”やっかいな放射線と向き合って暮らしていくための基礎知識”を読みました(式、表たくさん)

学習院大学 田崎先生の”やっかいな放射線と向き合って暮らしていくための基礎知識”(http://www.gakushuin.ac.jp/~881791/radbookbasic/)を読みました。自分の身近に置きたい内容を書き出しました。色強調もしました。外部被曝、内部被曝の線量を大まかにでも具体的に求めて判断できるようになれそうなところがよかったです。またICRPでいわれていることの意味がはじめてわかったような気になったところもよかったです。どちらも自己流で考えたり理解できぬままでした。
23

原発事故の事と今の状況への姿勢

onkapi @onkapi

基礎知識の田崎さん( http://t.co/hhh5COt6 )、今の人間が生きているあいだには、この事故は完全には収束しないだろう、それほどに「やばい」事故なんだと。事故の現場はがんばっている、でも「原子力発電所を持ち続けるのは人類には無理だ」と思うと。

2012-09-30 07:40:47
onkapi @onkapi

基礎知識の田崎さん( http://t.co/hhh5COt6 … )、福島の事故、核燃料からの異常な発熱のため、圧力容器にも穴。原子炉の中で発生した水素が建屋に充 満して爆発。これら一連の出来事の結果大量の放射性物質ばらまかれる。キセノン133が特に大量、周辺放射線異常に強く。

2012-09-30 09:33:02
onkapi @onkapi

基礎知識の田崎さん( http://t.co/hhh5COt6 … )、原子炉爆発の可能性は小さくなったと思う。けれど地震や津波の事態を考えると安心はできない。仮ごしらえ冷却システムやカバーの安全保証はなく建屋が崩れるおそれも。過度に悲観的になることはないが頭に置いておくべき。

2012-09-30 09:51:26
onkapi @onkapi

基礎知識の田崎さん( http://t.co/hhh5COt6 )、核実験で1960年代前半まで量多、その後は減、チェルノブイリでポン。2010年までほぼゼロ。今回の事故、短期間で新宿に 1 万 7 千 Bq/m2セシウム降下。これは上の全期間を足し合わせた降下量の倍以上!

2012-09-30 15:37:45
onkapi @onkapi

基礎知識の田崎さん( http://t.co/hhh5COt6 … )、「原子力発電所さえ収束すれば、各地の放射線もなくなる」と素朴に思っていた人もいたよう。しかし日本のあちこちの地面はしっかりと放射性セシウムで汚染されていて、それは福島第一原子力発電所の様子とはもはや関係ない。

2012-09-30 15:52:18
onkapi @onkapi

基礎知識の田崎さん( http://t.co/hhh5COt6 )、2011年3月にすごいことがおき、その余波はずっと続いているということを忘れてはいけない。日本にとって戦争以来の難関。だからといってやたら大騒ぎする必要はない。でも普段通りにやろうとしなくてもいい。

2012-09-30 22:47:59
onkapi @onkapi

基礎知識の田崎さん( http://t.co/hhh5COt6 )、本やインターネットで人の書いた物を読んでいると確信をもって安全と書いている人がいると思うと、同じくらい堂々と絶対に危険。逃げろと叫んでいる人もいる。みんななぜこんなに確信をもって物が言えるのだろうと不思議。

2012-09-30 22:42:15
onkapi @onkapi

基礎知識の田崎さん( http://t.co/hhh5COt6 )、なんかたまむしいろ玉虫色ではあるけれど、「気にする自由」と「気にしない自由」をお互いに認め合うのが大切だと思う。

2012-09-30 22:49:27

現在問題になっている放射性物質はセシウム

onkapi @onkapi

基礎知識の田崎さん( http://t.co/hhh5COt6 )、ぼくらは地面・空から、X線・CTでも外部被曝。事故後、原発近くでXe133、I131など短半減期物質から。1 ヶ月過ぎCe134、137 から。現在外部被曝γ線だけ問題。。体で原子と衝突が悪さ、半分すり抜け無害。

2012-09-30 10:28:38
onkapi @onkapi

基礎知識の田崎さん( http://t.co/hhh5COt6 … … )、ぼくらはいつも体内に定量あるカリウム40から、地底から染出るラドンを吸って内部被曝。事故後の深刻はヨウ素131 による内部被曝。甲状腺蓄積が問題。1, 2 ヶ月経ってセシウムによるのが問題。γ線とβ線。

2012-09-30 10:49:04

事故による放射線量の減衰
(Cs137の場合、現在の地表{Cs137とCs134の混合}の場合)

onkapi @onkapi

基礎知識の田崎さん( http://t.co/hhh5COt6 … )、関東の地面にはセシウム 137 。(ぼくがおじいさんになっているだろう)30 年後にようやく半分に、(ぼくが生きているかどうか、かなり微妙な)60 年後に 4 分の 1。半減期は人の寿命とは似てない!

2012-09-30 08:07:30
onkapi @onkapi

基礎知識の田崎さん( http://t.co/hhh5COt6 … )、事故の直後のセシウムによる線量率を 1 。その後の1年後0.78、2年後0.62、3年後0.51、5年後0.37、10年後0.23、43年後0.10。3年で約半分。10分の1になるのは43年!

2012-09-30 16:59:48

事故当初ヨウ素が注意されるべきだった

onkapi @onkapi

基礎知識の田崎さん( http://t.co/hhh5COt6 )、11年3月のスクリーニング検査以外に、初期ヨウ素131などによる被曝の影響の公式の調査が実施されていないことは重大。ヨウ素131半減期は8 日、被曝のこんせき痕跡は完全に消。本当の実態をつかめないまま。無念。

2012-09-30 22:39:21

用語

onkapi @onkapi

基礎知識の田崎さん( http://t.co/hhh5COt6 )、「元素」は「原子」とほとんど同じ意味。でも「原子の種類」を表わす、やや抽 象 的 な言葉。

2012-09-30 07:45:59

放射性物質とその作用

onkapi @onkapi

基礎知識の田崎さん( http://t.co/hhh5COt6 … )放射線は大きな運動エネルギーを持った粒子の流れ。α線はHe4原子核の。物質中ですぐ原子と衝 突、電離作用。β線は電子の。α線同様電離作用。γ線光子の。X 線も。物質中では原子間をすり抜ける。ごくまれ衝突。

2012-09-30 08:28:52
onkapi @onkapi

基礎知識の田崎さん( http://t.co/hhh5COt6 … )、放射線は飛んで運動エネルギーを失って放射線ではなくなってしまう。放射線は消えるといってもHe4の原子核や電子が消えるのではない。

2012-09-30 08:34:05
onkapi @onkapi

基礎知識の田崎さん( http://t.co/hhh5COt6 … )、放射線が物質に入ると、物質をつくっている原子に衝 突。衝突された原子からは電子が勢いよく飛び出す。衝突された原子を含む分子は電荷を帯びる。これが電離作用。

2012-09-30 08:14:24
onkapi @onkapi

基礎知識の田崎さん( http://t.co/hhh5COt6 … )、「自然の放射線は悪影響なく、人工の放射線は体に悪い」は×。放射線は放射線。一方、「自然界にもともとある放射性物質より、人工の放射性物質のほうが、体内で危険かも」という意見は、場合によってそれなりの根拠。

2012-09-30 08:39:56

放射性物質の性質は常識の範囲外

残りを読む(87)

コメント

onkapi @onkapi 2012年10月1日
まとめを更新しました。
0
onkapi @onkapi 2012年10月2日
まとめを更新しました。見やすくデコ。赤は定数値、青は例題(例題といっても実際に即して作られています)。
0
onkapi @onkapi 2012年10月2日
まとめを更新しました。
0
onkapi @onkapi 2012年10月2日
2ツイート目、私が読んだ版の時点(20120913版)で田崎先生の記述は圧力容器の穴と水素爆発が放射性物質拡散の原因と思わせるものがあります。
0
onkapi @onkapi 2012年10月2日
一般には爆発で放射性物質が広がったと思うのは普通だと思います。私もです。
0
onkapi @onkapi 2012年10月2日
少し前、広がった放射性物質はベントによって放出されたものだとの、群馬大学早川先生のツイートがありました。
0
onkapi @onkapi 2012年10月2日
先ほど”【Project HAYANO】魔の3月15日は深夜のベントから始まった”というトゥゲッターを見つけたりして、ベント起因の裏付けになると思いました。
0
onkapi @onkapi 2012年10月2日
事故当時、菅総理や経産相、東電で、ベントができるできないとやり取りしている報道がありました。
0
onkapi @onkapi 2012年10月2日
ベントで出る放射性物質もあるだろう、でも格納容器が爆発したら大変だし、ベントの空気抜きはいるのだろう、たいしたことないしょうがない、という解釈でなかったでしょうか。
0
onkapi @onkapi 2012年10月2日
ベントとはたいへんなものだったのだということなのでしょうか。
0
onkapi @onkapi 2012年10月3日
田崎先生は比をつかって概算するのを教えてくれてます。便利。
0
onkapi @onkapi 2012年10月3日
確かにオヤジも大工作業の墨付(寸法だして印をつける作業)で比の考えをあちこちでつかって出してます。
0
onkapi @onkapi 2012年10月3日
ここの寸法はA 。こことあそことの割合はX 。だからあそこの寸法B は A*X 。
0
onkapi @onkapi 2012年10月3日
難しい計算はAだけでする。こころがけよう。
0
onkapi @onkapi 2012年10月6日
すこし調べて考えたのですが国はICRPでいう事故が起った時の現存被曝状況(年間1〜20ミリ)の目標とおくというのにあわせてるよう。
0
onkapi @onkapi 2012年10月6日
事故で何ミリの被曝状況など関係なく、とにかくなにがあるかわからないところを警戒区域というのではないか。
0
onkapi @onkapi 2012年10月6日
警戒区域の外では、とにかく現存被曝状況の上限20ミリになるまで居住させないで待つという所がある。それが帰還困難区域、居住制限区域、避難指示解除準備区域、計画的避難区域。
0
onkapi @onkapi 2012年10月6日
20ミリを切っていることが確認された区域、当初の計画的避難区域の1部分、緊急時避難準備区域は、制限が解除され、行き来、居住がゆるされた。
0
onkapi @onkapi 2012年10月6日
その他の地域は当初から20ミリ以上になったと確認されていないということで、特別な区域指定はされず、1ミリ以上となったところは除染を推進するという国の姿勢のよう。
0
onkapi @onkapi 2012年10月6日
1ミリというのは国の計り方でいうと地上1mの線量率が0.23μSv/hのところ。20ミリというのは3.84μSv/hのところ。
0
onkapi @onkapi 2012年10月6日
国の方策。地上1mの線量率が3.84μSv/hになるまで待ち、人が住んでいいとする。人が住めたところでは地上1mの線量率が0.23μSv/hになるまで除染する。かな?
0
onkapi @onkapi 2012年10月6日
減衰をみなければいけませんが、20ミリというのは5年ぐらいで100ミリに達しそうな量。1ミリは100年。2ミリせめて5ミリぐらいには早くなるように除染は進められなければならなくおもいます。
0
onkapi @onkapi 2012年10月6日
2ミリは地上1mの線量率が0.42μSv/h。5ミリは0.99。
0
onkapi @onkapi 2012年10月6日
1μSv/hを示すのを考えると少し不安のような。0.5でも。早く除染をしなければならないのです。
0
onkapi @onkapi 2012年10月6日
いまからさらに1年半たつと地上1m線量率は当初の半分、今からみると3分の2強ぐらいに減衰していくと。
0
onkapi @onkapi 2012年10月6日
除染は急がねば成らぬ所がある!
0
onkapi @onkapi 2012年10月6日
10ミリは10年ぐらいで100ミリになりそう。10ミリとは線量率1.94μSv/h。早くこのくらいに除染して、さらにどんどん除染していかないと。
0
onkapi @onkapi 2012年10月6日
時間が経って線量率が下がって、1ミリを切りました、といわれては悲しいものがあります。
0
onkapi @onkapi 2012年10月6日
除染はたいへんで危険な作業。規制がちがちの公共工事としてきちんとやっていくのがいい。
0
onkapi @onkapi 2012年10月6日
ここまで除染ができました、こういう線量率になりましたとあかるく公表しながらやっていく方がみんなの支持を得られるのでは?
0
onkapi @onkapi 2012年10月6日
少しの間での被曝1Svではがん死する確率が1.5倍(この話題の場合い20%から30%へだいたい10%上乗せ)になることははっきりでているようで危ない、ですよね。
0
onkapi @onkapi 2012年10月6日
緩慢な被曝1Svではがん死する確率が1.25倍(この話題の場合い20%から25%へだいたい5%上乗せ)になるのではとICRPでは考えている、ちょっとあぶないだろうと。
0
onkapi @onkapi 2012年10月6日
緩慢な被曝100mSvではがん死する確率が1.025倍(この話題の場合い20%から20.5%へだいたい0.55%上乗せ)になるのではとICRPでは考える。
0
onkapi @onkapi 2012年10月6日
100mSvは低線量で影響があるかがあいまいで、さらに緩慢な被曝である。さらに20%から20.5%にあがるというのは影響が表面に出にくいだろうと。あぶない、でもあぶないといっていいかなと迷う感じか。
0
onkapi @onkapi 2012年10月6日
あぶないといっていいか迷う感じなら、私のとこはこんだけやられてて、こんだけ除染したよとばんばん発表したほうがよっぽど迷ったり悩んだりしないんじゃないですか?
0
onkapi @onkapi 2012年10月6日
事故当初はこぐらい(μSv/h)、いまは減衰しててこのぐらい、除染したのでこんなになって、車が通ったり、歩いたり、草をかったり、人が活動してる所は蹴散らされてさらにこのくらい、と明るく宣伝してほしいです。
0
onkapi @onkapi 2012年10月6日
所どころ線量率の高い所は残るでしょう(かなり残る?)。それは避けて生活せねばならないでしょうし、食べ物も気をつけなきゃいけない。そこが怖がる怖がらないの自由のある生活がもとめられる部分です。
0
onkapi @onkapi 2012年10月6日
いまは事故の放射性物質の拡散について実態がわからない事が多すぎるとおもいます。国の方策は一つのつじつまは合ってるようですし、その意味と拡散域をもっとわかりやすく公表していくのがよいです。
0
onkapi @onkapi 2012年10月6日
わかりやすく公表されればいい意見が今以上にいっぱいでます。
0
onkapi @onkapi 2012年10月6日
現在はわかりやすい公表がないと思うので、放射性物質の拡散についてなにも知らずなんも気にしていないならともかく、すこしでも知る人はひとり思い悩んで暗いです。
0
onkapi @onkapi 2012年10月6日
内部被曝の事も国の規制どうりのものなら、子どもに注意している限り安全といってよいだろうと、わかりやすい気をつけたい食品表をつくったり、同じもの食べ続けるなとか公共機関にはもっといってほしい。
0
onkapi @onkapi 2012年10月6日
事故当初、霧のように飛んできて吸ってしまったであろう、ヨウ素とかに関しては、わからないならわからないとして、いまも心配なんだけどわかりませんと、はっきり公共機関にはいってほしい。
0
onkapi @onkapi 2012年10月6日
国は、どこまでが緊急時被曝状況で、どこまでが現存被曝状況であると考えているのかを教えてほしいい。
0
onkapi @onkapi 2012年10月8日
復習。緩慢な被曝100mSv(外部被曝実効線量+内部被曝実行線量)がガン死の確率を0.5%上げると考えて、それだけ被曝しないよう方策を整えることが目標。
0
onkapi @onkapi 2012年10月8日
復習。地上1m線量率(μSv/h)測定値から自然放射線量率0.04を引いたものが、(原発事故による)余計な地上1m放射線量率。
0
onkapi @onkapi 2012年10月8日
復習。{余計な地上1m線量率(μSv/h)*24h*365day}が、年間外部被曝実効線量。(国は室内生活分を考慮、0.6を掛けた値とする{余計な地上1m線量率(μSv/h)*24h*365day*0.6})
0
onkapi @onkapi 2012年10月8日
復習。11年3月の余計な地上1m線量率を{}内数値に掛け、セシウム通算実効線量(mSv)を知る。{1年間10、2年間18、3年間24、4年間29、5年間34、10年間50、20年間72、30年間89、50年間114}
0
onkapi @onkapi 2012年10月8日
復習。{摂取した放射性物質のBq数(Bq/kg)*その実効線量係数(Sv/Bq)}が内部被曝実効線量(Sv)。(係数{I吸引10歳1.9×10(−8)、成人7.4×10(−9)}{Cs137経口10歳1.0×10(−8)、成人1.3×10(−8)})
0
onkapi @onkapi 2012年10月8日
復習。毎日1Bqセシウム摂取し続けた際の年間実効線量(µSv){生後3月8.4、1歳5.0、5歳4.0、10歳4.2、15歳5.6、成人5.6}(1日の摂取量がn倍なら{}内数値もn倍)
0
onkapi @onkapi 2012年10月8日
復習。人は事故以前から常にカリウムで体重1kgあたり約60Bqの被曝をしている。
0
onkapi @onkapi 2012年10月8日
復習。毎日セシウム1Bq摂り続けても{}内の値以上にはならない。(体内平衡量(Bq){生後3 ヶ月23、1歳19 、5歳30、10歳53、15歳117、成人143})。
0
onkapi @onkapi 2012年10月8日
復習。摂り続けて体内の放射性カリウム量とほぼ等しくなるセシウム1 日の摂取量(Bq){生後3ヶ月16、1歳31、5歳38、10歳36、15歳28、成人29}
0
onkapi @onkapi 2012年10月8日
復習。1日1Bqづつセシウム摂っても成人で143Bqで平衡(200なら28600)。成人が1日29Bqづつセシウム摂った時、自分の持つ放射性カリウムのベクレル数とほぼ同じベクレル数で平衡となる。
0
onkapi @onkapi 2012年10月8日
復習。現在の食品中のセシウム量の基準値(Bq/kg)。{飲料水 10、乳児用食品 50、牛乳 50、一般食品 100}。最大摂ってもこの基準による量と思えばよい。実態は少ないようだ。
0
onkapi @onkapi 2012年10月8日
復習。参考。おおよそセシウムからの地上1m空間線量率 1 µSv/h ←→ 地面の汚染密度セシウム30 万 Bq/m2 の対応である。
0
onkapi @onkapi 2012年10月8日
復習。国がその土地に住めるという基準は20mSv(地上1m線量率3.84μSv相応)未満。国が除染しなければならないとしている基準は1mSv(地上1m線量率0.23μSv相応)より高いこと。
0
onkapi @onkapi 2013年1月12日
.@HayakawaYukio さんの「書評 『やっかいな放射線と向き合って暮らしていくための基礎知識』田崎晴明著」 http://togetter.com/li/437194
0