論文等の紹介 その10 by みーゆさん

まとめました。
11

みーゆさんご自身によるまとめ
http://togetter.com/id/miakiza20100906

《みーもく》 震災後の miakiza20100906 の Togetter http://togetter.com/li/568836

国際シンポジウム 『東京電力福島第一原子力発電所事故における環境モニタリングと線量評価』 講演論文集

まとめ 国際シンポジウム 『東京電力福島第一原子力発電所事故における環境モニタリングと線量評価』 講演論文集  Proceedings PDF http://bit.ly/SpKUSM 内の各論文タイトルに張られたリンクが上手く機能しない人が多いようなので、作りました。  シンポジウムの正式タイトルは 『International Symposium on Environmental monitoring and dose estimation of residents after accident of TEPCO's Fukushima Daiichi Nuclear Power Stations』(2012年12月14日 京都大学原子炉実験所) http://bit.ly/XGGXGY 12313 pv 193 5 users 16

特集号 『福島原発事故の環境影響 その1』 Journal of Environmental Radioactivity

まとめ 特集号 『福島原発事故の環境影響 その1』 Journal of Environmental Radioactivity Environmental Impacts of the Fukushima Accident (Part I) http://www.sciencedirect.com/science/journal/0265931X/111  編集は環境科学技術研究所の久松俊一氏。全論文とも英語かつ有料。以下は日本からの論文についての簡単な内容紹介です。  収録されている論文は、SPEEDIによる飯舘村ほかの汚染プロセス解析や、今中哲二さんらによる福島県内の初期外部被ばく量の推定など。  間違いの指摘、追加記述の希望など、どしどしお寄せください。時間と能力の範囲内で対応いたします。 27861 pv 741 14 users 19

《論文集》 海外で検出された福島第一原発由来の放射性物質

まとめ 《論文集》 海外で検出された福島第一原発由来の放射性物質 査読付きジャーナルに掲載された論文をリストにしました。内容は随時更新予定。 リストのフォーマットは以下の通り:   第一著者名, 雑誌名   論文タイトル   論文URL   コメント: 主な検出物,検出量など。注記のない限り,検出量は最大値を表記。 23973 pv 729 19 users 119

過去の「論文等の紹介 By みーゆさん まとめ一覧」

自然γ線による小児白血病リスクについて

まとめ 自然γ線による小児白血病リスクについて 「論文等の紹介 by みーゆさん」から独立させた件  元まとめ http://togetter.com/li/448298 元論文 http://www.nature.com/leu/journal/v27/n1/full/leu2012151a.html 2013.2.1現在 無料 11344 pv 355 3 users 6

Kendall らの「自然γ線と小児白血病」の評判について http://togetter.com/li/563604

「自然ガンマ線による小児白血病リスク増」 について、とんきょさんの連ツイまとめに対するマキノさんとみーゆさんのツイート http://togetter.com/li/565185

自然γ線による小児白血病リスク増に関する論文についての会話 http://togetter.com/li/564173

低線量被ばくによる健康被害を予測するのは悪か? http://togetter.com/li/567408

チェルノブイリ甲状腺がんとヨウ素被ばくの因果関係は、どのようにして突きとめられたか http://togetter.com/li/568165

切り取り線 @kiri_tori

✄------------ 9/29(日) -----------✄

2013-09-29 00:00:00
Masato Ida, PhD @miakiza20100906

「甲状腺がん以外にエビデンスは無い」の件でまとめたい。

2013-09-29 17:36:53
Masato Ida, PhD @miakiza20100906

チェルノブイリ後のダウン症の件は結局どうなったんだろう。有名誌でも議論されていたけど、はっきりしないまま、うやむやになってしまったような…。

2013-09-29 17:42:00
Masato Ida, PhD @miakiza20100906

論文: チェルノブイリ後のダウン症. Health Physics, 1997年 http://t.co/70S5dpGBY5 ,Radiation Research, 1997年 http://t.co/4TNGTINklO

2013-09-29 17:56:46
Masato Ida, PhD @miakiza20100906

論文(有料): チェルノブイリ事故からの降下物とフィンランドでの癌罹患率 http://t.co/xNlYyoqeF2  2013年、Kurttio ら。特に事故後10年の罹患率と promotion effect について。Tondel の仕事のフィンランドでの検証と思われる。

