Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

英語の表記について等

英語に関してちょっと発言した。 まっつん師匠( mattn @mattn_jp )がかましたギャグに引っ掛かり、あれこれ思ったことをまとめてみた。 Special thanks to Tetsuo Sakaguchi @tsaka1
9
Yasunori Taniike @ytaniike

どう仮名を振るかという難しい問題ですね。 > RT @mattn_jp: clang、クランって読むの最近知った情報弱者です

2013-12-30 10:41:49
Yasunori Taniike @ytaniike

最後の ng という部分、発音記号では n と g の併さったような記号なのです。 現在分詞にはつきまといます (何といっても綴りが ~ing)。

2013-12-30 10:43:37
Yasunori Taniike @ytaniike

なので、clang をクランと書くということになれば、 coming はカミンだし、going はゴーインになる。

2013-12-30 10:44:31
Yasunori Taniike @ytaniike

今のをゴーイング、カミングと書かないと気が済まんという向きは、clang もクラングと書いてください! w 結局は発音体系が全然別の言語なので仮名にできると思うほうがダメだと思う。

2013-12-30 10:46:07
Yasunori Taniike @ytaniike

white shirt をワイシャツと書き、don't mind をドンマイと書いた昔の人(明治時代の人だろう)のほうが聴きとりと表現能力があったと思う。昨今のルール決めて、何が何でもそれに従って表現しろという風潮のほうがいやらしいと思う。

2013-12-30 10:48:33
Yasunori Taniike @ytaniike

そう言えば、昔はビルのことをビルヂングと書いていたのだけど、最近はビルディングとひと文字増えた。ダ行のイ音なのだからヂのほうがルール通りと思うが、これは逆と。 こんな言語体系を外人に理解しろというほうが無理だ。

2013-12-30 10:51:40
Yasunori Taniike @ytaniike

何にせよ、片仮名で書く前によーく聴いて、考えてからにして欲しい。元の単語の意味知らないだろうとしか思えない用語とかを、まんま片仮名書きするのはもう止めて欲しい。特にコンサル連中とか、外資系のパッケージ・ソフトな奴等。

2013-12-30 10:55:15
Yasunori Taniike @ytaniike

実際にローマ字読みで、発音違うのに、そのまんまになってる用語というのもあったりする。

2013-12-30 10:56:57
Yasunori Taniike @ytaniike

代表格は、比率を表す。 ratio という単語。 発音は「レィシォー」なのに、「レシオ」という書き方をされている。これ英語だと思ってそのまま発音したって絶対に通じない。

2013-12-30 10:59:00
Yasunori Taniike @ytaniike

こんなことになってしまう、一番の原因は最初に買う辞書かなと思う。簡単そうだという理由で発音をカナ書きしてある辞書を選んで子供に与えてるところで、負け組決定。

2013-12-30 11:01:17
Tetsuo Sakaguchi @tsaka1

@ytaniike 私の最初の辞書はかな書きでした。。けど、中学の時先生に指摘されて買い直したような気がします。。で買ったのが多分研究社の中辞典だったと思いますが、。それ以前に子供の頃からNHK教育の「セサミストリート」をよく見てたので、発音の違いは刷り込まれてたかも?:-)

2013-12-30 11:04:25
Yasunori Taniike @ytaniike

@tsaka1 セサミストリートの唄とか、クッキーモンスターのまねを「言葉の意味は考えずに」延々と繰り返す変な奴でした (小学生の時の話) w

2013-12-30 11:08:12
Tetsuo Sakaguchi @tsaka1

@ytaniike そうそう、渡しの場合は半分ぐらい「空耳アワー」状態でしたけど:-)。時々交じるスペイン語のコーナーが当時は謎でしたねぇ(遠い目)。

2013-12-30 11:09:26
Tetsuo Sakaguchi @tsaka1

s/渡し/私/ 、、、とほほ。

2013-12-30 11:10:16
Tetsuo Sakaguchi @tsaka1

まぁ、米国で「Zürich」のウムラウトを表記できないで書いてあるのを「チューリッヒ」と読んだら、横から米国人らしき人に「ずーりっくだ!」と直された(もちろん米語で)時に「ローマ字読みって罪深いなぁ」と思ったものだった:-)

2013-12-30 11:08:28
Yasunori Taniike @ytaniike

.@tsaka1 米人はなにがなんでも英語で読んで発音します。バッハはバッチだし、ショパンはチョピン。マッハはマッチと言わないと通じません www

2013-12-30 11:10:18
Tetsuo Sakaguchi @tsaka1

@ytaniike ですね。そもそも英語も結構色々混じっているので、綴りに対して読み方が違うのも結構あるのに、、とは思ったりすることもあるんですが、、、。まぁ、持って他山の石とせよ、ですかね。。

2013-12-30 11:13:15
Yasunori Taniike @ytaniike

@tsaka1 でもねぇ、ポルシェが通じなかったのは笑いました。ポーチと言えば通じます www

2013-12-30 11:25:22
Yasunori Taniike @ytaniike

後は誰かも指摘してた通り。日本の学校教育の英語が変。 私は中学の時から気付いてしまい。高校2年のときに、学校英語を捨てた。 その後は自分で学習したが、ネィティブな方々には、「お前みたいな日本人は他にいなかった。」と好評な英語の能力は身に付いた。

2013-12-30 11:06:10
Yasunori Taniike @ytaniike

英語のヒアリングの教え方というのもヒドいもんだなと思う。最初のところで徹底的に「音そのもの」を聴くという技を教えないと、英語のシラブルなんて理解できるわけがない。

2013-12-30 11:13:20
Yasunori Taniike @ytaniike

私の場合、音楽好きで音響エンジニアになろうなどと思い、(これも我流でだが w) 音そのものの勉強をした。昔のレコーディング・エンジニアは線路に耳を付けて遠くから列車が近付いてくる音の変化を認識する鍛錬をしたらしい。

2013-12-30 11:16:05
Yasunori Taniike @ytaniike

それで、就職が決まった(28歳の時だ。遅いなぁ www) 時に、英会話の個人レッスン (先生はドイツ人) をしてもらった。

2013-12-30 11:17:47
Yasunori Taniike @ytaniike

発音について、どういう練習すれば良いか?と聞いたら「シラブルひとつひとつを明確に発音しろ。」ということだった。そして「あなたの l の発音はおかしい。 r にしか聞こえない。」と言われた。

2013-12-30 11:19:51
Yasunori Taniike @ytaniike

学校では散々「アールの発音が大切だ!」と習っていたのだが、実際は全然違った。これに気付いて随分と発音がましになったように思う。

2013-12-30 11:21:08
残りを読む(1)

コメント

きゃっつ(Kats)⊿ @grayengineer 2013年12月30日
古い議論というか、昔から繰り返し言われてきたことだけど、そもそも言語ごとに使われる音が全部違うのだから、音を写しとる時点で「正確」とか「等しい」ということがあり得ない、というのが前提。なので、どう表記するのが「正しいか」という議論は無意味なんですよ。強いて言うなら、どう表記するとその文字を使う言語の母語話者(英語のカナ表記の場合は日本人)に「伝わりやすいか」という視点での議論が可能な程度です。
4
寿命 @hisa_ino 2013年12月30日
でも、「langage」を「ランゲージ」とか、「garage」を「ガレージ」とか、全く似ても似つかないし、他言語との混同とも思えないカナを当てるのは、全く不可解ですよね。(age を エージ と読むのは欧語では多分英語だけですし。
0
きゃっつ(Kats)⊿ @grayengineer 2013年12月30日
外来語はあくまで外来語であって、由来となった言語とは別物、ということです。日本酒はsakeと書いて「サキィ」みたいな発音をされますが、それはすでに日本語の「酒」ではなく、英語のsakeという単語なんだ、ということです
2
寿命 @hisa_ino 2013年12月30日
いや、むしろ sake は、発音をそのまま英語に移したんだと納得できますけど。発音と全く違う日本語をなぜわざわざでっち上げるのか、というのが私の疑問です。
0
Yasunori Taniike @ytaniike 2013年12月30日
日本にはローマ字という、日本語の音をアルファベットで表記する表現方法があります。その読み方で英語の単語を読んで、あたかも英語のように書いてしますと「でっち上げ」になってしまいます。元々の仮名表記というのは意味不明な外国語を音のまま書くという用法だったのですが、ローマ字記法のおかげで、変なことになってしまっています。 私も職場で 'denied' という単語を 「デニード」(ローマ字で読むとこうなるのです)と発音され、何の意味か解らず困ったことがあります。
1
たるたる @heporap 2013年12月31日
ロイヤリティとロイヤルティのように、rとlの発音の区別を読み方そのものを変えて表現する方法もあります。royalty=ロイヤリティ=権利(主にコンピューター、出版(DTP)用語で著作物の利用権)、loyalty=ロイヤルティ=忠誠(経営用語で顧客の店舗やブランドに対する利用頻度)
0
たるたる @heporap 2013年12月31日
yesterdayの発音は「エスタデイ」に近いと思いますが、「ヤ行エ段」の発音は日本語にありませんので、「イエスタデイ」と発音するのが通例だと思います。
0
たるたる @heporap 2013年12月31日
逆に「さけ(酒)」の発音は英語にはありませんので、英語で発音した場合は「サケイ」のような発音になるのではないでしょうか。それを英語のでっち上げかというと、違うと思います。
0
たるたる @heporap 2013年12月31日
あと、日本語の表現の特徴というのもあるのでは。シミュレーションよりもシュミレーションと発音する方が発音しやすい、というように。これは日本語の中でも同様で「あらたしい」が「あたらしい(新しい)」に変化したり、「雰囲気」を「ふいんき」と発音する事でも見られます。
0
たるたる @heporap 2013年12月31日
記述が一般化する前に「発音(会話)」で一般化した英単語を文字にした時に、本来の英単語を知らずに「日本語の発音」をもとにして表記すると、シュミレーションのような表記になると思います。
0
きゃっつ(Kats)⊿ @grayengineer 2013年12月31日
いや、だからそもそも「音のまま」はあり得ないのですよ。同じ音ではないので。似てるとか同じ音と感じる感覚は母語に依存するので、日本語話者の感じる似てる同じは、英語話者のそれとは同じではないんです
0
たるたる @heporap 2013年12月31日
そうですね。だから私はclangはクラングの方が合ってると思うのですが、クランと書いた方がわかりやすいという人もいるでしょうし、おそらく人それぞれなんでしょう。
0
たるたる @heporap 2013年12月31日
ただ、学術ルールはありますので、学術に関係する場合(公式的な文書)であれば、そのルールに従う方が良いと思います。でないと学術論文などは学会に受け付けてもらえないはずですので。
0
たるたる @heporap 2013年12月31日
@ytaniike それは「ディ」という表記(表記法)がなかったからではないでしょうか。 <昔はビルのことをビルヂングと書いていたのだけど、
0
yas @yas57970233 2013年12月31日
Launch ミリタリーやアプリケーションではランチ、ゲームなんかではローンチ。
0
言葉使い @tennteke 2013年12月31日
一方で発展途上国の一般人が、ブロークンであっても英語をどんどん話している現状を持ち出す人がいて、別に思想闘争にはなってないからいいのかもしんないけど、どちらにも付いていけない。
0
kartis56 @kartis56 2013年12月31日
漢字の読みなんて3か国語くらい混ざってるというのに、英語一つで何を今更…
0
もふもふ とろろ @mx_mofmof 2014年1月3日
音よりむしろアクセントの位置が…
0