Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

榊一郎(@ichiro_sakaki)さんによる創作の話題「情景描写が苦手な人への書き方」

榊さん 「そもそも、情景描写は何のタメにしているのか。  勿論、主人公が(あるいは視点人物が)そこに居るという事を  示す為の情報な訳ですが、  「情景描写がどうにも苦手」という人は、どうもこれを、 続きを読む
43
榊一郎@「けいたん。」発売中です! @ichiro_sakaki

情景描写が苦手、という意見。あー、なるほどね。

2011-06-22 17:56:12
じぐ @ziglid

@ichiro_sakaki 言葉や文章がワンパターンになってしまうので、読んで面白い描写が書けません。コツをご教授願えませんか

2011-06-22 18:48:50
榊一郎@「けいたん。」発売中です! @ichiro_sakaki

@tochork 遅くなりました。申し訳無い。まあ言葉や文章がワンパターン化するのは私も覚えがあるのであまり偉そうな事は言えないんですが、経験と第三者的分析を一つ。まずワンパターン化するというのは当たり前ですが「似たような描写が続く」事である訳ですが。そもそも、大抵のシーンには

2011-06-22 22:23:46
榊一郎@「けいたん。」発売中です! @ichiro_sakaki

@tochork 物語を構成する上で果たすべき役割がありまする。ヒロイン登場のシーン、主人公絶望のシーン、まあ色々ある訳ですが、例えば主人公が絶望するのを演出する為に先に希望のシーンを書いておくとか(落差を演出して絶望の奈落を際立たせる/俺故郷に帰ったら結婚するんだ等)。

2011-06-22 22:25:20
榊一郎@「けいたん。」発売中です! @ichiro_sakaki

@tochork 必然的にそのシーンには、そのシーンが果たすべき役割が在る以上、その役割に沿った表現というものが出てきます。「ここは明るく見せて読者の気分を高揚させる」という場合にはそうなるような文章を選びますし、逆もまたしかり。そうした「此処は何のタメに書いているのか」が

2011-06-22 22:26:36
榊一郎@「けいたん。」発売中です! @ichiro_sakaki

@tochork 理解出来ていれば、それに合わせた文章にならざるを得ず、そうなればシーン毎に違う文章には当然なりまする。大抵の場合に(私の場合ですが)同じ様な文章が続く、つまらない文章になる場合は、「早く話を先に進めたい」「とにかくこの描写はこなしておかなければ」と単なる

2011-06-22 22:27:42
榊一郎@「けいたん。」発売中です! @ichiro_sakaki

@tochork 義務的な通過点として描写を重ねている場合が多いです。次のシーンだからまず情景描写、主人公がどこにいて、どんな姿勢で、みたいなのを「義務的に」書き連ねてれば、そりゃ、しんどいし、気が付けば同じ様な表現の(更に言えば簡素で、面白みに欠ける表現の)連打になります。

2011-06-22 22:28:58
榊一郎@「けいたん。」発売中です! @ichiro_sakaki

@tochork 文章を書く事そのものから一歩引いて見て、「ここはこういうシーンで読者にはこんな気持ちになって欲しいから」と明確に意識する事で、文章にバリエーションが出るというか、「ここはこういう文章で行くべき」みたいな確信が出る場合が多いので、そういう辺りを一つ気にしてみると

2011-06-22 22:30:26
榊一郎@「けいたん。」発売中です! @ichiro_sakaki

@tochork 案外、自然にバリエーションが出るかとも思います。ただ、それでもどうしてもバリエーションが出ない、そもそも他の表現が全く思いつかない、という場合は失礼ながら、単純に読書量が足りない、文章としての引き出しが足りないという場合もあるので、その場合は、コツと言うより、

2011-06-22 22:31:27
榊一郎@「けいたん。」発売中です! @ichiro_sakaki

@tochork 単純に沢山もっと本読んだ方がイイですよ、という話に。ちなみに初心者の段階ではあまり翻訳物はおすすめしませんが(やっぱり癖が強いのが多い)、逆に自分の文章表現に行き詰まりを感じているのなら、翻訳物を読むと、元々違う言語で書かれたものを日本語に直している分、

2011-06-22 22:32:38
榊一郎@「けいたん。」発売中です! @ichiro_sakaki

@tochork 微妙に違う表現(構造というかコンセプトからして)を山程見る事になるので、そういうのも一つの手です。こんな感じかなあ、それとももっと全然別の話なんでしょか<ワンパターンになる

2011-06-22 22:33:28
榊一郎@「けいたん。」発売中です! @ichiro_sakaki

@_famine 前に言いませなんだか? 今まで十年近く講師やってきた経験で言えば、平均して過半数は一本の小説もし上げずに卒業します。生徒の九割が短編すら書かない、なんて年もありました(講師に見せてなかっただけかもしれませんが)

2011-06-22 22:35:30
じぐ @ziglid

@ichiro_sakaki わざわざ丁寧にアドバイスしてくださり感謝しかありません! 私は無目的に文を置きすぎたみたいです。この文章を読んだ「読者にどう感じて欲しいのか」ではなくどうやって「脳内にある理想の映像」に迫ろうかとばかり意識していました。

2011-06-22 23:09:54
じぐ @ziglid

@ichiro_sakaki 指摘されて読み返してみると、自分の文は脳内映像の細部を後追いしており心ここにあらず。まるで「義務的な」様子でした。助言して頂いた通り役割を持つ文章で物語を「構成して」いきます。「ワンパターンになる」はまさにこの話でした。ありがとうございました!

2011-06-22 23:09:57
榊一郎@「けいたん。」発売中です! @ichiro_sakaki

@_famine ぶっちゃけ、1と4だと思います。危機感は、さすがに年度末になると募るみたいなんですが、その場合「辞める」という行動に出る子も多くて……むしろ動機の曖昧な子はラノベ学科に来る事が多い場合も(日本語なら自分でも書ける、という)。

2011-06-22 23:18:56
榊一郎@「けいたん。」発売中です! @ichiro_sakaki

先の人の話と重複しますが、ちとついでに(というと言い方が悪いが)久し振りに。  #sousaku

2011-06-22 23:35:21
榊一郎@「けいたん。」発売中です! @ichiro_sakaki

今日、授業で生徒達から出てきた話。「情景描写が苦手です」というもの。どうも「主人公が初めて見る場所にいきなり立たされた時を想定して情景描写をやってみろ」みたいな課題が他の先生から出された模様。生徒達はえらい苦労していた様なんですが、私曰く「え? 楽ジャンそれ」 #sousaku

2011-06-22 23:37:00
榊一郎@「けいたん。」発売中です! @ichiro_sakaki

「そもそもどんな場所に主人公が立ってるのかって指定はないんだろ?」「ないです」「って事は、どんな場所だって、砂漠だって宇宙空間だって海の上だって無人島だって軍事基地の中だっていいんだよな?」「そうですね」「何が難しいんだよ」「何が楽なんですか」みたいな会話w #sousaku

2011-06-22 23:39:27
榊一郎@「けいたん。」発売中です! @ichiro_sakaki

生徒の一人に言ってみる「情景描写が苦手だって言ってたけど、君、人物描写どうよ」「え? 普通に出来ます――出来ると思います」「それと一緒じゃん」「は?」 #sousaku

2011-06-22 23:39:57
榊一郎@「けいたん。」発売中です! @ichiro_sakaki

そもそも、情景描写は何のタメにしているのか。勿論、主人公が(あるいは視点人物が)そこに居るという事を示す為の情報な訳ですが、「情景描写がどうにも苦手」という人は、どうもこれを、「小説を書く上で仕方なく書き連ねる義務的部分」ととらえている事が多く。#sousaku

2011-06-22 23:42:37
榊一郎@「けいたん。」発売中です! @ichiro_sakaki

ですが、耳にタコ増殖する程に繰り返しますが、五代先生のおっしゃる「全ては物語に奉仕する」という事を考えた場合、特定のシーンには、そのシーンとしての意味がある筈なのです。意味の無いシーンを散漫に書いていると小説ではすぐに枚数が尽きます。#sousaku

2011-06-22 23:44:31
榊一郎@「けいたん。」発売中です! @ichiro_sakaki

ちなみにギャルゲ系のゲームでは敢えて散漫に書き連ねる事で、日常感、ひいてはヒロインへの親近感の演出をする、という手法があったりしますが(つまりその場合ですら、演出的な意図があるのであって、ただ散漫なだけではない)、まあ、それはさておき。#sousaku

2011-06-22 23:45:30
榊一郎@「けいたん。」発売中です! @ichiro_sakaki

特定のシーンには特定の役割があります。主人公とヒロインの出会いのシーン、ヒロインに読者が親近感を保つ為のシーン、敵の悪辣さを示し、同時に主人公の気高さを示すシーン、その他諸々。#sousaku

2011-06-22 23:46:36
榊一郎@「けいたん。」発売中です! @ichiro_sakaki

とにかく、各シーンには意図があって積まれている訳で、ではその意図に合わせた文体というものが当然に生じてきます。例えば――そうだな。工場の描写があるとしますやん。「チャーリーとチョコレート工場」みたいに工場の中の情景を好意的にとらえている場合、 #sousaku

2011-06-22 23:52:20
残りを読む(25)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?