部活動や塾での先取り学習について

塾の先生と美術教育専門の主婦が部活動や塾での先取り学習について語っているまとめです。
教育
8

まずは部活動について。思うところがある事件?があったようです。
学校の部活動については、私はあまりガッツリやるのが好きではない派です。
それにしても、勉学そっちのけになっている現状の一端を垣間見ることができる一連の発言ではないでしょうか。

Kaiser Matthius @Ryu_Yas0417
部活動、とりわけ運動部の活動の目的ってなんなんすかね。
Kaiser Matthius @Ryu_Yas0417
文科省によれば、「運動部活動は、学校教育活動の一環として、スポーツに興味と関心を持つ同好の児童生徒が、教員等の指導の下に、自発的・自主的にスポーツを行うものであり、より高い水準の技能や記録に挑戦する中で、スポーツの楽しさや喜びを味わい、学校生活に豊かさをもたらす意義を有している→
Kaiser Matthius @Ryu_Yas0417
(承前)また、運動部活動は児童生徒が体育の授業で体験し、興味・関心を持った運動を更に深く体験するとともに、授業で身に付けた技能等を発展・充実させることができるものであり、逆に、部活動での成果を体育の授業で生かし、他の生徒にも広めていくこともできるものである。→
Kaiser Matthius @Ryu_Yas0417
(承前)さらに、運動部活動は、自主的に自分の好きな運動に参加することにより、体育の授業に加えて、スポーツに生涯親しむ能力や態度を育てる効果を有しており、あわせて、体力の向上や健康の増進を一層図るものである。その上、学級や学年を離れて生徒が活動を組織し展開することにより、→
Kaiser Matthius @Ryu_Yas0417
(承前)生徒の自主性、協調性、責任感、連帯感などを育成し、仲間や教師(顧問)と密接に触れ合う場としても大きな意義を有するものである。→
Kaiser Matthius @Ryu_Yas0417
(承前)このように、運動部活動は生徒のスポーツ活動と人間形成を支援するものであることはもとより、その適切な運営は、生徒の明るい学校生活を一層保障するとともに、生徒や保護者の学校への信頼感をより高め、さらには学校の一体感の醸成にもつながるものである」とのこと。
Kaiser Matthius @Ryu_Yas0417
さらに文科省は運動部の活動の課題として、 「運動部活動は、自発的・自主的活動として、児童生徒のバランスの取れた生活や成長に支障を来すことのないよう展開されるべきである。このため、→
Kaiser Matthius @Ryu_Yas0417
1) 生徒の個性の尊重と柔軟な運営に留意するとともに、児童生徒の参加が強制にわたることのないようにすること、 2) 学校週5日制の趣旨も踏まえて休養日を適切に設定するとともに、練習時間を適切なものとするように留意すること、 →
Kaiser Matthius @Ryu_Yas0417
3) 外部の指導者や諸機関を利用するなどにより、必要に応じてスポーツ医・科学に関する情報を活用すること」 と述べている。
Kaiser Matthius @Ryu_Yas0417
そして、私が文科省の考えとして重要に思うのが以下の記述である。 「運動部活動は、対外試合等を通じ、他校の児童生徒との交流のきっかけとなるものでもある。→
Kaiser Matthius @Ryu_Yas0417
(承前)特に、学校教育活動の一環として実施される学校体育大会は、日常の運動部活動の目標となる一方、試合や運営への参加を通じ、児童生徒間の幅広い交流ができる場として、大きな意義を有するものである。→
Kaiser Matthius @Ryu_Yas0417
(承前)なお、試合の勝利のみにこだわり過重な練習を強いる例も一部に見受けられ、関係者により是正の取組が進められているが、何より、指導者、学校、保護者のそれぞれにおいて子どもの心身の成長についての理解を深め、過重な練習が行われることのないよう留意することが重要である」
Kaiser Matthius @Ryu_Yas0417
私の職場の商圏で顧客のメインターゲットとなっている中学校があるのだけど、そこのハンドボール部はかなりの強豪で、各種大会で非常に良い成績を修めているとのこと。故に練習が物凄く激しい。それはまあ良いとして、問題は顧問に勝利至上主義的な言動が見られることだ。
Kaiser Matthius @Ryu_Yas0417
例えば「全国大会に優勝する」という目標を立てて邁進するというのは間違っていないし、大いに頑張ったらいいと思うのだけど、その中学校のハンドボール部の活動は、どうも目標と目的を履き間違えているんだよね。
Kaiser Matthius @Ryu_Yas0417
私が今の校舎に配属になって5年目なんだけど、そのハンドボール部の活動を見てきた結果、塾の先生からすれば、常軌を外していると言わざるを得ない。
Kaiser Matthius @Ryu_Yas0417
夏休みなんか、朝から晩まで練習練習。結果、うちの塾の生徒たち、くたくたになって勉強どころではない。だから、昼からの理社だけでなく、夜からの3教科ですら疲労のため欠席する生徒が続出。私は部活動の類はしてこなかったので、私の認識が間違っているのかもしれないが、やりすぎじゃないのか。
Kaiser Matthius @Ryu_Yas0417
今年、ハンドボール部の顧問が教頭先生になったそうで、新しい顧問に20代の女性体育教員が着任したのだが、この先生が前任者に輪をかけて勝利至上主義者らしくて、生徒たちから言動を聞いて唖然とした。
@niseusa
部活動楽しければいい派と勝利至上主義派は顧問がほとんど顔を出さない大学の部活動においても勝手に学生同士で対立するからな…。結局はある程度上達して勝たないと楽しくないので勝利至上主義に傾くわけだが、本来の目的を鑑みた時に、果たしてそれが正しいかどうか。
Kaiser Matthius @Ryu_Yas0417
今年の春期講習会での出来事。予想していたとはいえ、ハンドボール部所属の出席率が悪い。私は中3社会担当。時間割編成の都合上、中3社会の授業開始時間は16時に設定せざるを得なかった。案の定、他の部の生徒は部活を早退して授業に出席するが、ハンドボール部員は軒並み欠席。
Kaiser Matthius @Ryu_Yas0417
それで、生徒に「他の部みたいに早退はできないのか」と聞いてみたのだ。私自身生徒に無茶を言っているなと思いつつ、思わず言ってしまったのだ。すると返ってきた答えが凄かった。「顧問が大会に出たければ塾なんか行かずに勉強しろ」「塾で社会なんか勉強しても意味がない」
Kaiser Matthius @Ryu_Yas0417
@Ryu_Yas0417 生徒の発言部分に誤植があるので訂正する。正しくは 「顧問が『大会に出たければ塾なんか行かずに部活に出ろ』って言っている」 「『塾で社会なんか勉強しても意味がない』って顧問に言われた」
Kaiser Matthius @Ryu_Yas0417
@Ryu_Yas0417 この発言をした生徒は社会が苦手で、中3に進級した時に頑張って成績を上げようと、自ら保護者に言って私の中3社会の授業を取ってくれたのだ。本当に頑張り屋でな、この生徒には期待しているのだよ。でも、その矢先の春期講習会での出来事だったのだ。
Kaiser Matthius @Ryu_Yas0417
はい、今年一番の激怒でしたね。「塾で社会なんか勉強しても意味がない」ですって。完璧にこの学校の脳筋体育教員は、私にとっての敵に認定されました。殺意すら芽生えました。
Kaiser Matthius @Ryu_Yas0417
@Ryu_Yas0417 この時の生徒の苦渋に満ちた表情は忘れられない。
残りを読む(73)

コメント

言葉使い @tennteke 2015年8月3日
部活動てのはいろいろな要素があるんだけど、基本的に「まずゴールがあって、そこに到達するにはどうしたらいいか?次に出来るだけ短い期間で到達するにはどうしたらいいか、そして最短で到達するにはどうしたらいいか」という逆算の学習の場で、座学でよく言われる「勉強するとどういいことがあるんですか?」の逆。もちろんゴールのない部活もあるけど、ハンドボールなら「勝つ」というゴールがあるでしょう。
言葉使い @tennteke 2015年8月3日
建前としての「教育活動の一環としての部活動」てのは、その道のプロを育てるためのものではなく、目標や目的があって障害があって、その中でどう達成するかという思考回路を授業とは別の方面から学ぶものだし、勝利至上主義の顧問とどうやっていくかもテーマの一つだし、上手く折り合えなくても最終的に試合に負けてもそこから得られるものはあるでしょ、という位置づけでしょ。
言葉使い @tennteke 2015年8月3日
学校の学習てのは知識の吸収以外にも、同級生との関係、上級生下級生との関係、先生との関係から、自分の実力や進捗能力とか、上手くいかないごちゃごちゃした渦の中に放り込まれ「自分でなんとかしろ」という場で、なんとかなったら「良し」、なんともならなかったら「まぁしかたがないね」というジタバタ自体が存在理由で、イジメだって被害者のキャパを超えるほど酷くても「自分でなんとかしろ」という基本姿勢の内だから学校関係者は外部の価値観に想像が及ばなくてせいぜい隠蔽。
ずんどこべ @zundokobe 2015年8月3日
日本は、スポーツがこういう学校での部活と分離不可避になってんのがいかん
nekosencho @Neko_Sencho 2015年8月3日
そういう部活動優先、勉強とか塾とかおいとけみたいなのもあっていいと思うよ。ただ、スポーツで食っていくつもりの人、全人生をスポーツに賭けたい人以外むけに、楽しく部活動、勉強も両立な部活や、籍だけ置いといてたまに参加でもOKってのも作って、どれに入るかは本人の自由ってやってほしいよね
瑞樹 @mizuki_windlow 2015年8月3日
受験というゴールに突っ走るために時間を浪費してるのが塾の学習で、全国制覇というゴールに突っ走るために時間を浪費してるのが部活動。違いあがあるすれば、受験は先々”銭”になる公算が高いって所だけね
@niseusa 2015年8月4日
まとめを更新しました。
@niseusa 2015年8月4日
まとめを更新しました。
梅村直仙水 @777ume777 2015年8月5日
こうしたまとめが広まることによって、学校と塾のそれぞれに対する誤解や必要のない対立が減少していけば良いと思う。ありがたいことです。
Burdockflower-love @hHQ5jfQx2uZNAOy 2016年1月10日
子供の部活は、何もプロにさせるとか、そういう意味ではなくて、夢と目標を持たせる意味では良い事だと思います…その中で絶望や挫折も味わうかもわかりませんが…乗り越えて、這い上がって強くなり脱皮していくように感じさせられます…子供のやりたいと思うことに親は只併せていつてるだけでございます!時には絶望することもありますが、親は変わりに乗り越えでやれません!やはり自身のエネルギーを信じるしかありません…やりたい事をやらせてみればいかがでしょうか?バナナの絵!素晴らしいではございませんか…^ ^
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする