2013年2月8日

矢ヶ崎克馬先生が坪倉正治氏の『それは内部被曝じゃなかった』を科学的に批判するキリッ!

・どんなに近づいても「線源から出ている全エネルギー」以上のエネルギーを受けることは絶対にない。 ・では、3000Bqのセシウム・スーツを着用すると毎時何シーベルト被ばくする?(・_・?) ・田崎晴明さんのブログ「汚染された衣服による被ばくについて」 http://j.mp/WIEI7O ・菊池誠さんのブログ「放射線は粒々が飛んでくることさえイメージできれば、線源に近づけばいくらでも放射線が強くなるという誤解はしないと思う」 http://j.mp/YhXj8i 続きを読む
115
《48》 それは内部被曝じゃなかった ~坪倉正治 (つぼくら・まさはる)

(一部抜粋) 去年の夏頃の検査でセシウム134と137併せて、3000Bq/body程度検出する方がいました。40代の成人男性で体格はやや細身、職業は事務でした。 その時は、何かしら高度汚染食品を摂取したのかなと思っていたのですが、腑に落ちないところが少しありました。 ・・・・・(略)・・・・・ その原因は、スーツに残った汚染でした。実はこの男性は病院のスタッフで、前回の検査は器械の調子を調べ..


木村知 @kimuratomo

医師。 2019.12.7発刊『病気は社会が引き起こす インフルエンザ大流行のワケ』(角川新書)ではアフターコロナを生きる多くの人が知っておくべきコロナ以前から日本が抱えてきた社会と医療体制の問題点を解説しています。医学博士。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 取材等のご依頼はDMでお願いします。メルマガ👉

foomii.com/00185

  • いろいろ怪しいブログを書いている ききらとも氏がブログをアップ
  • (一部抜粋) 坪倉氏のモデルとしている点線源の場合だけでも6ケタもの過少評価につながります。なぜなら、点線源から発射される放射線量は単位時間について一定で放射状に発射されるので、計算しようとする「点線源を中心とする球の表面」上でどの場所でも同じ強さになり、単位面積当たりの被曝線量が計算できるのです。ところで衣服が汚染されているのですから衣服上の一つの点線源は、身体までの距離が1mm程度です。点線源から考えている点までの距離の二乗がそこに描いた球面の面積に比例しますので、この場合半径1mと1mmの距離の比率は1000倍違います。表面積はその二乗に比例しますから100万倍大きさの程度が違います。すなわち6ケタ違います。坪倉さんのどこかの文献で見つけ出してきた線量を100万倍したら、皮膚に密着した場合の線量の目安となります。坪倉さんの出している数値0.000062μSv/hの100万倍は62μSv/hになります。巨大な被曝線量です。そのあと、3000Bqの服を身にまとったとして、と「計算した」と称している数値はまさに被曝計算の物理的設定もできない者が、「専門家」ぶった安全論を説いています。

木下黄太氏や伊藤隼也氏が拡散し始めた…

酋長仮免厨 @kazooooya

「WBCの精度が尿検査に比較して少なくとも2ケタ以上は悪く」と言っている時点で終わっているんじゃないの?矢ケ崎さん? RT @kinositakouta: 坪倉正治氏『それは内部被曝じゃなかった』に対する、矢ケ崎克馬氏による「科学的批判」 http://t.co/DvLP0SOV

2013-02-08 17:36:36

Jun Makino @jun_makino

http://t.co/Jj72CiAm 坪倉正治氏『それは内部被曝じゃなかった』に対する、矢ケ崎克馬先生による「科学的批判」

2013-02-08 21:09:05
Jun Makino @jun_makino

坪倉氏の計算がへろへろであることは間違いないんだけど、以下のよう な議論はちょっとどうかという気もする。

2013-02-08 21:09:07
Jun Makino @jun_makino

引用 : ところで衣服が汚染されているのですから衣服上の一つの点線源は、 身体までの距離が 1mm 程度です。点線源から考えている点までの距離の二乗が そこに描いた球面の面積に比例しますので、この場合半径 1m と 1mm の距離の比 率は 1000 倍違います。

2013-02-08 21:09:09
Jun Makino @jun_makino

引用 : 表面積はその二乗に比例しますから 100 万倍大きさの程度が違いま す。すなわち 6 ケタ違います。坪倉さんのどこかの文献で見つけ出してきた線 量を 100 万倍したら、皮膚に密着した場合の線量の目安となります。

2013-02-08 21:09:11
Jun Makino @jun_makino

引用 : 坪倉さんの出している数値 0.000062 μ Sv/h の 100 万倍は 62 μ Sv/h になります。巨大な被曝線量です。そのあと、 3000Bq の服を身にまとったとして、と「計算した」と称している数値はまさに被曝計算の物理的設定もできない者が、「専門家」ぶ

2013-02-08 21:09:13
Jun Makino @jun_makino

った安全論を説いています。

2013-02-08 21:09:15
Jun Makino @jun_makino

数字は間違いではないけど、点源なら人体のうち 62uSv/h を受ける体積 は 0.1g くらいなわけで、、、こういう議論ではなく、体全体での被曝量に 基づいた議論をするべきなのではないか?実際に点源なわけでも多分ないだろ うし。

2013-02-08 21:09:16

放射性物質までの距離が半分になると影響は4倍になる?1m距離のから1mmに近付くと100万倍になるの?

  • 3000Bqの服を着れば距離は1cmに近づく、線量は距離の二乗に反比例するから、
      1.86μSv/hとなり危険な線量 エッ?
酋長仮免厨 @kazooooya

https://t.co/2VQhdIWn ←こういう考えは「距離の2乗に反比例する」の前提を勘違いしているので、ことらのまとめを読んだ方がいいと思う。近づけば近づくほど影響が大きくなりません。→ 「距離の二乗に反比例する範囲」 http://t.co/E9dhYchA

2013-02-08 18:14:46
まとめ 距離の二乗に反比例する範囲 資料 田崎先生の「やっかいな、、」から 「放射線の強さ」は距離の二乗に反比例する? http://www.gakushuin.ac.jp/~881791/housha/details/InvSq.html めぐさんの疑問は「じゃあどこから反比例しないのか?」という点 ↓ 近距離になると反比例しなくなることの理論的な説明は ゼブラさんのブログ「携帯電話で脳腫瘍とか」で。 http://flying-zebra.com/blog/2011/08/mobile-cancer/ じゃあどこから?という数値については、 jaea 放射線緊急事態時の評価および対応のための一般的手順 http://www.nirs.go.jp/hibaku/kenkyu/te_1162_jp.pdf の係数表から、皮膚表面で最大のエ.. 16915 pv 92 3 users 4
habari2011dunia @habari2011dunia

@leaf_parsley 立体角の逆二乗近似が成り立つ距離のめやすは標的のサイズ程度です. これは半径a=1の円盤型の的を見込む立体角のグラフです→ http://t.co/pZipF86r

2013-01-24 17:23:42
拡大
残りを読む(64)

コメント

酋長仮免厨 @kazooooya 2013年2月8日
.@jun_makinoさんのツイートを追加させて頂きました。
1
ひまわり @powerpc970 2013年2月8日
「どんなに近づいたって「線源から出ている全エネルギー」以上のエネルギーを受けることは絶対にないから」で話は終わってる様に思う。
39
酋長仮免厨 @kazooooya 2013年2月8日
はい、仰るとおりです。.[c961070] さんへの瓦解を与えそうなので文言を考えてみます。 で、矢ヶ崎氏の数字は間違いではないのですか?実施の被ばく量は幾らになるのかご存じないでしょうか?
1
Jun Makino @jun_makino 2013年2月8日
kazooooya 1kBqの点源が1mmのところにあれば、という計算自体は間違いではないですが、その被曝を受けるのは体のほんの一部、というのが私の書いたことですね。実際の被曝については http://togetter.com/li/449133 のコメント欄での上海さんとの議論で述べた通りです。
0
酋長仮免厨 @kazooooya 2013年2月8日
うッ、”瓦解”というタイポが…”誤解”のタイポw
1
酋長仮免厨 @kazooooya 2013年2月8日
Makinoさんは「体重60kg、Cs137のみのケースで、私の計算が間違っていなければ 1.6e-19*662e3*3600/60*1e3*1e6/4=0.0016(uSv/h)/(kBq), 134 だとこの2倍ちょっとですね。」 http://togetter.com/li/449133#c954404 と、
0
Jun Makino @jun_makino 2013年2月8日
kazooooya 田崎さんの計算が http://www.gakushuin.ac.jp/~881791/housha/details/ContaminatedClothing.html に。答はほぼ同じです(仮定がちょっと違うので田崎さんのは私の数字の 6 割)
2
sakai @SkiMario 2013年2月9日
habari2011duniaさんの仰る様に立体角が重要で、相手が本当に点線源であっても近づくと距離の二乗に反比例しなくなるはず。だから「線源が点にしか見えないくらい離れたとき」はちょっと違う気もする。どっちか言うと線源から平面状の相手が級の表面と近似できるくらいの距離にある時とかそう言う感じかな?
1
まどちん● @madscient 2013年2月9日
逆二乗則は「遠ざかると減る」=「遠ざからなければ減らない」であって、決して「近づくと増える」ではない。
9
酋長仮免厨 @kazooooya 2013年2月9日
まとめタイトル・内容を大幅に変更しましたので、意味が通じない私とjun_makinoさんのコメント一部を削除しました。
0
ベレッタ@戦えるアーセナル百由様 @beretta8989 2013年2月9日
そもそも表面積1平方メートルの布で、1平方メートル当たりの放射性セシウムが3000ベクレルの布があったとしてそれで服を作って、そこにガイガーカウンターを接触させて、矢崎さんの言うような数字が出る筈が無いという思考実験。土壌1平方メートルあたり3000ベクレルではまずそんな数字出ません。
5
ベレッタ@戦えるアーセナル百由様 @beretta8989 2013年2月9日
訂正:矢崎さん→矢ヶ崎さん 失礼いたしました
0
水上春奈@サウロンの口P @tarlyon 2013年2月9日
野菜の表面に空間線量計押し当てても放射性物質が含まれてるかどうかはわからない。空間線量に比べたら桁が小さすぎる。同様に、汚れがわずかに残ったスーツを着ていても、体に当たる放射線の影響はものすごく少ない。
1
ナカイサヤカ@ファイザー接種完了 @sayakatake 2013年2月9日
くろねこ先生のツイートを拝見して、この2年近く「なんで物理学の大学教授がそろいもそろってあの計算がちがうということを計算してやらんといかんのだ」ばかりだったなあとため息をついた。
19
大石雅寿(手洗い&うがいで風邪知らず) @mo0210 2013年2月9日
矢ヶ崎さんが正しいのなら、地面のすぐ側にある私達の足裏なんかトンデモなく被曝していることになってしまう。これってまるで、『「相対論は間違っている」は間違っている』論を展開しているようなものだね。
7
BBFukushima21 @BBFukushima21 2013年2月9日
のべ10日着て、クリーニングに出す前のスーツ上着を線量計に被せてみた。結果は同じで、線量に変化はありませんでしたけどね(自宅畳の上、5分以上は放置、γ線モード)。ちなみに事務職よりは外出する職種です。
3
ㇶ ㇱ゛ㇼ @hijirhy 2013年2月9日
「千分の一の距離なら百万倍強く」が成り立つなら、限りなく近付いたら無限に強くなるってところに思い至らなかったのか?
3
s-51@あかべこ @s__51 2013年2月9日
62µSv/hもあったら、素人がヘボな線量計を押し当てても、相当に反応するレベルなんだが。
0
ぴんぽん @pinpon_2011 2013年2月9日
ちょっと連投します。「距離の二乗に反比例」を、近づける方向で採用すると変なのは実測すれば明らか。 http://twitpic.com/c248gz しかし実際には「距離ゼロで無限大」と考えてる人は多いです。
5
ぴんぽん @pinpon_2011 2013年2月9日
http://bit.ly/WKLPwD http://bit.ly/W6MPLo こういう誤解が減らないのは教える側にも原因がある、というのが本題のはずです。 http://twitpic.com/c24c3u
5
ぴんぽん @pinpon_2011 2013年2月9日
頭が良い人達の間だけで「矢ヶ崎さんの計算おかしいね、そうだね」で終わってしまっては、恐怖に怯えてる人達の状況は何も変わりません。根本的に「距離ゼロで無限大」を信じてる矢ヶ崎さん、それを広める人、末端で読む人まで届かないと意味無いんです。
17
ぴんぽん @pinpon_2011 2013年2月9日
でも具体的に届ける方法を考えると難しいですよね。そこで、「距離ゼロで無限大には限りがある」を、先に末端の人へ届けたらどうでしょう。「無限にならない」を前もって知っていれば、「矢ヶ崎先生ファンだけど、この計算おかしい」と思うでしょう。
9
泉㌠智紀🐾 @jsdfq43wtr 2013年2月9日
これ説明が難しいですね. ひとまず「距離の二乗に反比例」するのは, 現象を扱い易くするための近似的な考え方で, いつでもどこでも当てはまるわけではないってとこでしょうか.
1
ぴんぽん @pinpon_2011 2013年2月9日
「距離ゼロで無限大・・・には限りがある」ことは、危険派も安全派も関係ない話です。実測すれば誰でもわかる話です。2013年は頭の良い人達も、こういう方向でアプローチしませんか?
6
ぴんぽん @pinpon_2011 2013年2月9日
http://bit.ly/WXxHOF 「距離ゼロで無限大・・・ではなく有限の値が出る」ではダメですかね?
3
酋長仮免厨 @kazooooya 2013年2月9日
.pinpon_2011 さんの仰るとおり。この誤情報を広く伝え訂正させないと意味がありません。さて、ではどうやって?Twitterで直接指摘するのも限界があります。丁度週刊ダイヤモンドの@yokorocksさんも読んで頂いているようなので記事等を書いて頂けると嬉しいな^^;
2
泉㌠智紀🐾 @jsdfq43wtr 2013年2月9日
引力も同じように考えられるんだけど, 服を着たら吸い付いて離れなくなることないでしょってのは?
1
酋長仮免厨 @kazooooya 2013年2月9日
.pinpon_2011 福島大学副読本は一応、改訂版が出て「被ばくと距離の関係」の項目が削除されていますが、一度拡がった誤情報はなかなか認識されない。http://bit.ly/Myu8dg
3
ぴんぽん @pinpon_2011 2013年2月9日
http://bit.ly/TXT8lT いや、改訂版があるのに最初のリンクを残しているからです。
0
neologcutter @neologcuter 2013年2月9日
というかあのレベルで「物理学者」を名乗れる我が国に絶望。
4
ねーの @neno008 2013年2月9日
ていうか世の中で「無限大」なものなんてほとんどないでしょ。
0
ナカイサヤカ@ファイザー接種完了 @sayakatake 2013年2月9日
事故直後、私も素人が使えるモンじゃないんだから線量計買うなとか言ってしまったけど、線量計の使い方解説動画を作るべきだったんだ。今ならできるんだけど…
4
ぴんぽん @pinpon_2011 2013年2月9日
http://twitpic.com/c262th  たしかに世の中、無限なものってほとんど無い。「理屈が難しくてわからない」より前に、冷静さを失って常識で考えられない状態というのはある。この場合は理系より文系の学者、または精神衛生学の出番。なんだけど・・・
1
ナカイサヤカ@ファイザー接種完了 @sayakatake 2013年2月9日
「おそまつ物理学者」の計算違いが直感でわからないような人は、動画しか見ないってのも実感できてなかった。「測って理解する科学」動画作るべき。
5
津田クモスケ和俊 @kaztsuda 2013年2月9日
矢ヶ崎克馬先生の講演や対談の話しぶりと比べると、著書の文章にはかなり違和感が。本人ではなく誰か別のゴーストライターが書いているとしか思えない。blogで紹介された文章も本当に本人のものか疑問。
4
津田クモスケ和俊 @kaztsuda 2013年2月9日
ともあれ相場観として、そもそも成人の身体の中には4000BqのK40があり、3000Bqの服はそれとコンパラ、なのよね。人の身体にパンケーキのGMサーベイ当てて、カリカリ言います? ^^
3
はよ TOKYO 2020-21 @hayohater 2013年2月9日
http://b.hatena.ne.jp/entry/togetter.com/li/452430 そしてこういうトンデモには反応薄い平常運転すぎるはてなーども
1
泉㌠智紀🐾 @jsdfq43wtr 2013年2月9日
ゴーストライターありえますね. 本人が全く監修しないケースもあったりする.
0
大石雅寿(手洗い&うがいで風邪知らず) @mo0210 2013年2月10日
3000Bqが一点に集まっているわけでもない。服全体に薄く拡がっている。
3
ㇶ ㇱ゛ㇼ @hijirhy 2013年2月10日
「二乗に反比例」ってのは受ける側の面積を想定出来てないからで、面積を無視出来る極小なものを想定すれば、面積あたりの線量は確かに計算上無限大になる。けど、それってゼロ除算みたいなもので殆ど意味ないのよね。
3
ㇶ ㇱ゛ㇼ @hijirhy 2013年2月10日
やっぱりゼロ除算の喩えは適切でなかったかな。球の表面積で説明するのとどっちが分かりやすいか悩んだのだけど、線源からの距離を半径とした球の表面積が単位面積より小さくなるから「二乗に反比例」が成り立たなくなるって説明は正確ではあっても、読む人からするとあまり直感的でないかなぁと思って。
1
ㇶ ㇱ゛ㇼ @hijirhy 2013年2月10日
リンク先のコラムあらためて読んでみたのだけど、「面線源です」と断言しておきながら、「点線源の場合」と仮定して距離の二乗に反比例論から「100万倍」説を導いてるんだな。そして、面線源の場合の距離と線量の関係には触れず、「発射される全量のきっちり半分が身体を被曝」と言ってさも甚大な量のように印象を操作してるんだな。これはもう反論のための反論でしか無いことは明らかで、まさに @Mihoko_Nojiri さんの「釣られてるんだよ、それ絶対釣られてるから」が当を得ているな。
2
酋長仮免厨 @kazooooya 2013年2月10日
「その後…おさらい」を追加しました。
0
じげん (目には目を埴輪には埴輪を) @jigen_the3 2013年2月10日
逆二乗の法則が距離0で無限大のエネルギーを持つならいくらでもエネルギーが取り出せる永久機関が作れてしまうので原発の代わりに使えるぞー(なに
4
酋長仮免厨 @kazooooya 2013年2月10日
.@hyd3nekosukiさんの計算式を追加しました。
0
あ〜る菊池誠 @kikumaco 2013年2月11日
最後にやった計算が「線源から1時間に出ている全エネルギー」を体重1kgあたりにしたものなので、これが線量率の上限。これより5000倍も大きな数値を平気で出してる矢ケ崎さんが何を考えてるのか、僕にはわからない
3
あ〜る菊池誠 @kikumaco 2013年2月11日
近づけば放射線が無限に近くなると誤解する人は、「放射線ちゅうのは粒が1個ずつ飛び出してくるもんなんや」っていうイメージがないんじゃないかな。3000BqのCs137からは(うるさいことを言わなければ)1秒間に3000個のβ線と3000個のγ線が出てくるんですよ
4
あ〜る菊池誠 @kikumaco 2013年2月11日
「近くなる」じゃなくて「強くなる」
0
佐藤ひばり @hibari310 2013年2月11日
◇線源が胃の中にあったら胃壁のどこかしらに当たるけど、皮膚にあったら皮膚の反対側から出た分はノーカン。◇距離が2倍で50%、4倍で25%であって、逆に近づいても100%は超えない(1粒あたりのエネルギーは同じなので、個数だけで考えてOK)。…って考えで合ってます?"千分の一の距離なら百万倍"みたいな計算がパッとできなくて、自分は文系だなあと思う…。
2
とととと(寒に帷子 土用に布子) @totototo26 2013年2月11日
pinpon_2011 「距離ゼロで無限大」を、計算無しに直感で「おかしい」と思ってもらうだけなら、放射性カリウムや炭素を引き合いに出して「事故前から体内にあったこれらで無限大に被曝することは無い」といえば、大雑把に掴んでもらえる場合もあるのでないでしょうか。
3
Flying Zebra @f_zebra 2013年2月11日
hibari310 むしろ、"千分の一の距離なら百万倍"みたいな計算をパッとしてしまう人は理系としてのセンスがないんだとおもいます。
7
佐藤ひばり @hibari310 2013年2月12日
f_zebra 例えが良くなかった(笑)。"二乗に反比例"と言われた時に「えーと1/2の次が1/4で次が1/8…あ、放物線…?」って感じで翻訳に時間がかかるんですwしかも高校数学での計算式としてしか接してないので、実際の事象に当てはめたときにどう解釈するかがわかんないんですよ。
0
Flying Zebra @f_zebra 2013年2月13日
公式に当てはめて計算問題を解くというのも必要なスキルではありますが、それは道具の一つに過ぎません。公式の意味を理解し、その適用できる範囲を感覚として持っているというのが「センス」なんだと思います。理系のセンスなんて無くても日常生活にはそれほど困りませんが、受けてきた教育とは関係なく、持っていて損はしないと思います。
1
Flying Zebra @f_zebra 2013年2月13日
例えば、線束密度が線源からの距離の2乗に反比例して小さくなることを大雑把に理解するだけなら、図解すれば算数レベルなのでやってみれば誰でも理解できるはずです。やってみる、というところのハードルが高いのかも知れませんが。ところが、これがどこまで厳密に適用できるのか、というところを理解するにはもう少し高度な知識が必要になります。
0
Flying Zebra @f_zebra 2013年2月13日
計算の得意な人なら2乗や3乗のスケール感を持っているので、計算するまでもなく大体の感覚を掴めるのかも知れません。それはそれで便利な能力ですが、その計算が実際の生活の中でどこまで適用できるのか、現実的な意味があるのかを理解するのは、少し別の能力です。
0
Flying Zebra @f_zebra 2013年2月13日
高校の数学で微分積分の少し前(だったっけ?)に極限を習うと思います。「限りなく小さな区間」(でもゼロじゃない)とか、「無限に遠い位置」みたいな抽象的な概念が出てくるので、このあたりで数学が嫌いになる人も多いかも知れません。件の、距離の2乗に云々というのが成り立つのは線源が無限遠にある場合だけなので、現実の世界では厳密には成り立つことはありません。
0
Flying Zebra @f_zebra 2013年2月13日
そんな難しい話をしなくても、ある程度近付いてしまえば成り立たなくなることは図解の算数でも分かりそうですが、例えば倍半分程度の精度でどこまで使えるのかをざっくりと計算できると、ちょっと嬉しいかも知れません。試しに計算してみたら、線源までの距離が標的(円形と仮定)の直径に対して5倍弱で1割ほど過大になり、距離が直径の2倍弱でほぼ倍、直径の1.2倍まで近付くと10倍ほど過大になりました。
0
Flying Zebra @f_zebra 2013年2月13日
1m四方くらいの大きさへの被曝を考えるのであれば、逆2乗の計算が倍半分程度の精度で使えるのは線源が2m以上離れている場合だけ、ということです。計算の過程に興味のある方(いるのか?)は、私のツイートのログを探してみて下さい。
0
酋長仮免厨 @kazooooya 2013年2月18日
菊池誠さんの「放射線は粒々が飛んでくることさえイメージできれば、逆二乗則の誤解はしないと思う」 http://j.mp/YhXj8i を説明欄に追加しました。アピタルの記事も既に訂正されています。きむらともさんは訂正するのかしらん(・_・?)
3
あ〜る菊池誠 @kikumaco 2013年2月20日
もとのブログにコメントを書いておきましたが、お返事は期待していません
4
Tz @Tzweet 2013年2月20日
そういやどっかで永久機関をご注文の様子だったので、核子に無限大に近づいて、無限のエネルギーを得ようぜ!
0
BUNTEN @bunten 2013年2月21日
エネルギー保存則が鉄板、的な話が通じないってのはどうもなぁ…。m(_◎_;)m
1
Linka @AfxGetTW 2021年1月20日
感覚的に∞にはならないと思っていましたが、たしかに一枚壁の占有球面は最大で半球までなので、全光束の半分が距離ゼロの極限値になるわけですね。 勉強になりました。
0