2013年6月29日

反日教育ことはじめ

参考 故山川男爵記念会『男爵山川先生遺稿』 石黒忠悳『懐旧九十年』 末弘厳太郎『嘘の効用 上』 高島俊男『本が好き、悪口言うのはもっと好き』『お言葉ですが…別巻④』 続きを読む
4

【中国に於ける排日熱について】

むらやまこういち @murapyon71

中韓の反日教育はとても近代国家のありようとは思えない。ですが其の事始めを見ると、導火線に火を付けたのは日本の庶民層であることはたぶん明白なんだろう。だけど僕には論拠が示せなかった。しかし最近ご紹介頂いた『男爵山川先生遺稿』の「支那の排日熱」を読むと大体の流れに論拠が示せると思う。

2013-06-29 18:11:12
むらやまこういち @murapyon71

高島俊男先生は『本が好き、悪口言うのはもっと好き』で「大正より昭和の初年にかけて、日本人特に一般大衆のあいだに、中国人に対する軽蔑の念がかなり普遍的であった事は事実であろう」と述べています。この論拠が僕には示せなかったのですが、この概説が先に挙げた本に載っていたというしだいです。

2013-06-29 18:17:16
むらやまこういち @murapyon71

山川先生の『支那の排日熱』にこうある「支那に於て排外熱頗る強盛…日本より帰来せる留学生が、排日論の主導者なりと云ふ…支那人が…留学生派遣の必要性を感じ、争つて俊才の青年を日本に留学せしめた…現今本邦に留学する支那人が如何なる待遇を受け居るかを見よ。

2013-06-29 18:27:09
むらやまこういち @murapyon71

…幾多具眼の士を除くの外は、世人一様に憚り衷心に於て之を軽蔑するのみならず、言語・挙動に於て之を侮辱し…我を慕うて来りたる留学生が斯の如き待遇…其の反動として、本国に帰りて如何でか日本に対し好感情を有すべき。今日支那に於て排日熱の強盛なるは我が国民が求めて得たる結果に外ならず」

2013-06-29 18:36:33
むらやまこういち @murapyon71

日清戦争後、清朝は科挙を廃止し留学が立身出世のステップとして加味されておりましたので、この様に凌辱感にまみれた中国人留学生が政府の中枢にのぼった後に反日教育に精を出したとしてもむべなるかなといったところでしょうか。

2013-06-29 19:36:46
むらやまこういち @murapyon71

なぜ日本人が中国人を下にみるようになったかというと、石黒忠悳『懐旧九十年』に、清国から媾和大使として李鴻章が来たが、我が軍人社会は、早く北京へ攻め入って、神武天皇祭に北京の戸々に日の丸を翻させなければならぬ意気込みであったとあります。

2013-06-29 19:56:04
むらやまこういち @murapyon71

これが、露・独より異議、さらに英・仏がこれと結んで武力干渉を企つる旨の報が広島大本営からあったとあり、あまつさえ占領した土地は還付することとなり、同胞を犠牲にした地を遺棄して立ち去り、涙を拭うて凱旋とあります。それを迎えた本島人も日の丸をかかげて祝声歓迎したとある。

2013-06-29 20:05:22
むらやまこういち @murapyon71

この時分に相当数の大衆の間に中国人を下にみる風潮が出来たとみてよさそう。この風潮の中、来日した中国人留学生を、相当数の大衆が軽蔑の念を込めて支那人と呼び、支那という言葉が中国人の知識層に嫌われ、後に中国政府の要望により日本の一般社会から支那という言葉が一掃されたのも有名なお話し。

2013-06-29 20:14:17
むらやまこういち @murapyon71

一連の話しは、水野先生(@y_mizuno )の支那という言葉について(http://t.co/57KVViwzRa)につながるものでした。

2013-06-29 20:30:20

【以下雑談】
バベリーさんのおっしゃっていたことが一番当を得ていたようだ。

むらやまこういち @murapyon71

@aizujin_k 支那という言葉が駆逐されたのが大正期で、それは主に民衆の中国人留学生への侮辱的な接し方から来ているので、清朝末期から大正期にかけて、民衆の間に何か感情の変化があったのでしょうね。学問の方で西洋人が御株を上げた潮時はかなりはっきりしている様ですが。

2013-06-17 13:11:42
buvery @buvery

@murapyon71 @aizujin_k それは日新・日露で朝鮮半島の権益を確保できることが分かったからではありませんか。

2013-06-17 13:30:17
T.K. fukushimaタグ付けよう @aizujin_k

@buvery @murapyon71 思いだしましたが、旧制中学の中国大陸修学旅行というのが、わりに盛んに行なわれていて、昭和の始めまではあったと思います。それが無くなった世代との間に中国観の差は確かにあったなあと、私の知るご老人の思い出の範囲ですが。

2013-06-17 14:02:05
むらやまこういち @murapyon71

@aizujin_k @buvery 民衆の感情を小竹先生は「支那…それ自体に軽蔑の意味はない。結局、従来日本人に軽蔑の念を以てシナの語を使つたものがあつたから」と指摘し、対して学問や指導的立場にあった人の階層では、そういった侮蔑の念は無かった。このギャップが不思議ですね。

2013-06-17 14:30:38
T.K. fukushimaタグ付けよう @aizujin_k

@murapyon71 @buvery 宮崎滔天が、派手に孫文応援で宣伝して廻りましたし、国民に人気の高かった犬養毅も孫文に肩入れしたし、一面中国ブーム的にさえ見えるんですが、知識人層を越えて広がったのかとか、そういう雰囲気は時代の人しかわからないかもです。

2013-06-17 14:52:52
buvery @buvery

これは、アジア主義だと思います。征韓論を唱えた西郷隆盛は、明治維新のトロツキーで、革命の輸出は明治の一つの夢です。RT @aizujin_k: @murapyon71 宮崎滔天が、派手に孫文応援で宣伝して廻りましたし、国民に人気の高かった犬養毅も孫文に肩入れしたし、す。

2013-06-17 22:37:33
むらやまこういち @murapyon71

@aizujin_k @buvery 時代の変遷期にちょうど差し掛かったのですかね。大正四年の「対華二十一カ条要求」 http://t.co/v59jhxuRac の時期と、末弘厳太郎先生の、大正に入り西欧に形式的に追い付くと、政府は指導に迷い、江戸時代の錆び刀、(続く

2013-06-17 20:10:30
むらやまこういち @murapyon71

@aizujin_k @buvery 国民道徳で民心統一の必要性を叫び、とあります。ここでいう道徳観は平田篤胤の皇国観のことですから、日本国民が一等高いところにいるという観念ですから、教育が行き届いたころに、朝鮮人や中国人は支配の対称に見えてしまったのかも。

2013-06-17 20:19:07
buvery @buvery

単に観念ではなく、西洋化に成功して、物質的な差がよく見えるようになった時期なのかもしれません。RT @murapyon71: @aizujin_k 日本国民が一等高いところにいるという観念ですから、教育が行き届いたころに、朝鮮人や中国人は支配の対称に見えてしまった

2013-06-17 20:20:50
むらやまこういち @murapyon71

@buvery @aizujin_k 物質的に圧倒的な差が歴然とした時期に、自尊心をくすぐる教育方針が悪い意味で効果的だったのかもしれませんね。大正期の中国人留学生に対する、日本人庶民の侮蔑の念を、少なからぬ人が語ってますからね。

2013-06-17 20:28:46
T.K. fukushimaタグ付けよう @aizujin_k

会津のことしか判りませんが、日露戦争時、歩いて出征した兵隊さんが、帰りは完成した磐越西線で凱旋してます。軍隊で洋服や靴を身に付け、カレーの作り方も覚えてくる。庶民も自分たちが文明化した実感を持ったのでしょうね@buvery 単に観念ではなく、西洋化に成功して@murapyon71

