小学4年生の国語の教科書で「空気の読み方」教える?

うちの9歳児が日本の小学4年生の国語教科書を音読してたときに、「お父さん、これどういう意味?」って持ってきた図。これがなかなかの絶品だったんですね。思わずわたくし、「え?」っとなってしまいました。それを写真に撮ってツイートしたところ、2000回を超えるRTとなり、リプライもたくさんいただいたので、まとめることにしました。
教育 空気を読む 子供 空気 コメント欄が本番 ○表情 国語 ×空気 教科書 KY
80085view 104コメント
79
Hiroyuki Takenaga @nynuts
今朝うちの9歳児が日本語の国語教科書の音読やってる時に「お父さん、これどういう意味?」って持って来たんですね。うちの子、基本アメリカ人だから、これはレベル高すぎるわ。まさに空気読みの訓練よね。 http://t.co/ffPHZDmkW5
 拡大
Hiroyuki Takenaga @nynuts
うちの9歳児がさらにわからなかったのが、これ。出たよ、「間」。ここまで来たら「空気芸」よね。ほぼアメリカ人のうちの9歳児にこれ説明すんの、どんだけ難しいか。一生懸命説明してあげたら「間とかどうだっていいじゃん」と一言。 http://t.co/2rc7L55CEc
 拡大
YURIKO☕ 祈って笑って @renri_hiyoku
日本の教育って変だ⇒"@nynuts: 今朝うちの9歳児が日本語の国語教科書の音読やってる時に「お父さん、これどういう意味?」って持って来たんですね。うちの子、基本アメリカ人だから、これはレベル高すぎるわ。まさに空気読みの訓練よね。 http://t.co/OnoVe5rChr"
 拡大
編集者 伊勢田陽一 @luckymens
日本の同学年でも無理です。 RT @nynuts 今朝うちの9歳児が日本語の国語教科書の音読やってる時に「お父さん、これどういう意味?」って持って来たんですね。うちの子、基本アメリカ人だから、これはレベル高すぎるわ。まさに空気読み~ http://t.co/LEANBysqNl
 拡大
Mayumi Ohara @lovepicass
@nynuts これも先程のも、日本語環境に限らず、英語環境でもあり得る状況じゃないでしょうか。どうでしょう。
Hiroyuki Takenaga @nynuts
@lovepicass 状況としてはあり得ますけど、教科書では教えないですね。
Mayumi Ohara @lovepicass
@nynuts あ、そういうことでしたか。そうですね、確かにわざわざ教えたりしないですね。
TrinityNYC @TrinityNYC
これを「教科書」で教えているというのに、驚きました。"@nynuts: @lovepicass 状況としてはあり得ますけど、教科書では教えないですね。"
Hiroyuki Takenaga @nynuts
私が子供の頃って、こんなこと教科書で教えてなかったと思うんですよね。 RT @TrinityNYC: これを「教科書」で教えているというのに、驚きました。"@nynuts: @lovepicass 状況としてはあり得ますけど、教科書では教えないですね。"
TrinityNYC @TrinityNYC
道徳の時間はありましたけど、「空気を読みましょう(読めない子はだめ)」てのは教科書にはなかったね。。"@nynuts: 私が子供の頃って、こんなこと教科書で教えてなかったと思うんですよね。 RT @TrinityNYC: これを「教科書」で教えているというのに、驚
napomi @napomi
@TrinityNYC @nynuts しかもこれでテストとかしてマルとかバツとか点数とかつけられた日には、、、、(親として怒る
あわび @hongkongtram
@nynuts @ak_canary 横から失礼します。こういうのは、僕らは子供の頃、映画やドラマなんかで学習した気がします。
からゆき @karayuki_bj
面白い!“@nynuts: 今朝うちの9歳児が日本語の国語教科書の音読やってる時に「お父さん、これどういう意味?」って持って来たんですね。うちの子、基本アメリカ人だから、これはレベル高すぎるわ。まさに空気読みの訓練よね。 http://t.co/rK881zZsiy
 拡大
かたまりクラブ @3345jtkmoito
@nynuts: 今朝うちの9歳児が日本語の国語教科書の音読やってる時に「お父さん、これどういう意味?」って持って来たんですね。うちの子、基本アメリカ人だから、これはレベル高すぎるわ。まさに空気読みの訓練よね。 http://t.co/qTGE63oynQ” すげ〜国
 拡大
ぴーえすぴーえす @assenb
@nynuts こういう事って「教科書」で習うようなものではないことは明らかですね。本当に学校で教師がこれを「教える」のであれば、こういう事は教わるものではなく自ら体験していくものだと家庭で親が言うべきですね。
谷口輝世子KiyokoTaniguch @zankatei
.国語 4年上(光村図書)@nynuts 次ページの35ページ。 (間をおかず)そんなことないよ。 (間をおいて)そんなことないよ。 これは漫才師になる練習としてやってもらうことにします。メールとテキスト全盛時代に、言語情報以外の身体情報の受け取り方ってことですかねえ。
Sevcik @ysevcik
@luckymens @nynuts これは、日本人に必須忍術「空気読み」訓練ですかね。。こんな勉強意味あるのかな?
編集者 伊勢田陽一 @luckymens
@ysevcik @nynuts 小説文を読ませて「登場人物の心理」を読むという問題は多いです。入試にも出ます。でも9歳では無理かと思う。情緒がわからない。
アマノウズメ @a_uzume
@nynuts: 今朝うちの9歳児が日本語の国語教科書の音読やってる時に「お父さん、これどういう意味?」って持って来たんですね。うちの子、基本アメリカ人だから、これはレベル高すぎるわ。まさに空気読みの訓練よね。 http://t.co/PndfxwfBLz” 私にも意味不明す。
 拡大
堂本かおる @nybct
これ、アメリカ人でコミュニケーション術に長けている人は相手の話を聞いた後に「That's great, but 」と自分の意見を言いますね。@nynuts 「空気芸」 http://t.co/xy8u99yCT1
 拡大
yusuke komatsubara @psyche_mood
これはお笑いの練習だ"@nybct: これ、アメリカ人でコミュニケーション術に長けている人は相手の話を聞いた後に「That's great, but 」と自分の意見を言いますね。@nynuts 「空気芸」 http://t.co/e4u8djrmF1"
 拡大
堂本かおる @nybct
ツッコミの練習ですよね@大阪 @psyche_mood これはお笑いの練習だ @nynuts 「空気芸」 http://t.co/UCivLy0p48"
 拡大
電子つんどく @tundoc
(……と間を置いて)大阪人って面白いね!@茨城 RT @nybct: ツッコミの練習ですよね@大阪 @psyche_mood これはお笑いの練習だ @nynuts 「空気芸」 http://t.co/HvEQNRa9fB"
 拡大
堂本かおる @nybct
たかしくんはハリセンを隠し持ってると思います。@tundoc (……と間を置いて)大阪人って面白いね!@茨城 RT @nybct: ツッコミの練習@大阪 @psyche_mood これはお笑いの練習だ @nynuts 「空気芸」 http://t.co/UCivLy0p48"
 拡大
残りを読む(151)

コメント

Shiro Kawai @anohana 2014年5月3日
なんか否定的な意見が多いんだけど、これをちゃんと学校でやるのは表現教育という点では価値あると思います。実際にロールプレイングしたらなお良し。日本/アメリカは関係ないです;アメリカで役者やってますが、脚本読みの基本はこの設問と似たようなものなので。(ただ、これを見て「正解はどれ」と受け取っちゃう人が多い感じなのは日本的だなあと思いましたが)
Ishida Brain Dam'd @tbs_i 2014年5月3日
というか日本の初等教育がやたら正解を一つに定めようという傾向があると言うところかな。例えば2×3=6は○で3×2=6は×とか、「きらきら」は○で「キラキラ」は×、というのがまかり通っているところでこんな問題出されたらいったいどう言うことになるのか、と言うところが問題かと。
ナイススティック @nicestickmilky 2014年5月3日
「何故間が開いてしまったか?」「二人の関係性は?」「そもそも彼女は何を言ったのか」等前提もなにもなく話し方や所作を考えろというのは大人になってからでいいんじゃないのかな。「間」の内訳や理由について考えるならまだしも
kaburazaka @kaburazaka1 2014年5月3日
道徳の授業という事なら「空気の読み方」の教育とも取れるけどこれは国語の授業でしょう?ならばこれはいわゆる「行間を読む」ことの教育なんじゃないのかな。
kaburazaka @kaburazaka1 2014年5月3日
文学作品を読むのに「行間を読む」という考え方は洋の東西を問わずして必要だろうし、それを学校で(問題なく教えられるかは人によるが)教えるのは悪いことでは無いと思う。特に受験勉強で一つの正解を導くことが求められるようになる前の段階で。
じゃりねこ@4号 ホ26a @jyaricat 2014年5月3日
国語の授業の教材で、かつ、設問の中に「相手の表情や言い方を考える」とあるので「話を聞くときは言葉だけでなく、相手の顔にも注意をはらう」ということにつながっていくのでは。と、好意的に解釈してみました。いや、実際多いので……会話の時に、そっぽ向いたりよそ事している小学生。短絡な人だと、スマホやゲームのせいだ!と言い出しかねない程度には。
minkonjinno @minkonjinno 2014年5月3日
ひとみさんが能面のような無表情で「ノートを置き忘れていたよ」とロボットのように繰り返したから、上のコマでは普通に接していたたかし君も、下のコマでは恐くなって謝ってしまったんでしょう。
狐謡 @Towa_towa_to 2014年5月3日
間を置くか置かないかってのは、「即座に呼応するか」とか「考えて答えるか」とか「一瞬答えに詰まるか」とか、その返答に至るまでの差異と機微、そしてそこに対する相手の理解と誤解が無いと、表層を取り繕う狡すっからいテクニックの話にしかならない。そら子供もどうでも良いって言うわな。授業でそこのところ、ちゃんと教えられるのか?
山元 太朗 @tarogeorge 2014年5月3日
こういうの、教員用指導書読んでみたくなるんだよな。
無道入人 (Day-Bee-Toe) @DayBeeToe 2014年5月3日
「空気読め」という言葉は大嫌いだが、こんなものは日本語に限ったことではない。ハリウッド映画なんかでもこれに類する状況はいくらでも出てくるよ。
無道入人 (Day-Bee-Toe) @DayBeeToe 2014年5月3日
そして「非コミュ」にとっては、こういうことを学校で教えられるのはむしろ歓迎すべきことだ。なぜなら、少なくともこういう問題の存在とそれに対処する方法を教えられなければ、こういうコミュニケーションのあり方をやめるべきだと主張することさえできないだろうからだ。
無道入人 (Day-Bee-Toe) @DayBeeToe 2014年5月3日
「親が教えれば良い」とか「テレビドラマから学べ」とか言っている人は、逆に生育環境によって子供が長じてから大損することを肯定しているということに気付いて欲しい。こういう「知ってる人だけが知っている」ことを言語化して公教育の場で取り上げることはむしろ民主的なのだ。
無道入人 (Day-Bee-Toe) @DayBeeToe 2014年5月3日
なお、この教材は「どうあるべきか」という価値を押しつけているわけではなく、「こういう態度はこのように解釈される」という事実を述べているのみなので「道徳教育」という批判は的外れ。
そら豆 @solamame_k 2014年5月3日
わざわざ学校で教える話ではないし、教えてどうにかなる事柄でもない。
Shiro Kawai @anohana 2014年5月3日
テキストの読み方とか、ノンバーバルコミュニケーションにもちゃんと技術があって、それは体系立てて教えられる(し実際、アクティングクラスで教えている)。感性任せとか慣習任せでうまくいくと思うのはハイコンテクスト文化に依存した習慣でしょう。教えられる体制があるのか、というのは別の問題ですが(演劇科出てればわかってるだろうけれど、国語の教師の育成過程でやってるのかな?)
はるを待ちかねた人でなし @hallow_haruwo 2014年5月3日
非言語コミュニケーションも国語の範疇として公教育で取り上げるのは良いことなんだと思います。画像を見る限りは問題ある記述とも思えません。要は教材を使った上での教え方次第でしょうか。ツイの状況が授業の前に子供さんが予習として読んだ感想なのか授業後の感想なのか。前者ならこれから行われるだろう子供さんの疑問に応えられる授業に期待ですし、後者なら先生が子供さんのナニ言ってんだ?の非言語(ryを読み取れてないという。
aspara @carabus_sp 2014年5月3日
これは多少なりとも発達学とか心理学の研究成果に根ざした学習教材じゃないでしょ多分w こんな役に立つかどうかわかんないものを教育に使うのってどうなんだろ
はるを待ちかねた人でなし @hallow_haruwo 2014年5月3日
このまとめでも画像に対する反応や読み解き方が色々であったように、授業中の子供の反応が色々であれば、それで一定の効果を発揮できるような気もします。非言語的(ryの十全な習得を求めるものというよりは、非言語(ryに対する他の子の違う読み解きを知ることで、非言語的に自分が受け取ったと思った情報は単なる思い込みであるかもしれないから、言語であれ非言語であれもう一歩の踏み込みを勧めるような。私自身、勝手に予測し過ぎて自縄自縛になったあげくなにも言えないという子供だったので。
はるを待ちかねた人でなし @hallow_haruwo 2014年5月3日
技術的体制的に上手く非言語(ry能力の習得までもっていけるというのであればなおさら言うまでもありませんというか素人が今の学校教育を甘く見てましたスンマセンという話ですし、逆にここまでのが単なる深読みのし過ぎで最後は画一的な「正答」を押し付けて終わる授業だったら教科書作った奴にハリセンでツッコミ入れますw
九銀@半bot @kuginnya 2014年5月3日
多様性を重んじる方向に話が進めばいいけど、画一的にコミュ方法を定めるような教育だったらすごく嫌だな。
たくろうゲートウェイ @takurou7 2014年5月3日
否定的な意見が多いけど、他国はどうあれ、日本では間の取り方が大事だというのはその通りでは?社会生活を円滑に送れるように訓練する場が学校である以上、どの様に間の取り方を教えるかの議論はあっても、間の取り方を教えてはいけないという意見が出るのはおかしい。
kura0808 @kura08081 2014年5月3日
こういう「最近の教育が云々」ってまとめってたまに見かけるけど、だいたい教科書の内容よりもそれに対する批判の方が画一的で閉鎖的な感じがする
重-オモ- @__oMo__ 2014年5月3日
学校で教えると画一的な答えになる事を危惧する人がいるけれど、その模範解答すら知らず失敗していく人がいるならば、無難でも知っている方がマシなんじゃないか。学校でやることではないにせよ「子供にあえて教えなくていいが大人になるまでにどこかで勝手に学んでおく必要がある普遍的な作法」だったら、その状況に出会わなければ一生学べないってことになる。出会わなければ考える機会すら無い
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2014年5月3日
間は魔に通ず、なんてことを申しましてですな。まぁなんですな、このへんのことを一通り覚えたら、おつぎは「カゼ」と「マンダラ」を使いこなせるように稽古していただきたい。
まどちん● @madscient 2014年5月4日
空気の読み方とか作り方とか、詐欺師でも養成するつもりなんかね。
アル @htGOIW 2014年5月4日
ここでの問題は、コミュニケーションにおいて行間を読むという行為が普遍的に正義か否かということではなく、今現在の日本において結構多くの人間が不合理性や改善への欲求を抱いている日本の空気を読む文化を、無批判に繰り返していることへの懸念なのでは
Shiro Kawai @anohana 2014年5月4日
この教科書では単に「間や表情にも意味がある」ことに気づかせるのが目的で、「正しい読み方」があると教えてるわけじゃないのに、これを見て「唯一にして暗黙の空気の意味」を連想してしまう受け手の方に、何というか「日本」を強く感じる。ちゃんと教えれば、様々な読み方があり得るし、あなたと私で読み方が違うこともある、っていう、「空気読め」文化を相対化できるネタだと思うんだけどなあ。
Shiro Kawai @anohana 2014年5月4日
日本は空気読む文化で、アメリカとかはそれがない、っていうのは全く違って、アメリカでも空気読むのは重要だけど、集団によって読むべき空気が違うから相対化されてるってだけの話なんだよね。そこから来る文化の差異は確かにあるんだけど、この教材はそれ以前の基本的な話だと思う。
子育てせんせぇ @2110_ 2014年5月4日
はいはいまた出た教科書の一部取り出して一億総評論家。 普段から教科書になんか興味もないくせに。
りったーくろいつ @ritterkreuz032 2014年5月4日
「助かった」と「ごめんなさい」、どちらかしか選べないこの教科書の質問の仕方も大概だけど、アメリカ人にだって程度や種類の違いこそあれど空気を読む読まないの概念はあるので、「基本アメリカ人だから空気を読ませる問題が分からない」ってのは言い訳にはならないんじゃないかって気がしますね
アニ @gorotaku 2014年5月4日
これのどこが「空気読め」なのか全くわからない。皆空気読んで教科書叩いてるんじゃないの。
アニ @gorotaku 2014年5月4日
教師がどう使うかにもよるけれども、「コミュニケーションにおいては、ノンバーバルな部分が多くの情報をはこんでいる」ことを認識させるという意味ではいい教材なんじゃないの。大学の語用論の授業でも例に使えそうだよね。
アニ @gorotaku 2014年5月4日
あとこれを日本/日本語特有の問題にしたい人多いですけど、それも全くわからない。
イワヨコ @iwayoco 2014年5月4日
non-verbal communicationというものがあることを気づかせようとしているだけで、空気を読むとか、日本人の気質が、とかは関係ない話ですよね http://t.co/ERBfjhjbQN
重々帝網 @Omavirahumkham 2014年5月4日
いろいろな人が解釈していますが、ほとんどのひとが微妙に間違えています。つまり、日本人だからといって、空気を読めていないということです。@ediok_koide さんはこの教科書の設問の意味を正しく理解していると思います。
重々帝網 @Omavirahumkham 2014年5月4日
空気を読むということは、理解に必要なコンテキストの一部を、「共通の理解」があるという理由で省いてしまっている状況で、それを自分で補って正しく理解するということだと思います。「共通の理解」は「体験」から得られることが多いのですが、生活環境の激変によって「共通の体験」を得ることが難しくなっており、それが空気を読めない、省かれたコンテキストを補えない人が多くなっているひとつの原因だと思います。それ以外にも、学習障害など器質的な原因もありあます。
なみへい @namihei_twit 2014年5月4日
コミュニケーションについて考える機会の場を設けることは賛同。ただし、教科書を用意して授業として習うモノと化していることには疑問と不安を感じる。「教えられたことには間違わずに従わなければならない」と考える子や、「そこで学んだ正解だけ繰り返せば問題ない」と考える子には、時限爆弾な気がする。さらに「正解も模範解答も無い代物」ということを指導する教師が踏まえていないと呪いにも。普段から常に考え続けなくてはならないし、普段の全ての会話の中で学べるのだから、むしろ教師にこそ指導する部類なんじゃないのかと。
Lynette_Ellils @Lynette_Ellils 2014年5月4日
国語の果たす社会的役割は知的活動の基盤、感性や情緒の基盤、意思感情の表現能力の基盤として生涯を通じて個人の自己形成を担うものである。この問題提起には万人に共通する正解はないが、その正解がないからと問題提起を否定する者が多いのはどうなのか。
なみへい @namihei_twit 2014年5月4日
時々話題に取り上げられる、「教科書通りに授業の進行に従って成長しなさい」的な指導をしてしまう教師、それを疑問視しない環境、への一抹の不安があるからだと思います。「授業をきっかけにして、様々なことに興味を持って自ら学習する力を養い育てる」教師や学校ばかりなら、そもそも、こんな教科書は必要ないし生まれなかったと思うから。
クロネコ @96neko 2014年5月4日
問:ひとみさんの顔つきや声の調子を考えましょう。 答:  声の調子→「別にあんたの為じゃないんだからね」  顔つき→ http://blog-imgs-54.fc2.com/k/a/g/kagano443/20130201-068.jpg
イグナチオ @7oolong 2014年5月4日
これ、空気読めって問題ではないし、正解をどちらかに決めようって問題でもないじゃんね。これを見て即座にどちらかだと決めつけちゃう人のほうが、よほど空気に毒されてるし、正解主義的だよ。
天たくる @ten_tacle 2014年5月4日
「忘れ物の指摘をしただけのつもりでも言い方によっては責めてるようにとられる」ことを教えるのは何も問題ないと思うけど、間を置くことを推奨するみたいなのはおかしいだろ。「人に意見を求められて誠実に返したいと思うのなら、よく考えてから回答しろ」で言いじゃん。
天たくる @ten_tacle 2014年5月4日
相手に良い印象与えるために、とりあえず熟考しているポーズしておけなんて、そんなテクニックはもっと成長してから覚えろ。
こぎつね @KogituneJPN 2014年5月4日
元レス見て「へー最近の学校ではSSTやってくれるんだ。いいなー」と思ったんだけど、否定的な意見があってびっくり
こぎつね @KogituneJPN 2014年5月4日
「外国人にたいして日本の同調圧力を強要している」と捉えちゃった人が多かっただろうね。実際には一般的な日本人がそういう非言語コミュニケーションを取るという知識を与えているに過ぎず、男の子が理解した上で「どうでもいい」と思ったそれはそれでいいのだ
こぎつね @KogituneJPN 2014年5月4日
おっと性別は出てなかったな。つい、他人の感情に興味を示さないという点で男の子だと思ってしまった。
こぎつね @KogituneJPN 2014年5月4日
現在のSSTが発達障害児に行われるものことから分かる通り、これは教えられないとわからない弱者の為の教育なのだ。
eternalwind @juns76 2014年5月4日
kaburazaka1 「行間を読む」訓練を国語教育で重視するのが根本的な間違いなのでは?論理的な文章を書くことを訓練するのが公教育であるべき。その種の「ブンガク」的な教育の結果が、論理性の低い文系を生み出してるわけで。吉本隆明がフーコーと対談してバカ扱いされたのは、吉本がその種の詩人に過ぎず、基礎的な論理力がなかったからでしょう。
eternalwind @juns76 2014年5月4日
KogituneJPN すべての小学生がお前みたいな、コミ発達障害じゃないのだからSSTを義務化することは無意味だろwww
eternalwind @juns76 2014年5月4日
「空気」と言うのは非論理的な同調圧力の産物であって、その絶対化による組織の硬直化を描いたのが山本七平「空気の研究」なわけだが。「空気」が絶対視される社会で排除されるのは合理性であるということを理解してんのかね。
AQN@ヮ<)ノ◆ @aqn_ 2014年5月4日
画像を見る限りでは、「空気を読みましょう」なんて言ってるようには見えない。正しい対応を選べという問題ではなく、「返事はなぜ違ったのか」という問題ですしね。これを「空気読め」と解釈する人の方が空気を読んでいると思う。本文には書かれていないことを読み取っているのですから。
nishi811 @nishi811 2014年5月4日
国語は一番嫌いだったけど、こういう教え方があったら好きになれてたと思う。 国語の中には、小説や詩から、説明的文章とかディベートまで、幅広いジャンルがあって、そのなかでも、(簡単に言ってしまうと所謂『間』になるんだけど、)『文脈』を捉える事は、最もベーシックな事でしょ。こういうことを教えなかったということの方が不思議よ。
nishi811 @nishi811 2014年5月4日
同じ言葉でも、文脈によって捉え方や意味、その場の人の感情までもが変わってくる、という事実を知るということが大事で、それを説明することも、実は難しいことだったということだと思う。 これを、『空気読めだなんて、、』とか、『学校で教えることじゃない、、』とかいうのは、空気読んで生きてきた人なんだろうなぁ。 ただ、実際に子供がこういったことを理解しやすいかどうか、その後の生活態度に活用できるかどうかは、難しいとは思う。
妖怪腐れ外道 @kusare_gedou 2014年5月4日
テキスト上で、字面上で同じでも意味が変わる事がありますよという意味では普通に言語に関する知識の範疇だと思うんだけどなあ、実際に発言した言葉をそのまま文字にするのって色んなニュアンスが削られる。テキストだけで全てのニュアンスが伝わるんなら顔文字という文化はきっと日本どころかアメリカでも生まれてないだろうし語尾にlolだのwだの角必要もないわけで
妖怪腐れ外道 @kusare_gedou 2014年5月4日
テキストだけでは表現できないってのは英語だって同じ事らしく、たしかケント・デリカット氏を起用してた○年生の学習の1コーナーだったと思うけど、例えばI love you.という発言一つとってもIを強く言えば私が一番あなたを愛しているというニュアンスを持つし、loveを強く言えばこれはただの好意ではなくて愛という強い感情ですというニュアンスを持ち、youにアクセントを置けば俺はもうあなたしか愛せないというニュアンスになるみたいな事を言ってたのを覚えてる
妖怪腐れ外道 @kusare_gedou 2014年5月4日
んでそのアクセントってのはただ文章を書いても表現できないわけだ。
クロモリ @kuromori_666 2014年5月4日
光村図書出版「編集の趣旨と特色|小学校国語」 http://bit.ly/1nfBplQ  http://bit.ly/1naDsKn (PDF) によると "人と人との関係の中で、互いの立場や考えを尊重しながら言葉で伝えあう。こうした力を高めることは、道徳教育を進めていくうえでの基板となります。" という編集方針で掲載されているようです。
クロモリ @kuromori_666 2014年5月4日
また、同出版社の道徳教育指導用資料にはソーシャルスキル教育(SST)を扱った授業の様子を撮影した映像資料 http://www.mitsumura-tosho.co.jp/kyokasyo/doutoku/hikari/index.html がアップされており、いずれにせよ教科書のその設問だけを個々の児童が独習で考えるようにはつくられていないようですね。
たりちぱ@・x・@ノ @tari_tipa 2014年5月4日
これは教材だけの問題じゃなくて、この教材を作った人の意図はともかく、実際の教師がこの教材を使ってどんな「正しい答え」を押し付けてくるかを、自分が実際に教師に教わってきた経験から予想すれば、多くの人にとっては「碌でもない」としか言いようがないだろう。
たりちぱ@・x・@ノ @tari_tipa 2014年5月4日
この教材への批判をみて「画一的」に見える人は、きっと「例外的」に良い先生に当ってきた幸せな人なんだと思う。
なみへい @namihei_twit 2014年5月4日
あるいは、先生の意に沿うことが良いことでそれ以外は悪いことと信じ疑っていない、か、疑問や反発を抱けるほど自己を持ち合わせていない、か、その両方か。 > tari_tipa きっと「例外的」に良い先生に当ってきた幸せな人
山元 太朗 @tarogeorge 2014年5月4日
ノンバーバル・コミュニケーションというなら、副教材に小坂俊史『先生になれません』を使えばバッチリだ。
Cal Que El Lulu-rain @senzaluna 2014年5月4日
国語のまとめというと彼しかいない、と思って見にきたのに。まだコメントに書き込みがない、、、だと、、、。
汀こるもの@五位鷺の姫君 @korumono 2014年5月4日
小学生よりアニメ監督に教えてほしい。
うにら @riafeed 2014年5月4日
即答すると本当にそうじゃないと思ってるように感て、しばらくしてから答えるとそうじゃないとは言い切れないけどとりあえずそうじゃないと言っておいたように感じる俺はやっぱり空気が読めない人か…
nishi811 @nishi811 2014年5月4日
この、『顔の見えない、ひとみさんのイラスト』って、すごい秀逸で、今までよくわからなかった、『国語』的な価値観というか、言語に対する接し方を気付かせてくれる、凄い良い可視化だと思う。どんな小説や文章でも、顔が見えないところから読み解かなきゃいけないんだよね。今では、テキストだけよりも、映像とか音声と同時のコミュニケーションが多いけど、だからこそ、こういうイラストでの可視化って、大事よ。
ぉざせぃ @hijirhy 2014年5月4日
最初は、「変な教科書使ってる学校があるんだな」と思ったけど、これ国語教科書最大手の光村図書なのね。ぼくも小学校は光村だったけど、世の中変わったものだな。これがゆとり教育というやつか。
すなほし@荒野に羽ばたく渡り鳥 @sunahoshi 2014年5月4日
これ、そもそもテキストで教える内容ではなくクラスの子供たちで実際に演じ合って実践で考えさせる授業ですよね?文字だけ読んでるからお子さんも「どういう意味?」となったのでは。
ぉざせぃ @hijirhy 2014年5月4日
少子化で一人っ子が増えたせいで対等な(に近い)関係の相手とのコミュニケーションがうまく取れない子供が増えたということは以前から指摘されていたので、こういうことを学校で教える必要はやっぱりあるんじゃないだろうか?
ぉざせぃ @hijirhy 2014年5月4日
それに、実際子供に訊かれても親がうまく教えられなかったって話でしょ?ということは学校で授業として教える必要があるってことなんじゃないの?
ぉざせぃ @hijirhy 2014年5月4日
まぁ実践してみせれば簡単だと思うけどね。2つ目の方で言えば、「これどういう意味?」って子供が聞いてきた時に「ごめん分からない」って(他の答えでもいいけど)即答した場合とちょっと考えてから答えた場合で感じ方が変わったかどうか考えさせればいいんじゃないか?
nishi811 @nishi811 2014年5月4日
このまとめのタイトルの『「空気の読み方」教える?』ってのは釣りで、テキストの意図を取り違えてる。どこにも、「空気の読み方」なんて書いてない。「友達と話し合って見ましょう」っていうんだから、実際に親子で話し合えばいい。これを、「空気の読み方を教える、、」と捉えてしまうのはなんとなくわかるけど、それって、コミュニケーションとしてどうなんだろう。子供いないからわからんけど。
もぐもぐ @hiyokomame_5 2014年5月5日
同じ台詞でも表情や口調でその人の喜怒哀楽が読み取れる、だから自分も違う受け止め方をする、ということに気付くことがねらいでしょう。アメリカと日本は違う?ディズニー映画「アナと雪の女王」では2人の姉妹が同じ歌詞歌ってる部分があります。表情と声色が違ってて、ものすごくリアルさを感じました。日本と同じだなぁとしみじみ思いました。
まに @n_m_u_r 2014年5月5日
【教科書のテクスト】どうして答えが違ったのか考えてみましょう。【まとめ主のテクスト】(1)これって空気読みの訓練 (2)うちの子は基本アメリカ人 【(1)(2)間にある空気】日本は空気読みが重要視されて息苦しい/アメリカではそうではない 【日本世間一般の空気】役所と教育機関はいつでも正義面で叩いてよい/日本はだめ/欧米はすてき 【(1)(2)間の空気および日本世間一般の空気を読んだ人の反応】これだから日本の教育は!!!
まに @n_m_u_r 2014年5月5日
なんたるはいこんてくすと。
なみへい @namihei_twit 2014年5月5日
『「はぁ?!」となると一言物申す人が殺到するが、「うんうん」となるとコメントが付かない。』っていうね。伝えたいことがあるのか、伝えたいことを歪めてまでもただただ反応してほしいのか。
Eimi1003 @Eimi1003 2014年5月5日
英語には「空気を読む」とまったく同じフレーズはありませんが、だからと言って英語圏の方々がみんな好き勝手に振る舞ってるわけじゃないですよ。日本ほどではないですが、ある程度状況に沿った態度、言動や気配りは世界共通ですよ。空気を読まなさすぎて、状況には不適切な言動をしたら、外国人でも嫌われますよ。そういう事に気づかずに日本の教育をディスってるんでしょうね。
Eimi1003 @Eimi1003 2014年5月5日
その教科書の箇所は別に「空気の読み方」を教えたりしてるわけではないと思うんですけど・・・。表面だけで判断して、日本の教育をディスってる欧米かぶれは迷惑ですね。
根性ロン @konjo_ron 2014年5月5日
学校教育において正解か不正解かしか重視されていないと思い込んでいる人はもうすこし冷静になってみたらいいよ。これはそもそもテストの問題ではないし、「考えてみましょう」とちゃんと書いてある。言語以外の要素がもたらすニュアンスの違いに改めて気付かせることは立派な国語教育だよ。
Kei @tk_riple 2014年5月5日
日本以外でもこういう教育があれば職場で乱闘まがいのことが起きなかったのではないのかと思ったり・・・
箸呂院マジチキ @kairidei 2014年5月5日
たかしさん&ひとみさんが学ぶべき趣旨なのか。第三者が学ぶべき趣旨なのか。第三者が状況を理解することは大抵の場合は良いことなんじゃないかな。
私怨化炭素 @LAS_aka_surfact 2014年5月6日
これは non-verbal communication の教育と考えれば、国語で教えるのはありかなと思います。小説の読解でも意外と重要ですよ。まぁ小学四年生に教えるのは早い気もしますけどね。
ビッター @domtrop0083 2014年5月6日
間を置かずに「そんなことないよ」と言う:「こいつ考えてないな」。 間を置いて「そんなことないよ」と言う:「こいつ反対意見持ってるな」。
MintUdon @MintUdon1 2014年5月7日
何が嫌って、アメリカ人のアテクシたちにこんなの分かるわけないわぁドヤァしてるとこ
taka(維新は要らない) @smoketree1 2014年5月7日
正直なところ、どうしてこれが「空気の読み方」なのか理解できない。アメリカ人は自分が悪いと思っていないなら決して謝ったりはしないという意見であれば、批判は理解できるけれど。
鱗屋うろこ @urocoya 2014年5月7日
まとめを大変興味深く読みました。空気読めない私は設問通り「考えてみましょう」と受け取るのです。一方多くの方々が、空気を読み設問者の意図を察しようとして「空気を読みましょう」と解釈されているのですね。
しょーた @shota243 2014年5月7日
同じ言葉でもイントネーションとか語気の強さとか態度とかで意味は変わるからそれを読み取れってのも、自分がしゃべるときも状況に合わせて変えろってのも、普通に英会話のレッスンで練習したし試験でテストされたよ。
ちょんぴろ @unpoko21 2014年5月8日
てか、これまとめた人の他のまとめ見るとわかるけど、そもそも大前提として何かしかのバイアスというか、偏見混じってんじゃないの?と思わなくもないまとめが多い気が。ここでいろいろ突っ込まれまくってのもそれが理由かと
二条肝兼 @IamNotUs 2014年5月8日
反射的に相手の主張を肯定せよ、という誘導だわな。運が良ければ生きやすくなるかもしれないが、わたしゃ嫌だな。
二条肝兼 @IamNotUs 2014年5月8日
何も考えず相手の言葉を肯定できる状況ならそもそも間をあけることもないわけで。微妙な状況でも反射的に肯定せよというメッセージになってる。
二条肝兼 @IamNotUs 2014年5月8日
「正解が求められていると思い込んでいる」んじゃなくて、実際正解が求められてますよ、見る限りでは。
endersgame @endersgame3 2014年5月8日
空気読みってのは相手が同じ状況で同じことを言っていても周りの状況によって応答が変わる、というものであって、相手の状態や属性によって応答を変えるのはただのコミュニケーション技術。相手が怒っていても笑っていても親しくても仲が悪くても応答が変わらないっていうのは完全なるコミュニケーション障害だろう。
endersgame @endersgame3 2014年5月8日
つか @May_Roma が商売のネタに使ってやがるのか。この程度の会話技術の問題を取り違えて意味不明とか言ってる奴のメルマガ読んでるのってどの程度の馬鹿なんだろ。
endersgame @endersgame3 2014年5月8日
正解が求められてると思うひとは何が正解だとしているんだろう…。
u1ρ @u1p 2014年5月9日
anohana このコメントに同意。逆に家庭や学校・塾程度しかない子供のコミュニティにこう言う事例を見せるのは良い事なんじゃないかね? 慣らされた(均された)環境で、こう言う状況に出会わないまま大きくなるのは不幸。
u1ρ @u1p 2014年5月9日
いずれにしても、日本叩き、日本語叩き、日本の教育叩きをしていれば皆賛同していたおかしな時代じゃなくなった事に乾杯。
Shiro Kawai @anohana 2014年5月9日
IamNotUs 間を空けなくても肯定とは限らないし、間を空けても否定とは限らないですよ。それぞれについて色々な解釈が考えられて、理由付けに無理がなければ全て正解です。そういうことを学ぶ教材だと思うのですが。
イワヨコ @iwayoco 2014年5月9日
出版社の解説(PDF)( http://goo.gl/7tpYNr )に、問題の箇所が見開きで載っています。小さいけれど、拡大すれば読めます。「話す言葉は同じでも」というタイトルみたいです。
イワヨコ @iwayoco 2014年5月9日
こちらのお父さんは、意味がわかったみたい。 人事交差点 『話す言葉は同じでも』 http://jinjicross.blog24.fc2.com/blog-entry-318.html
u1ρ @u1p 2014年5月10日
ろくに躾もせずに好き放題やらせておいて、駄目な時に言葉で叱るだけのような家庭、お母さんの顔色読ませて、怒られないかどうか確かめるみたいな基本的な事ができない子供が、これ解けないんだと思います。そう言う教育をできなかった親がこの教科書に文句を付けているんだと思います。
古釘列車 @ful_rec 2014年5月11日
非言語コミュニケーションの「初学者」向けだってことを見落としてるんでないかな。この文章と挿絵から「空気読みを強制してる」とか「特定の反応を誘導してる」とか教科書出版社の隠された意図まで推し測れるほど高いリテラシーの持ち主にはそもそもこんな授業は必要ない。もっとずっと低いレベルの基本的な事柄を教えようとしてるんだと思う
古釘列車 @ful_rec 2014年5月11日
習った上で「間なんてどうでもいいじゃん」と本人が思うならそれはそれでよいが、はじめから家でも学校でも教えてもらえないまま成長するのとでは大違いだ
古釘列車 @ful_rec 2014年5月11日
非言語コミュニケーションについて書かれた教科書の、それ自体の裏の意図にまで思いを馳せられるようになったらもう非言語コミュニケーション免許皆伝でしょ
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする