『この世界の片隅に』弾薬雑考その2(機銃掃射の弾薬)

『この世界の片隅に』に登場する日米の弾薬についての解説です。第ニ回目は機銃掃射で撃ち込まれた弾薬と作中での表現について。
軍事 アメリカ軍 武具・兵器史 この世界の片隅に 機銃掃射 弾薬 空襲
216
たまや @tamaya8901
今日は、すずさんが狙われた機銃掃射の弾薬について解説してみたい。 #この世界の片隅に pic.twitter.com/8SKzTmiF2A
 拡大
たまや @tamaya8901
米軍機に銃撃を受けた後、側溝に退避したシーンで、路面に空いた大きないくつもの穴に気が付いただろうか?「鉄砲のタマごときでそんなオーバーな・・・」と思われた方もいるかもしれない。
たまや @tamaya8901
だが、米軍機の機銃掃射で撃ち込まれた銃弾は、多くが12.7mm機銃弾で、弾丸はこのような大きさがある。長さ約6cm、直径約13mm。重さはM2徹甲弾なら46gくらい。人間に当たれば、痛いじゃ済まない。 pic.twitter.com/jy9k2vNV56
 拡大
たまや @tamaya8901
撃つ前の薬莢と組み合わされている状態はこんな感じ。上段が普通弾、中段が徹甲弾、下段がこれらを連結してベルト状にするための鉄の連環。銃撃直後は、薬莢や連環も空からバラバラ降ってくる。瓦屋根だと、それで破損することもある。 pic.twitter.com/0IldOBAleC
 拡大
たまや @tamaya8901
そして、当時米軍が使っていた12.7mm弾にはこれだけ種類がある。外形はほとんど同じなので、先端に塗った色で弾種を識別する。 pic.twitter.com/XgcIxOI7L3
 拡大
たまや @tamaya8901
M2徹甲弾は装甲目標に対して使用し、芯にタングステンクロム鋼又はマンガンモリブデン鋼製の弾身があって、頭部に硬鉛填実物を入れ、丹銅被甲で被った構造となっている。装甲貫通能力は、500mで19mm、1200mで10mm。 pic.twitter.com/Nqm6Kc6mow
 拡大
たまや @tamaya8901
M2普通弾は、芯が鋼鉄であるため、徹甲弾ほどではないが、やはりそれなりに貫通力があって、普通の家や自動車くらいなら難なく撃ち抜く。人体など、言うまでもない。 pic.twitter.com/VEtwJrTupQ
 拡大
たまや @tamaya8901
曳光弾は弾道の修正用で、5発に1発くらいの割合で入っている。実例を見ると、空襲で使われたのはM10曳光弾が多いようだ。 pic.twitter.com/zx20ozopBm
 拡大
たまや @tamaya8901
さらに厄介なのは、M1焼夷弾やM8徹甲焼夷弾などの炸裂弾だ。これらは、標的命中時の衝撃で中に入っている焼夷剤が爆裂発火し、可燃物を燃焼させるもので、空襲ではかなりの頻度で使われている。 pic.twitter.com/yXuWALEhnq
 拡大
たまや @tamaya8901
参考の例をあげると、茨城県小美玉市での発掘調査で見つかった12.7mm機銃弾を識別したら、このように半数強がM1焼夷弾とM8徹甲焼夷弾だった。 pic.twitter.com/EUXo6Kyu7C
 拡大
たまや @tamaya8901
信管もついていないのに爆発?と思われるかもしれないが、花火の一種のカンシャク玉などは硬い所に叩きつければ爆発する。大雑把に言えば、あれの極めて強力かつ凶悪なものだと思ってもらえばいい。
たまや @tamaya8901
これら焼夷系の弾は、特に航空機を狙う場合に燃料タンクに着火させることができるので、大きな威力を発揮する。
たまや @tamaya8901
硬い地面に当たって爆発すれば当然大きな穴が開くし、非炸裂弾だとしてもかなりの運動エネルギーがあるので、やっぱり大きな穴が開く。なので、あの表現は決して誇張ではない。
たまや @tamaya8901
さらにもう一つ。炸裂弾が爆発すると、強烈な閃光を発する。よくある米軍機のガンカメラの映像でも着弾点でチカチカ白っぽい点滅が映っているが、それがまさにその爆発の瞬間をとらえている。 pic.twitter.com/OZ3UrryvfX
 拡大
たまや @tamaya8901
例えばこの映像の6:48~7:15あたりが分かりやすい。8:15では命中して日本軍機が発火する瞬間が映っており、その効果が確認できる。youtube.com/watch?v=826XI0…
 拡大
たまや @tamaya8901
そして爆発した後の弾丸は、こんなふうに被甲がべろんと外側に向かってめくれたようになる。(長野県立歴史館展示のM8徹甲焼夷弾の例) pic.twitter.com/htH6tng1OO
 拡大
 拡大
たまや @tamaya8901
そこで、今一度「この世界の片隅に」の銃撃シーンを見なおしてほしい。パイロットの視点から見える着弾点のカット。お分かりになっただろうか・・・?いくつもの土煙が上がっている中に焼夷系弾丸の爆発閃光が描き込まれているのが。
たまや @tamaya8901
土煙は薄茶色、閃光は黄橙色なのでなかなか分かりにくいのだが、これから見る人はぜひ目を凝らしてほしい。
たまや @tamaya8901
なお、M8徹甲焼夷弾やM1焼夷弾に入っているIM11焼夷剤は、硝酸バリウム50%・マグナリウム(マグネシウム50%・アルミ50%合金)50%の混合物なので、マグネシウムの炎色反応により、実際は少し紫がかって見えるのだが、土煙を透過して色調が変わって見えたと理解したい。
たまや @tamaya8901
焼夷系の弾の閃光が紫がかっていると書いたけど、 動画を見ると殆ど橙だな・・・。 どうも、あれでいいっぽいです。 youtube.com/watch?v=YG0kLv…
 拡大
メラーノ@竹の会1.5~6Vショー出店 @samuhara
祖父が昔よく地元の空襲の話をしてくれたのだが、それがこの機銃掃射に使われた焼夷弾の効果によるもので、1、2発食らった民家が燃え出し、火災が燃えうつり三軒ほど全焼したというのだ。なんのことはない、商店街沿いの普通の民家である。このようにして呆気なく日常生活は失われていった。
たまや @tamaya8901
焼夷系弾丸が実際に呉空襲で使われたことが分かる実物資料としては、大和ミュージアムに展示されているM1焼夷弾の例がある。これは、昭和20年7月28日、呉在泊艦艇を襲撃したB24爆撃機が撃墜され、その予備弾倉から回収されたもので、先端の水色の識別色がよく残っている。 pic.twitter.com/G71Ep4jGKW
 拡大
たまや @tamaya8901
大和ミュージアムに展示中の、12,7mm M1焼夷弾。 以前撮ったカラーの写真をようやく見つけた。 pic.twitter.com/4gounwOcDw
 拡大
 拡大
たまや @tamaya8901
このように、実際の機銃掃射の遺物として焼夷系弾丸が伝えられている事例は全国に多いが、気を付けてほしいのは、取り扱いを誤ると今でも爆発するおそれがあるということ。
たまや @tamaya8901
特に、ハンマーなどで強打したり、切断して中を調べたり、火で炙ったりすることは、大変危険だ。戦後、機銃弾で遊んでいて手指を吹っ飛ばした子供の話があるが、それは十中八九こうした弾丸によるものだと考えられる。
残りを読む(5)

コメント

ボトルネック @BNMetro 2016年11月24日
もうこの辺まで行くと、原作以上って言いたくなるなあ。特にこだわらなくても映画としては十二分な評価を受ける部分までこだわるとは…
てつまよしとう @godspeedtetsuma 2016年11月24日
弾頭が鉛に銅ではなく鉄芯なのは知らなかった(^-^;
s_doi @s_do_i 2016年11月25日
さすがだなあ。
すめらみこといやさか🍮🏹🏡💏🇬🇧🍇🍲🍙🐺🦉🌞🌛🇯🇵⛩️🎌 @sorarisu0088 2016年11月25日
片淵監督がミリタリーに詳しい人であるからこそのリアリティ。反戦反戦と口やかましく騒がなくても、「この世界の片隅に」の空襲シーンを見るだけで戦争の恐ろしさと惨さがイヤと言うほどわかる。僕は実際、劇中涙が出るほど怖かったし、頼むからもうやめてくれ!と叫びたいくらいだった。そしてその地獄みたいな時代を生き抜いてきた僕らの祖父母の世代に対する、静かな尊敬の念が沸いてくる。
rti @super_rti 2016年11月25日
考察がすごいのと、こんなの武器を持たない民間人に打ち込むなよと、今の感覚では思ってしまうが、当時はそういう狂った時代のイカれた戦争だったんだなと思った。
nekosencho @Neko_Sencho 2016年11月25日
なんでこう反戦をいやがる人がいるんだろうね。戦争なんて普通だれでもいやじゃん。
nekosencho @Neko_Sencho 2016年11月25日
ちなみに米軍12.7mmって、トリビアで日本刀と対決した(5~6発でへし折った)のがたしかこれ。 どの弾丸使ってたかは不明
hamp@横浜山中 @32hamp 2016年11月25日
というか、機銃って聞くと小さく感じるかも知れないけど、例の「非人道過ぎるので人間に向けて撃っちゃダメ」って事で、一般名称もそれに合わせて決められた「アンチマテリアルライフル」と同じ50口径ですからね……
珈琲中毒 @_Coffee_Junkie 2016年11月25日
今は航空機だと20mmが普通な気がする。20mmなんて当たらなくても至近弾で腕がもげる足が飛ぶの世界で。12.7mmは陸上で装甲車に設置されたり、戦車の同軸機銃に使われている。なんだ戦車でなけりゃ楽勝じゃん…と思うかもしれないけど、12.7mmがクリーンヒットしたら2km先の人間ミンチにできますからな。しかも安定した銃架に据えられ、生身では到底運べないような照準器や暗視装置まで持ってるわけで。「お前あの装甲車潰してこい」って携行ロケット渡されたら、もうお前死んでこいとほぼ同義
珈琲中毒 @_Coffee_Junkie 2016年11月25日
20mmだと土塀は2~3m程度では止まらず、それこそ河原の土手くらいでもないと壁ごと「耕される」。さらに世の中には30mm抱えて飛んでくる鬼畜マシーンもありまして…あ、例のコピペはいいですすみません
はらぺこプリマス@5/26めろん畑代代代 @Plymouth760 2016年11月25日
機銃掃射の弾種まで考証されて描かれていたのかよ…
nekosencho @Neko_Sencho 2016年11月25日
口径だけでぐだぐだ言ってもあんまし意味はない。 たとえばダーティハリーで有名な44マグナムは口径約11mmだが、威力は12.7mm機銃弾どころか7.7mm弾にもはるかに及ばない。機関砲同士でも零戦の99式20mmとF15のM61バルカン砲20mmでは初速がほぼ倍(運動エネルギーでは3~4倍)とまるで違ってくる
nekosencho @Neko_Sencho 2016年11月25日
銃や弾丸の型式でずいぶん変わってくる、だから映画のスタッフもマメに考証したんだろうしね。
珈琲中毒 @_Coffee_Junkie 2016年11月25日
さすがに拳銃と小銃と機関銃と機関砲をごっちゃで口径だけ比べるのは無理が…12.7mmも20mmも機関銃(砲)の話なので拳銃や小銃は関係ない、対物ライフルは面倒くさいので触れない
珈琲中毒 @_Coffee_Junkie 2016年11月25日
現代に99式のションベン弾抱えて襲ってくる事態を考慮する必要は無いし、1945年にM61が存在している訳もないので、イチャモンつけるにしてももう少し考えて頂きたいところ。まあミリオタのマウンティングの取り合いが始まる時は大抵こんな感じ
いへうこ(゜ロ゜) @koheeeeeei 2016年11月25日
super_rti 今もシリアとかでやってるよ残念ながら
K3@FGO残2.3 @K3flick 2016年11月25日
空襲のシーン容赦なく描いてたよね・・・
BigHopeClasic @BigHopeClasic 2016年11月25日
super_rti 今でもイラクでは、「テロリストと誤認された一般市民」に対して、米軍が一発当たれば全身がミンチになる大口径機銃弾をぶち込んでますけどね。wikileaksでバラされて大問題になったやつ。http://ima-ikiteiruhushigi.cocolog-nifty.com/iraq/2010/04/2007-eb94.html
ぱんてる @pantel2f 2016年11月25日
戦争って戦う人がケダモノになっちゃうもんだからね!本土空襲の米戦闘機など戦う相手が居ないと民間人や住宅まで銃撃するのも戦意が有り余ってるのと敵への憎悪が元だろうと思う。自分の祖父が銃撃受けて伏せた1m先の地面にめり込んだ銃弾ってのが今もウチにあるけど!
都筑隼人@車庫キャン⛺!で通常運行中♪ @tuzukihayato 2016年11月25日
こんなんで撃たれたら人間なんて木っ端微塵じゃないか。 本気で戦争怖い。
匿名希・望 @Ntokunaki 2016年11月25日
これでも航空機銃としては力不足では?と当時言われていて重爆相手用により大型の機銃も開発中であった。 結局、紙装甲の日本機がメインの相手だったので大戦中はこれで押し通したのである。
梅村直仙水 @777ume777 2016年11月25日
。。。(兵器のそれはそれは恐ろしい工夫と「実質を“主観からの実感”に模するための表現」の素晴らしさ
rti @super_rti 2016年11月25日
koheeeeeei 現代だとなるべく民間人は狙わないようにしているじゃない。誤爆はあるけど。民間人ごと根こそぎ死滅させるのが最も簡単だし統治も楽なんだろうけど、あえてそれをしない。それは戦力差から余裕なのか、最低限の建前なのか。なんにせよ、大きな前進だと思う。
大石陽@聖マルク @stmark_309 2016年11月25日
super_rti 別に当時も作戦としては民間人が目標なわけじゃないんで……。
Masa @mhottest 2016年11月25日
隼や飛燕は12.7mm(と7.7mm)積んでたから、戦後使われるようになったってのはちょっと違うような。
kartis56 @kartis56 2016年11月25日
航空機搭載機銃だからこの程度ですむわけで、こういう飛行機を迎え撃つ艦載機銃や機関砲は数も多いし威力もでかい。そういうのに爆弾抱えて突っ込んでくのとか本当に無理
ポポイ @popoi 2016年11月25日
super_rti ワザワザ病院だのマスコミの施設だの狙う事例も有る模様です。爆竹鳴らした結婚式場とかも。#アメリカ #イスラエル #シリア
ポポイ @popoi 2016年11月25日
sorarisu0088 「せやな」(重慶市民)「…………」(南京市民)
亜山 雪 @ayamasets 2016年11月25日
あんまり関係ないけどブローニングM2(12.7mm)なら東南アジアの某国で観光客向けの射撃体験場があるよ。でもあれ弱装弾っぽかったなー。雰囲気は体験できる、標的が粉々になる。
珈琲中毒 @_Coffee_Junkie 2016年11月25日
撃ってみたいなあそれ…ヘリから(待て)
PMFむつらぼしΣ @MiyaPPOTEZ540 2016年11月25日
このこだわりぶりは、そもそも火垂るの墓の機銃掃射シーンが豆鉄砲の跳ねるような軽さで表現されていたのに異を唱えた片渕監督が画面構成を担当した「うしろの正面だあれ」でF6Fのすさまじい威力の機銃掃射シーンを入れた所にルーツがあって今回もその延長線上にありますね> 「いいか? 3メートルだからね! 音速の衝撃だからね!」 参考>β運動の岸辺で第49回 http://style.fm/as/05_column/katabuchi/katabuchi_049.shtml
🏳️‍🌈K🎸🎷🎺🎹🎶(っ'-')╮ =͟͟͞͞ 🥚 @k2gtr 2016年11月25日
機銃掃射シーンが怖いのはこの拘りの成果か。リアルな恐怖をすずさんと一緒に体験してるんだ・・・
Yoshiteru Kawai @yoshikun2009 2016年11月25日
いまだとアメリカの基地でのんびりピザとコーラ片手にイラクやシリアで無人兵器操作してこれやってるんだよな。
くどりゃふか・こすも @Kudryavka_kosmo 2016年11月25日
yoshikun2009 機銃は積んでないからセーフ(ザ・クソリプ)
大盛りアジフライ定食 @87_tomato 2016年11月25日
「危ない弾かどうかは、下記のような特徴から見ていけば、よほど破損が激しくないかぎり大体識別できるはずなので、ご参考に」←お、おう。トーシロの私には違いがよくわからなかった。
おいちゃん @semispatha 2016年11月25日
ホントにこだわっているからなあ。原作者より掘り下げてるし。
たまや @tamaya8901 2016年11月25日
まとめを更新しました。
cinefuk 🌀 @cinefuk 2016年11月26日
スペック厨だった小学生の頃は「零戦は20mmなのに米軍機は12.7mmwww」と思っていたが、大人になって #50cal.の威力を知って震えた https://www.youtube.com/watch?v=yuZ5VrLQ1ek 米軍が絶対の信頼感をおく訳だよ(信仰に近い)
ポポイ @popoi 2016年11月26日
sorarisu0088 マジレスしますと、言うべきは反戦より反侵略です。日中戦争当時、現地の惨禍を、日本で提灯行列してた人は一顧だにしなかった筈です。
ポポイ @popoi 2016年11月26日
斯様な無残は、例えば現在の欧米でも。故に、テロリストの動機の一環になるやもですね。「判らないなら教えてやろう」と。
ハドロン @hadoron1203 2016年11月26日
そりゃあなぁ、単三電池の重さを倍くらいにした硬い物体が、音速の2.5倍で突っ込んでくるんやからな。危ないなんてもんじゃない。
かおり @Raichi_sg 2016年11月26日
私の全く知らない部分を補完してくれる、ありがたきかなSNS。明日また観るので目をこらそう。
Simon_Sin @Simon_Sin 2016年11月27日
ピストルは初速が秒速300m/秒で運動エネルギーは500ジュールくらい。小銃は秒速900m、エネルギーは2000ジュールくらい。でも航空機関砲は初速は小銃と同じでも弾頭が重いのでエネルギーは17000ジュールを超える。当たったら死ぬ。当たらなくても死ぬかもだ。
× 暑いにゃ @cv45ValleyForge 2016年11月27日
弾頭じゃなくて弾薬(薬莢)のサイズを威力としてイメージすると良いと思う。
taka @Vietnum 2016年11月27日
戦争は悲惨だし怖いから絶対にダメって思うけど、そういうのが通用しない中国とか北朝鮮みたいな狂人国がすぐそばにあって、しかもどっちも好戦的で、ロケットを日本方面に向けて打ったり爆撃機で日本の上空を旋回してる以上、もしも戦争が起こったときに祖国を守れるような装備や訓練をしておかないとダメなことは子供でも分かるし、そういうときに他国に協力を求めても拒否されないように、いまから自衛隊が協力すべきなのも理解すべきやね。 民進党や共産党といった中国礼賛の反日党員は頭がサヨクってるから無理なんだろうけど。
ポポイ @popoi 2016年11月30日
Vietnum そういう「狂人国」が、僅か数十年前の日本や、今の同盟国である米やイスラエルでも、あるわけでして……w
ポポイ @popoi 2016年11月30日
「侵略」てのは往々にして、「国防」を口実に行われるんだよね。「それがこの国の正体かね」 #この世界の片隅に
hellcatcart@リンガ泊地 @hellcatcart 2017年4月2日
popoi そら自国領を戦場にしたくない、で敵国の継戦意思を解除するにはさらなる進撃が必要と
ポポイ @popoi 2017年4月2日
hellcatcart とりあえず、当時の日本が国際連盟を出る羽目になった理由を考えて御覧なさい。
koji hasegawa @myfavoritescene 2018年8月5日
自分は母親に聞かされていたけど、この世界の片隅にで初めて機銃掃射があったことを知った人も多いんでは。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする