日本人日本語教師のためのタイ語入門

2007年8月18日(土)、タイ国日本語教育研究会の月例会で発表した「日本人日本語教師のためのタイ語入門」の内容を加筆修正したものです。
文字 タイ語 日本語 日本語教師 語彙 音声 日本人 文法
11
🌹ばらじゅん ̄🇹🇭 @barajun
日本人 #日本語教師 のための #タイ語 入門 001 ☑️音声編 ●母音 ウに近い音が2つある [u]と[ɯ] エに近い音が2つある [e]と[ɛ] オに近い音が2つある [o]と[ɔ] 日本語にない母音がある [ə] →日本語にないタイ語の音の発音は難しい!
🌹ばらじゅん ̄🇹🇭 @barajun
#日本人日本語教師のためのタイ語入門 002 ☑️音声編 ●子音 無気音[p][t][k]と有気音[p'][t'][k'] の対立がある。 おばさんป้า[pâa]  布 ผ้า[p'âa]  鶏 ไก่[kài]  卵ไข่[k'ài] 無気音を発音するときは、調音点に少し力を入れるといい。緊張させると言ってもいいかも。
🌹ばらじゅん ̄🇹🇭 @barajun
鶏と卵の発音が似ているのが面白い。 鶏肉の炒飯を頼んだのに、卵の炒飯が出てくることも・・・。 [k]がうまく発音できない時は、[g]で代用するというストラテジーもあり、鶏はガイ、卵はカイと言えば、一応通じるかも。でも、タイ語らしい発音を目指すなら、[k]と[k']の違いを練習したいもの。
🌹ばらじゅん ̄🇹🇭 @barajun
日本人 #日本語教師 のための #タイ語 入門 003 ☑️音声編 ●子音 無気音と有気音の対立。もう一つあった。 [c]と[c']  どちらとも日本語のチ、チャ、チュ、チョの子音より少し後ろに調音点がある。 [c]は発音する前に、すこし調音点に力を入れるといい。 [c']は発音する時に息を出す。
🌹ばらじゅん ̄🇹🇭 @barajun
日本人 #日本語教師 のための #タイ語 入門 004 ☑️音声編 ●子音(末子音) 音節末の[p][t][k][ʔ]は聞き取りづらい 切り刻む[sàp] 動物[sàt] 入れ墨をする[sàk] 池[sàʔ] 発音はそれほど難しくないけど、聞き取りはめちゃ難しい。 全部「ッ」に聞こえるかも。
🌹ばらじゅん ̄🇹🇭 @barajun
聞き分けのコツとして、対面会話なら、口元を観察すること。 唇を閉じてたら、[p]。舌が歯茎に当たっていたら、[t]。[k][ʔ]は口の奥のほうなので、判断は難しい! あとは、語彙力を増やして、文脈で判断するしかないかも。 いずれにしても、自分でも発音できるように練習、練習!
🌹ばらじゅん ̄🇹🇭 @barajun
日本人 #日本語教師 のための #タイ語 入門 005 ☑️音声編 ●子音(末子音) 音節末の[n][m][ŋ]は聞き取りづらい! 押す・圧力を加える[dan] 黒[dam] 大声を出す・有名[daŋ] 聞き取りは難しい。全部「ン」に聞こえる。
🌹ばらじゅん ̄🇹🇭 @barajun
1音節なら発音は難しくないけど、後ろに音節が来ると難しいことも จันทร์เพ็ญ[canpen]という名前の学生がいたのですが、日本語の感覚で、チャンペンさんと発音すると、一つ目のンは[m]になりますよね。後続音が両唇音なので。 後ろが両唇音でも[n]と発音し[p]に続けるのは至難の業です。要意識改革!
🌹ばらじゅん ̄🇹🇭 @barajun
日本人 #日本語教師 のための #タイ語 入門 006 ☑️音声編 ●子音 タイ語にない日本語の音声は、タイ語母語話者にとって発音が難しいと思う。 例えば ・シ チ ツ ヒ フ の子音 ・ザ行 拗音 の子音 ただし、北タイ方言、東北タイ方言には[ɲ]があるので、ニャニュニョの発音は問題なし!
🌹ばらじゅん ̄🇹🇭 @barajun
日本人 #日本語教師 のための #タイ語 入門 007 音声編 ●声調 タイ語には声調が5種類あり、同じ音節でも意味が変わる 1声 ไมล์ [mai] マイル 2声 ใหม่ [mài] 新しい 3声 ไม่ [mâi] <否定辞> 4声 ไม้ [mái] 木 5声 ไหม [mǎi] <疑問辞>、絹 上手じゃないけど、上の5つを読んでみました。 pic.twitter.com/9iN8gD1DGm
🌹ばらじゅん ̄🇹🇭 @barajun
タイ語で一番難しいのは、5つの声調を聞き分けられるかどうか、言い分けられるかどうかだと思います。 勉強したての頃(約24年前)は、常に声調を意識して聞いたり、発話していたと思います。あと、よくシャドーイングをしていました。 発音に対する自己モニター能力がかなり必要かも。
🌹ばらじゅん ̄🇹🇭 @barajun
タイ語で一番難しいのは、5つの声調を聞き分けられるかどうか、言い分けられるかどうかだと思います。 勉強したての頃(約24年前)は、常に声調を意識して聞いたり、発話していたと思います。あと、よくシャドーイングをしていました。 発音に対する自己モニター能力がかなり必要かも。
🌹ばらじゅん ̄🇹🇭 @barajun
日本人 #日本語教師 のための #タイ語 入門 008 ☑️音声編 ●声調 ・声調の型は方言によって異なる。そして、その対応は規則的である →日本語のアクセントと似た現象 例) 目…中央では[taa]北部では[tӑa] 年…中央では[pii]北部では[pĭi] 五…中央では[hâa]北部では[hāa]
🌹ばらじゅん ̄🇹🇭 @barajun
規則例 標準タイ語で「中子音(ป ต จ ก)+長母音」第1声調の語は、北部タイ方言では第5声調である 入門の枠を超えちゃった。すみません。 参考文献 เรื่องเดช ปันเขื่อนขัติย์. (1998) ภาษาศาสตร์ภาษาไทย. กรุงเทพฯ: โรงพิมพ์มหาจุฬาลงกรณราชวิทยาลัย(Ruengdet Pankhuenkhat.Thai Linguistics)
🌹ばらじゅん ̄🇹🇭 @barajun
日本人 #日本語教師 のための #タイ語 入門 009 ☑️音声編 ●タイ語の声調と日本語のアクセントの比較や雑感 ・声調は文字から規則的に決定されるのに対し、日本語のアクセントは文字から判断できない。  →日本語学習者にとってアクセントの習得は難しい!
🌹ばらじゅん ̄🇹🇭 @barajun
・日本語教師にとっても、自分のアクセントが身についており、標準日本語アクセントの習得、指導が負担になることもある ・日本語の場合、アクセントのゆれが許容されるので、厳しいアクセントの指導はあまりなされないのかも ・タイ語の場合、声調は絶対的なので、正しい声調で話すことが求められる
🌹ばらじゅん ̄🇹🇭 @barajun
日本人 #日本語教師 のための #タイ語 入門 010 ☑️音声編 ●タイ語の発音をよくするためには… ・発音についての知識(特に調音法、調音点)を得よう! →日本語を教える時にも役に立つ ・「いい耳」を作ろう!  →自分の発音との違いを聞き分けられるのが大きな目標(自己モニター能力を養う)
🌹ばらじゅん ̄🇹🇭 @barajun
タイ語の音声やタイ人母語話者の日本語の発音に関する参考文献リスト(2007年時点) ちょっと古いですが・・・ scrapbox.io/barajun/%E3%82… 国際交流基金バンコク日本文化センター 『日本語教育紀要』はこちらで読めます。 jfbkk.or.th/publications/j…
🌹ばらじゅん ̄🇹🇭 @barajun
日本人 #日本語教師 のための #タイ語 入門 011 ☑️ 文字編 ●タイ文字は難しいか? タイ語の子音文字は44字(廃字ฃ ฅを含む)。日本語のかなは46字。さらに、日本語には平仮名と片仮名がある。ダブルで92文字。 ということは、タイ文字を覚えるのは日本の文字を覚えるより楽なはず。🤣
🌹ばらじゅん ̄🇹🇭 @barajun
日本人 #日本語教師 のための #タイ語 入門 012 ☑️ 文字編 ●タイ文字は難しいか? ・日本語にはさらに漢字もある。文字そのものの数のみに注目すれば、タイ文字を覚えるのは楽勝。 <ちょっと脱線> 日本語の平仮名と片仮名を覚えるのは・・・(下に続く) twitter.com/barajun/status…
🌹ばらじゅん ̄🇹🇭 @barajun
平仮名と片仮名を覚えるのは、クメール語の文字を覚える時の気持ちと似ているかも。というのは、クメールには同じ発音の子音文字が2種類あるから。 クメール語では子音が連続したら、2番目からは特別な字体(「脚」と呼ぶ)を使います。形も似てるし、覚える文字数も2倍になるし、めちゃ大変!🤣 pic.twitter.com/AiE8XdKyMP
拡大
🌹ばらじゅん ̄🇹🇭 @barajun
日本人 #日本語教師 のための #タイ語 入門 013 ☑️ 文字編 ・文字を覚えるのは簡単だが、読むのは結構難しい。 ・「タイ文字には、子音を表す子音文字と、その子音文字の上下左右につけて母音を表す母音記号とがあり、全体としては左から右へ横書きされます。」(坂本恭章『タイ語入門』大学書林)
🌹ばらじゅん ̄🇹🇭 @barajun
「日本語」はタイ語で ภาษาญี่ปุ่น と綴りますが、読み方を解説すると添付した図のようになります。  母音記号が、子音文字の上下左右に来るので、最初は赤い線のような視線で読むことになるかも。数字の1は声調記号です。 母音文字が子音文字の前に来る例は、下のツイートに! pic.twitter.com/uPiNaTp2Yy
拡大
🌹ばらじゅん ̄🇹🇭 @barajun
母音文字が子音文字の前に来る例。 「コーヒー」はタイ語で[kaafɛɛ](カーフェー)と言いますが、文字上は k aa ɛɛ f の順番で綴ります。 → ก า แ ฟ → กาแฟ 直に慣れます!😃
🌹ばらじゅん ̄🇹🇭 @barajun
日本人 #日本語教師 のための #タイ語 入門 014 ☑️ 文字編 ●タイ文字が読めると ・バスの行き先、電車の駅名、食堂のメニュー、学習者の名簿などが読める! ・学内の配布資料の内容がだいたい分かり、学内の情報から取り残されない ・発音の助けになる。より正確に発音できるようになる 下に続く
残りを読む(73)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする