編集可能

【仕掛ける】 自国が関連する戦争を他人事と考える意識について 【仕掛けない】

「自分から仕掛ける戦争は御法度」は共有できていても、 「仕掛けられる戦争への抵抗も御法度」は、主戦論者・9条系反戦論者・改憲論者・集団的自衛権支持論者の間で共有されにくい概念。 なぜ、「自分に類が及ぶかもしれないこと」について、関連して考えることができない人が少なくないのか? について、無知暗愚の批判や感情論をひとまずおいて、分業社会と民主主義に絡めて色々考えてみた。
政治 9条 本日のゴゴゴ 分業社会 集団的自衛権 戦争
80
azukigigbot @azukigIgbot
戦時中に「戦争を二度と繰り返すべきではない」「理由はどうあれ戦争はやめるべき」「今すぐ停戦(降伏)すべき」「沖縄ぐらい譲ってやれ」「本土の無事には替えられない」というような論調に、安易に乗っかってしまわない、これが【非戦闘員である国民が戦争中にできる政治的選択】だと言える。
本日のお題は「譲歩」(・ω・)
加藤AZUKI@「忌」怖い話卒哭怪談 @azukiglg
これについて思うところがある。 「理由はどうあれ戦争はよくないからすぐに止めるべき」 という人は、自分達が関わっている戦争が、どういうものなのかについて現状把握ができていないのかもしれない。
加藤AZUKI@「忌」怖い話卒哭怪談 @azukiglg
大雑把に言うと、 1「自分から仕掛けた戦争を、目的を達成せずにやめる」 2「相手に仕掛けられた戦争を、目的を達成せずにやめる」 1は相手の譲歩や権益の割譲を強いる目的が達成されないから現状維持。 2)は相手に強いられた譲歩や権益割譲を受け入れることになるから、現状から後退する。
加藤AZUKI@「忌」怖い話卒哭怪談 @azukiglg
日本が「紛争(意見の食い違いからの対立)の解決手段としての戦争を禁じる(9条)」と言ってるのは、1のほうで、「戦争をしてはいけない」じゃなくて「戦争を仕掛けちゃいけない」であって、戦争を仕掛けられたときに反撃してはいけない、ということを規定しているわけじゃない。
加藤AZUKI@「忌」怖い話卒哭怪談 @azukiglg
戦争を仕掛けた場合(1)も仕掛けられた場合(2)も、交戦状態になれば確かに「戦争勃発」だけど、仕掛けるのと仕掛けられるのとでは色々状況が異なる。そして、よほどの強硬な主戦論者でない限り、積極的に(1)戦争を仕掛けることに賛成している人は少ない。
加藤AZUKI@「忌」怖い話卒哭怪談 @azukiglg
世の「9条改憲論者」のほとんどは、(1)のためでなく(2)により万全に対応するために改憲を、と言っているんだけど、そこをも批判する人は、 http://t.co/TG1XdYbMAB これで言うところの(1)と(2)の区別が付いてない。

ちなみに、

  • 自分から仕掛けた戦争を、目的を達成してやめる(勝利)
  • 自分から仕掛けた戦争を、目的を達成せずにやめる(現状維持)
  • 相手に仕掛けられた戦争を、目的(防衛)を達成してやめる(勝利。現状維持)
  • 相手に仕掛けられた戦争を、目的(防衛)を達成せずに(自分が)やめる(敗退。現状から後退)

シンプルに言うとこういう組み合わせ。
ここでは「他国の侵略戦争の片棒を云々」は、含めてない。
他国の戦争が自国にも利益をもたらすか、不利益をもたらすかによって評価は変わる。

また、「自衛のための戦争(=自国の利益を損なわないための戦争)」は、「自国の利益を増やすための戦争」との区別が割とつきにくい。(既得権益の争奪戦)
そして、現代戦において「相手国の領土上で行えば侵攻(だが、自国領土は安全)」「自国の領土上で行えば専守防衛(相手国の国民は安全だが自国民は危険に晒される)」というのを、単純に侵略かそうでないかと定義づけるのも難しい。
アメリカの戦争がしばしば外征になるのは、相手国に外征能力がないからだが、相手国が攻め入った対象国(例えば湾岸戦争に置けるクェートとか)の撃退のために、アメリカがイラク領内に攻め入るのは侵略戦争かと言われたらそれはもちろん違うだろと。
なので、一昔前のように単純に「領土が欲しいから侵略戦争」のような戦争はちょっと考えにくいんだけど、それでも「資源奪取」「航行ルート確保」などの権益を巡る衝突は、この先もなくならないだろな、とちょっと脱線。

加藤AZUKI@「忌」怖い話卒哭怪談 @azukiglg
そんで、(2)の「仕掛けられた戦争」について、「理由はどうあれ」と目的(この場合は防衛)を達成せずにやめてしまうと、その後に「絶滅目的の無差別攻撃が行われる(主戦論者の懸念)」のでも「満足して引き揚げていく(反戦論者の期待)」のでもなく、勝者(相手)側の要求に対する譲歩が始まる。
加藤AZUKI@「忌」怖い話卒哭怪談 @azukiglg
戦争に対する誤解として、「絶滅目的(人間を虐殺する)」とか「鬱憤晴らし」のために戦争を行うのだと思っている人が、実は一定数いる。武器・兵器、相手を無力化するための行為の付随結果としての殺人行為・破壊行為に対して持つ恐怖心と忌避感がそう考えさせるのだと思う。
加藤AZUKI@「忌」怖い話卒哭怪談 @azukiglg
できれば殺さない、というのは正しく、(一部の熱狂的な主戦論者を除けば)反戦論者以外であっても無用な破壊や殺人を肯定したりはしてない。が、戦争は「殺人と破壊」が主目的のストレス発散ではない。「政治的目的を相手に強い、対立しているなら譲歩を受け入れさせる」のが目的。
加藤AZUKI@「忌」怖い話卒哭怪談 @azukiglg
戦争をしてでも譲歩させたい国、戦争をしてでも譲歩したくない国の関係は戦争の発生を回避できない。どちらか一方が「戦争をするくらいなら譲歩する」となれば、【戦争をするまでもなく、戦争を覚悟した側の国の政治的目的は達成される】から、戦争そのものは回避はできる。
加藤AZUKI@「忌」怖い話卒哭怪談 @azukiglg
回避できるけど、「戦争をするくらいなら譲歩する」とした国は、元々持っていた権益や財産、それらを運用する自由の一部か全部を失う。そこに政治的意志決定権(施政権、統治権、民族自決権、立法権、司法権、行政権、報道の自由、思想信仰の自由)なども含まれる。
加藤AZUKI@「忌」怖い話卒哭怪談 @azukiglg
日本は「本島+周辺島嶼部」という領土構成になっていて、既に日本人が居住している島嶼については権益を主張できている。日本が抱える領土のうち、相手側から譲歩を強いられているのは日本人が居住していない(無人島の)尖閣諸島、同じく韓国人が違法占拠する竹島、ロシア人が生活する北方領土。
加藤AZUKI@「忌」怖い話卒哭怪談 @azukiglg
日本の領土、というか領海・経済的排他水域は、これらの島嶼部の日本帰属によって大きく主張できる「既得権益」で、一応は「違法占拠されている竹島」「ロシアから返還されていない北方四島」の奪還という政治目的はあるものの、その解決のために軍事力を用いることを日本は望んでいない。
加藤AZUKI@「忌」怖い話卒哭怪談 @azukiglg
これらのうち、尖閣諸島(中国風に拡大解釈すると沖縄なども)は、「日本が実効支配しているが、中国が実力行使を試みている最中で、まだそのもくろみは成功していない」という点で、竹島、北方4島と異なる。これが中国側が武力行使を用いて行った場合、(2)仕掛けられた戦争、になる。
加藤AZUKI@「忌」怖い話卒哭怪談 @azukiglg
仕掛けられた戦争に対して、「戦争になるくらいなら尖閣や沖縄くらいくれてやれ」とすると、武力行使によって生じる被害は回避できるけど、尖閣諸島周辺海域(沖縄や八重山に至る)の海底油田権益、漁業権、海上航行、治安、施政権などが損なわれる。経済的排他水域は縮小される。
加藤AZUKI@「忌」怖い話卒哭怪談 @azukiglg
というのが、こないだの http://t.co/cAtdjXbe6U で考察してた、「単純に戦闘行為に忌避感を持つ日本人が、見落としがちなこと」という点だろうと思う。仕掛けられた戦争(政治的強制行為)を忌避するために譲歩すると、様々な権益を喪失するから譲歩してはいけない。

まとめ 【戦争勃発】 もし戦争が起きたら国民はどうするか? 【その時あなたは?】 もし、たった今戦争が起きたら、国民はどういった行動を取るか? 取るべきか? 取ってはいけないか? などについて、戦争勃発シミュレーションをしてみた。 日本と中国の間に、尖閣諸島を巡る小競り合いが起こり、そこから正面装備による衝突に発展。 中国側の勝利条件は日本が沖縄の施政権を放棄し、沖縄を日本から独立させる(という名目で中国の支配圏に置き、西太平洋進出への拠点・第一列島線の根拠地にする)こと。 日本・アメリカ側の勝利条件は現状死守。中国の継戦意志/能力の喪失。 ただし、本稿の目的は国家天下の国防戦略シミュレーションではなく、あくまで「そのとき、戦争指導者でもなく自衛隊員でもない一民間人である人々は、どのように行動するだろうか? 何が起きるだろうか?」について考えてみた、というのが主題。 終戦記念日に.. 175969 pv 1818 196 users 141

中仙道真志 @nakasendo_mashi
@azukiglg 日本が先だって、世界に提示してるのは、それありきの「戦争放棄」ですから、アメリカもおいそれと自衛隊を(攻撃に)引きずり込めない訳で…
加藤AZUKI@「忌」怖い話卒哭怪談 @azukiglg
アメリカは「ここまで理不尽な憲法は、主権が回復したらすぐに改憲するだろう」と思っていたら、金科玉条にされてしまったため、結果として同盟国となった日本のオプションが増えず、アメリカの負担が大きくなりすぎてしまったことを悔いているという説も QT @nakasendo_mashi
加藤AZUKI@「忌」怖い話卒哭怪談 @azukiglg
結局、(2)仕掛けられた戦争を、なぜ回避してはいけないのか?というのは、回避→譲歩によって失う権益を、譲歩を主張する人が【自分事】【自分の権益に関係があること】として認識できるか、できているか、ということに関わってくる。
例え話「もし火事が起きたら」ヽ(´∇`)ノ
加藤AZUKI@「忌」怖い話卒哭怪談 @azukiglg
自分の家に火事が燃え移ることを望む人はいないから、自宅の庭が燃え始めたら誰だって消火を始める。だけど、隣家が燃え始めるのを見たとき、「それを放置すると自分の家も燃える」ということを予見・連想できる人は、実は案外少ないのかもなー、と思う。
加藤AZUKI@「忌」怖い話卒哭怪談 @azukiglg
「隣家が燃える→自分の家にも延焼」隣家が燃えただけなら自分の権益は失われないが、自宅まで燃えたら自分の権益が損なわれる。自宅に延焼してからではリスクが大きくなりすぎるから、隣家が燃え始める、燃えそうになる、という時点で、消火に協力するのがベター。
残りを読む(41)