2013-06-17 20:29:05
むらやまこういち @murapyon71

@aizujin_k @buvery これは県民の心を惹きそうですね。医学の方で石黒公が、各藩の有望な人や人望のある人を集め、独逸留学組と簡易教育組とに分けて西洋医学を習得させ、人望厚い人が含まれる簡易教育組が各地に散って西洋医学の効能を実証して見せたのが理解の土台にとあります。

2013-06-17 20:45:15

【その他、台韓反日感情について】

むらやまこういち @murapyon71

韓国が元来は華夏思想(こういう言い方で良かったのかな?)で、日本よりは中国に近いという自尊心で、日本を見下していたという感覚は、あまり認知されていないような気がする。今の韓国人がどう思ってるかは知らないけど。

2013-06-30 09:41:41
残りを読む(6)

コメント

むらやまこういち @murapyon71 2013年6月29日
大間違い(山川先生の名前)の訂正と略歴を追加。
0
水面計@学習アプリを作成中 @W_L_G 2013年6月30日
過去の反中的な感情が巡りめぐって現在の反日感情になった というのは話としてはそれらしいしそういった面も多分にあるとは思うけど、それなら昔白人が行っていた無数の人種差別的な態度に対してなぜ反白人感情・反白人教育がなされていないのか? 同様に他国を見下して自国を誇ることは古今東西あらゆるところで見られたがなぜ中韓があれほど以上なのか? という疑問が個人的には生まれる。
0
むらやまこういち @murapyon71 2013年6月30日
. @W_L_G さん 中国の場合には、中華思想がその根底にありますので、元来日本を見下していた。 留学は、内心忸怩たる思いで教えを請うことであったのに加えて、日本の大衆に凌辱された。 その凌辱された知識人が帰国後政治の中枢にのぼった。 中国に対しては、おおまかにこういう条件が重なってのことだと思います。 (つづく
0
むらやまこういち @murapyon71 2013年6月30日
韓国の場合には、華夏思想で、中国に日本より近いという自負心があり、日本を見下していたのは中国人と同じ。 日本人に教育を受けていた感情も中国人とほぼ同じだと思います。 中韓のこれらの感情が、自国を蹂躙されたというトラウマと重なっての反日感情なのだと思います。 これは個別具体例なので、白人の場合にはまた其々の個別具体例をつぶさに調査する必用があると思います。
0
水面計@学習アプリを作成中 @W_L_G 2013年6月30日
murapyon71 中国の反日教育には日本に留学した際に大衆に侮辱された中国知識層の働きがあった という仮定を証明するには①戦前の日本大衆が中国人留学生を反日的思考に染めるほどの侮辱を繰り返し行った。②そうやって侮辱を受けた中国人が共産党政府の中核に上り詰めた。という二つの条件が必須だと思います。 ①についてはこのまとめで言及されているのでよいですが、②についてはどうでしょうか?
0
むらやまこういち @murapyon71 2013年6月30日
. @W_L_G さん 僕もそのあたりの事に関しては、清朝末期科挙を廃止して以降、留学が立身出世へのステップであった程度しか知らないのですが、ちょっとググってみると http://dspace.wul.waseda.ac.jp/dspace/bitstream/2065/33555/1/SeijiKohoKenkyu_095_Zhao.pdf の様な資料がありますね。資料の是非に付いては、今の僕の知識では申し訳無いのですが判別つきません。
0
水面計@学習アプリを作成中 @W_L_G 2013年6月30日
中国共産党の指導部はほとんどが抗日戦争に参加した軍人であり、初期のメンバーを除いて日本への留学経験のある人間はほとんどいないと理解しています。また中堅の官僚にそのような人物がいたとしても文化大革命などの政治的な混乱の後にどのくらい影響力を行使できる勢力を保持していたかはわかりません。 比較的日本との関係の深い人物が重役を担っていたのはむしろ国民党率いる中華民国のほうですが、現在ではむしろそちらのほうが比較的親日的な国家となっています
0
むらやまこういち @murapyon71 2013年6月30日
中国共産党の中の日本留学経験者の参考資料を追加。ここら辺はよく知らないので、何か根本的に間違ってるかも…。
0
水面計@学習アプリを作成中 @W_L_G 2013年6月30日
「中韓の反日教育の導火線に火を付けたのは日本の庶民層である」という論は面白いですが、ちょっと疑問点や矛盾が多いと思います。大前提として自国を蹂躙されたというトラウマがあって、それにソ連と中国と言う大国に翻弄された国際政治的な立場やら国家の求心力の強化やらナショナリズムの高揚だとか多様な歴史的な背景があることも理解して論拠にいれないと思いつきの域を出ないのではないでしょうか?
0
むらやまこういち @murapyon71 2013年6月30日
. @W_L_Gさん ウィキの「反日教育」の部分引用で申し訳無いのですが、中華人民共和国の反日教育の原因のひとつに「中華人民共和国の日中戦争に於ける日本に対する嫌悪感」というのがあります。これの元になったのが、日本に留学した中国人知識層の排日論なのだと思います。僕のこのトゥギャッタの絡めは反日の元になったであろう中国人留学生の排日熱をもとにしております。(つづく
0
むらやまこういち @murapyon71 2013年6月30日
また台湾につきましては、同じウィキのところに「台湾(中華民国)は本省人の李登輝が総統になるまでに中国国民党一党独裁政権の時代に反日教育が行われていた」とあります。 また台湾の親日は高砂系の原住台湾人の日本人教育者に対する思慕の念から来るものであり、日本そのものに対する感情では無いことを、黄昭堂が『台湾総督府』で語っており、それが参考になると思います。同じ台湾でも閩南系の漢人には反日感があるのではと推察。
0
水面計@学習アプリを作成中 @W_L_G 2013年6月30日
murapyon71 う~ん、結局のところ教育とは国家が国家の利益のために行う行政行為のひとつであり、そのためにその時々の時勢の影響を顕著に反映したものになる と言うのが一番説得力がある気が・・・ そもそも明治期の日本から現在の留学生まで嫌な思いをしてる留学生は一定数いると思いますが、それが全て過激な反対教育に繋がっていない以上は再現性が低い話です
0
水面計@学習アプリを作成中 @W_L_G 2013年6月30日
視点の一つとしては面白いし注意をしなければいけないけど、個人的な屈辱に対して国家的な政策で復讐すると言うのはそれはそれで相手を侮辱してるし、そもそも事態打開には何の効果もないよね? 結果として驕り高ぶるものは後で必ず後悔する という紀元前から言われてきたのにまったくみなさん実践できてない教訓話に収束する気ががが
1
むらやまこういち @murapyon71 2013年6月30日
. @W_L_G さん。おっしゃるように、排日論は、半日感情・教育につながる一つのきっかけに過ぎず、その他様々な政治的思惑があると思います。あと、面白いのは、留学生が中国へ帰国後に、日本人から支那人と馬鹿にされたと言い触らすわけですが、中国政府が日本に中国に対する文章で支那の文字を使うなという依頼があり、時の日本政府が閣議決定し、日本の文章から支那の文字がほぼ一掃されたということもあり、昔は少数の者が政治的を左右し得る公証の一つになると思います(文中の水野先生へのリンク参照)。
0
水面計@学習アプリを作成中 @W_L_G 2013年6月30日
murapyon71 少数の者が政治を左右するのも多数の者が政治を左右出来ないのも今も昔もあることで、それだからこそ世の中面白いなんて個人的には思いますね。 ままならねぇ、うまくいかねぇ、苦労ばかり、それでこそこのすばらしき世界ですわw
0
むらやまこういち @murapyon71 2013年7月3日
台韓反日感情についてを追加。
0