Uccini on Leibniz’ Monadology

ライプニッツのモナドロジーと時空論などに興味のある方々へ。Uccini「モナドロジーの情報論的解釈」を展開中!
15
TibicenLeibniz @ucciuccini

そろそろライプニッツ研究を再開やな。Vincenzo De Risi, Geometry and Monadology (Birkhäuser, 2007)、こいつを読まんことには、ライプニッツ研究の新展開に参加できん!

2013-01-10 20:38:30
TibicenLeibniz @ucciuccini

Vincenzo De Risi の本(彼の学位論文)、ライプニッツの analysis situs (or geometrical theory of situation) を掘り下げたもの。ライプニッツは微積分を創始しただけでなく、「新しい幾何学」も構想していた。→空間論へ

2013-01-11 21:40:41
TibicenLeibniz @ucciuccini

しかも、それが彼の形而上学「モナドロジー」と深い関わりがある。モナドとは、彼の究極的実体で、これの活動から物理的現象も心的現象も生み出される、という「万物の理論」を彼は構想した。物理世界とは、モナドの「知覚」の中での「現象」。物理世界の「入れ物」に見える空間を、では、どう説明?

2013-01-11 21:49:34
TibicenLeibniz @ucciuccini

analysis situs は、そういった問いの脈絡の中で、ライプニッツの空間論の基礎となるはずだった。のみならず、「大きさ、量」を捨象した幾何学、たとえば射影幾何学など、後世に展開する分野のアイデアも多く先取り。ライプニッツの遺稿、アルカイブを発掘しながらの仕事、読み応え十分

2013-01-11 22:02:59
TibicenLeibniz @ucciuccini

ライプニッツークラーク往復書簡、英訳で読むと明らかだが、空間を論じるとき、ライプニッツは"situation"という語を多く使う。これが、analysis situs を念頭に置いた説明。ワシは、初めて読んだときからこの語に引っかかっていたが、いまやその理由がより明らかに!

2013-01-12 20:44:20
TibicenLeibniz @ucciuccini

ワシの経験では、たいていの学生はこの「引っかかる」という感覚が鈍い(鈍すぎる!)。哲学者が「妙な」コトバを使うのは、それなりの理由があるのや。ライプニッツにおいては、ある一語の背景に、壮大な構想が隠されていてたわけやな。「新しい幾何学」!

2013-01-12 20:49:38
TibicenLeibniz @ucciuccini

ちなみに、ライプニッツや時空論に興味のある人は、ワシの昔の教材、"Leibniz-Clarke Correspondence" http://t.co/3L5qgRpu をのぞいてみてくらはい。Part 1, Part 2と二部ありまっせ!

2013-01-12 20:54:34
TibicenLeibniz @ucciuccini

パリからハノーファーに帰ったライプニッツは、ユークリッドの「原論」を十分に研究したのち、彼の「新しい幾何学」の礎を築くcharacteristica geometrica。それが1679年。そして、その主要な成果を師のホイヘンスに送る。しかし、師の返事はつれない反応!

2013-01-13 22:03:06
TibicenLeibniz @ucciuccini

De analysi situs, 1693 の邦訳は、ライプニッツ著作集3に収録、「位置解析」の訳語が当てられている。しかし、本文および三浦伸夫の解説(参考になるが)も短いのでの〜〜。

2013-01-13 22:38:12
TibicenLeibniz @ucciuccini

ビズの一日、収穫は、往復の車中での勉強、De Risi, Geometry and Monadologyかっちりと学術的だが、読み進むうちに興奮してくる。もちろん、ライプニッツのすごさがあってのことだが、この著者もただ者ではない!スペインのJ. Echeverría の労作に+

2013-01-15 20:43:46
TibicenLeibniz @ucciuccini

Analysis Situs の"Situs"を「位置」と訳すのはおそらく不適切。英語で言えばsituation ですからの!これは、複数の物の間の関係を含む概念で、こいつの定義がライプニッツでは見あたらん!ワシが引っかかった理由のひとつはそれ!今それに関わる議論中。

2013-01-15 20:51:43
TibicenLeibniz @ucciuccini

ライプニッツのsitus、なぜ「位置」でまずいか?彼は空間を「点」の集まりと見なす。しかし、「点」は関係の担い手、関係のネットワークの構成要素であり、点と点の間にもsitusは成り立つ。そういった関係をすべて集めたものが、いわば「空間」なのだ。集合論の「点」とはワケが違う。

2013-01-17 09:37:50
TibicenLeibniz @ucciuccini

(続、ライプニッツ)他方、situsを基本に据える彼の空間論は、「空間の連続性」の説明に大きな難点を抱えることになる。空間の要素である「点」(場所)とそれらの間の「状況」「関係」から、いかにして「連続性」が生まれるのか?図形の空間内での「移動」は、連続性を前提する。

2013-01-17 11:36:26
TibicenLeibniz @ucciuccini

Molyneux' Question: 生まれながらの盲人も、触覚を通じて球と立方体の形は区別できる。では、もし彼が奇跡的に視力を得たとしたなら、「視覚のみを通じて」二つの形を区別できるか?この問題、ライプニッツのanalysis situs と monadologyによれば?

2013-01-22 21:00:10
TibicenLeibniz @ucciuccini

Molyneux、加藤尚武の「形の哲学」(1991)でも扱われている。

2013-01-22 21:03:09
TibicenLeibniz @ucciuccini

数学の方ならピンと来るやろ、isomorphismがポイントとなりま!視覚、触覚のような<異質な>感覚対象の間でも、対応関係が成り立っておれば、橋渡しは可能。モナド(実体)と知覚対象(現象)のあいだにisomorphism は無理だが、もっと弱いhomomorphismなら?

2013-01-22 21:10:59
TibicenLeibniz @ucciuccini

De Risi, Geometry and Monadology、佳境に入って来とりま!

2013-01-22 21:14:04
TibicenLeibniz @ucciuccini

ライプニッツの謎がだいぶ解りかけてきたデ!「質」と「量」の区別、analysis situs で「合同」と「相似」を中心に据えたこと、これらには必然的なつながりが。質は実体、モナドの世界を反映する。量は現象の世界のみの「属性」。量的時間・空間は、現象世界でのみ生じる。

2013-01-24 21:17:11
TibicenLeibniz @ucciuccini

これ、ライプニッツの古くさい形而上学だけの話や思うたらあきまへん。イギリスの物理学者(ワシが尊敬する)ジュリアン・バーバーが、物理学は、時間を消し、長さも消してもやれると頑張っているのは、ライプニッツの路線!間違っていても、やってみる値打ちがある。

2013-01-24 21:23:49
TibicenLeibniz @ucciuccini

De Risi のライプニッツ研究、まだ読了してないが、大変レベルが高い。遺稿を発掘して読みこなす能力、ライプニッツの幾何学研究analysis of situsを再構成する数学能力を兼ね備える。さらに、哲学(認識論、形而上学)を見渡す知識と、ライプニッツを解釈する構想力も。

2013-01-28 21:53:35
TibicenLeibniz @ucciuccini

こりゃ、日本のライプニッツ研究者はたいへんやで!このレベルの研究をできるやつ、誰かおるけ〜〜?

2013-01-28 21:54:58
TibicenLeibniz @ucciuccini

全体の構図:(1)実体の世界の活動は現象の世界に映(表現)される(2)現象は空間(および時間)の内で生じる(3)空間の本性のうちに、何が「映されて」いるのか?(4)(現象を見る)限定されたモナドには、何が認識されうるのか? 著者の「売り」は?ライプニッツの最晩年、超越論的な傾き!

2013-01-28 22:01:32
TibicenLeibniz @ucciuccini

「超越論的」とは、モナド(実体)の世界が(限られた能力しかもたないモナドに)現象として立ち現れるためには、どういう条件がそろわなければならないか、という考察から、空間の本性や、現象が何を、いかに「表現」するか、が明らかにされる、という方向へ向かうというわけ。カントとの関係は?

2013-01-28 22:04:48
TibicenLeibniz @ucciuccini

Leibniz study, continued: Kant "You can know nothing about the thing-in-itself!", Leibniz "You can know something, or many things!"

2013-01-29 09:35:21
TibicenLeibniz @ucciuccini

Why? Leibniz "because of various homomorphisms from the monads to phenomena"

2013-01-29 09:37:10
残りを読む(640)

コメント

TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年3月7日
まとめを更新しました。一カ所、補足せな混乱する所があったので「注みたいなコメント」を追加。せやけど、このコメントがDe Risi のモナドロジー解釈とつながってくるんや、実は!
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年3月7日
まとめを更新しました。「注みたいなコメント」の前に、ワシの混乱したターミノロジーを訂正。ワシの混乱は、ライプニッツがターミノロジーを変えたことから「派生」した誤りじゃ!いずれにせよ、ごめんちゃい。ツイートはこれがあるので、全部信用したらアカンで!
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年3月8日
まとめを更新しました。ワシが混乱していたところ、ライプニッツのもとのコトバに戻って検証しとります!
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年3月8日
まとめを更新しました。ライプニッツが主役やから、ワシのアイデアは小出しにするけど、全貌はまだなかなか見せられまへん!もし完成したら、ワシの最後の大作になるはずやからの〜〜!
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年3月9日
まとめを更新しました。ようけすっとばしとるけど、モナドと物理学の関係について、サワリ!
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年3月9日
まとめを更新しました。絵を一枚入れただけ!
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年3月10日
まとめを更新しました。アダムズ批判を追加(盲従はしまへん)。
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年3月10日
まとめを更新しました。ワシがなんでライプニッツにはまったか、そのワケの一端を!
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年3月11日
まとめを更新しました。「ワケ」の続きとすぐ手に入るライプニッツのテキスト。
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年3月11日
まとめを更新しました。3月10日と3月11日の分に、それぞれ注みたいなコメントを追加。
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年3月12日
まとめを更新しました。「情報論的解釈」のキーワード、「オートマトン」や「プログラム」について、これまでLのテキストは示さなんだ。実は、ようけあるんや!お見せしま、ちょっとだけよ〜〜!
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年3月13日
まとめを更新しました。「言い訳」と「意気込み」だけ!
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年3月14日
まとめを更新しました。ワシがまだボケとらん、ちゅう証拠を見せたるワ!
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年3月14日
まとめを更新しました。いくつか、注みたいなもんです。ライプニッツ研究や哲学史研究、いわば、古い音楽の演奏みたいなもんです。演奏は「楽譜」の自分なりの「解釈interpretation」を聴き手に伝えるもの。ワシは、ライプニッツ作の「譜面」を「演奏」しようとしとります!
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年3月15日
まとめを更新しました。昨日の着想(楽譜と演奏の関係)、少し練り上げてみた。モナドロジーの比喩として、ある程度いけそう。
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年3月15日
まとめを更新しました。3月12日、および3月15日に関連事項を追加(脱線もある!)。
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年3月17日
まとめを更新しました。今年の花粉はキツイで!それを乗り越えての続編や。「力」の続き。あらためて、ライプニッツはすごいと思う。
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年3月18日
まとめを更新しました。ライプニッツの譜面をワシが演奏、もち関西弁で!Isomorphism や、いう厚かましい主張まではしまへん、たかだかhomomorphismでやんす(アドリブ入りの)。
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年3月18日
まとめを更新しました。粗いスケッチやけど、ワシの「情報論的解釈」の筋書きは出たと思いま。なんべんも言いますけど、これから裏をとって、ディテールを埋めていくのが楽しみでもあり、苦行でもあり、やな。ハノーファー行こうにも、ラテン語をスラスラ読めんようでは、どもならん!
