Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
編集可能
2011年11月15日

キャサリン・マッキノン理論とラディカルフェミニズムの文脈の差異

小山エミ(@emigrl)氏のTweetを中心に。 関連リンク:  結婚制度、リベラリズム、中立原理の限界 - macska dot org   http://macska.org/article/233 続きを読む
167
エミコヤマ @emigrl

キャサリン・マッキノンはラディカルフェミニストだけど、彼女の法思想はラディカルフェミニズムの文脈とは少し違うところにあるよ。ラディカルフェミニズムがほかのフェミニズム思想と区別される点は、「父権制、あるいは男性による女性の抑圧を、あらゆる不公正の根底に位置づけること」これだけ。

2011-11-15 01:59:55
エミコヤマ @emigrl

手法や思想の過激さを言うなら、ほかにも過激なものはある。リベラル国家否定にしても、ラディカルフェミニズムだけではない。ある種の共産主義者が「資本主義」あるいは「階級対立」を根底に置くのと同じ意味で、「父権制」を根底に置くことだけが、ラディカルフェミニズムを特徴づけている。

2011-11-15 02:02:00
エミコヤマ @emigrl

まともなラディカルフェミニズム入門書こうかなぁ。ポルノとか売買春とか目先の問題でしか考えていない人が多いと思うので。

2011-11-15 02:10:55
エミコヤマ @emigrl

わたしがラディカルフェミニズムと呼んでいるものは、RadFemHubやその他ラディカルフェミニズムブログクラスタを形成しているブログ群とその参加者たち、ボストンで毎年開かれるStop Rape Culture大会とラディカルフェミニズムセミナー周辺、→

2011-11-15 02:21:43
エミコヤマ @emigrl

CATWをはじめとするフェミ系反人身売買団体周辺、SlutWalkや第三波フェミニズムを否定する白人フェミ。

2011-11-15 02:23:08
エミコヤマ @emigrl

Stop Porn Cultureだわ、ごめんまちがえた。

2011-11-15 02:28:30
エミコヤマ @emigrl

セックスワーカーでフェミニストのLori Adorableとその批判者のやり取りに注目。 http://t.co/yCy6601e http://t.co/ixX9upnt

2011-11-15 02:25:39
エミコヤマ @emigrl

ロリは、不公正な社会構造の根本的な破壊を求めている自分もラディカルフェミニストであると主張。それに対しラディカルフェミニストクラスタは「ラディカルフェミニズムの意味を勝手に変えるな」と激しく罵倒。父権制を「さまざまな不正な社会構造のひとつ」ととらえるロリはラディカルではない、と。

2011-11-15 02:27:20
エミコヤマ @emigrl

ラディカルフェミニズムは、父権制をすべての不公正な社会的構造の大元に規定する思想。さまざまな不公正の一つとして取り上げることは、ラディカルフェミニズムからみると妨害工作でしかない。そういう主張の人が「ラディカル」を名乗ることを、ラディカルフェミニストは認めない。

2011-11-15 02:30:33
エミコヤマ @emigrl

たとえば80〜90年代に「セックスウォーズ」というのがあった。BDSMやポルノをふくめた(合意ある)性表現の全面開放を求めた自称「セックスラディカル」と、それを個人主義であるとして批判した自称「ラディカルフェミニスト」の対立。→

2011-11-15 02:32:38
エミコヤマ @emigrl

ただし、ラディカルフェミニストはセックスラディカルを「ラディカル」と呼ぶことを拒否して、「セックスリベラル」と言い換えた。ラディカルフェミニズムは、「ラディカル」という言葉にそういう政治的な意味をもたせているわけ。

2011-11-15 02:33:46
エミコヤマ @emigrl

「ラディカルフェミニズムとは父権制をすべての分析の中心に据えるフェミニズムである」と言うと、「ラディカルなフェミニスト」たちから「それは自分とは違う」と言われることがある。それはかれらが「ラディカルフェミニズム」がひとつの一貫した思想であることを理解していないから。

2011-11-15 02:38:15
エミコヤマ @emigrl

単に「ラディカルなフェミニスト」と「ラディカルフェミニスト」はぜんぜん違う。わたしの「ラディカルフェミニズム」理解が、思想的に「ラディカルフェミニスト」を名乗っている人に否定されたことは、いままで一度もない。「ラディカルフェミニズムとはなにか」という点では同じ理解にたてる。

2011-11-15 02:39:53
エミコヤマ @emigrl

そのうえで、わたしはラディカルフェミニズムは根本的に間違っていると思うから、批判するんだけどね。

2011-11-15 02:40:54
エミコヤマ @emigrl

ラディカルフェミニズムはセックスワーカーやトランスえジェンダーに敵対しているけれども、個別のラディカルフェミニストが、セックスワーカーやトランスジェンダーの味方になることは可能。わたしも昔はそういうラディカルフェミニストだった。→

2011-11-15 02:42:04
エミコヤマ @emigrl

けれど、ラディカルフェミニストにとって、父権制を中心に置くという根本は譲れない。譲ったらそれはもはやラディカルフェミニズムではない。

2011-11-15 02:42:28
エミコヤマ @emigrl

ラディカルフェミニズムに対する批判は、非白人のフェミニストたちによってはやくからなされている。父権制を中心に置けということは、たとえば黒人女性は黒人男性ではなく白人女性との連帯を優先させろということになる。黒人男性とともに人種差別に抵抗することが「裏切り」になる。

2011-11-15 02:53:13
エミコヤマ @emigrl

もちろんラディカルフェミニズムは「父権制のサブシステム」としてであれば人種差別に反対する。たとえば白人男性の人種差別によって黒人女性が傷つけられるなど。でも白人女性の人種差別は、黒人男性の性差別より軽いものとして扱われる。

2011-11-15 02:54:06
エミコヤマ @emigrl

最近ラディカルフェミニズム系ブログをみてたら、ラディカルフェミニズムは父権制を中心に置くが、それ以外の取り組みを否定しない、みたいなことが書かれていた。人種差別を中心に置く運動や、階級闘争を中心に置く運動が別にあっても構わない、それらとラディカルフェミニズムは共存できる、と。

2011-11-15 02:59:00
エミコヤマ @emigrl

その場合、黒人男性との共闘を優先する黒人女性がいても構わない、ということになる。けど、そもそもなんで「構わない」かどうかかれらに判断されなくちゃいけないのか。

2011-11-15 03:01:09
エミコヤマ @emigrl

白人女性だけのためのラディカルフェミニズムと、黒人男性だけのための人種差別反対運動という選択肢を示して、「どちらを選んでもいいですよ」ってなんだよそれ。

2011-11-15 03:01:11
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji

@emigrl 失礼します。最近、「ラディフェミとは何ぞや」と思っていたのですが、おっしゃる定義はある程度、定見と呼べるものなのでしょうか。ぼくとしては「父権性を重視しないフェミニズム」というのが想像しにくいのですが。

2011-11-15 03:08:22
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji

@emigrl 「いや、全ての中心に据えるのがラディフェミだ」とおっしゃるかも知れませんが、いずれにせよその定義では昨今巷で言われるような「ラディフェミとリベフェミは全く別だ」といったような議論は違う(ラディフェミ要素は全てのフェミにある)としか思えないのですが。

2011-11-15 03:09:49
エミコヤマ @emigrl

@hyodoshinji 重視するしないじゃないんです。たとえばややカリカチュアライズしていますが、共産主義社会が実現すれば性差別も人種差別もなくなる、だからすべてに優先して共産革命に邁進すべきだ、みたいな主張をする人がいます。その性差別バージョンがラディカルフェミニズムです。

2011-11-15 03:12:39
エミコヤマ @emigrl

リベラルフェミニストが「性差別以外の問題に取り組まない」のは、単に怠慢なだけ。ラディカルフェミニストは、思想的な理由から(父権制への抵抗という枠の外では)あえて取り組まないの。

2011-11-15 03:17:48
残りを読む(33)

コメント

Haruna M. @hrnll 2011年11月16日
ラディカルフェミニストというのは「父権制原理主義」という理解で合っているのだろうか。
0
(旧)ポルノ被害と性暴力を考える会@東京 @papsjp 2011年11月16日
「父権制をすべての不公正な社会的構造の大元に規定する思想」というのは、ラディカル・フェミニストの定義の一つではありえても、「ザ・定義」というわけではない。そのように自己定義するラディカル・フェミニストが多いというだけ。
0
(旧)ポルノ被害と性暴力を考える会@東京 @papsjp 2011年11月16日
ちなみにマッキノンは家父長制とか父権制という言葉をほとんど使わないし、人種差別の構造や階級差別の構造よりも性差別の構造の方が根本であるとも主張していない。また、ラディカル・フェミニストと自己定義する人でもマッキノンのポルノ規制論には反対という人も少なくない。まあ要するに、どんな思想潮流とも同じく一枚岩ではないということ。
0
(旧)ポルノ被害と性暴力を考える会@東京 @papsjp 2011年11月16日
それに、ラディカル・フェミニズムにかぎらずフェミニズムというのはもともと実践的、運動的な存在だから、理論的な主張内容だけで定義するのはそもそも一面的ではないか?
0
(旧)ポルノ被害と性暴力を考える会@東京 @papsjp 2011年11月16日
他方、リベラル・フェミニストと自己定義する人でもポルノ規制に賛成する人もいるし、反対する人もいる。ポルノを性差別表現として批判はするけどその法規制には反対するという人もいる(これが一番多いかも)。ラディフェミ=ポルノ規制派ではないし、ポルノ規制派=ラディフェミでもない。たとえば日本ユニセフの場合は、そもそもフェミニズムの文脈ではなく子供の権利擁護の文脈でしょうし。
0
(旧)ポルノ被害と性暴力を考える会@東京 @papsjp 2011年11月16日
またポルノの法規制といっても、マッキノンとドウォーキンの構想する民事法的・公民権法的規制と、一般に「規制」と言われる場合に想定されている刑事法的規制では、まったく異なるし。
0
(旧)ポルノ被害と性暴力を考える会@東京 @papsjp 2011年11月16日
「ラディカルフェミニズムはセックスワーカーやトランスジェンダーに敵対している」というのも、そういうラディカル・フェミニストもいる、というだけのことでしょ。マッキノンは敵対してないどころか、セックスワーカーについて「自分の教師」だとさえ述べている。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月16日
papsjpさんのコメントに1つずつ返答。「定義の一つ」というけれども、たとえばRadFem Hub、ボストンのラディカルフェミニストセミナー、その他「ラディカルフェミニズム」を自称する団体やイベントのほぼ全てが主張しているもの。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月16日
もちろん、それ以外の意味でラディカルフェミニズムという言葉を使う人はいるだろうけど、ラディカルフェミニストたちが「それはラディカルフェミニズムの偽物だ」と袋叩きにしているのをみたことがあります。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月16日
マッキノンについては、彼女は行動においてラディカルフェミニズムに参加していますが、彼女の思想はラディカルフェミニズムの典型例ではないと繰り返し指摘しています。マッキノンをラディカルフェミニズムのスタンダードと考えるのは間違いです。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月16日
「理論的な主張内容だけで定義するのはそもそも一面的ではないか」と言いますが、繰り返しマッキノンという理論家を持ち出すpapsjpさんと違い、わたしは理論家ではなく具体的な運動をいくつも挙げています。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月16日
わたしの言うラディカルフェミニズムの理論は、大学における机上の理論ではなく、シャーロット・バンチが言うような、運動として実践されている理論です。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月16日
ラディカルフェミニズムが性労働者やトランスジェンダーに敵対しているのは、「そういうラディカルフェミニストもいる」と言って済ませられるレベルではありません。たとえばリベラルフェミニストにもそういう人はいるけど、リベラルフェミニズムの理論に基づいて差別・敵対をしているわけではない。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月16日
→リベラルフェミニストは、ただ世間一般の人と同じく偏見を持っているというレベル。でもラディカルフェミニズムがセックスワーカーやトランスジェンダーに敵対するのは、そういうレベルの話ではない。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月16日
もちろん例外があるのは、わたしも既に説明している。そもそもわたし自身が以前は、性労働者やトランスジェンダーを攻撃しないラディカルフェミニズムを模索したラディカルフェミニストだったもの。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月16日
マッキノンが「自分の教師」と呼ぶのは、反売春・反ポルノの主張に同調するごく一部の元セックスワーカーだけ。そして彼女たちの発言を根拠として、それ以外のセックスワーカーへの迫害に直接加担している。実例は既にあげました。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月16日
いずれにせよ、わたしはマッキノンはラディカルフェミニストの中では特殊な例だと思っているので、「マッキノンには当てはまらない」というのでは反論にならないです。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月16日
てゆーかですね、いま、ラディカルフェミニズムの名のもとに、どれだけひどい性労働者やトランスジェンダーの人たちへの攻撃が行われているか、分かっていますか?
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月16日
そしてそれを、ほかのラディカルフェミニストたちが批判するということはほとんどない。ていうか、批判したらその人まで「おまえはラディカルフェミニストではない」って叩かれる。どこからどうみても、敵対してます。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月16日
ついでに言うと、わたしはラディカルフェミニズムについて批判するところは批判しているけど、評価するところはすごく評価していて、ラディカルフェミニズムに対するおかしな批判には、それがセックスワーカーやトランスジェンダーの仲間の発言でも、きちんと反論してるよ。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月16日
そのせいでわたしがトランスジェンダー活動家たちに「おまえはトランスフォビックなラディカルフェミニストだ」と批判されたり、講演妨害されたこともあるくらい。でも、評価しつつ批判もするって、運動のなかで普通にあることでしょ?違う?
0
偽教授 @tantankyukyu 2011年11月16日
わたしがラディカルフェミニズムと呼んでいるものだけがラディカルフェミニズムだ、と決める権利が誰かにあるの?
0
(旧)ポルノ被害と性暴力を考える会@東京 @papsjp 2011年11月16日
ラディカル・フェミニズムをどのように定義するにしても、その理論から必然的にセックスワーカーやトランスジェンダーへの敵対が生じるというのは実におかしい。それは、マルクス主義の理論からしてブラック企業の賃労働者への敵対が生じるというのがおかしいのと同じ。
1
(旧)ポルノ被害と性暴力を考える会@東京 @papsjp 2011年11月16日
反売買春・反ポルノという政治的立場からすれば、それを肯定する潮流を批判したりそれと対立したりするのは当然ですよね。それを「迫害」と表現するのは非常に誘導的。
0
(旧)ポルノ被害と性暴力を考える会@東京 @papsjp 2011年11月16日
そんなことをいえば、反ポルノ派もリベラル派からむごい「迫害」を受けている。日本の状況を見てもそうでしょ。この Togetter でもどれだけひどい攻撃を受けていることか。まったく歪められたまとめられ方をしたり、何度も「死ね」と言われている。で、そういう攻撃に対してあなたは何か反応しましたか?スルーですよね。
0
甲賀志 @hiroujin 2011年11月16日
「反ポルノ派もリベラル派からむごい「迫害」を受けている。」 ←自分達が攻撃を受けているからといって、セックスワーカーやトランスジェンダーを攻撃していい理由にはならない。 宜野湾市の風俗街規制では警察と一体化した女性団体による凄まじいセックスワーカーバッシングが起きている。ソース:http://news.nicovideo.jp/watch/nw79734 
1
(旧)ポルノ被害と性暴力を考える会@東京 @papsjp 2011年11月16日
「評価しつつ批判もするって、運動のなかで普通にあることでしょ」、その点はまったくそう思います。既存のラディフェミの中にある限界や問題を批判して、よりまっとうなラディフェミを構築していくべきだろうと思います。その思想は生まれてまだ数十年なのであり、批判的に発展する余地はまだいくらでもあるでしょう。他の思想潮流だって同じです。
1
(旧)ポルノ被害と性暴力を考える会@東京 @papsjp 2011年11月16日
その「地元の婦人団体」というのは、なに、ラディカル・フェミニストなわけ?
0
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月16日
例えば「ハッカー」という言葉も本来悪い意味はなかったはずが、事件のせいでコンピュータ犯罪者というニュアンスを持ってしまった言葉です。しかし申し訳ないけどハタから見ていると、やはり定着してしまった後者の意味あいで、つい「ハッカー」という言葉を使ってしまう。この問題を見ていても、「要するに何がラディフェミなんかはっきりせえ」と癇癪を起こしてしまいそうになります。
0
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月16日
ただ、「世間」の視線は「ポルノ規制に対するスタンスをはっきりしろ」というところにばかり向けられていし、wikiの記述などを見てもそうした文脈でリベラル/ラディカルのレッテル貼りを行っている。ならばまず、(抵抗する人々もいるだろうけれども)そうした二分の仕方こそが間違いだぞということを言っていく必要がありそうです。
0
(旧)ポルノ被害と性暴力を考える会@東京 @papsjp 2011年11月16日
私のこれまでの一連のツイートを読めば、売買春やポルノを長期的になくしていきたいと思っているが、いま現在その中にいる人々を非難したり否定する立場ではまったくないことはわかるはずです。ミスコン論議でもその点は一貫していたことは、小山さんの仲間も認めてくれるはずです。
0
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月16日
papsjpさん>ボクはあなたのツイートをほとんど読んでいないけれども、例えば今のご発言を「BLやティーンズラブコミックを長期的になくしていきたいと思っている」に読み替えると、その時点で腐女子や女オタへの非難、否定になってしまうわけですよ。
0
(旧)ポルノ被害と性暴力を考える会@東京 @papsjp 2011年11月16日
われわれの定義する「ポルノ」と、BLやラブコミックとは同じではありません。性表現や官能表現をなくしたいのではなく、性差別性や性暴力性があからさまな性表現をなくしていきたいということです。また、なくしていきたい対象の中心は二次元ではなく、実際に生身の女性、男性、トランスの方が使用されている実写ポルノです。
0
(旧)ポルノ被害と性暴力を考える会@東京 @papsjp 2011年11月16日
誤解の余地のないように言っておきますが、「なくす」というのは、法律で一律に禁止するという意味ではありません。性を売らなければまともな生活が保障されないような社会状況(それがまさに性差別構造の核心なわけですが)を長期的に克服していくということです。
0
(旧)ポルノ被害と性暴力を考える会@東京 @papsjp 2011年11月16日
マッキノンは日本に来た時、セックスワーカーの現在の状況を改善するために活動している人に敬意を持っているとはっきり言っていました。しかし私が主としてやりたいことは、性を売らなければならない状況をなくすことだと言っていました。
0
甲賀志 @hiroujin 2011年11月16日
日本倫理学会編『日本倫理学会第50回大会報告集』1999年10月 52-57頁 『キャサリン・マッキノンが京都の研究会で発表したときに、日本のレディースコミックを女性たちが買ってポルノとして使っているのをどう思うかと質問したところ、マッキノンは、「女性向けのポルノというのは、実は男が男向けに作っているのであり、その読者の九九%は男である」と答えて、会場にいた者を唖然とさせた。
2
(旧)ポルノ被害と性暴力を考える会@東京 @papsjp 2011年11月16日
たとえば、原発労働者の置かれているひどい状況を改善する活動と、原発そのものをなくして、貧困層が原発労働をしなければ状況そのものをなくしていくこととは両立します。性労働についても私は同じように考えています。反原発運動から必然的に原発労働者への敵対が生じるでしょうか? 逆でしょう。原発を肯定する立場こそが原発労働者に敵対しているのです。
0
甲賀志 @hiroujin 2011年11月16日
ご存じの方はご存じだと思うが、SM的な描写のとても多いレディースコミックは、その書き手のほとんどはかつて少女マンガを書いていた女性であり、コンビニ等で購入して支えているのも女性が多い。』
0
(旧)ポルノ被害と性暴力を考える会@東京 @papsjp 2011年11月16日
ある社会制度や社会慣行を性差別として批判することが、その中にいる人々に敵対することになるという論理が成立するなら、ミスコンを性差別として批判した小山さんの仲間も、ミスコン出場者に敵対していることになりますね。でもそうではないですよね。私たちも同じです。
1
(旧)ポルノ被害と性暴力を考える会@東京 @papsjp 2011年11月16日
あらゆる女性は現在の性差別構造の中で生きていくためにそれに包摂されそれに多かれ少なかれ適応しているのだから、性差別構造を批判することそれ自体がすべての女性に敵対するということになってしまいます。もしそうだとしたらフェミニズムなどというものはそもそも成立しなくなります。
1
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月16日
papsjpさん> BLやティーンズラブコミックこそ「性差別性や性暴力性があからさまな性表現」の最たるものですよw hiroujinさんの意見に補足すると、日本のフェミニストもレディースコミックに対してほとんど同じ「分析」をして、それが「定説」になっていた時期が長い。 それこそBL含めオタク女子が(しかも同人誌と言った「上司」のいない状況下で)性表現を活発に行うようになって、こうした言説に無理が生じて口を閉ざした印象です。
0
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月16日
>なくしていきたい対象の中心は二次元ではなく、実際に生身の女性、男性、トランスの方が使用されている実写ポルノです。 このご意見には同意できますが、ならば「フィクションはOK」とおっしゃっていただかないと、理屈が通りません。
0
(旧)ポルノ被害と性暴力を考える会@東京 @papsjp 2011年11月16日
フィクションはOKと言っているのではありません。「中心」と「唯一」とは違います。なくしていきたい中心は実写暴力ポルノ。しかし、非実写であっても内容しだいでは、その流布は性差別状況を強化すると言っています。BLであってもその内容が性暴力を肯定するものなら、私たちは批判しています。それは過去のツイートを見ても明らかです。
0
甲賀志 @hiroujin 2011年11月16日
『反ポルノ団体と矯風会・売春蔑視勢力はほぼ同一だ。彼女らは姦通罪すら望んでいた時期がある/松沢呉一。セックスワーカーは矯風会始め反売春・反ポルノ団体から蔑視されて人権を否定されてる/要・松沢』http://togetter.com/li/161407
0
甲賀志 @hiroujin 2011年11月16日
『ポルノ買春問題研究会の金尻和也「わたしエクパットの運営委員してますけれど」/本人が認めたか。ポルノ買春問題研究会とエクパット東京=矯風会の繋がりは前々から言われてたけどね http://htn.to/431zbwhttp://twitter.com/#!/heroin_25/status/88472882845458432 このエクパットとは矯風会を母体とするエクパット東京ことECPATjapanのこと
0
(旧)ポルノ被害と性暴力を考える会@東京 @papsjp 2011年11月16日
矯風会自身がしだいに変わってきているということです。昔の売春者差別的な立場から離脱していっているのであり、それは何よりもフェミニズムの影響を受けてそうなっているのです。私たちの会のかなちんがエクパットの運営委員になったということにもそのことは示されています。
0
んぱんぱ @crayonmarch 2011年11月16日
Pさんへ、原発労働者と性風俗と何の関連性があるのか意味不明です。原発労働者はいかなる健康被害があろうと訴訟するなという理不尽な同意書を書かされます。風俗店でそんな話聞いたことありませんが、あるなら教えていただきたいです。
0
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月16日
いろいろとお答えくださるのでこの際お聞きしますが、papsjpさんが「OK」だと思われる性表現は具体的に何でしょうか? BLなんてレイプばっかりですから、ほぼ壊滅状態になることが想像されますが……。
0
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月16日
papsjpさんがセックスワーカーを原発労働者に準えたのは、要はセックスワーカーを「カワイソーな、仕方なくそういう仕事をしている低所得層」というニュアンスで捉えていらっしゃるのだと思います。が、そうした見方には無理があるのでは、という一例としてぼくはオタク女子の描くエロ漫画を上げたわけです(ただしセックスワーカーをヘンに輝かしい者として持ち上げるやり方にも違和感は感じますが)。 とにかく、セックスワーカーをBL作家に置き換えるとpapsjpさんのお考えはかなり傲慢な、女性たちにこそ反感を抱かせるものになっ
0
@tentaka2110 2011年11月16日
なくしていきたい対象を実写暴力ポルノに絞れば賛同する人も多くなると思う
0
甲賀志 @hiroujin 2011年11月16日
削除 矯風会が支持している児童ポルノ禁止法改正自公案は、外見上未成年に見える成人女性の性的自己決定権を否定する条項が入っている。矯風会が変わってきたなんてお笑いだね。ラディカルフェミニズムも矯風会も共通しているのは、女性の性的自己決定権の否定だよ。
0
beni-uo @beniuo 2011年11月16日
@papsjp さんとpapsjp(団体)との間でなくしたいポルノの定義に差があるように感じます。papsjp(団体)がなくしたいポルノとは女性を見世物的に差別的に従属的に扱う性表現物のはずです。
0
beni-uo @beniuo 2011年11月16日
また、フィクションが中心ではないかのような捉え方も可能な発言をされています。これもpapsjp(団体)は現状の児童ポルノ法の限界の3つ目としてバーチャルな児童ポルノが規制対象外であることを挙げ、フィクションに対する取り組みにも力を入れようとされているはずです。
0
(旧)ポルノ被害と性暴力を考える会@東京 @papsjp 2011年11月16日
別に組織としてポルノの定義を定めているわけではないので、人によって少しずつ表現に違いはあるでしょうよ。児童ポルノだって、実写児童ポルノの方が大きな問題なのは明らかでしょ。しかし実写児童ポルノはすでに規制されているわけですよ。>beniuo
0
beni-uo @beniuo 2011年11月16日
子どもとのセックス、子どもへの性的虐待を美化するようなバーチャルな児童ポルノが実写の児童ポルノへの誘導を生み出しているとして問題視しているのではなかったのですか?
0
(旧)ポルノ被害と性暴力を考える会@東京 @papsjp 2011年11月16日
問題視していないなんてどこで言った?実写の方が問題だと言っただけだろ。
0
beni-uo @beniuo 2011年11月16日
「性差別性や性暴力性があからさまな性表現」と「女性を見世物的に差別的に従属的に扱う性表現物」とは表現が違うだけで同じものを指しているのであれば、公式アカウントとpapsjpさん個人にズレがないということで了解です。 >papsjpさん
0
beni-uo @beniuo 2011年11月16日
papsjpさんが問題視していないとは私も思っていません。「また、フィクションが~」のコメントに直接繋がるコメントとして投稿したつもりですが、「別に組織としてのポルノの定義を定めているわけではないので~」の文章を見る前にコメントを送信したため、勘違いを招いてしまったようです。申し訳ありません。
0
beni-uo @beniuo 2011年11月16日
一つ前のコメントに戻ります。また、「性差別性や性暴力性があからさまな性表現」と「女性を見世物的に差別的に従属的に扱う性表現物」が指す範囲が違うものだとしても、それはpapsjpさんの個人的な意見として承ります。
0
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月16日
「女性を見世物的に」という時点でポルノはおろかミスコンから何から入ってしまうわけで、そういなるとpapsjpさんは女性の九割方を敵に回しかねない。ぼくが聞きたいのはそれを受け容れて戦う覚悟があるというのがpapsjpさんのお考えなのか、と言うことなのですけれども。
0
(旧)ポルノ被害と性暴力を考える会@東京 @papsjp 2011年11月16日
あくまでも「性的にあからさまな表現物」という大前提がありますので。ミスコンは性差別的な催しではありますが、それ自体はポルノではありません。それに、なんで女性の9割を敵に回すのかが不明ですね。
0
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月17日
なるほど。となると九割は大げさでしょう。ただ、ぶっちゃけ女性の中でもポルノを積極的に否定したいという動機を持っている人はそれほどの割合ではないでしょう。更に前にも書いたように腐女子層は一挙に敵に回してしまうのでは。これはかなりバカにならない割合です。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月17日
「ラディカル・フェミニズムをどのように定義するにしても、その理論から必然的にセックスワーカーやトランスジェンダーへの敵対が生じるというのは実におかしい」。同意します。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月17日
必然ではない。けれども、ラディカルフェミニズムの理論を理由とした攻撃が生じていて、それに対してラディカルフェミニズムの中から批判が起きていない。よくやったという声ばかり。
1
エミコヤマ @emigrl 2011年11月17日
それに同調できない人は、ラディカルフェミニズムから離れていく。残念なことだと思います。性労働者やトランスジェンダーを肯定するラディカルフェミニズムがあれば魅力的なのに。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月17日
具体的な性労働者への攻撃の例として、雇用者側ではなく労働者側の規制の例をあげました。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月17日
結婚制度批判や主婦批判やミスコン批判があるように、性産業批判やトランスジェンダー批判があってもいいです。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月17日
でも結婚や主婦やミスコンはノーマティヴだけど、性労働者やトランスジェンダーはそうでない。その点を忘れてはいけません。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月17日
制度としてそれらを批判するのであれば、その批判がそれらマイノリティの人たちにどういう影響を与えるかを考えるべきです。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月17日
しかし、ラディカルフェミニストの多くは、女性解放のためにかれらを踏みにじっても良いと考えているどころか、男性支配の走狗であるとして積極的に攻撃している人もいる。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月17日
それに対して、ラディカルフェミニズムの中からの批判はほとんどない。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月17日
たとえば、ミシガン女性音楽祭に参加したMTFトランスジェンダーの女性の写真や実名をブログで晒して、こいつらが女性たちのスペースに侵入した男たちだ!とやっているブログがある。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月17日
さらに、彼女たちの容姿を罵倒したり、個人情報を集めたり。それをラディカルフェミニストで批判する人がいない。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月17日
批判するのは、ラディカルフェミニスト以外の人ばかり。それに対して、「おまえたちは男性の味方でありフェミニストではない」と罵倒。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月17日
そういう状況を無視して、ラディカルフェミニズムが性労働者やトランスジェンダーを攻撃していないなんて言えるわけがない。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月17日
反ポルノ派や反規制派のひどい攻撃については、わたしも再三批判していますよ。てか、ラディカルフェミニズム批判よりそっちのほうがずっと多い。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月17日
そもそもわたしが「ラディカルフェミニズムは本当はこんな思想」とか「マッキノンの主張は本当はこう」と解説しているのは、反ポルノ派や反規制派の間違いを批判するため
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月17日
もし、papsjpさんがラディカルフェミニズムによるマイノリティ攻撃を批判してくれるというなら、大歓迎です。そういう人がもっと増えたら、わたしもラディカルフェミニズムにもっと希望を持てるようになるかもしれません。
0
黒モヘヤ @kuromohair 2011年11月17日
>しかし、ラディカルフェミニストの多くは、女性解放のためにかれらを踏みにじっても>良いと考えているどころか、男性支配の走狗であるとして積極的に攻撃している人もいる。 そりゃひどい。こういうの、リストアップして晒されてほしいですね。 こういう女性内差別はもっとも批判されるべきだ。 これって、理論から出てくるのではなくただの元々ある差別感情の現れでは?
0
黒モヘヤ @kuromohair 2011年11月17日
マッキノンがラディカルフェミニズムの主流でないのにセックスワーカーを差別しないのがマッキノン系列しかいないというなら、それって大問題では?
0
黒モヘヤ @kuromohair 2011年11月17日
つか、セックスワーカーを「男性支配の走狗」ってとらえてる人は、理論すら理解してないよ。
0
黒モヘヤ @kuromohair 2011年11月17日
とくにフェミニズムに詳しくなくたって、構造さえ踏まえてれば、セックスワーカーが敵に見えるなんてことないもんねえ。ほんの少しの差別さえ入りこむ隙も、ないもの。
0
黒モヘヤ @kuromohair 2011年11月17日
フェミニズムの名のもとにセックスワーカーを叩いてる人たちがいるなら、そっちのほうが亜流あつかいでいいんじゃない?
0
黒モヘヤ @kuromohair 2011年11月17日
私自身はフェミニズムがセックスワーカー叩きになってしまいやすい危うさがすごくわかるんだけど、そのへんのからくりや、そうならないための姿勢を語ろうとしたら、かなり言葉を要してしまう。ただひとつ言えるのは、この社会でセックスワーカーはフェミニズムに親和的になったとしても今すぐ仕事をやめるわけにはいかず、その性暴力の中でまだ生き続けなければならない。そうした生のあり方、存在のしかたを、フェミニズムは肯定し受容しなければならない、そうでなければそれはフェミニズムではない、ということ。そしてこのことと、性暴力として
0
黒モヘヤ @kuromohair 2011年11月17日
の性産業の将来的な廃絶をめざすことは、両立する。だって、子供のセックスワーカー相手にすら、強いパターナリズムを行使してやめさせる、ってことはしないじゃないですか。それでも児童買春の廃絶をめざすでしょう?
0
黒モヘヤ @kuromohair 2011年11月17日
>hiroujin リンク先見た。この婦人団体はだいぶ道徳主義ではないかね? 性産業との「正しい」闘い方ではないよ。摘発ってやり方も。
0
黒モヘヤ @kuromohair 2011年11月17日
>crayonmarch 現実にセックスワーカーはその労働そのものも、あるいはそこで生じてる無数の被害も、性暴力として訴えることができてないだろ? 原発労働の同意書にあたるものが、セックスワーカーの場合は社会的差別なんだよ。
0
黒モヘヤ @kuromohair 2011年11月17日
>hyodoshinji >BLなんてレイプばっかりですから、ほぼ壊滅状態になることが想像されますが……。 じゃ壊滅でいいんじゃないか?
0
黒モヘヤ @kuromohair 2011年11月17日
>hyodoshinji >papsjpさんがセックスワーカーを原発労働者に準えたのは、要はセックスワーカーを「カワイソーな、仕方なくそういう仕事をしている低所得層」というニュアンスで捉えていらっしゃるのだと思います。  ひっでえな、どんな偏見だよ。でも実際は「仕方なくそういう仕事をしている低所得層」でかなり当たってるし、それが「カワイソー」でなくなんなんだよ。つか性という何があっても守られるべきものをお金と交換されてる時点でカワイソーでなくてなんなんだよ。
0
黒モヘヤ @kuromohair 2011年11月17日
>hyodoshinji 「交換されてる」って受身的な書き方をしたけど、これは単純売春や個人営業のセックスワークの場合でもね。形式的な自由意志により交換させてるのは、性の購入を正当化し許容する社会だから。
0
(旧)ポルノ被害と性暴力を考える会@東京 @papsjp 2011年11月17日
「たとえば、ミシガン女性音楽祭に参加したMTFトランスジェンダーの女性の写真や実名をブログで晒して、こいつらが女性たちのスペースに侵入した男たちだ!とやっているブログがある」、これはラディフェミなんですか? としたらまったくおかしな話です。しかし日本で、トランスジェンダーを攻撃しているラディフェミなんているんですか? 
0
(旧)ポルノ被害と性暴力を考える会@東京 @papsjp 2011年11月17日
「性産業批判やトランスジェンダー批判があってもいいです」。いやいや、「性産業」は批判しても、トランスジェンダーはそもそも批判対象じゃないですよね。性産業は女性を性的に搾取するビジネスです。ミスコン以上にね。そして性産業はきわめてノーマティブですよ。日本でも売春防止法で規制されるの実際に性交がなされるものだけであり、それ以外の性産業(性交類似行為がなされるもの)は届けさえ出せば合法です。
0
(旧)ポルノ被害と性暴力を考える会@東京 @papsjp 2011年11月17日
男性のきわめて多くが買春(性交類似行為を買う場合も含めて)をしているという現状は、十分ノーマティブでしょ。ある調査では、男性の5割以上が買春経験者です。男性人口の半分が経験しているってすごいことですよ。ミスコンを選ぶ側になった男性が人口の半分もいますか?
0
(旧)ポルノ被害と性暴力を考える会@東京 @papsjp 2011年11月17日
買春者は非難されず、売春者が非難されるという構造こそが性差別の構造そのものです。私たちは売春防止法の改定を提案していますが、その中心は、売春女性の逮捕につながっていた5条(勧誘罪)を撤廃することと、買春行為に焦点を合わせることです。
0
(旧)ポルノ被害と性暴力を考える会@東京 @papsjp 2011年11月17日
セックスワーカーが非難されてはならないのは、性暴力の被害者が非難されてはならないのと同じです。リベラル派は、本人の同意や選択という点を持ち出して両者をまったく異なったものとみなすでしょうが、私たちは、権力構造こそがそのような同意の調達を可能にすると考えます。「自由社会」における権力とは何よりも同意を調達する能力です。
1
(旧)ポルノ被害と性暴力を考える会@東京 @papsjp 2011年11月17日
妻がDV夫のもとにとどまることを選択したからといって、引き続き殴られていいことにはならないし、その妻が被害者ではないことにならないし、とどまったことをもって非難されるいわれもない。非難されるべきは、どこまでもDV夫であり、その夫を止めようとしない社会です。
0
(旧)ポルノ被害と性暴力を考える会@東京 @papsjp 2011年11月17日
マッキノンが日本に来た時、「どうしてDV被害を受けている妻は家を出ないのでしょうか」という会場質問に対して、「彼女には家にいる権利がある」と答えています。まったくそのとおりです。彼女には家にいる権利があり(なぜならそれは彼女の家だから)、その選択をしたからといって非難されるいわれも、殴られるいわれもないわけです。出て行くべきは夫です。家を失うべきは殴る側です。
0
(旧)ポルノ被害と性暴力を考える会@東京 @papsjp 2011年11月17日
マッキノンが特殊だと言いますが、むしろマッキノンはラディカル・フェミニストの発展型だと思います。本来、ラディカル・フェミニズムの理論からすれば、kuromohair さんが言うように、「セックスワーカーが敵に見えるなんてことない」と思います。実をいうと、この問題をめぐっては、APPで大昔、内部論争があり、セックスワーカーを「差別を幇助する側」だと主張していた人はAPPをやめています。そのやめた人1人を除いて、残る全員がワーカー非難を断固拒否しました。
0
(旧)ポルノ被害と性暴力を考える会@東京 @papsjp 2011年11月17日
もし誰かが、性産業は性差別の制度ではないとか、性の売買を通じて性被害が生じていないとか、言ったとすれば、その言った人の属性に関わらず、私たちはその主張を批判します。しかしそれは、そうした主張を批判しているのであって、その属性を批判しているわけではない。
0
(旧)ポルノ被害と性暴力を考える会@東京 @papsjp 2011年11月17日
性産業従事者だけでなく、この性差別社会では、ほとんどの女性が何らかの形で性的に搾取を受けています。その意味で、セックスワーカーの置かれている状況とそれ以外の女性の置かれている状況とは連続しているわけです。社会構造とはまさにそういうことです。個人の選択によってそうした構造から簡単には逃れられないからこそ、それは強固な性差別構造であると言えるわけです。
1
(旧)ポルノ被害と性暴力を考える会@東京 @papsjp 2011年11月17日
こうした社会構造を踏まえているからこそ、マッキノンは、売春女性の役に立たない法はどの女性にも役に立たないと言っています。
0
黒モヘヤ @kuromohair 2011年11月17日
トランスジェンダー叩きってパトリック・カリフィアさんの本にあるようなやつかな?
0
(旧)ポルノ被害と性暴力を考える会@東京 @papsjp 2011年11月17日
しかし、日本に翻訳されているラディカル・フェミニストの文献で、セックスワーカーやトランスジェンダーを非難しているものってあるのかな。スーザン・ブラウンミラー、ケイト・ミレット、シュラミス・ファイアーストーン、ジュディス・ハーマン、アドリエンヌ・リッチ、アンドレア・ドウォーキン、ロビン・モーガン、グロリア・スタイネム、アトキンソン、あたりは間違いなくラディカル・フェミニズムだと思うけど、そんな箇所思い当たらない。
0
黒モヘヤ @kuromohair 2011年11月17日
非難はしてないけどドウォーキンは「売春女性は買春男性が置いていった汚れで汚れている」とか書いてましたね。かーなーり、忘れられない。。。
0
(旧)ポルノ被害と性暴力を考える会@東京 @papsjp 2011年11月17日
それは『女たちの生と死』236頁のことですよね。ドウォーキンが言っているのは、売春婦は汚れていると言われているが、実際には男たちが自分の汚れを売春婦に残していったのだ、ということです。つまり、売春婦が汚れているのではなく、男が自己の汚れを売春婦になすりつけているのだ、と言っているのです。翻訳がその辺をうまく伝え切れていないかもしれませんが、ドウォーキン自身、元セックスワーカーであり、彼女は常に売春女性の立場から発言しています。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月17日
またまたお返事です。ラディカルフェミニズムが性労働者を叩いているというのは、詳しくいうと、かれらが性労働者の安全や生活を脅かすような政策を推進していて、それに性労働者が抵抗すると、男性支配の走狗のような扱いをして叩くという意味ですね。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月17日
たしかに、性労働をしているだけで叩くわけではないです。とはいえ、叩いているつもりはなくても、安全や生活を脅かす行為は、攻撃には違いない。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月17日
ラディカルフェミニストのメリッサ・ファーレイは、反論してくる性労働者は全体の1%程度に過ぎない例外的に恵まれている人たちであり、自分勝手な理由で男性側についているのだ、と言います。
1
エミコヤマ @emigrl 2011年11月17日
実際に、そういう恵まれた性労働者が反発していることもあり、わたしはそういう恵まれた性労働者の運動をずっと批判しています。でもそうではない人たちも抵抗している。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月17日
たとえばシカゴのYWEP、ワシントンDCのDifferent Avenues、ニューヨークのStreetwise and Safeなどの団体は、経済的その他の理由で売春せざるをえない非白人のストリートユースの団体ですが、ファーレイらを批判しています。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月17日
切実な事情を抱える人による妥当な批判もあるのに、わざわざ一番ダメな批判を取り上げて、それを否定することで「批判者は全部ダメだ」と決め付ける論法は、とても暴力的であり、少数者を消し去る行為だと思います。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月17日
papsjpさん「これはラディフェミなんですか?」そうですよ。直接リンクはしませんが、GenderTrenderというブログを見てください。コメント欄も。批判はほぼすべてラディカルフェミニストではない人によるもので、ラディカルフェミニストはこの行為を賞賛しています。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月17日
トランスジェンダー批判は、ラディカルフェミニズムの大きなテーマの一つです。古くはJanice Raymond「The Transsexual Empire」、Mary Daly「Gyn/Ecology」からはじまり、
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月17日
Germaine Greeir「The Female Eunuch」、Sheila Jeffreys「Unpacking Queer Politics」など。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月17日
あと、一時期 Questioning Transgender というブログがあって、ラディカルフェミニズムから見たトランスジェンダー批判で盛り上がっていました。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月17日
わたしは、トランスジェンダー批判はフェミニズムの主張としてアリだと思います。でもそれは、現実にトランスジェンダーとして生きる人に対する差別や迫害を正当化するものではない。多くのラディカルフェミニストは、その区別をきちんとつけていません。
1
エミコヤマ @emigrl 2011年11月17日
主婦制度を批判することと、主婦を蔑んだり攻撃することを区別していない人がいるのと同じですね。でも主婦はノーマティヴな存在であり、それ一色にはならない。区別がちゃんとできる人もたくさんいる。そこがトランスジェンダー攻撃と違う点。
1
エミコヤマ @emigrl 2011年11月17日
すでに挙げましたが、現代ラディカルフェミニズムによるトランスジェンダー批判はこちらのリンク集からたくさん紹介されています: http://radicalhub.wordpress.com/radical-perspectives-lots-of-links 売買春、BDSM、インターコース批判なども。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月17日
売春従事者はマージナルですが、買春男性はそのとおりノーマティヴです。だから買春男性への批判や攻撃に、わたしは何も言っていないでしょ。わたしが口を出すのは、それが売春従事者の安全や生活を脅かしたときだけ。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月17日
売春防止法のスウェーデン方式への移行は、日米においては現状よりは改善だと思っています。でもスウェーデンの性労働者たちは、さまざまな弊害を指摘しています。こちらから読めますよ。 http://www.bayswan.org/swed/swed_index.html
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月17日
ちなみに、ドウォーキンはトランスジェンダー女性を擁護する発言もしています。そのことはいまのラディカルフェミニズム業界ではタブーになってますw
1
エミコヤマ @emigrl 2011年11月17日
この発言が紹介される文脈を理解してほしいのだけれど、ラディカルフェミニズムの中でトランスジェンダー攻撃があまりに当たり前のことになっているから、それに対する抵抗として、あなたたちが大切に思っているドウォーキンは、あなたたちと違ってこういうことを言っているよ、と示そうとしているのね。
1
エミコヤマ @emigrl 2011年11月17日
つまり、ドウォーキンのトランスジェンダー擁護がこうして紹介されているのは、「トランスジェンダー攻撃がない」証拠じゃなくて、逆に、彼女の発言が例外であって、「トランスジェンダー攻撃がスタンダードである」ことを示している。
1
こげぱん@止めよう不要不急のエロ規制 @kogemayo 2011年11月17日
性労働を批判しないラディフェミはよその国には探せばいるのかもしれないが、セクシャルマイノリティや知的・精神・発達障害者へのヘイトスピーチをしないラディフェミはどこを探してもいない、というか論理的に成り立ちようがないのかもしれないという印象ですね。
1
(旧)ポルノ被害と性暴力を考える会@東京 @papsjp 2011年11月17日
ラディカル・フェミニズムからトランスジェンダー批判が出てくる理由がさっぱりわからないですね。何か翻訳されている文献はありますか?
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月17日
翻訳は知らないですけど、ラディカルフェミニズムの主要な論者がトランスジェンダーについてなんと言ってきたかは、こちらにあります。 http://bit.ly/vmPM9l 訳したほうがいいかな?
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月17日
ここに挙げられている文献は10年以上前のもので(有名な論者の代表的著作から例を集めたらそうなる)、基本的にMTFトランスジェンダーのことしか書かれていません。トランスジェンダーが可視化されたのは90年代以降。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月17日
FTMについてはもっと簡単に、「父権制と戦うことを放棄して、自ら男性になることで男性特権にアクセスしようとした裏切り者」みたいな扱いをされることがある。けどFTMよりMTFのほうが圧倒的に攻撃の対象となっている。
1
(旧)ポルノ被害と性暴力を考える会@東京 @papsjp 2011年11月17日
紹介されたサイトを見るかぎり、文脈から切り離された文章の列挙ですね。FTMについては「父権制と闘うことを放棄して云々」という理屈(まったく間違っているが)は想定しえても、MTFはどういう理由から非難されるんですか? FTM非難の論理からすれば、MTFは男性特権を捨てて女性の側に来た人ととしてむしろ賞賛されるべきだということになりますよね。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月17日
「全てのトランスセクシュアルは女性の身体をレイプしている」とか「トランスセクシュアルはフランケンシュタインのモンスターであり、死体姦淫者である」とか、どういう文脈だったら攻撃ではないということになるんですか?
1
エミコヤマ @emigrl 2011年11月17日
トランスセクシュアル攻撃の論拠は、ツイッターではとても説明しきれないです。FTM批判の論理と矛盾してるだろ、というのはわたしもそう思います。いつかブログに書くかも。papsjpさんがそういった攻撃に反対する考えをはっきり表明されているのは嬉しいです。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月17日
FTMのほうが叩かれてもおかしくないのに、実際にはFTMバッシングはMTFバッシングと比べて目立ちません。なぜかというと、ラディカルフェミニストの多くがレズビアンで、FTMとカップルになっているレズビアンが結構いるから。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月17日
彼女たちは、FTMを本当の意味で男性だとは認めたくない。認めたら、自分はレズビアンなのだろうかという疑問も浮かんでしまう。だから、FTMは完全に男性とみなされないことと引き換えに、ラディカルフェミニストたちからの攻撃から免除される。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月17日
でも、多くのFTMにとってみれば、男性とみなされない時点で、攻撃されているのと同じ。それに強く反発する人、そこそこに折り合いをつけて「男性だけど、男性じゃない」立場を受け入れている人など、さまざま。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月17日
もちろん、もっと「ちゃんとした」ラディカルフェミニストは、FTMを徹底的に批判しています。たとえばJulie Bindelとか。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月17日
Sheila JeffreysやJanice Raymondも書いてたな。
0
(旧)ポルノ被害と性暴力を考える会@東京 @papsjp 2011年11月17日
トランスジェンダーを原理的に非難する論理は生物学主義の匂いがしますね。ジャニス・レイモンドやメイリー・デイリーの議論はとくに。シーラ・ジェフリーの議論は少し違うと思います。しかし、トランスの人々の中でも外科手術には否定的な人は大勢いますよね。そのことをもって敵対的と言ってしまえるのかどうか。また、先ほど私が列挙した日本で有名なラディカル・フェミニストでトランスジェンダーを非難している人っていますか?
0
(旧)ポルノ被害と性暴力を考える会@東京 @papsjp 2011年11月17日
文脈はやはり大事ですよ。たとえば、現在の性差別的条件下でなされているセックスをくそみそに批判したからといって、セックスそのものを否定しているということにはならないのと同じです。くそみそに批判している部分だけを抜粋すれば、たとえばドウォーキンは反セックスだと決め付けるのは簡単です。
0
(旧)ポルノ被害と性暴力を考える会@東京 @papsjp 2011年11月17日
ちょっと離脱。たぶんそのままバイトに行く。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月17日
生物学主義ではないです。トランスジェンダーを否定するラディカルフェミニストたちは、ジェンダーは社会的に構築されたものであることを前提としています。むしろトランスジェンダーの側こそが、性自認を根源化している、と批判。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月17日
Questioning Transgender、いま思えばラディカルフェミニズムのトランスジェンダー批判をこれでもかと分かりやすく解説していたサイトだったな。それに対抗してトランス活動家が作ったのが、Questioning Transphobiaブログ。
0
グリルドチーズ無宿 @GrlldChsAsp 2011年11月17日
ここ http://www.questioningtransphobia.com/?page_id=263 ですね RT @emigrl: Questioning Transgender、いま思えばラディカルフェミニズムのトランスジェンダー批判をこれでもかと分かりやすく解説していたサイトだったな。それに対抗してトランス活動家が作ったのが、Questioning Transphobiaブログ。
0
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月18日
kuromohairさん> え? あなたはpapsjpさんと同意見なんです? emigrlさんへの返しを見てると彼女よりのスタンスっぽいのにぼくへのレスはpapsjpさん寄り(セックスワーカー否定)でよくわからん。
0
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月18日
emigrlさんの挙げた事例について、音楽会の例などは話を聞く限り非道いとは思うけれども、例えば「女湯にオカマが入ってきた」といった例を考えれば、正直、それに不快感を表明する女性を非難はできない。 だからラディカルフェミニストのトランスジェンダーへの嫌悪感もまた、一口には否定できないのではないか。
0
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月18日
emigrlさんは「主婦制度を批判することと、主婦を蔑んだり攻撃することを区別していない人がいるのと同じですね。」とおっしゃるけれども(大変もっともなご意見ではあるけれども)、「主婦制度の批判」自体が「主婦への攻撃にもなり得る」という視点をお忘れではないかとも思う。
0
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月18日
ラディフェミの「全てのトランスセクシュアルは女性の身体をレイプしている」といった発言を引用して批判なさったり、「でも、多くのFTMにとってみれば、男性とみなされない時点で、攻撃されているのと同じ」とおっしゃっているけれど(そしてそれは正しいと思うけれども)、では「全ての主婦(セックスワーカー)は女性を搾取するシステムに荷担している」といった言い方は許されなくなるし「多くの主婦(セックスワーカー)にとってみれば、その仕事を否定された時点で、攻撃されているのと同じ」のはずでしょう。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月19日
オカマというのが男性のことであれば、女湯に男性が入ってきたらそりゃおかしいでしょ。MTF女性が女性であるなら、問題ないはず。> @hyodoshinji
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月19日
女性のスペースからMTFを排除することに合理性があるということは、「MTFは女性ではない」という判断にコミットすることを意味します。トランスジェンダー否定派のラディカルフェミニストは、そうはっきり主張しています。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月19日
しかしMTF排除を支持あるいは容認する多くのフェミニストたちは、そこまで言い切れない。MTFは女性だと受け入れるけれども、排除も受け入れられると。これは筋が通らないと思います。ラディフェミのほうが、賛否はともかく筋が通っている。
0
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月19日
オカマというのはFTMの正確な定義がわからないので使った言葉です。 おっしゃる「男なら問題、女なら無問題」というのは正論ではあるけれど、FTMが問題になるのはまさにマージナルな存在だからでしょう。 「肉体的には男だがジェンダーアイデンティティが女なら、女なのか」「肉体的にはどう見ても女だがジェンダーは男ならどうか」 そこをどう判断するのが正しいのかぼくは知りません。そして女湯の利用客たちも恐らく、ほとんど知らないでしょう。 そこで「これこれの場合はAさんは女なので認めよ」と言った時、それがリクツとして正し
0
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月19日
それがリクツとして正しくてもただちに利用客たちが納得するかどうか。 (いや正しい、受け容れよ、といいだしたらそれは欺瞞でしょう) むろん、「女湯」と「音楽会」は全く別です。 しかし(個人攻撃をするなどは論外としても)フェミニストたちの立場として、「ここまでは女性(我々の仲間)として認められない」と言った線引きがそれこそ無限にできてしまうことは理解できないではない。
0
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月19日
その意味でラディフェミは筋が通っているというご感想にも同意できますが、逆に、想像するに、「真面目過ぎて柔軟に考えられない奴等なんだろうな」という感じもする。 しかし更に100%男である人間がハタから見ていると、「でも俺らから見ればラディフェミもリベフェミも本質的にはいっしょじゃん」との印象も持ちます。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月20日
トランスジェンダーではない女性だけに「ここまでは女性」という線引きを決める権限があると考えるのはおかしいでしょう。マジョリティの側に、どこまで認めるとか認めないとか一方的に決める権利はない。
0
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月20日
いえ、そういうことではないんです(ぶっちゃけ主婦/セックスワーカー攻撃に関してこちらが指摘したのと同じ誤謬に、失礼ながら陥ってらっしゃるように感じます)。 TGのAさんの家に上がり込んで「やーいオカマ、お前なんか女じゃないや」と言う権利は誰にもありません。しかし女湯の例のようにAさんが女性のデリケートな領域に入ってきた時、Aさんを受け容れるかどうかの権利は相手側にある(こともある)ということです。あるフェミニストの個人なり団体なりが「我々はTGやMTFといっしょにやれない」と表明すること自体は仕方がないこ
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月20日
「仕方がない」とはどういう意味なのかよく分かりませんが、この記事 http://macska.org/article/192 の「わたしは5年前に書いた論文で〜」以降を読んでください。> hyodoshinji さん
0
黒モヘヤ @kuromohair 2011年11月20日
>hyodoshinji >emigrlさんへの返しを見てると彼女よりのスタンスっぽいのにぼくへのレスはpapsjpさん寄り(セックスワーカー否定)  現実に弱者なのにその弱さと被害性を指摘することがなぜセックスワーカー否定になるのかわかりません。臓器の購入が合法であり世の中でごく普通のことになっている場合、おかげで臓器を守られない人々って、カワイソーじゃないんですか? その被害性をみとめないことのほうが、臓器を(形式的合意のもとに)取られた人々への人格否定でしょう。
0
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月20日
emigrlさん>リンク先で、  「「男性/女性」というカテゴリに従って境界線を引くのであれば、そのどちらの側にトランスジェンダーやトランスセクシュアルの人が入るのかは、それぞれの個人がその時と状況に応じて自由に決めて良いはずだと思っている。 」  とおっしゃっていますね。それは全く正論だと思います。だから、それ故、女湯という場ではその利用者全員が「自由に決め」る権利を持っているのではないか、とぼくは言っているわけです。 公の、公共性の強い機関はともかく、個々のフェミニストグループも同様に、彼女らなりの
0
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月20日
彼女らなりの「境界線を引」き方を選ぶ権利があるのではないか、と。
0
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月20日
kuromohairさん>あなたもpapsjさんもセックスワーカーがその職を選んだ理由を貧困にのみ求めていらっしゃる。だからそこが不自然だ、とぼくは感じたわけです。あなたはBLについても否定的でいらっしゃるけれども、BL作家が「描きたくないのに原稿料を得るために仕方なく描いている」と考えるのは、いくら何でも無理があるでしょう。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月22日
「それぞれの個人が決めればいい」というのは、その場におけるマジョリティや権力者のことではなくて、境界線を引かれる側が、という意味ですよ。盛大に誤読されていませんか? @hyodoshinji
0
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月22日
う~ん、ぼくの「女湯」の例では先客女性たちがマジョリティや権力者ということになりそうなのですが……そこにMTFが来た時、あなたの考えからすると仮に肉体的に男性そのものでも、逆に肉体的には完全に女性だが精神的には完全に男でも、その人物が女湯に入るかどうかを決める権利があり、先客には一切拒否権がない、ということでしょうか。正直、それは世の中になかなか受け容れられないでしょう。
1
エミコヤマ @emigrl 2011年11月23日
トランスジェンダーではない女性が常に「先客」であるという認識がおかしいと思います。かれらが「先客」であり、トランスジェンダーがあとからやってくる、という構図ではなくて、はじめからさまざまなジェンダーや身体の人がいて、あとから男湯や女湯という区切りができたのだと思っていますから。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月23日
いずれにせよ、あなたがそれを受け入れられないと感じるのであれば、「世の中」にアウトソーシングせずにそう言うべきです。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月23日
まあ現実問題としては、肉体的に男性そのものの人が、あらかじめ根回しもせずに突然入ってくるということは、ほとんどないでしょう。そもそも裸を見られなくない人がほとんどでしょうし、身の危険も感じるでしょうから。
0
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月23日
女湯の「先客」というのはあくまで例えです。MTFなりTSなりが他者と個々として関わる時に、「こちら側に一方的に決断の権利があるのだ」と言いきるのは傲慢すぎるのではないか、との指摘です。フェミニストの会合も然りで個人的なフェミニストの組織が「我々のスタンスとしてFTMは仲間にできない」という選択をする権利はある。それを「差別だ」と言い立てたとしたらそちらに欺瞞があるのではないか、と言っているのです。
1
エミコヤマ @emigrl 2011年11月23日
権利があるかどうかというのは話がずれていますし、そもそもなんで「個人的な」集まりの話になっているのか分かりません。個人の家で開かれるバーベキューパーティじゃないんですから。わたしの例なら「女性音楽祭」、あなたの例なら「銭湯」、どちらもパブリック・アコモデーションです。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月23日
「ミシガン女性音楽祭」について少し細かい話をすると、運営主体は We Make Music Co. という営利企業です。もっとも利益はほとんど生んでいないらしく、運営者がぼろ儲けしているという種の話ではありません。が、企業の業務として運営しているということは、運営にかかる経費には税金はかかっていません。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月23日
もし私的なイベントであるなら、経費にいくらかけようと、収入があれば課税されます。つまり、この音楽祭は私的なイベントと見なすべきではないということです。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月23日
もう一つ別の面から話すと、ゴルフのマスターズ大会が開かれるオーガスタ・ナショナル・ゴルフ・クラブという私的なクラブがあります。このクラブはメンバーが全員男性であることが知られており、女性差別ではないかという批判がありました。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月23日
しかし、オーガスタは会員制であり、審査を受け認められた人しか加入できないという点で、法律上の「私的クラブ」の要件を満たしています。それに対し音楽祭は会員制ではなく、入場料さえ払えば誰でも参加できるため、「私的クラブ」ではありません。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月23日
ところが、多くのフェミニストたちは、オーガスタが会員制クラブであり、女性の入会を認めない権利があるからといって、オーガスタに対する批判や抗議行動を緩めようとはしませんでした。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月23日
もしオーガスタの差別が(私的クラブであるにも関わらず)批判を受けるのであれば、オーガスタよりさらに公共性の高い(私的クラブではない)ミシガン女性音楽祭における差別が批判を受けるのも当然ではないでしょうか。
0
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月24日
元々emigrlさんが「判断する権限は境界線を引かれる側にある」とおっしゃったのですから(この「境界線を引かれる側」という表現も考えれば極めて曖昧ですが)、いきなり「権利があるかどうかというのは話がずれています」などと言われては困ります。
0
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月24日
「そもそもなんで「個人的な」集まりの話になっているのか分かりません。」とおっしゃっていますが、ぼくが言っているのはあくまで「個人的な場合は」個々人が決める権利があるのだ、それをどちらかが一方的に決めていい、などというのは傲慢だ、ということです。
0
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月24日
銭湯が公共の場であるという指摘は正しいのですが、例を挙げたのは銭湯が性についてセンシティブにならざるを得ないプライベートにまで立ち入る空間だからです。
0
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月24日
音楽祭については別にぼくは元から擁護するつもりはありません。ただ、emigrlさんのリクツだと、女湯にMTFが入ってきて、女性客がそれを嫌がっても、どうにもできなくなるではないか、とぼくは言っているのです。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月24日
なんでそこでマジョリティの感情のほうが優先されるべきなのかわかりません。黒人が入ってきたら嫌だとか、レズビアンが入ってきたら嫌だという人だっているでしょうが、そういった感情を優先する理由はありませんね。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月24日
もしMTFだけ例外だというのは、MTFは女性ではないと思っているからではないですか?それならそういう論理に立って欲しいです。女性だと認めておきながら、本物の女性ではないみたいな扱いはおかしいのでは。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月24日
もちろん実際には、一方的にゴリ押ししようとするMTFの人はほとんどいないでしょう。可能であればあらかじめ話をするなり、根回しするなり、ほかの方法をとるなり、それなりの工夫はするはず。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月24日
でもそれを「しなければいけない」とマイノリティの側に押し付けるのはおかしいと思うのdす。
0
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月24日
「なんでそこでマジョリティの感情のほうが優先されるべきなのかわかりません。」いえ、マジョリティを優先せよとは言っていません。しかしあなたの考えでは「マイノリティが優先」されてしまい、それもまたおかしいわけです。
1
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月24日
「もちろん実際には――」女湯はあくまで例なのでそうした「想像」は意味を持ちませんし、「当事者の善意を信じる/信じられる」ことが前提であれば、何だってアリになってしまいます。
0
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月24日
繰り返しますが、emigrlさんのお考えだと「MTF側の自己申告」が全部無条件で通っちゃうわけですよ。例えば肉体的にも精神的にも100%男のヘテロセクシャルが「俺はMTFだ」と言っただけで女湯には入れてしまうわけです。
0
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月24日
『絶望先生』という漫画で「権威を保証する者の権威自体は、誰が保証してくれるのですか」みたいなネタがありましたが、何だかそれを思い起こさせる話です。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月24日
もし嘘をついて悪用する人がいるというのであれば、なにか個別に対策を考える必要があるかもしれません。ただその対策が、マイノリティの側だけに一方的に負担を強いるものであってはいけないと思います。
0
畑野とまと☔ SWASH @hatakeno_tomato 2011年11月24日
コメントを入力してください。話しがおかしいのです…銭湯なんて特殊条件を挙げて「これは!」とかやるのは無意味で…すでにUSやオーストラリアなどからペニスがある女性が来日する可能性も十分にある時代にはいって…そこを話されても無意味…もともと公衆浴場の性別関連は地方の条例で地域ごとにちがうので…かく自治体でどーするのかと話し合って貰うしかないかと…
0
🌸少年ブレンダ🌸 @hibari_to_sora 2011年11月24日
コメントこんなに延びてたんだ。すご。個人的にはラディフェミがトランス批判するのはすごくよく判る。あと気付いたのは、わたしはGID当事者批判をよくやってるんだけど、それと構造がよく似ているような気がする。
0
🌸少年ブレンダ🌸 @hibari_to_sora 2011年11月24日
ラディフェミの人から差別されたなーって体験はありましたけどね、わたしは。しかし、ラディフェミのトランスジェンダー批判と、自分がしているGID批判は何かが似ている…!ちょっと勉強になるなあ。
0
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月25日
「もし嘘をついて悪用する人がいるというのであれば、なにか個別に対策を考える必要があるかもしれません。」違います。あなたの提示なさっている「基本理念」に絶対的な過ちがあるという指摘を、ぼくはしているのです。「特殊条件」をあげているわけでも何でもなく、emigrlさんのお考えこそが「一定のジャンルの人々がもれなく善人である」という特殊条件をクリアしなければ全く通用しない空論であると、ぼくは申し上げているわけです。
2
エミコヤマ @emigrl 2011年11月25日
えーなにそれ。「全く通用しない」というのは、あなたが認めないってことでしょ。リスクやコストがあなたの許容範囲を超えていると、あなたが判断している。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月25日
わたしは、そのリスクやコストを公正に負担しましょうと言ってるの。マジョリティの安全を守るためにマイノリティに一方的にコストを負担させちゃダメでしょ。あ、あなたが差別肯定論者なら話は別だけど。
0
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月25日
「リスクやコストがあなたの許容範囲を超えていると、あなたが判断している。」違います。あなたが、「特定の人々に判断を委ねよ」などと傲慢なことをおっしゃるので、「それはまずいのだ」と指摘しているのです。 ここから先は同じことの繰り返しになりそうですが、もう一度問うてみましょう。「マイノリティが独断する権利があるのだ」があなたのお考えなわけですが、それではそのマイノリティがマイノリティであることを、誰が保証するのですか。以前、『絶望先生』を例にお尋ねしたことです。
0
黒モヘヤ @kuromohair 2011年11月25日
>hyodoshinji >あなたもpapsjさんもセックスワーカーがその職を選んだ理由を貧困にのみ求めていらっしゃる。だからそこが不自然だ、とぼくは感じたわけです。 その文脈では貧困にしか触れていなくてもすべての理由が貧困だとは思ってないですよ。papsjp氏もそうだと思います。理由がどうあれ、その雇用と消費が正当化されているだけで、その職につく人は生まれるんですから。理由なんて本当は問う必要ないんです。理由が常に探されることのほうが差別です。その危険が存在する(=法的・社会的に正当化されている)ことが
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月25日
それは、誰かが保証してくれるものじゃなくて、あなたが自分の政治的立場として判断することでは。だからたとえば、「MTFは女性ではない」という立場に立つ人には、わたしの主張が一切通用しないとはじめから言っていますね。
0
Karl @no_child_porn 2011年11月25日
ラディカルフェミニズムは、人種・セクシャリティ・国籍などさまざまな「構造的差別問題」に適用できる考え方なので、現代人権論を論ずればおのずとラディカルフェミニズム的になるわけです。
0
りょう @midgenasia 2011年11月25日
先日映画祭で京大西部講堂に寝泊まりしていたとき、近所の銭湯で男湯を使った善人(笑)のMtFだけど、ふだんトイレは女子トイレなんよねー。わざわざこんなことを言うのはもちろんちんこ持ちだから。さて、わたしはどういった意味で善人なんでしょうかね。
0
りょう @midgenasia 2011年11月25日
「男性」というジェンダーに「性的指向が女性だから」という意味を含めていて「女湯は使うべきではないのでは」と思うのであれば、単純に、現実にいる「性的指向が女性である女性」や「性的指向が女性であるFtM」はどうなのかと考えれば、(話はそれるにしても)何が大事なのかわかりそうなものなんだけどなぁ。ご本をお出しになるセンセイなら。
0
愚民Artane.🦀@今上陛下より上の原発天皇陛下万歳!後、コロナは風邪じゃない@経験者は語る @Artanejp 2011年11月25日
散々偉そうなことを書いてるけど、権力構造に取り入って道徳規範の強制に加担することで自らの思想の徹底・強制を実現し続ける関係と決別するだけの強い決意が発露されない限り、「口先だけ」に過ぎない
3
愚民Artane.🦀@今上陛下より上の原発天皇陛下万歳!後、コロナは風邪じゃない@経験者は語る @Artanejp 2011年11月25日
偉そうなことを書くなら、男女共同参画会議や都の青少年治安会議のような極右政策実現の為の組織と徹底的な訣別をしてからにしてほしい。今の状況を維持する限り口先だけです。
3
愚民Artane.🦀@今上陛下より上の原発天皇陛下万歳!後、コロナは風邪じゃない@経験者は語る @Artanejp 2011年11月25日
でも、それは多分できない。米国のマッキノン主義者やラジカルフェミニズムがそうであるように、極右と結託して政治を動かすという旨みを覚えた以上、そこから抜け出すことが彼女等ですらできてないのだから
3
愚民Artane.🦀@今上陛下より上の原発天皇陛下万歳!後、コロナは風邪じゃない@経験者は語る @Artanejp 2011年11月25日
道徳規範の強制を大衆に行いたい極右・官憲勢力とそれに近いジェンダー規範を強制したいフェミニズムとの間の共依存的な関係の旨みは実際のカネが動く利権化してもいるし、そこから自ら決別するのは無理でしょう
3
愚民Artane.🦀@今上陛下より上の原発天皇陛下万歳!後、コロナは風邪じゃない@経験者は語る @Artanejp 2011年11月25日
それ以前に、事実に反することを事実と強弁して・あまつさえ外部の人間が無知であることをいいことに虚偽の事実で同情を買って政治に圧力をかけてるユニセフ協会やECPATのやり方が続いてるという事が信用ならぬのです
3
愚民Artane.🦀@今上陛下より上の原発天皇陛下万歳!後、コロナは風邪じゃない@経験者は語る @Artanejp 2011年11月25日
仮に、あなたが「真実」だと思い込んでいたとしても、それは事実に反する。ある種の歪んだ視点で事実を大きく歪めた結果得られた「真実」で、外部から見た時客観性など微塵もない。それが現実政治を動かしてる。
3
愚民Artane.🦀@今上陛下より上の原発天皇陛下万歳!後、コロナは風邪じゃない@経験者は語る @Artanejp 2011年11月25日
この構図自体への根本的不信が広汎かつ根強くあるのにそれに対して説明も対話も放棄して政治力で押し切り続けてるのが、ラジカルフェミニズムであり、この国の主流フェミニストでは
3
愚民Artane.🦀@今上陛下より上の原発天皇陛下万歳!後、コロナは風邪じゃない@経験者は語る @Artanejp 2011年11月25日
思想自体の高邁さ(などないと個人的には思うが)はともかく、それを実践するときにクレーマー的なゴリ押しと「強者の理論」的な大衆見下しに依存してる以上、どうしょうもないでしょう。
3
愚民Artane.🦀@今上陛下より上の原発天皇陛下万歳!後、コロナは風邪じゃない@経験者は語る @Artanejp 2011年11月25日
私の親はラジカルフェミニストだったが、私が子供の頃から「オカマ気持ち悪い」と憎悪の念を繰り返してましたよ。FTM TGには理解あったけど、MTFは感情的な排撃対象だった
3
愚民Artane.🦀@今上陛下より上の原発天皇陛下万歳!後、コロナは風邪じゃない@経験者は語る @Artanejp 2011年11月25日
そういうある種のえげつない差別感情を内包し・向きあうどころか肯定し合ってるのがこの国のラジカルフェミニストという集団ではないかと私は思ってる。
3
りょう @midgenasia 2011年11月25日
あ、自分の話をすればいいのか。MtFで、バイセクシュアル…と言うか性別以外の軸で恋愛するから…。しかも性自認はないし…話がややこしくなるだけか。ってかそもそも話違うわな…。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月25日
そういう言い方が、一番ラディカルフェミニストを怒らせるんだけどね。「女性と父権制の支配を中心に置いていないのにラディフェミを自称するな!」みたいに。 > 現代人権論を論ずればおのずとラディカルフェミニズム的になる
0
こげぱん@止めよう不要不急のエロ規制 @kogemayo 2011年11月25日
つか、性労働者を批判しないラディフェミはいてもLGBTや知的・精神・発達障害者へのヘイトスピーチをしないラディフェミはいない、という現状をいいかげんなんとかしてほしい。http://togetter.com/li/218961
2
こげぱん@止めよう不要不急のエロ規制 @kogemayo 2011年11月25日
この現状が改善されない限り、フェミニズムを敵とみなさなくなることはあり得ない。
2
こげぱん@止めよう不要不急のエロ規制 @kogemayo 2011年11月25日
誰か「フェミニズムと発達障害」というテーマで論文でも書いてもらえないものだろうか…
2
こげぱん@止めよう不要不急のエロ規制 @kogemayo 2011年11月25日
表現規制やフェミニズムに対する態度を問わず、「ヘイトスピーチを規制せよ」と言ってる連中に「社会性」を持ち得ない人間、『近代市民』たりえないある種の知的・精神・発達障害者に対するヘイトスピーチをしない者はいない件。
2
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月26日
いつの間にこんなにお客が…w kuromohairさん>ぼくが言っているのはあなたたちがセックスワーカーが非道い目に遭っているのだという物語を(無理やりに)作っているのではないか、ということです。セックスワークに反対するなら、それなりに万人が納得できる「理由」がそれこそ必要なんですよ。
0
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月26日
emigrlさん> 「だからたとえば、「MTFは女性ではない」という立場に立つ人には、わたしの主張が一切通用しないとはじめから言っていますね。」 てか、ぼくは最初から「そうだよ」と申し上げています。だから、あなたのお考えはおそらく、大勢の人から支持されることはないのではないか、と申し上げているのです。
0
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月26日
ぼくの目から見たあなたの主張をもう一度まとめましょう。「Aさんが男であるか女であるかは、そのAさん自身に決める権利がある」。ここまでは正論です。しかし例えば銭湯などというデリケートな場でその「判断」に他人を巻き込む権利があるかどうか。
0
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月26日
AさんがTGであり、その心が完全に女であったとしても、ペニスが生えていたら。その人が女湯に入ろうとしたら一悶着あるに決まっている。そこを周囲の人がAさんの「判断」に従うべきというのは傲慢だと、ぼくは言っているのです。
0
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月26日
kogemayoさん>こんなところでこんなことを申し上げるのもナンなのですが、ぼくがこのまとめに関わることになった理由は「ラディフェミとリベフェミの違いとは何ぞや」という疑問からです。何かご存じのことがあったら、ご教示いただけませんか?
1
こげぱん@止めよう不要不急のエロ規制 @kogemayo 2011年11月26日
@hyodoshinji 私はリベラリズムの立場から話していますが、「リベラル」とは「価値自由」「価値平等」のことだと考えます。すなわち、女は男より価値が低いとか、BLはロリ物より価値が低いとか、性労働はホワイトカラー労働より価値が低いとか、そういうものは一切認めません。
1
こげぱん@止めよう不要不急のエロ規制 @kogemayo 2011年11月26日
@hyodoshinji それらはあくまで個々人の価値観にすぎない。だからこそ、個々人の表現や行為は全て価値が等しいがゆえに、他の個人の自由と直接ぶつからない限りは自由である、そういうものだと考えています。
1
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月26日
お返事ありがとうございます。ただ、おっしゃることは失礼ながら抽象的すぎるというか観念的すぎるように思います。「他の個人の自由と直接ぶつからない限りは自由である、」とおっしゃいますが、普通に生きてて他の個人の自由とぶつからないということ自体がまず、考えにくいわけです(既にemigrlさんはその意味でラディに傾いているのでは…と言いたいところです)。
1
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月26日
しかしそう言っても、emigrlさんもkuromohairさんも、他にツイッター上で「ラディフェミ」として敵視されている人々に至るまで、「他の個人の自由と直接ぶつからない限りは自由である、」という原則論を持ち出されれば、言葉としては賛成するでしょう。
1
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月26日
wikiなどを見るとラディフェミとリベフェミの違いは、何だか専らポルノに関するスタンスの違いであるようにも読める。しかしemigrlさんの発言を見ていくと、専らセクマイに対するスタンスの違いであるように思える。
0
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月26日
見ていると(大変失礼な表現だけど、ざっくりと言ってしまえば)「ポルノ」を、「セクマイ」を許容できるリベラル派ができない側を「やーい狭量でやんの」と言う「レッテル」として「ラディフェミ」と呼んでいるだけのように思えます。そんなの単なる「悪口」であって「カテゴリー分け」じゃないでしょう。
0
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月26日
今回の例のを考えると互いが「リベ」を自称して互いを「ラディ」であるとして罵りあう…みたいなイヤな事態も考え得るわけです。そうなると本当に、思想に対する分類でも何でもないですね。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月26日
既に男女二元制やシスセクシズムがトランスジェンダーの人を「巻き込んでいる」ことを無視して、トランスジェンダーの側が問題に巻き込んでいるという描写が不当です。 > @hyodoshinji
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月26日
MTFの人が女湯に入ろうとしたときはじめて「一悶着がある」と認識すること自体が、MTFの人たちが普段から一悶着どころじゃない不便や不利を強いられていることを忘却した視点だと思います。
0
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月26日
そういう専ら「べき」論に逃げ込むという立脚の仕方が「傲慢」なんですよ。あなたは「一悶着が起きることなどあり得ない」とお考えですか? 「悶着はあってはならないから、あったとしたらそれを抑えつけるべき」とお考えですか。理論上、この二種の回答しかないはずです。しかしどちらの回答を選ぶこともしたくない。だからあなたはこちらの設問に一切答えることなく空理空論を弄んでいるのだと思います。
0
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月26日
以前、「男女平等なのだから男性助産師がいるべきだ」と主張するジェンダーフリー論者がいました。ぼくが「いていいかも知れないが、そこを訪れる女性はあまりいないのではないか、商売にならないのではないか」と返しても、言葉を左右にするばかりでそれに対する答えはありませんでした。「女性が大勢訪れるはずだ」と考えていたのか、「訪れない者は差別主義者だ」と考えていたのか…。
0
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月26日
また、とあるフェミニストが(恐らくフェミニズム系の)学会で「マン○マ○コ」と連呼したことを他の出席者から「セクハラ」だと文句を言われたということがありました。そのフェミニストは「いや、必然性のある文脈でそう言ったのだから、セクハラではない」と言い張ったそうです。ぼく個人は「マン○マ○コ」と連呼するくらいでセクハラだというのも大袈裟だと思いますが、しかし相手の感受性の自由を侵犯するそのフェミニストを、極めて傲慢だと感じました。今のemigrlさんが陥っていらっしゃるのも、同様の誤謬です。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月26日
「一悶着が起きることなどありえない」「悶着はあってはならないから、あったとしたらそれを抑えつけるべき」どちらも違います。「あるべくしてある悶着は起こるべきである」というのがわたしの回答。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月26日
悶着が起きないということは、マイノリティがマジョリティの都合を完全に受け入れ、そのコストを一方的に引き受けさせられているために、マジョリティが問題が存在することすら気づきもしない状態のことです。それよりは、起きるべくして起きる悶着は起きた方がいい。
1
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月26日
大変失礼ですが、それは「回答」ではなく「逃亡」です。 「あるべくしてある悶着は起こるべきである」というのはぼくが提示した回答の「前段階」でしかない。あなたは回答するのが怖くて足踏みをしているのです。
0
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月26日
下段で書かれたことも極めて恣意的、一方的です。 「悶着が起きないということは、マジョリティがマイノリティの都合を完全に受け入れ、そのコストを一方的に引き受けさせられているために、マジョリティが問題が存在することすら気づきもしない状態のことです。」という仮定も成り立つ。今のあなたの頭の中がそうですね。一方的に自分に都合のいい仮定だけを持ち出すこともまた、「逃亡」の一種です。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月27日
現実を見てよ。MTFの女性が当たり前のような顔をして女湯に入ってきて、それ以外の女性が困惑しつつ沈黙を強いられているおかげで、MTFは困惑している人がいることにも気づかないのが現実?違うでしょ。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月27日
銭湯が当たり前のように男女に分かれていて、MTFの女性は女湯に入るのを躊躇・断念していて、それをMTF以外の女性のほとんどは、排除されている人がいることに気づいてもいないのが現実。だからあなたは「入ってきたら一悶着ある」と言っているわけで。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月27日
「入ってきたら一悶着ある」状況は、はじめから不公正なの。入ってきて一悶着起きた時点で、既に存在する不公正が顕在化されるだけ。
1
エミコヤマ @emigrl 2011年11月27日
一昔前の米国では、黒人と白人が同じ学校に通ったり、同じレストランで食事をすることすら、ありえないと考える人がたくさんいたわけ。その感情をいきなり無くすことはできないけど、だからといって排除を制度的に肯定するべきではないでしょ。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月27日
それを「感受性の自由を侵犯する」「傲慢」と否定できるのは、もともとの排除・隔離が「不公正ではない」という前提が成り立つ場合だけ。だったらあなたは、感受性の自由だとか言わないで、「MTFは排除しても構わない」論拠を述べるべき。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月27日
わたしの考える限り、その根拠というのは、「MTFは女性ではない」というものしかありえない。だったらはじめからそう主張してくださいよ、とわたしは言っているの。女性音楽祭には含めるが女湯は含めないというのは筋が通らない。
0
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月27日
ぼくが見たいのはその現実に対してあなたが持っているビジョンです。 ぼくはあなたの回答を「理論上、二種類しかあり得ない」と指摘した。が、その一方(悶着は起こりえない)は今回、あなた自身が否定した。 となるとあなたの主張は「悶着はあってはならないから、あったとしたらそれを抑えつけるべき」というものでしかあり得ない。 しかしあなたはそれを口にすることが怖くて、いまだに「逃亡」を続けている。
0
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月27日
あなたが「逃亡」を続けているのは、「実際に主張しては女性からの支持を得ることができない」とあなたが知っているからではないですか。 でなければ堂々と主張すればいい。それをしないから極めて不誠実な対応に映ってしまうのです。
0
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月27日
「「MTFは排除しても構わない」論拠を述べるべき。」ぼくが言っているのは、「女性客が嫌がるだろうな」と言うことだけです。そしてあなたもそれを知っているから、いまだ明言できずにいるんですよ。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月27日
「悶着があっていい」が回答だと既に書いているじゃないですか。なんでその二種類しかありえないと思い込んでいるのか。全然論理的じゃありません。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月27日
MTFが女湯に入れるようになったら、嫌がる女性客もいれば、嬉しい女性客(たとえばMTFの女性客)もいるでしょう。そのどちらでもない人もいるでしょう。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月27日
あなたが「女性客」という言葉でMTFではない女性だけを指し示し、彼女たちの側に既得権益を認めようとするあなたの姿勢が不公正です。
0
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月27日
「悶着があっていい」は前段階だと申し上げたはずですが。「悶着の挙げ句、追い出された」ならばそれで仕方ないとおっしゃるのであれば、それでいいんですが。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月27日
ちなみに、わたしが言っているようなことは、シス女性どころか、MTFの女性にすら支持されませんw だって大半のMTFは、悶着を恐れて沈黙を選ぶことが自明の生存戦略になっているもの。
0
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月27日
つまり、その人たちは現実がわかっていると言うことです。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月27日
そうですよ、わたしも現実は分かっています。そのうえで、現実が不公正であることを指摘しているの。不公正を不公正と名指しして抵抗すれば、そりゃ悶着が起きるでしょう。
0
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月27日
あのねえ……ひょっとして俺、からかわれてたの? 銭湯は闘争の場じゃないんですよ。ましてや銭湯で戦闘することで(プ一般人を巻き込むことは正義の味方のすることではありません。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月27日
既に言ったことですが、トランスジェンダーの人は、既に男女二元論やシスセクシズムに巻き込まれているんですよ。巻き込んでいるのはその一般社会の側でしょ。
0
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月27日
では「一般社会」さんとどうぞ闘争をお続け下さい。個々のお客は「一般社会」さんではありません。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月27日
個々のお客をそもそも相手にしてないしw 個々のお客の感受性の自由とか言ってたのはあなただけ。わたしはその自由をどうにかするという話は一度もしていない。
0
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月27日
そうですかw こちらの提示した設問を受け容れることもせず、ずっと一人言をつぶやいていた、と言うわけですか。できればずっと一人言を続け、銭湯には一切立ち寄らないようになさることをお勧めします。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月27日
相手のことを「逃亡だ逃亡だ」と言っていた人が、逃亡しましたw
0
りょう @midgenasia 2011年11月27日
「既に男女二元制やシスセクシズムがトランスジェンダーの人を「巻き込んでいる」ことを無視して、トランスジェンダーの側が問題に巻き込んでいるという描写が不当です。 > @hyodoshinji 」ってすごく丁寧な表現で書いてあるのになぁ。これを「傲慢」で退けてしまえる無自覚さが批判されている。「ビジョン」はないけどw
0
yunishio @yunishio 2011年11月27日
まーた、揉め事が起きると面倒だからマイノリティが我慢しろ論者か…。あまりの鈍感さに絶望を覚えてしまうなあ。
1
りょう @midgenasia 2011年11月27日
あと、状況が改善されるのは闘って勝った時だけなので、銭湯が闘争の場になることも考えられます。番頭の人を説得するかなにかして味方につけた上で、身体(戸籍上)の性別とは逆のお風呂を使わせてもらう、というようなこともひとつの「闘争」でしょう。
0
りょう @midgenasia 2011年11月27日
「説得」ではなく「法廷闘争」という形態を取る可能性もなきにしもあらず(笑) さすがにこの問題で法廷でもめることになったら「個人対銭湯」の枠には収まらなくなりますし、それ故に(GIDの診断書でもなければ)負けることになると思いますが、やってることは大枠ではいっしょw
0
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月27日
「逃亡」というのは言葉に窮して大慌てで「私もわかっています」と言い直すような振る舞いのことを指すのです。まさにまごうことなき、さわやかなまでに身勝手な「逃亡」。
0
yunishio @yunishio 2011年11月27日
コスト感をいえば考えるまでもなくマイノリティが我慢するのが一番ローコストに決まっていますね。
0
バグロード @preciar 2011年11月27日
アカウント間違えてたので書き直し。マイノリティが被害を受けているからと言って、その被害を消すためのコストを度外視して改善を要求しても、そりゃ受けいれられないよ。最低限、改善でなくせる被害の大きさが、新たに発生するコスト(今度は女湯の一般利用者が嫌な思いをする銭湯の例は実に解りやすい)を上回ると論証しないと相手にされるわけがない。
0
バグロード @preciar 2011年11月27日
差別の解消は、社会全体でプラスになるから進められてきたんですが……
0
yunishio @yunishio 2011年11月27日
んで、MtF が女湯に入るのは収支マイナスだから我慢してろってことでしょう?
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月27日
社会全体のプラスのためにマイノリティに我慢を強いることが容認できるのは、その結果生まれるプラスがマイノリティに優先的に分配されていて、マイノリティ自身にとっても差別解消より我慢のほうがトクになる場合だけだと考えます。
1
こげぱん@止めよう不要不急のエロ規制 @kogemayo 2011年11月27日
そういう「功利主義」を前提にすると、究極的にはhttp://bit.ly/aRScWmが正しい、にしかならないんだけどなぁ。
1
エミコヤマ @emigrl 2011年11月27日
もしマイノリティは我慢させられるだけで、我慢によって達成される「社会全体のプラス」が再分配されないのであれば、我慢するだけ損。そんな状況で「社会全体のために」我慢を強いることができるわけないでしょ。
1
エミコヤマ @emigrl 2011年11月27日
と、ロールズの格差原理を主張してみる。
1
エミコヤマ @emigrl 2011年11月27日
あと、コスト云々というなら、マイノリティが激しく抵抗すればするほど、「差別を継続することのコスト」が上昇して、「差別解消にかかるコスト」を上回るから、どんどん抵抗すればいいってことにもなるよね。
2
エミコヤマ @emigrl 2011年11月27日
理解してもらうわけでも、賛成してもらうわけでもなく、単純にコスト計算として「要求を受け入れたほうがトクだ」とマジョリティに思わせることもできるってわけ。
1
エミコヤマ @emigrl 2011年11月27日
だいたい成功した大衆運動なんてのは、ほとんど全部そうでしょ。「差別をやめたほうが社会の利益になるよ」ってマジョリティに説明して理解してもらうことによって変化が起きたわけではない。
3
こげぱん@止めよう不要不急のエロ規制 @kogemayo 2011年11月27日
@emigrl そう、「自分が真っ先に『全体最適』のために犠牲になる功利主義」なんてものはありえないよね?こう言うと「少なくともヘテロ男性は『フェミニスト』にはなりえない」といってるようなものかもしれないけど。
1
バグロード @preciar 2011年11月27日
そりゃ、社会にプラスだと論証できないなら、我慢させられるに決まってるじゃない。なんで社会にマイナスになる物を、受けいれられると思うの?マイナスなんだから、マイノリティが現状を受けいれない以上に、マジョリティが改革を受けいれないでしょ。どうしてマイノリティの側からしか見ようとしないかなあ。
1
バグロード @preciar 2011年11月27日
そうだよ。運動や革命って、そう言う事だよ。何だと思ってたの?
0
バグロード @preciar 2011年11月27日
自分たちで、自分たちの要求する改革が、社会にマイナスだって言ってれば世話ないよなあ。
0
yunishio @yunishio 2011年11月27日
つまりマイノリティの主張を受容するのはマジョリティの主体的な選択ではなく、マイノリティがノイジーだからしぶしぶ従っているに過ぎないわけだ。なんという浅薄な人間観。マジョリティの一員として「オレに失礼だぞ」と言っておこうw
0
バグロード @preciar 2011年11月27日
あなたの考え方がマジョリティの主流であるならば、そもそも要求する改革はとっくに通ってるはずですよね?
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月27日
マイノリティが黙って差別を受け入れいているのに、マジョリティが自ら考えを改めて差別を撤回した例をあげてくださいよw もしかしたらあるかもしれないけど、それよりずっとノイジーなマイノリティが権利を獲得した例のほうが多いよね。
0
バグロード @preciar 2011年11月27日
てか、その改革要求が社会的にマイナスだって前提で良いの?プラスだって主張しないと意味ないよ、って言ってるんだけど。そんな認識でやってるなら、それこそ鎮圧コストが改革コストを上回るまで暴れるしか、要求を通す方法は無いって事になるんだよ?
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月27日
そんな前提ないよ。あなたが言っていることでしょ。 > てか、その改革要求が社会的にマイナスだって前提で良いの?
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月27日
そもそも、マジョリティは「社会全体にとってプラスである」という主張に納得するわけ?マジョリティが聞きたいのは「社会全体にとってプラス」じゃなくて、「マジョリティにとってもプラス」でしょ?そうでなければ納得しない。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月27日
いや、ヘタすると、「マジョリティにとってもプラス」であっても、マイノリティの側のほうがプラスの幅が大きいと、反対する人すらいる。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月27日
まあ、プラスを訴えたほうがいいのか、それとも暴れるのがいいのかなんてのは、マイノリティの側が状況を分析して考えればいいこと。マジョリティが指図するものではない。
0
バグロード @preciar 2011年11月27日
は?私はプラスともマイナスとも言ってないよ。立場上、あなたはプラスだと主張しないと意味が無い、って言ってるだけでね。上で、@hyodoshinji さんがずっと言ってた、マジョリティに負担を強いる事が正しいのか、って話は正にそう言うことだよ。なのに、あなたはずっと逃げ回って答えなかったじゃないですか。
0
バグロード @preciar 2011年11月27日
つまり、あなたはプラスを訴えるつもりはないと。強制も何も、それを言わないなら認められるわけがない。相手が納得するかどうかなんてのはその後の話。主張しなけりゃ論破される心配ないから安心だろうけど、正に逃亡だよね。いや、舞台に上がってすら居ないか。
1
エミコヤマ @emigrl 2011年11月27日
「意味がない」って、そんなことないでしょ。暴れる選択肢もあることはあなたも認めている。もちろん文字通り暴れることだけじゃなくて、いろいろな行動が考えられる。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月27日
あと、「社会全体にとってプラスか?」と「マジョリティに負担を強いる事が正しいのか?」はまったく違う質問でしょ?「社会全体」を口先で言いながら、マジョリティの利害しか考えていない証拠。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月27日
差別解消が社会全体にとっても、マジョリティにとっても、利益になることはあると思うし、そういう説得はアリ。でも、そういう主張をしなければ「意味がない」というのは、あなたが勝手にそう考えているだけ。あなたが決めることじゃないでしょ。
0
バグロード @preciar 2011年11月27日
じゃあ、粛々と暴れて下さいませ。多分味方は増えないだろうし、論理によって説得できる人も敵に回す非合理な方法論でしょうけど、勿論どう言う方針を選ぶかは自由ですから。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月27日
社会はゼロサムゲームではないから、マイノリティの権利向上がマジョリティの不利益になるとは限らない。でも、マジョリティの利益を少しでも損なってはいけないという前提はそれ自体が差別的でダメでしょ。
1
こげぱん@止めよう不要不急のエロ規制 @kogemayo 2011年11月27日
というか利己的に考えても、誰だっていつマイノリティに「転落」してもおかしくないんだから、全体として非効率であっても「保険」としてマイノリティにも最低限を保障しておく、ものだと思うんだが… http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20110329
2
りょう @midgenasia 2011年11月27日
「差別はした方がいい。社会にとってマイナスにならない限り」って堂々と言えばいいのに、「差別はすべきでない」と同じ口が言うものだから始末が悪い。嘘つき。
1
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月29日
preciarさん> 結局彼女らの発言を論理的に演繹していくと、「我々は被差別者だからマジョリティに害を与えてでもケンリを勝ち取っていいのだ」というものにしかならない。しかし、彼女はまさにぼくがそう指摘する度に逃げ回りました。
4
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月29日
「弱者」というアイデンティティに安住したい人々にはこうした欺瞞が共通して見られます。 「男性助産師が受け容れられなければならない」「私の言葉に限っては正義があるのでセクハラにはならないのだ」……。 emigrlさんは最終的にちょっとだけ、「確かに世間も我々を簡単には認めないだろう」との冷静な考えを示されて、しかしぼくにちょっと突っ込まれた途端、またそうした冷静さを失ってしまいました。
2
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月29日
恐らく、彼女らの中では「我々は正しい、だから世間もわかってくれる、わかってくれなければいけないんだ」という「願望」と「しかしわかってはもらえないだろう」という「冷静な認識」がない交ぜになっていて、本人たちも整理し切れていないのだと思います。
0
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月29日
後、emigrlは「ラディカルフェミニズム」を全面的に否定する発言をなさっていますから、ご本人は「ラディフェミ」ではないですよ。彼女自身が自分を何フェミだと考えているかはわかりませんが。
0
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月29日
ぼく自身は「ラディカルフェミニズム」の定義を知りたくてここへ来たのですが、preciarさんの発言含め、総合していくと「フェミニズム」を全否定したくないが気に入らない派閥がある場合に、その派閥に貼りつけるレッテル、要は「ワルモノ」以上の意味はない言葉ではないかという気に、ちょっとさせられています。
2
エミコヤマ @emigrl 2011年11月29日
えー、わたしははじめからずっと常に「わたしの考えはマジョリティにはなかなか受け入れられない」ことを大前提に話していますよ。マジョリティが簡単に受け入れられるようなことなら、わたしが発言するまでもない。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月29日
実際に個別の現場で権利を確立するためには、根回ししたりマジョリティにとっても利益になると説明したり妥協したりが必要。でもその前の段階として、自分はこういう状態が公正だと考える、という原理原則は表明する必要があると思います。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月29日
はじめから、どうせ自分の考えは受け入れられないのだからと、「いますぐ引き出せそうな譲歩」だけを要求するのは、戦術的にも未熟でしょ。そういう方針の人がいてもいいけど、それ以外は認めないなんてのはバカでしかない。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月29日
あと、わたしはラディフェミではないけれども、ラディフェミを評価してますから。全面否定なんてしていません。
1
エミコヤマ @emigrl 2011年11月29日
自分自身はどういうフェミニストなのかということですが、わたしは自分の政治的ルーツとしてフェミニストを名乗っていますが、いま現在のわたしの政治的関心の中心はフェミニズムでも女性でもジェンダーでもありません。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月29日
まあ、あえてポストフェミニストを名乗ったり、ハルバースタムにならってシャドゥ(ネガティヴ)・フェミニズムを口にしたりもしますが、基本的にラディフェミやそれに類するグランドセオリーを信奉していません。
0
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月29日
「えー、わたしははじめからずっと常に「わたしの考えはマジョリティにはなかなか受け入れられない」ことを大前提に話していますよ。」 全体を見るに、そのようですね。しかしぼくの問いには一向に答えようとなさらなかった。 やはりあなたは、現実を見るのが恐かったんですよ。
0
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月29日
あなたの不思議なところはビジョンが全く見えないところですね。 以前「そのうえで、わたしはラディカルフェミニズムは根本的に間違っていると思うから、批判するんだけどね。」とおっしゃっていましたよ。 しかも今回の発言を見る限り、従来のフェミニズムに否定的であるように思える。 残念なことに従来のフェミニズムの二の轍を踏んでいらっしゃるように、ぼくには見えますが。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月29日
ヴィジョンがないというのは、すなわちグランドセオリーがないということです。はじめにヴィジョンを据えてそこをめざすのではなく、ひとびとの具体的な痛みや苦しみや不公平の告発に応答するところから始めるべきだ、と考えています。
0
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月29日
それって「フェミニズムは全て間違っていました、リセットして第一歩から始めます」と言ってるのと同じです。もしそうおっしゃるならなかなか勇気のある判断であり、快哉を送りたいところですけれど。残念なのは、第一歩から「前回」のリプレイであり失敗なさっているように見えることですが……ちなみにもう寝ます。
0
黒モヘヤ @kuromohair 2011年11月29日
>hyodoshinji >ぼくが言っているのはあなたたちがセックスワーカーが非道い目に遭っているのだという物語を(無理やりに)  (無理やりに)作っているのではないか? という疑問は、現実に「非道い目に遭っている」すべてのセックスワーカーがその状況を告発し性暴力被害者として名乗り出ることの自由が確保されてから、提出されるべきです。大事な大事なプライバシーたる性をすべての人が保護されなければならない(=その購入の禁止によって)、というのは、「万人が納得できる『理由』」になりませんか?
0
黒モヘヤ @kuromohair 2011年11月29日
>hyodoshinji  結局彼女らの発言を論理的に演繹していくと、「我々は被差別者だからマジョリティに害を与えてでもケンリを勝ち取っていいのだ」というものにしかならない。  この「害」には、実写と2次元の児童ポルノを消費することは入りますか? これらは現実の性暴力被害者を生むものですが、消費したい人にとってはこれらを規制されることは「害」そのものですけど。
0
エミコヤマ @emigrl 2011年11月29日
なんでそう全否定と全肯定のどちらかしかないみたいな言い方するのか分からないです。ラディカルフェミニズムにしても、それ以外のフェミニズムにしても、良いと思ったところから学び、悪いと思ったところを教訓にすればそれでいいでしょ。 > hyodoshinjiさん
0
ナナミ @nanami666 2011年11月29日
@hyodoshinjさん、iBLがレイプばかりというのは誤解だと思いますよ。まあそれでも、私は規制反対派ですけど。(ゾーニングには賛成)
0
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月29日
kuromohairさん> フェミニストは「全ての、全ての」というのが大好きですね。 「全ての性犯罪を根治するまでは……」みたいな非現実的な主張には、意味がありません。 現代の社会において「セックスワーカーの全ては搾取されているのだ」という主張には無理がある、ということをぼくは言っているのです。 二段目の発言は正直おっしゃる意味がわからないのですが……そもそもここで言う「被差別者」っていうのはオタクを想定なさっているのですか?
1
兵頭新児@『Daily WiLL Online』読んでね @hyodoshinji 2011年11月29日
emigrlさん>「なんでそう」とおっしゃられても、「ラディフェミやそれに類するグランドセオリーを信奉していません。」とまでおっしゃっているのだから、「全て」ではなくともラディカルフェミニズムのメインの主張は間違いだとおっしゃっているのも同じですよ。まあ、emigrlさんが具体的にどこをどう間違いだと考えているかはわからないし、ここで語るには煩雑すぎるでしょうが……。