Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

煮えた油や焼きごてで傷口を焼いて同時に止血していた16世紀に外傷治療の「コペルニクス的転回」が起こった時の話

まとめました。
414
\\りょーた// @ryoinalf

オタクがたまたま救急医をやってるアカウントです。(たぶん)数少ないコスプレイヤー兼救急医! #レトロコンシューマー愛好会 会員No.1478 #ニッポン城めぐり

\\りょーた// @ryoinalf

16世紀の外傷治療は、火薬の毒を除く、という理由で煮えた油や真っ赤に焼いた焼きごてで傷口を焼いて同時に止血する、というものでした。 ある時、とある1人の医師が軍医として参戦した戦争であまりにもけが人が多く、彼は油を使い果たしてしまいました。(続く) twitter.com/tetosiki/statu…

2020-10-05 21:17:45
\\りょーた// @ryoinalf

仕方なく彼はテレピン油や卵白などを練り合わせた「軟膏」を作り、それを包帯に染み込ませて兵士の傷を覆いました。 当時の「標準治療」とはかけ離れた治療を行った彼は一晩中、ろくに眠れずに神に祈り続けました。しかし…(続く)

2020-10-05 21:20:05
\\りょーた// @ryoinalf

翌朝、「軟膏」での処置を施した兵士達はむしろそれまでの治療をした兵士よりも安楽そうに彼の回診を待っていました。これを持って外傷治療の「コペルニクス的転回」が起こりました。 医師の名は「アンブロワーズ・パレ」。「我包帯し、神癒したもう」の名言を残した外科医です。

2020-10-05 21:22:25
\\りょーた// @ryoinalf

時は流れて19世紀。イギリスで11歳の少年が馬車にはねられ、脚を「開放骨折」しました。当時は開放骨折の治療法はなく、早晩骨髄炎を発症して死んでしまう。それがこの少年を待ち受ける運命でした。

2020-10-05 21:27:01
\\りょーた// @ryoinalf

しかしある1人の医師が、創部に絶えず「フェノール」を噴霧し続け、今で言う「消毒」をしながら手術をすることで、彼を完治に導きました。医師の名は「ジョセフ・リスター」。のちに「無菌操作」を確立し、現在の「外科手術」の基礎を作りました。

2020-10-05 21:30:27
\\りょーた// @ryoinalf

そして同じく19世紀。ハンガリーのある産科病院の病棟に、次亜塩素酸カルシウム水溶液を満たした容器が置かれ、側には1人の医師が、産褥婦に触れる前にそれに手を浸すように目を光らせていました。その医師は病棟での「産褥熱」の発症率に注目するうちに恐るべき事実に直面したのでした。

2020-10-05 21:34:26
\\りょーた// @ryoinalf

それは、産婦に触れる「医師の手」が産褥熱の原因になる、と言うものでした。結果、「手を洗う」と言うあまりにもシンプルな方法が感染症を防ぐ、と言う事実を発見するのです。産褥熱の原因である「細菌」を「ルイ・パスツール」が発見する、その少し前のことです。

2020-10-05 21:39:36
\\りょーた// @ryoinalf

手を洗うように命じた医師の名は「イグナーツ・ゼンメルワイス」です。さしもの彼も自らの死後150年後に「新型コロナウイルス」予防にもなお、自らの発見が生きるとは思わなかったでしょう。 以上、医学史のうち、感染予防の発見の一席でございました。

2020-10-05 21:41:18
\\りょーた// @ryoinalf

ついでに最後まで行きましょうか。 20世期。とあるイギリスの大学の実験室の一つ。雑然とした部屋の片隅に放置された一つのペトリ皿にはカビが混入し、試料として意味をなさなくなっていました。しかしその部屋の主はあることに気づきます。そのカビの周囲には細菌のコロニーが繁殖していないことに。

2020-10-05 22:03:25
\\りょーた// @ryoinalf

その実験室の主の名は「アレクサンダー・フレミング」。そのカビの学名「ペニシリウム」から、その細菌の繁殖を抑える物質の名前は「ペニシリン」と名付けられました。世界初の抗生物質の誕生…ではありません。

2020-10-05 22:05:40
\\りょーた// @ryoinalf

その少し前。ドイツのロベルト・コッホ研究所で、一人の科学者があるヒ素化合物が梅毒の原因であるスピロヘータの殺菌に威力を発揮することを発見しました。これがまさに世界初の抗生物質。科学者の名は「秦佐八郎」。日本人でした。

2020-10-05 22:09:11
\\りょーた// @ryoinalf

秦佐八郎の発見したサルバルサンは「抗菌薬」ではあっても抗生物質ではない、というツッこみをいただいておりますが、いま、ペニシリンやセフェムなどとニューキノロン系などとをこの観点で違うものと考えはまあしないので広義の「抗菌薬」でいいと思います。いずれにしろ画期的な話ですから。

2020-10-07 00:47:33
\\りょーた// @ryoinalf

なんかプチバズったし明らかに審神者さんやFEファンの方からも反応いただいたので宣伝w @raylof99 の方ではオタク関連の話題、二次創作などもやってます。鍵垢なのでもしよろしければフォロリクを。

2020-10-07 01:55:50
\\りょーた// @ryoinalf

えっと、これ医学史のほんの一部です。古代の医学史とか麻酔の発見の件、解体新書のあたりとか、すんごい面白いので是非「漫画 医学の歴史」読んでみてください。

2020-10-07 17:23:12
海嘯人 @umintyukuma

@ryoinalf 楽しく読ませていただきました ありがとうございます(^^)

2020-10-06 20:14:06
紫伝海 @shidenkai2016

@ryoinalf 興味深く読ませて頂きました! とても面白くためになりました! ありがとうございます☺️

2020-10-06 23:47:16
ハマダテツオ @QhLGMrFmXUBRLaP

@ryoinalf 楽しく読ませて頂きました😊ありがとうございました😄

2020-10-07 00:54:07
空想野郎🌹水瓶座の黄金聖闘士🌟 @doramamaker

@ryoinalf 過去に尽力した医師の方々のおかげで、現在の治療法があるんですよね。感謝しかありません。勉強になるツイートをありがとうございます😊

2020-10-07 01:38:59
natume @aya_155

@ryoinalf とても読みやすく最後まであっという間に読んでしまいました✨😆✨

2020-10-07 12:49:21

コメント

ろんどん @lawtomol 2020年10月8日
ツイ主さんには恐縮ですが、誤解を招かないよう補足させて頂きますと、リスターは1827年生、ゼンメルワイスは1818年生、「リスターがフェノール消毒で少年の命を救った」件はゼンメルワイスが亡くなった年のことでした。ゼンメルワイスは生前には評価されないどころか事実上医学会から追放され、精神を病み亡くなりました。一方のリスターは批判も受けましたが、後に様々な栄誉に輝きました。ちなみに、リスター本人は開発に全く関与してませんが、洗口液「リステリン」は、リスターの名前から命名されました
145
しずく @blue111moon 2020年10月8日
蛇蔵さんの漫画で読んだことある!
9
逆さまつげ @kitayokitakita 2020年10月8日
雨の日は役立たずな人かな?
0
Mongyang @taisyo_2015 2020年10月8日
熱での止血は今でもあるんじゃないか。半田ごてみたいな手術具を見たことある。あと、今でいう医療の「清潔」概念は感染症の原因の追求と前後するので、日本なら明治の19世紀後半の頃でずれるような希ガス
0
冶金 @yakeen4510 2020年10月8日
「我包帯し、神癒したもう」風邪だって薬飲まなくても治るからね。
1
てす子 @momimomitest 2020年10月8日
命が関わる事に関しては正しいかどうか落とし穴がないかの見極めに多くの実証例と予後を見るための年月が必要だから、安易に例のない新しい説をすぐ受け入れる訳にはいかないしどんだけ未来から見たら愚かだろうとなろうみたいには行かんわな
80
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2020年10月8日
ファーストコメンテーターはこのまとめのような人にお願いしたいです!
27
三好 隆 @miyopee 2020年10月8日
ゼンメルワイス、自説の普及にムキになりすぎて、最後は精神病院に監禁虐待されて衰弱死だからなぁ…。
67
CD @cleardice 2020年10月8日
外用薬として油やバターを用いるのは2世紀ごろのギリシャでも行われていたりするので軟膏の概念自体は古代からあるんだよね。冒頭のケースは焼灼止血法の「やりすぎ」を是正したという方が正確なのでは。
11
mogmog @mo9mogg 2020年10月8日
lawtomol うまいコメントのつなぎかただなーと本気で感心
8
朝倉 @SN_Error 2020年10月8日
ゼンメルワイスさんの報われなさ、当時の医学界の権威に否定されたこと、不遇の生涯(もちろん多くの母体も救ったし評価し実践してくれる人達も居たが)はほんと気の毒。だが当時の医学者から見れば、死体がまた死体を増やす的なゼンメルワイスさんの考え方が、逆に前時代的な迷信の延長上に見えてしまった面もあって一概には権威主義に潰されたと批判もできない…どっちにしろ不幸なことだったが、現代はもちろん、尊敬され、彼の考え方は今この時も世界の人々に実践され命を救っている。お手手洗います!敬礼!
82
黄色いかまぼこ @yellow_chikuwa 2020年10月8日
直前まで「WRYYYY」のまとめ読んでたせいで、『医師の名は「ジョセフ・ジョースター」』に0.2秒ほど空目した。
53
anineko @ANINEKObySYSTER 2020年10月8日
「熱での止血」は電気メスがそうでない?
0
小野阿久斗 @504timeout 2020年10月8日
ANINEKObySYSTER 電気メスの止血でも、基本は出血している血管を閉じる程度の小範囲を焼く。周りの組織ごと焼くと死んだ組織が多くなってそこから感染しやすくなる。圧迫しても止まらない出血に対してならやきごてでもいいけど傷口にやけどの追い打ちを加えているようなもの
43
狂犬ちゃん @MadDogUnlimited 2020年10月8日
パレは床屋出身の実戦派だったからパリ大学の医学部にボロクソに叩かれてた
0
nekosencho @Neko_Sencho 2020年10月8日
床屋は外科医も兼ねてたから(というか「お前ら医者じゃねえ」って「医者の外だ」な「外科」だからなあ
1
ヤクト @zero_yakuto 2020年10月8日
あの武器軟膏だって糞などを使った不衛生な軟膏を傷口に塗るより傷口には何もしない自然治癒力の方が高かったって話なので、後世から見て効果がありそうな方が間違っていた事もある。
3
きさら@冬が来た @m_kisara 2020年10月8日
taisyo_2015 胃潰瘍だと「レーザーで焼いて止血」は普通に行われてますね。胃カメラ飲むだけで手術が終わるので、予後もいいのだとか。
5
yotiyoti @yoti4423yoti 2020年10月8日
イグナーツ・ゼンメルワイスの手洗いに関しては、キ〇ガイされ続けて結局改善されなかったんですよね。
2
洗面器 @cO7gY8gbeNcoNEe 2020年10月8日
ゼンメルワイスは提唱したのがあいつじゃなけりゃ皆素直に聞いて半世紀は医学の進歩早かっただろう ってレベルのクソコテだから…… 武器軟膏とか言う、怪我した本人じゃなくて持ってる武器に薬を塗ると良いみたいな迷信も ウンコ混ぜた薬モドキを患部に塗るより何もしない方がマシで生存者が多かったから って身も蓋もない話
23
語るおじさん(おじさん) @ojisan_think_so 2020年10月8日
ゼンワイニキの悲劇は衛生と同じかそれ以上に言い方や根回しの大事さを教えてくれてるんやな
26
語るおじさん(おじさん) @ojisan_think_so 2020年10月8日
「まずは瀉血やな」「アホか葛根湯や」
1
さとうあきひろ @akihirosato1975 2020年10月8日
医学以外の分野でも時々こういうのあるよね。半導体だと、シリコン酸化膜の発見の顛末が「何かの操作ミスでたまたまウェハーの処理炉に水蒸気が流れてしまった」のがきっかけだったとか。それまでは「シリコンと酸素を反応させたりしたらウェハー全体がだめになる」って思い込んでて、むしろ「いかに酸素を触れさせないか」に気を使ってた(つまり裏目をひたすら研究してた)っていう。
7
茗荷昇紘 @masilite 2020年10月8日
武器軟膏…AZOTH剣…パラケルスス…妄想が捗る
0
占い羊 @wHozrPpLuqR09za 2020年10月8日
焼きごてもそれで治療できた経験はあったんだろうな。以前よりマシの積み重ね
4
語るおじさん(おじさん) @ojisan_think_so 2020年10月8日
この手の価値観や認識の変化に興味のある人は「三崎律日」で検索すると痺れるようなゆっくり解説を味わうことができる
1
語るおじさん(おじさん) @ojisan_think_so 2020年10月8日
wHozrPpLuqR09za 戦場なんかで動脈まで傷が行ってて血が止まらないとなったら焼くしかないだろうね 映画でゾンビに噛まれた腕を切り落して松明で断面焼くシーンを思い出したよ
1
うまみもんざ @umamimonza 2020年10月8日
「漫画医学の歴史」ってのはこれでいいのかな? https://www.amazon.co.jp/dp/4260005731 まとめ末尾にでもリンク入れといていいのでは
2
ゆー @y_raimu0 2020年10月8日
産褥熱と手指消毒の話は、しばらく前にNHKの歴史秘話でコロナの関連としてやってたな
4
緋蓮@雑多 @hiyokurenri688 2020年10月8日
医学ってほんのちょっとした誰かの気づきの成功が積み重なって今に至るんだなあ。
8
ほろ酔い気分 @pokpoku111 2020年10月8日
多くの犠牲の上に健康って成り立っているのね・・・。
10
ざっぷ @zap3 2020年10月8日
別の視点としては、細菌とか清潔とかの概念がせいぜい100〜200年程度の歴史しかないんだ、といったものかな(一般人向けの公衆衛生はさらに歴史が短い)。栄養学もしかり。どっかの何かが何千年も歴史あるんだから安心みたいなこと言ってても、「ホントに大丈夫か確かめ、標準化する」ようになったのはごく最近だし、何千年の方はそれが全然出来てなかったんよな……
4
たかみん/りんと @r_takamine 2020年10月8日
煮え「た焼きご」て、をたこ焼きに空目してしまった…ともあれ、偉大な先人たちに感謝ですね。
1
カズマサみんC @mskazumin 2020年10月8日
医学史を見聞きするたびに、理科社会の教育の大事さをしみじみ。年号は未だに覚えられないけど。
0
yotiyoti @yoti4423yoti 2020年10月8日
例え斬り傷だらけになっても、よくこなれた肥溜めに全身を浸かれば治る。「こら生傷によう効きよるんや。わいの経験から効くいうたら効く!」
0
🦈島事変@無断転載禁止 @6TKbJmCFIH1YutY 2020年10月8日
ゼンメルワイスの末路の事を思えば、やっぱり彼を弾圧した考え方の根底にあるキリスト教はこの世から滅ぼすべきだと思ってしまう。いずれ似たようなことやってもおかしくないんじゃない?
0
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&ノベルアッププラス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2020年10月8日
ゼンメルワイスの手洗い提言の末路と、ユダヤ教の律法での手洗いやイスラム教の祈る前の手洗いがすんなりと今も受け入れられているのを見ると、信仰というか宗教の強さを感じる
1
マサ@撮影依頼、大・大募集中 @kinrei_suzuki 2020年10月8日
その過去あっての「エビデンス重視」なんだろうな。革新と思われるものも生存者バイアスになりかねない訳で。
0
茗荷昇紘 @masilite 2020年10月8日
野生のサルに腹を噛まれたらダイナマイトで爆破して滅菌するのがいいらしい。
0
飛鳥明日香 @Asuka__M 2020年10月8日
umamimonza ソレです ちょっとでも興味あるなら是非ご一読を
0
INVISIBLE DOJO @mdojo1 2020年10月9日
umamimonza Asuka__M まったく手前味噌で恐縮ですが、以前ゼンメルワイス没150年で興味を持って記念記事を書いた際、同書を一部引用させてもらったことがあるので参考までに。 https://m-dojo.hatenadiary.com/entry/20150331/p1 
0
INVISIBLE DOJO @mdojo1 2020年10月9日
なお、蛇蔵さんは以前、ゼンメルワイス編の一部をご自身でtwitter投稿されています https://twitter.com/nyorozo/status/1243478579402248192(この連ツイもまとめに入れてはいかがでしょう)。この方は、まもなくアニメ化されるのかな?「天地創造デザイン部」の原作者でもあられます
0