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年3月18日
まとめを更新しました。ワシの演奏「休憩」中に、ライプニッツのテキストを挿入。
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年3月19日
まとめを更新しました。Lのテキストに、一つ大事な注を。ヴォルフ宛の手紙と併せて読むべきところ。
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年3月19日
まとめを更新しました。Lのテキストに注一つ追加。あとは、晩年の小品「動物のアニマ」のテーマで、ワシの自由な「演奏」、アドリブ自在!
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年3月19日
まとめを更新しました。「モナド群の組織化」の所に、フォンノイマンの自己増殖機械の話、4つのツイートを「注」として挿入。本文は"@ucciuccini"がついた4つをとばして読んでくらはい〜〜!
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年3月20日
まとめを更新しました。「動物のアニマ」の主題による「変奏曲」、与太話のコーダで終了!アンコール?心配せんでも、まだ別の話がしばらく続く。
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年3月20日
まとめを更新しました。ライプニッツ晩年の『モナドロジー』での能動/受動の区別。この区別は「相対化」され、かつての「能動的力」と「受動的力」にも影響が及びうる。画期的大改訂!アインシュタインの先駆け?!
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年3月21日
まとめを更新しました。ライプニッツと相対性理論との関係、一夜明けて再考してみたら、<論理的には>みごとにつながっていることが判明!注(@ucciucciniがついた3つのツイート)を挿入。ワシの「直観」も、まだ捨てたもんやないの〜〜(自画自賛)!
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年3月21日
まとめを更新しました。ライプニッツを読もうとしない方からもいくつか反応があったので、ナンボか補足的コメントを。ま、ライプニッツがオモロナイと思うなら、哲学なんか読む必要はありまへん。古今の哲学者の中で、オモロさでは一、二を争う人でっせ〜〜!
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年3月22日
まとめを更新しました。「情報論的解釈」のデビュー、資料がウェッブにあるので、リンクをつけた。パワポスライドもあるで!(ただし、チト古いから、その点はご了承を!)
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年3月23日
まとめを更新しました。フォン・ノイマンの「セル・オートマトン」とライプニッツのモナドロジーとの<論理的>つながり、以前の注を補足、Priority は確立しとるはずやけど、念のために用心しときます。
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年3月24日
まとめを更新しました。フォンノイマンとライプニッツの「限定されて比較」を!あ〜〜、ムツカシことを気張って言うたあとで、簡単な引き算まちごうて恥かいた!
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年3月24日
まとめを更新しました。これにて本日の打ち止め!ワシみたいなもんがエラそうなこと言うてすんまへん。しかし、アホにも自分お意見いう自由はありま!
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年3月25日
まとめを更新しました。フォン・ノイマン、セル・オートマトン関係の補足。最近では、新しい成果がわんさかあるはずや。これに関して、ワシの時計は1970年頃でとまっとる!
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年3月25日
まとめを更新しました。セルラー・スペースの研究は、モナドロジー解明には大きな助けとなりそう。フォンノイマンの遺稿がワシの恩師によって完成されたのは70年頃。
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年3月25日
まとめを更新しました。まだ続くけど、これからワシせなアカンことあるし、中断や。
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年3月26日
まとめを更新しました。ちょっと思案のしどころやな〜。ラテン語もちょっとおろそかになっとったし。哲学を志す人たちへ。小物に関わるな、大物、でかい問題に取り組め〜〜。でないと、やる意味なし!
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年3月27日
まとめを更新しました。モナドの領域をvNのセルラースペースになぞらえるときの注意。モナドの活動から現象と空間がどのように生じるか、おさらい。これに、物理をいれるのがワシの課題。
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年3月28日
まとめを更新しました。「状況分析」の幾何学が成り立つ空間に物理を放り込む。問題点とモナドロジーの関係。<未完の関係説力学>をどう補うか?
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年3月28日
まとめを更新しました。続きや!ちょっと疲れてきたから、今日はこれくらいでカンベンしたるわ〜〜!
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年3月29日
まとめを更新しました。いっちゃん下の孫が泣き叫んどるので、中断や!
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年3月30日
まとめを更新しました。ワシの「情報論的解釈」の射程、できるかどうかは保証の限りではないが、やってみんことには、わからんじゃろ〜〜!
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年3月30日
まとめを更新しました。注一つ追加と、ライプニッツ流物理学の「宿命」について。
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年3月31日
まとめを更新しました。3月30日のところ、注を挿入(@ucciuccini)。モナドロジーの48節、Lの核心に関わる部分、読み、解釈の大問題浮上!
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年3月31日
まとめを更新しました。原初的力の能動/受動、ワシの新解釈<素描>や!願わくば、世界初!
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年3月31日
まとめを更新しました。ワシの苦闘が報われてきた感じ!ワシの新解釈、素描の続きや!世界、日本で初公開やで〜〜!
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年4月1日
まとめを更新しました。昨夜から今朝にかけて、また進展あり。昨日の浮かれたツイートの一部は訂正せなアカン!しかし、建設的な方向へ。いけるぜ!
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年4月1日
まとめを更新しました。続き、続々と出てくるがな〜〜!流れが止まらんうちに書き留めとかんとな!ワシ、近頃、「短期メモリ」は相当イカレてきてまんねん。カミほどではないけど!
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年4月2日
まとめを更新しました。ワシの解釈、勝手なこじつけとちゃう、ちゅう証拠、テキストの一例。
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年4月2日
まとめを更新しました。休憩中の与太話でやんす。参考にしてくれたら、ありがとさん、や。
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年4月2日
まとめを更新しました。与太話の次は、アカデミックに!ライプニッツに興味もって、これから本格的にやりたい人向けの、ワシからの忠告や!
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年4月3日
まとめを更新しました。4月1日、「物体の運動」の所に注を一つ追加。デ・ボス宛書簡で、「幾何学的真理」に触れていて、De Risi の研究とのつながりが明らか。
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年4月3日
まとめを更新しました。ライプニッツ流の「進化論」、ワシの情報論的解釈でも、きちんと取り扱いできまっせ〜〜!
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年4月3日
まとめを更新しました。注を二つ追加。アニマ(魂)の理性的アニマへの上昇について、「仮定の話」ではあるが、Lは「進化論」に、ワシが想像したよりももっと接近しとる感じ!
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年4月4日
まとめを更新しました。解説の文言を追加。一冊の本にまでできそうな感触が出てきたからの!まだ先は長いが。
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年4月4日
まとめを更新しました。「能動/受動」の問題点整理、現時点でのワシの解決法。Lの形而上学はまだ未完やったから、混乱が残っとったのかもしれん。まだ、具体的に使いこなせてなかったからの〜!なんぼLでも。
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年4月5日
まとめを更新しました。ホンマ、Lは読み甲斐があるわ〜!ちょっと読んだら、すぐにワシのアニマを打つところにぶち当たりますで。Lさんよ、70歳以後、やり残した仕事は、ワシが僅かとはいえ、引き継ぎまっせ!
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年4月6日
まとめを更新しました。訳語について、誤解を防ぐためのコメント。ワシの使う「知覚perception」は、ものすご意味が広いことにご注意。ナントカ哲学みたいに、「意識」ばっか強調するんはオカシイんや!
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年4月7日
まとめを更新しました。ライプニッツ、まじめにやるためには、どうするべえか?間寛平に学べ〜〜〜!(与太話や)
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年4月8日
まとめを更新しました。「能動/受動」の区別、さるお方からの「疑問」を受けて再論。論旨変わらず。Theodicy からの引用もつけて、議論を補強。受けて立つで〜!
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年4月8日
まとめを更新しました。「ちゃうちゃう・・・」強調しすぎたので、注をひとつ追加。「ちゃう」の連発の後。
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年4月9日
まとめを更新しました。能動/受動の区別、ワシの路線に反対の立場も考慮。「哲学の議論はこうありたいもの」て、だれか言うてくれるかな?
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年4月9日
まとめを更新しました。三つの注(@ucciuccini)追加。情報理論と現代物理学の威力を実感してくらはい。こういうことを知らずにLを読んでも、オモロイ解釈は出てけえへんのじゃ!(主として)若者諸君よ!若い衆よ、大志をいだいてちょ〜よ!
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年4月9日
まとめを更新しました。西谷裕作はんの解釈を検討。ワシの「前向き」解釈に対し、彼のは「後ろ向き」解釈。それが悪いちゅう意味ではないが、スタンスの違いは明らか。
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年4月10日
まとめを更新しました。ライプニッツの「決定論敵世界観」は、ラプラスより一世紀以上早いだけでなく、もっと強力で徹底しておった。しかも、「詩的」でさえある。
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年4月10日
まとめを更新しました。一カ所訂正、こらえて〜!
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年4月10日
まとめを更新しました。目的因と作用因との調和。ライプニッツのハイライトの一つですな。ワシの情報論的解釈ではどないなるか?
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年4月11日
まとめを更新しました。まだ途中やけど、休憩前にアップするわ。コーディングの話、暗号解きの問題や。
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年4月11日
まとめを更新しました。現在作業中の話。欧米のライプニッツ研究家たちに、いかにして勝つか?
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年4月12日
まとめを更新しました。De Risi でもコーディングが前提されてることは、ちょっと考えてみたら、すぐわかる。Lの形而上学の立場だけやのうて、アホな人間の立場も考えてみてくれ!
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年4月12日
まとめを更新しました。コーディングの問題を無視すると、「時間」の問題から逃げることになる。現代物理学でのうても、「空間および時間」、ワンセットで解決を目指さな、哲学とは言えん!
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年4月12日
まとめを更新しました。「閃光放射」のとこ、ワシの疑問を注で追加(@ucciuccini)。時間がらみは、ライプニッツ先生でも難しいと見える!
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年4月13日
まとめを更新しました。ワシの情報論的解釈、佳境に入っていくけど、残念ながら、まだ「手探り」の試論や!せやけど、実体界での<無時間的存在>については、あらかた対処の方針はある。ジュリアンのおかげ。
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年4月13日
まとめを更新しました。タイトル、解説を更新。
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年4月13日
まとめを更新しました。注一つ追加と、重要な続編。ワシのこれまでのツイート、まとまりのあるストーリーに収斂し始めたで。「エンコーディング」入れると、De Risi のムツカシ話もわかりやすうなる!
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年4月13日
まとめを更新しました。注を一つ追加。本日は、これにて打ち止め〜。
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年4月13日
まとめを更新しました。また注。
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年4月14日
まとめを更新しました。ワシの名前、"Gotfried Wilhelm, Freiherr von Leibniz" と、しばらくの間改名しよけ?いや、似合わんから、「関西弁のライプッチーニ」でエエわ!
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年4月14日
まとめを更新しました。浮かれたあげくのマチガイ、訂正。
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年4月15日
まとめを更新しました。De Risi の本、すばらしい力作やけど、欠点がないわけやないデ。「時間」扱いを「逃げた」訳がわかるような論議をみつけやした。
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年4月16日
まとめを更新しました。またまた、「決意表明」だけでやんす。ちょいちょいこれやって、自分を鼓舞しとかんと、長丁場もちまへんのやわ〜〜!(なんせ、ワシは一匹狼やさかいな)
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年4月16日
まとめを更新しました。モナド界から現象界への<エンコーディング>を経由した空間と時間のメトリックは、エンコーディング次第で特殊相対性の時空、ローレンツ幾何学にすることが可能。<Uccini予想>
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2013年4月16日
まとめを更新しました。注一つ追加。
0
TibicenLeibniz @ucciuccini 2016年3月4日
まとめを更新しました。「ライプニッツの情報物理学」(中公叢書)が出版されたので、非公開設定を解除、どなたでもご覧になれます。ただし、このプロジェクト初期の古いまとめです。
0