159
PKA @PKAnzug
福島の原発事故の放射線で死者が出るかどうか、が久しぶりに話題になってたようですね。実際のところ、個別の甲状腺癌が放射線によるものかどうかがわからず、個別の甲状腺癌が時には死に至る病であり、また他の悪性腫瘍の誘発も完全に否定はできない以上、確かに「出ない」とは言えないです。
PKA @PKAnzug
ただ、前々から書いてる通り、仮にゼロではなくとも統計に出る数にはならないと思われますし、ゼロの可能性も十分にあります(むしろ本命はゼロだと言ってもいい)。これは放射性物質、特に放射性ヨードを診療の道具として使い、甲状腺癌患者を日常的に診てきた専門家の判断として言います。
PKA @PKAnzug
一方、放射性物質回避のために生活を壊された人たちがいて、避難などの過程で少なからぬ数の方が亡くなったり不幸になったりしたというのもまた事実。これは「原発事故による放射線の影響」ではなく「事故に対してとられた方策による影響」なので、間接的に放射線のせいであっても別問題です。
PKA @PKAnzug
避難などもリスク因子だというのは、私含め多くの人が前々から指摘していましたが、このリスクがどの程度かは私には具体的にはわからなかったんですよね。低線量被曝なんかよりは間違いなく大きいだろうと思っていたんですが。で、後にそんなレベルの小さな話ではなかったことが見えてきました。
PKA @PKAnzug
ただ、少なくとも原発の近くでは危険な線量が出ていましたし、長期間居続けるには不安の強い線量の地域もあったのは確かなので、「全く避難させない」というのは選択肢として選べなかったんじゃないかと思います。
PKA @PKAnzug
避難の影響がどの程度出るかは、放射線の健康影響なんかより不確定要素がずっと多く、事前に正確に予測できる人なんていなかったでしょうから、仮に後の評価で全く避難しないのが最善だったとしても、それは結果論でしかありません。
PKA @PKAnzug
あとはどこで線を引くのか、という程度の問題になります。これの決定には科学的情報や理屈も重要ですが、最終的には人間が決める話です。避難するなら急ぐ必要もありますし、ベストの形にはそうそうならないでしょう。ベストでなかったことを後出しじゃんけんのように責めるのは酷だと思います。
PKA @PKAnzug
これは実害を被った側から見れば理不尽かもしれません。似たような形で「ベストの結果を出さなかった医師」が起こされる医療訴訟というのはよくありますし、そのベストでない結果が「仕方ないもの」だったのか「真摯に対応すれば改善できるもの」だったのかはそういう場では必ず問題になります。
PKA @PKAnzug
いずれにせよ、起こってしまった原発事故を無かったことに出来ないのと同様、過去にとられた政策なりで発生してしまった影響も無かったことには出来ませんから、あとは既に出てしまった損害を補償させたり、新たな損害が生まれないようにするしかないんだと思います。
PKA @PKAnzug
私は放射線・放射性物質・甲状腺疾患に関してはそれなりに知っていますが、補償などの制度的な側面や、風評被害への対策に関しては素人です。それは他の「科学クラスタ」の方も似たような感じでしょうから、そろそろそういう社会の専門家がメインで動く時期だろうと思っています。
PKA @PKAnzug
私が最近あまりこっち系の話題に深く突っ込まないのはそういう考えもあってだったりするんですよね。もちろん疫学的な調査・評価などは今後も続きますし、そういう側面では触れていくつもりですが、今多くの人が困ってる部分を直接的・効果的にいじれるのは医師や科学者ではないな、と。
PKA @PKAnzug
ちょっと話が逸れましたが、とりあえず「原発事故の放射線で死者が出てるか(出るか)」に関しては、私なんかは「今後も含め出ない可能性は十分にあるし、仮に出てもごく少数」と言います。一方「原発事故で死者が出てるか(出るか)」には「既に少なからず出ている」と答えます。
PKA @PKAnzug
「原発事故で死者は出ていない」的な単純化された物言いに関しては、被害者的には正直ムッとくるでは済まないでしょうが、恐らくその多くは「放射線では」という前者の意味で言っているんだろうと思います。社会的影響も含めての犠牲が大きかったことは誰も否定できないんじゃないでしょうか。
PKA @PKAnzug
ということで。なんかとりとめのない話ですが、ただでさえ心労が多いところに余計な諍いが生まれてもアレなので(それこそ余計な損害を増やすことになりかねない)、久しぶりに連投してみました。
PKA @PKAnzug
本当にそこは間違いないです。放射線の影響を大きく言わないと、原発事故の悪影響自体を否定したかのように言われがちですが、そこは最初から誰も否定していなかったと思います。RT @kikumaco: @PKAnzug 放射線のせいではないが、原発事故のせいなんですよ
PKA @PKAnzug
脱原発の動きだって、「放射線でこんな被害が!」ではなく「原発事故の影響で間接的にこんなに被害が!」だったら納得いくんです。ただその場合も、事故の頻度と、原発によるエネルギー供給のメリットと、既に原発があちこちにある現状を比較して、「では今どうするのが最適か」って議論になりますが。
PKA @PKAnzug
少なくともまともな議論にはなる。

コメント

yuri @syoyuri 2013年6月19日
"「3・11」は今も県民の命を奪っている。" 原発事故関連死(1)大切な妻奪われた 48歳、避難先で突然 | 東日本大震災 | 福島民報 http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2012/11/post_5687.html 議論のためにもこの福島民報の連載記事を読んで欲しい。...そもそも原発再稼働の話のなかに「原発事故で死亡者が出ている状況ではない」などという発言が出るのがおかしいのではないでしょうか。
yuri @syoyuri 2013年6月19日
"「避難が無ければもっと長生きできたのに」。遺族の嘆きは深い。さまざまな家族の姿を通して、原発災害の不条理を伝える。" "原発事故がなければ、今でも家族の中心だったはずの広美さんの笑顔は遺影の中にしかない。" http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2012/11/post_5687.html
T.K. fukushimaタグ付けよう @aizujin_k 2013年6月19日
断層論議に見えるように、地震の破壊力が原発自体に及ぼす影響のみ注目されていますが、問題は、複合災害下にあっては、屋内退避も避難も極めて困難になる点にあると思います。そこの議論が欠けているように思います。
yuri @syoyuri 2013年6月19日
"東京電力福島第一原発の事故は多くの人々から夢や未来を奪った。避難生活に将来を悲観して自ら命を絶った人もいる。彼らはどんな気持ちで自殺を選んだのか。残された家族は何を思うのか。" http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2013/03/post_6652.html ...福島民報の連載です。 議論のために、原発事故の実態を見つめる必要があると思います。
ずっきー【精神疾患にて闘病中】 @zukkykamogawa 2013年6月19日
原発事故の原因は津波であり、それを拡大させたのは人災、関連死は心災。
ずっきー【精神疾患にて闘病中】 @zukkykamogawa 2013年6月19日
心災の火に油を注いだのはあっち系の人達。福島を人の住む所にしたくない人。
s_matashiro @glasscatfish 2013年6月19日
今、冷静になれば取り返せるものも多いと思う。福島県内に限らず。
ややたいやや@木下電機7/7ライドアフリカツイン @kdenki 2013年6月19日
避難生活に伴う心身の負担は避難の原因がなんであれ生じる。原発事故に起因する避難が自然災害に起因する避難に比べてことさら心身に影響が大きいのだろうか?
tantanQtan @tantanQtan 2013年6月19日
zukkykamogawa でもあっち系とかレッテル貼るとまたいらぬ対立がうまれるんじゃないの。蒸し返さないでもいいと思う。
ゆーん【歌丸】 @Yukinkooo999 2013年6月19日
歯ぎしりしながらの二年間だった
ぴっぴ @ppix2 2013年6月19日
今の福島なり東北なりの現状を出発点に、これから先どうすれば良いのかという前向きな議論がしたいですよね。
すけざえもん[MECW工房長] @sukethe 2013年6月19日
「放射能による直接の死亡者はいない」のは現状において明確な事実だし「原発事故によって死亡者が出た」のも事実。でもそれは一緒にしてはダメだと思う。それが一緒になってるからややこしいことになっているんだと思う。
NiKe @fnord_jp 2013年6月19日
PKAさんがこの一連のツイートで語っていることを全く無視したようなコメントでスタートしてるのが、こう、なんというか。全くまとめを読まずにコメント書いてませんか?