コメント

Magu1980 @Magu1980 2013年8月25日
最後のつぶあんこしあん戦争の話は入れる必要があったんですかね…?
加藤AZUKI@「忌」怖い話卒哭怪談 @azukiglg 2013年8月25日
まあ、「双方が絶対に譲歩しないつぶあんこしあん戦争は、なぜ相互淘汰を目的とした実力行使に至らないのか?」というサンプルとしてw
加藤AZUKI@「忌」怖い話卒哭怪談 @azukiglg 2013年8月25日
きのこたけのこ戦争もそうだけど、「絶対に譲らない」けど、相手を殲滅するほどでもない(そして殲滅する手段がない、殲滅を本気で考える者がいない)が故に、決して相容れないし譲歩もしないが、全面戦争には発展しない、「相違を統合せずに安定させた状態」がつぶあんこしあん戦争、きのこたけのこ戦争と言えます。あんこはこしあん、たけのこは正義、おでんはおかず。
加藤AZUKI@「忌」怖い話卒哭怪談 @azukiglg 2013年8月25日
戦争というのは「相手をぬっころしてでもつぶあんを止めさせる」「きのこを全滅させる」「おでんを注文したら必ずご飯を付け、食べ終わるまで次を頼ませない」を相手に実力を持って強いることですが、対立を解消しなくても実力行使を回避できる状態というのは実際にあるよ、てな例示として。
おばた はじめ @yamamoto1208815 2013年8月25日
自分は憲法改正に賛成、国防軍と名乗るのも賛成・・・ではあるけど、 ただ一つ思うのは憲法9条がそこまで足枷になってるのか?ということ まー、解釈改憲云々言われるだろうけど、要は問題になってるのが「交戦権」の部分なわけで、 この「交戦権」の定義が意味不明・・・成立経緯を見るにどうも「戦争を吹っ掛ける権利」と思える 盧溝橋や上海での局地戦から全面戦争化した日中戦争がそれに当たりそう
おばた はじめ @yamamoto1208815 2013年8月25日
そもそも憲法9条は不戦条約を基にしたもので、戦争放棄、という意味では軍隊を持つ世界各国とも共通理解になってる そして自衛戦争はその例外であるとも特に米英は強調してる だから憲法9条の戦力保持しない、ってのも侵略のための(まぁこの定義すら曖昧だけど)戦力を持たない、ってわけで 自衛のための軍隊保持ならばぶっちゃけ憲法改正する必要すらなくね?って話
おばた はじめ @yamamoto1208815 2013年8月25日
でまぁ、一番重要なのは憲法よりもその時々の政治家や主権者の判断だと思うのよね 今憲法改正云々よく言ってるけど、果たして憲法が自民党案通りに改正されたら、 即尖閣に陸自守備隊なり、海保の警備隊なり置けるのか・・・中国との戦争になって、 泥沼とまでは行かなくとも、紛争が長期化した場合、憲法改正の上、国防軍となってても、 経済が大なり小なり圧迫されるであろう状況の下でも果たして戦争をやりぬく覚悟が出来るのか
おばた はじめ @yamamoto1208815 2013年8月25日
自分にはこの「覚悟」の部分がよく見えてこないから現在の憲法改正で良くなる論には安易にうなづけないのよね いくら憲法改正前とはいえ、尖閣なり、東シナ海でのガス田問題なりでこれからの日本からのビジョンが 見えてこないだけに改正は良いとしてももっと何か違う部分での変革が必要なんじゃないかと
欠点’s @weakpoints 2013年8月25日
仕掛けるかどうかの前にどうすれば「戦争」という手段を使わずに摩擦を解消するかが大事なんだけどな・・・、土下座路線と挑発路線しか議論されてないんじゃない?
siriカエル:脱原発に一票 @cibo17 2013年8月26日
戦争仕掛けられたら、庶民は難民になるか死ぬしかないじゃないか。この狭い島国日本、敵が本土上陸してきたら終わりも同じだ。
はるを待ちかねた人でなし @hallow_haruwo 2013年8月26日
私は自衛はやむなしと思うけれども、自衛だっつって相手に戦争を仕掛けられたことにして戦争を仕掛けることへの懸念は強くて、それを警戒した結果自衛戦争だってダメじゃいう看板掲げ続けなきゃいかんっていう人に対して自分は同調はしないんだけど、それに対して心配いらんてと説得しきれる言葉も持ってないのよね私は。
沢渡 曜@本のいぬ @nora_inu99 2013年8月26日
日本は孤立して戦争できない。特に長期戦は。理由は「物資がもたない」。島国は海路と制空権を抑えられたら干上がる。んで経済制裁食らったらもっと干上がる。物資も軍備も人員も国境線を越えて隣国から陸路で調達できるアフガニスタンとは違う。やりたければアメリカその他に多大な援助をしてもらうんですな。してくれそうにないけど。
No Name @t_hisaj 2013年8月26日
本土上陸してきたら終わり<本土上陸されてから本番ですよ。海上で殲滅できるのは最良で2割以下とされている。さらに日本は専守防衛なので、基本的に本土決戦からスタートかつ攻撃側は時と場所を選択できるので上陸を防ぐのはかなり困難。なので、陸自の防衛計画は上陸されてからの時間稼ぎ(米軍の援軍待ち)になっている。問題はそのための法整備が成されていない事だけど。
沢渡 曜@本のいぬ @nora_inu99 2013年8月26日
なんか民主主義と官僚行政・タテ割り社会を混同してませんか?
写楽斎 @shyarakusai 2013年8月26日
侵略を受けても抵抗できないなどという、非常識な解釈を産んでしまうのは条文が不備だから。だから改正すべきなのであり、問題は9条だけではない。
一条和城@C97はどこかにいます @ichijou_kazuki 2013年8月26日
「国家の富を失っても戦争は避けるべき」というのと「経済が疲弊しても原発は即時停止すべき」というのは割と近いところにある思想なのかな、とふと思ってしまった。北方四島や竹島問題のような戦後すぐの問題からこの方国の富を失うという経験が無くなっているので「国家の資本を失う事が回りまわって自分たちの生活の水準を下げるまでに経済が後退すること」という考えに結びつかないのじゃないのかと
HK416C @HK416C 2013年8月26日
こりつこりつとはしゃいでるぼくちゃんは、にちべいあんぽくらいおべんきょうしてからまたきてね。w
HK416C @HK416C 2013年8月26日
摩擦を解消できず戦争になったときの話をしているのに、「戦争という手段を使わずに摩擦を解消するのが大事(キリッ」とか、まったく中身も読まずに脊髄反射してるのもいるしなw
HK416C @HK416C 2013年8月26日
まあ「政治は有権者の奴隷だ」と主張するなら憲法に「政治的責任は負わないがそれ以外のありとあらゆる責任を負う」と書き足さないとなww
mouse-k @mousekp 2013年8月26日
読んでないけどここで書き込みしてるような いざとなった時には何もできない糞みたいな真面目系のアホどもが 常に戦争煽ってるのが不愉快
Gril @Gril_ops01 2013年8月27日
mousekp と言って九条をきっちり守って憲法ごと失うんですね判ります。
Magu1980 @Magu1980 2013年8月28日
読んでないと断言した上に明後日の方向への批判を投げつけられても…その、なんだ、困る。
HK416C @HK416C 2013年8月29日
ほんまもんのアホがここにw→ mousekp
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする