2012年4月12日

最近の体調不良は低線量被ばくの影響か?ストレス・心理的影響か?

・いつも丁寧に質問に答えてくれる @pkanzug さんに感謝です。 ・某団体賛同者からの質問にも優しく解説…を追加しました。
151
PKA @PKAnzug

日中なら仕事からの逃避も兼ねて@にはほぼ全部返事するのですが、今は当直明けに酒も入って反応が鈍めになっております。ご容赦を。

2012-04-09 22:33:23
PKA @PKAnzug

JCOの臨界事故で被爆死した方が心筋だけ立派に残っていたのは、長期間の寝たきりで発生した筋肉の廃用萎縮(地球に帰還した宇宙飛行士が立てなくなってたりするアレ)が心筋には起こらなかったということでほぼ間違いないと思います。骨格筋より心筋が放射線に強いということではなく。

2012-04-09 22:36:53
PKA @PKAnzug

きくまこ先生に絡んでる人たちは、「俺の持ってる基準を全体の基準として受け入れることに同意しろ」的な図々しいことを求めてるのかな。その基準が、多くの目に晒されてきたICRP基準より信頼に足るという根拠のない自信は、一体どこから来るんだろう。

2012-04-12 02:28:41
PKA @PKAnzug

ICRP設立の意図だって別におかしいものではないと思ってるけど、仮に彼らの言う通りに原発推進の意図で設立されたものだって別にいいんですよ。言ってることが別におかしくなくて、散々「批判したがりな人たち」の目に晒されてきて、それでも生き残って各国で採用されてきてるんだから。

2012-04-12 02:31:53
PKA @PKAnzug

内部被曝にせよ外部被曝にせよ、「実際にそれだけの被曝をしてる人が過去に何万人何十万人といて、特に何も起こしてない」っていう事実を無視しちゃダメです。核医学では様々な放射性物質を様々な形で投与しますが、現状の公衆被曝レベルでの健康被害なんぞ聞いたこともありません。

2012-04-12 08:33:55
PKA @PKAnzug

扱う対象が複雑な医学の世界では特に、「実際にやってみたらこうでした」っていう観測できる事実は、理屈をこね回した結論なんかより遥かに重要な意味を持ちます。素人の「風が吹いたら桶屋が儲かる理論」など、観測された事実の前では何の意味も持ちません。

2012-04-12 08:41:44
PKA @PKAnzug

もちろん、正しく観測しないとダメですけどね。Aを見てるつもりで実はBを見ている、みたいな観測方法じゃダメ。たまにわざと見方を間違えることで間違った事実を導こうとする妙な人もいるので、考え方が中立的でない人の報告を見る時には注意が必要です。

2012-04-12 08:44:32
グリフォン @spmtjin

@PKAnzug おはようございます󾀀先生学会は? 被爆被爆と騒いでる人はフィルムバッジメーカーのHPを見て職業人の被爆実態もお勉強してほしいですね!

2012-04-12 08:48:36

前振り…「人間、何があっても不思議はない」

岩崎啓眞@スマホゲーム屋+α @snapwith

@PKAnzug 永久歯は生え代わらないはずですが、人間複雑で生え変わるやつが、X年に一度ぐらい学会で報告され「どうしてなったんだろうね?」という問いが投げかけられて終わるというのを、歯医者をやってる妹から聞いたのを思い出しましたw

2012-04-12 08:44:30
PKA @PKAnzug

@snapwith へぇ、そんなことがあるんですか。歯はなぜか医学と別ジャンル扱いされるので、その辺の話はあまり聞いたことがないんですよね。

2012-04-12 08:45:35
岩崎啓眞@スマホゲーム屋+α @snapwith

@PKAnzug 歯医者って、日本では特に分離してますしねー歯って、結構変なこと起こる部位でございますw 妙に敏感で0.1ミリ以下のズレが検知できたり(かみ合わせ)とか、イロイロ面白いです。コンピュータに狂わなければ歯医者だったはずなのでw

2012-04-12 08:48:27
岩崎啓眞@スマホゲーム屋+α @snapwith

@PKAnzug ちなみに僕が見たので「心の恐ろしさ」ったのがあって、矯正をしてる患者さんが夜中に歯が痛くてしょうがないと急患でやってきて、矯正したら数日痛いの当たり前で、どう解決するのかと思ったら(続