y.🍀 @yabtter 2013年6月19日
「少なくともまともな議論」をしたいものだと思いつつ2年超……
Flying Zebra @f_zebra 2013年6月19日
状況が十分に把握できなかった時期の対応を後出しで批判するのはフェアではありませんが、ある程度整理されてきた時点で見直すことはできたはずで、この点では現在に至って不適切な対応が続いていると思います。人々の不安が大きな時期に、科学的な合理性を軽視し、不安に乗じた結果却って不安を煽ってしまうような施策は最悪です。また、誤解を蔓延させておいて訂正も反省もない報道機関にも強い不満を覚えます。
Flying Zebra @f_zebra 2013年6月19日
原子力災害は、起こってしまえばたとえ直接の死者を出さないとしても、社会に与える影響は他の産業災害には類を見ない甚大なものとなります。実際に起きてしまった事故の補償とは別に、今後同様の災害を起こさない(発生頻度を十分に低く抑える)ための対策は不可欠です。そしてもう一つ。
Flying Zebra @f_zebra 2013年6月19日
産業災害はともかく、自然災害は避けようがなく、今後も大規模な災害や伝染病の流行などで多数の被災者が発生する事態は間違いなく起こります。その際に、被災者が十分に救済され、風評被害のような二次的な被害を出さないためにはどうすれば良いか。社会としてどうあるべきか。しっかりと考えておく必要があるでしょう。
Flying Zebra @f_zebra 2013年6月19日
人は不安に駆られると容易に他人を差別します。正しい情報を発信するだけでは誤解やデマの蔓延を防げず、政府や自治体が安易に不安に迎合することで被災者救済を妨げてしまった事は真摯に反省すべきだと思います。「他の誰か」ではなく、社会の構成員たる私たち一人一人が、です。
きっし= @lr_ishy 2013年6月19日
あの時点で、こうなることを一番よくわかっていたのは山下先生だったんだろうと思う。なのにうまく伝えられなかった。結果として多くの混乱を引き起こし、犠牲も生じた。次回、同じような状況になった場合にはもうちょと上手く対応していけるとよいけど、難しいだろうなあ。
fujitsubo_x @fujitsubo_x 2013年6月20日
必死なPKAさんには頭が下がります
もうれつ先生 @discusao 2013年6月20日
@PKAnzug さんの「福島の原発事故の放射線で死者が~ゼロの可能性も十分にあります(むしろ本命はゼロだと言ってもいい)」というのは、原発事故収束作業終了に到る過程で過酷な被曝は起こりえず除外していると考えていいのかな?
白黒ダジャレうさぎ @DonnieTheDutch 2013年6月20日
晩発性の障害は何年も経った後,例えば「子供のときに受けた被曝が原因で,成人になってから障害が現れる」という事もありえるのに「障害が出ない」を前提に「まともな議論」ができるとはとても思えない
あるどごーと @inspiron29 2013年6月20日
discusao PKA先生が作業従事者を数に入れているかどうかわかりませんし、過酷な被曝というのがどの程度を指しているかわかりませんが、現時点では100mSv以上の被曝者は約160名、中でも250mSvを越えているのは6名だそうです。
neologcutter @neologcut_er 2013年6月20日
「障害が出ない」を前提に「まともな議論」ができるとはとても思えない < #反原発 が障害が出ることを願ってるだけなんじゃないのかいw
neologcutter @neologcut_er 2013年6月20日
朝日新聞デジタル:福島での児童交流企画に抗議続々 主催側「安全と判断」http://p.tl/YCCI こういうバカどもが人災の原因である。
もうれつ先生 @discusao 2013年6月21日
inspiron29 現時点ではそうですね。PKA先生の「ゼロの可能性」が現時点に限定したものなのかどうかも気になったので訊ねました。周辺住人で作業に従事されている方も少なからずいるようなので、そういった事情は除外されているのかなぁ?と…
PKA @PKAnzug 2013年6月21日
discusao もちろんここでの話は一般人に限定した上でのものですが、原発作業従事者を含めても0が本命です。短時間で100mSvとか250mSv浴びたというのはさすがに「発癌の可能性はほぼゼロ」とは言い難いんですが、可能性として低いことは間違いないんですよ。バセドウ病のI-131治療では統計学的有意に発癌増えないですし、放射線治療で局所に何十Gy(=Sv)も浴びせた人でもそこまでボロボロ発癌するわけじゃないです(後者は有意に増えますけどね)。
PKA @PKAnzug 2013年6月21日
で、原発労働者は一般の住人みたいに何十万人もいません。当たる確率がほぼゼロのくじ(当たったら発癌)を数十万回引くのが一般市民の健康影響、当たる確率はゼロじゃないけど十分に低いくじを160回引くのが原発作業員の健康影響。ただ、原発労働の方の場合は確率が低いとはいえ、一般の方よりは遥かに大きい危険に晒されてますから、管理が悪くていっぱい浴びた人が増えると本当に健康被害が出かねません。なので、ちゃんと管理してもらわないと困るのです。
PKA @PKAnzug 2013年6月21日
fujitsubo_x どうでもいいけど、カサガイさんも長いことよく飽きずに頑張るねw
もうれつ先生 @discusao 2013年6月21日
PKAnzug ご回答ありがとうございます。「短時間で100mSvとか250mSv」といった数字から@inspiron29 さんの「現時点」を受けてのご指摘と了解して宜しいですか?この先事故の終了(4基の廃炉なりなんなり)到るまでの作業員の被曝は考慮していない(あるいは無視できるほど微量であるという見解)ということで?
白黒ダジャレうさぎ @DonnieTheDutch 2013年6月21日
「まともな議論」とは「有意差が出ないような増加は無視しよう.どうせ因果関係は証明できないんだからな」ということが前提なんですか.こんな事を堂々と言って,人間として恥ずかしくないんですかね
白黒ダジャレうさぎ @DonnieTheDutch 2013年6月21日
discusao これを見ると 50mSV での増加(統計的有為差)が確認されていますね→ https://twitter.com/hindu_kush420/status/272266441481392128
もうれつ先生 @discusao 2013年6月21日
「原発労働者は一般の住人みたいに何十万人もいません」←原発労働者の中に周辺の住人も混ざっているという場合、部分集合で重なってるところは除外するものですか?「当たる確率がほぼゼロのくじ」←普通の宝くじとロシアン・ルーレットの違い、とまでは言えないけれど、居住地域とは確率がかなり違いますよね^^(比喩についての印象なので気に障ったら失礼)
白黒ダジャレうさぎ @DonnieTheDutch 2013年6月21日
discusao この事故の特徴は「高人口密度地域における広範囲の低線量汚染」ではないでしょうか。被害者が「作業員かどうか」みたいな恣意的な分類はあまり意味がないと思いますね。
白黒ダジャレうさぎ @DonnieTheDutch 2013年6月21日
チェルノブイリでさえ、その影響が明らかになるのは10年単位の時間の経過を待たなければいけませんでした。もしチェルノブイリよりも汚染は軽微である、のような主張が正しければ、この事故の影響がわかるのはそれ以上時間がかかるのでしょう
白黒ダジャレうさぎ @DonnieTheDutch 2013年6月21日
しかし、影響を受ける人が欧州と違ってかなり均一化した集団ですし、避難せずに汚染地域に留まる傾向が高いですから、ゆっくりですが確実に影響は表れると推測されます
PKA @PKAnzug 2013年6月21日
discusao そうですね。飽くまでも「現時点では」の話なので、今後何か大きな問題が発生してまた緊急作業が必要になったら大きく増えてしまう可能性はあります。そして緊急作業ではないものに関しては、ちゃんと管理して大量被曝を出さないようにしていく必要があります。発生して2年以上経過した事故の対応でいまだにゴロゴロと100とか200とか浴びる人が出てたら、それはやり方に大いに問題があると見て、方針を洗い直さないとダメです。
PKA @PKAnzug 2013年6月21日
discusao あと、付近住民かどうかはそう問題じゃないんです。そういう被曝を伴う業務を生業としてるか、それとも住んでるだけで否応無しに浴びせられるかの問題です。私もそうなんですが、放射線業務に従事する人間は、その仕事を責任持って全うするという普通の責務の他に、自分の被曝量を極力低減するのに各自気を付ける義務があって、その業務の代価として給料をもらっているわけです。被曝に何の責任も負っていない地域住民とは性質が全く違います。
スカルライド @skull_ride 2013年6月21日
自然γ線による過剰白血病や小児のCT検査による過剰発癌など、最新の大規模疫学調査で低線量放射線の過剰発癌を示すデータがどんどん出てきているのに、被害者ゼロはさすがに無理筋というか非科学的だと思うのですが・・
スカルライド @skull_ride 2013年6月21日
WHOも福島事故における甲状腺等価線量の集団線量はチェルノブイリの1/30、全身の集団線量で1/10と評価してるみたいですし、逆に言うとその規模で過剰発癌が発生すると考えるのが妥当ではないでしょうか。
NiKe @fnord_jp 2013年6月21日
いい加減、的外れな上に悪意だけは見え見えなニセフジツボはブロックしてもいいんじゃないでしょうか。立場に関わらず邪魔なだけでしょう。
白黒ダジャレうさぎ @DonnieTheDutch 2013年6月21日
skull_ride それの見積もりでさも「チェルノブイリでの避難地域」に対応する被爆レベルの地域から,ちゃんと避難できていること,が前提ですものね.
白黒ダジャレうさぎ @DonnieTheDutch 2013年6月21日
「健康被害は生じない」「有意でなければ問題ない」「事故作業者は除外する」みたいな前提からどうしたら「まともな議論」ができるのか,まとめ主の @leaf_parsley さんにお尋ねしたいです
y.🍀 @yabtter 2013年6月21日
「健康被害は生じる」「有意でないけど問題あり」という前提に固執する方とでは、ちょっと……
白黒ダジャレうさぎ @DonnieTheDutch 2013年6月21日
「健康被害は生じるかもしれない」「ある母集団で有意でなくても,違う母集団なら有意かもしれない」「事故作業者も除外できない」というのが「まともな議論」の出発点でしょう
白黒ダジャレうさぎ @DonnieTheDutch 2013年6月21日
そろそろ「放射線を照射して飯を食っている人」が言う「これくらいの放射線は安全です!」をお守りにしてすがる時期は過ぎてるんじゃないですかね
y.🍀 @yabtter 2013年6月21日
あらそうなんですか? 「かもしれない」とは、「ないはずがない」の言い換えだと思ってました。
y.🍀 @yabtter 2013年6月21日
母集団ったってヒトの数なんて、それなりの桁数でしかない有限の数なんだし、「さすがに確率からみてほぼゼロでしょこれ、もしあったら何かケアするとしても今そんなに心配することないよ」って言えちゃうと思うんですよね。
y.🍀 @yabtter 2013年6月21日
たぶん2年以上ずっと食い違ってるのは、そのあたりの捉え方なんじゃないかなと。
um @nanasi0003 2013年6月21日
いくら「○年後にはわからないぞ~」って呪いを繰り返しても実際に原発事故から2年余りもの時が過ぎてるんだから、わかってること・予測できることはいっぱいあるんだよ ちゃんと考えればね
um @nanasi0003 2013年6月21日
もちろん調査中で結果待ちのこともいろいろあって、そのへんの分別を付けないで「勝手な予測」を垂れ流すことは呪いかけてるのと一緒
PKA @PKAnzug 2013年6月21日
ちなみに、影響が出るとしたら何年も経ってから(確率的影響は今の時点では出ない)というのは当たり前の前提ですので、そこを強調されてもしょうがないです。それを教えてあげるべき相手は、初回の甲状腺スクリーニングで見つかった甲状腺癌について「被曝の影響だ」って騒いでいた人たちですよ。さらに、バセドウ病患者のI-131治療では20年以上追跡して、発癌の有意な増加がないことを確認しています。これ、自分の甲状腺からγ線飛びますから、それなりに全身被曝もするんですよ。
スカルライド @skull_ride 2013年6月21日
@PKAnzug I131治療では等価線量が非常に高くなるので、甲状腺は癌になる前に死滅してしまいますよね。I131治療に伴う過剰甲状腺癌が統計学的有意差の範囲内に埋もれるのはそういう理由からとは考えられないでしょうか?
PKA @PKAnzug 2013年6月21日
skull_ride 少なくとも私が現役でやってた頃は、成人に関してはeuthyroidという状態(甲状腺機能亢進も低下もない状態)を目指す治療が一般的でしたよ。うちはかなり強い線量を使ってましたが、それでも死滅には至りません。子供では甲状腺癌のリスクが増すことがわかってるので高用量が一般的かと。また、全く死滅を目指さないけど甲状腺がガンマカメラで見える程度には投与する甲状腺シンチでも、甲状腺癌が増えないと報告されています(これは子供でもそう)。
スカルライド @skull_ride 2013年6月21日
@PKAnzug I131治療を受ける人は甲状腺機能が低下するのが一般的と思ってましたが、色んな使い分けがあるんですね。チェルノブイリ事故では甲状腺癌が明らかに増加したのにI131治療ではそうでもない。この解離の理由を知りたいのですがまた分からなくなってしまいました・・リプありがとうございました。
PKA @PKAnzug 2013年6月21日
skull_ride 乖離についてですが、まず大前提としてチェルノブイリで増加が確実視されているのは小児の甲状腺癌だけですよね。そして子供(何歳までかは失念しました)のバセドウ病に対するI-131治療では、中途半端な治療量では甲状腺癌が有意に増えることが指摘されています。基本的に子供の甲状腺は放射線感受性が高いということと、チェルノブイリではI-131の内部被曝を抑制できなかったということでかなり説明が付かないでしょうか。
PKA @PKAnzug 2013年6月21日
つかま、要するに乖離って言うほど乖離してないんじゃないか?ということなんですが。
0ep30t1178z3r4a @0ep30t1178z3r4a 2013年6月21日
hindu_kush420が放射能で死人が出るのを熱望し続けてるのは周知の事実、とにかく死んでくれないと自分達の正義が実現しないから。
もうれつ先生 @discusao 2013年6月21日
PKAnzug 仰るとおり「被曝に何の責任も負っていない地域住民」と「代価として給与を貰っている作業員」のカテゴリは異なるのですが、実態として重なる部分がある旨述べています。危険業務に携わる者の安全管理という観点について、「本命はゼロ」という予断から出発するのは医療的な立場の発言として疑問があります。ゼロが目標という意味なら分かりますが。
もうれつ先生 @discusao 2013年6月21日
原発事故収束作業上の安全予測については、せめて2基くらい廃炉作業が完了した実績があれば「本命はゼロ」に信頼を寄せられると思います。
温風式チェロ弾き @tonkyo_Vc 2013年6月21日
「賢者は歴史に学び愚者は経験に学ぶ」といいますが、まさしくそんな感じですね。経験からも学べなさそうな人もいますが、それはさておき作業従事者や子供に必要かつ十分な健康モニタリングをすべきなのは当然で、それ以上の管理はできないわけですから外野が何人患者が~と叫んでも何の益にもならない、ということはそろそろ考えてもよい頃では?
PKA @PKAnzug 2013年6月22日
discusao ひとつハッキリさせておきたいんですが、私は立場で発言内容を変えたりはしませんし、特に専門性を有した人間がその専門性から事実や予測を語る時に、自分の立場によって発言の内容が変わるなんてことは絶対にあってはいけないと思っています。私は飽くまでも、自分の専門性に基づいて予測したそのままを述べているのであって、自分の「医療的な立場」など全く関係ありません。「念のため安全側に寄せる」などは政策や方針を決める時にやることであって、評価の段階で歪めると正しいリスク評価を行えなくなります。
白黒ダジャレうさぎ @DonnieTheDutch 2013年6月22日
「注意深くコントロールされた医療被曝」の線量を唯一の根拠として、「この健康被害は福島由来ではない」などという、核種や被曝形態を無視した(利害関係者の言う)デタラメを信じる人は少なくなってきてると思いますけどね
白黒ダジャレうさぎ @DonnieTheDutch 2013年6月22日
discusao 作業員も非作業員も、健康被害が出たら事故の被害者なのに、なんで被害者に区別をつけようと頑張る人がいるんでしょうね。とっても不思議です
白黒ダジャレうさぎ @DonnieTheDutch 2013年6月22日
あと「有為差がでないから問題ない」みたいなこと言っちゃってアタマ大丈夫なんですかね。いや、加害者の立場なら「問題ない」んでしょうけど
関野武志 @midorikurage 2013年6月22日
避難の判断は難しい。後から「こうすれば良かった」と言っても始まらない。だが、避難をさせるなら政治がきちんとケアをすべきでした。仮設住宅を作ることしか考えず、復興予算を生活基盤の確立に使えなかったのは人命に関わる失政でした。
um @nanasi0003 2013年6月22日
「もし何かあったらどうしてくれるんだ!!! だから前もって保証しろ!!!!」…完全にクレーマーの論法じゃないか 百歩譲ってそれを認めても、あなた個人の危機感・リスク対策についてはあなた個人の裁量内でやってください、としか言い様がない 甘え過ぎなんだよ
温風式チェロ弾き @tonkyo_Vc 2013年6月22日
『安全神話』とかいったコトバを声高に叫ぶ人ほど自分の想像した物語にあうような『危険神話』を作ろうとする、という事ですね。どちらもできごとの個別性を無視した物言いだと思いますけどねえ。科学にしても歴史にしてもその個別性の内容を吟味するためのツールであって、神話の根拠にするものではないです。
PKA @PKAnzug 2013年6月22日
黒もぐさんは相手しないつもりでしたが一応書いておくと、「被曝の影響を測る物差し」として用いる比較対象は、被曝量が厳密にコントロールされている方が望ましいです。曖昧なものを測るのに使う場合、物差しの目盛りまで曖昧なのと、物差しだけでも正確なのでは、どっちが正しく評価できるかは自明ですよね?
もうれつ先生 @discusao 2013年6月22日
PKAnzug 医療訴訟を起こされた医師の話もされているので、PAKさんの「立場で発言内容を変えたりしない」というのは理念として受け取らせて頂きます。あと僕もひとつハッキリさせておくと、統計としてゼロになるであろ可能性について特に争うものではありません。
もうれつ先生 @discusao 2013年6月22日
PKAnzug とりあえず、原発事故収束作業に携わっている周辺住人が事故で大量被曝する場合を考えた場合、PAKさんの見解としては別枠となり「本命はゼロのまま=統計として影響を受けない」ということだと理解しました。懇切丁寧なご回答ありがとうございました。
ゆ〜たん @Iutach 2013年6月22日
日本語がだいぶ不自由な方のようですが、せめてアルファベットで書いてあるハンドルくらいは正しく書きましょうよ…。
もうれつ先生 @discusao 2013年6月22日
PKAnzug あ、↑で「別枠」と書いたけれどPAKさんは「ゼロ」とは言い難いが可能性として低い」という見解(すなわち別枠ではないという立場)でしたね。失礼しました。ということは、それを入れても「現時点でゼロ」だから「可能性はゼロ(むしろ本命はゼロ)」ということなのかな?
もうれつ先生 @discusao 2013年6月23日
PKAnzug訂正:PAKさん×→PKAさん〇でした。失礼しました。Iutachさん、ご指摘ありがとうございます。
(は) @HA2061 2013年6月24日
避難リスクと低線量放射線リスクを比較して、避難リスクの方が高いと判断して自分の意思で留まる事を選んだ方々に対して「低線量でも癌になるかもしれない」と何年もネチネチ言い続けるのは如何なものかと思いますけどね(助言を通り越して脅しや嫌がらせに見えなくもない)。
(は) @HA2061 2013年6月24日
あと、「放射線照射でメシを食ってる人のアドバイスは参考にするな」の理屈がイマイチ分からないですね。「放射線照射でメシを食っているんだから、それで利益誘導するに決まっている」みたいなマヌケな理由ではないと思いますが。 QT @hindu_kush420: そろそろ「放射線を照射して飯を食っている人」が言う「これくらいの放射線は安全です!」をお守りにしてすがる時期は過ぎてるんじゃないですかね
青空ぷらす @aozorapurasu 2013年6月25日
ね? 結局まともな話は出来ないでしょ? 
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする