10周年のSPコンテンツ!

内部被曝の線量換算係数の誤使用によるデタラメな被曝量の見積もり

原発事故直後、内部被曝の線量換算係数を正しく使えず、デタラメな被曝量を見積もる学会がいくつかあったようです。
科学
72

http://www.jsnm.org/japanese/11-03-25

引用:「国際放射線防護委員会ICRP報告にあるとおり、約120,000 Bqの放射性ヨードが体内に入った状態(甲状腺線量0.020Gy程度)でも子供達の甲状腺癌発生が増加する危険はありませんので(平成23年3月18日の本学会アナウンスをご覧ください)、このような条件であっても、子供達には影響はでないことがおわかりいただけると思います。」

http://www.jsnm.org/japanese/11-03-18

引用:「6.国際放射線防護委員会ICRPから勧告されている安全な甲状腺への放射能の基準は甲状腺線量0.020Gy以下とされており、この線量以下では小児に甲状腺癌が増加することはないとされています(ICRP Pub94)(なお、チェルノブイリ事故後に測定されたウクライナ、ベラルーシでの甲状腺線量は桁違いに高く、平均0.15-3.10Gy程度と報告されています)。この安全な線量0.020Gyは、計算すると、体内に約3 μCi程度の放射性ヨウ素が入ることに相当します。これは通常使われる放射能を検出するサーベイメーターで甲状腺に数百万cpm(一分間に数百万のカウントを計測)となり、非常に高い数字です。」

これらの文章での間違った見積もりは、乳児の甲状腺等価線量換算係数3.7E-6Sv/Bqを用いて甲状腺の被曝量を見積もるべきところを、乳児の実効線量換算係数1.8E-7Sv/Bqを用いてその被曝量を見積もってしまったためと思われます。

日本保健物理学会の間違いはちょっと別の間違いで、乳児の甲状腺等価線量換算係数3.7E-6Sv/Bqを用いて甲状腺の被曝量を見積もるべきところを、成人の甲状腺等価線量換算係数4.3E-7Sv/Bqを用いてしまったところにあります。

【追加】
http://square.umin.ac.jp/endocrine/hottopics/20110322.pdf
ここで、引用されている日本核医学会の文章を読むと、甲状腺等価線量換算係数と実効線量換算係数を混同したというよりは、途中で何段階も間違えて、乳児がI131を約120,000Bq経口摂取した場合の甲状腺の被曝量が約0.02Gy(実際は約0.4Gy)になるという誤った結論を導いたようです。

なぜ、そんなに何段階も間違えておかしな数値を見積もったかを考えると、「実効線量換算係数で得られる数値にしたかったため」と想像できますが、はたして・・・。

kenbor @kenbor
なるほど。係数の間違い(おそらく乳児と成人の取り違え)で8.6倍、甲状腺のヨード摂取率(0.3)が既に計算に折り込まれているのにさらに0.4をかけてしまって2.5倍。結果21.5倍の間違いとなったということか。そんな日本核医学会が信用できるわけはないね。

ツイートまとめ 無知って怖いですね。 ただただ唖然とするばかりです。 parasite2006さんも彼の話を真に受けていると、 同類とみなされてしまいかねないですね。 もったいない。 12337 pv 149 4 users 2

🌸🍀眞葛原雪🍀🌸 @pririn_
2011/3/17 現在において子どもに対する甲状腺ブロックは不要です(日本核医学会からのお知らせ) http://t.co/jQYGQFUjsS
MAKIRINTARO @MAKIRIN1230
@pririn_ 日本核医学会は当初から、甲状腺等価線量と実効線量を混同し、甲状腺の被曝量を約20分の1と見積もってしまっているような学会です。 https://t.co/e1BVEBg519
スっチー @kotoetomomioto
【日本核医学会:魚拓http://t.co/8gvbSV40Um】①核「赤ちゃん12万Bq→甲状腺20mSv」②検算:3.7E-06×120000=444mSv まあ20倍違う。 http://t.co/KPNRQ6nTwq
拡大
🌸🍀眞葛原雪🍀🌸 @pririn_
(^0^;)解散しなきゃ・・・RT @MAKIRIN1230: 日本核医学会は当初から、甲状腺等価線量と実効線量を混同し、甲状腺の被曝量を約20分の1と見積もってしまっているような学会です。 https://t.co/dX7dL8tPQP
iPatrioticmom @iPatrioticmom
ぶっ RT @pririn_: (^0^;)解散しなきゃ・・・RT @MAKIRIN1230: 日本核医学会は当初から、甲状腺等価線量と実効線量を混同し、甲状腺の被曝量を約20分の1と見積もってしまっているような学会です。 https://t.co/VMYMsy9B3S
🌸🍀眞葛原雪🍀🌸 @pririn_
(^0^;)おらが会長になってもいいべRT @iPatrioticmom: ぶっ RT(^0^;)解散しなきゃ・・・RT @MAKIRIN1230: 日本核医学会は当初から、甲状腺等価線量と実効線量を混同し、甲状腺の被曝量を約20分の1と見積もってしまっているような学会です
iPatrioticmom @iPatrioticmom
iPhoneなのでリンク見えないのですが、数百万cpmだから大丈夫というやつですか?実効線量と間違えたのか...まさか連名の放医研が間違えたわけじゃないですよね?RT @MAKIRIN1230: @pririn_ 日本核医学会は当初から、甲状腺等価線量と実効線量を混同し、甲状腺
MAKIRINTARO @MAKIRIN1230
@iPatrioticmom 日本医学会のホームページで、単に、甲状腺等価線量換算係数を用いるべきところで、実効線量換算係数を用いてしまい、乳児が体内に120,000BqのI131を取り込んだ時の甲状腺線量を0.02Gyとしていました。 @pririn_
iPatrioticmom @iPatrioticmom
なるほど。3/17の声明の数百万cpmもだから間違ったのでしょうね http://t.co/2bb2fSDLm4 RT @MAKIRIN1230: @ぱ 日本医学会のホームページで、単に、甲状腺等価線量換算係数を用いるべきところで、実効線量換算係数を用いてしま @pririn_

(日本医学会→日本核医学会です。すみません)

kentarotakahashi @kentarotakahash
学会ぐるみ、ということも、ままある。 RT @MAKIRIN1230: 日本核医学会は当初から、甲状腺等価線量と実効線量を混同し、甲状腺の被曝量を約20分の1と見積もってしまっているような学会です。 https://t.co/YeOuNiMEwB
MAKIRINTARO @MAKIRIN1230
@kentarotakahash 中川恵一らも当初から甲状腺等価線量と実効線量を混同していました。 https://t.co/Uz7OrkGG5L 甲状腺等価線量と実効線量の違いの説明をTVで見たのは3月20日以降だったような。 https://t.co/wUUJTIzbVc
MAKIRINTARO @MAKIRIN1230
2011年3~4月頃は、ほとんどの人が甲状腺等価線量と実効線量についてきちんと区別できないことをいいことに、専門家と称する人達の放射性ヨウ素による甲状腺の被曝に関する説明はほとんどデタラメでしたね。
🌸🍀眞葛原雪🍀🌸 @pririn_
確かにこの当たりややこしい。おいらもすぐごちゃごちゃになる。でもプロがそれてでは困りますRT @MAKIRIN1230: @pririn_ こんなのもあります。 https://t.co/fyveamD9Xa
MAKIRINTARO @MAKIRIN1230
別のページでも間違っていたんですね。 http://t.co/z4AfuzhM6U 引用:「この安全な線量0.020Gyは、計算すると、体内に約3 μCi程度の放射性ヨウ素が入ることに相当します。」 (3μCi≒110,000Bq)
スっチー @kotoetomomioto
↓検算(2):核「安全な20mGyは3μCi=111000Bq」→仮に飲食だったとして3.7E-06×11.1万Bq=410mSv。まあ20倍違う(アゲイン)
残りを読む(27)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする