人間は長距離移動に特化した動物?人類は決して野生動物と比較してか弱い生物ではない、というお話

面白かった
298
人間は長距離移動に特化した動物?
Rootport◆月~金19:30YouTube配信してるよ @rootport

人類史の驚異は、出アフリカを繰り返したことだ。ジャワ原人や北京原人、ネアンデルタール人がそれぞれの地で現世人類に進化したのではない。アフリカで進化したホモ・サピエンスは、すでに世界中に広まっていた化石人類を追いかけるように生息域を広げた。それも、地質学的には一瞬といえる短期間で。

2016-01-31 11:20:26
Rootport◆月~金19:30YouTube配信してるよ @rootport

英国人冒険家ジョージ・ミーガンは、南米の南端からアラスカの北端まで3万kmを徒歩で踏破した。要した期間は、わずか7年だという。この話を聞くと、ヒトの仲間が繰り返しアフリカを旅立ち、毎回ほぼ一瞬で世界中に広まったこともうなずける。私たちの「歩く能力」がヒトの繁栄のいしずえになった。

2016-01-31 11:25:49
Rootport◆月~金19:30YouTube配信してるよ @rootport

他の類人猿は1日に数kmも移動しないのに対し、ヒトは1日に10km以上を毎日歩き続けることができる。私たちが当然だと思っている「歩く能力」は、じつはウサギの耳や犬の鼻、コウモリの耳と同様、進化の過程で手に入れた並外れた能力のようだ。他の身体能力を犠牲に、ヒトは歩けるようになった。

2016-01-31 11:29:58
Rootport◆月~金19:30YouTube配信してるよ @rootport

長距離を走ることにかけてはヒトは哺乳類のなかでも突出しており、2〜3時間で40kmを走破できる動物はほとんどいない。短距離走では馬のほうが速いが、馬が全力疾走できるのはせいぜい数分で、長時間のギャロップはできない。私たちの祖先は獲物を疲労させて狩る「持久狩猟」をしていたらしい。

2016-01-31 14:23:44
虚炉 @t_kyoro

飛脚ってどのくらいすごかったんだろう twitter.com/rootport/statu…

2016-01-31 14:26:07
Rootport◆月~金19:30YouTube配信してるよ @rootport

とくにヒトの膝のバネは精巧に進化しており、性能が良すぎて走る速さによって消費カロリーがほとんど変わらない。全力疾走なら話は別だが、持久走で同じ距離を走る場合、時速が速かろうが遅かろうが、消費カロリーはほとんど同じになってしまう。

2016-01-31 14:27:18
Rootport◆月~金19:30YouTube配信してるよ @rootport

現代人がランニングするのはもちろん、自転車やバイクに乗ったり、スポーツカーを好んだり、「風景が後ろに飛び去っていくこと」に快感を覚えるのは、アフリカの大地を走り回っていたころの名残りなのかもしれないな。

2016-01-31 14:33:30
Rootport◆月~金19:30YouTube配信してるよ @rootport

QT「チンパンジーやゴリラのアキレス腱は長さ1cmにも満たないが、ヒトのアキレス腱は通常10cm以上の長さがあって、非常に太く、走行中に身体が生み出す力学的エネルギーのほぼ35%を蓄積したり放出したりする」──ダニエル・E・リーバーマン『人体 600万年史』

2016-01-31 14:40:46
Rootport◆月~金19:30YouTube配信してるよ @rootport

QT「大きな大臀筋、項靭帯、大きな三半規管、短い足指といったいくつかの形質は、効率よく歩けるかどうかにはさほど影響を及ぼさず、もっぱら走るときに役に立つ。つまり、これらは走るための適応なのだ」──ダニエル・E・リーバーマン『人体 600万年史』

2016-01-31 14:47:53
Rootport◆月~金19:30YouTube配信してるよ @rootport

犬ぞりレースを見るかぎり、犬もかなり長距離を走れる動物のようだ。が、人間のように効率よく汗をかいて体温を下げることができない。ヒトは、アテネ五輪のような過酷な炎天下でもマラソンを走れる唯一の哺乳類だ。

2016-01-31 14:54:41
Rootport◆月~金19:30YouTube配信してるよ @rootport

この本めっちゃ面白いな。ヒトの手がいかに精密作業に向いているかを説明する段で、「これまでに石器を作って、それで動物の解体をしようとしたことのある人ならすぐに分かるだろうが」とかサラッと書いてあるんだけど、いやいや現代にそんな人ほとんどいねーから!

2016-01-31 14:58:19
mOxOn(駄文生成装置) @MOX_ON

二足歩行は、手を使う為と言うより、極限まで移動エネルギー消費を削減する為だった可能性もあるのか。 飛べない単一種としては、地球全土に広がれた理由の一つかも。 twitter.com/rootport/statu…

2016-01-31 23:30:43
β坴奧 @michinoku_H

んな訳ねーだろ俺そんな歩かねーぞと思ってあいほんのヘルスケア見たら今日だけで20km以上歩いてたでござる twitter.com/rootport/statu…

2016-01-31 23:32:03
お竹🍆🐟🍣♎️ @taketi

ヒトは持久力もそうだけど、両腕がフリーになったことによる投擲能力も見逃せないよね

2016-01-31 23:36:08
mori_TaQ @mori_taQ

へぇ~!ヒトって道具を使わないと動物の中で最弱の部類に入るらしいけど、身体能力で他の動物より勝ってる部分ってあったんだ! twitter.com/rootport/statu…

2016-02-01 00:35:57
89siki @89sikin

逆に捕食動物が居る地域から逃げるため、ってのも考えられるよな>RT 人の長距離力

2016-02-01 02:22:59
89siki @89sikin

他の野生動物と比べ何の取り柄も無いというわけでは無いんだよな、人間の頭脳以外の身体能力って

2016-02-01 02:27:12
Lion @RisingBUNNY

@rootport 今晩は。長距離(一晩で100キロほど移動)移動できる哺乳類では、脚を振り子のように動かして体幹の動きが少ない狼を想像するのですが、暑いところではリカオン等はどうなのでしょうか?ヒトのほうが長距離で有利なのでしょうか?

2016-02-01 02:58:09
最上和子 @walhallahlaw

へええ そうなんだ。ますます歩きを踊りのメインにしたくなった。 twitter.com/rootport/statu…

2016-02-01 07:40:48
脳はめちゃくちゃエネルギーを使う機関
Rootport◆月~金19:30YouTube配信してるよ @rootport

脳と腸はどちらも莫大なエネルギーを消費する器官だが、同体重の哺乳類に比べてヒトは腸が軽く、脳が重たい。道具を使って食べ物を刻んだりすり潰したりするようになった結果、消化に必要なエネルギーを節約できるようになり、腸が小さくなった。余ったエネルギーを脳の成長に回せるようになった。

2016-01-31 15:10:05
Rootport◆月~金19:30YouTube配信してるよ @rootport

たぶん、脳と腸の関係には正のフィードバック・ループが働いたのではないかな。脳が発達するほど、食品加工が巧みになり、消化に必要なエネルギーを減らせる。消化がラクになって腸が小さくなるほど、余ったエネルギーで脳を成長させられる。そして脳が発達して、ますます食品加工が上手くなる……

2016-01-31 15:13:08
Rootport◆月~金19:30YouTube配信してるよ @rootport

哺乳類のほとんどは牛乳を飲むとお腹を壊す。これは母乳に含まれる糖分を大人になると分解できなくなるからで、哺乳類を乳離れさせるのに必要だったと考えられる。が、ヒトは牧畜を発明したことで(アフリカ、中東、ヨーロッパのどこかで)大人になっても母乳を消化できるようになった。

2016-01-31 23:57:58
Rootport◆月~金19:30YouTube配信してるよ @rootport

今の日本人で牛乳を飲んでもお腹を壊さない人は、過去1万年少々のどこかで、アフリカか、中東か、ヨーロッパに暮らしていた祖先を持っていたことになる。

2016-01-31 23:59:04
残りを読む(24)

コメント

figaro @figaro136 2016年2月1日
地味に岩や高台などに登る能力も優れていますよね。木には登れても岩には登れないなんて事もないですし。高い移動能力を地形を選ばず発揮できるというのも人類が生息範囲を大きく広げられた要因ではないかと。
4
星五94体の地方妖怪 PGERA @PGERA_RX 2016年2月1日
人類の起源ってアフリカ単独起源説と各地での他の新人やらを吸収して誕生の二種類あるそうだが、やっぱ今は後者なんだろうか?クロマニヨン人とか唐突に消えるのがわりと納得行くんだが。後者だと。
1
星五94体の地方妖怪 PGERA @PGERA_RX 2016年2月1日
岩や高台に登る能力はネコ科なんかも凄いな。崖すら登れる山羊が多分トップだが。山の羊の名は伊達ではない
1
みっくす・じゅーす @mixjuice_100cc 2016年2月1日
>ホモ属のハンターに目をつけられた獲物は逃げても逃げても追いかけられるという地獄
36
言葉使い @tennteke 2016年2月1日
腕を振って歩くようになったのは、ヨーロッパで15世紀くらい、日本で19世紀中頃だっけ?
0
あいしー★ @aicm2 2016年2月1日
2,3時間に40km移動できる人間を訓練する時間をかければ動物もそれくらい移動できるようになるんじゃないのかな
3
delta16v @delta16v 2016年2月1日
馬は全力疾走しなければ40kmくらい軽く走りそうな気がしますが、どうなんでしょう。 こういう情報もありました。どっちがホントなの? "家畜場の長距離走の記録では、ロシアで成立した品種のドン種が24時間で284km(170マイル)を走ったというのがあります" http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1135358261
11
nekosencho @Neko_Sencho 2016年2月1日
とはいえ現代人だと10キロも歩けば足にまめができて動けなくなるというオチが(ソースはおいらw)
3
tomo3 @tomo84 2016年2月1日
二足歩行って四足歩行と比べて力学的にエネルギー効率がいいんだろうか?
0
tomo3 @tomo84 2016年2月1日
二足歩行って四足歩行と比べて力学的に効率がいいんだろうか?
0
じゃりねこは力をためている @jyaricat 2016年2月1日
ソースは覚えていないのですが、何かの書籍で、「昔、馬と人間とで持久走の実験をした。序盤は馬が勝っていたが、後半、馬が疲労で倒れたとき、人間ははるか前方を余裕で走っていた」というのを読んだ記憶があります。馬に騎手がいたかどうかは覚えていません……。
1
Mill=O=Wisp @millowisp 2016年2月1日
面白い。確かに長距離持久移動に関してはかなり秀でている。
0
マスクドとくがわ(ご注文はCOCOAですか?) @psymaris 2016年2月1日
知能、持久力、投擲…恐ろしすぎるわこんなモンスターと戦うの。しかもこの生物、一体を殺したら仲間が復讐に燃えてくるという…
12
birdtaka@毎日100のグラフを更新する裏道ランナー @birdtaka 2016年2月1日
これ、何の本を読んでるのか気になる。(ジャレド・ダイアモンドの著書だとは 思うけど。)
0
birdtaka@毎日100のグラフを更新する裏道ランナー @birdtaka 2016年2月1日
これ、何の本か気になる。(ジャレド・ダイアモンドの著書だとは思うけど。)
0
birdtaka@毎日100のグラフを更新する裏道ランナー @birdtaka 2016年2月1日
何の本か気になる。(ジャレド・ダイアモンドの著書だとは思うけど。)
0
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2016年2月1日
2〜3時間で40kmを走破している人間も全力疾走しているわけじゃないんじゃないかな(全力疾走なら100mを10秒)。
6
こざくらちひろ @C_Kozakura 2016年2月1日
モンゴル帝国のジャムチ(駅伝)は40kmごとに馬を乗り捨てるので、サラブレッドでもない限り馬なら40kmは走れます。狼は狩りのために一晩中でも走れるし、恐竜やその子孫である鳥類は哺乳類とは比べ物にならないほど優れた心肺機能を有しています。
20
こざくらちひろ @C_Kozakura 2016年2月1日
人が凄いのではなくて、人の祖先がアフリカの気候変動によって樹上生活を送っていた森からステップやサバンナに放り出され、丸腰でケモノから逃げ回らざるを得なかっただけの話です。
10
こざくらちひろ @C_Kozakura 2016年2月1日
ちなみに黒人がマラソン記録を独占していることについて、世界中の科学者が黒人とそれ以外の人種を医学的に調べ上げた結果、たった1つ、ふくらはぎの体積比が黒人だけ低かった。この違いこそが長距離走の速さの違いを生むという結論が数年前に出ています。
16
ええな@手洗いネコ🐽 @WATERMAN1996 2016年2月1日
人間の身体能力というのは、何か一つが突出したわけではない(脳は例外)ものの、幾つもの能力がそれなりに高いレベルでバランスしているという事と言えるね。ネコやサルほどではないが岩場や木に登れる、早くは走れないが長時間歩行できる、早くは泳げないが長距離を泳げる。
4
kadochika @kadochika 2016年2月1日
ビタミン合性能を失ったのは痛いがヒト以前の段階だから仕方ないね…
5
sukebenayaroudana @Sukebenayarouda 2016年2月2日
ここまで赤兎馬や千里馬が出てこないのは遺憾といわざるを得ない。
4
ワス @wsplus 2016年2月2日
日本人が海草消化できるのは、一時期海草以外食べるものがなくなって生き延びた人間だけが生存できた証しだろうか
3
ハドロン @hadoron1203 2016年2月2日
単純な長距離移動能力では鳥類にかなわないけどね。白鳥はあの巨体で1日1000km以上も飛翔することがあるし、アジサシは毎年4万kmを移動する個体も珍しくない。長距離移動能力は生存戦略の一つとして、一定のアドバンテージがあるんだろうな。
12
ゆ〜たん @Iutach 2016年2月2日
ちょっと前に「ヒトは食えるものの種類が異様に多い」と聞いた。きわめて多様な「毒」に耐性があるらしい。
18
あっきぃ。@いろいろつぶやくやつ @akkiy_ya 2016年2月2日
mixjuice_100cc ホモ・サピエンスからは逃れられない(宿命)
1
endersgame @endersgame3 2016年2月2日
結局ペース配分できる脳が重要なのでは
0
Rick=TKN @RickTKN 2016年2月2日
tomo84 位置エネルギー(二脚で立ち、バランスを崩して前方に倒れようとする力)も利用してるから効率良いのかも?
0
言葉使い @tennteke 2016年2月2日
tomo84 二足歩行は前に倒れる力を利用して進んでいて、四足歩行は安定した状態から進むというイメージがあります。
1
kartis56 @kartis56 2016年2月2日
ちなみに一番遠くまで歩いて行ったの結果は南米インディオだから、アフリカ人より南米インディオのほうがマラソンに強いはず
1
BIRD @BIRD_448 2016年2月2日
delta16v ttp://www.runners-wb.org/race/race01.htm サハラ砂漠+水以外の食料を自力で運ぶハンデつきで 250kmを19時間30分と言う記録が(途中で休む時間は計算しないルールなので有利ではあるが)
0
原 健二 @tamayosi 2016年2月2日
歩くのが体に良いのは、こういう理由もあるのだな。
0
平尾 由矢(パブリックエネミー) @astray000 2016年2月2日
FARCRY PRIMAL発売日決定記念カキコ(おせーよ
0
遊川恒星 @kouseiy 2016年2月2日
実に興味深い。この辺の可能性を、人間の走運動の構造から具体的に解き明かしたのがこの本。一読お勧め。 http://www.amazon.co.jp/dp/4062172984/ref=pdp_new_dp_review
0
島村鰐 @wani_shima 2016年2月2日
というか人よりデカくて強靭なサイズ持ちの動物が目立つんで忘れてるけど生物界全体、というかサルの仲間だけで見てもヒトってかなりの大型種で強い方の生き物のような気がする
13
まるりょう @Himagn01Maruryo 2016年2月3日
ヒトは哺乳類では最大クラスだよね。クジラとかキリンとかゾウとか、極端なやつらばかり有名だからあまりイメージないけど。
7
言葉使い @tennteke 2016年2月3日
平地を歩くのと山道を登るのとでは、足の使う部位が違うから話が違ってくる。有楽町から新宿まで歩くのは簡単だけど、難度中~高の山道は挫折した。動物で走るスピードが速い動物が高低行き交うわけでもないでしょう。
0
井水為史 @fh_wellwater 2016年2月3日
ヒトは投擲能力も高いぞー。遠方に正確にモノを投擲することにかけては抜きん出てる。
0
nekosencho @Neko_Sencho 2016年2月3日
ヒトがでかいってのは、最近の栄養状態ででかくなってるぶんがけっこうあるってのを忘れちゃいけないと思う。日本人は明治のころだと男性でも150cm台が普通、欧米でも今ほどでかいわけでもなかった
3
uchya_x @uchya_x 2016年2月3日
そして同じ持久狩猟型の狼をパートナー(犬)としているわけだから、このコンビって狩られる側にはかなり凶悪なのでは?
17
まるい りん @maruirin 2016年2月4日
面白い。皮下脂肪が多い分だけ極限状態になったときに(遭難や飢餓とか)女性が生き残る率が高い話は聞いた事がある。
1
和田名久司 @sysasico1 2016年2月4日
wsplus 消化が出来ても吸収は出来ないに等しいらしいですよ。 やはり火で調理したから人間に進化したという説が有力なんですかね。
0
城ヶ崎憲一 @slitknop 2016年9月21日
C_Kozakura 蛇足ながら補足すると、走るという動きは足の引き上げの連続運動なので体積の大きい重い足より体積が少なく軽い足の方が速く動かせるからだゾ。これは長距離・短距離関係ないゾ。
6
源八 @gen_pati 2017年2月6日
大型動物山ほど絶滅させてるからな人間。
0
ma08s@フォロー外からごめんなさい @bygzam_ma08s 2017年2月6日
陸伝いに歩いて移動するだけでなく、さらに海の向こうへ、星の彼方へと、今も果てしなく続いているのだと考えると、人類の「行けるところまで行こう」は、確かに大きな「能力(個性)」かも知れないな。
12
孤独犬ポチ @kodokuinu 2017年2月7日
ホモの魔の手からは逃れられない
0
Chariot @BLACK_RX_24 2017年2月7日
知能と器用さと投擲能力の組み合わせって狩猟するときに目茶苦茶有利だよな
0
こそ泥 @lv3_Thief 2017年2月7日
生理学者久保田競が挙げてた学説では「人間は獲物を追い、棲家に帰る持久走を行うために脳が発達した」と述べられている。居住地点があって、見知らぬ場所まで獲物を追い、そこから安全地帯に引き上げるという行動は哺乳類に新たな知性を拓いたのではなかろうか。
4
こそ泥 @lv3_Thief 2017年2月7日
二足歩行して道具を使ったから脳が発達した説は、それができる霊長類と人間の差を埋める理屈が必要なようだ。なお、人間は手や道具を使ってもそれほど脳が活動しないらしい。
1
こそ泥 @lv3_Thief 2017年2月7日
あと人間の脳はサルマネが上手だが、他の霊長類はサルマネが苦手らしい。入れ子構造の記憶や行動処理が得意なのも人間の大きな特徴だという。
1
ゴマすりクソバード@自由人 @animefigure3d 2017年4月9日
最後の牛乳消化のくだりは物事を単純化しすぎてる気がする。遺伝はそこまで単純な機構じゃない。
0
夕鳴@タウイタウイ泊地20夏イベ甲甲甲丙乙乙丙 @NHwrtg 2017年4月25日
乳糖不耐性に関しての考えは少し違う。哺乳類が不耐性になるのは消化する機会を失いその能力がなくなるからで、乳離云々は関係ない。飲まなくなるから消化できなくなる、が正しい。
0
あぶらな @ab_ra_na 2017年4月25日
けもフレでも少し触れられた、ヒトの踏破力
2
夕鳴@タウイタウイ泊地20夏イベ甲甲甲丙乙乙丙 @NHwrtg 2017年4月25日
その証拠に乳糖不耐性の個体でも飲み続ければ乳糖の消化ができるようになる可塑性が示されている。
0
キカイザー @kikaiser 2017年7月23日
実際にドクターストーンの世界になっとしても人間は逞しく生きられるんだな
0
urushid @urushid 2017年12月10日
人間の走力が動物界最強というのは誤りです。 人間よりも、イヌ科のほうが、はるかに長距離走に適しています。 現に、犬ぞりが42.195kmを1時間半で走った記録があります。 条件付きで言えば、人間の長距離走がイヌ科に勝てるのは、高温の熱帯・亜熱帯地域です。 イヌ科が高温の地域で走った場合、体温が上昇しすぎて走れなくなってしまいます。 また、意外にも馬や偶蹄目は長距離走には適していません。 時速10kmで10時間走り続けることはできますが、時速20kmを維持することはできません。
3
atlan @atlan1701 2018年2月15日
ジャパリバスが稼働しなければサーバルはどこまでついて行っただろう? って最後にみんな海岸に来てるからみんな移動出来るんだよな(飛ぶ奴に運んで貰ったのも居たけど)
0
にゃんたろ @nyantaroFX 2018年3月21日
コメントも含めて勉強になる
0
aaaaaa @pcqgp866 2018年4月18日
urushid 時速10kmでも東京マラソンを4時間ほどで完走できる。人間のランナーでも完走タイム4時間台が最多数派である。選りすぐりの名馬ならともかくごく普通の馬なら一流選手でなく平均的な人間と比較するのが当然。
1
青川龍樹 @pochacorodog 2018年4月26日
裸足だとどれくらい歩けるのだろうか。 どれだけ足の裏の皮が分厚くなろうと肉球や蹄には勝てない気がする。
0
両棲装〇戦闘車太郎 @d2N5Q4GciZtsa2e 2018年10月3日
鳥は、哺乳類に比較して単位体重単位時間あたり3倍のエネルギーを消費して6倍の速度を発揮し、結果的に単位距離あたりの消費カロリーを半分に抑えている特異例なので比較しない方が良い。 どうしても鳥に負けたくないならば、舗装路で自転車に乗れば勝てる。 単位体重単位時間あたりのエネルギー消費が半分で3倍の速度を発揮し、単位距離あたりの消費カロリーは実に1/6まで激減し、コレは鳥の1/3に該当する
0
Yu Yamaguchi @Yu_Yamaguchi_ 2019年4月5日
イヌ科が長距離走に強いという話、人間がイヌを狩りのパートナーに選んだ理由かもしれない。人間の狩りの基本戦術である長距離持久追跡についてこれる哺乳類はイヌ科だけだったのではないだろうか?
5
danaide5 @danaide5 6日前
レベルの低いまとめ。 日本では酷くマイナーだけど欧米や中東では「エンデュランス」という馬術競技がある。だいたい80km~160kmをアラブ馬で走破する。40kmのラップタイムは1時間30分程度。騎手乗せてしかもラップタイムでこれだから馬だけならマラソン1時間くらい余裕だわ。しかも中東でやったりするからな。気温も関係ない。狭い日本の常識でなに地球史語ってんだか。https://dubai.keizai.biz/headline/35/
0
08_Reader @08_Reader 6日前
ちなみにその記事のクウェートだが、2月から3月にかけての気温は15度から20度ほどでかなり快適。 対するアテネ五輪での気温は30度を越え、35度、最高で40度にも迫るほどだった。 中東ってイメージに反して冬はすごく冷え込むし、春先は日本の9月10月くらいの気温になるんだよ。
0
danaide5 @danaide5 6日前
↑9月にヨルダンでも世界大会やってるからそっちなら30度越えてるわ。タイムも変わらない。40度ならさすがに落ちるだろうけどそれは人間も同じ。 よく「人間は体温調節が~」とか言うやついるけど、馬の汗の量知らんのかねえ?
0
08_Reader @08_Reader 6日前
danaide5 調べてもいまいち出ないんだけど、それってヨルダンのどこで何時スタート?  クウェートは国土が平らで丘陵がないから全土が同じような気候だけど、ヨルダンは砂漠地帯を除くと地形に起伏があって、首都アンマンは一年通して東京と同じくらいだし。
0