2011年1月3日

急に戦国時代の貨幣経済について語りたくなったが壁に呟くのも飽きたのでツイートする。

流れていくのも勿体ない気がしたので。
34
マツリセイシロウ@sudekuma @maturibooo

急に戦国時代の貨幣経済について語りたくなったが壁に呟くのも飽きたのでツイートする。

2011-01-03 02:41:54
マツリセイシロウ@sudekuma @maturibooo

大雑把に我が国で戦国時代と言えば応仁の乱から徳川幕府が開かれるまでの期間を指すけども、その当時に使われていた貨幣がある。

2011-01-03 02:44:26
マツリセイシロウ@sudekuma @maturibooo

昔の金といえば大判小判というイメージだが実際に流通していたのは銅銭。宋や明から貿易によって入ってきた銅銭を使っていた。朝廷が隆盛を誇った時代には日本独自の鋳造された貨幣も流通していたようだが、中央の力が弱まるに連れて宋銭や明銭に取って変わられたと言うことか?

2011-01-03 02:51:52
マツリセイシロウ@sudekuma @maturibooo

イメージ的には多分、今の北朝鮮でウォンよりドルが信用されてるようなもんだろう。

2011-01-03 02:53:04
マツリセイシロウ@sudekuma @maturibooo

あと貿易などで商業が活発化してくると、単純に『貨幣が足りない』という状況が起きる。当時の日本の造幣能力では追いつかなかったのだろう。

2011-01-03 02:55:45
マツリセイシロウ@sudekuma @maturibooo

まあそんなこんなで、貨幣経済自体は中世日本でも近畿を中心に割と根づいていたと思われる。で、だ。

2011-01-03 02:57:34
マツリセイシロウ@sudekuma @maturibooo

それにも関わらず、江戸時代の武士は米で俸禄を貰っている。何故一度根付いたはずの貨幣ではなく、給与が米なのか。

2011-01-03 02:58:38
マツリセイシロウ@sudekuma @maturibooo

誰しも聞いたことがあると思うけど、昔は土地の広さって言うか価値を石高で表していたじゃない。これは秀吉が大々的にやった検地の結果そうなったんだけど、以前は別の単位で土地の価値を計っていた。

2011-01-03 03:01:35
マツリセイシロウ@sudekuma @maturibooo

それが貫高制。まあこの場合土地の生産能力がそのまま土地の価値になるんだけど、それはそのまま貨幣価値に換算が可能だったってことだろ。

2011-01-03 03:03:54
マツリセイシロウ@sudekuma @maturibooo

んじゃなんで最初からある程度決まっている土地の価値を、改めて秀吉は測り直す必要があったのかつうと、この当時は既に貨幣経済はボロボロになってたんだと思われる。

2011-01-03 03:05:00
マツリセイシロウ@sudekuma @maturibooo

宋銭、明銭、和同開珎、その他私鋳銭(要は贋金)などが入り乱れている状況では貨幣の価値など統一しようもない。貨幣の信用が失われれば起きるのはインフレ。貨幣価値が下がりまくって取引に混乱が生じれば物流が滞る。

2011-01-03 03:09:07
マツリセイシロウ@sudekuma @maturibooo

現代では流通を支えきれないほどのインフレが起きた場合、取れる措置は通貨の切り替えくらいだろう。いわゆるデノミ。なんだけど、当時の日本には代替通貨になりうるものが無かった。

2011-01-03 03:10:55
マツリセイシロウ@sudekuma @maturibooo

ただ、貨幣とは要するに『万人がその価値を認めて、持ち運びが簡単なで、ある程度豊富にある何か』であればいい。そこに当てはまったのが米だった。

2011-01-03 03:13:14
マツリセイシロウ@sudekuma @maturibooo

造幣局がなくても取り敢えず米は生産されるし、いざとなれば食えるし、そこそこ保存は効くし、持ち運びも比較的楽。

2011-01-03 03:14:22
マツリセイシロウ@sudekuma @maturibooo

というわけで貨幣の代わりに米を使えばいいじゃんよつうのは自然な発想だったと思われる。

2011-01-03 03:15:27
マツリセイシロウ@sudekuma @maturibooo

そして検地が行われて実態経済に即した土地の価値を定め直し、米の升を統一した秀吉のセンスは流石と言わざるをえない。

2011-01-03 03:17:11
マツリセイシロウ@sudekuma @maturibooo

で、米の価値に合わせて改めて貨幣価値が定まる。

2011-01-03 03:18:01
マツリセイシロウ@sudekuma @maturibooo

こうして日本では『金本位制』ならぬ『米本位制』とでも言うべき制度が出来上がった。面白いね。

2011-01-03 03:20:04
マツリセイシロウ@sudekuma @maturibooo

だからまあ戦国時代を描いたゲームなんかで石高でもって土地の価値を表していいのは本来は秀吉のあとなんだろうけど、それではいろいろ難しいからな。

2011-01-03 03:22:07
マツリセイシロウ@sudekuma @maturibooo

それに農法が発達してくると同じ広さの土地でも取れるコメの量は変わるし、また必ずしも米ばかりが収穫物ではなかろう。

2011-01-03 03:23:55
マツリセイシロウ@sudekuma @maturibooo

そうなってくると今度はまた貨幣の出番が増えてくる。

2011-01-03 03:24:41
マツリセイシロウ@sudekuma @maturibooo

貨幣経済が復活してくると、農村社会の中に新興成金が生まれる。

2011-01-03 03:27:30
マツリセイシロウ@sudekuma @maturibooo

『六部殺し』や『イヌガミ筋』なんかの逸話はこの経済的な変遷によって生まれた怪談だっつう話は小松和夫が既に述べてた…かな?

2011-01-03 03:30:45
マツリセイシロウ@sudekuma @maturibooo

どうも固有名詞は記憶が朧気なので俺の脳をグーグルにつなげ。

2011-01-03 03:32:49
マツリセイシロウ@sudekuma @maturibooo

単位を『萌えみのり』にすべきだろうか RT @cxu29eg: @maturibooo マツリッチ!の生活も米の量で命をつなぐ、米本位制人生。

2011-01-03 03:34:37
残りを読む(6)

コメント

よすはす @yosuyosur 2011年1月3日
面白い意見だなあ。米本位制度だった事は、享保の改革、寛政の改革や、奨励された新田開発からも読み取れる。江戸時代は商品作物や商業の発達が著しくなってから株仲間で規制をするが真っ先に規制されたのは酒造、すなわち米に関わる分野だったこともこの流れで整理できるhttp://togetter.com/li/85432
0
よすはす @yosuyosur 2011年1月3日
ただ、江戸幕府が経済音痴かって言うとそうでもない。酒造規制による米の流通規制を行おうと六十回以上の酒造規制令、株高改めが為されているうえ、株仲間の規制等で物価のコントロールを行おうとしていた。しかし、全国流通を年貢や冥加と言った幕府財政を維持するための税金が商業発達の妨げになっていた事は事実。
0
よすはす @yosuyosur 2011年1月3日
河川流通によって起きた、米本位だけでなく、商品貨幣流通のダイナミックな全国的な広まりを幕府と藩は幕藩財政の枠組み(搾取できる枠組みであり全国的展開を妨げるもの)に落とし込めようとしたが、一揆や国訴などによる民衆側の実力的抵抗や、商品の隠造によって幕府は商品経済を掌握できなかった
0
よすはす @yosuyosur 2011年1月3日
それに対し、年貢、冥加等で全国流通を妨害する事で土地から貨幣を動かせなくし、隠造を防いで何とか幕府と藩は搾取しようといたわけだけど、農村にまで貨幣経済が浸透し、米以外のもの=商品作物、貨幣が農村の収入源になりだすとその流通を防ぐことは困難になった。そもそも土地の価値が米高で計れなくなったからだ。村の田畑に対して年貢はかけられるわけだけど、技術進歩で土地からとれる米の量も商品作物も毎年量が増える。
0
arabiannightbreed @a_nightbreed 2011年8月21日
室町時代、越前から近江を通って京都へ行く商人の日記で、宿の料金が均一だったのにびっくり。鎌倉時代、青砥藤綱の逸話から察するに、日本では、鎌倉時代には貨幣経済が浸透していたのではないかと推測。
0