2012-04-12 08:49:53
岩崎啓眞@スマホゲーム屋+α @snapwith

@PKAnzug 親父は矯正器具をいったんはずして、裏にヨードチンキ塗って、バッコンはめて「はい! 直った!」って言ったら患者さん、喜色満面で「ありがとうございました! 先生」=>そのあと本当に連絡なし(続

2012-04-12 08:51:19
岩崎啓眞@スマホゲーム屋+α @snapwith

@PKAnzug こういうのを見てると「人間、何があっても不思議はない」と思うようになりますwwww

2012-04-12 08:52:00
PKA @PKAnzug

@snapwith 「どんなに強い睡眠薬でも効かない」っていう患者さんに、「一番いい薬だから」って乳糖(偽薬)を処方したら激しく効いた事例とか、逆にもうどう考えても出ないはずの痛みの訴えに悩まされた事例とか、私にも似た経験があります。心因性の事象って案外馬鹿にできないんですよね。

2012-04-12 09:11:38
岩崎啓眞@スマホゲーム屋+α @snapwith

@PKAnzug ええ。心を盲信して現代医学を否定するのは自殺行為だけど、心によって効き方がはっきり変わるのも間違いない、というのが、そういう事例を実家で一杯見てしまった僕の結論です。なので医者にもらった薬は「これは効く」と信じて飲むようにしていますwwww

2012-04-12 09:23:19

さて本題…「心理的影響」

kojikaneko生涯「こんな人」 @suzupap

ベラルーシやウクライナ、スエーデンの狩猟民族の話を聞くととても何も起こっていないように思えないんですが,アレ全部デマって事ですか?随分てまがこんでるんですねヾ(゜0゜*)ノ? @PKAnzug https://t.co/x6ZJt5mZ

2012-04-12 09:10:45
kojikaneko生涯「こんな人」 @suzupap

これ、特に「何も調査していない」とミスリードしちゃいました。それならなるほどと思いましたけどね。→ @PKAnzug 「内部被曝にせよ外部被曝にせよ、「実際にそれだけの被曝をしてる人が過去に何万人何十万人といて、特に何も起こしてない」https://t.co/x6ZJt5mZ

2012-04-12 09:20:39
PKA @PKAnzug

@suzupap 全種類ではないですが、追跡調査はされてますよ。治療量の被曝で発癌が僅かに増えて、検査量では増えない、というのがパターンです。狩猟民族の話は知りませんが、ちゃんとした研究論文として報告されたものでしょうか?査読を経ない報告なら書きたい放題ですので。

2012-04-12 09:28:23
kojikaneko生涯「こんな人」 @suzupap

素人の浅はかな考え→悪い放射線医は人々を実験サンプルとしか見ていない。良い放射線医はリスクの定量化に真摯に取り組む。で、普通の放射線医は細胞殺す技術でぬけぬけと安全騙る。疑問も無く。これが一番厄介

2012-04-12 09:38:54
kojikaneko生涯「こんな人」 @suzupap

素人ゆえ御迷惑おかけします。癌以外はストレス原因で処理されているものと承知していますが、専門医の皆さんが充分なデータをもとに徹底的に取り組み討論して政府に影響されない納得できる結論を出してただきたいものです。おそらく30年後にはっきりするでしょうが @PKAnzug

2012-04-12 09:48:13
kojikaneko生涯「こんな人」 @suzupap

私見→危機が差し迫る以上、大人しさ従順さ、過剰な謙虚さは良識とは言わない

2012-04-12 10:00:39
PKA @PKAnzug

@suzupap 医師は研究者としての側面も持ちますが、その立場的にお話しすると、まず在野の研究者が政府の思惑に影響されることはないのでご安心ください。政府もそこまで手が回りません。あと、正しい研究方法で通説(この場合「低線量被曝の影響は小さい」)に反する結果が出た方が、(続く

2012-04-12 10:04:00
残りを読む(48)

コメント

PKA @PKAnzug 2012年4月12日
上の方で出てる、出るはずのない痛みが続いた事例がなぜ心因性と判断できたかというと、精神科に紹介して抗不安剤と抗鬱剤を使い始めたら劇的に改善したんですね。似た事例では、福島県出身の看護師さんが当直中に腹痛を発症して、なかなか治らなかったのが抗不安剤で治ったというのも、わりと最近経験しています(弟さんが原発の近くに仕事で行くというので、家族内トラブルになってたとのこと)。
19
neologcutter @neologcuter 2012年4月12日
チェルノの場合「放射能よりストレスの方が被害が甚大だった」という話を、マスゴミが一切していない件について。
9
PKA @PKAnzug 2012年4月12日
まとめの内容に絡んでちょっと厳しいことも書いておきます。この中で書いている通り、研究者というのは通説をひっくり返したがるものです。それは、ひっくり返すことで現実的な利益があるから。一番は研究者としての名誉(地位)ですが、講演依頼が多くきたり、研究費を集めやすくなったり、著書で収入を得たり、という側面もあります。しかし、通説というのはもう長いことみんなに叩かれ続けて隙がないので、そう簡単にはひっくり返りません。
17
PKA @PKAnzug 2012年4月12日
ただ、研究者からきちんとした支持を受けられる査読(識者による内容チェック)あり雑誌での発表でなければ話は別です。一般向けの書籍、自費出版の論文(のようなもの)、学会発表、ブログなどネットメディアでの意見表出。こういったものにはチェック機能がないので、好きなように通説をひっくり返した論を述べることが可能です。これは真っ当な研究者には大変忌み嫌われますが、一般メディアなどではここからそれなりの地位を得てしまうことも少なくありません。
6
PKA @PKAnzug 2012年4月12日
定説に反した論が注目を集めるという点は、論じるまでもないでしょう。クリス・バズビー、ユーリ・バンダジェフスキー、武田邦彦といった名前は、定説に反する論を述べたからこそ広まったものです(述べなければ、おそらく皆さんは彼らの名前を知ることはなかったはず)。彼らは査読を通すような学術誌ではなく、チェックのない媒体を用いることで意見表出を行いました。ハッキリ言って学者としては禁じ手中の禁じ手ですが、それが彼らに実利を与えたわけです。
47
PKA @PKAnzug 2012年4月12日
研究者が特定の他者(特に国家)を利することには非常に敏感な方が多いです。「御用」「エア御用」などのレッテルは、まさにその状態を指したもの。しかし、研究者などの情報提供者が、自分自身や自分の所属団体の実利に有利な動きをすることには、不思議なくらい無頓着な方が多い。危険を煽りながら放射線防護の何かを売ってる人ですら容認している人が見受けられます。
21
PKA @PKAnzug 2012年4月12日
通説に反した論を述べること自体は悪いことではありません。しかし、それは飽くまでも正当な研究を行い、きちんと査読というチェックを受け、筋を通した形で提示された場合に限ります。そうでないものは、通説をひっくり返すことの実利のために世間を欺く行為であり、詐欺行為にも通じると私は思っています。
26
かおる @kaoruchan1962 2012年4月12日
PKAさんのコメ欄の発言は、非常に示唆に富むと思います。
1
sakura(髭の帰還) @Hige_to_Horn 2012年4月12日
ヘールト・マックの名著「ヨーロッパの百年」のチェルノブイリの項には、ベルギーあたりの医師は原因不明の体調不良をストレスで片付けるところを、キエフの医師は放射能の一言で片付ける、という記述があったのを思い出しました。
1
☢山下238☣️ @Yamashita238 2012年4月13日
うおっ!JCOの件、私は正直「心筋は新陳代謝しないから」と決めつけていた。これは0から考えなおさないと。猛省せねば。
1
☢山下238☣️ @Yamashita238 2012年4月13日
心理的影響ですが…私の場合はカーチャンが核医学関係者で、「数百ベクレル?普段メガベクレル単位でしか放射性物質を扱ってないからピンとこない」この一言だけで私、事故直後以外一度も身構えたことすらないです。実際に放射性物質を扱っているプロの泰然自若とした態度は何よりも負の心理的影響を打ち消すと思います。
5
ひきがえる @ikebukuronomori 2012年4月13日
「バズビー、バンダジェフスキー、武田邦彦」にワロタw
0
sakai @SkiMario 2012年4月13日
(本質では無いですが、)代謝しないって言うのと分裂しないって言うのは別じゃないですか?心筋も骨格筋も代謝はしているけど、分裂はあんまり(全然?)しないと思います。間違ってたら教えてください。
0
水上春奈@サウロンの口P @tarlyon 2012年4月13日
代謝はごはんたべてうんこする(細胞が呼吸する)だけど、新陳代謝は生化学用語ではなくて細胞そのものが入れ替わること(皮膚のあかすり的なイメージ)の俗称じゃないでしょうか。分裂しないしそれによって細胞自体が入れ替わることもないけど、代謝はすると。
0
kojikaneko生涯「こんな人」 @suzupap 2012年4月13日
健康被害が先か,ストレスが先か、現代医学が自信を持って答えられる状況では無い事がよくわかった。であれば、不確かな安全を強調して不信感をさらに募らせる事はもっとも愚策では無いか?
0
kojikaneko生涯「こんな人」 @suzupap 2012年4月13日
ストレスが原因であろうと被曝が原因であろうと、採るべき生活態度は変わらない。「不安」を解消する事が一番の対策だ。線量をマメに計る・安心できるものを喰う・空気を直接吸わない・できれば安心できる場所に移住・保養にでかける…自分が納得できる環境にする事が一番のストレス解消であり、被曝防護にもつながる。これは@PKAnzug先生の言う事と矛盾しないと思う
0
kojikaneko生涯「こんな人」 @suzupap 2012年4月13日
そして、「ストレス」の原因を作ったのも「被曝」の原因を作ったのも東京電力をはじめとする電力害社であり、経産省をはじめとする愚策政府である事は誰も否定しないのではないか?健康被害の原因はいずれにしてもこいつらだという事を改めて認識した次第。ちなみに僕は喉が痛い程度で体重も増え続けているし、超健康です(^J^)
0
酋長仮免厨 @kazooooya 2012年4月13日
某団体賛同者からの質問にも優しく解説…を追加しました。
0
PKA @PKAnzug 2012年4月13日
病気などの原因を判断する時には、消去法がよく用いられます。ある病気や症状が出た場合に、その原因になるようなものを挙げていって、それが当てはまるかどうかを次々に確認していくんですよ。現状人が住んでる地域レベルの公衆被曝状況で「気分が悪い」「鼻血が」みたいな健康問題が出た場合、それはそんな被曝では起こらないと分かっているものですから真っ先に除外されてしまいます。
3
PKA @PKAnzug 2012年4月13日
一方でストレスによる影響の可能性って、どう頑張っても除外が出来ません。腹痛を起こすことが分かってる物質を摂取して腹痛を起こしたとしても、それがその物質と無関係なストレスが原因でないとは言い切れないわけです。もちろん、明確な因果関係がある物質を摂取してるなら、「この物質が原因である可能性が非常に高い」という判断にはなるわけですが。
3
PKA @PKAnzug 2012年4月13日
suzupapさんの仰る「健康被害が先か,ストレスが先か、現代医学が自信を持って答えられる状況では無い」が意味するところは私には分かりませんが、少なくとも目に見えるような体調不良は、現代医学のもとで自信を持って「被曝は関係ない」と言い切れます。
3
PKA @PKAnzug 2012年4月13日
一方、将来的な発癌に関しては、一応LNT仮説のもとでは「極めて低線量の被曝でもごく僅かながら発癌の可能性を上げる」ということになっていますので、今度は被曝の影響が「除外できない原因の候補」ということになります。ただ、そのレベルでの因果関係を持った発癌因子は無数に存在していて、仮に発癌したとして、その原因が原発由来の放射線である確率は(ゼロでないと仮定しても)ゼロに極めて近くなります。
3
PKA @PKAnzug 2012年4月13日
あと、自分の中に「敵」を設定することは、それで精神的充足が得られるならまぁそれもいいんですが、その仮想敵に関連した判断に大きな歪みが生じることは自覚しないとダメです。敵だから無条件で攻撃する、敵だから困窮したら嬉しい、が行動の本質になってしまうと、場合によっては自分で自分の首を絞める可能性もありますので。実際、世論の過熱から原発を止めた影響は、電気代の上昇として跳ね返ってきましたよね?
13
あおじる(ファイザー0回接種済) @kale_aojiru 2012年4月13日
このまとめの何をどう解釈したら「健康被害が先か,ストレスが先か、現代医学が自信を持って答えられる状況では無い事がよくわかった」になるのかが全くわからない
1
sakai @SkiMario 2012年4月13日
確かに新陳代謝と代謝は全然違いましたね、失礼しました。
0
kojikaneko生涯「こんな人」 @suzupap 2012年4月14日
その考え方自体一方通行ですよ残念ながら。ちなみに私はどっかの団体のために運動して利わけじゃ無いんで。原子力に反対する事で利する経済的メリットは全くありません。誤解していただくと迷惑です>@PKAnzug世論の過熱から原発を止めた影響は、電気代の上昇として跳ね返ってきましたよね?
0
kojikaneko生涯「こんな人」 @suzupap 2012年4月14日
@t2o_yama @PKAnzug先生の臨床事例としてストレス起因として薬剤投与した結果、症状が改善した例が多い、というのはなるほど有力な手がかりでしょう。しかしながら体調不良が先で調べてみて放射線障害?となる人は多いように思われます。その人のストレスは最初どこから来たのでしょうか?
0
kojikaneko生涯「こんな人」 @suzupap 2012年4月14日
@t2o_yama @PKAnzug心因的なストレスを定量化する術が無い以上、全てストレスが原因である、と断ずるのは素人として抵抗があるという事です。ベラルーシに旅行して小児病棟を訪ねるかしないと自分ではっきり判断する事はできないでしょうね。原子力産業に取り込まれたTV等があれだけ手の込んだ現実を捏造するとは到底思われない、というのが正直な感想です
0
ちょびっとズッキーニ(まとぅい)@鉄 @matsui_masa 2012年4月14日
原発産業として、過去幾度かマスコミは原発の人為的ミスによる事故や、原発の不必要性を訴える番組やら、放射線による害(を過大に評価する)番組・記事なんかあったけど、ほとんどの人は興味を示さなかった。それ故に、ここ数年ではそんな売れない・見てもらえないものを報道するよりも他のものを報道してただけで、特に取り込まれてるっていう印象はないんだけどな。
0
PKA @PKAnzug 2012年4月14日
どっかの団体に所属しているかどうかは全く関係ないです。むしろ、私が言ってるのは、共通の仮想的を持つようになった、統率されない個人の集団が与える影響の話です。「世論の過熱」と書いたのはそういうこと。suzupapさんの表出した東電への敵意もまたその一角です。
0
PKA @PKAnzug 2012年4月14日
次に「体調不良が先で調べてみて放射線障害?となる人は多い」という話。「放射線障害への不安より体調不良が先になりうる人」、すなわち、「原発事故で健康に有害な放射性物質が拡散されたという事実(および、その危険性を誇張した情報)を知らずにいる人」自体、相当少ないだろうと思います。また、本当にそういう患者が多いのであれば、在野の医師などからも情報が出てくるはずですが、そういう患者を発掘するのは何故かいつも反原発活動家の人たちなんですよね。
3
PKA @PKAnzug 2012年4月14日
上でも書いた通り、研究者というのは通説をひっくり返したくてウズウズしてるわけですが、研究者の側面も持ってる医師が、通説をひっくり返す糸口をことごとくスルーしてるのは妙だと思いません?
2
PKA @PKAnzug 2012年4月14日
そしてここは決定的に誤解されてると思うんですが。私は放射線障害が原因である可能性を否定しているだけで、全部ストレスが原因だなんて全く思っていませんよ。原発事故を契機に引っ越した先で触れた新しいアレルゲンが原因かもしれないし、原発事故やそのストレスと全く無関係に出現した本物の病気や症状を「放射線のせい」と思い込んでるかもしれない。
2
PKA @PKAnzug 2012年4月14日
放射線とストレス以外にも原因は無数にあって、いきなりストレスを原因にはしません。実際、私が挙げた心因性の可能性が高い症例も、最初は普通の病気を疑って対応しています。
1
PKA @PKAnzug 2012年4月14日
最後に「ベラルーシに旅行して小児病棟を訪ねるかしないと自分ではっきり判断する事はできない」の件。私の持論は「最前線で見ている人は近視眼的に状況を過大評価しやすい」でして、昨年6月の時点でこう書いてます( https://twitter.com/#!/PKAnzug/status/82019519203246080 )。
3
PKA @PKAnzug 2012年4月14日
重要なのは、ベラルーシの小児科病棟の患者さんは単にベラルーシの小児科病棟の患者さんであって、放射線障害の犠牲者が集まってるわけではないということです。日本でも都市部の大きい小児病院や大学病院なら、原発事故以前から先天奇形や小児癌の患者さんがいっぱいいますが、そういう施設のベラルーシ版だと、なぜか放射線のせいということにされてしまうことがままあります。
3
PKA @PKAnzug 2012年4月14日
もちろん、ベラルーシなら原因が放射線障害である可能性も日本より高いわけですが、それは最前線で個別の症例を見るのではなく、一歩引いて症例の増減で見ないとわかりません。放射線によるものであっても、出てくる病気や奇形自体には、放射線以外が原因のものと差がないわけですから。
2
PKA @PKAnzug 2012年4月14日
TV番組の制作陣には「大衆の注目を集めなくてはいけない」という非常に大きいプレッシャーがかかっており、問題提起も大好きですから、「これはベラルーシの事例だが、放射線のせいではないかもしれない」なんてことは言いたがりません。言うのは「これは慢性的に被曝してきたベラルーシの例である。見よこの悲惨な実情を!」です。メディアは煽りたがるものである、という点は今更言うまでもないと思いますが、放射線の被害を訴えてる時だけその前提を除外するのは、中立的な見方ではないと思います。
2
PKA @PKAnzug 2012年4月14日
あ、2つ前のコメントで補足。「ベラルーシなら原因が放射線障害である可能性も日本より高い」というのは、「原因が放射線障害であるという見込みが日本でのものより現実的である」という意味であって、「ある病気の発生原因に占める放射線障害の割合が高い」という意味ではないです。分かりにくい部分ですが、この2つでは意味が決定的に違うので。
3
酋長仮免厨 @kazooooya 2012年4月14日
ちなみにストレスというと精神的・心理的と捉えられがちですが、アレルゲンや放射線のように肉体への影響をもたらすものもあり、私はこちらもストレスと捉えているのでタイトルを放射線影響以外という意味で「ストレス・心理的影響か?」としました。なので”全てがストレス”のせいでも私的には違和感はありません。@PKAnzugさんもあるいは医学的にも”ストレス=心理的”と定義しているのでしょうか?(・_・?)
2
kojikaneko生涯「こんな人」 @suzupap 2012年4月14日
インドやアフリカのウラン鉱山の近隣住民やイラクの劣化ウラン弾汚染地域の人たちは自分たちが低レベル放射線障害の犠牲になった,という意識は少ないでしょうね。勿論この事象を発掘し,報道するのは先進国のメディアで放射線障害?という目線で取材する可能性は否定できないと思います。
0
kojikaneko生涯「こんな人」 @suzupap 2012年4月14日
しかしながら、ウラン採掘現場や、同じ戦争地帯得ありながら何故、イラクに健康被害に達するまでの過剰な被害が発生するのか?は当然科学的な疑問を投げかけるべき筋合いのものだと考えます。チェルノブイリハートやイエローケーキ、ヒバクシャ、これらの映画は放射性物質吸引による健康被害という視点で編集されて居るわけですが、ならば、ストレス視点で特定地域に集中する理由を解明できるのでしょうか?
0
kojikaneko生涯「こんな人」 @suzupap 2012年4月14日
もとより、原子力に反対する人々にとって、反対した事で得られる経済的メリットはあるのでしょうか?(武田さんはありそうですがf(^ー^;)バンダジェフスキー博士にしても、ベラルーシ当局から普通に調査を任されて、普通に調べて発表したところ、投獄され、アムネスティキャンペーン等により開放された経歴とききます。@PKAnzug先生のおっしゃるような学会でのスタンドプレイを目指した山師と認定するには非常に違和感を覚えます
0
kojikaneko生涯「こんな人」 @suzupap 2012年4月14日
思うに微量の放射性物質は、ご指摘の、重金属、食品添加物、化学物質、煙草、酒、アレルゲンと同じような健康リスクを持つものなのでしょう。こういうものを決して採らないように暮らしている人はたくさんいます。勿論、彼らが長命で健康とは限らない
0
kojikaneko生涯「こんな人」 @suzupap 2012年4月14日
ですが、納得のいかないものを喰わされるのはストレスとして非常に大きいものではありませんか?有害物質排除にこだわって暮らしている人にとって、それがストレスフリーと言う事です
0
kojikaneko生涯「こんな人」 @suzupap 2012年4月14日
ならば、取り立てて放射性物質による汚染がへっちゃらだから喰え、気にするなと押しつける意味はなんでしょう?ベクレた食品には納得できない人が多いのです。いくら安全だと言われてもそれを押しつけられるのはストレスでしか無いのです。言ってみればイスラム教徒に豚肉をうまいから喰えと言ってるのと変わりません。
0
kojikaneko生涯「こんな人」 @suzupap 2012年4月14日
@PKAnzug 先生が安全である,という根拠を出す事と同様に危険であるという情報も重要であると私は思います。そして、きめ細かに空間の汚染度合い、食品の汚染度合いを示してそれぞれが納得できる暮らし方をする以外に、「ストレス」から逃れる方法はありません。これを国の責任で行うのが筋です。ご自身の知見との対立するものを誹謗中傷し火消しに徹するだけでは何ら解決しないように思っています。
0
酋長仮免厨 @kazooooya 2012年4月14日
何度も現地を訪れた広河隆一氏は映画「チェルノブイリ・ハート」について「すべての子が事故のせいではない。放射能の恐ろしさを訴えるためにこのような強調をしていいのだろうか。」と言及 http://j.mp/u4iM1q
1
酋長仮免厨 @kazooooya 2012年4月14日
トンデルらは「汚染の激しい地域ほどDNA修復の頻度が高くなると予想をしたが、全く逆の結果となった。放射性セシウムよりも都市生活のストレスの方が、DNA損傷に寄与していることを示唆」http://j.mp/HHjymV
0
酋長仮免厨 @kazooooya 2012年4月14日
さらにトンデル氏は『チェルノブイリ原発事故とスウェーデンにおける被ばく影響~いまだがんリスク増加を結論できません」と… http://j.mp/yhXNNz
0
酋長仮免厨 @kazooooya 2012年4月14日
チェルノブイリ事故情報についてはマスコミや反原発派が誇張も含めセンセーショナルに報道していたので未だに誤った情報が訂正されずに伝搬している状態です。http://togetter.com/li/287151
0
PKA @PKAnzug 2012年4月14日
自分自身が放射性物質排除によって精神的ストレスを除去できるのであれば、私は個人的それを行うことを批判はしません。ただ、ありもしない危険を主張して他者に働き掛けることは批判します。これは他人に精神的負荷を与える行動であると同時に、放射線に関連した誤った認識を社会に植え付ける行為であり、どちらも無視できない程度に有害だからです。なので、私は自分の知識の範囲において、明らかに誤った情報には「それは違う」と指摘し続けています。
6
PKA @PKAnzug 2012年4月14日
誤解して欲しくないのは、私は放射性物質が野に放たれる事態をよしとはしていませんし、放射線防護に用いる上では「微量でも影響がある」とするLNT仮説を支持しています(ただし、事実認識としては、しきい線量仮説やホルミシス仮説もありうるとした上で、「小さすぎてどれであろうと大勢に影響はない」という考え方です)。放射線が人体に有害であるという知識は、むしろあらゆる人が持つことを奨励していますが、ありえないような危険を謳った誤情報には百害あって一利もないと考えています。だって「嘘」なんですから。
1
PKA @PKAnzug 2012年4月14日
少量の放射性物質を含んだ食品や福島産の食品(これらは別物です、念のため)に関しては、私は食べたくない人に無理に食べさせる気はないです。ただ、そういう食べたくない人もいて消費が下がることは容易に想像が付きますし、その傾向は復興の上でもよくないので、食べても気にならない人には「一緒に食べようぜ」的なことは言います。実際、最近我が家でも福島米を20kg取り寄せました( https://twitter.com/#!/PKAnzug/status/189330108048343040 )。
3
PKA @PKAnzug 2012年4月14日
ストレスに関しては先に書いた通り。私は日本を含む世界各地で報告されている「放射線障害とされている症状」の主因はストレスであると思っていません。特に「気分が悪い」などの本人の訴えのみではなく目に見えた形で症状が出ているものは、ストレスでも放射線でもないものが原因になった病気を、放射線障害があることを主張したい人たちや勘違いした人たちが、放射線障害であるかのように担ぎ出しているのではないかと考えています。
3
PKA @PKAnzug 2012年4月14日
それこそ「ベラルーシの小児病院で障害のある子供たちを見たら、放射線障害であると思ってしまう」というさっき挙げた事例ですね。「チェルノブイリハート」はまさにそういう誤解(あるいは意図的な曲解)で作られた映画ではないかと思います。私も自主制作映画を作ったことがありますが、映像作品って怖いですよ。全く関係ないものを繋ぎ合わせて、あたかも関係があるかのようにも見せられますし、ありえないことに説得力を持たせることも可能ですから。
3
PKA @PKAnzug 2012年4月14日
反原発活動の人がその行動で得る利益は様々だと思います。ご指摘の通り、武田先生は直接的で非常に分かりやすいと思いますが、他にも、自信の政治的主張を認めさせるためだったり、承認欲求の充足だったり、単純には言えません。あと、バンダジェフスキー氏の逮捕された理由は、ゴメリ医科大学の受験者からの収賄容疑です。当時のベラルーシは独裁的な状況だったそうですから、別件逮捕も十分ありえますが、一方の声のみを事実と見なすのはアンフェアです。
4
PKA @PKAnzug 2012年4月14日
そして、病理学の専門家から見てボロボロである( http://togetter.com/li/271992 )彼の主張が世に出たのは、彼が査読を経ないで論文を出版するという反則技を使ったからだろう、という私の認識は変わりません。仮に彼が独裁政権からの圧力として逮捕されたとしたら、独裁政権は逮捕監禁によって彼に物を言える立場を与えてしまったわけで、皮肉なものだと思いますね。社会的な事実がどうだったのであれ、逮捕監禁されたという事実は今の彼の利益に直結しています。
3
PKA @PKAnzug 2012年4月14日
そういえば、彼は「セシウム除去にはアップルペクチン」という、特定の健康食品にひどく入れ込んだ活動をしていたはずですが、その後音沙汰がないですね。ああいう名の通った人は健康食品詐欺に利用されやすいのでちょっと警戒していたんですが。本物だったらバズビー印のサプリメントがぶっ叩かれまくろうと出てくるはずですし、見込み違いだったんでしょうか。
2
kartis56 @kartis56 2012年4月14日
暑い・寒いや聞き慣れない音、嗅ぎなれない臭いとかは広義の心理学的な意味での心理的ストレスですしね。 以前に川沿いに引っ越したときに、夜中に川の流れる音が、意識しないのに気になって、慣れるまで一週間ほどよく眠れなかったことがある。
0
kojikaneko生涯「こんな人」 @suzupap 2012年4月14日
バンダジェフスキー博士はアップルペクチンは効果が無いと,複数の講演会で発言していました
0
kojikaneko生涯「こんな人」 @suzupap 2012年4月14日
@PKAnzug先生ご自身は誠意のある活動をされていると思っています。一面的な情報だけでは宗教になってしまいますからね。ただ、私はベクレものは子供に避けさせる事でストレスフリーを目指したいと思います。フェアな市場を目指す意味でベクレル表示は必要ですね
0
PKA @PKAnzug 2012年4月14日
なるほど。調べてみてダメなものはダメと言うのは、研究者として正当な態度ですね。そこは彼の誠意として認めるべき部分かなと思います。あと、放射性物質を避けたい人が避ける行動自体は、正当で何ら批判されるべきではないと私も考えています。ただ、現状の「きちんと調べて表示したところが批判されたり売り上げが落ちたりする」という傾向には少し危惧してるというのも事実なんですよね。義務化するには少々敷居が高いですし、調べてること自体が誠意ある態度として評価される状況を作れたらいいんですが。
0
kojikaneko生涯「こんな人」 @suzupap 2012年4月14日
賛成です。そこまで疑うつもりは無いし,それこそ何も喰えなくなります。フェアにやって欲しい、これが一番の望み、ベクレてなければ福島のものも食べられるし、隠して産地隠蔽して流通とか最悪のやり方です、行政の無策の大罪を訴えたい
0
kojikaneko生涯「こんな人」 @suzupap 2012年4月14日
そういう薄汚い奴がいる限り、「風評被害」を避ける最良の方法はベクレ数を表示するしか無いと思います。楽観論に基づいた曖昧な流通が福島・東北・関東の生産者を苦しめている現実に行政は気がつくべきです
0
Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2012年4月15日
ないっていうか、現状値なら問題にするほどでない、それをどう扱うかという問題、という気が...
0
竹本淳一 池袋ファミリー整体院 @takemotojunichi 2012年5月24日
PKAnzug とってもわかりやすかったです。福島の玄米、当方も30キロファミリーで食べておりもーすぐなくなりそうです。
0