2013-09-29 18:07:18
Masato Ida, PhD @miakiza20100906

結論は、Tondel ら(スウェーデン)が推測する癌の promotion effect はフィンランドでは確認されなかった。ただし、対象地域の追加被ばく量は小さく、事故直後の1年間で 0.1 mSv 未満,0.1-0.3 mSv,0.3-0.5 mSv,0.5 mSv 以上。

2013-09-29 18:11:40
Masato Ida, PhD @miakiza20100906

Tondel ら自身の正式な続報はまだのよう。

2013-09-29 18:15:05
Masato Ida, PhD @miakiza20100906

あれ、前にもツイートしてた… チェルノブイリ原発事故のフォールアウトとフィンランドでの癌罹患 https://t.co/UhuCIHfNqt

2013-09-29 18:48:00
切り取り線 @kiri_tori

✄------------ 9/30(月) -----------✄

2013-09-30 00:00:00
Masato Ida, PhD @miakiza20100906

◆ テチャ川放射能汚染事故と人体内ストロンチウム Sr-90 の測定 http://t.co/HsZYjlCN6r

2013-09-30 17:18:40
Masato Ida, PhD @miakiza20100906

【放医研】放射線医学総合研究所と福島県水産試験場との連携・協力に関する協定締結について http://t.co/ZXvg42cK1a  目的は、水域における環境放射能の動態や人の健康とのかかわりに関する調査研究を推進すること、の模様。

2013-09-30 18:54:14
Masato Ida, PhD @miakiza20100906

チェルノブイリに小児甲状腺がん以外のエビデンス無し、の文言が入った資料 4つ: http://t.co/GSsDNUveq1 http://t.co/iwpUw78UzZ http://t.co/ZG8gbR72ce http://t.co/TxbWl5okaB

2013-09-30 20:23:59
Masato Ida, PhD @miakiza20100906

しかし、この主張の根拠となる資料が 2006年と 2008年のものというのは、最早あまりに古すぎる。  そして、この 4つの資料すべてに関わっている人物は、おそらく 1人しかいない。

2013-09-30 20:26:18
Masato Ida, PhD @miakiza20100906

何度もツイートしているけれど、小児白血病についてはこの 2010年の論文がエビデンスとしては最も強い: Noshchenko ら(無料) http://t.co/bnUKsTt7JI  この論文はもちろん「2006年と 2008年」の資料より後に出されたもの。

2013-09-30 20:30:35
Masato Ida, PhD @miakiza20100906

そもそも、2008年の資料(UNSCEARレポート)には「エビデンスが無い」ではなく「“persuasive” evidence が無い」と書かれている: https://t.co/h9A4SUOyOS https://t.co/ECUbMg76Mm

2013-09-30 20:35:22
切り取り線 @kiri_tori

✄------------ 10/1(火) -----------✄

2013-10-01 00:00:00
Masato Ida, PhD @miakiza20100906

各種リスクモデルにおける ERR と EAR の重み付け: BEIR VII http://t.co/Abm85xq21e , ICRP 2007 http://t.co/aJcGsGoddL

2013-10-01 20:37:51
Masato Ida, PhD @miakiza20100906

ICRP 2011 シンポジウム http://t.co/Juxjhp3SMu の Richard Wakeford の資料より。

2013-10-01 20:39:33
Masato Ida, PhD @miakiza20100906

UNSCEAR: The scientific basis for ICRP's work(UNSCEAR: ICRP の科学的基礎) http://t.co/eYFWMQBR7M (PDF) Truthfully,Honestly が強調されている。 同シンポジウム資料より。

2013-10-01 20:46:09
Masato Ida, PhD @miakiza20100906

同資料の15枚目 http://t.co/sJ13xfGTos  チェルノブイリの健康被害予測が巻き起こした騒動。と言っても、1人しかいない。

2013-10-01 20:48:43
Masato Ida, PhD @miakiza20100906

“Any increase in cancer rates are likely so small as to be undetectable”  つまり、疫学統計で捕えられることなく、うやむやになってしまった被害例が沢山あるだろう、ということ。

2013-10-01 20:50:37
Masato Ida, PhD @miakiza20100906

同資料の21枚目 結論 http://t.co/d9hWM1ly0d 最近は「Highly respected」であることが一部の論者にいいように利用されているように見える。そして、各国際機関とのメンバーのダブりが多いことから、「Independence」には疑問がある。

2013-10-01 20:57:56
残りを読む(376)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?