10周年のSPコンテンツ!

【文法短編】第一話 ドイツ語の時制について

皆さま、英語には親しんでいる期間が長いかと思われますが、その基準を持ってドイツ語学習に臨まれるとびっくりすることもままあります。今回はそんなお話を創作してみました。
ログ 創作 ドイツ語 文法 語学たん
14
ドイツ語学ドイツ文学たん @germanist_tan
【ドイツ語の時制について】 ある日の昼下がり。 中の人「出かけてくる」 独語独文「どちらへ?」 中の人「町内会だ。実験の成果について説明してくる」 独語独文「いってらっしゃいませ」 独語独文「私も出かけるか。今週はまだカフェに顔を出してないし」
ドイツ語学ドイツ文学たん @germanist_tan
カフェにて。 独語独文「一杯のコーヒーと、暖かな秋の日差しと、一冊の良書。こんな幸せな組み合わせが他にそうあるだろうか?」 ミツ「あ、ディーくん!」 独語独文「おや、ミツさん」 ミツ「 Guten Tag! 」 独語独文「 Guten Tag. しかし、私をそう呼ぶのは少し控えてもらえませんか」
ドイツ語学ドイツ文学たん @germanist_tan
独語独文「私にはドイツ語学ドイツ文学たんという名前が・・・」 ミツ「だってそれ長いんだもん」 独語独文「そうではありますが・・・」 ミツ「今週はいつ来るかなと思ってたんだけど、ようやく来た。中の人は今日一緒じゃないんだ」 独語独文「町内会にいってますよ」 ミツ「そうなんだ」
ドイツ語学ドイツ文学たん @germanist_tan
独語独文「それで、今日はどうしました?」 ミツ「ドイツ語の文法の質問があるんだけど」 独語独文「ああ、そういえば今期から大学の第二外国語で履修したんでしたね。どうしました?」 ミツ「ドイツ語に現在進行形ってあるの?」 独語独文「ないんですよ。これが」
ドイツ語学ドイツ文学たん @germanist_tan
ミツ「え、じゃあ、英語みたいに『いまわたしは〜してるところです』っていう表現はないの?」 独語独文「あるにはありますよ。まず、ドイツ語の現在形は英語でいう現在形と現在進行形を兼ねています。『〜する』と『〜しているところです』の文法的な区別はありません」
ドイツ語学ドイツ文学たん @germanist_tan
ミツ「でもさっき、『あるにはある』って言ってたよね? どういうことなの?」 独語独文「タイミングを示す単語と組み合わせて文を作って、時間的なものを表すんですよ」 ミツ「例えば?」
ドイツ語学ドイツ文学たん @germanist_tan
独語独文「電話をかけたら間違えた番号にかかってしまったとしましょう。間違いに気がついたあと、 „Entschuldigung. Mit wem spreche ich jetzt gerade?“ (すいません。わたしはいま誰と話しているんでしょうか?) などと言ったとしましょう。 この jetzt grade は『今まさしく』という語です」
ドイツ語学ドイツ文学たん @germanist_tan
ミツ「ああ、なるほど。 “Ich spreche Deutsch.” (わたしはドイツ語を話します)と同じ動詞 sprechen (話す)が使われてるけど、今どうなのかが強調されるんだ」 独語独文「その通りですよ」 ミツ「じゃあ英語の現在完了形みたいなのはあるの?」 独語独文「厳密に言うと、ないんですよ。これが」
ドイツ語学ドイツ文学たん @germanist_tan
ミツ「え、でも教科書に『現在完了』って言葉が出てくるみたいだけど?」 独語独文「少し考えを整理してから話を進めてみましょうか。英語の現在完了形って、どんな時に使いましたっけ?」 ミツ「えっと、まず過去のある時点から今までずっと何かをしてる時」 独語独文「『継続』ですね。他は?」
ドイツ語学ドイツ文学たん @germanist_tan
ミツ「それから、過去にその行動を何回したことがあるか」 独語独文「『経験』ですね。あと何がありましたっけ?」 ミツ「うーんと、たった今その動作を終えた時!」 独語独文「『完了』ですね。さて・・・ドイツ語ではこれらはみな現在形か過去形で表現します」 ミツ「ええ〜〜!!」
ドイツ語学ドイツ文学たん @germanist_tan
一方その頃。 中の人「で、ありますゆえ、私の理論を用いれば町内会費でハワイまでのワープ旅行が・・・」 町内会長「中の人の演説の最中ですが、ここでお昼休みにします」 中の人「待て、この理論の素晴らしさはだな・・・」 町内会長「休会とします。お昼休みです!!」
ドイツ語学ドイツ文学たん @germanist_tan
シーンはカフェに戻る。 ミツ「どういうことなの?」 独語独文「英語とドイツ語とでは過去の捉え方も違うのですよ。haben / sein ÷ 過去分詞で『現在完了』となりますが、これは過去のことを言う時に使うんです」 ミツ「えっと、いい? 順番に質問していきたいんだけど」 独語独文「はい」
ドイツ語学ドイツ文学たん @germanist_tan
ミツ「なんで haben と sein に分かれるの?」 独語独文「場所の移動を表す時と、状態の変化を表す時は sein を用います。一部例外もありますが。その他の動詞は通常 haben を用います」 ミツ「場所の移動? gehen (行く)とかのこと?」
ドイツ語学ドイツ文学たん @germanist_tan
独語独文「ええ。 kommen (来る)、fahren(乗り物で行く)とかもですね」 ミツ「じゃあ、状態の変化って?」 独語独文「 werden(〜になる)、wachsen(成長する)、sterben(死ぬ)とかですね。ただ、用法によっては例外がありますので、この辺りは後で文法書をよく読んでおいてください」
ドイツ語学ドイツ文学たん @germanist_tan
ミツ「そうなんだ。でも動詞の活用表を見ると『過去』て書かれてるものもあるみたいなんだけど? gehen の過去形として ging っていうのが載ってる」 独語独文「ええ、それも過去の形なんですよ。Präteritum (単一過去)という形です」 ミツ「過去を表す方法が二つあるんだ! どう使い分けるの?」
ドイツ語学ドイツ文学たん @germanist_tan
独語独文「日常的には現在完了の方が多く使われます。南ドイツでは特に。また、sein、haben、話法の助動詞の過去は単一過去になることが多いです。seinの過去はwaren、habenは hattenですね」 ミツ「話法の助動詞?」 独語独文「ああ、こんがらがるといけないので、次お会いした時に説明しますよ」
ドイツ語学ドイツ文学たん @germanist_tan
独語独文「では、英語の現在完了形と比較してみましょうか」 ミツ「ええと、じゃあまず『継続』の用法は?」 独語独文「これは現在も続いているので現在形を使う視点になります。「seit + 期間の始め(与格・3格)」や 「schon(もう)+ 時間の長さ」をつけて表現します。例文を書いてみましょう」
ドイツ語学ドイツ文学たん @germanist_tan
ミツ「そうね。じゃあ『私は大学入学の時から文学を学んでいます』は?」 独語独文「『私は文学を学んでいます』は?」 ミツ「 “Ich studiere Literatur.” 」 独語独文「『大学入学時から』は „seit dem Beginn meines Studiums“としましょう。これを文の枠構造の中に組み合わせると?」
ドイツ語学ドイツ文学たん @germanist_tan
ミツ「ええと。ドイツ語って、動詞が文の要素の二番目に来て、動詞と目的語の間に修飾する語句が来たりするのよね。じゃあ、“Ich studiere seit dem Beginn meines Studiums Literatur.“ になる?」 独語独文「そうですね。schon を使った文も考えてみましょう」
ドイツ語学ドイツ文学たん @germanist_tan
中の人のミス。 schon と schon seit 〜 を混同。 削除せずどうにか修正します。
ドイツ語学ドイツ文学たん @germanist_tan
独語独文「 schon は 『もう/すでに』という意味ですから、これと seit 〜 を組み合わせてみましょう」 ミツ「じゃあ、『私は七年間英語を勉強しています』という文を書いてみたいんだけど」 独語独文「この場合、『七年間』は „schon seit sieben Jahren“ と書けますね」
ドイツ語学ドイツ文学たん @germanist_tan
ミツ「じゃあ、 „Ich lerne schon seit sieben Jahren Englisch.“ かな」 独語独文「そうですね」 ミツ「ふーん。この用法って、常に現在から過去を見た視点だから現在形になるんだ」 独語独文「そうとも限りませんよ」
ドイツ語学ドイツ文学たん @germanist_tan
独語独文「同じ内容の文で seit を使わない時、 „Ich habe schon sieben Jahren Englisch gelernt.“ という風に過去形になります。視点が過去に着目されるものになるのですね」 ミツ「ややこしいなー」 独語独文「ややこしいですよね。ドイツ語を勉強している人でも間違えることがありますから」
ドイツ語学ドイツ文学たん @germanist_tan
その頃。 中の人「ハックション!! ああ、誰か噂してるな」 町内会長「えー、では決議した結果、慰安旅行はハワイな場所になりました」 中の人「フーハハハハ! 見ろ、やはり我が理論は正し・・・」 町内会長「行き先は福島県のハワイアンセンターです」 中の人「わからんのかお前たち!」
ドイツ語学ドイツ文学たん @germanist_tan
注:福島県いわき市の「常磐ハワイアンセンター」は、1990年に「スパリゾートハワイアンズ」に改名されています。昭和の人が多いという設定の町内会なのでこうなりました。 東北全土が東日本大震災で大被害を受けましたが、福島県の復興のためにお金を福島の経済に使っていただける方は是非ご訪問を。
残りを読む(13)

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする