と思います。「社会にべったり依存」>自立や依存について、『社会などから支援=福祉・介助を受けることで、自らが望む生活を選択して生きる』

2012-11-08 20:43:58
ひじじきき @hijijikiki

@hijijikiki @neroli_peko 続2)という“3番目の自立”について、まとめ http://t.co/05DkEjreで説明しました。ご参照下さい。社会の支援によって、誰でも自立生活が可能/に近づける社会なら、「障害児を生むことを恐れる」ことも少なくなるかと。

2012-11-08 20:45:51

-------
● ↓ 返信関係を示すために、ツイートを再掲します。

ひじじきき @hijijikiki

.@neroli_peko「全ての人が支援され、差別されない社会」は理想で、完全実施は不可能でしょうが、それに近づけてゆこうとすることは大いに意味があると思います。この理想を目標にすることと「自分が誰かを支援し、差別をしないという生き方」とは両立不可能ではないと思います。(続く

2012-11-08 20:42:39

-------

残りを読む(56)

コメント

ぼんじゅ〜る・Fカップ @France_syoin 2012年11月8日
そんな理屈じゃなくて単純に気持ち悪いからだろw
3
桶庵 @sininenkuumeri 2012年11月8日
「障害児」つっても程度があるわな。軽度ならともかく重度だったら負担は大きいもの。「障害があっても支援が十分受けられ、障害者が差別や不利益を被らない社会」ってどれほど余裕があれば実現できるんだろう。
3
欠点’s @weakpoints 2012年11月8日
最初から「障害児が生まれるくらいなら子作りしないキリッ」とか考えるより「こんなひどい世の中に血を分けた赤のすっ他人を生み落したくない」と考える人が多いだろうと思う人ですがなにか?
1
ひじじきき @hijijikiki 2012年11月8日
「そんな理屈じゃなくて単純に気持ち悪いからだろw」>実情を見ないで単純に決めつけることで、差別の元となる偏見が形成されてくるのでは。
0
ぼんじゅ〜る・Fカップ @France_syoin 2012年11月8日
差別についてはおっしゃる通り。でもこの話は差別とは関係ないわな。うまれてもいないんだからww出生前診断でうまれる前に障害の「程度」までわかればともかくそんな技術はまだ無い以上、最悪を覚悟してしまうしそうすりゃ身構えるのは当然。よくアイドルがブラックボックスの中に手を入れさせて何が入ってるか当てさせるゲームがあるがあの心理状態に近いよなw社会制度は二の次三の次で、怖いのは自分の子供が気持ち悪いと判断する自分および周りの社会。単純に怖いんだよw自分の暗黒面がww
3
ひじじきき @hijijikiki 2012年11月9日
.@sininenkuumeri『「障害があっても支援が十分受けられ、障害者が差別や不利益を被らない社会」ってどれほど余裕があれば実現できる』>現状でも政策でかなりできるかと。(続く
0
ひじじきき @hijijikiki 2012年11月9日
.@sininenkuumeri 続1)今、国内で物が余り、売れなくて困っているのは、生産過剰のためと、貧困層や物が必要な層への再分配が不十分で、購入できない故の需要の減少が原因では。
0
ひじじきき @hijijikiki 2012年11月9日
.@sininenkuumeri 続2)福祉など生存権のための再分配を十分にすれば、物やサービスが必要でも得られず困っている層の需要が購買に結びつき、支援問題と経済問題の両方が解決へ。
0
桶庵 @sininenkuumeri 2012年11月9日
hijijikiki 要するに生活保護やそれに準じる手当を増やせば解決するということですか?
0
ひじじきき @hijijikiki 2012年11月9日
.@sininenkuumeri 「生活保護やそれに準じる手当を増やせば解決」>概略そう考えてます。詳細は⇒http://togetter.com/li/355608に。
0
ひじじきき @hijijikiki 2012年11月9日
.@sininenkuumeri 「で、財源は?」>所得税の税率を旧来に戻すことや、無駄な公共工事などの削減がまず第一に考えられます。
0
桶庵 @sininenkuumeri 2012年11月9日
hijijikiki 所得税を旧来の税率に戻すことでどれほどの税収増になるのかよろしければ教えていただきたいです。あと公共工事って近年減少の一途を辿っているはずなんですが、さらに無駄というとどの辺りを削ればいいんでしょう?
0
桶庵 @sininenkuumeri 2012年11月9日
hijijikiki それと「生存権のための再分配」のためにはどのくらい予算が必要とお考えですか?
0
ひじじきき @hijijikiki 2012年11月10日
.@sininenkuumeri 財源や予算については、立岩真也「税を直す」http://www.arsvi.com/ts/2009b2.htm←リンクに試算が載っています。
0
ひじじきき @hijijikiki 2012年11月10日
.@sininenkuumeri 詳細な試算や検討も重要ですが、政治や経済は人がまともに生きる、生存権を保障するためのものであり、それを実現するために財源や予算を考えるべきと思います。
0
箸呂院マジチキ@note @kairidei 2012年11月12日
もし親が育てられなかったとして、障害児がどうにか生きていける姿はなかなか想像できない。
1
安東 @andou0725 2012年11月12日
1.親が育てる自信がないと判断しているのに産めよ育てよと強制するんですか? 2.介護士は老人と障害者で奪い合っている状態ですが人的資源は?
2
安東 @andou0725 2012年11月12日
個人的意見としては障害を持って良かったなんていう人はほぼ100%いないです。生活保護を充実させるにしろ、その一方的に保護される状況を良しとしない自分に厳しい方は相当数いらっしゃいますよ。
1
安東 @andou0725 2012年11月12日
おっと、申し訳ない。「自分に厳しい方」は表現として適切じゃありませんでした。生活保護受給者は甘えてるという罵倒の意味ではなく、「一方的に保護されることで自身のプライドがどんどんすり減っていて身体も回復見込みがない方」と表現するべきでした。
2
クエンチ @tracanqqq 2012年11月12日
開口一番「たいして変わりゃしないのに」には絶句。
3
桶庵 @sininenkuumeri 2012年11月13日
hijijikiki 2012年の今、2007年度の所得税を1987年の税率でどのくらい増えるかと計算したものがどれほど意味があるのかよくわからないです。震災や原発の稼働停止の影響で状況が悪化していますし…。
0
桶庵 @sininenkuumeri 2012年11月13日
hijijikiki 正直「公共工事を減らせばいい」「手当てを増やせばいい」というだけの話はお腹いっぱいです。上の方がおっしゃっているように人的資源の問題もあります。
0
ひじじきき @hijijikiki 2012年11月15日
「福祉予算がどれだけあれば十分か」について。最低限として小泉「改革」以降に削減される前の水準に戻すこと。更には、生活保護の捕捉率などから、必要な支援の“実需”を試算することが不可欠かと。
0
ひじじきき @hijijikiki 2012年11月15日
財源については、優先順位が重要です。政治や経済は人がまともに生きる、生存権を保障するためのものであり、それを実現するための財源や予算を最優先に考えるべきと思います。
0
ひじじきき @hijijikiki 2012年11月15日
誰にでも生存権が保障された社会の実現のためには、政治が必要・重要です。福祉政策を訴えて、その実現に取り組んできた都知事候補の宇都宮けんじ氏のような人が政治を動かすこと、などです。
0
ひじじきき @hijijikiki 2012年11月15日
「福祉政策が主張されても実現されず、うんざり」>していても現実は変わりません。生存権を保障することを最優先させるように政治を変えて、それに沿って予算・財源を見直すことが必要かと。
1
櫻子。@BOOTHでもちマス帽子頒布中 @sakurago_cc 2013年1月25日
軽度だからいいってもんでもないと思う。軽度だからこその悩みは本人にも親にもあり、知能が正常であるがゆえに当事者には周りとのギャップも親の苛立ちも手に取るように分かるし、ぶつけられる「産まなきゃよかったね」「あんたを残して死ねない」という言葉は突き刺さる。
4