9

みーゆさんご自身によるまとめ
http://togetter.com/id/miakiza20100906

《みーもく》 震災後の miakiza20100906 の Togetter http://togetter.com/li/568836

チェルノブイリ甲状腺がんの歴史と教訓 http://togetter.com/li/578876

チェルノブイリの白血病 ~ Noshchenko(2010年)を中心に http://togetter.com/li/585317

放射線白内障とその閾値 ― 近年のトピック - Togetterまとめ http://togetter.com/li/572785

テチャ川放射能汚染事故と人体内ストロンチウム Sr-90 の測定 - Togetterまとめ http://togetter.com/li/570703

チェルノブイリ健康研究アジェンダ ARCH - Togetterまとめ http://togetter.com/li/568748

国際シンポジウム 『東京電力福島第一原子力発電所事故における環境モニタリングと線量評価』 講演論文集

まとめ 国際シンポジウム 『東京電力福島第一原子力発電所事故における環境モニタリングと線量評価』 講演論文集  Proceedings PDF http://bit.ly/SpKUSM 内の各論文タイトルに張られたリンクが上手く機能しない人が多いようなので、作りました。  シンポジウムの正式タイトルは 『International Symposium on Environmental monitoring and dose estimation of residents after accident of TEPCO's Fukushima Daiichi Nuclear Power Stations』(2012年12月14日 京都大学原子炉実験所) http://bit.ly/XGGXGY 12105 pv 193 5 users 16

特集号 『福島原発事故の環境影響 その1』 Journal of Environmental Radioactivity

まとめ 特集号 『福島原発事故の環境影響 その1』 Journal of Environmental Radioactivity Environmental Impacts of the Fukushima Accident (Part I) http://www.sciencedirect.com/science/journal/0265931X/111  編集は環境科学技術研究所の久松俊一氏。全論文とも英語かつ有料。以下は日本からの論文についての簡単な内容紹介です。  収録されている論文は、SPEEDIによる飯舘村ほかの汚染プロセス解析や、今中哲二さんらによる福島県内の初期外部被ばく量の推定など。  間違いの指摘、追加記述の希望など、どしどしお寄せください。時間と能力の範囲内で対応いたします。 27441 pv 741 14 users 19

《論文集》 海外で検出された福島第一原発由来の放射性物質

まとめ 《論文集》 海外で検出された福島第一原発由来の放射性物質 査読付きジャーナルに掲載された論文をリストにしました。内容は随時更新予定。 リストのフォーマットは以下の通り:   第一著者名, 雑誌名   論文タイトル   論文URL   コメント: 主な検出物,検出量など。注記のない限り,検出量は最大値を表記。 23688 pv 729 19 users 119

過去の「論文等の紹介 By みーゆさん まとめ一覧」

自然γ線による小児白血病リスクについて

まとめ 自然γ線による小児白血病リスクについて 「論文等の紹介 by みーゆさん」から独立させた件  元まとめ http://togetter.com/li/448298 元論文 http://www.nature.com/leu/journal/v27/n1/full/leu2012151a.html 2013.2.1現在 無料 11143 pv 355 3 users 6

Kendall らの「自然γ線と小児白血病」の評判について http://togetter.com/li/563604

「自然ガンマ線による小児白血病リスク増」 について、とんきょさんの連ツイまとめに対するマキノさんとみーゆさんのツイート http://togetter.com/li/565185

自然γ線による小児白血病リスク増に関する論文についての会話 http://togetter.com/li/564173

低線量被ばくによる健康被害を予測するのは悪か? http://togetter.com/li/567408

チェルノブイリ甲状腺がんとヨウ素被ばくの因果関係は、どのようにして突きとめられたか http://togetter.com/li/568165

切り取り線 @kiri_tori
✄--------- '14/1/1(水祝) ---------✄
切り取り線 @kiri_tori
✄------------ 1/2(木) ------------✄
Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906
論文(有料): Carcinogenic risks of prenatal ionizing radiation http://t.co/scdpUCssLq  2013年、Robert L. Brent によるレビュー。
リンク t.co Elsevier
切り取り線 @kiri_tori
✄------------ 1/3(金) ------------✄
Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906
“恋のスイッチ”の神経細胞 メダカで発見◆NHK http://t.co/7w4cSOalIL …メスのメダカがオスに恋心を抱くスイッチとなる神経細胞を、東京大学などの研究グループが見つけました。
Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906
…グループは、同じような細胞を人でも探すことで、人が恋に落ちる仕組みの解明につながるのではないかと期待しています。 @miakiza20100906
Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906
論文(有料): メダカが恋に落ちる神経メカニズム https://t.co/LnEuGz3ae3  2014年、Okuyama(東大)ら。『Science』誌。
Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906
『Science』の同じ号にガンマ線バースト GRB 130427A の観測についての論文がたくさん出てる。 https://t.co/phpm1nWIgO
切り取り線 @kiri_tori
✄------------ 1/4(土) ------------✄
Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906
論文(プレプリント,無料): サンフランシスコで検出された福島第一由来の放射性物質 http://t.co/GoCPh0O6OJ  2013年、Smith ら。大気と雨水から検出された核種は I-131,I-132,Te-132,Cs-134,Cs-136,Cs-137。
Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906
土壌や堆積物、食品の検査、チェルノブイリとの比較もあり。 @miakiza20100906
Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906
論文(有料): 福島第一原発周辺の海生生物の被ばく量 http://t.co/iDg5Gdxv07  2013年、Keum(KAERI)ら。遠海魚、水底魚、軟体動物、甲殻類、大型藻類、多毛類の被ばく量推定。海水の放射能測定値から予測したもの。
Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906
海外からの検出報告をまとめたものなら、これ: 《論文集》 海外で検出された福島第一原発由来の放射性物質 http://t.co/akGzVeQ2Fu @miakiza20100906
切り取り線 @kiri_tori
✄------------ 1/6(月) ------------✄
Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906
【放医研】iPS細胞の点突然変異がiPS細胞への転換中に起こることをマウスの実験により発見 http://t.co/YOTQeoHcfo …これまでは、点突然変異のほとんどがiPS化する前の細胞に既に存在していたと考えられていましたが、これを覆す結果です。
Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906
論文(無料): 青森、山梨、長崎の子供の甲状腺超音波検査から分かったこと http://t.co/KrkDtLDxX5  2013年、Hayashida ら。山下俊一氏、鈴木眞一氏も参加。  長崎大、放影研、弘前大、福島医大、自治医大、和歌山県立医大、昭和病院の共同調査。
Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906
担当エディターは鹿児島大の秋葉澄伯(Suminori Akiba)氏。 同氏は高自然放射線地域の疫学調査などに参加。同氏に関連するまとめは、これなど http://t.co/X10NTkl3Bc @miakiza20100906
Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906
さすがに、論文中に cancer という単語は4回しか出てこない。そのうち3回はチェルノブイリに関する記述。 @miakiza20100906
Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906
著者の1人が知り合いと同姓同名だけど、別人だよね、さすがに…。 @miakiza20100906
Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906
『Nature』の「今週のハイライト」 http://t.co/vmGZCIXNhk  “気候科学: 気候モデルの不確実性を引き起こす大気混合” など。
Masato Ida & リケニャ @miakiza20100906
論文(無料!): 福島原発近隣住民の個人被ばく量評価 http://t.co/c2K0fk4sle  2013年、Nagataki ら。元放影研の長瀧重信氏、長崎大の高村昇氏、広島大の神谷研二氏、放医研の明石真言氏による論文。無料化されたので再掲。
残りを読む(451)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする