10周年のSPコンテンツ!

家康と関東移封~ライバル封じ込めか、信頼できる部下を東国の要にしたのか?/そして「江戸改造」と利根川

6/19のNHK大河ドラマ「真田丸」で北条が滅亡、今後家康は根を張った東海・中部地方から関東に移り、江戸を築きます。そして直木賞候補に「家康、江戸を建てる」が選ばれました。自分も少しシビライぜーション脳、シムシティ脳なので、英雄たちの「都市建設」にも興味があり、特に利根川を東に動かすってスゲーと思ってはいましたが、詳細はしらないので、この機会に…そして、歴史クラスタでは「豊臣秀吉は、脅威の家康を牽制するために、代々の根拠地から、大禄ではあるが、旧敵地で田舎の関東に押し込めたのだ」という説への疑義や「そもそも江戸がススキの荒野、も権現様ageで盛り過ぎ」と言われています。この二つの個人的に興味深いテーマを合わせ技で。
歴史 豊臣秀吉 都市計画 大河ドラマ 近世史 戦国時代 真田丸 徳川家康 丸島和洋
66

ひとつ前の回の「真田丸」話から

ちょえ @choe1990
#真田丸 色々と見所あったけど、個人的に面白かったのは秀吉が家康に「関八州全部差し上げよう。その代わり三河を捨てて江戸へ移り住め」と伝えた所。この時点で江戸って何もないただの原っぱだからねえ。最終的な石高はものすごいとは言えこの時点では腸煮えくり返っただろうな。
まやや&充実 @mayaya_jujitsu
秀吉「北条の領地全て家康に任せよう。そして江戸に移れ。三河駿河はもういらんだろう?」秀吉は家康を信頼していたのか?警戒していたのか?と意見が分かれる関東転封だが、総大将に秀次、真田を徳川からはずす今回の流れからすると警戒の一連描写なのかも #真田丸
ヌシヌシ @idounushi2016
23話。江戸転封家康さん( ノД`)・・・連れションで云われたくはない・・・。丸の家康さんが天下取りを目指したのは案外この辺かも?と思ったり。そして二人ともちゃんと手は拭いて・・・(笑) #真田丸 #丸絵 pic.twitter.com/oKtGox5L7T
拡大
hiroshiSD #アベスガアソウにさようなら @hiroshiSD
秀吉は家康に関東をやらないで、誰か別のもっと信頼おけるやつを江戸に置いときゃよかったのではないだろうか? いやそうしたら江戸幕府が駿河幕府にかわっていただけかな? #真田丸
夢月葵@それでも共に行く @aoi_yumetsuki
この家康の関東移転の話。 秀吉が家康を信頼してるから、北条亡き後の関東の混乱を収められると考えていたという説もあるらしいね。 #真田丸
てれびのスキマ/戸部田 誠 @u5u
“官兵衛とは別に、信繁は家康の命令で非公式に氏政に会うというのはどうか。考証の先生たちの意見を踏まえ、プロデューサーが考えてくれた。では、なぜ家康は信繁に託したのか。そこからは僕の仕事”/(三谷幸喜のありふれた生活:805) asahi.com/articles/DA3S1…
丸島和洋 @kazumaru_cf
(三谷幸喜のありふれた生活:805)最新の歴史研究が支えに:朝日新聞デジタル asahi.com/articles/DA3S1… ここに三谷さんが書かれた内容がすべてです。それ以上、付け加えることは日曜にツイートした内容(登場人物を絞るというドラマの都合)以外にありません。
リンク 朝日新聞デジタル (三谷幸喜のありふれた生活:805)最新の歴史研究が支えに:朝日新聞デジタル 大河ドラマ「真田丸」。今週と来週は豊臣秀吉の小田原征伐。北条氏の滅亡をじっくり描いている。 今回は時代考証の話。「真田丸」には黒田基樹さん、平山優さん、丸島和洋さん、佐多芳彦さんという戦国史の専門家…
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan
必読(この二文字以外不要)。 / “(三谷幸喜のありふれた生活:805)最新の歴史研究が支えに:朝日新聞デジタル” htn.to/H4EJqBh
今週の回より
ut_ken @ut_ken
一応いうと、江戸はむしろ立地条件がいい。ただ、北条が関東全域を掌握するまでは紛争地帯の前線にあったので、その理由で東国の首都にはし難かった。秀吉が江戸を指定したのも東北への進軍の要衝でそれを任せるため #真田丸 #nhkbsp
擲弾兵 @tekidanhei
秀吉が家康に関東を与える際、小田原引き継ぎではなく江戸普請を命じたのは嫌がらせの意味もあったが、東日本の中枢都市として近い将来都市的に行き詰まる小田原よりも拡張性の高い江戸の地形に着目していたというのは贔屓の引き倒しだろうか? どうも秀吉の土建マニアぶりを見るとね・・・ #真田丸
しわすみ @s_w_s_m
ラスボス家康が人間的に素敵すぎる #真田丸
でるた @delta0401
あーそうかこの頃江戸が別に都会じゃないのか #真田丸
夢月葵@それでも共に行く @aoi_yumetsuki
昌幸「江戸ww 田舎ww」 家康「ぐぬぬ……大都市にする!」 本当に江戸は世界有数の大都市になります。 #真田丸
山本八重さん@会津問屋 @aizu_sniper_yae
徳川家康「江戸はすばらしいところです」 太田道灌「まあな」 #真田丸
ut_ken @ut_ken
@delta0401 俗説ほど辺境ではないすけど、関東の有力港町の一つぐらいでしたね。当時の江戸。あと江戸時代の江戸は大々的な埋め立てや河川の流れの変更工事をした後の。当時は江戸城の目の前が海だった
サイガ@ rebel in the rye @dobasidorui
家康が江戸に入ったときの地形と翌年にした工事です。 pic.twitter.com/EyuHN3p0T6
拡大
拡大
ut_ken @ut_ken
@tekidanhei どうも元々は、東北への進行の中継地点として重要だからこそ家康に任せたようですね。またそれまで発展しなかったのは、関東の紛争地帯の最前線だったからで、北条の関東統一でその憂いもなくなり、一気に東国の首都としての立地条件がよくなった
ut_ken @ut_ken
@s_w_s_m 関が原も大坂の陣も、家康が積極的に策謀したというより、数十年の地道な積み重ねと長生きの妥当な成果に対し、対立勢力の方から自爆したみたいなものだからなあ
貝殻虫 @crash_sunshine
#真田丸 羽柴がつきし天下餅を座ったまま食うのは、江戸とかいうド田舎に左遷されちゃってへこんでる徳川
ut_ken @ut_ken
「家康が辺鄙な東国に追いやられた」とよく言われますけど、史実ではむしろ大きな領地を与えて東国の抑えとして秀吉にかなり期待されていたとみた方が妥当な模様 #真田丸
青瀬✈️ @09242
そんな田舎だった江戸が今や大都会ですよ……。 江戸にあらずんば日本にあらずですよ……。
アリノリ @a_ri_no_ri
この天正18年に家康は関東へ移封されるが、江戸に半年以上いられたのは天正18~19年の間くらいで、天正20(文禄元年)~文禄元年は在名護屋、文禄2年からは在京が続き、実際のところ、ほとんど江戸にいない。#真田丸
残りを読む(76)

コメント

gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2016年6月20日
多すぎてリプライは略しますが各氏に多謝「誰でも編集可能」です /たぶんコメント欄が本番(予告)
言葉使い @tennteke 2016年6月20日
私のツイート、テーマと関係なくないですか?
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2016年6月20日
tennteke ああ、時々まぎれたりします。ちょっと見て修正しますね
見る専 @mirusen2222 2016年6月20日
あの場所は東国連中への抑えでもあるから、大大名クラスじゃないとむしろ難しかったのではと なので徳川が抜擢されたのは自然の流れといえば自然の流れ 家康ならやれる!って秀吉からの確かな信頼と思ってる それでも家康は仕事柄江戸にはあまり立ち寄れなかったそうなんで、必然的に江戸管理は秀忠や佐渡守になったけど 東国連中見張りつつ、江戸の大改革して江戸守ってた秀忠や佐渡守はもっとクローズアップしてもいい
トゥギャッターまとめ編集部 @tg_editor 2016年6月20日
こういう話はワクワクしますね!
はよ @hayohater 2016年6月20日
徳川にあんまり弱体化されるとパワーバランスがおかしくなるんでそれはそれで秀吉は避けたかったと思う。6割ぐらいは「江戸を本気で再開発すれば関八州・東国は治まるから頼む、それができそうなのは北条の親戚でもあったあんたぐらいしかいないんだ」と考えてたようにも。
ask @whirlpool 2016年6月20日
なお、東遷で付け替えられた先である下総北部では利根川の圧倒的水量と土砂により水害が頻発。土砂は香取鹿島両神宮を繋いでいた内海「香取海」をとうとう埋め立て、葦だらけの湿地帯「水郷」が誕生したという。
有芝まはる殿下。 / 𝕴.𝕳. 𝕸𝖆𝖍𝖆𝖑 𝕬𝖑𝖞𝖘𝖍𝖊𝖇𝖆 @Mahal 2016年6月20日
芝公園が古墳の跡であることを考えても江戸が不毛地帯だった訳はなく、どちらかというと城下の大規模水害を防ぐことが第一義だったようにも>利根東遷
BABA Motoharu @calc3 2016年6月20日
大幅加増で恩を売りしつつ、まだ不安定な関東東北へにらみを利かせつつ、敵に回すと最も厄介な男を地方へ遠ざけることができる妙手だったわけですね、秀吉にとっては。
Kawai_Yusuke @fiddler_K 2016年6月20日
当時江戸はど田舎だと思ってたけど、それはかなり盛ってる俗説だったのか
ろぼたま。 @Robo_Pitcher 2016年6月20日
小田原で陣没した堀秀政に秀吉は関東を任せる気だった…ってあの話は幕末の名将言行録がソースか。
はるを待ちかねた人でなし @hallow_haruwo 2016年6月20日
東海地方って強いまんまの台風ど直撃結構ある地域だし、そっちの治水でがっつり鍛えられたスタッフ・ノウハウもってったとかあるのかな?
もするさ§( •̀ᴗ•́) @mosurusa_0806 2016年6月21日
秀吉が本気で家康を捨てる気で居たら、渡島遠征とか琉球遠征で際限なき消耗に追いやるという選択肢もあったはず。
とっち.opanpon @totty2nd 2016年6月21日
名人久太郎が生きてたら、彼に割り当てる予定だったんだっけ?>関八州
水野修平 @mizunosyuhei 2016年6月22日
伊達政宗が降伏せずに滅亡に追い込まれていたら家康を旧伊達領に入れる構想があったらしいから、堀秀政云々もその時にもしかしたら構想の一つとしてあったのかも知れない。だが、実際は政宗は臣従し、堀は病没した。
すんすけ @tyuusyo 2016年6月22日
江戸が荒れ地で江戸城も掘っ立て小屋だった、という説は江戸中期の軍学者・大道寺友山の「岩淵夜話別集」に出てくる話です。「(江戸を見た)諸人手ヲ打テ是ハイカニト驚ク、子細ハ、其時マデハ、東ノ方平地ノ分ハ、爰(ここ)モカシコモ汐入ノ芦原ニテ、町屋、侍屋敷ヲ十町ト割付へキ様モナク、さて又西南ノ方ハビヤウビヤウと萱原武蔵野へツヅキ、ドコヲシマリト云ヘキ様モナシ」と書かれています
すんすけ @tyuusyo 2016年6月22日
「江戸を見た人々はみんな手を打って『これはひどい』と言った。なぜかといえば、この時までは東の方はどこもかしこも入江でアシ原が広がっているばかり、町家も武家屋敷も作りようがない、西南の方もだだっ広い武蔵野の荒れ地ばかりで果てもしれない」と言う意味でしょうか
すんすけ @tyuusyo 2016年6月22日
なお、現代の考証では「いや、岩淵夜話別集は誇張であって品川湊の方はそれなりに町家はあったよ」「現在の銀座付近は江戸前島と言って鎌倉円覚寺が経営する市場があって『なんでも売ってる』と言われたからそれなりに繁栄していたよ」ということだそうです
muramasa @muramasa931 2016年6月22日
hallow_haruwo 信玄堤を作ったり、金山堀まくっていた旧武田家臣のテクノクラート(大久保長安ら)を大勢召抱えていたので彼らをフル活用したのではないでしょうか。
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2016年6月22日
muramasa931 またフィクションの話をするのもアレですが、武田の金堀り衆が、甲斐の金山の枯渇を見越して、その土木技術を生かした工兵の傭兵軍団になるという「ムカデ戦旗」は傑作でした
はるを待ちかねた人でなし @hallow_haruwo 2016年6月22日
muramasa931 山梨県立博物館 調査・研究報告10.甲斐の治水・利水技術と環境の変化 http://goo.gl/1wDP1N なるほどと思って検索したらこういったものが。まだざっと読みですが、時代的に重ならずこのまとめとは結び付けられないかもですが、甲斐国からの治水・利水技術の変遷や伝播についても書かれていて面白そうな内容です。
はるを待ちかねた人でなし @hallow_haruwo 2016年6月22日
しっかし、このまとめきっかけで伝統的治水工法とかおもわず検索しちゃったが、重機もなしで昔の人はすげぇなぁ(小並感
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2016年6月30日
BSプレミアムで「英雄たちの選択」つう番組やっていますが、磯田道史が司会の本格番組ながら「封じ込め」論は大前提になってますね、公式サイトでも。再放送も7日朝にあり。
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2016年7月1日
資料として保存 /英雄たちの選択 シリーズ“政権誕生の地”「なぜ家康は江戸を選んだのか?」  2020年の五輪開催が決定し、今も発展を続ける東京。だが徳川家康が入国した当時の江戸は沼地ばかりの寒村に過ぎなかった。なぜ家康は江戸を選んだのか、その謎に迫る。 http://www4.nhk.or.jp/heroes/x/2016-06-30/10/4912/2473043/
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2016年7月1日
(続き) 天正18年家康は東海5か国から関東8か国に移封される。小田原合戦の後、関白・豊臣秀吉に命じられたためだ。論功行賞と称して実は家康の力を恐れる秀吉が封じ込めたのだ。この時、新たな領国支配の拠点として家康には3つの選択肢があった。難攻不落で名高い後北条氏の居城のある「小田原」か、武家の古都「鎌倉」か、それとも田舎町「江戸」か。家臣たちの予想に反し、天下統一の野心を抱く家康が選んだのは「江戸」だった。 【司会】磯田道史,渡邊佐和子
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする